«
»
チャールズ・クラウトハマー
チャールズ・...
米コラムニスト
ジョージ・ウィル
ジョージ・ウ...
米コラムニスト

早川 俊行 rss (米国)

ライター一覧

元ワシントン支局長。編集委員。

トランプ氏の黒人議員批判 民主党の“不都合な真実”突く

《 記 者 の 視 点 》

 「カミングス氏がボルティモア市民のためにほとんど何もしていないことは非常に残念だ」。トランプ米大統領がツイッターで、東部メリーランド州ボルティモアを選挙区とする野党民主党のイライジャ・カミングス下院議員を非難したのは7月末のことだ。メキシコ国境の不法移民収容施設の環境が劣悪だと批判したカミングス氏に腹を立てたためだった。

3
続き

トランプ氏の日米同盟不満、自主防衛力で「片務性」是正を

 トランプ米大統領は来日直前に日米安全保障条約を不平等だと不満を示したが、28日に行われた日米首脳会談はこれまでと変わらない「蜜月」モードだった。トランプ氏の真意はどこにあるのか、はっきりしない。トランプ氏の「同盟観」には不安を抱かざるを得ないが、日本は発言に一喜一憂せず、自主防衛力を増強して日米同盟の片務性を黙々と是正していくしかない。 (早川俊行)

2
続き

大阪の文化・味をアピール―G20サミット会場

「たこ焼きの元祖」に舌鼓

 20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の会場となる大阪市の国際展示場「インテックス大阪」には、日本や伝統文化や最先端技術、大阪の食文化などをアピールする一角が設けられ、世界各国から集まった報道陣の注目を集めている。

5
続き

米中貿易摩擦の行方、一時的な「休戦」で合意か

 大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議は、各国首脳が一堂に会して議論を交わす「内側」の会議よりも、主会場の「外側」で繰り広げられる2国間の首脳会談の行方に注目が集まっている。その主役は、言うまでもなく米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席である。

1
続き

揺らぐ米中軍事バランス 抑止力強化は待ったなし

《 記 者 の 視 点 》

 米国防副長官を2014年から17年まで務めたロバート・ワーク氏と言えば、オバマ前政権で中国とロシアの軍拡に対抗するため、「第3の相殺(オフセット)戦略」を打ち出したことで知られる人物だ。

1
続き

トランプ米政権、国連でフェミニストに抗戦

 国連の女性・家族・社会政策が「家族解体」を目指すフェミニストら左翼勢力に牛耳られ、人工妊娠中絶やジェンダーフリー、同性愛・同性婚などが世界的に促進されてきたことは、保守派が長年指摘してきた通りだ。これに対し、トランプ米政権は国連で中絶反対や伝統的な家庭の価値を積極的に主張し、フェミニスト勢力に徹底抗戦している。(編集委員・早川俊行)

7
続き

グローバリズムと国家 国民主権を守るトランプ氏

《 記 者 の 視 点 》

 日本ではほとんど知られていないが、トランプ米政権のホワイトハウスで読まれている一冊の本がある。保守系シンクタンク、ハドソン研究所のジョン・フォンテ上級研究員が2011年に出版した『ソブリンティ・オア・サブミッション(主権か服従か)』である。グローバリズムから国家主権を守る重要性を説いたものだ。

0
続き

野党雑魚連合は非力だ、などと言われても返す言葉はなさそうですね

大魚の一つでも入っていれば、雑魚連合などと言われなくても済んだだろうが、北海道知事選挙の結果を見る限り野党雑魚連合などと呼ばれても仕方がないだろうな、と思っている。

雑魚は、いくら集めても大魚にはならない。 稀に小魚がドンドン太ってそれなりの大きさになることがあっても、どうやっても大魚に育つことは無理である。

まあ、無理はされない方がいい。

1
続き

北の密輸網を放置する日本

国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員 古川勝久氏(下)

国連安全保障理事会北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが最近、年次報告書を公表したが、注目点は。

1
続き

信頼構築へ「接点」増やせ

国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員・古川勝久氏(中)

2回目の米朝首脳会談では、北朝鮮が制裁解除を強く求めた。北朝鮮は会談で制裁緩和の突破口を開きたかったのか。

 それは間違いない。シンガポール会談では、北朝鮮は朝鮮戦争の終戦宣言にこだわっていた。米朝の関係改善、信頼醸成のために、交渉に時間のかかる平和協定の締結ではなく、まずは米朝共同による政治的な宣言を目指していた。

2
続き

大統領選の展望が行方左右

国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員 古川勝久氏(上)

 ベトナム・ハノイで先月開催された2回目の米朝首脳会談を受け、米朝は今後どう動くか。国連北朝鮮制裁委員会元専門家パネル委員の古川勝久氏に聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行)

