■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    G7サミット、中国への圧力で大きな成果

     ドイツ南部エルマウで開催された主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)は「自由と法の支配」を共通理念に一致結束するとの首脳宣言を発表した。

     さらに、中国やロシアを念頭に「力による領土の現状変更の試みを許さない」との姿勢を示し、両国を厳しく批判したことが最大の注目点と言える。

     埋め立てに「強く反対」

    0
    続き

    安倍晋三首相がウクライナの首都キエフを…

     安倍晋三首相がウクライナの首都キエフを訪問した際、出迎えたポロシェンコ大統領のマリーナ夫人の上着は、白地に左右の袖口と胴回りに赤いベルト風のアクセント、スカートはマゼンダピンクの赤一色。もちろん日本の国旗「日の丸」をイメージしたものだ。

     片や安倍首相が着用したネクタイは、青空と黄色の小麦畑をイメージしたウクライナ国旗の青黄2色の縞柄。現地メディアは「場に適した2人の服装が目を引いた」と伝えた。

    0
    続き

    関東甲信と東海地方が梅雨入り

     気象庁は8日、関東甲信と東海地方が梅雨入りしたとみられると発表した。

     関東甲信地方は平年と同じで、昨年より3日遅い。東海地方も平年と同じだが、昨年よりは4日遅い。

    0
    続き

    サッカー女子W杯、なでしこはあすスイス戦

     サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会で、連覇を狙う世界ランキング4位の日本代表(なでしこジャパン)は8日午後7時(日本時間9日午前11時)から、スイスとの1次リーグC組初戦に臨む。両国は初対戦。スイスは世界ランク19位でW杯初出場ながら、ドイツなどで活躍する選手も多く、その力は侮れない。

    0
    続き

    「王様と私」にミュージカル・リバイバル作品賞

     米演劇界最高の栄誉とされる第69回トニー賞授賞式が7日、ニューヨークで行われ、俳優の渡辺謙さん(55)が主演した「王様と私」がミュージカル・リバイバル作品賞を受賞した。渡辺さんはミュージカル主演男優賞にノミネートされていたが、受賞を逃した。同作品は他に共演のケリー・オハラさんがミュージカル主演女優賞、出演のルーシー・アン・マイルズさんがミュージカル助演女優賞を受けた他、ミュージカル衣装デザイン賞も受賞した。

    0
    続き

    事件現場で献花、安全な街づくりを誓う

     東京・秋葉原の歩行者天国で17人が無差別に殺傷された事件から7年を迎えた8日、現場の交差点には被害者の関係者や地元区長らが訪れ、花を手向けて犠牲者の冥福を祈るとともに、安全な街づくりを誓った。

    0
    続き

    天野浩教授、「LED導入で照明費節減を」

     青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞を受賞した天野浩名古屋大教授が8日、パリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部で講演し、「照明をLEDに置き換えていけば、日本では2020年までに合計7%の電気代を節約できる」などと経済性に優れたLEDの利点を訴えた。

    0
    続き

    「メガ恐竜展」開催、幕張メッセで7月から

     スペインで発見されたヨーロッパ最大の恐竜「トゥリアサウルス」の復元骨格の半身(高さ約9㍍)が8日、東京駅前の丸ビル1Fマルキューブに登場した。

    0
    続き

    断崖を登り切った驚異のクライマーたち

     ブラジルのリオデジャネイロ州にある「神の指」と呼ばれる岩山の頂上に小さく見えるのは、断崖を登り切ったクライマーたち。

     標高約1700メートルからの景色、想像しただけで足がすくみそう。(AFP=時事)

    0
    続き

    苦悩するアイルランドのカトリック教会

    地球だより

     アイルランドのローマ・カトリック教会は、5月22日実施された同性婚の合法化を明記する憲法修正案の是非を問う国民投票で完敗したが、あれから2週間が経過した。その痛みが次第に効いてきた。ボディーブローを受け続けたボクサー選手のようにだ。

    0
    続き

    桂宮親王の一周年祭 三笠宮殿下御夫妻ら御参列

     桂宮親王が亡くなられて1年となる8日午後、東京都文京区の豊島岡墓地で「墓所一周年祭の儀」が営まれ、喪主で父の三笠宮殿下(99)と同妃百合子殿下(92)、皇太子殿下御夫妻ら皇族方が参列された。

     完成した桂宮さまの墓は直径3メートルの石造りの円丘で、敷地面積は約206平方メートル。費用は約9600万円だった。

    0
    続き

    雨にも負けず風にも負けず暑い夏の日差しにも…

     雨にも負けず風にも負けず暑い夏の日差しにも寒い冬の雪にも負けずに毎日、安全ヘルメットに身を固めて自転車通勤している友人がいる。自力で思うままに操れる、こんな便利で楽しいものはない。自転車は健康と体力の維持に必要な身体の一部だという。

     運転免許も要らなくて手軽に乗れる自転車だが、今月からは悪質・危険な運転者を取り締まる改正道路交通法が施行されている。悪質な運転者には、安全講習の受講が義務付けられた。

    0
    続き

    Russian bomber flights buzzing U.S. airspace doubled last year ロシアの米領空への接近が倍増

    The number of long-range Russian strategic bomber flights that buzzed U.S. airspace doubled last year from their norm, forcing American jets to frequently scramble and capturing the attention of hawks in Congress who believe the Kremlin is sending a veiled warning to President Obama to keep out of its affairs in Ukraine.

