■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    農水省が全国で「スマート農業」の実証実験

     農林水産省は、ドローン(小型無人機)や無人トラクターを使った「スマート農業」の実証実験を全国の農地で始める。農家の高齢化や人手不足といった課題に対応するほか、生産性向上により農作物の国際競争力を高める狙い。

    0
    続き

    コシノ3姉妹の岸和田市内の生家が食堂に

     ファッションデザイナーのコシノ3姉妹の大阪府岸和田市内の生家が食堂に生まれ変わり、27日にオープンする。姉妹の母小篠綾子さんはNHK連続テレビ小説「カーネーション」のモデル。母の名にちなんだ「アヤコ食堂」には姉妹の思い出のメニュー「アヤコさんの玉子焼」や「鶏だしおでん」などが並ぶ。

    0
    続き

    ケネディ前駐日大使「日米同盟の未来、沖縄に」

     外務省による交流事業で訪米している沖縄県出身の大学生や高校生ら約20人が25日、ケネディ前駐日米大使とニューヨークで懇談した。ケネディ氏は「日米同盟の未来はまさに沖縄に懸かっている」と強調。再び訪米し、米国についてもっと学んでほしいと呼び掛けた。

    0
    続き

    「政府追従」イメージ脱却を 自民党県連大会で会長に中川県議選出

     自民党沖縄県連は23日、那覇市で県連大会を開き、副会長の中川京貴県議(56)を会長に充てる人事を承認した。4月21日に投開票される衆院沖縄3区補選、夏の参院選で議席奪還に向け、政府追従のイメージからの脱却を図るとともに、一枚岩の態勢づくりが急務だ。(沖縄支局・豊田 剛)

     「こんなにも早く中川氏に順番が回るとは思ってもみなかった」。県連会長経験者がつぶやいた。

    2
    続き

    政治利用されるジュゴンの死

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄で生息していたジュゴンの死骸がこのほど発見された。沖縄本島で3頭確認されているうちの1頭だ。

     死骸が漂着したのは、沖縄本島東海岸の辺野古から遠く離れた西海岸の運天漁港沖(今帰仁村)だ。漁協の組合員が発見した時は、頭部や胸ビレに傷、出血が見られ、ところどころ皮がむけた状態だったという。

    5
    続き

    駆け足だったが、先週末に伊勢神宮と熊野三山…

     駆け足だったが、先週末に伊勢神宮と熊野三山をお参りした。日本を代表する聖地を訪ね、日本人の信仰と文化についていろいろと考えさせられた。

     熊野といえば中世の白河上皇ら歴代上皇の熊野御幸(ごこう)が有名だが、その後は一般庶民も盛んに詣でるようになった。白装束の参詣人が列を成して熊野古道を行くさまを「蟻(あり)の熊野詣(もうで)」と呼んだ。障害を持つ人やハンセン病を患う人も多く詣でたという。

    1
    続き

    IT駆使し国民を監視、ウイグル族への弾圧強化

     米国のサム・ブラウンバック大使(信教の自由担当)はワシントン・タイムズとのインタビューで、中国が、顔認証技術などITを使って国民への監視を強化する一方で、イスラム教徒の少数民族ウイグル族などを教育と称して施設に強制収容していることを非難した。

    5
    続き

    タイ総選挙、民政復帰後に山積する課題

     クーデターによって発足した軍事政権が5年続いた後、ようやくタイで民政復帰に向けた総選挙(下院、定数500)が実施された。

     タクシン元首相派のタイ貢献党が第1党となったものの、他党を圧倒する往年の独走態勢とはならず、軍政を引き継ごうとする国民国家の力党が第2党となった。一方、伝統ある民主党は大きく失速した。

    暫定首相の続投確実に

    1
    続き

    「天晴」「天政」「天星」、謎の元号「てんせい」

     日本の歴史上、採用されたことがない「てんせい」と読む元号が、高知県内の石造物や文書などに残されている。漢字表記は「天晴」「天政」「天星」の3種類。「明治」に改元される直前に土佐藩の一部集落で使われていたことが分かっているだけで、詳細は謎だらけだ。

    0
    続き

    東京パラリンピック、3人1組で聖火リレー

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、来年8月に行われるパラリンピック聖火リレーと関連行事の概要を発表した。期間は五輪閉幕直後の8月13日からパラリンピック開会式がある25日までの13日間。共生社会実現への契機にしようと、原則として初めて出会う3人が1組になってリレーする方式を採用する。

    0
    続き

    歌手の森昌子さん、年内で引退へ

     歌手の森昌子さん(60)が年内で引退することが25日分かった。現在行っている全国ツアーは予定通り12月まで続けるという。

     森さんは公式サイトで、「昨年還暦を迎えるに当たり、もう少し穏やかな時間の中で芸能活動以外のことに時間を使って人生を充実させたいと思うようになりました」とコメントした。

    0
    続き

    日本初、世田谷線で再エネ100%の列車を運行

     東京急行電鉄は25日、東京都世田谷区を走る世田谷線で再生可能エネルギー100%の電力で列車の運行を始めた。再エネ100%の電力で都市列車を運行するのは日本初だという。

     東急によると、世田谷線で使われる再エネは地熱や水力で、東北電力グループから供給される。列車の運行に必要な電力量を常時上回る再エネの発電量を維持する契約を結び、100%化を実現。一方、電気料金単価は割高になる。

