■連載一覧
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 米朝首脳会談の焦点
  • どうなる米朝首脳会談
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 2018/6/14
  • 2018/6/07
  • 2018/5/23
  • 2018/5/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    井上 政典 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    井上 政典

    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    日の丸を胸に闘う若者たち、がんばれ日本!

     サッカーワールドカップの予選で、まさかの番狂わせというか、日本チームが史上初めてワールドカップで南米の強豪コロンビアに勝利しました。

     私はサッカーはほとんどわからないので、その試合の解説や分析はほかのブログやニュースを見てください。

    0
    続き

    すぐそこにある危険、違法民泊!

     皆さんは、民泊ってご存知ですか?

     住居を一定のルールに従ったら旅行者に貸し出していいという法律「住宅宿泊事業法」が平成30年の6月15日から施行されました。

     福岡市はホテル数が足りずに、週末に何か大きなコンサートや学会が重なると一気に普通の人が泊ることができるホテルの部屋が無くなります。そのため、福岡市の高島市長は住宅宿泊いわゆる民泊を推進しようとしています。

    3
    続き

    やっぱり出てきた獅子身中の虫、河野洋平!

     昨日のブログで今は挙国一致で安倍政権に高い支持を与え、少しでも実のある交渉結果を引き出すようにしなければならないと書きましたが、元衆議院議長まで務めた河野洋平氏が次のように講演で語ったそうです;

    >>>引用はじめ

    3
    続き

    北朝鮮問題が正念場!

     タイトルのようにやっと日本のテレビもサンデーモーニングを除き、この問題を取り上げるようになりました。

     でもすべてが憶測、すべてが願望です。

     ただ後数日もすれば明確な答えが出る問題に対し、予測を言うのも勇気がいると思います。でも、日本のテレビのコメンテーターは一切自分の発言の責任は取らなくていいみたいですから、言ったもん勝ちですね。

    1
    続き

    なぜ北朝鮮は核を持ってはいけないのか?

     それは北朝鮮が犯罪国家だからです。

     コメント欄に「あじさい」さんからの書き込みがありました。

    >>>引用開始

     この手の話でいつも思うのは「なら北朝鮮が核武装することの倫理的正当性を認めるべきなのではないか」ということです。

    1
    続き

    なぜマスコミは内向きな報道しかしないのか?

     日大アメフト部、いや日大がサンドバッグ状態です。連日テレビも長い時間をかけて報道しています。

     学生スポーツのフェアプレー精神はどこに行ったとか、大人の保身は見苦しいとかどこのチャンネルを回しても言っています。

    2
    続き

    どの口が言う、辻元清美!

    「たった三日で法案を審議?」辻元清美立憲民主党国対委員長が、茂木大臣の不信任案を提出した時に発した言葉にネット上で「どの口が?」と大いに炎上しているようです。

     当たり前です。議論の場である国会審議を自らボイコットしておきながら、その間安倍総理をはじめとする大臣たちはボーとその時間、委員会室にくぎ付けになっていたことを忘れたのでしょうか。

    12
    続き

    まだやってるぞ、加計学園。

     午前中の国会中継を見ていると、立憲民主党の川内博史議員がしつこく安倍総理に質問していました。

     その中で元秘書官が会った会っていないのを総理に再三調べてほしいと言っているのです。

    6
    続き

    なぜアメリカにできて、日本にできない?

     北朝鮮は拘留していた3人の米国籍の男性を解放しました。トランプ大統領も鼻息荒くその成果を誇っていました。

     その光景を見た時に、忸怩たる思いをしたのは私だけではなかったと思います。特に拉致被害者・特定失踪被害者のご家族の方々は私なんかの数万倍悔しい思いをしたと思います。

     なぜアメリカにできて、日本にできない?

     憲法改正を反対する護憲派の人、ぜひこの問いに答えてください。

    4
    続き

    安倍・麻生たたきが止まらない!

     安倍総理と麻生副総理をマスコミが総力を挙げて叩いています。

     麻生副総理は、「セクハラという罪はない」という部分だけを切り取りをされてワイドショーなどでたたかれています。でも、その前に「告発されなければ」という文言があります。

     至極当たり前です。一方的に言われただけで罪になるのなら、満員電車における痴漢の冤罪と同じではないでしょうか。

    8
    続き

    見えてくる野党崩壊のシナリオ

     立憲民主党が募集している立憲パートナーは、18歳以上なら国籍は関係ないそうです。

     つまり、外国人からの献金が可能になる制度なのです。でも、法の裏をかくことが得意な立憲民主党の面々は、これを政治資金とは別建てで運用します。

     しかし、このお金がなかったら党費や党予算から支出するものですから、実質的な党の運営にかかわることになります。

    10
    続き

    テレビ朝日はネタ欲しさに女性記者にハニートラップを強要

     財務省の福田事務次官はテレビ朝日のハニートラップにあっていたと思います。

     これをセクハラだと決めつけ、一人の官僚の人生を奪っていいものでしょうか。

    13
    続き

    左巻き 嘘を言うなと 嘘を言い

     休日の国会前のデモの数が大幅に水増しされていたことについて、ネットでも話題になっています。その数、3万とも5万とも言いながら、警察発表では4000人でした。数の水増しはCHINAのお家芸だと思っていましたが、左巻きはきちんと本家の言い分を踏襲するのですね。

     まあそれは今始まったことではないのですが、それが表にこうやって出てくること自体がいい兆候だと思います。

    9
    続き

    なぜマスコミは国民の模範とはならない人をもてはやすのか?

