■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    「ググっとぐんま観光キャンペーン」を展開

     群馬県はJR東日本などと連携し、10月から12月まで「ググっとぐんま観光キャンペーン」を展開する。

     5000円分を2500円で購入できる群馬プレミアム宿泊券を9月に14万7000枚販売。温泉地などへの宿泊を促す。期間中の観光客数の目標は、前年同期比5%増の1682万人。

    0
    続き

    スペインのレティシア妃のバービー

     10日、スペインのレティシア妃をイメージしたバービー人形が、マドリードで報道陣にお披露目された。

     販売用ではなく、NGOを通じて王妃本人に贈られる。(EPA=時事)

    0
    続き

    「秋出水(でみず)稲の穂首をとらへたり」…

     「秋出水(でみず)稲の穂首をとらへたり」(鈴木玉●〈=札の木を虫に〉)。「秋出水」という季語について、稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』では「台風季の豪雨によって、秋も出水が多い。単に『出水』といえば夏季、五月雨(さみだれ)ごろの出水をさす」と説明している。

     昨日の早朝、東京湾を震源とする地震(東京都調布市で震度5弱)があり、朝に弱い気流子もさすがに驚いて目が覚めた。関東・東北地方で豪雨による川の堤防の決壊で被害が出ていたため、なおさら驚きが大きかった。

    0
    続き

    消費税還付案、誰のための負担軽減策か

     2017年4月に予定されている消費税率10%への引き上げに関して財務省が負担軽減案をまとめた。

     消費者に過大な負担を強いるものであり、とても負担軽減策とは呼べない。過去の消費税増税が及ぼした経済への悪影響に対する反省も見られない。負担感の大きい低所得者が恩恵を受けられるか疑問である。

    マイナンバーを活用

    0
    続き

    天皇陛下がお稲刈り

     天皇陛下は11日午後、皇居内の生物学研究所脇にある水田で恒例の稲刈りをされた。

     陛下はグレーの開襟シャツとズボンに長靴を履き、5月に植えたもち米のマンゲツモチ計40株をしゃがんで丁寧に刈り取られた。宮内庁によると、今年の作柄は平年並みという。収穫した稲は新嘗祭などに使われる。

    0
    続き

    CTBTO事務局長、北と昨年接触

     北朝鮮は来月10日の労働党創建70周年前後にミサイル実験か4回目の核実験を実施するのではないかという噂が流れている。外電によると、北朝鮮の寧辺核関連施設にある黒鉛減速炉や再処理施設周辺で車両の動きが活発化しているという。プルトニウムを抽出する再処理作業を準備しているという情報も流れている。

     ちなみに、2013年9月、寧辺の5kw黒鉛減速炉周辺の上空から放射性希ガスが検出されたという情報が流れた。その時、「核兵器の生産に直結する使用済み燃料棒の再処理施設が稼動した可能性は考えられるが、黒鉛減速炉は古く、再稼動させたとしても余り大きな成果は期待できない」(国際原子力機関=IAEA元査察官Y・アブシャディ博士)という専門家の声も聞かれた。

    0
    続き

    鈴木大地氏、「五輪後」へ問われる手腕

     スポーツ行政のかじ取り役を託された鈴木大地氏は、48歳の若さながら多方面で豊富な経験がある。21歳で出場した1988年ソウル五輪の男子100メートル背泳ぎでは、競泳の日本勢として16年ぶりの金メダルを獲得。スタートから水中を潜って進む「バサロ泳法」が日本中に広く知れ渡り、国民的ヒーローとなった。

    0
    続き

    日本政府、インドの新メトロに1130億円借款

     日本政府がインド西部グジャラート州でのメトロ(鉄道)建設に総額約1130億円の借款を供与する方針を固めたことが11日、分かった。9月中にも第1段階として800億円規模の借款を表明する見通し。日本によるインドでのメトロ建設支援はこれまでの分を合わせ、総額1兆円を超えることになる。

    0
    続き

    朝ドラヒロインがバトンタッチセレモニー

     NHK連続テレビ小説のヒロインのバトンタッチセレモニーが10日、大阪市のNHK大阪放送局で行われた。28日から始まる「あさが来た」で主人公あさを演じる波瑠さん(24)は、「まれ」の土屋太鳳さん(20)から大きなケーキをプレゼントされ、「かわいい」と大喜びだった。

    0
    続き

    Hillary Clinton breaks with Obama, threatens war to enforce Iran deal クリントン氏、イラン核合意でオバマ氏と距離

    Democratic presidential front-runner Hillary Rodham Clinton tempered her support for President Obama’s nuclear deal with Iran by pledging Wednesday that, if elected, she would back it up with the threat of military action, subtly breaking with the war-averse president she served as secretary of state.

