■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    作家で文化勲章受章者、田辺聖子さんが死去

     人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

    0
    続き

    栗原恵さん、「やり切り晴れやかな気持ち」

     バレーボール女子で2004年アテネ、08年北京両五輪に出場し、日本のエースアタッカーとして活躍した栗原恵さん(34)が10日、東京都内で現役引退の記者会見に臨み「本当にやり切ったという晴れやかな気持ち。幸せな選手生活だった」と笑顔で語った。4日に自身のブログを通じて引退を発表していた。

    0
    続き

    上野動物園の「シャンシャン」、もうすぐ2歳

     上野動物園(東京都台東区)は10日、まもなく2歳の誕生日を迎える雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」の様子を報道陣に公開した。シャンシャンは中国への返還が2020年末まで1年半延期されることが決まっており、同園は「非常にありがたい。元気な姿を見てもらえれば」と話している。

    0
    続き

    ルノー・FCA統合破談の波紋

     欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏自動車メーカー、ルノーの経営統合交渉は、わずか10日間でまさかの破談に終わった。同時に短い協議の中でルノーおよび、とルノーと20年の連合を組む日産自動車が直面する環境変化が露わになり、ルノーの将来に悲観的論調が見られる。 (パリ・安倍雅信)

    0
    続き

    「グレタ世代」の蜂起

     スウェーデンの女子生徒、グレタ・トゥーンベリさん(16)は昨年8月、スウェーデン議会前で地球温暖化問題、気候変動対策のための学校ストライキを行ったことで一躍有名となった後、同年12月の第24回気候変動枠組み条約締結国会議に出席。欧米ではグレタさんの活動に刺激を受けた学生や生徒たちが毎週金曜日、地球温暖化対策デモ集会を開催してきた。欧米のメディアではグレタさんの活躍は大きく報道され、最年少のノーベル平和賞候補者に上がるほど有名人となった。

    0
    続き

    在米ウイグル留学生に支援を

     米国のサム・ブラウンバック大使(信教の自由担当)は、天安門事件30周年を受けてワシントンのヘリテージ財団で行われた会合で、中国が新疆ウイグル自治区のイスラム教徒を「再教育」のために「成人学習センター」と呼ばれる収容所に拘束していることを非難した。

    3
    続き

    香港大規模デモ、一国二制度を形骸化させるな

     香港で身柄を拘束した容疑者を中国本土へ移送できるようにする「逃亡犯条例」改正に反対する香港の民主派が、香港島中心部で大規模なデモを行った。

    主催者発表で103万人

     デモを主催した民主派団体「民間人権陣線(民陣)」は103万人が参加したと発表。発表通りであれば「(1997年の)返還後最大」のデモとなる。警察発表では24万人だった。

    3
    続き

    子育ても人生の実績だ

     今年の母の日は特別だった。人生で初めて経験した母がいない母の日だったからだ。

     それほど親孝行とは言えない筆者でも、母の日に何を贈ろうかと悩みながらデパートを探索したり、妻とああだこうだ言いながら、プレゼントを決めたりした思い出はあるし、忙しさにかまけて何もしないままその日が過ぎてしまったことも少なくない。

    0
    続き

    少し嫌だなと思う梅雨に入ったが、スーパー…

     少し嫌だなと思う梅雨に入ったが、スーパーの野菜コーナーには長さ10㌢ぐらいの五角柱状の朔果(さくか)を詰めた深緑色のアミ袋が並ぶ。袋の中は緑色鮮やかな、今からが旬のオクラである。タイやフィリピン産の輸入ものは春先から出回っているが、鹿児島、高知、沖縄県など国産ものが本格的にお目見えしてきた。

     切ると独特のヌメリを帯びるが、この成分に免疫力を高める作用がある。整腸作用があり、便秘や下痢によく、動脈硬化症、胆石症の予防効果も。

    1
    続き

    山梨県庁別館、五輪カラーで「インスタ映え」

     山梨県庁舎別館が日没後、5色にライトアップされている。2020年東京五輪で行われる自転車ロードレースで県内もコースの一部となっているため、大会の機運を盛り上げようと県が5月から始めた。

     担当者は「インスタ映えスポットとして広まってほしい」と期待する。五輪のシンボルは青、黄、黒、緑、赤の5色だが、黒は再現できず、代わりに通常の照明を当てている。

    0
    続き

    両親を失った4人の子供たちの心情を風刺

     「親が死んで、悲しいはずなのに涙が出ない」

     衝撃的な台詞(せりふ)から始まる映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」。偶然、火葬場で知り合った13歳の少年少女4人が自身の複雑な気持ちや両親への想い、世間や大人たちへの屈折した感情を抱きながら前へ進もうとする姿を描いている。

