■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    井上 政典 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    井上 政典

    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    立憲民主党は武漢コロナより森友が大事!

     ネットでニュースを見た時に、これは一か月前のニュースを出しているのだろうと思いました。

     立憲民主党の福山幹事長が一時間の質問時間のうち、半分をモリトモ問題に費やしたのです。

     「おいおい、何を考えているのだ、このたわけ者が!」と思ったのは私だけではないでしょう。

     今国会で時間を使って審議するのは、武漢コロナウイルスに対する政府の施策の追及や、もっといいアイディアがあれば意見具申に使うべき。

    9
    続き

    逃げに入った習近平政権。欧州では黄禍論ふたたび!

     今回の武漢コロナウイルスのパンデミックの一番の原因はCHINAが武漢でのウイルスが蔓延し始めたことを隠蔽したことから始まります。

     もし、習近平政権がきちんと武漢でこういうウイルス感染が起こっているとWHOに報告し、WHOがCHINAに変な気を遣わずに、淡々と世界に対して警告を発していたら、各国政府はその対策を取ることができたと思います。

    7
    続き

    訂正します。

     昨日の記事にある北海道の感染者数は148人です。

     803人は日本全国の数字でした。

     お詫びして訂正させていただきます。

    0
    続き

    福岡で武漢コロナウイルスが蔓延しないわけ

     世界ではどんどんすごいことになっているようですが、福岡・九州に住んでいるとどこか映画の一場面の様に思えてなりません。

     感染者の多い北海道にも前職の関係で住んでいたので福岡と北海道を比較してみます。

     共通点はCHINA人が観光客がとても多く訪れるところです。またご飯がとてもおいしいところですね。

    11
    続き

    CHINAで武漢コロナウイルスの封じ込めに成功し始めた?

     CHINAでの武漢コロナウイルスの感染者の増加が鈍り始め、封じ込め対策が功を奏し始めたという情報が流れてきました。感染の増加者数が4日連続で100人を切ったとのことです。

     世界中、またCHINAの国民も信じていないと思いますが、これは習近平政権が危機的状況に陥ってきた証拠ではないでしょうか。

    5
    続き

    マスコミは政権打倒とオリンピックを失敗させるために、武漢肺炎をやっているのではないか!

     朝から晩までテレビのワイドショーやニュース番組は武漢肺炎のことばかりを取り上げて国民に注意を促すどころか、委縮させるようなことばかりを言っています。

     一か月前までは正体がわからなかったから過度に恐れることも必要でしたが、今はだいたいの所が分かってきており、普通の健康な人が過度に恐れる必要なないようです。

    7
    続き

    安倍政権の支持率が下がったところを狙い撃ち!

     何のめぐりあわせかわかりませんが、たまたま国会中継を見るととんでもないところに遭遇します。

     昨日も枝野立憲民主党の代表が質問していた時にテレビを付けました。彼は偉そうに政府の後手後手に回った武漢肺炎の対策を攻撃していましたが、拙ブログでも指摘していた通り、わずか10日前の2月17日の予算会議で、桜ガ―と山井和則議員の聞き苦しい恫喝とともに、委員会室を後にして行く姿を見ていたばかりにもかかわらずです。

    7
    続き

    感染拡大が止まらない武漢肺炎

     拙ブログでは、早くからこの武漢肺炎に警鐘を鳴らしてきました。

     日本の感染者はCHINAに次いで二番目に多くなっています。もちろん、医療機関の発達や健康保険制度のおかげで検診しやすい体制にあるのも要因の一つだと思います。

     でも、不名誉なこの数字の元凶は、CHINAからの旅行者の入国を素早く禁止しなかったことにあります。

    5
    続き

    二人の検査拒否した人の氏名を公表すべきだ!

    岡村恵美子様からコメントを頂きました。

     >>>引用開始

     ほとんどの方が会社の命令で武漢で勤務しています、個人の支払いとなってますが、カネ儲けに中国に行かせた各々の会社が支払うはずです、しかも経費で落とせるはずで、問題ないと思いますが・・・

    >>>引用終わり

     そういう考え方もあるのかと思いましたが、どこかおかしいと思いませんか?

    4
    続き

    日本政府の危機管理はこれでいいのか?

     武漢肺炎はマスコミに火が付き、今日のワイドショーでは各局詳しく放送し始めました。

     また政府もCHINA政府と調整後、チャーター機を飛ばして帰国する邦人を救出することを決めました。

     対処が遅いですが、着実に手を打ち始めたようです。

    2
    続き

    CHINA人の旅行者のビザ免を一時停止すべきだ。

     新型肺炎がCHINAで蔓延し始めています。

     患者の治療にかかわった医師が感染するなど、人から人への感染力も強いようです。

     今年は東京オリンピック・パラリンピックの年です。世界中から大勢のお客様をお迎えせねばなりません。そんな時に、新型肺炎を水際で食い止めるためには、CHINA人のビザ免を一時停止して、大陸からの流入を防ぐ措置を緊急にすべきです。

    6
    続き

    小泉進次郎よ、育休をとるならば大臣をやめてからにすべし!

