■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 彩島 うた
    彩島 うた
    学生ライター
    ココ浅井
    ココ浅井
    ブラジル在住
    きむむ
    きむむ
    大学院生
    三井 俊介
    三井 俊介
    陸前高田市議会議員

    岸元 実春 rss (学生・青年ライター)

    ライター一覧
    岸元 実春

    鹿児島県出身。両親の知人が韓国に住んでいて幼少期からよく遊びに行っていたこともあり、中学と高校は韓国へ留学。高校卒業後、立教大学の文学部文学科に通い、大学生活を終えた後、出版社の編集部に勤めた。現在はフリーランスになり、フリーライターとして活動している。

    「アンパンチ」を本気で心配している親がむしろ心配

     2歳の娘が、NHKの「いない、いないばあっ」の次にハマり出したのが「アンパンマン」。アニメを録画して見たり、横浜のアンパンマンミュージアムに行ったりして、最近は更に熱心なアンパンマンファンになっていっています。

     いたずらをして困らせるバイキンマンを、アンパンマンがアンパンチでやっつけるという、分かりやすい勧善懲悪のストーリーです。キャラクターの性格もしっかり練られていて、子供に初めて見せるアニメとしては最適だと思います。

    10
    続き

    「社員、遺族を守りたい」京都アニが警察・マスコミを牽制

     戦後最凶といわれるほど凄惨な放火事件から半月が過ぎました。7月18日、京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男がガソリンをまいて放火。35人が亡くなり、33人が重軽傷を負う大事件が、日本中を震撼させました。放火、殺人、傷害などの容疑で、埼玉県さいたま市に住む職業不詳の青葉真司容疑者が京都府警に逮捕されました。しかし、放火した際、自身も大やけどを負い、病院へ搬送。重篤で話ができる状態ではなく、本人から直接犯行の動機を聞けていません。犯行前後の言動や、パソコンやスマートフォンなどの押収物を解析するなどして、警察は動機を探っています。

    京都アニメーションの、社員、遺族を守りたい想い

    4
    続き

    世間を味方に会社を悪者にした宮迫・田村、涙の謝罪会見

     カラテカ・入江の解雇から始まった吉本興業の芸人の首切り。吉本興業が入江ひとりに責任を負わせる形でうやむやにしようとしていたことを週刊誌が嗅ぎつけ、参加した芸人達の金銭授受が明らかにされました。当初は金銭授受を否定していた雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)でしたが、謹慎を言い渡され、他の吉本の芸人と共に謝罪コメントを発表。これで今回の騒動は幕引きかと思いきや、宮迫が吉本興業から契約破棄を言い渡され、20日に、田村と共に謝罪会見を開きました。

    吉本興業の闇、不信感を暴露

    13
    続き

    闇営業の言い訳がましい宮迫に非難の声殺到!

     先月末、バラエティ番組のMCも務める芸人の宮迫博之さん始め、11人の芸人が謹慎処分を受けたことが発表されました。原因となったのは、闇営業。それも、反社会勢力の会合に出席し、金銭の授受があったというものです。振り込め詐欺グループなどの反社会勢力への闇営業を芸人に仲介したとして、カラテカ・入江慎也が吉本興業から解雇されたことから調べが入り、5年前の闇営業の実態が発覚したということです。

    宮迫に批判の声が募る理由

    1
    続き

    ニュースより速いSNSの生情報

     先週の後半、私が住んでいる地域へ全国の関心が寄せられる事件、事故がありました。小田急線の脱線事故と、愛川町の刃物を持った逃走犯の事件です。まさか身近なところで、普段ニュースで見ているような事が同日に起こるとは思いもしませんでした。

    巻き込まれる可能性のあった小田急線衝突事故

    5
    続き

    「声かけ写真展」に批判殺到―被写体は小中学生少女のみ

     2016年に、中年男性が「街角で遊ぶ少女」をテーマに女子小中学生に声をかけて撮影し、その写真を展示・販売する「声かけ写真展」が世田谷ものづくり学校で行われました。展示された写真の中には、水着姿やブルマ姿の写真があり、少女たちの保護者に撮影許可を得ていなかったため、「児童ポルノの助長だ」、「親の許可を得ないのはおかしい」という批判が寄せられました。それから3年経った今年、第2回「声かけ写真展」の開催が計画されており、中止を求める声が相次いでいます。批判の声が高まる中、公式サイトで資金を募っている主催者の意図とは何なのでしょうか。

    「声かけ写真展」の意図とは?

