■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    松坂ロスを乗り越えて

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     桜が見頃を迎えた春季のプロ野球キャンプはいよいよ終盤を迎えた。練習試合など実戦形式のトレーニングがファンを魅了している。ここ数年、Bクラスに沈む中日ドラゴンズは、昨年のシーズンでカムバック賞を受賞した松坂大輔投手(38)、さらに、ドラフトで最高評価を受けた根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)という2大スターの動向が注目を集めている。

    2
    続き

    東京電力福島第1原子力発電所の廃炉作業で…

     東京電力福島第1原子力発電所の廃炉作業で重要課題の一つが、事故があった2号機の原子炉格納容器内部に溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出し。それにはまず原子炉内部の状況やデブリの性状の把握が不可欠だ。

     このほど、ロボットの調査機器がデブリとみられる堆積物に接触し、つかんで持ち上げる様子を撮影した動画が公開された。事故後の格納容器内部はブラックボックスとなっていただけに、まさに未知との遭遇の感がある。「つかんで取り出す方法が成立すると分かったのは大きな知見」(東電広報)と。

    0
    続き

    妊娠後期中絶に反発が強まる中、「無制限」中絶の強化に動くバーモント州

     バーモント州は既に全米で最も人工妊娠中絶に寛容な州だ。州法には中絶の規制が何もない。だが、無制限の中絶を文書化する法案は、妊娠後期の中絶を認可し、第二のカーミット・ゴスネルに門戸を開くことになるとの懸念が出ている。

     12日に州下院司法委員会に提出された法案H57は、「個人の選ぶ権利」を妨げる規制を禁止し、中絶を実施または試みたことを理由に「いかなる個人」に対しても訴追を禁ずるものだ。

    0
    続き

    トランプ大統領のイランの見方

     外交辞令的物の言い方は、トランプ大統領のあまり得意とするところではない。しかし、米国の国家安全保障に対する脅威に気付く才能は素晴らしい。それには、文明社会は感謝してもいい。なぜ、米国が隣国イラクの監視所からイランを監視し続けなければならないかについて、大統領がぶっきらぼうに語るその言葉はテヘランのムラー(宗教的指導者)らを不快にしたが、米国や西側諸国は、それどころか米国の大統領の口から出る言葉を正確に、期待感をもって聞いた。このイスラム政権は西側諸国制圧の誓いを繰り返しているので、瞬きする間も惜しんで、警戒を続けなければならない。

     トランプ氏は今週、CBSニュースのインタビューに答えて、イランの行動を監視するために、イラクのアル・アサド空軍基地を維持するつもりだと語った。「引き揚げるどころか、紛争の多い中東のさまざまな場所をくまなく見晴らすには完璧な位置にあるのだ」と彼は言ったが、彼は「私はイランを監視できることを望んでいるので」という言葉が示すように、そのために、基地を維持したがっているのである。

    1
    続き

    米朝交渉に非核化原則強調

     2回目の米朝首脳会談がベトナムで行われるのを前に、ディック・チェイニー元米副大統領、ニュート・ギングリッチ元米下院議長らが、韓国・ソウルで開かれた国際会議で講演し、トランプ米政権に北朝鮮と交渉する上で、(1)強い意志を持って非核化など重要な内容で妥協しないこと(2)強固な米韓同盟関係を見せつけること――などを求め、北朝鮮ペースの交渉に陥らないように警鐘を鳴らした。(ソウル・岸元玲七)

    3
    続き

    軍隊でスマホ、4月から使用OKに

     スマートフォンでゲーム、インスタグラムにコメント、ユーチューブで動画視聴…。今や見慣れたスマホ利用は、韓国の軍隊でも見られる光景となりつつある。

     国防省が国防改革の一環として、4月から全国の部隊で兵士たちが日課を終えた後の時間と、週末に携帯電話の使用を許可するという。

    0
    続き

    京都府、京都大の本庶佑さんに特別栄誉賞を授与

     京都府は18日、ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の本庶佑特別教授に府特別栄誉賞を授与した。授与式後、取材に応じた本庶さんは「名誉ある賞をいただき、感謝する」と話した。