    0
    続き

    濁流で水浸しとなった平野、押し流される住宅…

     濁流で水浸しとなった平野、押し流される住宅、屋根に上って助けを求める人。関東・東北地方を襲った豪雨は、わが目を疑うような被害の惨状を残した。11日夜の時点で3人が死亡し、22人が行方不明となっている。

     この大雨が襲う前の9日未明、NHKスペシャル「巨大災害Ⅱ 日本に迫る脅威 第1集 極端化する気象~海と大気の大変動~」が再放送された。番組は将来、かつてない規模の豪雨が日本を襲い大変な被害をもたらすと予想、大洪水で家が流される場面をCGで表現していた。

    0
    続き

    豪雨災害、森林整備など総合的対策を

     関東や東北地方を襲った記録的な豪雨で、各地に深刻な被害が出ている。鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では22人が行方不明となった。

     宮城県大崎市では渋井川の堤防が決壊し約1000人が住む地区が冠水、多数の住民が取り残されている。救助・捜索活動が急がれる。

    鬼怒川の堤防が決壊

    0
    続き

    吉田沙保里、死闘の末に活路を開く

     敗北が頭をよぎる死闘だった。マットソンとの決勝を制し、世界大会16度目の頂点に就いた吉田は息が乱れ、膝に両手をついたまま動けなかった。6分間の攻防の末、その差はわずか1点。「危ない。途中で負けるかと思った」と言うほど、苦しめられた。

    0
    続き

    村上春樹氏の新著「職業としての小説家」発売

     紀伊國屋書店は10日、初版10万冊のうち9万冊を買い取った村上春樹氏のエッセー「職業としての小説家」(スイッチ・パブリッシング刊)を発売した。自社店舗で販売するほか、取次店を通して他の書店にも供給する。

    0
    続き

    四高の道場「無声堂」で8段剣士が稽古会

     愛知県犬山市の博物館明治村で10日、剣道8段の熟練剣士による稽古会が開かれた。

     稽古会実行委員会によると8段の資格を持つ剣士は、全国で500人ほどしかいないという。昇段試験の合格率は1%以下の難関だ。限られた精鋭18人が、明治村内に保存・展示されている旧制第四高等学校(金沢)の武術道場「無声堂」に集まった。

    0
    続き

    米アップル、新型iPhoneを25日に発売

     米アップルは9日、サンフランシスコで開いた発表会で、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「6s」と「6sプラス」を25日に日米など12カ国・地域で発売すると発表した。12日から予約を受け付ける。

    0
    続き

    和田賢一「花鳥風月」展

     静岡県沼津市を拠点に、「日本の美」を追求し発信する写真家・映像作家の和田賢一さんが、今月17日(木)から沼津市岡宮1205-2の第一建設沼津モデルハウスiSAlで「和田賢一 『花鳥風月』展~写真映像・絵本・文学~」を開く。(入場無料。10月12日まで、火・水休み)。

    0
    続き

    万引きが増えるモスクワ

    地球だより

     ロシアの友人が日本を訪れて度肝を抜かれたことは、「監視人も監視カメラもない無人の野菜販売の露店がある」ことである。

     モスクワでは近年、郊外に外資系などの巨大スーパーマーケットがいくつも営業しており、買い物客が大型のカートに食料品を山盛りにして、レジに長い列をつくっている。週末に1週間分の食料品をまとめ買いする人々が多い。

    0
    続き

    米国だけに寄り添えぬ韓国

    韓国紙セゲイルボ

     「韓国が米軍の駐留をどれくらい容認するのか」―。カナダ日刊紙「ザ・グローブ&メール」で論客チャールズ・バートンは、中国の抗日戦勝利記念日閲兵式以後に起こる問題をこのように指摘した。閲兵式後、中国共産党機関紙環球時報(ウェブ版)はこのコラムを紹介して関心の高さを示している。

    0
    続き

    難民と人々の出会いのスケッチ

     オーストリア最大の難民収容所トライスキルヒェに入ったアフガニスタンの青年は、「難民が多くて、テント生活を強いられているが、3度の食を与えられ、薬ももらえる。オーストリア政府には感謝している。なんといってもここは安全だからね」(オーストリア国営放送ニュース番組で)と答えていた。

     青年は長い道を歩いてオーストリアにたどり着いたのだろう。その間、どのような辛いことがあったか、外からは分からないが、青年の明るい顔と収容所側のオーストリアに感謝する姿勢には救いを感じた。

    0
    続き

    「特急」「快速急行」「急行」「通勤急行」「快速」…

     「特急」「快速急行」「急行」「通勤急行」「快速」「通勤準急」「準急」「各駅停車」。西武池袋線の列車種別だ。8種類ある。以前は「通勤快速」「区間準急」があって10種類だった(所澤秀樹著『「快速」と「準急」はどっちが速い?』光文社新書)。

     毎日利用する人は分かっているだろうが、それでも種類が多過ぎる。初めて東京へ来た人が、私鉄の特急もJR同様、特急料金が必要と思って乗らなかった、という話も聞く。ちなみに西武線の「特急」は、例外的に料金が必要だ。小田急ロマンスカーも有料。

    0
    続き

    河川の氾濫を御心配

     天皇、皇后両陛下は10日、来日したウガンダのムセベニ大統領夫妻と皇居・宮殿で会見し、昼食を共にされた。昼食会には皇太子殿下と秋篠宮殿下御夫妻も同席された。

    0
    続き

    野党再編、有権者の失望を招くだけだ

     維新の党の分裂に向けた流れの中、年内の野党再編が模索されている。

     しかし、「第三極」を標榜していた日本維新の会とみんなの党の再編派が党を割って結党した維新の党が内紛で再び分裂するという、縮小再生産的な過程を見れば、民主党に復党・吸収され、有権者の失望を招く可能性が高い。

     民主と維新が協議機関

    0
    続き