     小泉進次郎氏の私における株が最近下がりっぱなしです。

     先の原田義昭元環境大臣のトリチウム水の処理についての発言に対し異議を申し立て、自分の退路を断ってしまったことをはじめとして、今回の育休をとるとの宣言はあまりにも大衆迎合主義だと思います。

    0
    続き

    台湾が選択した道を応援します!

     蔡英文総統が再選されました。圧勝と言って良いほどの過去最多得票数で再選を果たしました。

     これは、台湾の国民が、あっ私は台湾をすでに独立している国とみています。中華民国という正式な国名があります。だからCHINAが「台湾の独立を認めない」と言っているのがおかしくてしようがありません。中華民国は独立した国家であり、大陸とは違う政治制度、経済制度、軍、警察、司法制度などなどを完備しています。

    3
    続き

    中東がきな臭くなっている、日本は?

     アメリカのイラン革命防衛隊の司令官の暗殺に伴い中東情勢がきな臭くなっていると報道が多くなってきました。

     でも、このイランの革命防衛隊のコッズ部隊の司令官が暗殺された場所に注目しているマスコミは少ないのですが、なんとそれはイラク国内です。

     何でイランの革命防衛隊の司令官がイラク国内にいる必要があるのか?

     そしてなぜこのタイミングで米軍は殺害したのかを考えるべきだと思います。

    5
    続き

    作戦の最もダメな例は、二正面作戦だ!

     安倍政権の韓国への締め付けがますます磨きがかかっています。

     いままで忸怩たる思いをしてきた諸兄は、安倍政権の韓国への強気の発現、行動に溜飲の下がる思いをされているのではないでしょうか。

     日韓首脳会談が一年数か月ぶりに開催されましたが、日本側は一歩も下がらず、きちんと日本の国益にあった発言を安倍総理は文大統領に対してされたと思っています。天晴です。

    1
    続き

    菅直人、こんな人に日本を任せていたのです。

     菅直人のブログから、

     >>>引用開始

     >農地の上空3メートル程度に太陽光パネルを間隔を置いて配置し、地上は農地として利用し、上空では太陽光発電をする「ソーラーシェアリング」が(中略)私なりに試算してみました。

    13
    続き

    度が過ぎる韓国のかまってちゃん

     驚きました。

     韓国が非常識な国とすでに知っていますが、これほどまで酷いとは。

     韓国政府の公式ツィッターで「旭日旗は憎悪の旗だ。平和の場である五輪で、応援旗として使われてはならない」と投稿したそうです。

     こういういちゃもんには、きちんと対応しなければなりません。今のところ日本政府は毅然とした態度でこの問題に対処しています。この毅然とした政府の姿勢を私は大いに支持します。

    2
    続き

    外国人に生活保護は必要なのか?

     れいわ新選組の山本太郎代表が本性を現わしました。

     全国各地の街頭での対話集会で「生活保護を受けるのに帰化という選択肢もあるのでは?」という質問に対し、「帰化しない外国人にも困った時に手を差し伸べる制度がある。帰化という要件を設ける国は怖い」と述べました。

     生活保護の根拠は日本国憲法の第25条です。「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」というものです。

    4
    続き

    ローマ教皇は何をしに日本へ?

     日本人は信者でなくても他の信仰を尊び、それなりの配慮をします。それがローマ法王となれば、なおさらのことです。

     しかし、今回のフランシスコ猊下の訪問にちょっと違和感を抱いているのは私だけでしょうか?

    10
    続き

    世知辛い世の中になったもんだ。

     総理と桜を見る会が来年は中止になり、招待基準などを考えて再来年再開されるようです。

     世知辛い世の中になったもんですね。

     総理や他の有名人が大勢来る桜を見る会に招待されたり、出席したりすることはとても光栄なことと感じる人がいて、毎年喜んでいかれる方も、初めて行く方はとても緊張して興奮されるようです。

    5
    続き

    日本政府とよりを戻したい文政権

     安倍総理と文大統領のただ座っての挨拶を正式な会談のように演出する文政権がなにかとても哀れに見えてきました。

     もともと日韓の冷え切った関係で、両首脳の正式な会談は予定されておらず、偶然出会った二人が文大統領が椅子に座ってお話しましょうと10分程度の挨拶を交わしただけです。もちろん通訳を介してですから、実質は5分程度ですね。

    3
    続き

    別に武蔵小杉の住人でなくてもいいんです。

     先日の記事の武蔵小杉の住民の手紙に対する批判がちらほらと来ています。

     当然だと思います。

     ニュースソースは確かめたのか?というコメントもいただいています。

     当然だと思います。

     それを分かって敢えて書いています。なぜならば、実際にそういう言動があったのを聞いているからです。

    4
    続き

    武蔵小杉の住民からボランティアへの手紙に怒りを覚えた!

     数は多くはなですが、ボランティアの方々を良くお見受けします。ありがとうございます。私も手伝いたいのですがご存知の通りとても動ける精神状態では無いのでご厚意に甘えさせてもらっています。

     ボランティアの際に少しだけご注意いただけると嬉しいなという点がありますので、ボランティアの方々は現地の住民のためにご留意下さい。

    1. 泥をかき集める時には静かにお願いします。

    4
    続き