■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    浅野 和生
    浅野 和生
    平成国際大学教授
    筆坂 秀世
    筆坂 秀世
    元日本共産党書記局長代行
    早川 忠孝
    早川 忠孝
    前衆議院議員
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    神谷 宗幣
    神谷 宗幣
    龍馬プロジェクト全国会 会長
    花渡川 淳
    花渡川 淳
    保守系ブロガー
    森口 朗
    森口 朗
    中央教育文化研究所代表
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    櫻田 淳
    櫻田 淳
    東洋学園大学教授
    土屋 たかゆき
    土屋 たかゆ...
    前東京都議会議員

    中村 幸嗣 rss (政治)

    ライター一覧
    中村 幸嗣

    昭和38年生まれ。鹿児島ラ・サール中・高卒業。平成元年防衛医科大学校卒業の元陸上自衛隊医官。血液内科専門。自衛隊と医師の2足のわらじをはきながら、イラクでの支援にも参加。現場で働いていく閉塞感を感じ、患者さんと仲間のために政治の世界に飛び込むため防衛省を退職。約2週間で選挙準備。残念ながら落選。現在充電中。 2012年4月から血液内科医としてまた診療中 2016年3月いっぱいで退職 全ての記事は私個人の意見で、獨協医大、防衛医大、自衛隊とは関係がないことを宣言しておきます。

    高齢者が生活保護への一例 今の時代は仕方ないからこそ復活する道を

    ある高齢血液患者の症例です。血液以外にも複数の病気を持っています。

    この方は通院などを家族が支えながらも一人暮らしを頑張っていました。時折病気が原因で出血しますが、入院し治療を受けることで何度も生死の境を乗り越え、退院し自宅で頑張って生きてきました。

    40
    続き

    なぜ朝鮮について話してはいけない?ハリーポッターのボルデモートじゃないんだから

    三浦さんのスリーパーセル発言。なんか違う方向で批判されています。(三浦瑠麗氏、ワイドナショーでの発言に批判殺到 三浦氏は「うがった見方」と反論(アップデート)、広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~)

    内容に関しては三浦さんのブログで解説されているように、当然今でも存在する北朝鮮のスパイ活動の可能性について言及されただけで、在日を非難しているわけではありません。

    40
    続き

    多発性骨髄腫 まだ色々問題はあるがもしかすると治るかも

    昨年十一月に多発性骨髄腫に保険認可されたダラツムマブ。すでに五百人以上の難治性(もう治療の反応性が乏しい)の患者さんに投与されているそうです。日本での効果のほどはこれからの報告待ちですが、欧米と同じような反応であればとても期待できると思われます。また昨年のアメリカ血液学会でも新規骨髄腫患者の治療におけるかなりいい報告も出ているようです。(新規診断多発性骨髄腫はMVPよりもダラツムマブを加えたD-VMPの方が有効【ASH2017】)

    いつもいい薬が出た後思うことは、あの時の患者さんに使うことができたらという思いです。そしてAPLのATRA、CMLのイマチニブ(グリベック)、リンパ腫のリツキシマブのように、今後当たり前のように使われるようになり、治すことができなかった骨髄腫の患者さんが治癒する(治療をやめても再発しない)時代が来る予感がしています。そうはいっても現状まだまだ難しいのは事実です。以前のセカンドオピニオンを含めた記事です。

    33
    続き

    インフルエンザ 再度書きますが治癒証明はいりません 病気で休むことを当然と思える社会に

    いやインフルエンザ流行っています。それこそ発熱のないインフルエンザ患者もいるためおそらく感染はまだまだおさまらないでしょう。

    原因として想像されているのは

    1 Bは変異が少ないためワクチンが効きやすいのだが、今回ワクチン不足でうてない人が多かった

    2 B型の感染が多い(周期性でBがはやる)が、症状が軽いため無理する人が多い。結果感染しているのに仕事、学校に行き他人に拡げる。

    33
    続き

    ガッテン! 皮膚からアレルギー 証明されているものと仮説の違いを見極めて

    昨日のガッテン!アレルギーの話です。(食べてないのに突然発症!?食物アレルギーの新常識)

    皮膚からのアレルゲン吸収でのアレルギーの発症、ピーナツ・アレルギーの話が出ていましたが、あの悠香の茶のしずく石鹸も同じ原因です。

    >4 意外な原因で食物アレルギーに この果物のアレルギーは内科専門医の試験に出ていました。本当医学の進歩ってすごいです。だって全く関係ないものでアレルギーですからね。

