«
»
堂本かおる
堂本かおる
ニューヨーク在住フリーランスライター
菊田 均
菊田 均
文芸評論家
中岡 弘
中岡 弘
著述家
小名木 善行
小名木 善行
国史啓蒙家
大島 直行
大島 直行
伊達市噴火湾文化研究所長
時広 真吾
時広 真吾
舞台演出家
渡辺 久義
渡辺 久義
京都大学名誉教授

松本 健一 rss (文化)

ライター一覧
松本 健一

昭和21年(1946年)群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。京都精華大学教授、麗澤大学教授を歴任。評論家、作家としても活躍した。平成26年(2014年)11月27日没。

「昭和天皇実録」の問題点

麗澤大学教授・評論家 松本 健一

 この9月9日、宮内庁は昭和天皇の生涯の公式記録である「昭和天皇実録」の内容を公表した。これは、宮内庁によると、国内外の公文書や元側近の聞き取りなど3152件の資料をもとに編さんしたもので、そのうち約40件は未公表のものである。

0
続き

悩ましくなる神功皇后の謎

麗澤大学教授・評論家 松本 健一

 このところ神功(じんぐう)皇后のことが気にかかっている。神功皇后といえば、まずは「三韓征伐」であり、戦後生まれのわたしたちは、あれは神話上の出来ごとであって歴史的事実ではない、と考える思潮のなかで育った。

0
続き

「アラビアのロレンス」追想

麗澤大学教授・評論家 松本 健一

 12月のはじめ、わたしはイスラエルのテルアビブからエイラートへ、そこからヨルダンのアカバをへてペトラ遺跡へ、という旅をしていた。しかし、目的はただ一つ、「アラビアのロレンス」のアカバを見ることだった。

0
続き

中国古典と近代日本西洋化

麗澤大学教授・評論家 松本 健一

この十数年、中国古典を読み直すことが多くなっている。きっかけは何だったのだろうか。すぐには憶い出せない。 ただ、1997年(16年まえ)に『開国・維新』を書き下ろしたとき、維新と革命とがどう違うのかを中国古典にあたって辿り直したことがある。そのとき、革命が『易経』に「湯武命を革め、天に順って人に応ず」などとあるように、中国では易姓革命の思想がれんめんとして続いていたことを確かめた。そうして、維新が『詩経』に「周は旧邦なりといえども、その命維れ新たなり」などとあるように、日本では革命を起こさないように国家の命を維れ新たにする政体の改革をしていこうとしたのではないか、と思い至ったのである。

0
続き