■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    コスプレの街・蒲田を彩る盆の残り香―蒲田国際フェスティバル2018

     コスプレの街として知られる蒲田を舞台に伝統文化とサブカルチャーを融合させた催し「蒲田国際フェスティバル2018」が10月6日、JR蒲田駅西口広場と日本工学院蒲田キャンパス(東京都大田区)を会場に開催された。

     蒲田駅前の広場に設置されたステージでは午後から和太鼓などが演奏され、周辺には全国各所の名産品を取り扱う物産展のブースが設営、祭りの雰囲気を盛り上げた。

    0
    続き

    牛丼の吉野家1号店もお別れ、築地移転で閉店

     築地市場(東京都中央区)の移転に伴い、場内にある牛丼の吉野家1号店(築地店)が6日、59年の歴史に幕を下ろした。牛丼チェーンの土台を築いた店舗で、多くの市場関係者らの胃袋を満たした。

     最終日の同日、別れを惜しむ多くの客が朝から長い列をつくった。東京都八王子市から訪れた40代の男性会社員は「最後の日だから来た。1時間弱待ったが、おいしかった」と語った。

    1
    続き

    最終日の築地市場、希望・不安・思いさまざま

     普段と変わらぬにぎわいを見せた6日の築地市場。希望、不安、寂しさ。長年築地で働いてきた男たちは、さまざまな思いとともに、最後の商いに臨んだ。

     「この風景が当たり前になっていたから、寂しい」。青果仲卸「定松」の3代目、牧泰利さん(53)は小さい頃から市場の運動会に参加するなど、築地に根付いて生活してきた。明るい声を絞り出し、「築地への感謝を忘れず、豊洲への希望を持って進んでいきたい」と前を向く。

    0
    続き

    孫正義社長、トヨタと「ぶいぶい言わす」

     車とバイクの祭典、東京モーターフェスが6日、開幕した。豊田章男日本自動車工業会会長(トヨタ自動車社長)のトークショーに、トヨタとの提携を発表した孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長がサプライズで登場。「日本から未来を『ぶいぶい言わせる』」と語り、会場を沸かせた。

    1
    続き

    自動運転技術を体験、東京モーターフェス開幕

     自動車メーカーの業界団体、日本自動車工業会が主催する「東京モーターフェス」が6日午前、東京・お台場で開幕した。試乗会や最新の自動運転技術の体験などを通じ、車やバイクが持つ楽しさを発信。「平成」を振り返る企画では、バブル期の名車を展示する。

     開催は8日までの3日間で、入場は無料。14万人の集客を目指す。東京都などが後援している。会場では、各社の最新車両や国内外のレース参戦用の車を展示。

    0
    続き

    スーパーカー「シロン」、ブロック玩具です

     2日、パリで行われたモーターショーの報道向けイベントにお目見えした、ブロック玩具「レゴ」でできた車。

     ブガッティのスーパーカー「シロン」を再現した。

    0
    続き

    築地から豊洲へ、日本の食文化支えた83年

     「日本の台所」の東京・築地市場が83年の歴史に幕を閉じた。最終営業を終えた卸業者や仲卸業者ら築地市場と歳月を共にした関係者は万感の思いで別れを告げ、移転先の豊洲市場への引っ越し作業を開始した。

    2年延期の弊害大きく

    4
    続き

    「雲あれど無きが如くに秋日和」(高浜虚子)…

     「雲あれど無きが如くに秋日和」(高浜虚子)。秋は過ごしやすい季節のはずだが、今年は台風などの影響で秋らしい青空がなかなか見られない。

     秋に関する季語を見ると「秋の日」「秋晴」「秋高し」「秋の空」「秋の雲」「秋の山」「秋の野」「秋風」「秋の暮」「秋の雨」とバラエティーに富んでいる。これらの季語を眺めているだけで、目の前に秋の情景が浮かんでくる。

    1
    続き

    ノーベル平和賞はコンゴ人ムクウェゲ医師らに

     ノルウェー・ノーベル賞委員会は5日、2018年のノーベル平和賞を、アフリカのコンゴ(旧ザイール)で性暴力の被害者の治療や救済に取り組むデニ・ムクウェゲ医師(63)と、過激派組織「イスラム国」(IS)の暴力告発者でイラクの少数派ヤジディ教徒の人権活動家ナディア・ムラドさん(25)の2人に授与すると発表した。「戦争や武力紛争の兵器」としての性暴力の撲滅に向けた努力を評価された。

    1
    続き

    デーモン閣下さんら「上手な医療のかかり方」を

     厚生労働省は5日、患者がいきなり大病院に行かず、まずかかりつけ医に診てもらうなどの「上手な医療のかかり方」を広めるための有識者懇談会の初会合を開いた。させるため、アーティストのデーモン閣下さんら幅広い分野の有識者をメンバーとした。

    2
    続き

    コーヒーでほっと笑顔、被災者に無償提供

     「コーヒーの香りで日常を思い出して」。北海道地震で大きな被害を受けた厚真町の避難所では、道内の喫茶店が「臨時コーヒースタンド」を開設、被災者に無償で振る舞った。久しぶりに口にする温かくて香ばしい本格的なコーヒーに、被災者はほっとした表情で笑顔を浮かべていた。

