■連載一覧
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 秋山 昭八
    秋山 昭八
    弁護士
    舟田 譲二
    舟田 譲二
    アカデミー学院 学院長
    石川 佐智子
    石川 佐智子
    元・公立中学教諭
    久保田 信之
    久保田 信之
    教育評論家
    太田 和宏
    太田 和宏
    地方・教育部長
    杉原 誠四郎
    杉原 誠四郎
    教育研究者
    棚橋 嘉勝
    棚橋 嘉勝
    元・文京区教育委員、教育評論家
    加藤 隆
    加藤 隆
    元・小学校教諭、名寄市立大学教授

    平井 基之 rss (教育)

    ライター一覧
    平井 基之

    私は31歳になってから、たった1年の勉強で東大文三に合格しました。なぜそれが可能だったかと言うと、戦略を用いたからです。その戦略やニュース解説を通して日本の教育を考えていきます。 ブログ「東大に文理両方に合格した男が綴る、受験の戦略」主宰 http://ameblo.jp/pipinee/

    2018年夏 河合東大オープン 文系数学第1問の解説

    お久しぶりです!

    しばらく更新をさぼってましたが、絶好調で元気に頑張っております。 さて、東大受験生として非常に大切な、東大模試の季節ですね。 私も問題を入手して早速解きましたので、恒例の解説を書きたいと思います。 今回は、河合オープンの第1問です。 まずは問題から。

    完答できる問題

    1
    続き

    エド・はるみのマネをすれば、大学に合格出来る!?

    エド・はるみさんが、慶応大学院の修士を取得! ご無沙汰しております。 しばらくブログお休みしてましたが、元気です。 新学期の開講時期なので、準備にいそしんでおります。

    さてさて、面白いニュースが飛び込んできたので、書いてみようかと。 エド・はるみ、慶大大学院の修士取得 今後はタレント業と研究続ける

    16
    続き

    本番で結果を出す人の心理状態はこうだ

    オリンピックのメダリストのインタビューから、本番で結果を出す人のスタンスを学べ!!

    以下、NHKのインタビュー記事より転載

    スピードスケート女子500m金メダリスト小平奈緒選手 インタビューより抜粋

    Q、金メダルへのプレッシャーはどのくらいありましたか?

    A、プレッシャー自体はそんなには感じていなくて、(金メダルを)取れるかなと思っていたんですけど。

    14
    続き

    東大一直線はもう古い!?医学部志向や海外志向が急増する理由とは!?

    こんな記事を見つけたので、コメント。

    受験生の医学部・海外志向が急増する理由とは

    学校や塾の本音

     僕が現役の頃(15年前!?)も人気はあったけど、今はそれと比較にならないくらいになりました。

     当時は東大理Ⅰには入れれば医学部もイケるっぽい雰囲気がありましたが、もっと難しいと言って良いでしょう。

     理系のトップクラスは軒並み医学部志望になって、学校や塾は悲鳴。

    13
    続き

    本気を超えよう! ビジネスで差がつくリーダーシップの基礎⑤

    恒例になってきました、就活生、社会人1~2年目の方向けの本シリーズ。ビジネスで差がつくリーダーシップの基礎 今回は、「本気」の話をしようと思います。

    「本気でやれ」 「本気になってみろ」 と指導されることがあると思います。

    特に、最近では、その象徴が松岡修造さん!!(画像は転載ブログより)

    11
    続き

    明日(今日)は憲法記念日!大日本帝国憲法も学ぼう!

     随分、既存のシリーズを放置しているので、久しぶりに憲法を。  明日(今日)、11月29日は大日本帝国憲法の施行された日です。

     憲法改正がされるのか、されないのか、という話が盛り上がっています。憲法改正の議論は「するする」と言いつつまともにしないし、消費増税も「するする」と言いつつするんだかしないんだか。それより先にするべきことがあるだろうと思うのですが、注目は浴びますね。

