■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    混乱する米の韓半島政策、トランプ氏の関心低下も

     韓国の立場からすれば、ワシントンは1年前よりさらに混乱して見えた。北朝鮮と共にワシントンが“韓半島危機論”を煽(あお)り立てたからだ。「在韓米軍の家族撤収」から「鼻血戦略」(制限的先制打撃)の稼働まで、増幅された危機論の一つの軸にはトランプ大統領が存在していた。

    0
    続き

    ユーチューブ政治

     ドナルド・トランプ米大統領はマスコミを敵対勢力と見なしている。彼に不利な報道を「フェイクニュース」と決めつける。新しい政治コミュニケーションが試される米国において、それが効果を挙げている。直接の疎通という親密さが持つ吸引力のおかげだ。

    1
    続き

    外国人就労方針、悪質ブローカー排除の徹底を

     外国人労働者受け入れ拡大のため、出入国管理法が臨時国会で改正されたことを受け、政府は外国人就労の基本方針、分野別運用方針、総合的対応策を発表した。

     新たな在留資格である特定技能1号・2号の受け入れは来年4月から始まる。国会審議では現行の外国人技能実習制度をめぐって悪質ブローカーの存在が問題になった。排除を徹底すべきだ。

     14業種で最大34万人

    1
    続き

    「現代になって、人は表現する対象を失って…

     「現代になって、人は表現する対象を失ってしまった。自然への畏怖や神の姿、いや、美そのものが陳腐化してしまった」。これは美術史学者の河合正朝さんが、2年前に東京都写真美術館で開かれた「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展に寄せた言葉だ。

     この展示会では、杉本さんの提示する「今日 世界は死んだ もしかすると明日かもしれない」というテーマに、各界33人の知識人がその理由について考えコメントを寄せていた。

    0
    続き

    台湾海峡問題

    文字に書かれなかった法律は、たとえそれがどんなにロマンチックなものであっても、神話にすぎない。それが文字に書かれていなければ、そのような「法律」を施行する者はいない。そのようなロマンチックな法律は、普通、結婚や家庭を守るために適用されると考えられているが、時には海洋の自由というようなものに適用されることがある。それは、そのような法律の原理を執行するのに十分大きくて、決意の固い国が存在した時だけ、役に立つのだ。

    中国は、裕福になったのは新しく、大国として認められようとの野望に燃えており、台湾海峡や、南アジアのような場所でやりたい放題をする大きさや、決断力を持っている。後者では、中国は、砂やサンゴで小島を造っては、それらを中国領と呼んでいる。まだ、いざ鎌倉という事態には至っていないが、危機は少しずつ高まっている。

    0
    続き

    貴景勝が新関脇に昇進「もう一つ上になりたい」

     大相撲九州場所で初優勝し、初場所の新番付で新関脇に昇進した貴景勝が25日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で記者会見し、「小さいころから関脇はかっこいいと思っていたので、うれしい。初場所は一生懸命頑張らないといけない」と抱負を語った。

    0
    続き

    黒い衣装の高橋大輔が情熱的なステップで魅了

     フィギュアスケートの全日本選手権成績上位者らによるエキシビション「メダリスト・オン・アイス」が25日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開かれ、5年ぶりに出場し男子で2位に入った高橋大輔(関大ク)が華麗に舞った。

    0
    続き

    平成最後の天皇誕生日「天長節奉祝パレード」

     今上陛下にとって最後の天皇誕生日となる23日、那覇市で「天長節奉祝パレード」(主催・天長節奉祝パレード沖縄実行委員会)が行われた。

     約100人が、日の丸の小旗を振って「御誕生日おめでとうございます」「天皇陛下万歳」と叫びながら国際通りを県庁に向けてパレードした。

    0
    続き

    ローソン、健康志向コンビニを全国展開に

     ローソンの竹増貞信社長は25日までにインタビューに応じ、健康志向の品ぞろえを重視したコンビニエンスストア「ナチュラルローソン」について、首都圏の店舗数を2倍強に拡大するとともに、全国展開を進める方針を明らかにした。スマートフォンで生鮮食品を注文し、近くのコンビニで受け取れる新サービス「ローソンフレッシュピック(ロピック)」も、来年度(2020年2月期)中に地方へ広げる意向を示した。

    0
    続き

    正月の縁起物「福熊手」の出荷作業がピーク

     正月の縁起物「福熊手」の出荷作業がピークを迎えている(25日、奈良市の奈良近畿戎協同組合)。従業員が熊手にえびすの面などの飾りを取り付け、全国の寺社に出荷される。

     松井薫理事長(44)は「今年は自然災害が多かったが、来年は平穏な1年であるように心を込めて作っています」と話した。

    0
    続き

    シリア撤収表明、前政権の失敗繰り返すな

     トランプ米大統領が、シリアからの米軍撤収を表明した。過激派組織「イスラム国」(IS)の殲滅(せんめつ)に成功したというのがその理由だ。ISは広大な支配地を失ったものの、残党は残っている。拙速な対応は、ISの誕生を招いた2011年のイラク撤収という失敗を繰り返すことになる。

