■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    井上 政典 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    井上 政典

    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    鎮静化に必死の韓国。でも、日本製品不買で自分の首を絞める。

     日本のマスコミはどうして今回のホワイト国解除を輸出規制強化だとか、韓国への締め付けと表現するのでしょうか。

     日本は嘘を吐き続ける韓国を信用できなくなったために、戦略物資の輸出を一般の国と同じようにするというだけのことです。

     逆に今までどうしてあんなことやこんなことを言われてまでも優遇していたの?と思う人はたくさんおられると思います。

    21
    続き

    日本の企業よ、いつまでCHINAと関わるのか?

     韓国の文政権は日本に対し、いろんなことを言って少しでも気を引こうとしています。しかし、安倍政権は無礼な振る舞いをする文政権に対して礼節を持った無視をしています。正しい選択をしていると思います。

     日本から見捨てられ、アメリカからも見捨てられた韓国は衰退の道をまっすぐに進んでいくこととと思います。

    3
    続き

    山本太郎をはじめ野党の議員は信用できるか?絶対にできないその理由。

     年金問題を安倍政権打倒に使っている野党にはほとほと腹が立つ!

     年金問題は第一次安倍政権の時にも消えた年金問題で大問題となり、自民党全体の不信感につながり、そして麻生内閣の時に麻生総理の簡単な言い間違いを問題にされ、とうとう愚かな日本国民は悪夢の民主党にちょっとやらせてみようという選択をしたのです。

     野党の面々はあわよくばその時の風を吹かせようとしていますが、土台無理な話なのです。

    5
    続き

    老後資金、2000万くらい必要なの当たり前だろう。

     また野党やマスコミが政府を切り取り記事で批判して、政府はそれを真っ向から応えず逃げに回るという醜さを露呈します。

     老後資金2000万は必要という根拠を見てみれば;

     夫65歳 妻60歳  貯金ゼロ 収入 20.5万(年金) 支出26万 赤字毎月5.5万円強が前提

     65歳から95歳の30年間の赤字の累計が30年×66万(5.5万×12か月)=2000万というだけのこと。

    5
    続き

    台湾は国家!アメリカが認める。日本もそれに続け!

     インド太平洋戦略報告書というアメリカの国務省が発表した文書によると、台湾を国家として認めました。

     私や仲間たちも「台湾の独立を」ではなく「独立台湾を支援」という考え方でいろんなイベントや台湾でのシンポジウムを開催しています。

     CHINAが「一つの中国」という間違った概念を米国およびいろんな国に押し付けてきましたが、やっと米国で台湾は国家という公文書が発表されたのはとてもいいことです。

    8
    続き

    優勝カップに足をのせた韓国のサッカー選手を国際試合の出場停止に!

     6月1日に行われたパンダ杯の優勝チームである韓国がこともあろうに優勝トロフィーに足をのせて写真を撮った事件で謝罪をしたが、優勝をはく奪されたと韓国メディアが騒いでいるらしい。

     U-18のチームといえばこれから韓国サッカー界をけん引する若手の集まりのはず。

     彼らはサッカー以外のことは何も教えてもらえなかったのでしょうか。

    7
    続き

    産める人は三人くらい産むべきだ!

     桜田議員が「子供は三人くらい産むように」と発言したことに対し、またいろんな人がかみついていますが、私がもし政治家ならばどんなに批判を浴びても何度も口にするでしょう。

     なぜなら、少子化による人口減少は見えざるしかし確実な日本亡国の危機なのです。

    20
    続き

    いっそうトランプ大統領のファンになった!

     新帝陛下最初の国賓として来日されたトランプ大統領を見ているとどんどん魅力的な人物に思えてきました。

     あれだけアメリカのマスコミに叩かれても支持率が高いままということがよくわかると思います。

     新帝陛下への対応にしても紳士的に場を弁えて、またアメリカの大統領の威厳も損なわずに堂々と対応しているところを見ると、日ごろの品の悪さが演技か?と思えるように感じるのは私だけでしょうか。

    10
    続き

    平安な日々は軍事的覚悟がないと得られない!

     日本は本当に平和ボケしているようです。

     維新の幹部がロシア大使館に謝罪に出向いたり、野党の面々がつるんで丸山議員の議員辞職勧告を発議しようとするなど、いったい日本の国防をどう考えているのでしょうか。

     こういう野党の動きは「泥棒に追い銭」という表現がぴったりだと思います。

     また一番びっくりしているのがロシア政府でしょう?

    2
    続き

    丸山議員の発言は日露関係を傷つけるのか?

     丸山議員の発言が今まで築いた日ロ関係を傷つけるという意見があります。

     皆さんはどうお考えですか?

     私は外交上相手が嫌がる発言は効果的だと思っております。

     >>>引用開始

    4
    続き

    丸山穂高議員の発言のどこがおかしいのか?

     昨日講演後の質問で、参加者から丸山穂高議員の発言についてどう思うかを聞かれました。

     その時はテレビを見ていなかったので詳しいことはわかりませんでしたが、「北方四島を取り戻すのは戦争するくらいの気持ちで交渉しなければ返ってきませんよ」と答えるとびっくりされていました。

     さる日曜日の屋形船にいろんな人をご招待して楽しい時間を過ごしたのですが、その時にロシアとの関係の話題が出ました。

    29
    続き

    日韓議員交流の開催に反対する!