    10
    続き

    日本の英語教育って・・・

     ウクライナ出身の友人が、面白い事をフェイスブックで発信していたので、載せてみる。それにしても、よく日本語をこれほど使いこなせること。

    -------------------  学習塾で英語講師の仕事を初めてから1年以上経ちました。それで日本の中高英語教育について感想を述べたいと思います。 この、教室長の発言を読めば一番ダメなところを十分にわかると思います:「〇〇さんは米国からの帰国生なのでスピーキングもリスニングも問題ないけど、文法の意識は低いから高い点数取れない」と。 日本の学校において、外国語とはどんなものか、何のために学習しているか、生徒にどんな能力を求めるべきか、そういう理解は比較的に浅いです。英語は数学と違って、ルールに沿って演算し唯一の正しい答えを見つけるようなものではありません。言語は情報交換の道具にすぎませんから、話せるならルールなど覚えていなくても良いはずです。 よって、私は生徒の宿題をチェックする時に回答を見ないようにしています。なのに、「I study english」を×にし「I learn english」に直す先生がいます。理由として「回答ではlearnと書いてあったから」と言います。それじゃ生徒の考え方は定型になりすぎるでしょう。同義語の辞書を引いてみたら、英語の本物の表現力は学校でどれほど…制限されているかわかり、きっとびっくりします。

    8
    続き

    北朝鮮こわい

    北朝鮮怖すぎます。

    昨日もミサイルが飛んで、日本を越えていきましたが、これでは、いつ東京が灰になってもおかしくない。

    ということは、いつ死んでもおかしくない!?

    北海道を2連続で飛び越えたってことは、狙う技術がある証拠ですし。

    左派には「北朝鮮は恐くない!」って絶叫している人もいるらしいけど、誰が信じるの?

    このブログで、ずっと怖い怖いって言い続けてますが、気付き始めている人も増えてそう。

    5
    続き

    成績は勉強量で決まらない。完成度で決まる!

    気付いたら、最近しばらく戦略のことを書いていない事に気付きました。 ということで、今日は戦略をテーマにしてみます。

    と、その前に幸呼(さきこ)ちゃん。

    最近、笑うようになりました。

    勉強量を増やしても、成績は上がらない

    そろそろ夏休みの模試も終わり、自己採点も終わる頃でしょう。 皆さんいかがでしたでしょうか?

    4
    続き

    前川前事務次官のうやむや答弁から、数学の背理法を学ぼう!

     前川前事務次官は、さすが元文科省! この答弁は、日本全国に数学で登場する「背理法」を示してくれようとしたに、違いありません!

    「文書を流出させたのは前川さん?YESかNOかで答えて」前川喜平「回答を差し控えたい」うわあああああ ↑ネタ元のニュース

    12
    続き

    憲法とは歴史だ!聖徳太子が作った憲法17条とは?

     憲法を学ぼう!シリーズの続きです! 前回は、憲法はどれくらい大切なのか?という記事で、「憲法は聖書ではない!」という話をしました。

     憲法も聖書も文章です。 ということは、誰か書いたモノです。

     私たちは、生まれた時から日本国憲法が存在していて、誰かが作ったなんて感覚がないかもしれませんが、紛れもなく誰かが作っています。

    4
    続き

    授業をちゃんと聞いてる生徒を褒めてはいけない!?

     しばらく立ち止まりながら、インプットとアウトプットの話をずっとしています。こちらのリンクlの記事で、趣旨説明をしていますが、まずは勉強にはインプットとアウトプットの区別があることを知り、使い分けることが大切なのです。

     特にカギとなるのは、アウトプットの方ですね。インプットを忘れる人はいませんが、アウトプッ トをしない人はたくさんいますので。 そのアウトプット方法にも色々ありまして、今日は学習のピラミッドというのをご紹介しましょう。

    4
    続き

    成績が良い生徒と、悪い生徒の違いは?

     今日は、ちょっと肩の力を抜いて、授業中に話した内容でも書いてみようと思います。    色々な生徒と接していると、本当に色々な質問をされるんですが、この前は久しぶりに直球の質問を受けました。 成績が良い生徒と、悪い生徒の違いはなんですか、というもの。

     これについて、色々な意見があると思いますが、回答した話はコレ。

    6
    続き

    大学の東京集中を是正するために、とにかく地方に作れ! ←失敗しそう

     もしかしたら、今後の大学受験に非常に大きな影響を与えるかもしれないニュースがありました。

    【 東京への大学集中、是正検討=地方創生で有識者会議―政府 】

     若者が生まれ育った地元に定着し、地方創生の担い手となることを目指すため、、大学の経営に注文をするそうです。 地方の大学創設を奨励、都内の大学は学部の新設を抑制、地方への移転を奨励など 何とか、地方に人を送りたいという事ですね。

    3
    続き

    韓国・平昌五輪のHPに書かれている「独島」「東海」に対して、岸田外務大臣の反応は?

