■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    井上 政典 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    井上 政典

    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    安倍総理の訪韓は成果を上げた!

     安倍総理の平昌オリンピックの開会式への出席は国内でも賛否両論ありましたが、結果はペンス米国副大統領との連係プレーによってなかなかの成果が上げられたと思っております。

     これに懐疑的な方は、もし総理が行かなかったらどうなっていたかを想像すると身の毛もよだつほど恐ろしいことになっていたと想像できるでしょう。

     それは北朝鮮が背のリした平壌オリンピックになってしまったかもしれないという恐怖です。

    27
    続き

    殉職された二人の自衛隊のご冥福をお祈りいたします。

     佐賀県目達原基地所属の戦闘ヘリ「アパッチ」が墜落した事件で、殉職されたお二人の自衛官のご冥福をお祈りいたします。

     ご家族の方々の悲しみはいかばかりかと思うと胸が苦しくなります。

     軍用機は頑丈に作られているはずなのに、そして整備も万全なはずなのにとても残念です。不幸中の幸いは墜落した民家の人的犠牲者がおられなかったことです。

    26
    続き

    野党の議員って何でも言っていいのでしょうか?

     山本太郎という政治家なのか俳優なのかまた活動家なのかわからない存在の人間が参議院議員を務めています。この人の質問は左巻きを代弁するようなものが数多くあったのですが、今回の発言はとみに酷いと思います。

     http://seikeidouga.blog.jp/archives/1069552041.html

    25
    続き

    首相の五輪出席には反対だが、それでも安倍総理を支持する。

     昨日は「美しい日本の憲法を創る福岡県民の会」の推進委員会に出席してきました。日本会議の椛島事務総長もお見えになり、熱い議論が戦わされました。

     憲法改正を巡る中央の状況の説明を受け、進行役の松尾新悟日本会議福岡の会長から質問は?と言われましたので、不肖私も手を上げて質問をさせていただきました。

    15
    続き

    哀れな姿の小室哲哉、この姿を文春や新潮は見たかったのか?

     小室哲哉氏は稀代なる天才だと思っています。

     才能に恵まれ過ぎたのでしょうか、後半の人生に襲い掛かった数々の試練に押しつぶされようとしています。それに拍車をかけたのが今回の文春砲です。

     私とほぼ同じ年代の小室氏の輝ているところを見てきた世代としては、あんな哀れな焦燥しきった姿は見たくありませんでした。

     多分たくさんの方も同じご意見だと思います。

    10
    続き

    韓国には言わないと通じない。察する文化は日本だけ!

     昨晩は福岡市から50キロほど離れた佐賀県唐津市の日本会議佐賀唐津支部の例会に参加してきました。

     ここの同志は熱く固い結束を持ち、祖国を守ろう、郷土を守ろうという気迫に満ち溢れている人たちで大好きです。支部長や企画委員長が医者だということも他の地域とちょっと違った趣があるところです。

     今回の麗水市(ヨスし)という韓国の市と姉妹都市になっている唐津市の取り組みについてその後の報告会がありました。

    4
    続き

    韓国の行動が理解できない日本人が8割超!

     慰安婦合意の履行に関していちゃもんを続ける韓国の行動を理解できない日本人が8割超とのこと。日本の世論もだいぶまともになってきていると感じる今日この頃です。

     でも、まだ8%の人が理解できると答えていることに驚きです。

     「誰そんなことを言う人?」と思うのは私だけでないでしょう。

    5
    続き

    安倍総理の平昌オリンピックへの不参加を支持する。

     安倍総理が来月開催予定の平昌オリンピックの開会式への不参加を決めたようです。私はこれをおおいに支持します。

     本心は、選手団も含めての不参加にすればいいのになと思っています。

     選手の方々やその支援者のオリンピックへ向けての日々の努力は十分にわかっていますが、今韓国に行くことがどうしても良しとできません。

    3
    続き

    朝まで生テレビ出演、ウーマンラッシュアワー・村本大輔に思う

     皆さん、昨年中は多大なるご声援をありがとうございました。今年も初心に帰って祖国のために私のできる精一杯のことをしたいと思いますので、よろしくお願いします。

     年末年始はどうしてもテレビが中心となるのですが、今年の年末のテレビで出色だったのが、浅田真央ちゃんのスケートでした。キロロの生歌と共に、姉浅田舞さんに捧げるスケーティングを披露した番組です。ずっとその番組を見ていたのではなく、偶然つけたらそれが始まるところでした。

