■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    井上 政典 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    井上 政典

    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    お疲れ様、愚直の横綱 稀勢の里!

     とうとう横綱稀勢の里が引退を表明しました。

     今場所は、場所前に大関髙安と何番も稽古をしたと聞いていたので、復調するものだと大いに期待していましたが、昨日までに初日が出ずにとうとう引退を表明しました。とても残念ですし、横綱の愚直なまでの相撲道に邁進する姿を応援していた私はとても悲しい朝になりました。

    2
    続き

    すしざんまいのマグロの初競り過去最高3億3360万円なり!

     またまたすしざんまいの木村社長がニュースになっています。マグロの初競りで3億3360万円で落札したとのことです。

     これに賛否両論で、無駄遣いだとか、もったいないとか言っている人もいますが、これほど大きな宣伝効果をもたらすものはないでしょう。マグロが278キロもあり、その値段がなんと3億3360万円!なんと剛毅なと私は思うのです。

    1
    続き

    草莽崛起という言葉は韓国では通用しないのか?

     海上自衛隊のP1対潜哨戒機にFCレーダーを照射したという事件の映像が公開されました。

     じっくりとやっと見る時間ができたのですが、これは酷いですね。明らかにひどいと思います。

    2
    続き

    どうして国防予算を増やしたら国際法違反なんだろう?

     有識者と自称する人たちが来年度の国防予算が増したことが国際法違反だと主張しているようですが、自国の防衛予算を増やすことがなぜ国際法違反になるのか私には理解できません。

     どうして日本が防衛予算を増やさねばならないのかを理解していないのでしょうか。

     なんとなく私には「専門バカ」という表現が頭の中を駆け巡っています。それでも自国の防衛予算の増額が国際法違反だというのは聞いたことがありません。

    3
    続き

    「いずも」の空母化、大歓迎!

     ヘリ搭載護衛艦いずもをF-35を運用できるように甲板を耐熱強化する予算を組んだことで、朝日新聞や立憲民主党などの反日勢力が騒いでいるようですが、私は日本国民として日本の安全保障に大いに寄与するいずもの空母化に大賛成です。

     実際のところ、一隻だけそうしたところで何の役にも立ちません。最低三隻保有し、一隻が任務に就いている間に、一隻は修理・改装、一隻は訓練とローテーションを組んで運用せねばなりません。

    1
    続き

    西郷どんの最終回を見て(鈴木亮平の役作りに感動)

     西郷どんの最終回を見て、役者の鈴木亮平の名演技に感動した人は多かったのではないでしょうか。またその好敵手である大久保利通役の瑛太も熱演して、この二人の掛け合いがこのドラマの大いなる見どころだったと思います。

     最終回は賛否両論あると思います。

    6
    続き

    靖国神社放火、悲しい。

     福岡在住の私は上京するたびにほとんどと言っていいほど靖国神社に参拝します。

     それは、祖国のために命を懸けて戦って亡くなられた英霊の方々の御霊をお慰めする意味もありますが、ここに行くと自然に背筋がピンと伸び、自分のだらけた精神にぴしゃりと打ってもらえるからです。

    2
    続き

    安倍政権は売国奴政権なのか?

     出入国管理法や水道法の改正を巡って、安倍政権は売国奴政権だと言い始めた自称保守の人たちがいますが、実際にそうなのでしょうか。

     出入国管理法改正に関しては、野党をはじめ「移民法」とレッテルを張り付けて批判していますが、あまりにも筋違いな論理にあきれ返っています。

     まず私の見解を先に述べます。

    2
    続き

    平和ボケしているテレビ朝日のアナウンサー

     富川悠太テレビ朝日アナウンサーは、尖閣諸島付近海域に出没するCHINAの海警局の艦船に対抗するために、「いずも」を空母化するとCHINAを刺激するのでは?という発言をしましたが、それが大きな波紋を呼んでいます。

     さすがに解説の方は「日本は守る側なので・・・」とまともなことを言っていましたが、この富川アナの発言の背景を考えると、今まで左巻きたちの常套句、「疑惑はされに深まりました」「今後の対応が注目されます」らと同じく、「刺激する」という言葉を使って、暗に批判する言葉でしたが、現在の覚醒した日本人が増えてきている現状では、とても非常識な言葉に国民の目には映ったようです。

    2
    続き

    三菱重工業様、日本国民が味方です。がんばってください。

     韓国の最高裁判所が三菱重工業に戦前の徴用工に対しての賠償命令を出しました。

     まず素朴な疑問!

     韓国の法律には時効というのもはないのでしょうか?もし時効があるのなら、この賠償命令はどんな法律を根拠として出されたものなのでしょうか?

    5
    続き

    もう、おなか一杯!韓国とは付き合いきれません。

     慰安婦財団の解散?ふざけんじゃないと思ったのは私だけではないでしょう。

     あの慰安婦合意もいやいやながらアメリカに強要されてしたようなものです。先人たちのありもしない非を認めるようで本当に心苦しかったのです。しかし、これを最後に未来永劫、子供たちにありもしない慰安婦のことでいちゃもんをつけられるのを避けるために、苦渋の決断だったと思います。

    14
    続き

    世界の果てまでいってQのお祭やらせが問題なのか?

