■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    浅野 和生
    浅野 和生
    平成国際大学教授
    筆坂 秀世
    筆坂 秀世
    元日本共産党書記局長代行
    早川 忠孝
    早川 忠孝
    前衆議院議員
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    神谷 宗幣
    神谷 宗幣
    龍馬プロジェクト全国会 会長
    花渡川 淳
    花渡川 淳
    保守系ブロガー
    森口 朗
    森口 朗
    中央教育文化研究所代表
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    櫻田 淳
    櫻田 淳
    東洋学園大学教授
    髙橋 利行
    髙橋 利行
    政治評論家
    土屋 たかゆき
    土屋 たかゆ...
    前東京都議会議員

    中村 幸嗣 rss (政治)

    ライター一覧
    中村 幸嗣

    昭和38年生まれ。鹿児島ラ・サール中・高卒業。平成元年防衛医科大学校卒業の元陸上自衛隊医官。血液内科専門。自衛隊と医師の2足のわらじをはきながら、イラクでの支援にも参加。現場で働いていく閉塞感を感じ、患者さんと仲間のために政治の世界に飛び込むため防衛省を退職。約2週間で選挙準備。残念ながら落選。現在充電中。 2012年4月から血液内科医としてまた診療中 2016年3月いっぱいで退職 全ての記事は私個人の意見で、獨協医大、防衛医大、自衛隊とは関係がないことを宣言しておきます。

    金の切れ目が命の切れ目 アメリカのようにはなりたくない

    ニューズウイーク日本版の記事です。

    「インスリンと家賃が同じくらい高い」アメリカから、糖尿病患者がカナダに買い出しに行ったら!

    >国境を超えるだけでインスリンの値段が10分の1以下になる! アメリカの医療費の高さの一端が見えた

    0
    続き

    福岡の事件、病気によるものじゃないかな

    毎日新聞記事です。ちなみに透析中止ネタではありません。 (交差点進入前に81歳男性、意識喪失の可能性も 福岡多重事故)

    >ワゴン車は最初の事故の後、アクセル全開で加速し、ブレーキを踏んだ形跡もなかった。小島さんが交差点に進入する時点で意識を失っていた可能性もあり、アクセルとブレーキの踏み間違いなども含め、慎重に原因を調べる。

    1
    続き

    「平和ボケ」とは 戦争を否定するために戦闘力まで否定すること

    丸山議員の発言で問題になった戦争という言葉。この言葉、日本とロシアの両者の立場を正当化するためのガラス細工のような施策であるあのビザなし交流の場では、不適切なのは間違いありません。ただその後の議論を封じ込めることは外交上正直おかしな話です。(彼の病気、診断書、政治家の質とは別です)

    そんな中このような記事を見つけました。(誰が本当の「平和ぼけ」か)

    1
    続き

    禁煙 努力をしないで病気はそう簡単には治らない

    色々病気はあります。特にがんなんてほとんどが運、不運で、基本遺伝、環境要因の関与は少ないことが言われています。(もちろん遺伝、環境要因(タバコ、放射線など)が優位ながんもあります)本当仕方のないものがほとんどです。

    そんな中、タバコは動脈硬化含めて健康に置いていい事はほとんどありません。(しいてあげればメンタルヘルス関連でしょうか)

    0
    続き

    令和 新元号 国際化と伝統 みんなが共有する感覚をもてれば

    令和。新元号が決まりました。個人的には昭和、平成と3つ目。生前での交代が次回もあるとすれば、おそらく長くて25年ぐらいでしょうからもう一つ経験できるかもしれません。

    メディア含めて概ねいい反応でした。立憲民主党の枝野氏、国民民主党の玉木氏はまあ日本の政治家として、いや日本の大人として好意的な反応でした。自由党はよくわかりません。社民党の又市氏、日本共産党の志位氏は予想以上のあまりおすすめできない反応。まあそんなものでしょう。

    1
    続き

    透析中止問題 病院発表とズレ 毎日新聞さん それこそ説明責任ですよ

    前回の記事たくさんの人が読んでくれました。ありがとうございます。

    そして朝日新聞や東京新聞も病院の発表に基づき記事を出しました。再度書きますがこの内容であれば正直ほとんど医療的には問題はありません。 (もちろん倫理委員会の問題はいくらか解釈上あるかもしれませんが)

    では今までの毎日新聞記事と今回の病院発表どちらが正しいのでしょう?4点について見なおしてみました。

    2
    続き

    医師が決める寿命 透析中止は安楽死と同じ 今の時代倫理的には問題

    毎日新聞の記事です。(医師が「死」の選択肢提示 透析中止、患者死亡 東京の公立病院) よくあるシャントがつぶれた後の透析対応事例なんだと思われます。

    いっぱい医師が悪いと思わせる患者家族よりの記事が書かれています。ただ正直なぜこの状況になったのかの内容がわかりません。それこそ後に続いている他社記事も同様で、もう少し詳細な調査を待たないと正確な判断は難しそうです

