■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    浅野 和生
    浅野 和生
    平成国際大学教授
    筆坂 秀世
    筆坂 秀世
    元日本共産党書記局長代行
    早川 忠孝
    早川 忠孝
    前衆議院議員
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    神谷 宗幣
    神谷 宗幣
    龍馬プロジェクト全国会 会長
    森口 朗
    森口 朗
    中央教育文化研究所代表
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    中村 幸嗣
    中村 幸嗣
    元陸上自衛隊医官
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    櫻田 淳
    櫻田 淳
    東洋学園大学教授
    土屋 たかゆき
    土屋 たかゆ...
    前東京都議会議員

    花渡川 淳 rss (政治)

    ライター一覧
    花渡川 淳

    団塊世代。年齢と共に美しい日本が好きになりました。
    平成・美しい日本を護る会創立会員、日本会議会員。
    鹿児島市、男性、既婚、二男一女の父、血液型:O型、誕生日:5月30日、夢は限りなく自給自足に近い、晴耕雨読の生活、自営業。
    ブログ名:うさぎ屋の四方山話
    ライター名:花渡川 淳(けどがわじゅん)

    さすがトランプ大統領ー北朝鮮拘束の米国人解放

     北朝鮮に拘束されていた韓国系米国人3人が解放されました。さすがアメリカだ、トランプさんだ、と私は思う。米国の北朝鮮に対する制裁や圧力は強大であり、また北朝鮮の体制保証できるのも米国しかない。米朝首脳会談を前にして、キム委員長は中国に泣きついたが、その直後の米中首脳電話会談では、トランプさんは安倍さんの言うとおり検証可能な不可逆的核放棄を求めると言っています。朝鮮中央TVで威勢のいいことを言うけれども、キムチ委員長は大分譲歩してきたのではありませんか。

     ホワイトハウスは声明で、大統領は3人の解放を「善意を示す前向きな意思表示と見なしている」と表明したという。首脳会談を前にその程度は言うでしょうね。きたるべき会談、いわば本番ではもっと前向きに善意を示せ、と米国に言われた。そうキムチは受け取るべきです。

    3
    続き

    本件は「首相案件」です

     またまた朝日新聞が加計学園問題で”疑惑”を報じたようです。私は朝日を読んでいませんが、多分、首相秘書官が愛媛県職員に「本件は首相案件」と話したことから、安倍首相は長年のお友達である加計孝太郎氏のために便宜を計った、関与したから首相を辞任すべきだ、といったものでしょう。  

    (産経ニュース 2018/4/10 21:03)

    2
    続き

    北朝鮮の「瀬取り」って何?

     このところ当ブログもカタカナのタイトルが続きました。「アルマーニ」「ウリヌン ハナダ(我々はひとつ)」「テレビ左翼」といったカタカナタイトルは、当分の間、使わないようにしたい。それらはたいていの方がおよそ見当のつく話題ではあります。「テレビ左翼」が耳新しいでしょうかね。或いは、目新しいと言うべきか。どちらでもいいが(笑)、これは政治学者・岩田温氏が動画の中で話していました。    TVを主な情報源としている60歳代以上の人達のことです。この人達は平和安保法制のときも「戦争になる」「徴兵制が布かれる」とTVを信じてました。今も信じているのでしょうかね。そりゃあ、「ネトウヨ」もいるのですから「テレサヨ」もいますわな。テレウヨも居そうなものだが、ウヨはあまり偏向TVを観ないときている。

     さて、私はTVで観たが(笑)、北朝鮮が「瀬取り」と言われる方法で石油製品を密輸しています。つい最近も海上自衛隊の哨戒機が公海上で瀬取りの北朝鮮タンカーを捉えています。http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180215-OYT1T50054.html?from=ytop_ylist

    2
    続き

    もはやピョンヤン(平壌)オリンピック!?

     ピョンチャン(平昌)ではなくてピョンヤン(平壌)オリンピックだと揶揄されています。

     開催国枠で出場する韓国女子アイスホッケーチームに北朝鮮選手を加えるのだそうだ。当初エントリーした時のチームと別物が試合することになる。南北ともにどうせ世界ランキング20位台のチームですから、メダルには程遠いのですが、フェアではない。対戦国からも苦情が出るはずです。

    4
    続き

    「新」駐韓米大使は韓国に肩を持つのか!?

     「平昌五輪開会式、安倍首相出席か否か 政府対応に苦慮」と新聞にありましたが、何も苦慮することはありません、当然、欠席でしょう。

     ペンス副大統領やマクロン大統領ら各国首脳級の要人が参加する、というのですが、別に韓国で会わなくとも、ペンスは日本に立ち寄る予定になっているのではありませんか。平昌には東京五輪担当相や野田総務相、二階幹事長、額賀日韓議員連盟会長とか、白シンクン君とかが行けばいい。

    3
    続き

    本日、韓国は大忙し

    <引用始まり>

     韓国政府は9日、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意に関する後続措置を発表する。合意について内容や手続きに重大な欠陥があると判断しながらも、即座に再交渉や破棄に向けた手続きに入るよりは、日本政府にまず責任ある措置を取るよう求める見通しだ。合意に基づき朴槿恵(パク・クネ)前政権が設立した慰安婦被害者支援財団に日本政府が拠出した10億円の扱いについても方策を発表する。韓国政府消息筋が8日、明らかにした。http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/01/08/0400000000AJP20180108004600882.HTML

    1
    続き

    日本国外相専用機は外国産?

    産経・FNN世論調査 質問と回答 【問】安倍晋三内閣を支持するか 支持する47.5(47.7) 支持しない44.6(42.4) 他7.9(9.9) 【問】どの政党を支持するか 自民党37.7(38.5) 立憲民主党13.9(15.3) 希望の党2.3(3.9) 公明党4.1(4.1) 民進党1.8(1.5) 共産党4.3(3.4) 日本維新の会2.4(2.4) 自由党0.4(0.5) 社民党0.6(0.8) その他の政党0.9(0.7) 支持する政党はない31.1(28.1) 他0.5(0.8)

     あれっ!? 内閣支持率は30パーセント台に落ちた、と言っていませんでしたか?47.5%あるじゃないですか。エライ違いだ。 世論は三権につぐ第四の権力だと言った人が居ましたけど、その世論は一つではない、ということですね。世論形成に大きな影響を与えるであろう報道機関の数だけある、と理解しておいた方がよさそうですね。

    4
    続き

    米軍機落下物

     13日、小学校の校庭に米軍普天間飛行場から離陸して上空を飛行中の米軍大型ヘリコプターCH53Eから窓枠が落下した。私は前日も書いたが、どこのどなた様であろうが日本の空から物を落としてはならない。米軍であろうと民間航空であろうと、許せない。唐突ながら、金正恩が日本の空に落とすことがあっては絶対に許せません。もし惨事になったら、犠牲者は”死に損”ではありませんか。それで、沖縄県は米軍に沖縄県内の全米軍機の緊急総点検と安全が確認されるまでの飛行中止を求めた。

     総点検や安全確認とありますが、まず原因究明だと私は思う。何事も原因が分かれば解決は早いのではありませんか。なんで軍用機の窓枠が外れたんですか?有事の際にこんなことやってたのでは戦にならないのではありませんか?日本の防衛にとっても危うい。

    3
    続き