    7
    続き

    SNS上で議論を巻き起こす「痴漢対策に安全ピン」

     今月中旬頃にツイッターに投稿されたあるマンガが、SNS上で話題となっています。マンガでは、作者の実体験に伴うもので、中学生の時に痴漢被害に遭った時のこと、保健の先生にそのことを相談した時のことが描かれています。痴漢に遭った際の対策を保健の先生が教えてくれるのですが、その内容に、賛否の声が上がっています。

    痴漢に遭った時は安全ピンで刺すこと

    2
    続き

    10歳ユーチュ―バーの「自由登校」が大炎上

    自由の意味をはき違えていませんか?

     ここ最近ネット上を賑わせている話題があります。渦中の人物は、10歳のユーチュ―バー「少年革命家 ゆたぽん」こと中村逞珂さん。琉球新報の新聞に掲載され、Yahooニュースにも転載されたことで、ネット上では逞珂さんの発言や、それに賛同する著名人のツイートについて賛否両論意見が飛び交い、大きな話題を呼んでいます。

    13
    続き

    AAA浦田容疑者の不誠実な謝罪会見にファンから怒りの声続出

     芸能人のスキャンダルは絶えないということを改めて感じさせられる4月。麻薬所持の疑いでピエール瀧容疑者が逮捕されたという話題が冷めやらぬ内に、今度はアーティストグループ「AAA」(トリプルエー)のリーダーである浦田直也が逮捕されました。釈放され、謝罪会見を開きましたが、腑に落ちない会見内容に私だけでなくファンからも疑問の声が上がっています。

    金髪白Tシャツから一変、黒髪、黒スーツ、黒縁めがねで謝罪

    4
    続き

    ラブライブが乗っ取られた!「上野かほ」の目的はいたずらか金銭か?

     見たことも聞いたこともないニュースが目に飛び込んできました。それは「ラブライブが乗っ取られた」というもの。「ラブライブ!」とは、統廃合の危機に瀕している高校を舞台に、9人の女子高生がアイドルになって知名度を上げることで、廃校を阻止しようとするストーリーです。始まりは雑誌でしたが、そこからアニメやゲーム、さらにはキャラクターの声優が実際にアイドルユニットを組んで活動するようになり、二次元から三次元まで幅広く楽しめることで人気を集めています。その、アニメ「ラブライブ!」の公式サイトが、4月5日に改ざんされ、閲覧できなくなりました。誰が、何の目的で行ったのか、謎だらけです。

    ラブライブは我々が頂いた!

    3
    続き

    芸能人逮捕、ただ“お蔵入り・カット”すればいいのだろうか

     芸能界をはじめとして公人の薬物使用で逮捕されるニュースが近年過熱報道される傾向にあります。最近では、ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者がコカインを使用したとして逮捕され、各局のニュースや報道番組で連日取り上げられました。薬物を使用して逮捕されたことを受け、同容疑者が出演していた映画やドラマがお蔵入りになったり、現在出演している放送中のドラマでは本人が映っているシーンがカットされたりしています。必要以上にメディアが過敏になっているような気がするのは私だけではないようで、ネット上では賛否両論意見が上がっています。

    やりすぎな自粛に賛否両論

    2
    続き

    年金機構のツイートが大炎上、削除して謝罪ないままスルーするつもりか

     老後を支えるための年金制度ですが、年金を受け取れる年齢が上がってきたり、現代の若者は将来本当に年金を受け取れるのか、受け取れる年金の額は減少しないのかなど、不安や心配になることはあります。現在年金を払っている世代の中には、年金に対して不信感を抱いている人も少なくないでしょう。その不信感を助長させるような出来事が3月の14日に起こりました。政府から委託を受け、公的年金に関わる一連の運営業務を担っている日本年金機構がツイッターで投稿した内容が批判を浴び、ツイッターでは機構に対して批判が殺到しています。

