■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    味は上々、人工孵化で養殖ウナギのかば焼き

     「土用の丑(うし)の日」を来月に控え、国立研究開発法人の水産研究・教育機構は21日、人工的にふ化させ、育てた養殖ウナギのかば焼きを報道陣に公開した。味は上々で天然稚魚の不漁を補う救世主として期待が高まるが、商業化には生産コストの引き下げが課題となる。

    0
    続き

    見た目は豪華だが歩くのに一苦労

     ふわふわの毛皮で縁取られた刺しゅうの衣装が床まで伸びている。

     シンガポールのアジア文明博物館で12日、中国の芸術と高級婦人服に関する展示会の内覧が行われた。見た目は豪華だが歩くのに苦労しそう。

    0
    続き

    文大統領「対話で国防」の脳天気さ

     韓国最大手日刊紙「朝鮮日報」日本語版(6月20日)の社説には考えさせられた。タイトルは「『対話で国を守る』と主張する韓国軍の笑えない喜劇」だ。朝鮮日報は国防日報17日付1面の記事「南北の平和を守るのは軍事力ではなく対話」(その内容は文在寅大統領のスウェーデンでの演説)を報じ、「国の安全保障における最後の砦となる韓国軍が、軍事力ではなく、対話で国を守る」という趣旨に大きな懸念を表明している。

    8
    続き

    日本人のルーツに関する研究は明治以降盛ん…

     日本人のルーツに関する研究は明治以降盛んになる。古代人骨の発掘が進み、縄文人から弥生人へと明らかな形態的な変化が認められたからだ。現在は、先住の縄文人と中国・朝鮮半島から移住してきた弥生人が混血して日本人が生まれたとする混血説がほぼ定説となっている。

     考古学、人類学などさまざまな研究が行われてきたが、ルーツ研究に方法的な革新をもたらしたのが、DNAの解析だろう。とくに父親から息子へ受け継がれるY染色体の解析によって、日本人のルーツの系統的な分類までできるようになった。

    0
    続き

    新米国務次官補、中朝への対処で政権支えよ

     米政府の重要ポストである東アジア・太平洋担当の国務次官補に、デービッド・スティルウェル退役空軍准将の起用が決まった。

     中国の海洋進出強化、北朝鮮の核・ミサイル開発の継続などで緊張が高まる中、東アジア政策に関する事務レベルの最高責任者である国務次官補の立場は重要だ。

    空席が長く続いたポスト

    0
    続き

    G20サミットの受け入れ準備が大詰めを迎える

     大阪市で6月28、29日に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)まで一週間となり、受け入れ準備が大詰めを迎えている。ホテルは改装作業を終え、交通規制に備えてサービス休止などを決めた企業も。日常生活への一定の影響は避けられないが、日本初のG20サミットがもたらす効果に期待する声が多い。

    1
    続き

    JR羽越線、始発から全線で平常運転を再開

     新潟県村上市で震度6強の揺れを観測した地震で、一部区間が不通となっていたJR羽越線が、20日始発から一駅を除き全線で運転を再開した。

     JR東日本によると、地震以降、一部区間で運転を休止していた羽越線は、ホームの損傷により復旧工事が続く山形県鶴岡市内の小岩川駅を除き、20日の始発から平常運転を再開した。

    0
    続き

    画家ゴッホ自殺の銃が1970万円、パリで競売

     オランダの画家ゴッホが1890年に自殺した際に使われたとされる銃が19日、パリで競売に掛けられ、16万2500ユーロ(約1970万円)で落札された。当初は6万ユーロ(約730万円)と見込まれていたが、約3倍の値が付いた。競売会社によると、落札したのは個人収集家。

    0
    続き

    日産・ルノー、グーグル系と自動運転で提携

     日産自動車とフランス自動車大手ルノーは20日、無人自動運転サービスの開発で米グーグル系のIT企業ウェイモと提携すると発表した。人の移動や商品配送などに関する新たな無人サービスを3社で開発する。各社が持つ自動運転の技術や情報を持ち寄り、世界的な開発競争をリードするのが狙いだ。

    0
    続き

    新しい幕が開く、鹿児島市観光ポスターを一新

     鹿児島市は令和の新時代を迎えたのに合わせ、このほど観光ポスターを一新した。ポスターは「NEW KAGOSHIMA CITY 新しい幕が開く」をコンセプト。

     「歴史」「景観」「癒し」「食文化」の四つのテーマに、5種類ある。鹿児島市の多彩な魅力を旅情感たっぷりに表現した写真を使っている。

    0
    続き

    「元気と存在感」与える道徳授業

    札幌市立北野台中学校教諭 磯部一雄氏に聞く

    0
    続き

    国際空港職員が窃盗

     フィリピンの空の玄関口となっているニノイ・アキノ国際空港で、職員が窃盗で逮捕された。英語が苦手な観光客を狙うという悪質な手口だ。

    1
    続き

    日本は手続きと広報に努めよ

    麗澤大学客員教授 西岡力氏(下)