     授与式で西脇隆俊知事は「昨年は幾度も自然災害に見舞われ、多くの被害があった。ノーベル賞受賞という最も明るいニュースを提供いただき、広く府民に夢と希望、力と勇気、感動を与えていただいた」と述べた。

    0
    続き

    近代建築の巨匠ル・コンビュジエをテーマに

     2016年にユネスコ文化遺産に登録され、今年で開館60周年を迎える国立西洋美術館は19日、同館本館の設計者で20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエをテーマとした展覧会を開く。それに先立ち18日、報道陣を招いた開会式と内覧会を行った。

    0
    続き

    元横綱稀勢の里の荒磯親方、地元の牛久市で感謝

     大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)が18日、出身地の茨城県牛久市で後援会が開いた交流会に出席した。1月の初場所で引退後、初めて地元に帰ってきたそうで、集まった約400人を前にあいさつ。「苦しい時もつらい時もたくさん応援してもらい、本当に力になった」と謝意を述べた。

     閉会時刻を過ぎても、サインを求める長蛇の列が途切れず、再び着席。写真撮影や握手にも快く応じ、現役時代さながらの人気ぶりを見せた。

    1
    続き

    インド初の準高速鉄道の「一番」列車が牛と衝突

     インド初の準高速鉄道の「一番」列車が16日、線路に迷い込んだ牛と衝突し、故障するトラブルに見舞われた。列車は15日、最初の運行としてニューデリーを出発。ヒンズー教の聖地バラナシから折り返して戻る途中だった。

     鉄道当局によると、衝突で客車4両の電気系統とブレーキシステムが損傷。一時立ち往生したが、17日の商業運行開始までに「無事に」ニューデリーに到着したという。

    0
    続き

    名前はまだない! 無邪気なシロクマの赤ちゃん

     ドイツの首都ベルリンの動物園で14日、飼育員の前であどけない表情を見せる雌のシロクマ。

     生後11週で、名前はまだない。カメラを見詰める姿は無邪気で愛らしい。

    0
    続き

    「なぜ、学習するのか」

     最近、ふと、中学校1年生の最初の社会科授業を思い出した。

     「なぜ、学習するのか」

     先生が教室に入るなり黒板に大書したのが、この8文字だった。何が始まるのか分からず、きょとんとしている生徒たちに対し、先生は、ほとんど何の予備知識も与えないまま、端の列から一人ひとりの考えを聞き始めた。

    2
    続き

    匿名で登場する人物らがメディアについて…

     匿名で登場する人物らがメディアについて論じる座談会がある。大御所などを斬る本音の批判が結構受けるのだが、月刊誌「正論」に連載の「メディア裏通信簿」もその一つ。

     3月号ではフォトジャーナリストの広河隆一氏らを槍玉(やりだま)に挙げたほか、平成最後の元日付朝刊に朝日が掲載した「昭和天皇 直筆原稿見つかる 晩年の歌252首」のスクープ記事にも吟味を加えている。

    1
    続き

    フレイルを予防するために

    健康長寿医療センター社会参加と地域保健研究チームの藤原佳典研究部長

     『「フレイル」ってなに?~自立した老後を過ごすための予防、診断、対策~』をテーマに東京都健康長寿医療センター研究所主催の老年学・老年医学公開講座が東京都北区の「北とぴあ」でこのほど開かれた。同センター社会参加と地域保健研究チームの藤原佳典研究部長は「社会的側面からみたフレイル~外出と交流のススメ」についての実践と予防法を紹介した。

    0
    続き

    自衛官募集、自治体は協力を惜しむな

     安倍晋三首相が「自衛隊の新規隊員募集に対し、自治体の6割以上が協力を拒否している」と主張し、憲法9条への自衛隊明記を訴えたことについて、野党や一部メディアから事実誤認との批判が出ている。

