«
»
ロバート・D・エルドリッヂ
ロバート・D...
エルドリッヂ研究所
江崎 孝
江崎 孝
人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰
我那覇 真子
我那覇 真子
フリーライター
松谷 秀夫
松谷 秀夫
普天間日米友好協会会長
仲村 覚
仲村 覚
沖縄対策本部代表
仲里 嘉彦
仲里 嘉彦
万国津梁機構理事長
西田 健次郎
西田 健次郎
OKINAWA政治大学校
豊田 剛
豊田 剛
那覇支局長
宮城 能彦
宮城 能彦
沖縄大学教授

星 雅彦 rss (沖縄関係者)

ライター一覧
星 雅彦

昭和7年(1932年)、那覇市生まれ。詩人、美術評論家、国立劇場おきなわ財団法人理事、沖縄県文化協会会長、文芸誌「うらそえ文芸」編集長などを務めるかたわら、日本現代詩人会、美術評論家連盟、日本ペンクラブの会員。「砂漠の水」(オリジナル企画)、「星雅彦詩集」(土曜美術社出版販売)など詩集の他、「沖縄戦後美術の流れ」などの美術書や「沖縄県史第9巻・戦争記録」「沖縄の証言」など歴史書を執筆している。

首里城焼失と復元の気概

 首里城の円覚寺近くの木立の暗い茂みには枯葉によく似たコノハチョウがいた。龍潭(りゅうたん)の池のほとりには、ときたま幻の白い蝶(ちょう)が出現するという噂(うわさ)を聞いて、当時少年だった私は見たこともないその蝶を求めて首里城周辺に通い始めた。

6
続き

沖縄「土人」発言の問題点

詩人・美術評論家・沖縄県文化協会顧問 星 雅彦

 沖縄本島東村高江地区の米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設をめぐり、その建設を阻止しようとする反対市民運動に対し、「違法で悪質な妨害活動」をしていると、沖縄防衛局が発表した。しかし市民らは「国の機関が、基本的人権をないがしろにしている」などと強く反発した。

5
続き

沖縄人は「先住民族」なのか

詩人・美術評論家・沖縄県文化協会顧問 星 雅彦

 今年の4月20日と21日の沖縄タイムスに、島袋純琉大教授が「人権侵害に基づく辺野古問題」と題して、「国際法で考える」という論考を発表していた。

 その冒頭で、「国連や国際機関においては、(中略)真摯(しんし)な議論を経て、沖縄の人々を『先住民族』であるとする共通認識がすでに確立している」と述べているのだ。

6
続き

辺野古反対運動の同調圧力

詩人・美術評論家・沖縄県文化協会顧問 星 雅彦

 明治政府の近代化に伴う「琉球処分」に搦(から)めて、最近の沖縄では「沖縄処分」という表現がうそぶき、それで痛烈に日本政府を批判し揶揄(やゆ)する状況に至っている。

4
続き

祖国のため戦った沖縄県民

前沖縄県文化協会会長 星 雅彦

 沖縄県では先の大戦末期の沖縄戦の終結した日として、犠牲となった約20万人の戦没者の冥福と世界平和を願う日として、6月23日を「慰霊の日」と定め、先月も安倍晋三首相はじめ政府要人や仲井真弘多知事らが参列して、糸満市摩文仁の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が行われた。毎年、先の大戦、沖縄戦とは何であったか問い質す日でもある。

9
続き