■連載一覧
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 2019/1/23
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    笑顔のハリル監督、63歳の誕生祝いにびっくり

     サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が15日、63歳の誕生日を迎え、東京都内の日本サッカー協会で報道陣から祝福された。

     用意されたバースデーケーキとワインを見て、「長年サッカーに関わっているが、メディアから祝ってもらうのは初めて。驚いている」と目を丸くし、「日本を去る時もこうやって祝ってほしい。ありがとう」と笑顔を振りまいた。

    0
    続き

    U.S. must alter arms flow to retake Mosul from Islamic State, Sunni lawmaker warns モスル奪還には武器の分配を変えるべきだ-スンニ派議員

    President Obama will have to step up pressure on Baghdad to share U.S. military hardware with the country’s Sunni and Kurdish forces if Washington is serious about retaking the key northern city of Mosul from the jihadi Islamic State movement.

    0
    続き

    <敵味方捻れ歪んでゆく世界>。サンデー…

     <敵味方捻れ歪んでゆく世界>。サンデー世界日報最新号の「さんでー川柳」に載った青森県の独酔さんの句である。最近の世界の動き、とりわけ首脳外交を見るにつけ、確かにそうだなと思わされる。

     世界は新冷戦の様相も呈しつつも、宗教、民族、地政学が絡み、簡単に敵味方を分けられなくなっている。また、政経分離の傾向もあって、判断をさらに難しくさせている。

    0
    続き

    米国視野に動く北朝鮮

    どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年(6)

     在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の本部競売問題で、仮に落札した企業に総連が賃貸料を支払って継続使用する場合、その原資は総連系金融機関の破綻処理の一環で整理回収機構(RCC)による債権取り立ての対象になる。厳格な法執行による圧力だ。許宗萬総連議長の次男がマツタケ不正輸入の容疑で逮捕されたのも外為法適用の結果だ。

    1
    続き

    日光東照宮で50年に一度の「式年大祭」始まる

     徳川家康を祭る日光東照宮(栃木県日光市)で17日、50年に一度の式年大祭が始まった。今年は家康の没後400年に当たり、徳川家の子孫ら関係者約300人が参列。厳かに儀式が行われた。

     午前10時に始まった祭儀では、みこ4人が舞を披露。玉串などが奉納され、稲葉久雄宮司が祝詞を奏上した。続いて徳川宗家18代当主の徳川恒孝氏らが、家康の墓とされる奥院を参拝した。

    0
    続き

    9条改正を正面から論じよ

     衆院憲法審査会で、昨年12月の衆院選によって中断していた実質討議が再開された。来年夏の参院選後の憲法改正発議を目指す自民党は、緊急事態条項など3項目の議論を優先するよう提唱し、与野党の激突が予想される9条についての論議は後回しにされた。  しかし、自民党が2012年に発表した改憲草案は国防軍創設を明記している。9条改正を正面から論じるべきだ。

    実績づくりを狙う自民

    0
    続き

    岐阜・長良川で初夏を告げる風物詩「鵜飼」

     初夏の訪れを告げる風物詩――。清流で知られる岐阜市の長良川で、鵜飼(うか)いが始まっている。

     芭蕉が<おもしろうてやがて悲しき鵜舟かな>と詠んだ鵜飼は、鵜匠(うしょう)が巧みに鵜を操って、かがり火に寄せられるアユを捕らえる伝統漁法。今年3月に、国の重要無形民俗文化財に指定された。

    0
    続き

    ソプラノ歌手ブライトマンさん、宇宙旅行断念

     英国の世界的なソプラノ歌手サラ・ブライトマンさん(54)は13日、自身のサイトで、9月に計画していた10日間の宇宙旅行を断念すると明らかにした。代わりに日本で宇宙旅行会社を経営する高松聡さん(52)が、ロシア宇宙船ソユーズに搭乗することが内定する。

    0
    続き

    遺伝学研究所の太田朋子氏にクラフォード賞

     進化の「ほぼ中立説」を1970年代に発表した国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の太田朋子名誉教授(81)がスウェーデン王立科学アカデミーから「クラフォード賞」を受賞して帰国し、14日までに記者会見した。太田氏は「直接には役に立たない基礎研究なので、思いがけなかった」と喜びを語った。

     クラフォード賞は日本では2009年に免疫学分野で大阪大の岸本忠三元学長と平野俊夫学長が受賞しており、3人目。

    0
    続き

    KDDIが「auショップ」で食品を販売

     KDDIは14日、全国約2500カ所の「auショップ」で、食品・生活用品の物販事業を始めると発表した。「auウォレット・マーケット」の名称で、コメや野菜、飲料水などを扱う。今年夏に一部店舗、年度内に全国の店舗で始める。国内の携帯ショップが端末や周辺機器以外の物販を手掛けるのは初めて。