    1
    続き

    他国の大統領ながら文在寅を見ていると哀れでならない。

     韓国の文在寅大統領を見ていると他国の大統領ながら哀れでなりません。

     北朝鮮に秋波を送り続けているにもかかわらず無視され、平和的な話し合いをと呼び掛けているにもかかわらずお構いなしにミサイル実験を繰り返され、人道的食糧支援を実施して西側の国々から猛反発を食らっていたところに、今回の訪中でした。

    7
    続き

    南京事件について書く。朝日新聞の罪編

     南京事件がユネスコの記憶遺産に登録されましたが、その登録された内容が見れないということはどういうことでしょうか。記憶遺産のはずですが、その記憶がたどれないというのは、人間でいえば痴ほう症でしょう。

     つまりユネスコはその痴ほう症にかかっているのです。そんな機関は正すか、やめるかをしなければならない時期ではないでしょうか。

    6
    続き

    帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。

     歴史の常識を疑うことから私の歴史研究は始まりました。

     昭和16年のニュース「帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。」という音声と共に、テレビの画面に映し出されるのは、真珠湾攻撃の映像です。これを何百回も繰り返して見せられてきました。

     いまでは99.9%の人があの太平洋戦争は日本軍の真珠湾攻撃で始まったと思い込んでいると思います。

    4
    続き

    この期に及んで敵基地攻撃力を否定する人は工作員だ!

     日本政府は、空対地ミサイルという飛行機から発射して地上の敵基地を攻撃する兵器の導入を検討し始めました。

     これを大いに支持します。

     なぜなら、超音速で宇宙から飛んでくるミサイルを空中で撃破するよりもまだ飛ぶ寸前のミサイルを攻撃した方が圧倒的に簡単で確実だからです。これは日本国民にとって朗報ではないでしょうか。

     でも、日本にはそういう能力もなかったの?と驚かれる方もおられるでしょう。

    4
    続き

    北朝鮮がまたミサイルを発射、これを危機と呼ばずしてなんとするのか?

     北朝鮮がまたミサイルを発射しました。上に高く打ち上げ、その距離は4000キロを超えたと言われています。これを普通に角度で打ち出せば、優にアメリカ本土まで届くそうです。

     アメリカが北朝鮮に対して「テロ支援国家」の再指定を行ってからの発射であり、全面的にアメリカと対峙する意思があること、またCHINAの影響力が完全になくなっていることを表していると思います。    また一段、北朝鮮は処刑台の階段を上ったと思います。あと数段しか残されていないと思いますが、狂人国家は何をするかわからないのが現実です。

    69
    続き

    またいたぞ、勘違い市議。

     熊本市議が乳飲み子を連れて議場に入り、議場を混乱させました。この熊本市議は出産後の女性の働く環境を考えてほしいと言っていますが、何たる勘違いでしょうか。

     熊本市議は公務員特別職でそれなりのというか1000万近い議員報酬が得られます。そのお金で我が子を預けるなり、親に見てもらうなりして議場に挑むべきです。もし、熊本市議会がボランティアの集まりで、報酬も交通費程度くらいしかないのならそれもありかもしれません。しかし、一般の平均年収を大幅に上回る歳費を貰いながらこの主張はないだろうと思うのは私だけでしょうか。

    67
    続き

    知識人と思われる人のコメントに反論します。

     土日続けてダブルヘッダーをこなして久し振りに自宅でくつろいでいます。

     土曜日はイスラエルのホロコースト記念館(ヤドヴァシュム)の元副部長ミナヤンコ女史の講演会を西南大学のコミュニティーセンターで行い、私はいつものように司会進行の役を仰せつかっておりました。

     その後、飯塚に走り宅建協会が主催する講演会の講師として一時間半ほど福岡と筑豊の神社のことについて楽しく講演をさせてていただきました。

    66
    続き

    小中学校の入学式や卒業式で起立しない来賓がいたらどう思う?