    0
    続き

    地域のレベルだけでなく、金の切れ目、家族の助けの切れ目が医療の質を変えるいう悲しい現実

    ある患者さんの話です。軽い認知症があり、周りに家族はおらず、面倒を見てくれる人間もいません。それでも普通に今まで一人でしっかり働き、贅沢はしていませんが頑張って生きてきたある高齢の女性で生活保護ではありません。このような人は今ではどこにでもいそうです。

    悲しいかなこの女性の調子が急に悪くなりかかりつけ医に行きました。一月前から両下肢が浮腫んでいるため歩くことが困難になったためですが、食事も取れるしそこまで全身状態は悪くありません。

    0
    続き

    スポーツ選手って病気になりやすい?過剰な運動ストレス

    西川先生が 「スポーツ選手って病気になりやすい」 とテレビ番組で発言されました。 (西川史子 池江璃花子の白血病で「スポーツ選手って病気になりやすい」と生放送で)

    またいい加減なことをと思っていたら、調べてみるとこのような論文がありました。

    2
    続き

    NHKさん 「インフルエンザを疑ったら病院にかかりましょう」はちゃんと説明してください

    昨日のブログ、BLOGOS含めてたくさんの人にみてもらったのですが、残念なことに昨日の夜のNHKニュースで少しミスリーディングな言葉がありました。

    4歳のインフルエンザ脳症、30代女性のホーム転落、老人ホームでの集団感染、少6の飛び降り、このようなインフルエンザがこわいというニュースを出した後、この言葉が出ました。

    「インフルエンザが疑われる時には早めに病院に行きましょう」

    1
    続き

    インフルエンザの時の病院のかかり方

    本当インフルエンザ疑いの発熱で病院にたくさんの人が待っています。そんな中大した症状がないのにインフルエンザ患者で溢れる病院に行ったらうつされるだけです。

    悲しいかなインフルエンザかどうか診断してもらえとかいう会社の指示も一部まだ続いているようですし、診断書もまだ聞きます。

    1
    続き

    韓国軍がそういう軍隊であるということ そして韓国政府も日本相手なら嘘をつき通していいと思っていること

    いやはやクリスマスプレゼントは株安ですか。再度のバブル崩壊?日本企業はあまり変わってないですけどね。

    さあ今回は韓国軍が自衛隊の哨戒機にレーダーを当てた事案について書きます。

    韓国軍の説明がどんどん変わって、最初はミス、そして今はついに否定になりました。(レーダー照射 韓国「一切の電波放射なし」に防衛省幹部「証拠ある」)

    6
    続き

    「最終的かつ不可逆的に解決」 免罪符 いや10億は安かった

    韓国がまた合意を破り、慰安婦財団の「解散」を発表しました。(安倍首相「韓国は責任ある対応を」、慰安婦財団「解散」発表に)

    本当この国は予想通りですね。日本相手なら国際的に国家である責任はいらないと考える人たちが韓国政府内に存在するんでしょう。まあ大統領は今北朝鮮ばかり向いてますし、国内安定のためには日本を叩くことが一番ですからね。真面目な韓国人も本当被害者です。

    7
    続き

    ゴーン氏、松本氏から考える悪い老害 いい老人の知恵 結局その人個人

    日産ゴーン氏が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)疑いで逮捕されました。今ニュース、ワイドショーはこの話で持ちきりです。

    6ヶ月前の内部通告、司法取引の問題が指摘されていますが、日本の法律でしっかり処罰されるべき内容なのか、それともディオバンのように灰色だけど黒じゃないで終わるのか見て行く必要があります。長いこと権力を握るとダメになる典型なのでしょうか。いわゆる役員報酬の日本におけるグローバル化に貢献したゴーン氏。こんな汚職めいたこともグローバル化なんでしょうかね。

    2
    続き

    ジャーナリストの自己責任 いや傲慢さに対する批判だと思うけど

    橋下VS玉川の徹対決。いや本日のモーニングショーおもしろかったです。でも最近橋下さんとくダネ!含めてこの話題でガンガン攻めてるな。

    まあ以前の橋下・羽鳥の番組のようでもありましたが、まあ今の共通点と対立点が明確にされた討論でした。

    2
    続き

    日本の大手メディアの報道が不適当 日本のがん医療を歪める大きな要因の一つ

    文春記事です。(ノーベル賞受賞で再注目「免疫療法」は「まゆつばもの」だらけだった)。

    どうしても最初の印象が悪かったのでこの筆者の名前をみると少し斜に構えてしまうのですが、この記事は素晴らしい内容です。

    >実際、免疫チェックポイント阻害薬が登場するまで、がん医療の現場では免疫療法は「まゆつばもの」と見られてきました。がん専門医の危機感を理解するには、その歴史を知る必要があるでしょう。

    1
    続き

    ダメなところはいつまでもダメ 医療者の労働環境変える気がない病院上層部!