    文在寅政府は日韓基本条約だけでなく、さかのぼって日韓併合条約まで見直そうとしているように感じるが。

     今回の判決は「併合条約は非合法的なものであった。だから無効だ」という論理に立っている。非合法なものであったので、慰謝料を請求できるという解釈だ。未清算の債務に対する個人請求権が残ってる、残ってないという議論とは別なのだ。つまり違法行為に対する賠償金ということである。

    3
    続き

    携帯違約金、料金引き下げへ知恵絞れ

     総務省の有識者会議が、携帯電話の2年契約を途中で解約する際の違約金上限を1000円に引き下げることで一致した。これを踏まえ、同省は改正電気通信事業法の省令改正案をまとめ、今秋の法施行を目指す。

     携帯大手3社は「縛り」が実質的になくなる中、10月に参入する楽天と共に知恵を絞り、高いと批判されてきた料金の引き下げを進めてほしい。

     上限が1000円に

    0
    続き

    読みたい本があったので図書館へ行った。…

     読みたい本があったので図書館へ行った。書棚に見つからないので図書館員に聞くと、貸し出し中とのこと。しかも「8人待ち」だ。8人待ちとは何日ぐらいだろうと思って聞くと「見当もつかない」との回答。

     貸し出し期間は2週間なので、単純計算で「8人×2週間(14日)=112日」となる。4カ月後だ。ただ、借りた人が全て2週間かけて読むとは限らない。

    2
    続き

    動物保護に「幸せ」感じる獣医夫婦

     先日、子供を小学校に送り届けた妻が、小さな動物を胸に抱えて帰ってきた。まだ生後1カ月ぐらいの子猫だった。雨が降る道端でずぶ濡れになりながら鳴いていたという。

     野良猫の群れからはぐれたのか、飼い猫が迷子になったのか、よくは分からない。ただ、顔などの皮膚がただれ、見るに堪えない状態だった。

    0
    続き

    米中貿易摩擦で揺れる韓国外交

     大阪G20(20カ国・地域)首脳会議が迫っている。文在寅大統領が米中首脳と会談する可能性が高い。文大統領としては世界を巻き込む米中貿易摩擦から北核問題まで、侮れない懸案に一度に向き合うことになった。

    1
    続き

    ユネスコ、「甲武信」のエコパーク登録が決定

     国連教育科学文化機関(ユネスコ)は19日、パリで開催した会合で、自然と人間社会の共生を図るエコパーク(生物圏保存地域)に「甲武信(こぶし)」(埼玉、東京、山梨、長野)を登録すると決定した。文部科学省が発表した。国内のエコパークは計10カ所となる。

    0
    続き

    強打空転させ圧倒、井岡一翔が4階級制覇の快挙

     前人未到の領域に井岡が到達した。最初の世界王座をミニマム級で獲得してから8年。一度は引退した30歳が、強さを増して日本男子初の4階級制覇の快挙を成し遂げた。

    0
    続き

    必修化される新教科指導や教師の業務改善に期待

     教育現場向けのICT機器やシステムを紹介する展示会「学校・教育総合展(EDIX)」(主催・リードエグジビションジャパン)が19日、東京都江東区の東京ビッグサイト・青海展示棟で始まった。教育分野では日本最大級の展示会で、出展企業は約430社。

    0
    続き

    観測史上最も遠い131億光年先で銀河同士が衝突

     早稲田大と東京大、名古屋大などの国際共同研究チームは、観測史上最も遠い131億光年先で銀河同士が衝突、合体する様子を南米・チリのアルマ電波望遠鏡で捉えることに成功した。138億年前の宇宙誕生から7億年後の衝突の様子は、銀河が合体を繰り返して成長する過程を知る手がかりになるという。論文は18日付の日本天文学会欧文研究報告に掲載された。

    0
    続き

    今年のテーマ「古代世界」、古代人は何を思う

     かぶとをかぶり、口ひげを生やした男性をかたどった巨大な砂の像。宙を見詰める瞳が印象的だ。15日、ラトビアのエルガワで行われた国際砂像祭りの一こま。

     米国やロシアなど8カ国からアーティストが集まり、今年のテーマ「古代世界」をイメージした力作を披露した。

    0
    続き

    “政治1番地”鍾路

     青瓦台(大統領府)や政府ソウル庁舎がある鍾路は首都ソウルの中心だ。大物の政治家が多く輩出された。大統領3人(尹潽善、李明博、盧武鉉)、総理2人(李允栄、張勉)、主要政党の最高指導者5人(朴順天、兪鎮午、李敏雨、鄭大哲、丁世均)がここで“金バッジ”(議員バッジ)を付けた。住民の政治意識が高く、票が偏る現象は少ない。“政治1番地”と呼ばれるのはこのためだ。鍾路は野望が大きい政治家の挑戦舞台という意味も持っている。

    0
    続き