■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    「8888」で始まる幸せを呼ぶ1ドル札

     17日、米財務省で行われた記者会見でお披露目された記番号が「8888」で始まる1ドル札。

     中国で縁起が良いとされる「8」が並んだ「幸運の紙幣」として特別に包装され、18日から1枚5.95ドル(約730円)で8万8888枚が売り出される。(AFP=時事)

    0
    続き

    故高円宮殿下の例祭、三笠宮殿下御夫妻ら御参列

     2002年に47歳で亡くなられた高円宮殿下の例祭「墓所祭」が命日の21日、東京都文京区の豊島岡墓地で行われた。

     高円宮妃久子殿下(62)と長女の承子殿下(29)、次女の千家典子さん(27)、三女の絢子殿下(25)、父の三笠宮殿下(99)、母の百合子殿下(92)らが参列し、墓前で拝礼された。

    0
    続き

    「雪近し蓆かけたる干大根」(鮫島交魚子)…

     「雪近し蓆かけたる干大根」(鮫島交魚子)。陰暦の11月を霜月(しもつき)というが、その意味は文字通り「霜が降る」月ということになる。いかにも日本の自然を反映した表現で、11月という言い方よりは味わいがある。

     季節感があふれた表現は俳句の季語によく残っていて、11月も「初冬」「神無月」「神の旅」「初時雨」「冬めく」「初霜」など枚挙にいとまがない。ちょっとした気温の変化や自然の移り変わりに敏感に反応して、それにふさわしい言葉を選んで当てはめた昔の日本人の姿が浮かんでくる。

    0
    続き

    「力の空白」を突く中国、日米機軸に地域連携が緊要

    緊張 南シナ海(5)

     安倍晋三首相は19日、ともにアジア太平洋経済協力会議(APEC)参加のためフィリピン訪問中のオバマ米大統領と会談し、「盤石な日米同盟をアジア太平洋、国際社会の平和、安定、繁栄のために一層活用していきたい」と伝え、中国が南シナ海で進める人工島造成への反対で日米が連携することを確認した。

    0
    続き

    辺野古移設、日本全体の安全保障に必要

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐる安倍政権と沖縄県の翁長県政の対立は法廷に持ち込まれた。

     政府は辺野古沿岸部埋め立て承認を翁長雄志知事が取り消し処分としたのは違法だとして、県に代わって国が処分を撤回する「代執行」に向けた訴訟を福岡高裁那覇支部に起こした。

    政府が沖縄県を提訴

    0
    続き

    悠仁殿下、音楽劇で御演奏

     秋篠宮殿下御夫妻の長男悠仁殿下(9)は20日、お茶の水女子大付属小(東京都文京区)の音楽会に参加し、合唱や楽器演奏を披露された。 されたのは、3年生全員による「星空のメッセージ」という音楽劇。他の星からの侵略者と出会った子供たちが音楽の力で和解するストーリーで、配役や台本は児童で話し合って決めたという。

    0
    続き

    小笠原諸島・西之島の噴火確認から2年

     小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)の噴火確認から2年となった20日、海上保安庁は同島の観測結果を公表した。火山活動は依然として活発で、担当者は「2年間も継続してマグマが供給されるのは珍しい。毎月観測のたびに島の様子が変わっている」と語る。面積は噴火前の旧西之島の約12倍に拡大した。

    0
    続き

    鄧小平以来の内海計画 中国、核戦力で覇権狙う

    緊張 南シナ海(4)

     中国は、南シナ海の島しょの領有権と海底資源の排他的権利を一方的に主張しながら、周辺沿岸国から武力で強引に奪う無法行為を繰り返している。

    0
    続き

    文化審、近衛文麿旧宅が史跡に

     文化審議会(宮田亮平会長)は20日、東京都杉並区にある荻外荘(近衛文麿旧宅)や高知市の土佐藩主山内家墓所など9件を国の史跡として新たに指定するよう馳浩文部科学相に答申した。

     名勝には千葉県銚子市の屏風ケ浦と、史跡にも選ばれた茨城県常陸太田市の西山御殿跡(西山荘)を選定。屏風ケ浦を含む天然記念物5件と、登録記念物3件の新規登録も求めた。いずれも近く答申通り指定される。

    0
    続き

    カナダの探鉱会社が1111カラットのダイヤ発見

     カナダのダイヤモンド探鉱会社は18日、1111カラットのダイヤモンドの原石が、アフリカ南部ボツワナで見つかったと発表した。1905年に南アフリカで見つかった3106カラットの「カリナン・ダイヤ」に次ぎ、史上2番目の大きさ。

    0
    続き

    露ドーピング問題、ウミを徹底的に洗い出せ

     世界のスポーツ界を大きく揺るがせたロシア陸上界の組織的ドーピング問題は、国際陸上競技連盟(IAAF)がロシア陸上競技連盟(ARAF)に暫定的資格停止処分を下すという事態を招いた。

     国家機関ぐるみと言われる旧ソ連時代からの露スポーツ界の積年のウミを徹底的に洗い出すべきだ。

     組織的な反倫理行為

    0
    続き

    ISISとの地上戦へ陸軍、海兵隊増強を-新ブッシュ・ドクトリン/The new Bush doctrine: Expand Army, Marine Corps for ground fight vs. ISIS