    0
    続き

    フェラーリが最新スポーツ車を日本で初公開

     フェラーリ・ジャパン(東京)は14日、新型スポーツカー「488GTB」を日本で初公開した。自動車レースの最高峰F1で培った技術をつぎ込んだ新設計の最新モデル。

     総排気量3902ccのV型8気筒ターボエンジンを搭載し、空気抵抗を抑えるデザインにした。価格は3070万円で、今年末から納車を開始する。

    0
    続き

    米公立校の日本語実験授業

    地球だより

     安倍首相がオバマ米大統領とホワイトハウスで首脳会談をしていた4月28日。安倍首相の昭恵夫人はミッシェル・オバマ大統領夫人とともに、ワシントン近郊のグレートフォールズ小学校を訪問し、授業風景を見学した。  同小学校は米国の公立学校だが、1日6時間授業のうち半分が英語、半分が日本語で行われている。両夫人は、算数、理科、保健の3教科の日本語授業を参観した。天皇、皇后両陛下が1994年6月に訪米された際にも、同じ小学校をご見学になった。

    0
    続き

    南北関係改善で外交難局突破を

    セゲイルボ

     南北関係を改善しなければならない重要な理由がさらに一つ追加された。それが韓国外交が直面する難局を突破する打開策になり得るということだ。  李明博(イミョンバク)政府以来、南北関係改善は外交政策のカードというよりは、外交政策を通じて達成する目標と見なされてきた。韓日米間の協力を基盤に中国を引き込めば、韓国が北朝鮮を変化させたり、コントロールできるという希望だった。

    0
    続き

    台頭するか自衛隊出動論

    どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年(5)

    1
    続き

    英保守党政権、難題解決へ問われる指導力

     英国の下院総選挙で、与党・保守党が単独で過半数の議席を獲得した。キャメロン首相がさらに5年間続投する。英国は安保条約でわが国と固く結ばれている米国の同盟国だ。英国での保守政治の安定は日本にとっても歓迎される。

     しかし、欧州連合(EU)離脱問題など難題も抱えている。政権基盤が固まったこの機会に、こうした問題を円満に解決し、安定した世界秩序形成を目指す米国を助けて国際的な指導力を発揮してほしい。

    0
    続き

    韓国外交に教訓与えた安倍首相の米議会演説

    韓国紙セゲイルボ

     安倍晋三首相は今回の訪米成果で“マイウェイ”を行く速度を上げている。8月の終戦70周年談話でも、過去の歴史謝罪要求を無視する態度で一貫すれば、韓国・日本関係改善の契機は得にくくなる。

    0
    続き

    安倍首相訪米、中国の戦略意識し日米連携強化

     安倍首相の4月末のワシントン訪問は、米議会上下両院合同会議での演説をはじめ多くの意味で歴史を画するものとなった。同時に首相訪米、日米関係強化の背景には、いつも中国の存在が見え隠れしていた。(ワシントン・久保田秀明)

    0
    続き

    皇后陛下、全国赤十字大会に御出席

     全国赤十字大会が13日午前、東京都渋谷区の明治神宮会館で開かれ、日本赤十字社名誉総裁の皇后陛下、名誉副総裁の秋篠宮妃紀子殿下、常陸宮妃華子殿下、寬仁(ともひと)親王妃信子殿下、高円宮妃久子殿下が出席された。

     式典で皇后陛下は、赤十字活動に功績のあった個人や法人の代表13人に有功章を授与された。大会にはボランティアら約1400人が出席した。

    0
    続き

    国庫揺るがす公務員年金

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     1960~70年代に大学を“牛骨塔”と呼んだことがある。学問と真理の殿堂である大学を「象牙の塔」でなく「牛の骨で建てた塔」だと皮肉ったのだが、子供の成功のためなら燃え盛る火の中にも飛び込む父母にとって、大学はそんな存在だった。田舎で農業を営む父母たちは、子供を大学で学ばせるために農業には欠かせない牛を売った。売り払ったのは牛だけではない。誰かが無理やりさせるわけでもないのに田畑まで喜んで子供のために捧(ささ)げる一途(いちず)さのために腰が曲がり、家計が破綻することさえあった。

    0
    続き

    北朝鮮、玄永哲人民武力相を処刑

     【ソウル時事】韓国のh4情報機関、国家情報院(国情院)は13日、北朝鮮の玄永哲人民武力相(66)が4月30日に反逆罪で粛清されたと明らかにした。裁判が行われないまま、平壌の姜健総合軍官学校の射撃場で、数百人が見守る中、高射機関銃で銃殺されたとの情報を入手したという。国情院が、国会の情報委員会(非公開)に報告した内容を出席議員が記者団に説明した。

    0
    続き

    錯綜する韓国発「生死」情報

    どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年(4)

     昨年10月末、膠着(こうちゃく)状態に陥り始めた拉致問題をめぐる日朝交渉が中断されるという最悪のケースを回避し、事態打開を模索するため日本政府代表団が平壌を訪れ、「拉致問題が最優先課題」であることを改めて強調した翌週、韓国大手紙・東亜日報の1面トップにショッキングな見出しが躍った。

     「めぐみ、北の薬物過多投与で死亡」

    1
    続き

    プーチン大統領は自ら招いた孤立を自覚せよ

     ロシアの首都モスクワ「赤の広場」で、旧ソ連の対独戦勝70年記念軍事パレードが行われた。過去最大規模の軍事パレードで国威発揚に努めたが、これを観閲した首脳級は、旧ソ連圏を除けば旧共産圏など十数カ国だけだった。プーチン大統領はウクライナ問題で自ら招いた国際的孤立を自覚すべきである。

     外国首脳の出席はわずか

    0
    続き