    軽いノリで他人事のような投稿に批判殺到

    1
    続き

    「イヤイヤ期の辛い」に共感! イヤイヤ暴君を“素直ちゃん”に変える我が家の必殺ワード

     2歳前後になると、何をしても「イヤだ!」という時期があるものです。イヤイヤ期と言われる時期ですが、親がやっていることと同じことをしたい、自分で何でもしたいという自立心が芽生えた証でもあります。ですが、まだまだ自分でできることは少なく、できないことばかりだとイライラして癇癪を起こしてしまい、「イヤだー!」となってしまうようです。娘も2歳になるので、そろそろイヤイヤ期が始まるのではとそわそわしているところです。

    床で泣きわめく子供を気が済むまで待つ懐の深さ

    0
    続き

    自分を責めるよりも尊い命に感謝して乗り越えたい流産の痛み

     妊娠、出産を経験すると、生命の誕生の神秘に触れ感動するものです。しかし、育児となってくると小さいながらも生命力にあふれ、元気いっぱいな姿に翻弄されてしまい、感動が薄れていくものだなと2歳になった娘を見ながら思うようになりました。ある経験を通して、そう思っていた自分を恥じ、娘がこうして何事もなく元気に毎日過ごせていることは当たり前ではないと気づかされました。

    妊娠8週目で胎児が見えない

    8
    続き

    議論不足の「妊婦加算」制度に納得いかない妊婦たち

    凍結後の議論はどうなる?

     昨年4月から導入された「妊婦加算」の凍結が12月に決定し、今年1月から制度が停止することになりました。わずか9カ月で見直しが検討され、制度が凍結された「妊婦加算」。凍結のきっかけとなったのはある妊婦さんのツイッターへの投稿でした。

    2
    続き

    「きょうだい児」が幸せを描けないのは障害児のせい?

    根本の責任は親にあり!

     「きょうだい児」という言葉に耳慣れない方も多いのではないでしょうか。私自身も今回調べて初めて知った言葉でした。「きょうだい児」とは、障害者の兄弟姉妹のことで、最近ツイッターなどで「#きょうだい児」というハッシュタグが広まっています。ツイートの中には、幼いころから障害のあるきょうだいを支える役を期待され、自分のことを後回しにしてきた不満や、知的障害のいるきょうだいとの現状の生活に対する苦しさから生まれるとげとげしい言葉も含まれており、きょうだい児ではない側からでは想像しきれないつらさを抱えていることがうかがい知れます。

    5
    続き

    もったいないでは済まされない大量廃棄される恵方巻

     お正月ムードが過ぎ去ったと思いきや、スーパーやコンビニでは既に来月の節分に関するコーナーが目立っています。節分といえば豆まき。幼少の頃は、鬼のお面と一緒に豆の袋がスーパーなどで山積みにされていた記憶があります。それを買って帰って、父が鬼の面をかぶって子供達で豆をぶつけ、散らばった豆を集めて年齢の数だけ食べるというのが節分の過ごし方でした。

     ところが近年、この時期になるとスーパーやコンビニなどで幅を利かせているのは豆よりも「恵方巻」。近畿地方の一部で、その年の恵方(縁起のいい方向)を向いて巻き寿司を丸かぶりすると福がめぐってくるとして始まった習俗ですが、1998年にセブンイレブンが全国発売にあたり、商品名を「丸かぶり寿司恵方巻」としたことで恵方巻という名称が全国に広まったとされています。

    2
    続き

    年賀状を卒業する人が増えている! 平成最後の年賀状事情とは?

     年明け、外からバイクの音が聞こえると、窓に顔を付けて郵便配達員が来たのか確認をする。これが子供時代からの年始の習慣でした。自分が書く年賀状数は少ないので大抵は両親宛の年賀状なのですが、そこに交じって知人友人からの年賀状が届いていると普段の手紙以上に嬉しくなったのを覚えています。大人になった今でも、出す人数は少ないですが、少しでも届いているとやはり嬉しいものです。日本独自の歴史ある風習ですが、今年は平成最後で元号が変わるということで「卒年賀状」を宣言する人が増えているとか。その背景には何があるのでしょうか。

    SNSの普及、就活のために年賀状じまいをする人増加

    2
    続き

    スーパー、コンビニ、外食チェーンがこぞって正月休業に顧客は本当に好意的なのか?