    30
    続き

    2酸化塩素のインフルエンザ予防 みんな騙されちゃいけない

    インフルエンザ大流行中です!(インフルエンザが大流行 患者数283万人、過去最多)今年はワクチン供給が不足したためなのかな。

    私も今までもいっぱいインフルエンザに関する記事は書いてきましたが(予防法を書いてある例)、信頼できる良記事を読んでへんなものに騙されないようにしましょう。(大流行のインフルエンザB型「熱が出にくいって本当?」「ワクチンは?」いま知っておきたいこと)

    28
    続き

    iPS細胞研究捏造 どうやっても出てくるダークサイド 杓子定規の対応は本当に正しい?

    昨日iPS研究所で捏造論文が確認され、山中先生が謝罪会見をなされました。(主要図全6個改竄…助教「見栄えを良くしたかった」 脳の血管に関する論文で、「不正防げず後悔、反省」山中所長、表情険しく 辞任可能性も)

    助教個人の問題だそうですが、やはりいくら実験ノートを提出させても騙そうとする人間がいると専門性が高いからこそ見つけるのは難しい。

    23
    続き

    認知症患者の自動車事故 刑事的責任は取れません 道理や常識や罰で抑止できません

     一時期減少していたように見える認知高齢者の事故がまた目立ち始めています。

     数回の事故を起こしていた男性による群馬の事故(始業式の朝 暗転 自転車の女子高生2人はねられ重体 運転の85歳男逮捕 前橋)、そして1歳の子に怪我をさせた91歳の無免許運転、どちらも被害者の親族の感情はいかばかりでしょう。

    18
    続き

    行政が本気出せばここまでできる はれのひ事件での八王子市

    本日朝のNHKニュース深読みで、はれのひ事件の八王子市職員の当日対応が放送されていました。

    もちろん民間のボランティア対応(呉服屋、美容院等)(その他の地域の行政もおそらく)素晴らしいのですが、成人式対応の市責任者が自分で状況を把握し、すぐさまボランティアを集めて着付けの場所等に対応したことに「八王子行政やるじゃん」と思わず拍手しました。

    18
    続き

    穏やかな死を迎えるためにやるべきことは?~高齢者救急の現場から~

    >自らが穏やかな死を迎えるには、どのようなことを家族に伝えれば良いのか? >家族は、どのような方法で、本人の意思を確認すれば良いのか?

    穏やかな死とはどんなもの  人それぞれ価値観は異なります。他人が決めるものではなく、それこそ回復する見込みがなくても1分1秒でも長く生きて欲しいという方もどうしてもいます。そうある意味穏やかな死と医療を勉強しなければいけません。

    16
    続き

    当たり前の話 ワクチンは感染を予防する メディアへの協力のお願い

     朝日新聞記事です。(水ぼうそう患者が激減 無料の予防ワクチン効果か)本当当たり前のことをこうやって報道することが公衆衛生に役立ちます。国民の健康のために何を行うのか。効果のあるワクチンの無料化、政治で健康を得ることができる一番簡単な方法です。

     ワクチンについても以前から書いていました。昔書いた記事からの引用です。(2011年も記事のため、今は一部そぐわない部分があります)

    16
    続き

    北朝鮮 2ヶ月ぶりにロフテッド軌道 相変わらずの瀬戸際外交に対する準備を

     本日午前3時ごろ、北朝鮮が2ヶ月半ぶりにミサイルを撃ちました。(北朝鮮が弾道ミサイルを発射、日本のEEZに落下か 75日ぶり、米本土達する射程1万キロ超のICBMの可能性)

     今までで最高の高度4500kmを超え、弾頭があるかどうかは別として、ワシントンまで届く可能性が言われています。事実アメリカを狙うミサイルだと北朝鮮広報は言っているようです。

    12
    続き

    新型抗インフルエンザ薬 NEWS PICSのコメントについて

    昨日のワクチンの記事に続きますがインフルエンザに対する考え方について少し気になるコメントを見つけたので記事にします。

    SankeiBizの記事で(大阪から世界へ 「ポスト・タミフル」のインフルエンザ新薬 塩野義製薬が開発)NEWS PICSにおいて産業医の小橋正樹さんのコメントがPICKされています。少し長いですが引用しコメントします。

    12
    続き

    シンゴジラ! 危機管理の教科書として使える?