    0
    続き

    種市篤暉投手「野球殿堂博物館に飾られて光栄」

     プロ野球ロッテの種市篤暉投手が8日、野球殿堂博物館を訪れ、展示されているプロ初勝利の記念ボールにサインした。種市はチームの平成最後の試合となった4月29日の楽天戦(楽天生命パーク宮城)で先発、プロ初勝利を挙げ、ウイニングボールは展示のために回収されていた。

    0
    続き

    市民の足、大阪環状線「201系」がラストラン

     オレンジ一色の車体で、市民の足として親しまれたJR大阪環状線の車両「201系」が7日午前、運行を終了した。終点となった京橋駅には、多くの鉄道ファンらがカメラを手に駆け付け、別れを惜しんだ。

    0
    続き

    「待ち切れない」、ちょっと早めの冷たいおやつ

     6日、チェコ・プラハの動物園で、凍らせた果物にたどり着いたニシローランドゴリラ。

     好天が続き来週の気温は28度と見込まれる中、子供ゴリラも「待ち切れない」とばかりに手を伸ばす。

    0
    続き

    100年後まで見られない? びょうぶ絵特別公開

     木々に囲まれた太陽と紅葉の中に浮かぶ月-。2020年に創建100年を迎える明治神宮(東京都渋谷区)に今夏奉納されるびょうぶ絵が、福井県立美術館(福井市)で23日まで特別公開されている。奉納後向こう100年はお目にかかれない可能性が高いとされる。

    0
    続き

    「ミニボルト」サニブラウン、日本新9秒97

     サニブラウンの最大の特長は188センチの体格を生かしたストライド(歩幅)にある。10秒05で優勝した2017年日本選手権100メートル決勝のデータでは、近年の桐生祥秀(日本生命)や山県亮太(セイコー)よりも3、4歩少ない44歩ほどで駆け抜けた。ストライドの平均値は224センチ。ピッチ(1秒間の歩数)が同等で17年世界選手権を制したジャスティン・ガトリン(米国)の227センチに匹敵する。

    0
    続き

    秋葉原無差別殺傷から11年、現場交差点に献花

     東京・秋葉原の歩行者天国で17人が無差別に殺傷された事件から8日で11年となった。現場の交差点には、通勤途中の会社員らが訪れ、犠牲者を悼み、献花したり手を合わせたりした。

    0
    続き

    「世界報道写真展」が東京都写真美術館で始まる

     「現代社会の問題」「環境」などをテーマに世界中の約100会場で開催されている「世界報道写真展」(主催・世界報道写真財団など)が、東京・恵比寿の東京都写真美術館で8日から始まるのを控え、7日、報道関係者の内覧会が開かれた。

    0
    続き

    元大関琴欧洲の鳴戸親方「第二の人生スタート」

     大相撲の鳴戸部屋が8日、東京都墨田区向島で部屋開きを行い、元大関琴欧洲の鳴戸親方は「やっと出来上がった。ここからが第二の人生のスタート」と気持ちを新たに話した。同じ二所ノ関一門の芝田山親方(元横綱大乃国)、尾車親方(元大関琴風)、大関高安らが訪れて門出を祝った。

    0
    続き

    玉城知事の「中国尖閣パトロール刺激するな」発言に抗議

     沖縄県石垣市の市議が乗船した漁船が5月24日に尖閣諸島(石垣市)周辺海域を航行した際、中国公船に追い回されたことについて、沖縄県の玉城デニー知事は同31日の定例記者会見で「中国公船が(尖閣諸島の)周辺海域をパトロールしていることもあるので、故意に刺激するようなことは控えなければならない」と述べた。

    60
    続き

    出生率低下、未婚率の上昇を抑えたい

     厚生労働省が公表した2018年の人口動態統計によれば、1人の女性が生涯に産む子供の推計人数を示す「合計特殊出生率」は1・42で、前年を0・01ポイント下回り、3年連続で低下した。

     少子化やそれに伴う人口減少は国力の衰退にもつながりかねない。対策は国民的課題だと言える。

    人口減少がさらに加速

    0
    続き

    雨模様の空を見上げながら傘を持ち、道路を…

     雨模様の空を見上げながら傘を持ち、道路を駅の方へ向かうと、同じように傘を持った人々が歩いている。梅雨の季節特有の光景だが、そこにツバメが風を切るように飛び交っている。

     ヒナの鳴き声も軒先から聞こえてくる。毎年の光景ながら、ほっとするものを感じる。それだけツバメが季節感と深く結び付いているからだろう。先日、知人が英国の作家、ワイルドの童話「幸福な王子」について話していたことを思い出した。

    0
    続き

    環境省、国の特別天然記念物トキ20羽を放鳥

     環境省は7日、佐渡トキ保護センターの野生復帰ステーション(新潟県佐渡市)から、国の特別天然記念物トキを計20羽(雄14羽、雌6羽)放鳥し、全羽がケージから飛び立ったと発表した。

     今年の放鳥は初めて。放鳥は2008年に開始して以来20回目。今回飛び立ったトキと合わせ、計347羽が放鳥されている。

    0
    続き