    いや、患者につばを吐きかけられて思わず平手打ちしてしまった看護師、その罰として病院に減給処分にされたとのことです。(患者に唾かけられ平手でたたく 新潟市民病院の看護師を減給) なんてかわいそうな看護師。いったいこの病院は職員を守る気ないのと思ってツイートしたら、なんとあの研修医が自殺をした新潟市民病院でした。(新潟市民病院研修医自殺事件 新潟市はしっかり対策を)

    結局わかることは、この病院はたとえ看護師が暴力を受けても少なくとも我慢を要求し、患者さんの理不尽な行動に思わず反応すると罰を与える。つまり働いている人間の環境を改善する気は無い病院ということです。

    2
    続き

    医療の値段改革! 「かかりつけ医」 机上の空論 具体策不足と希望的観測だらけ

    いやまた財務省とんでもない記事を発表しました。(社会保障費抑制へ改革案 高額医薬品は保険の対象外 財務省が財政審に提示)ただ厚労省も10月10日の会議で同じような資料を出されています。 (第114回社会保障審議会医療保険部会)

    >75歳以上の後期高齢者が受診する際の自己負担割合を現行の原則1割から2割へ増やすことも改めて打ち出した。

    1
    続き

    「上手な医療のかかり方」 やっとこんな題材が取り上げられる時代に メディアの力が必要です

    「上手な医療のかかり方」 やっとこんな題材が取り上げられる時代になりました。(第1回「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」)

    座長の渋谷健司さんは医師の働き方改革の時も中心的な役割を果たされた方です。また会議の中で話されている宮崎県県立延岡病院の対応について私が以前書いた記事です。医療者以外の力を借りなければいけない時代なんです。

    0
    続き

    政治家の科学理解度 どこまで必要か 右か左は関係ない

    今回おしどりマコリーヌさんが立憲民主党の参議院候補となったことで、私のSNS周りは騒然としています。(代表例やまもとさんのブログ:「立憲民主党がおしどりマコを参院比例で擁立」の衝撃)

    彼女の福島に対する間違った発言は論外なのですが、当時の東電の行動を考えるといくらか仕方ない部分が存在します。そう彼女は福島を助けようと思い込んだ巨悪と戦い頑張ったのです。ただ知識不足に伴い結果が間違っていたのであって、いわゆる無知の親切は福島に対する虐待にすぎないという結果を生み出した行為でした。

    2
    続き

    乳酸菌は免疫の働きを高める? ハウスのテレビ CMから

    最近気になっていたCM。(ハウス まもり高める乳酸菌)テレビでは風邪をひきにくくなるとデータを短い時間出していました。

    腸内細菌、とても大好きな話です。記事も以前書いています。((1)、(2)、(3))様々な他のヨーグルトを給食にとり入れることでインフルエンザにかかりにくくなるというデータはいっぱいありますし、最近は腸内細菌の免疫治療薬への反応も医学論文化されています。

    0
    続き

    今後のがん治療 どんどんいわゆる抗がん剤が減っていく

    次から次に出てくる新しい薬。本当治療内容がどんどん変わっています。

    今までもいっぱい書いてきましたが、PD−1を代表する免疫治療薬、血液疾患における免疫調整薬(iMID)、遺伝子特異的な分子標的医療薬、CAR-Tなどの細胞療法が出現し、昔の俗にいうがんだけでなく全身にもダメージを与える殺細胞腫瘍薬(いわゆる抗がん剤)に置き換わる薬が次から次に登場し臨床に使われてきています。(今までの記事;免疫治療 新たな研究の進歩、肺がん:治療は抗がん剤から免疫治療+αへ)

    1
    続き

    樹木希林さん ご冥福をお祈りします 今の理想的ながんとの付き合い方

    樹木希林さんがお亡くなりになりました。乳がん手術後からから8年後の2013年の全身がん(おそらく転移)の告白。そして5年後。彼女の活動はまさに一人のがんサバイバーとして素晴らしい女優を演じきりました。

    本当に医師から見てもすごい患者さんで、以前から記事にさせていただいていました。 ((1)、(2))

    1
    続き