     毎年開催されている日韓議員交流が今年は日本で開催される予定だそうです。

     私はこの開催に反対を表明します。

     それは、この日韓議員交流も私たちの税金で運営されているからです。もちろん議員歳費は税金ですし、その準備にあたる職員も公務員で税金です。

    11
    続き

    平和ボケもついにここまで来た。ドローン飛行禁止は当たり前!

     野党の面々の平和ボケはついにここまで来たかという衝撃が走りました。

     彼らは小型無人機ドローンの自衛隊基地や米軍基地上空の飛行禁止に対して文句を言っているのです。

     蓮舫や福島瑞穂という安定的左巻きの面々は軍事基地がなぜそこにあり、なぜ秘密を保たねばならないのかを知っていないのでしょうか。

    8
    続き

    トランプ大統領のツィッターに大賛成!

     不法移民の流入で国境警備隊の収容施設が満杯になったことを受けて、トランプ大統領は「移民受け入れに寛容な聖域都市への不法移民の移送を検討中」とツイートしました。

     聖域都市とは不法移民にも米市民と変わらない社会福祉を与える地方自治体を指し、これらの市町村は全米で500余りに上がるそうです。ほとんどが民主党支持者が多い地域で、現実とはかけ離れた理想主義者に、不法移民の受け入れ促進という現実問題を突きつけるという意味があります。

    5
    続き

    大歓迎、1000円札に北里柴三郎博士!

     新元号「令和」が万葉集からの出典に続き、またまたうれしいニュースが飛び込んできました。

     お札が一新され、1000円札が北里柴三郎博士になります。渋沢栄一氏も津田梅子女史も大歓迎なのですが、特に北里博士のお札への登用はとても嬉しいものがあります。

     それは、北里柴三郎博士は明治時代開国して間もない日本人ということを世界にとどろかせた大人物であり、その評価は日本国内よりも世界で大きいのです。

    1
    続き

    選挙真っ盛り!棄権だけはしてはならない。

     日本は民主主義国家です。

     民主主義の根本は選挙です。

     選挙で大勢の人から選ばれた議員が私たちの代わりに意見を言い、政策を立案して、法律や条例を作ってくれます。

     決して国会前のデモやテレビの発言で決まるわけではありません。

    1
    続き

    朝鮮学校無償化の訴えを5つの裁判所が退ける!

     学校には一条校と非一条校があり、

     一条校とは「第一条 この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。 【 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条、「第1章 総則」中】」

    2
    続き

    芸能人の薬物汚染について

     いろんな番組や映画で鬼才を放っていたピエール滝容疑者がコカイン使用で警察に逮捕されました。

     「またか」と思ったのは私だけではないでしょう。

     覚せい剤の蔓延は普通に暮らしている人とは全く別世界の物かと思っていましたが、徐々に一般人にの間にも浸透しているようです。

    2
    続き

    文と金、どちらが大変?

     米朝首脳会談の結末を見ているとトランプ大統領の交渉術はやはり長けているとしか思えません。

     会談が近づくと、甘々の言葉を発し、今回の会談はさもアメリカが早期解決を適当なところで求めているように周囲に思わせました。そしてきっとあのオバマでももらえたノーベル平和賞を欲しがっているとフェイクニュースを流し、今度の交渉は簡単に行けるぞと相手に思わせたのです。

    13
    続き

    沖縄県の県民投票っていったい何だったの?

     先週の日曜日、沖縄県の県民投票が行われ、辺野古に移設「賛成」が19% 「反対」が72% 「どちらでもない」が9%で、圧倒的に反対が多かったのですが、棄権をした全有権者から見れば、移設反対は38%しかなりません。

     沖縄県民のとても高い関心度があるように連日報道されていたので、8割を超える投票率がでるのでは?と思っていましたが、ふたを開けてみると52.4%しかなかったそうです。

    5
    続き

    どこまで行くのLGBT?

     フランスでびっくりするような法律が可決されたそうです。

     それは、公立学校の家族欄に「父」とか「母」という言葉をなくして「保護者1」「保護者2」と書くように改めるという法律です。

     フランスでは2013年に同性婚が法律で認められており、その次の措置です。

     新しい命を産み、育む家庭が無くなりつつあります。これでいいのでしょうか?

     今の私の極上の喜びは孫たちとの時間を過ごすことです。

    5
    続き

    またもフェイク、桜田五輪相の発言を意図的に炎上!

     最初のニュースを聞いた時には、この桜田オリンピック担当大臣の言葉の思いやりのなさに無性に腹が立ちました。

     「がっかりした」などの切り取り発言で私も乗せられてしまいました。それほど池江選手の白血病という病名の重さにびっくりしたのです。日本水泳界のエースともいえる池江選手のこの発表は彼女をはじめとする日本選手団を応援するすべての日本人の心配事になっている最中でした。

    2
    続き

    辻元清美が生き残る方法を教えます!

     外国人からの献金問題で窮地に立たされている辻元清美。

     立憲民主党の枝野代表も、「ちゃんと説明したので何ら問題ない」と身内に大甘の裁定。

     立憲民主党内とその支持者の間ではそれで通じるかもしれませんが、一般の大多数の国民の支持は得られないと思います。

     というのも、この人辻元清美は他人には厳しく追及するのに、自分の追及は中途半端、だれも納得していないと思います。

    16
    続き