     「世界の果てまで行ってQ」の人気企画のお祭り参加がやらせだったと朝日新聞をはじめ、騒いでいるが、本当にこれが問題なのでしょうか。

     この番組はバラエティ番組であり、画面を見たら本物のお祭なのか、それとも企画ものなのか一目でわかりそうなもの。

     視聴者もそれがわかっていて普通に楽しくテレビを見ているのです。

     「世界の果てまで行ってQ」って報道番組だったのでしょうか?

    2
    続き

    外国人労働者をきちんと管理するということはこういうこと!

     前回のブログで「私は移民受け入れ賛成派です」と書いたら、いろんな意見が寄せられました。

     しかし、ほとんどが現状を確認することなく、理想論・べき論だけで意見をする方が多くありました。もちろん正論を言ってくる方もおられます。

    2
    続き

    欧米の植民地政策と日本の植民地政策は全く別物。外地と当時呼んでいました。

     戦前の日本での呼称と戦後の呼称が大きく変わったものがあります。

     まず、「大東亜戦争」。戦後はなぜか「太平洋戦争」と呼ぶように強制されてきました。というのも、放送コードに「大東亜戦争」という言葉は使ってはいけないというのがありましたが、今でもそれが生きています。

     しかし、先人たちは大東亜戦争を戦ったのであり、太平洋戦争を命を懸けて戦ったのではありません。

    1
    続き

    破滅の道を突っ走る韓国・文大統領!

     韓国がまたまた最高裁で変な判決を出しました。

     まあ、これは平城運転ですから別に驚きもしませんが、びっくりしたのは日本政府の対応の良さです。

     まだまだ不満な点は多々ありますが、今までの政権でこれほどまではっきりと韓国に対して「NO!」と突きつけた政権があったでしょうか。

     あの日韓議員連盟の額賀氏でさえも、韓国側にはっきりとものを言っています。

     とてもいいことだとおもっています。

    10
    続き

    這ってでもタスキをつなぐ!素晴らしい根性だと私は思う!

     21日に行われた宗像プリンセス駅伝で脛を骨折しながら這ってタスキを渡した選手を私は凄いと思います。

     その根性と使命感に大きな拍手を送りたいと思います。

     足の骨折というのは私も経験がありますが、激痛が走ります。いくらアドレナリンが出ていても、とても痛かったはずです。それでもチームに迷惑をかけたくないという一心でのタスキをつないだ根性を私は称賛していいものだと思います。

    1
    続き

    沖縄基地反対の人との議論の続き どこまで続くぬかるみぞ

    【Hitomi Akasaki】

    極右の方ってアジアの一員として平和と経済を共に伸ばすってことも驚異的なアイディアなんだろうね、

    【井上 政典】

    そしてここは危ないから非難しろと言って住民を外へ出し、代わりにその壕に入って米軍と戦い住民が逃げる時間を稼いだという話を古老の方から聞いたことはないですか?

    3
    続き

    入国在留管理庁を決して骨抜きにさせてはならない!

     先日の入国在留管理庁の設置問題の私のネタ元である長尾たかし先生のブログを紹介したいと思います。こういう日本国のために働いてくれる国会議員を応援しなければなりません。そしてこの管理庁が優良な外国人を日本のおもてなしの心で接遇し、そして不逞な外国人を日本の治安を守るために排除できるよう機能できるようにしなければなりません。

     >>>引用開始

    0
    続き

    沖縄県の基地反対の人と議論しました。

     昨日あるFBに「敵基地攻撃能力の研究くらいいいだろう」とコメントしたところ、基地反対の意見を持つ別の人(ひとみさん)から質問をいただき、そのまま議論へと発展しました。

     違う意見を戦わすということはとても重要なことで、そのFBの友人は、私とは立場が違うのですが、同じ日本国の行く末を案じておられる人のところなので、主がいないけど数時間にわたってひとみさんと議論をしました。

    6
    続き

    売国奴を国のトップに据えた悲劇!

    韓国の文大統領の暴走が止まりません。

     どんどん北に近寄っているとしか思えない方向に舵を切り続けています。

     先日行われた釜山での国際観艦式でも、日本やCHINAなどの不参加国が出る中、アメリカは堂々と軍艦旗を掲げて参加しています。

    11
    続き

    私はなぜ左巻きと呼ぶか。

     最近、私とは違う考えを持つ人のタイムラインであちら側の人がどんな考えを持っているのかを学ばせていただいています。

     そこは私がよく使う「左巻き」ではありません。考え方は似ていますが、違う意見を聞く姿勢をお持ちなのです。とても大切なことだと思います。自分とは違うのでだめという考え方は、自分の考え方や人格の形成に役に立たないどころか、偏狭な思考パターンに陥ってしまいます。

    2
    続き

    日本の軍艦旗に異を唱える韓国人へ「たいがいにしろ」

     先日台湾へ行った時、第一の目的が軍艦松島の慰霊祭出席でもあり、背広に江田島で買った日章旗と軍艦旗が二つ付いているバッチをつけていきました。

     空港の入国審査を待っている時に、何組かの韓国人のグループに合いましたが、ちょっとびっくりする人もいれば、普通に楽しく英語で会話してくる人もいました。

     変な人への魔除けにはこれが一番だなと思った次第です(笑)。

    16
    続き

    批判からは何も生まれない!

     明日、自民党の総裁選が行われます。結果は見えているのですが、マスコミは必至で石破氏が健闘しているというイメージを作っています。

     今回は無理にしても、次の総裁選レースを有利に戦おうという魂胆なのでしょうか。

    4
    続き