«
»
ペマ・ギャルポ
ペマ・ギャル...
チベット・中国問題
田中 哲二
田中 哲二
中央アジアコーカサス研究所所長
辻本 奈緒子
辻本 奈緒子
モンゴル

池永 達夫 rss (アジア)

ライター一覧
池永 達夫

昭和28年(1953年)2月8日、広島県音戸町生まれ。1972年より7年間、広島大学物理学科に学ぶ。その後、ジャーナリストの道を志し、ユーラシア大陸ルポや専門家インタビューで活躍。編集局論説室長、解説室長、整理部長、バンコク支局長歴任。著書に「動き出した中国式資本主義」「病にも克った!もう一つの『偉人・英雄』列伝」は、平成国際大学の2013年の国語の入試に使用される。

中国に「道徳空白」の難題

台湾に吹いた蔡英文旋風(下)

 今回、立法院選挙で注目を浴びたのは、弟を愛した熱血の姉・洪慈庸氏だ。弟は兵役終了日を直前に控えながら隊内でいじめに遭遇し、死亡する。その真相究明を求め、軍を前に徹底糾弾した。通常、強いものには巻かれろ式で、泣き寝入りになるような事件だった。だが、熱血の姉・洪慈庸氏は一歩も引くことなく、泣く子も黙る軍に立ち向かっていった。新聞やテレビなどマスコミも、これを大々的に取り上げ、洪慈庸氏は一躍、時代のヒロインになったのだ。

0
続き

習近平氏の「台湾併合」野望懸念

台湾に吹いた蔡英文旋風(中)

 中台統一は中国の悲願だ。福建省で17年間、勤務した経験があり台湾専門家を自負する習近平国家主席にとっても、台湾問題は自らの政治生命を決定しかねない重要事項だ。少なくとも台湾併合への道筋をつけることができれば、習氏の3期連続も不可能ではない。かつて日章旗が翻った総統府は、第2次大戦後、「中原の逐鹿(ちくろく)」(政権獲得競争)で共産党に敗れた国民党の青天白日旗が翻った。その総統府に中華人民共和国の五星紅旗が掲げられれば、手ごわい長老もバリバリの党内保守派も誰も文句は言えない。毛沢東が成し遂げられず、鄧小平もできなかった台湾併合を、習氏が成就したことになるからだ。

0
続き

当初、モルディブで嫌われた日本の防波堤

駐日モルディブ共和国全権大使 アハメド・カリール氏に聞く

 21世紀はインド洋の世紀といわれるが、そのセンターに位置するモルディブの地政学的重要性は論を待たない。そのモルディブと日本の関係は結構、古いものがある。とりわけ興味を引くのは、モルディブ発祥の鰹節(かつおぶし)文化だ。現在、この鰹節文化があるのはモルディブとスリランカ、それに日本だけだ。この鰹節トライアングルが一気に鰹節を世界の食文化へと押し上げることも可能だ。駐日モルディブ共和国全権大使のアハメド・カリール氏にモルディブの環境問題と日本との関係を聞いた。 (聞き手=池永達夫)

0
続き

台湾に吹いた蔡英文旋風、中・米とも織り込み済み

台湾に吹いた蔡英文旋風(上)

 台湾のトップを決める総統選は、民主進歩党の蔡英文主席が国民党の朱立倫主席の倍近い票を獲得し圧勝。立法院(国会、定数113)選でも、民進党が現有40議席から68議席に躍進し、悲願だった初の単独過半数を確保した。緑をシンボルカラーとする蔡英文旋風が吹いた結果だ。この旋風が台湾に蘇生の力を与えてくれることになるのか。また、大陸から吹き下ろす寒風に負けてしまうことはないのか、まだ選挙の余熱で熱い台北からリポートする。(台北・池永達夫、写真も)

0
続き

中国、南シナ海実効支配を強化

 中国は新年明け早々、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のチュータップ岩礁に建設した軍用空港で試験飛行を実施した。これを受けベトナム外務省は即日、在ベトナム中国大使館に抗議文を手渡した。南シナ海では中国当局によるベトナム漁船への暴力行為が急増している。ベトナムと中国の国防省は昨年末、両国防省間のホットラインを正式に開設。これに伴い年初、ベトナムのフン・クアン・タイン国防相と中国の常万全国防相は電話会談に臨み、和やかな雰囲気の中で互いに新年の祝辞を述べたばかりだった。握手するテーブルの下で激しく相手の足を蹴り付ける中国の暴挙に周辺国の警戒心は深まるばかりだ。 (池永達夫)

0
続き

タイ政府、不敬罪容疑で米大使捜査へ

 タイ警察はこのほど、不敬罪容疑でグリン・デイビス駐タイ米国大使の捜査を始めたことを明らかにした。タイの同盟国である米国の大使に対する捜査は異例中の異例だが、不逮捕特権を有する大使を敢えて捜査対象とすることで政治的けん制を図った模様だ。タイ政府は今春、中国製潜水艦導入計画を発表した時、米政府はただちに購入計画の撤回を迫った経緯があるなど、米タイ関係はぎくしゃくしているが、今回は不敬罪がらみでタイでは国家の存立に関わる王室擁護の立場から、米国は人権擁護の立場から引くに引けない格好だ。だが、米タイ関係に亀裂が入れば喜ぶのは中国だけだ。(池永達夫)