     共和党大統領候補ジェブ・ブッシュ氏は18日、強まるテロの脅威に関して国家安全保障の問題点を指摘、米地上軍を投入して、テロ組織「イスラム国」を「殲滅」することを求めた。

     ブッシュ氏は、サウスカロライナ州チャールストンの軍事大学シタデルでの演説で「米国は直ちに、世界の同盟国を率いて、ISIS(イスラム国)を圧倒的力で殲滅すべきだ」と語った。

    0
    続き

    韓国の検察が、いわゆる従軍慰安婦問題を…

     韓国の検察が、いわゆる従軍慰安婦問題を扱った学術書『帝国の慰安婦―植民地支配と記憶の闘い』の著者、世宗大の朴裕河教授を、名誉毀損罪で在宅起訴した。元慰安婦らが昨年6月、同書によって名誉を傷つけられたとして刑事告訴していた。

     何より学術的な研究が刑事裁判の対象となることに違和感を覚える。異論があれば学問的な論争を通じて解消すべきだとする韓国のメディアもある。

    0
    続き

    恐ろしい聖戦思想

    地球だより

     過激派組織「イスラム国(IS)」は、ロシアの旅客機墜落事件と仏の首都パリでの同時多発テロ事件を起こしたとみられ、改めて世界中を震撼させた。

     エジプト人の「人懐っこさ」があだとなった空港の管理体制の甘さも指弾されたが、より根源的な原因は、ISを含む過激派組織が持つイスラム教の聖戦思想だろう。

    0
    続き

    デモ隊は何のために決起したか

    韓国紙セゲイルボ

     「傘!」。民衆総決起があった14日午後、前線で警察と対峙(たいじ)していたある参加者が記者を見て大声を張り上げた。

     思わず差していた雨傘を渡すと、彼はそれを槍のようにして警察車両の壁に突進した。風車に立ち向かうドン・キホーテが思い浮かんだ。しかし、風車の前で無力だったドン・キホーテの槍とは違い、傘は攻守両面で有用な道具として活用された。

    0
    続き

    東京・元赤坂の迎賓館、来年4月から一般公開

     菅義偉官房長官は19日午後、東京・元赤坂の迎賓館を訪れ、来年4月から同館を一般公開する考えを明らかにした。同2月に約2週間の試行期間を経た上で、1日約2000人を上限に、年間150日間程度、開放する方針だ。

    0
    続き

    「今年最も輝いた男性」にラグビーの五郎丸

     各分野で今年最も輝いた男性をたたえる「GQメン・オブ・ザ・イヤー2015」にラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で活躍した日本代表のFB五郎丸歩選手(ヤマハ発動機)らが選ばれ、19日に東京都内で授賞式が行われた。

     授賞式にタキシード姿で登場した五郎丸選手は、「この賞は個人としてではなく、日本ラグビー界を代表して受けようと思う。ファンと代表のメンバーに喜びを伝えたい」と語った。

    0
    続き

    多摩産材で木工作品コンクール、10校が受賞

     東京都主催の「第1回 多摩産材木工・工作コンクール」の表彰式が18日、都庁で行われた。同コンクールは、都内の小学生に多摩産材を通して森林の役割や木材の意義を学んでもらおうと企画されたもの。34個の応募作品の中から10校が受賞した。

    0
    続き

    国連総長訪朝、核・人権解決の覚悟問われる

     潘基文国連事務総長が北朝鮮を訪問する可能性が取り沙汰されている。実現すれば最高指導者の金正恩第1書記との会談が予想されるが、国際社会は核開発や人権侵害などの諸懸案でどこまで突っ込んだ話し合いをするのか注目している。

     大統領選への布石か

    0
    続き

    「金曜深夜0時40分」などという言い方がある…

     「金曜深夜0時40分」などという言い方がある。これは土曜日の午前0時40分のことを指しているのだが、なぜか前日の金曜日であるかのように言われる。

     恐らく、本当は土曜日の未明だと承知していても、金曜日の深夜のような感覚があるためではないか。金曜日から土曜日へと日付が変わっていても、金曜日からの時間が連続しているとした方が実感しやすいのだろう。深夜起きている人々が多くなったことも背景にありそうだ。

    0
    続き

    ISの反撃、パリ同時多発テロ イスラム指導者は過激思想排除を

     過激派組織「イスラム国(IS)」は10月末、エジプトでロシア機を墜落させ、11月中旬には、フランスのパリで同時テロを引き起こした。犯行声明では、イスラム教徒が聖典とするコーランの章句を引用、イスラム信仰に基づく行為であると誇らしく宣言した。(カイロ・鈴木眞吉)

     9月30日のロシアのシリア内戦軍事介入以来、元気を取り戻したシリア政府軍によるISを含む反体制派への攻撃は激化した。

    0
    続き

    準備なき南北統一は「大当たり」ではない

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮の対中貿易依存度は2000年20・4%から13年89・1%にまで上がった。鉄道、地下資源にも中国の影が深く入り込んでおり、北朝鮮の対中依存度は高まっている。

     もし北朝鮮で急変事態が起これば、北首脳部は中国にSOSを出す可能性が大きい。中国は即座に派兵するだろう。北朝鮮内の自国投資施設を保護し、南側の米軍を牽制(けんせい)するという実利的目的もある。

    0
    続き