■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    岸元 実春 rss (学生・青年ライター)

    ライター一覧
    岸元 実春

    鹿児島県出身。両親の知人が韓国に住んでいて幼少期からよく遊びに行っていたこともあり、中学と高校は韓国へ留学。高校卒業後、立教大学の文学部文学科に通い、大学生活を終えた後、出版社の編集部に勤めた。現在はフリーランスになり、フリーライターとして活動している。

    「母の日」商業化に反対した“創始者”アンナ・ジャービス

     母の日は今では世界的に広まっていますが、本格的に母の日を定着させたのは、20世紀初頭のアメリカ・ウェストヴァージニア州にいた「アンナ・ジャービス」という女性でした。

     アンナの母、アン・ジャービスは南北戦争中にウェストバージニア州で、「母の仕事の日」と称して、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために地域の女性を結束させた方でした。

    4
    続き

    ゴールデンウィークうつ

     今年のゴールデンウィークは最大10連休にもなる大型連休になりました。この長い休みを使って旅行に行く人も多いですが、ゴールデンウィークの理想的な過ごし方を調査したあるアンケートでは、「自宅でゆっくり過ごす」と答えた人が一番多くいました。既婚者のファミリー世帯は「家族団らん」と回答する人が多く、一人暮らしの人も「実家に帰省」が上位に上がり、今年は家族で集まる傾向が高いことが分かったそうです。

     今年のゴールデンウィーク、あなたはどのように過ごしていますか? ということで今回は、ゴールデンウィークにまつわる話題です。

    4
    続き

    昭和の良さを平成生まれに伝えてみませんか?

     4月29日は「昭和の日」ですが、もともとは「天皇誕生日」という祝日でした。昭和64年(1989)1月7日に昭和天皇が崩御され、平成元年(1989)から昭和天皇が自然を愛したことにちなんで、「天皇誕生日」が「みどりの日」となったのです。しかし、多くの国民の要望を受けて祝日法が改正し、平成19年(2007)から「昭和の日」になりました。そんな昭和の日を機に、平成生まれの立場から、昭和の時代を生きてきた方々との関係性について考えてみたいと思います。

    ●昭和と平成の溝  平成生まれの私には、昭和を生きた方々と、平成生まれの間には何かしら溝があるように思えてしまいます。例えば昭和を生きた方々からよく言われるのが、「もう君の歳からは平成生まれなんだね。平成なんてちょっと前になったばかりな気がする」。これには「そうですか」と相槌を打つしかないですが、ただの感想のようなものなのでスルーできます。

    3
    続き

    災害が起きる前に知っておきたい「防災対策」

     熊本県で、14日に震度7を記録した地震が発生しました。その後、16日にも熊本県を震源とする地震があり、熊本市中央区や同県南阿蘇村などで震度6強を記録。大分県別府市や佐賀県で震度6弱~5強を観測し、その後も地震が断続的に発生しました。

     18日現在、14日の地震以降の死者は、計42人、行方不明者は10人と発表されています。負傷者は熊本、大分、福岡、佐賀、宮崎の5県で少なくとも計1000人を超えており、交通網やライフラインが寸断されて孤立した地域もあるほど、被害は甚大なものとなりました。

    3
    続き

    まず何ができるか考えよ、待機児童

     先月、「保育園落ちた日本死ね!」という書き出しで始まる匿名の文章が注目を集めました。女性の活躍推進や待機児童問題の解消が叫ばれる中、保育所の入園選考にもれた母親が率直な心境を叫んだブログ。この女性の記事が発信されてから、インターネット上には賛否両論の多数の書き込みが寄せられました。

    2
    続き

    受け継がれてきた桜を愛する和の心

     桜前線が全国的に伸びている現在、お花見に出かける方も多いのではないでしょうか? 桜の下にブルーシートを敷いて宴会を行う日本人の様子は、外国人観光客には不思議な光景として映るそうです。外国にも桜を愛でる風習をもつ国はあるでしょうが、日本人のように桜を見ながら食べたり、呑んだりする国は珍しいのでしょう。日本人は桜を特別に愛している。それを知っている外国人が増えてきているようですが、なぜ、日本人はこんなにも桜に対する思いが強いのでしょうか。日本全国各地にソメイヨシノが植えられ、春になったら淡いピンク色の花が咲く姿が美しく感じられ、桜を愛でたくなる。現代人の感覚としては、花見は文化、古来からの風習のように思えます。

     では、桜と日本人はいつから関係性が深まっていったのでしょうか? 日本人が桜を愛でるようになった時代へ戻り、日本人が桜へ思いを寄せるようになったきっかけを見てみましょう。

    6
    続き

    ショーンKさん、詐称発覚からの潔い失脚に隠された人間性

     先日、週刊文春で学歴詐称を報じられたショーンKこと、ショーン・マクアードル・川上さん。学歴や経歴の詐称疑惑、さらにはオフィシャルサイトに掲載されていたビジネスパートナーが別人だったことなど、次々と詐称ネタが暴露されました。

     週刊文春の記事は、ホームページ上の英文のプロフィールに記載されていた内容に間違いがあったことを指摘したものでした。ショーンさん側は、テンプル大学の学位について「海外を遊学後、大学には戻りませんでした」、ハーバード・ビジネス・スクールのMBAについては、「一般社会人にも公開されているセミナーを聴講した程度」など、自身のサイト上で誤りを認めていました。