0
続き

パキスタンとを結ぶカラコルムハイウエー

 習近平国家主席は今春、イスラマバードを訪問しシャリフ首相に5兆5000億円もの予算を投入して、カラコルムハイウエーの高速道路化、および鉄道敷設とパイプラインの建設を推進すると約束した。

 このカラコルムハイウエーを走る国際バスがある。カシュガルを始発とするこのバスは、乗客を高山病から守るため、一気に駆け抜けるようなことはせず、途中のタシュクンガン(高度3200㍍)で一泊する。

0
続き

次世代型産業の受け皿作りへ

 タイのプラユット首相が今夏、断行した内閣改造の目玉は、経済チームの総合責任者にプリディヤトーン副首相に代わってソムキット元財務相を副首相(経済担当)に抜擢(ばってき)したことだった。ソムキット氏はクーデターで全権を掌握した国家平和秩序評議会の経済顧問を務めていたが、そもそもタクシン政権時代に副首相を務めたことのある現政権とは対極にいた人物だった。その異例抜擢されたソムキット副首相がホテルニューオータニ東京の「鶴の間」で演題に立った。(池永達夫、写真も)

0
続き

習政権、文革以上にウイグル人弾圧

 中国から逃れた亡命ウイグル人を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長(68)=米国在住=はこのほど、都内の参議院議員会館で記者会見を開き、強権統治を試みる習近平政権は文革以上にウイグル人弾圧に傾斜し、無人機を使い抗議のウイグル人を殺害している実態を白色テロだとして告発した。また同議長は、国連に対しても「歴史的な問題は追及するのに、なぜ現在進行形の人権侵害は追及しないのか」と国際機関として責任放棄している実態に疑問を呈した。(池永達夫)

0
続き

日米印の海上軍事演習、中国のインド洋進出を牽制

 米印両海軍が主催する合同海上軍事演習「マラバール」が今月中旬、インド南部のチェンナイで行われ19日、終了する。米海軍からは空母「セオドア・ルーズベルト」や原子力潜水艦、印海軍からはフリゲート艦が参加。日本も海上自衛隊の護衛艦「ふゆづき」と自衛隊員200人を派遣した。日米印3カ国が海洋安全保障で連携を強め、パキスタンやスリランカの港湾建設などインド洋進出へ布石を打つ中国を牽制(けんせい)する戦略的意義がある。(池永達夫)

0
続き

資源大国・カザフスタン 産業育たねば「オランダ病」に

中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略(4)

 「わが国にはメンデレーエフの周期律表に掲げられた全ての元素・鉱物が存在する」  カザフスタン人学生のニュエン・ハン・バオ氏(22)は胸を張って言う。

 確かに資源大国カザフスタンには、石油から天然ガス、石炭といったエネルギー資源から、鉄、ウランなど豊富な地下資源に恵まれている。人口は1500万人に過ぎないが、国土はわが国の7倍だ。

1
続き

東西の風に翻弄された人々 独立後95万人がカザフ帰還

中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略(3)

 7000㍍級の峰々が並ぶ天山山脈やパミール高原を戴(いただ)く中央アジアの人々は「風の民」だ。とりわけカザフ人は、東西に向きを変える風にたなびく旗のように、歴史に翻弄された。

 20世紀初頭、革命政権を樹立したソビエト連邦の暴政で、カザフ人は西へ逃げた経緯がある。

1
続き

新疆ウイグル自治区ホルゴス 自由貿易特区に4000億円投資

中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略(2)

 新疆ウイグル自治区北西部にあるカザフスタンとの国境の町ホルゴスを訪ねた。

 ウルムチで観光業を営む周浩然氏(35)は「今夏の上海株の暴落はひどかった。しかし、沿岸部の商売は雲行きが怪しくなってきたが、シルクロード経済圏こそは今後、中国経済を牽引(けんいん)することになるだろう」と言う。

1
続き

中国西進へ着々と布石

中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略(1)

 中国が推進する建国史上最大級のプロジェクト、一帯一路(新シルクロード)構想が動き出した。「一帯一路」とは、中国から陸路(一帯)と海路(一路)を通過して欧州にいたる「新シルクロード経済圏」を言う。その中核となる「ユーラシア大陸のハートランド」中央アジア5カ国を安倍晋三首相は今月下旬に歴訪する。中央アジアの現地から中国の狙いと我が国がとるべき戦略を探った。

1
続き

山が荒れると水田の致命傷に

有限会社田中農場代表取締役 田中正保氏に聞く(上)

 鳥取県の田中農場というと鳥取県で知らない人はいないし、県外でも結構、その名は知れ渡っている。同農場では、有機栽培にこだわり続け、野菜の生命力と本当のうまさが宿る作物作りに余念がない。代表取締役の田中正保氏は多くの農家から呼ばれて講演もするが、同時に日本中の意欲的な農家を訪ね歩いてじっくり話を聞く人でもある。大規模農業がなかなか定着しない日本で田中農場はなぜ成功したのか、田中農場代表取締役の田中正保氏に聞いた。(聞き手=池永達夫)

0
続き

中国は5年で内部崩壊する

紘道館館長 松本道弘氏に聞く

 中国崩壊が叫ばれて久しいが、紘道館館長の松本道弘氏もその論に与(くみ)する。孔子は縦社会の組織を作る上で大きな役割を果たしたが、やがてこうした組織は硬直化と機能不全をもたらす。その孔子と対極にある無為自然を説く老子の思想こそは、崩壊の淵に立つ中国を救う手立てとなると言う。(聞き手=池永達夫)

1
続き


9 / 9|«89