    0
    続き

    1万5858個のダイヤ、輝く花形の腕時計

     スイス北部バーゼルで開催されている時計と宝飾品の見本市で22日、ダイヤモンドが随所にちりばめられた花形の腕時計が披露された。

     使用されたダイヤは1万5858個にも上るという。

    0
    続き

    拡散するアラブ陰謀説

     フランスは2015年からイスラム過激派によるテロが何度も起きたことから、テロと言えば、イスラム系アラブ移民が起こすものと思われがちだ。しかし、実はイスラム教礼拝堂モスクやユダヤ教礼拝堂シナゴーグが襲撃される事件もあり単純ではない。

    0
    続き

    日本の拠出は中国人事務局長の言いなり

     米英仏など先進主要国が国連工業開発機関(UNIDO)から次々と脱退した今日、日本はUNIDOの数少ない貴重なドナー国だ。不思議なことは、李勇事務局長(元中国財務次官)がUNIDOのトップに就任して以来、在ウィーン国際機関の北野充日本政府代表部大使は積極的にUNIDOに資金を提供している。ウィーンの国連関係者からは、「李事務局長の言いなりに日本は資金を提供している」との指摘も出ている。(ウィーン・小川 敏)

    9
    続き

    伝統芸能の「加賀宝生」を小・中学生が継承

     伝統芸能の能楽「加賀宝生(かがほうしょう)」(市指定無形文化財)が盛んな金沢市では、貴重な文化を子供たちに受け継いでもらおうと、「加賀宝生子ども塾」を開講している。塾生は小・中学生たちで、2年間かけて一流の講師陣から基本的な所作や礼節を学び、年1回、保護者や関係者の前で発表会を開き、その成果を披露している。今年度の発表会が3月10日、石川県立能楽堂で行われた。(日下一彦)

    0
    続き

    都の「性教育の手引」改訂版、指導要領超える授業例を掲載

     児童生徒の発達段階に応じた性教育の実践のため、東京都教育委員会(都教委)が学校での指導事例などをまとめた「性教育の手引」(以下、手引)の改訂版が3月中に公表される。改訂版にはネット上のトラブルなど現代的な問題への対応のほか、文部科学省の「学習指導要領」(指導要領)を超えた指導を行う際の対応についても掲載する。指導要領を超えた授業では、偏った内容になることを懸念する声もある。(社会部・石井孝秀)

    1
    続き

    「イスラム国」制圧、再興許さぬ軍事的圧力維持を

     米軍の支援を受けるシリアのクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍(SDF)」は、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配していたシリア東部バグズを制圧したと宣言した。

     バグズはシリアに残されたISの最後の拠点とされ、支配領域を持つ疑似国家としてのISは崩壊した。

     残党はいまだ数万人とも

    0
    続き

    保護者と教師のバランス感覚重要

    教育現場を生き抜くためのコミュニケーションスキル

    臨床心理士の島崎美咲氏が講演

     教員志望者のための人材育成講座「こんぺいとうゼミ」(NPO法人BOON主催)の講演会が、このほど都内で開かれた。「保護者との関係」、そして「自分の精神的健康を守っていくため」のコミュニケーションスキルをいかに向上させていくかについて、臨床心理士の島崎美咲さんが語った。

    0
    続き

    三つの“卒業式”

     卒業式シーズンもほぼ終わり、卒業生は入学式や入社式まで、多少の不安を抱えながらも新しい生活に胸をときめかせる時期を迎える。それは春にふさわしい風景だ。

     ここ1週間の間に、筆者は三つの“卒業式”を目の当たりにした。最初は孫の卒園式だ。母親に纏(まと)わり付いたり、むずかったりする幼児が多く騒々しかった入園時とは違って、一人ひとり名前を呼ばれて、しっかりと卒園証を受け取る姿を見て、その成長ぶりに驚かされた。

    3
    続き

    強い春風が収まると、ようやく暖かな春めいた…

     強い春風が収まると、ようやく暖かな春めいた日とともに桜の季節が巡ってきた。東京の標本木である靖国神社のソメイヨシノに開花宣言が出たのは春分の日だった。満開となる今週末あたりからこの花は、ピンクに染まったあでやかな風景で人々の心を浮き立たせるであろう。

     咲き誇る華麗な様に酔い楽しむ期間は長くなく、次は人々の心にはかなさと潔さを残して散っていく。桜前線はこうして列島を北上するが、春を感じさせるのは桜ばかりではない。

    0
    続き

    インドネシア初の地下鉄、ジャカルタに完成

     インドネシアの首都ジャカルタで建設が進められていた大量高速鉄道(MRT)が完成し、24日に開業式典が開かれた。設備から運行システムまでの全てを日本企業が受注した事業で、一部区間は国内初の地下鉄として走る。国際協力機構(JICA)によると、「オールジャパン」のインフラ輸出で地下鉄が開通するのは東南アジアで初めて。

    0
    続き

    今年は平成最後の花見、早咲きのサクラ満開

     東京都千代田区の国立劇場東側の内堀通りでは24日、開花の早い神代曙や駿河桜が満開。外国人観光客をはじめ多くの人が訪れ、桜並木の下の散歩や、近くの千鳥ヶ淵でのボートなどを楽しんだ。

     周辺で10年以上ボランティアのガイドをしている神山廣信さん(81)は「今年は平成最後の花見。見頃を迎える今週後半から週末にかけては例年以上の混雑が予想される」と話している。

    2
    続き