    数日前なんですが、気になるニュースがあったので、今日はこれを取り上げようと思います。

    「独島」表記の削除促す=岸田外相http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000097-jij-pol

    2018年には、韓国・平昌で冬季五輪がある予定ですね。 その組織委員会のHPで、竹島が「独島」と表記され、日本海は「東海」と表記されていたそうです。

    5
    続き

    国際学力テストで、日本の「読解力」が低下している!?

    学力は本当に低下したのか!?

    いつも話題になる、国際学力テストの問題。結果が発表されて、また騒がれそうです。

    <国際学力テスト>日本、読解力低下 科学・数学は改善

    今回は、読解力が低下して、理系の方は改善されたとのこと。皆さん、この問題はどう捉えてらっしゃいますか?

    3
    続き

    3.9+5.1=9.0 の減点は妥当だと思いますか?

    最近SNSで話題になったこの話題、ご存知ですか??

    画像を見てもらえばその通り、答えを9.0にすべきなのか、9にすべきなのか、非常に話題になっています。これについて、皆さんどう思うでしょうか??

    ツイート主の方は、「有効数字に意味があるんだから、減点はおかしい」というご意見ですね。これ、理系の方なら確かにそう思ってしまうかもしれません。

    6
    続き

    子どもを産んだら仕事を辞めたい女性って、何%くらいでしょう?

    人生最大のビッグイベントと言えば、結婚や出産が挙げられると思いますが、日本人女性の出産の価値観が大分変ってきているようです。

    <20代追跡調査>出産後は仕事やめる 10年前の4分の1

    一番ポイントのなる部分だけ取り出してみると、ここです。

    結婚後も働く意向のある独身女性のうち子どもを産んだら仕事をやめたいと考える人は6.9%と、10年前の同じ調査(24.5%)と比べ4分の1に減った。

    2
    続き

    明日は祝日!「勤労感謝の日」の本当の意味とは?

    突然やってくる今日は何の日?シリーズ。と言っても、当日の夕方にアップすると遅いので、なるべく前日にアップしていこうと思います。ということで、明日に関するお話です。

    明日は「勤労感謝の日」ですね。毎度ですが、祝日には法律で制定された趣旨がありまして、勤労感謝の日で言うと、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝し合う」だそうです。と言っても、なぜ11月23日でなければならないのでしょうか?今日はここを紐解いてみようと思います。

    4
    続き

    東大女子が増えるかも!?家賃補助で女子獲得作戦!!

    男女差別!?

    今日のニュースは、教育関係者には必見のニュースをご紹介です。と言いつつ、広く言えば日本国民全員に関わるニュースでもあります。その理由は、読んでもらえれば分かりますが、私には関係ないと思わないで欲しいと思います。

    驚くべきことに、来年度、東京大学に入学するで女子学生を対象に、家賃補助が月額3万円も支給されるというニュースです。

    4
    続き

    トランプ大統領に決定した現実を、受け止めきれないメディア

    ま、まだ、トランプに決まったわけでは・・・

    昨日書いた、トランプさんの記事、たくさんの方に読んでいただきまして、共感しましたという声も頂きました。ありがとうございます。記事の最後に書きましたが、ブログランキングの方も、お陰様で両方1位になりました。まだ初めて10日くらいなんですが、皆さまのお蔭です。え?嘘だと思うんなら、クリックして確かめてみれば良いじゃないですか?(と煽って、クリックしてもらおうとする、見え透いた魂胆)今後とも、どうぞおねがいします。

    4
    続き

    護憲派の新必殺技「最低投票率制度」が、矛盾してるように見える

    矛盾してないか??

    昨日は日本国憲法の公布から、ちょうど70年でした。7月の参院選では、改憲勢力が3分の2を越えた、なんて話題にもなって、いよいよ憲法改正が現実味を帯びています。

    5
    続き

    日本の総人口が初のマイナス!

    ついに減少・・・

    総人口、初のマイナス=0.8%減、1億2709万人―15年国勢調査確定値

    総務相から国勢調査の人口統計が発表されました。そして、ついに日本の総人口が減ってしまいました。 ※住民基本台帳による統計は毎年行われています。例えばこちら

    住民基本台帳の統計では、7年前から減少に転じています。国勢調査は10年に1度なので、今回のデータから減少に転じてしまったというカラクリですね。

    4
    続き