«
»
森田 清策
森田 清策
月刊誌・LGBT
中村 幸嗣
中村 幸嗣
元陸上自衛隊医官
根本 和雄
根本 和雄
メンタルヘルス
吉本 秀一
吉本 秀一
日本けん玉協会理事

石井 孝秀 rss (社会)

ライター一覧
石井 孝秀

サンデー副編集長、報道本部

スパイ防止法制定を、ITビジネスアナリスト訴え

 スパイ防止法の必要性を求める緊急国民集会「スパイ防止法の早期制定を!」(主催・英霊の名誉を守り顕彰する会=佐藤和夫会長)が9日、衆院第1議員会館で開かれた。ITビジネスアナリストの深田萌絵さんが講演を行い、「国が責任を持って対応しなければ、日本の大事な技術が流出し、経済成長の原動力が奪われる」と訴えた。

34
続き

パラスポーツに注目の夏 各地で盛り上げイベント

 障害を抱えたトップアスリートたちが集まるスポーツの祭典・パラリンピックが24日、いよいよ始まった。前回リオ大会では金メダル0個という結果に終わり、今大会で選手たちは雪辱を誓う。感染症対策で、あいにくの無観客となったが、日本勢の活躍を期待する声は高まっている。

 国内でもパラ大会の機運醸成に向けた取り組みが進められている。パラ大会の聖火リレーは17日から実施。20日は47都道府県と大会発祥地である英国ストークマンデビルで採火された火を一つにする集火式が行われた。同日にはパラ大会のシンボルマークであるスリーアギトスがお台場海浜公園(東京都港区)の会場に設置され、話題を呼んだ。

2
続き

コロナ禍でも盛り上がる大会、世界に希望もたらす場に

 無念の開催延期から1年を経て、ついに東京で五輪の幕が開けた。新型コロナウイルスという大きな爆弾により無観客での開催になったが、世界が一つとなる希望の場として、国内外からの関心は日を追うごとに高まっている。

 この日を迎えるまで、SNS上などでは大会開催への批判が幾度となく繰り返された。中には、出場辞退要求やヘイトメッセージを五輪代表選手に送り付ける人たちも出たほどだ。しかし、心無いバッシングにさらされながらも、大会を盛り上げようという機運が途絶えることはなかった。

2
続き

「命のビザ」発給の杉原千畝

前駐リトアニア日本大使 重枝 豊英氏に聞く

 ナチス・ドイツに追われた多くのユダヤ人にビザを発給し、その命を救った外交官・杉原千畝。千畝と同じリトアニアの国に赴任した外交官である重枝豊英氏に、千畝の行動が生み出した絆、そしてリトアニアと日本とが今後、どういった交流が期待できるか話を聞いた。(聞き手=石井孝秀)

7
続き

テレワークの未来

株式会社ニット代表取締役 秋沢 崇夫氏に聞く

 新型コロナウイルスの拡大により、テレワークという働き方が注目されるようになった。実際に体験したという人も多く、コロナ収束後の社会にも大きな影響を与える可能性は高い。

3
続き

東京国立博物館「国宝 鳥獣戯画のすべて」展

 高山寺(京都府京都市)が所有する全4巻(甲巻・乙巻・丙巻・丁巻)を紹介した特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」(主催・東京国立博物館など)が、来月30日まで、同館の平成館(東京・上野公園)で開かれている。全4巻の全場面を一挙公開するのは、展覧会史上で初めて。

2
続き

童謡は日本人の心の財産

歌手 グレッグ・アーウィン氏に聞く

 これまで100曲もの童謡を英訳し、「童謡の伝道師」とも呼ばれる歌手のグレッグ・アーウィンさん。翻訳時の忘れられない思い出や童謡の中に見いだした「美しさ」について話を聞いた。 (聞き手=石井孝秀)

童謡とはどのように出合ったのか。

7
続き

イスラムの本当の姿を

東京ジャーミイ広報・出版担当 下山茂氏に聞く

 東京都渋谷区にあるイスラム教寺院(モスク)「東京ジャーミイ」。日本人のムスリム(イスラム教徒)である下山茂さんは広報を担当しており、イスラム教への正しい理解を求めて活動している。信仰に出合い、現在の仕事へ至った経緯と、下山さんの考える現代社会で宗教が果たすべき役割について話を聞いた。 (聞き手=石井孝秀)

イスラム教の信仰を受け入れるきっかけは。

3
続き

新型コロナで進む子育て世代の“東京離れ”

 新型コロナウイルスの感染拡大で子育て世代を含む20~30代の”東京離れ”が進んでいる。テレワークの普及で、感染リスクの高い都市部から地方への移住のハードルが一気に低くなったためだ。都市部と地方の二地域居住や多地域居住などの新しい「移住」のスタイルも生まれており、企業向けの移住相談に乗り出す会社なども出てきている。(石井孝秀)

4
続き

「こども第一主義」で才能伸ばす 静岡県浜松市長 鈴木康友氏

 浜松城など天下人・徳川家康とも縁の深い街、静岡県浜松市。この街で「こども第一主義」「持続可能なまちづくりへの挑戦」などを掲げて市政に取り組む鈴木康友市長(61)に話を聞いた。(聞き手=石井孝秀)

少子化など人口問題についてどう対応しているか。

 確実なのは人口が今後減るということ。たとえ出生率が上がったとしても、人口が回復するのは何十年も先の話になる。

1
続き

首都圏に近く豊かな自然 長野県長野市 加藤久雄氏

 善光寺などの観光地として知られる町、長野県長野市。日本アルプスの見える自然豊かな地域でもあるが、全国の地方自治体と同じく人口減少・高齢社会の悩みを抱えている。ここで観光振興や少子高齢化対策に取り組む加藤久雄市長(76)に話を聞いた。(聞き手=石井孝秀)

中部地方では昇龍道プロジェクト(中部・北陸地方を通る観光ルート)が海外から注目を集めています。

2
続き