    マティス長官が辞任へ

    0
    続き

    沖縄に寄り添われる陛下

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     「昭和47年に沖縄の復帰が成し遂げられました。沖縄は、先の大戦を含め実に長い苦難の歴史をたどってきました。皇太子時代を含め、私は皇后と共に11回訪問を重ね、その歴史や文化を理解するよう努めてきました」

    3
    続き

    中小・零細企業の多い東京・大田区で長年…

     中小・零細企業の多い東京・大田区で長年、メッキ工場を経営していた男性(85)に話を聞くと、約50年前はメッキや鋳鍛造などの加工関連の組合に加入していたのは2000社以上もあった。それが現在は100社ほど。稼働しているのは30~40社ではないかという。

     メッキ加工は最もポピュラーな工業技術の一つで、多くの製品に利用され、その技術は日進月歩。そのため親会社からの注文に対応し切れず、大田区でも転・廃業の割合が大きい分野の一つとなっている。

    1
    続き

    黄色いベストと革命

     ガソリン税引き上げに端を発した黄色い安全ベストを身に着けたフランスの抗議運動は、6週目を迎えた。先週はなんと抗議デモのエスカレートで、取り締まる側の治安部隊を構成する警察官までも待遇改善の抗議デモを行った。残業代未払いや過重労働、低賃金に抗議してのものだった。装備品の老朽化も問題になっており、中には身に着けるプロテクターなどを自分で購入し、高額負担しているケースも明るみに出た。

    0
    続き

    コソボ議会、軍設立を決定

     コソボ議会は14日、独自軍の設立を明記した法案を可決した。首都プリシュティナからの情報によると、議会に参席した107人の議員全員が独自軍設立を支持したという。コソボを主権国家と認めていないセルビア共和国は、コソボの独自軍設立決定を国連安保理決議の違反として強く批判している。(ウィーン・小川 敏)

    0
    続き

    王者のプライド示す宇野昌磨、負傷押しV3

     強くひねった右足首は捻挫していたのに、はってでもリンクに立とうとした。手負いの宇野はSPに続きフリーも1位となり、「歩けるなら試合に出ようと思った。プライドかな」と言った。全日本王者としての責任を、果たした。

    1
    続き

    安倍首相、東京・富ケ谷の私邸の近くを散歩

     安倍晋三首相は24日、東京・富ケ谷の私邸周辺を約1時間20分かけて散歩した。

     近所の代々木公園では、通行人らと気さくに記念撮影に応じ、園内の階段を一段飛ばしで上るなど元気な様子を見せた。

     この後、記者団に「いい運動になった」と笑顔で語った。

    3
    続き

    ソフトバンクの柳田悠岐選手、1170万円を寄付

     プロ野球ソフトバンクの柳田悠岐選手(30)が24日、福岡市西区の特定非営利活動法人「SOS子どもの村福岡」を訪れ、今季の成績に応じた1170万円を寄付した。

     柳田選手の寄付額は開幕前の宣言通り、シーズン自己最多の36本塁打とCS2本、日本シリーズ1本の計39本で1本30万円として算出された。

    1
    続き

    東京駅を彩る光の道「東京ミチテラス2018」

     東京駅周辺を光で彩る「東京ミチテラス 2018」。皇居へと続く行幸通りは、樹木がイルミネーションで飾られ、沿道に設置されたスクリーンに「炎」「水」「風」をモチーフにした映像が投影された。

     訪れた家族連れやカップルたちは光の道を歩きながら、クリスマスイブの幻想的な光景を楽しんでいた。28日まで。

    0
    続き

    水槽の中の魚にもメリークリスマス!

     21日、クアラルンプールの水族館で、水槽の中で魚に餌を与える「サンタクロース」。

     イスラム教を国教とするマレーシアでも、クリスマスを祝う。

    0
    続き

    混迷深める中東情勢

    エジプト科学技術大学教授 バセル・ユスリ氏に聞く

     中東地域の動きが複雑化している。アラブ諸国も二分され、外からはイラン、トルコが関わり、シリアをめぐっては、ロシアや米国、欧州諸国も関わっている。中東情勢解説者としてエジプトの複数のテレビに出演しているエジプト科学技術大学教授バセル・ユスリ氏に複雑な情勢を解説してもらった。 (聞き手=カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    1票の格差、立法府に「悪平等」持ち込むな

     「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選について、最高裁は「法の下の平等を定めた憲法に違反しない」との判断を示した。妥当な判決だ。

     国の統治機構は「1票の平等」のみを指標として形づくられるものではない。歴史や地域の特質を無視すれば、それこそ「悪平等」に陥りかねない。選挙制度だけでなく参院も含めて立法府の在り方を問うときだ。

    「0増6減」で2倍以下に

    1
    続き

    デジタルが変える学校教育の未来

    東京書籍取締役 川瀬徹氏

     教員を目指す学生・大学院生をはじめ、教育問題に関心のある人のための人材育成講座「こんぺいとうゼミ」(主催=NPO法人BOON・内山葉月理事長)がこのほど、都内で行われ、「デジタルが変える学校教育の未来」と題して講演会が開かれた。東京書籍取締役で教育文化局次長の川瀬徹氏は「最新のデジタル教科書・教材」に関して現状と課題を報告。参加した大学生ら30人余は講師の話に熱心に耳を傾けた。

    0
    続き