     私の両親は93歳でまだ元気に二人で生きています。車で15分くらいの所に住んでおり、一週間に一度くらいの割合で様子を見に行き、時には買い物や病院に連れていきます。

     父は従軍をし、その後苦学の末に教員となり、福岡市で福岡教育大学を出ていないのに校長になるという努力の人です。そして日教組と戦ってきました。

    98
    続き

    活発化した北朝鮮の外交を考える。

     北朝鮮はCHINAと仲が悪いと聞いていました。

     今回のアメリカの軍事作戦に伴い北朝鮮に鴨緑江を超えて軍事侵攻するのもCHINAの人民解放軍の可能性が高いと聞いていました。

     北朝鮮はロシアとの関係を密に、CHINAとの関係を疎にしていたのですが、今回大幅に路線を変更してきたようです。

    89
    続き

    証人喚問でいったい何が出てきたのか?

     佐川氏の証人喚問で出てきたのはいったい何だったのでしょう?

     野党のパフォーマンス? 佐川氏が以外に骨太の態度だということ?  野党議員の頭の程度をせせら笑う高級官僚?

     総理と夫人の取引における関与がないこと?  そして何よりも「こんなことやっても意味がない」ということを共産党の小池さんに理解させたこと?

    89
    続き

    この際安倍総理は潔く解散総選挙で国民の信を問え!

      くどくどと佐川氏の証人喚問が行われています。ネットで見ていましたが、30分も聞いているとだんだん飽きてきました。

     いまだに何が問題かよくわかりません。

     安倍政権がお友達に有利に働きかけて、政権を私物化? 安倍総理はそれによって何のメリットがあったのでしょう。私腹を肥やしたのでしょうか?わいろを貰ったのでしょうか。

     外国人の友人にこの問題を説明しても理解してもらえません。

    79
    続き

    この世の中、無責任な人ばかり!

     昨日のミヤネ屋でポスト安倍を一所懸命にしゃべっていました。

     テレビしか見ない人は、「安倍さんももう終わりなのかな」と思ってしまうような口ぶりでした。なんて無責任なんでしょう。

     ポスト安倍は石破氏とか言っていますが、自民党内で石破氏の派閥は20名ほどしかいません。弱小勢力であり、とても総裁選を勝ち抜くことはできない人数です。

    74
    続き

    安倍政権の支持率が低下?

      どこまで本質を見極めていない議論なのでしょうか?

     森友学園の前理事長は助成金詐欺で捕まっている人です。その人が交渉をするときに知っている人の名前を出すのは当たり前でしょう。日本会議も名前を使われていて迷惑だと回文が送られてきました。

     総じて籠池氏に名前を使われて迷惑をしているのです。その代表が安倍総理でしょう。

    70
    続き

    森友問題をしつこく言う人と言わない人の違いを考える!

     私は森友問題をこれだけ立法府である国会で問題にすること自体が意味がないと思っています。

     というのは、日本を取り巻く環境はとても危ないところに来ているからです。

     もし北朝鮮がアメリカに届くICBMの開発だけを断念することを条件にアメリカと手打ちをして、北朝鮮に核兵器疑惑が残ったままになったらいったい日本はどうなるのかを考えるからです。

    51
    続き

    再生可能エネルギーは自然に優しいどころか、自然に最も厳しい!

      昨日は、朝10時から二時間半のインターネットテレビ「スタジオ日本日曜討論」に北大特命教授、原子炉工学の世界的権威である奈良林直先生と二人で出演しました。

     去年もちょうどいまごろ二人でこの番組に出たのですが、その際に不思議なくらいに息がぴったりと合い、先生が私が呼んだら「いつでも北海道から自腹で飛んできますよ」という約束の通り、手弁当での来福となりました。番組はもうすぐアーカイブでご覧になることができると思います。

    36
    続き

    韓国の平城運転、どっちを向いて自国の存在を図ろうとしているのか?

     3.1抗日記念日の式典で韓国の文大統領がまたまたぶれぶれの演説をし、日本政府及び日本人を敵に回しています。

     日本が加害者?

     もし、1910年に日本が韓国併合をしなかったらどうなっていたのかを韓国の文大統領は考えたことがあるのでしょうか?

    33
    続き

    本物の持つ凄さを感じることの喜び

    オリンピックが面白い。

     運営は三流でも、選手は一流がそろっているので、熱戦を見れば見るほど体の血がたぎります。

     パシュートの団体戦を見ながら、身を乗り出し拳を固く握って応援していたのは私だけではないでしょう。本当にいい試合でした。

     そして金メダルおめでとう!

    32
    続き