     しかし、6割以上の自治体から協力を得られていないことは事実だ。少子化の影響などで自衛官の採用状況は厳しさを増している。自治体は協力を惜しむべきではない。

    少子化が進んで採用難

    1
    続き

    米兵のイラク駐留交渉に暗雲

     米国とイラクは6日、米軍の駐留継続に関する新たな合意をめぐる交渉を開始した。トランプ大統領は数日前、イラクの隣国イランを「監視」し、過激派組織「イスラム国」(IS)などのテロリスト復活を阻止するため、米軍を無期限に駐留させる計画を明らかにし、イラク高官の反発を招いたばかりだ。

     交渉は、米国主導の「イスラム国打倒のための世界連合」の今週の会合の一環として行われる。連合には、先陣を切ってISと戦ってきた79カ国が参加している。

    0
    続き

    ロシアとの核条約には中国を加えることが不可欠とトランプ氏

     米国とロシアによる冷戦時代のミサイル条約を時代遅れのものにしたのは、グローバルパワーとして台頭する中国の地位だった。トランプ米大統領は今週、米露の合意を維持する唯一の方法は、中国も急拡大する軍事力を制限することだと示唆した。

     軍備管理の専門家によると、トランプ氏が5日夜の一般教書演説で冷戦時代にロシアと結んだ中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を正当化した比較的短い一節は、大きく異なる現代の戦略環境に対し、とっくに消滅したソ連と交渉した核の条約を再構築することが、極めて複雑なテーマであることを認めるものだ。

    0
    続き

    ベルリン映画祭で日本作品が2部門で受賞

     ドイツ・ベルリンで開催中のベルリン国際映画祭で16日、審査結果が発表された。

     最高賞「金熊賞」は、フランスでイスラエル系移民の若者が苦悩する様子を描いたイスラエルのナダブ・ラピド監督の「シノニムズ」が受賞した。

    1
    続き

    平成を盛り上げた「ゆるキャラ」、PRに貢献

     平成に入って大きな注目を集めた「ゆるキャラ」。くまモンやひこにゃん、ぐんまちゃんといった着ぐるみのキャラクターたちが続々登場し、地域や企業のPRに一役買った。一方で、自治体による「組織票」騒動など過熱も指摘され、ブームは曲がり角を迎えている。

    0
    続き

    目で指で「読める」点字、渋谷区新庁舎に採用

     目でも指でも「読める」新たな点字の使用が始まっている。縦3点、横2点の組み合わせで表現する従来の点字に片仮名やアルファベットなどを重ね合わせ、点字が読めない人も意味を理解できる。発案したデザイナーは「見えない人と見える人の世界を同じツールでつなげたい」と話している。

    0
    続き

    大西卓哉さん「大きなチャレンジ、成功を」

     探査機「はやぶさ2」が22日、小惑星「りゅうぐう」への着陸・試料採取(タッチダウン)に挑む。運用チームを率いる宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一プロジェクトマネジャー(43)と東京大航空宇宙工学科で同期だった宇宙飛行士の大西卓哉さん(43)がインタビューに応じ、「彼なら必ずやってくれる。大きなチャレンジが続くが、ぜひ成功させてほしい」とエールを送った。

    0
    続き

    訪日客増加の大阪に個性派ホテルが続々と誕生

     訪日外国人旅行者の増加に沸く大阪で、個性派ホテルが続々と誕生している。1日にはエイチ・アイ・エス(HIS)グループが手掛ける「変なホテル」が関西で初オープン。恐竜型ロボットが出迎えるなど一風変わったサービスが特徴だ。地元商店街との連携を打ち出した「町ごとホテル」や、鉄道高架下を活用した施設も話題を集めている。

    0
    続き

    沖縄県民投票、辺野古移設めぐる混乱を懸念

     米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の是非を問う県民投票が告示され、24日に投開票される。

    昨年10月に条例制定

     県民投票は、埋め立てについて「賛成」「反対」「どちらでもない」の3択から選ぶものだ。法的拘束力はないが、最多得票の選択肢が全有権者の4分の1に達した場合、知事は首相と米大統領に結果を通知する。県の有権者数は約115万6000人なので、4分の1は約29万人となる。

    6
    続き