    4
    続き

    非現実的な子育て意見で炎上した「校長先生の話」

     先月、大阪市鶴見区の市立茨田北(まったきた)中学校の全校集会で寺井寿男校長が話した内容がマスコミに取り上げられ、ネット上でも賛否両論が飛び交っています。ある新聞の報道では、「『女性にとって最も大切なことは、子どもを2人以上産むこと。仕事でキャリアを積むこと以上に価値がある』などと発言した」と書かれています。これだけ見ると、女性だけに責任を押し付けるような発言に聞こえてしまいますが、中学校のホームページに上げられていた話の全文を見てみると、また違った発言に思えてきました。以下、全文を掲載します。

    <引用>—————————————————

    26
    続き

    日本人が理解しにくい韓国の「ウリ」文化

     歴史的背景や、外交問題、はたまた俳優やアイドルなどでブームが巻き起こるなど、様々な面で密接な関係を持っているお隣の国、韓国。皆さんは韓国に対してどんなイメージを抱いているでしょうか? 中高生期を韓国で過ごしてきた私の目線から、韓国の文化や礼儀作法など、日本とは全く違ったお国柄をご紹介します。

    ●「ウリ」を大切にする民族  焼き肉屋さんなどで日本でもよく目にするビビンバ。色とりどりの具材と卵があつあつのご飯に乗ってコチュジャンと一緒に食べると、なおさら本場韓国の味になるのですが、食べる時も見た目を重視する繊細な心を持った日本人は、混ぜて食べる人はあまりいませんよね。

    12
    続き

    高嶋ちさ子のゲーム機“バキ”は是か非か

     先日、バイオリニストの高嶋ちさ子さんが子どもの躾のためにゲーム機をバキバキに真っ二つに折ったことが話題となり、ツイッターなどが炎上し、ワイドショーでも取り上げられるほどの大事に発展しました。

     事の発端は、高嶋さん自身が書いた新聞のコラムがツイッターにアップされたこと。そのコラムの中で、ゲーム機破壊に至った経緯が書かれていました。

    9
    続き

    他人から本当の家族になれる、3世代同居の意味

     安倍政権が「一億総活躍社会」の具体的目標に掲げる「希望出生率1・8」に向けた少子化対策の一環として、祖父母から孫までの「3世代同居」に対応する住宅の新築・改修費に国が補助金を出す新制度が始まるようです。すでにそれに関する予算が、2016年度予算案に盛り込まれているのですが、これが適切に使われるかどうか疑問視する声が上がっています。

     新制度の具体的な内容としては、台所、浴室、トイレ、玄関のうち、2種類の設備を2カ所以上設置した新築木造住宅、また、これらの設備を増設した中古住宅を対象に、1件あたり最大150万円を補助するという3世代同居住宅への補助を行うということになっています。3世代が一緒に暮らし、子育てに祖父母の協力を得やすくすることで、子育て支援への公的負担を抑える目的があるようなのですが、疑問視されている点は、補助の要件として3世代家族の同居を義務付けていないということ。

    8
    続き

    日常で密かにはびこる、覚せい剤の脅威

     今月、不倫騒動と立て続けにお茶の間を騒がせたもうひとつの話題、それが覚せい剤。覚せい剤を所持、使用の疑いで、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が逮捕されました。突然の報道に驚きましたが、どうやら4年近く前から警察にマークされていたそうで、自宅マンションで突撃逮捕に到ったそうです。悪に手を染めている自覚があったのか、おとなしく捕まり、使用するために覚せい剤を所持していたことをすんなり認め、実際にこれまで使用してきたことも明らかになりました。

     芸能界の覚醒剤騒動はこれまで何度も話題に上り、世間を騒がせてきましたが、清原容疑者の騒動が落ち着かないうちに、またもや覚醒剤のニュースが浮上。しかも今度は現役議員。神奈川県葉山町の町議会議員である細川慎一容疑者が、覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。

    5
    続き

    不倫は絶対ダメ? 非難の的になる芸能人、政治家

     ここ最近、浮き彫りになっている不倫問題。芸能界では、タレントのベッキーと「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の不倫報道が連日、ニュース等で大きく取り上げられていました。テレビでは明るく、楽しそうにレギュラー番組に出演しているベッキーの姿が印象的だっただけに、それを聞いた時の衝撃は大きかったですね。

     また、それから間もなくして政治界では、育休宣言をしていた自民党の宮崎謙介衆院議員が、妊娠していた妻に隠れて不倫をしていたことが妻の出産後に発覚。宮崎議員は国会議員の育休の制度化を推進していたこともあり、党内だけではなく、国民からも相当バッシングを受けたのではないでしょうか。

    7
    続き

    「建国記念の日」について説明できますか?

     先日、2月11日は建国記念の日でした。「建国記念の日」と一言で言っても、具体的にどういう意味を持った日なのかイメージできますか?

     正直、20代の私は日本が建国された経緯についてほとんど知りませんでした。同年代の人に尋ねても、大学などで専門的に学んできた人以外、日本の建国についてきちんと説明できる人はあまりいません。そこで、建国を祝う日である2月11日がどういう意味を持っているのか、少し紹介したいと思います。

    2
    続き