2回目の米朝首脳会談の結果をどう見る。

0
続き

北も揺さぶる異端大統領

 トランプ米大統領は北朝鮮の非核化を諦めたのではないか――。ベトナム・ハノイでの2回目の米朝首脳会談が近づくにつれ、こんな見方が広がった。トランプ氏が非核化を「急がない」と繰り返し、「(核・ミサイル)実験がない限り、われわれは幸せだ」とまで言い放ったからだ。

14
続き

米朝首脳会談 交渉決裂、共同声明見送り

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は2月28日、ベトナムの首都ハノイの高級ホテルで第2回米朝首脳会談の2日目の会合を行った。経済制裁の全面解除を求める北朝鮮と、秘密ウラン濃縮施設の廃棄を含めたより一層の非核化措置を求める米国の溝は埋まらず、交渉は決裂した。予定されていた共同声明の発表も見送られた。決裂という予想外の結末が米朝の非核化交渉に今後どのような影響を及ぼすか注目される。

1
続き

「勇気」見せたトランプ氏

 「私は取引から手を引くことを決して恐れない」

 トランプ米大統領は、2回目の米朝首脳会談が決裂に終わったことについてこう強調した。世界の注目を集める舞台でトランプ氏が取った異例の行動は、同じく物別れに終わった1986年のレーガン米大統領とソ連のゴルバチョフ書記長によるレイキャビク会談を想起させる。

1
続き

制裁網一段と緩む危険性

 米朝首脳会談は1回目がシンガポール、2回目がベトナムと連続で東南アジアでの開催となった。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に独裁体制を維持しながら経済発展を遂げた「モデル」を実際に見せることで、核放棄を促すのが米国の狙いだ。だが、北朝鮮にとって国際的な経済制裁網の抜け道として東南アジア諸国との関係を強化する機会になっており、米国の思惑通り進むか疑わしい状況だ。

4
続き

きょう米朝再会談、非核化の具体的進展が焦点

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日、ベトナムの首都ハノイに到着し、27、28両日開かれる2回目の米朝首脳会談に臨む。会談は、北朝鮮が非核化に向けてどこまで具体的な措置を約束し、これに対し米国がどの程度見返りを与えるかが最大の焦点。論点になっている朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言が発表される可能性があるが、在韓米軍の駐留意義が問われる事態に発展するリスクをはらむ。

0
続き

歓迎・友好ムード一色―ベトナム・ハノイ

 27、28両日に2回目の米朝首脳会談が開催されるベトナムの首都ハノイは、歓迎と友好ムードに包まれている。ベトナム当局は世界の注目を集める会談を通じ、「平和に貢献する国」としてのイメージアップに躍起だ。北朝鮮の完全な非核化が疑わしい状況の中で、会談がまるで平和の祭典であるかのような雰囲気には違和感が拭えない。

0
続き

米朝首脳会談を待つハノイの表情

ベトナム戦争時に捕虜収容所として使われたホアロー収容所にも米朝首脳会談を歓迎する看板が掲げられている

 第2回米朝首脳会談の歓迎ムードを盛り上げるために米朝とベトナムの国旗を掲げた自転車でハノイ市内を疾走する若者や、土産物品店で米朝とベトナムの国旗を掲げられる等、歓迎ムード一色のベトナム ハノイ。(早川俊行)        

0
続き

米朝首脳、あすから2回目の会談

 ベトナム・ハノイで27、28両日開催されるトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による2回目の米朝首脳会談は、非核化に向けて具体的に前進できるかが最大の焦点だ。だが、北朝鮮の核の脅威が大きく低減するような画期的な合意には至らず、北朝鮮が一部の核関連施設を廃棄する代わりに米国が相応の見返りを与えるという「スモールディール(取引)」にとどまるとの見方が支配的だ。

2
続き

重要性増すインドの役割

米ハドソン研究所研究員 長尾賢氏

米中対立の中でインドの役割をどう見る。

2
続き

勝負決めるのは「思想戦」

米世界政治研究所所長 ジョン・レンチャウスキー氏

これまでの米国の対中政策をどう見る。

2
続き

人類の進歩妨げる知財窃盗

米ヘリテージ財団特別客員研究員 スティーブン・ムーア氏

トランプ米大統領の中国貿易問題への対応をどう見る。

 米国は長年、中国を途上国として扱い、米国の市場を開放して、経済・政治の自由化に向かわせようとしてきた。中国が経済大国となった今も、極めて不公平な貿易慣行を続けるのを許すわけにはいかない。

4
続き

驚くべき海軍増強ペース

米戦略予算評価センター上級研究員 トシ・ヨシハラ氏(下)

中国は米国に代わる世界の超大国の座を目指しているのか。

 少なくとも中国は米国をアジアから排除しようとしていることは確かだ。習近平国家主席が掲げる「中国の夢」は、正当な歴史的地位を取り戻し、アジアの中心になることを目指すものだ。これは、中国が東アジアで支配的なパワーとなることを意味し、すなわち米国の影響力縮小を意味する。

7
続き