     帰省ラッシュで大勢の人が新幹線を利用する年末に、その新幹線が故障して東京駅は大混雑。一部の新幹線ホームが入場規制されました。JR東日本によると東北・上越・北陸・山形・秋田新幹線で最大2時間の遅れが出て約23万人に影響が出たといいます。日本海側は雪の予報もあり、交通機関の乱れは相当な痛手となったのではないでしょうか。

     そんな慌ただしい年末を駆け抜け、2018年も終えて新年を迎えました。仕事始めまでのお正月休みは家族や友人と過ごす方が多いと思いますが、ずっと家でのんびりしているという人は少ないのではないでしょうか。初日の出を見たり、初詣に行ったり、あるいは年始のセールや福袋などを求めてショッピングに出かけたり、外食をしに行ったりすることもあると思います。正月は店のシャッターが下りるどころか、開けているのが当然という風潮になりましたが、どうやら変化が訪れているようです。

    1
    続き

    「クリぼっち」で何が悪い! 変化しつつあるクリスマスの過ごし方

     ハロウィーンが終わった辺りから、店頭や街中はクリスマスムードになっていき、あちらこちらでツリーやクリスマスソングを耳にするようになりました。本来はイエス・キリストの生誕を祝う日ではありますが、日本では家族や恋人、友達とご馳走を囲んでプレゼントを交換し合って、という定番な過ごし方が定着しています。誰かと過ごすことが当たり前になっていますが、ひとりで過ごす「クリぼっち」が昨今増えてきており、恋人や家族で過ごす「リア充」に対して「爆発しろ」と言ったり、路上でデモをしたりと、妬む人達も少なくありません。こうしたクリぼっちの過ごし方に変化が生じているようなので、調べてみました。

    SNSの影響か、開き直った「クリぼっち」

    5
    続き

    電車内で泣き叫ぶ子供にスマホ、泣き止んでも非難の目、どうしろというのか?

     今や手放せなくなった便利アイテム、スマートフォン。四六時中大人がスマホを持っているため、子供もスマホのある生活が当たり前になってきています。スマホのメリットは多々ある一方、デメリットも少なくありません。特にここ数年問題になっているのが「スマホ育児」。スマホが子供に与える悪影響は確かにありますが、それでも育児に使用してしまう現代のママ・パパの事情もあるようです。

    スマホ育児の怖さを理解しつつも頼らざるを得ない現代社会

    4
    続き

    梅毒患者が過去最多数に! 閉ざされた性教育だけでは防げない

     「梅毒」というと昔の病気のように感じてしまいますが、実は近年、日本で梅毒患者数が急増しているのです。昭和23年からの報告制度では年間1万人以上の年もありましたが、制度変更があった平成11年以降、24年までは600~800人で推移していました。しかし、平成25年に1000人を超えてからは増加する一方で、昨年は昭和48年以来44年ぶりに梅毒の感染者が5000人を超えたことが発表されました。今年は更に増加し、1月から11月25日までの累積患者数は6221人となったことが国立感染症研究所により明らかにされています。梅毒が何故こんなにも急増しているのか、梅毒の恐ろしさとは何かを調べてみました。

    不特定多数との性的関係が、梅毒感染の大きな原因

    4
    続き

    中国人の怒りを買ったD&G炎上騒動でドル箱の中国市場を完全に失った愚かな発言

     世界的ブランド「ドルチェ&ガッバーナ(D&G)」が今、中国で相当な反感を買っています。11月21日にD&Gが上海で大規模なショーを予定しており、その広告として18日に「中国伝統の箸でイタリアの伝統料理を食べる」というテーマの動画を公開しました。しかしその動画は広告となるどころか、中国のネット上で批判が殺到し、中国人モデルが続々とショーへの出演を拒否したためにショーが中止されることに。その後もD&Gの批判は止むことなく、中国だけでなく日本国内でもD&Gへの批判がネット上で飛び交っています。

    不器用な箸使いでイタリア料理を食べさせる意味不明な広告動画

    2
    続き