    0
    続き

    沖縄地元紙や翁長知事が隠す「県民自ら差し出した」米軍基地の存在

     沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事がさきほど訪米したが、米軍普天間飛行場の「辺野古移設」反対の主張は一蹴され、何ら成果なく帰国した。

     いずれの国も安全保障は国の専権事項だから分かりきった「訪米大失敗」(コラムニスト、江崎孝氏=本紙5日付「沖縄時評」)だった。血税の無駄遣いと言うほかあるまい。東京5日付社説は「沖縄知事訪米 辺野古阻止への一歩に」と翁長知事を持ち上げるが、何ら説得力はない。

    0
    続き

    齢者地方移住、一極集中是正へ有力な施策

     民間有識者でつくる日本創成会議は、東京圏で高齢者が急増し、2025年に介護施設が約13万床不足するとの推計をまとめ、その解決策として、東京圏に住む高齢者の地方移住を促進するよう提言した。

     東京圏での介護施設不足は今のうちに手を打たなければならない切実な問題だ。また人口減や「地方消滅」は、東京一極集中が是正されない限り克服は難しい。創成会議の提言は、これらの課題に対処する有力な施策の一つとして推進する価値のあるものだ。

    0
    続き

    英王室、ロイヤルベビー兄妹の写真を初公開

     英王室は6日、ウィリアム王子とキャサリン妃の間に5月2日に誕生したシャーロット王女と、兄のジョージ王子(1)のツーショット写真4枚を初公開した。

     王女の誕生から約2週間後の5月中旬、東部ノーフォーク州のアンマーホール邸でキャサリン妃が撮影した。ジョージ王子が膝に抱いたシャーロット王女の顔にキスしたり、優しく見つめたりする様子が写されている。(ロンドンAFP時事)

    0
    続き

    EU、大量難民流入に恐々

     地中海に面したイタリアやギリシャに漂着する難民密航船の急増を受け、欧州連合(EU)は初となるEU条約の緊急対応メカニズムを発動する構えだ。欧州委員会は亡命難民の移動を加盟国に割り当てる方針を固めているが、受け入れに難色を示す国も出てくる可能性がある。今や難民問題は、EUの主要テーマの一つになりつつある。(パリ・安部雅信)

    0
    続き

    G7サミット、ドイツの保養地エルマウで開幕

     先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)が7日午後(日本時間同日夜)、ドイツ南部の保養地エルマウで開幕した。

     安倍晋三首相は外交・安全保障問題を扱う同日の夕食会で、中国による人工島造成で緊張が高まる南シナ海情勢問題を提起。政府軍と親ロシア派の衝突が続くウクライナ情勢とともに「力による現状変更を認めない」との立場を訴える。(エルマウ〈ドイツ南部〉時事)

    0
    続き

    御嶽山で恒例の山開き式、慰霊祭も実施

     昨年9月の噴火で死者57人、行方不明者6人の被害を出した御嶽山(岐阜、長野両県境)の岐阜県下呂市にある登山口で7日、恒例の山開き式が行われた。式に先立ち慰霊祭も実施され、出席者らが黙とうをささげた。

    0
    続き

    京野菜「桂ウリ」のエナジードリンクを開発

     京都府は、京野菜の「桂(かつら)ウリ」を使ったエナジードリンクを府立大や民間企業と共同で開発した。疲労回復に効くとされる桂ウリの特性を生かした商品で、京野菜の発がん抑制効果などの研究活動の一環。

     宇治市の食品開発会社が桂ウリのピューレを開発し、東京でジューススタンドを展開する企業が商品化。豆乳と桂ウリをべースに、キュウリやアーモンド、バナナなどをブレンドして味を調えた。

    0
    続き

    自転車に乗ってパレードする人々、何者?

     3日、フランス西部ナントで、自転車に乗ってパレードする人々。

     年末にパリで開かれる国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)を前に、自転車の利用促進を話し合うために集まった。(AFP=時事)

    0
    続き

    モディ政権の1年と日本 印経済を活性化、外交でも成果

    大阪国際大学名誉教授  岡本幸治氏に聞く

     2014年5月の総選挙でインド人民党が勝利を収め、首相に就任したナレンドラ・モディ氏は、経済発展に成功したグジャラート州首相時代の経験を生かし、インドの経済振興、安全保障の確立を目指している。モディ政権の1年について、インド情勢に詳しい岡本幸治・大阪国際大名誉教授に伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    0
    続き

    佳子殿下、研究船進水式に御出席

     初の地方単独公務で山口県下関市を訪れている秋篠宮殿下御夫妻の次女佳子殿下は7日午前、三菱重工業下関造船所で行われた海底広域研究船の命名・進水式に出席された。

     式典で、佳子さまが造船所と船をつなぐ紅白の綱を手渡されたおので切られると、シャンパンが船首にぶつかって割れ、船がゆっくりと滑り出した。佳子さまは船が進むのを拍手で見守られた。船は「かいめい」と命名された。

    0
    続き