    0
    続き

    津軽三味線の大家、初代高橋竹山を主役に

     このドキュメンタリー映画の主役は津軽三味線の大家、初代高橋竹山。平成10年に物故したが、大西功一監督は過去の映像に加え、弟子たちによる回想を収め、もう一人の主役二代目竹山が初代ゆかりの場所、沖縄や岩手や青森を訪れて思い出を語り、現地での演奏会も紹介している。

    0
    続き

    栃木・奥日光にある英国大使館別荘記念公園

     栃木県の奥日光に中禅寺湖がある。その東岸の歌が浜から小道を10分ほど歩くと英国大使館別荘記念公園に着く。別荘は2階建てで外壁は黒く、室内は白の内装で、しゃれたベランダコロニアル様式の建物だ。テラスの前が公園で湖が一望できる。

     英国大使館別荘として使われてきたが、2010年栃木県に寄贈され、16年7月に一般公開された。

    0
    続き

    親族「殺した」金城牧師

     前回、沖縄の新聞やテレビで乱用されている「集団自決」「強制集団死」という並列表記の起源が伊佐良博氏の『鉄の暴風』で使われた造語にあることを記し、安仁屋政昭、石原昌家、林博史の3氏の責任を指摘した。

     ここからは、渡嘉敷村と座間味村でいったい何が起きたのか検証する。

    0
    続き

    右派と左派の一騎打ち 7日、ブラジル大統領選

     ブラジルで7日、現職テメル大統領の任期満了に伴う大統領選挙が実施される。過半数の票を獲得する候補がいない場合、28日に上位2候補による決選投票が行われる。支持率で首位を走る右派ジャイル・ボルソナロ下院議員(63)と、2位につける左派フェルナンド・ハダド元サンパウロ市長(55)による決選投票にもつれ込む可能性が高い。

    0
    続き

    迫りくる米中間選挙、現・前大統領が異例の舌戦

    筑波学院大学名誉教授 浅川 公紀

     米中間選挙の投票日が、11月6日に迫っている。11月の中間選挙の結果は、これまでになく米国の今後に大きな影響を及ぼす。トランプ大統領もオバマ前大統領も、この選挙の歴史的重要性を認識し、それぞれ共和党、民主党のための本格的な選挙運動に乗り出している。

    4
    続き

    米専門家提言、日本は同盟での役割拡大を

     米国のアーミテージ元国務副長官やナイ・ハーバード大教授ら超党派の外交・安全保障専門家グループは、米政府の対日政策や日本政府の取り組みに関する提言「21世紀における日米同盟の刷新」を発表した。

     防衛支出拡大に言及

    2
    続き

    明治38年のきょう10月6日、夏目漱石の『吾輩…

     明治38年のきょう10月6日、夏目漱石の『吾輩ハ猫デアル』が大倉書店から出版された。同作は「ホトトギス」に連載されて好評を博し、同誌の発行部数を一気に増加させた。連載はまだ続いていたが、5回目までを初版に収録した。

     同書は漱石の文名を大いに高めた出世作であることはもちろん、出版文化史上においても画期的なものだった。菊判・290頁、天金で、本文はペーパーナイフでカットして読み進む洋書の体裁を採用した上製本だった。

    1
    続き

    イスラエルとパレスチナ、ファッション通じ和平を

     パレスチナ人女性による伝統的な刺しゅうとイスラエル人女性による現代的なデザインを融合させたファッションブランドが少しずつ共感の輪を広げている。和平に向けた政治的対話が行き詰まる中、双方の女性らが市民レベルで協力し、希望の光を見いだそうとしている。

    1
    続き

    首都圏の台所、東京・築地市場83年の歴史に幕

     首都圏の台所、東京・築地市場(中央区)が6日、取引終了後に閉場し、中央卸売市場としての役割を終える。関東大震災で日本橋の魚市場などが壊滅し、1935年2月に開設された築地市場。およそ500種の魚介類の扱い量は日本一を誇り、全国の主要漁港のほか、海外からも多くの魚が運び込まれてきた。その役割は豊洲市場(江東区)が引き継ぐ。

    1
    続き

    無人補給機「こうのとり」、生鮮品をお届け

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4日、先月28日に国際宇宙ステーション(ISS)に到着した無人補給機「こうのとり」7号機が、ブドウやミカン、玉ネギなど国産の生鮮食料品を滞在中の宇宙飛行士に届けたと発表した。

     JAXAによると、こうのとり7号機に搭載されていたのは、北海道産玉ネギ、宮城県産パプリカ、岡山県産シャインマスカット、愛媛、佐賀両県産の温州ミカン。

    1
    続き

    ハスカップ農家、「日本一」の町おこし再び

     北海道地震で震度7を観測し、大きな土砂崩れがあった厚真町では、日本一の作付面積を誇る特産品の果実ハスカップも甚大な影響を受けた。「至難は続くが乗り越えたい」。地震発生から6日で1カ月。困難に見舞われた農家は少しずつ前を向き始めた。

     ハスカップは楕円(だえん)形の甘酸っぱい果実で、ジャムやジュースの原料となる。ブルーベリーに似た濃い紫色で、かつては不老長寿の妙薬と信じられていた。

    1
    続き

    貨物路線にJR東の特別アクセス列車を運行

     仙台港にクルーズ船「飛鳥」が寄港したのに合わせ、JR東日本は、貨物路線を走る特別アクセス列車を運行した。

     貨物の線路は、仙台臨海鉄道が管理しており、JR東の列車乗り入れは21年ぶり。普段とは違う路線を走る列車を見ようと、沿線にはアマチュアカメラマンらが並んだ。

    1
    続き