     私はこのような町議会議員がいること自体がおかしいと思うのですが、皆さんはいかがですか?

    >>>引用開始  来賓として出席した小中学校の入学式や卒業式の国歌斉唱でこれまで起立してこなかった京都府井手町の谷田操議員(59)が13日、校長から起立を求められるなどしたことで人権や表現の自由などを侵害されたとして、京都弁護士会に人権救済の申し立てを行った。

    61
    続き

    希望が無くなっていったいどこに行くのか?

      小池百合子氏がとうとう希望の党の代表を辞任しました。

     これをみて歴史を研究している身としては、どうしても明智光秀を思い出さずにはいられません。その真相については諸説ありますが、明智光秀も個人の思惑だけで当時の最高権力者である織田信長を討ち果たしたわけではないと思っています。その後の勝算があってのことだったと思いますが、自分の思い描いた未来にはなりませんでした。

    59
    続き

    元潜水艦艦長と行く呉・江田島の旅に行ってきました。

     土日と盟友アジアプランの永嶋氏、福岡県郷友連盟の稲葉氏そして私の三人で企画した「中村艦長と行く呉・江田島の旅」に行ってきました。

     中村艦長は元潜水艦「あらしお」の艦長で、米軍の原子力潜水艦と模擬戦をした時に20戦18勝一敗一分けという見事な戦績を持つ伝説の潜水艦乗りです。

    58
    続き

    日韓でこうも違うおもてなし

     日本と韓国は違うとわかっていましたが、こうも違うとはびっくりしました。

     日本では相手が満足できるように最大限に気を使うことをおもてなしと言いますが、韓国では自分たちが満足することをおもてなしといういうようです。どちらのおもてなしをされるとされた方は嬉しいのかは一目瞭然だと思います。    トランプ大統領のにこやかな表情を見ていると本当に安倍総理と仲良しで信頼しきっているということが伝わってきます。ところが文大統領との会談の時にはもう早く終わりたいものだというような表情を読み取るのは私だけでしょうか?

    58
    続き

    祝!ユネスコの世界の記憶から慰安婦が外される

     宗像大社の世界遺産への逆転登録に続き、また日本外交が勝利しました。

     韓国などが申請していた慰安婦の「世界の記憶」への登録を見送るべしとユネスコに勧告を出しました。

     まだまだ逆転があるかもしれないので要注意ですが、世界の人々に慰安婦問題など韓国のプロパガンダだと反論するいい機会です。

    52
    続き

    4割の人が投票しなかったから安倍政権は信任されていない?

     表題の言葉は、公安の監視対象になっていると言われている立憲民主党の代表である枝野氏が言った言葉です。

     投票率が53%というのは低いと思っています。やはり100%が当たり前、百歩譲っても90%くらいは選挙に行くべきだと考えています。

     そこで投票に行かなかった人の何人かになぜいかなかったのかを聞いてみました。

    21
    続き

    野党結集のその先にあるものって何ですか?

     今回の選挙の敗因を「野党の乱れが敵失となり自民党を圧勝させた」と左巻きの人たちの反省の弁が目につきます。

     果たしてそうでしょうか?    もし、民進党が分裂せずにそのままで闘っていたらどうなっていたでしょうか。

     共産党が主導的な立場で野党共闘を実現させたら選挙は自民党と互角になっていたのでしょうか。

    17
    続き