     昨日のシンゴジラ。いや最後まで見てしまいました。1年前劇場で見たときは席からの振動という進歩を感じながら、今の日本の危機管理行政の稚拙さに笑っていたことを思い出します。

     本当自衛隊のネタも最高でした。平時に慣れている今の日本では、ゴジラ最初の出現時ヘリからなかなか撃てなかったことも理解できるんですよね。あの時撃っていたら少しはダメージあったかな。

    11
    続き

    座間市事件から:行方不明操作や報道について 報道の倫理とは

    座間市の事件、加害者の供述がなんか不自然で、現在二転三転していることが言われています。なんか9人の殺人と死体損壊、遺棄を犯す人間の精神状態はどんなものか今後しっかり調べなければいけない問題ですので、警察頑張って欲しいです。

    そんな中報道では政府がSNSの規制とかをあげているというのもありますが、

    7
    続き

    タバコ税値上げ いじめそれとも健康管理

    またタバコ税が上がるそうです。(「喫煙者がいじめを受けている」 たばこ税1本当たり3円値上げに愛煙家から疑問の声)加熱式の無煙タバコも増税が検討されていますね。

    昔セブンスターが180円だった頃を知っているだけに、今の日本のタバコの値段はよく上がったなと思う反面、ヨーロッパなどの値段を考えるとまだまだ余裕ありでしょうか。(2017年 世界のタバコの値段ランキング | 日本は何位?)

    5
    続き

    救急車と病院問題 ちゃんとやればできる

     以前から書いている救急の問題。自分の中でも解決策があるのではと考えていたのですが、すでに実践され結果を残されている方がいました。

     実は今茨城でも臨床をしています。その際ある病院の素晴らしい救急医にお会いする機会を得ました。

    5
    続き

    ヒルドイド 薬品と化粧品 保険と自費のいい例:一番は医師と患者の倫理観

     ヒルドイドソフト問題が話題です。(「ヒルドイド」を美容目的で処方してもらうのは違法だ)

     >「数万円する高価な美容液より美肌効果が高い」と噂のクリームが、1500円そこそこで手に入るのだ。美と節約に敏感な女性たちがヒルドイドを求める気持ちも分からなくはない。

    4
    続き

    選挙 結果で反省できない人間たち 政治家を育てるのは国民

     朝日新聞記事です。(野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算)

     まあ自民が勝ちそうだという報道の後、選挙を棄権しろといった内容をSNSなどで流す知識人がたくさん出てきましたが、この朝日記事もそうですが知識人って本当都合のいい現実しか見たくない人間たちばかりなんですね。

    4
    続き

    選挙自民圧勝! 本当予想通り これからは施策を!

     まだ全部出ているわけではないですが、いや本当1週間前の予想通りの結果である与党圧勝!でも立憲民主が第2党なのは枝野氏の演説の力、ツイッターの有効活用、それとマスコミの力ですかね。

     今後どのような再編が起きるにしろ、自民党安倍政権は続きそうです。そして野党がどうするか、希望、立憲を中心に目が離せないでしょう。でも選挙は結果がすべてです。

    4
    続き

    AIからBI 基礎研究がすぐ実践できると言う政治家は政策実行力がない

     今回の選挙は何かといえば政権選択選挙です。であるならば実行可能な、少なくとも不可能ではないものを政策公約にすべきと思います。その中で出た記事です。(小池代表「AIからBIへ」 希望の党がベーシックインカムに言及)

     >「基礎年金、生活保護、雇用保険などを置き換えていくことを検討している」

    4
    続き

    都民ファーストが崩壊? 小池さんまさかの運営トラブル

     希望の党が公認候補名簿を出したこの日、あの音喜多さんが都民ファーストの会を脱退を示唆しました。(都民ファーストの会 2都議が離党へ 小池氏手法に反発)

     知事当選後、味方の少ない都議会で最初から自分をサポートし関わってくれた人間が離れて行きました。本当仲間を維持できない小池さんの実態が分かります。いや音喜多さんが小池さんの目に叶わなかっただけかもしれませんが、

    3
    続き

    代替治療は意味がある?標準治療と併用ならばありです でも単独では絶対損!

     昨日の朝、夕のNHKニュースでがん拠点病院における免疫治療の話題が出ていました。本当全国の人間に免疫治療(オプジーボ等除く)というものが少し胡散臭いものであるという認識が拡がることはいいことです。

     「患者さんのことを考えるとこれしかない」

    0
    続き