■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    核シェルターに高まる関心

     北朝鮮による核・ミサイルの脅威が高まる中、核シェルターや放射能被害などを防ぐ商品への関心が高まるとともに、関連商品を扱う業者が増えている。「平和ボケ」していると言われてきた日本人にも、自分の身は自分で守るという意識が広がりつつあるようだ。 (社会部・石井孝秀)

    1
    続き

    糖尿病1000万人、生活習慣改善へ啓発強化を

     糖尿病が強く疑われる成人の患者が、2016年に推計1000万人に上ったことが、厚生労働省の国民健康・栄養調査で分かった。

     高齢化の影響などとみられるが、国民の生活習慣改善に向けた啓発などの取り組みを一層強化する必要がある。

     高齢者人口の増加で

    2
    続き

    サントリー、青いシクラメンの新商品「江戸ノ青」

     サントリーフラワーズ(東京)は9日、千葉県成田市で、青いシクラメンの新ブランド「江戸ノ青」を報道公開した。

     多く咲く深い青色の花弁が特徴で、価格は5号鉢で1万円前後。主にお歳暮など贈答用に14日から出荷を始める。

    0
    続き

    多言語案内ロボが東京都庁にお目見え

     海外からの観光客も多く訪れる東京都庁に9日、英語や中国語など多言語で会話するサービスロボ東京がお目見えした。

     2020年東京五輪・パラリンピックに向け外国人観光客のさらなる増加が見込まれる中、都が都庁舎を実証実験の場として提供した。

    0
    続き

    「火星へ続く可能性を秘めたミッション」と抱負

     2019年末ごろからの国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在が決まった野口聡一さん(52)が9日、東京都内で記者会見した。約10年ぶり、3回目の飛行となる野口さんは「火星へと続く有人探査のきっかけとなる可能性を秘めたミッション。新しい地図を歩んでいく気持ちで当たる」と抱負を述べた。

    0
    続き

    敏腕ロビイスト・スローンの驚くべき戦略

     米国でロビー活動をするロビイストは3万人いるといわれる。彼らは特定の団体のために政党や議員に働き掛けて政治的決定に影響を与えるのが仕事。そうした会社がホワイトハウスの北側に軒を連ねているという。

     この映画は政治もマスコミもさらに世論まで動かしてしまう「ロビイスト」の戦略と活動を描いたサスペンスだ。

    0
    続き

    最新のIT技術が千葉市の幕張メッセに集結

     クラウドやビッグデータなどを活用したIT関連製品・サービスの展示会「Japan IT Week 秋 2017」が、千葉市の幕張メッセで開催中だ。

     同展では「働き方改革」に貢献する最先端技術として、ビジネス現場で注目を集める人工知能(AI)技術に特化した「AI・業務自動化展」が初開催。各企業の情報システム担当者など多くの来場者が訪れ、出展社と活発な商談を行った。

    0
    続き

    2014年のきょう早朝、俳優の高倉健が亡くなった…

     2014年のきょう早朝、俳優の高倉健が亡くなった。事務所の発表によれば、死因は悪性リンパ腫。享年83だった。今年夏、森功著『高倉健 七つの顔を隠し続けた男』(講談社)が刊行された。生涯で205本の映画に出演。俳優としての業績は、死の前年に文化勲章を受章したことが全てを物語る。

     興味深いのは、その個性だ。極端な秘密主義だった。このため、外国で死んだとか同性愛だったとか、事実無根の噂(うわさ)を立てられる結果となった。母親思いの一面があるのとともに、難しい男だったとも言われる。女性嫌いとされていたが、実際は逆だったとの証言もこの本には紹介されている。

    1
    続き

    花梨の実断想

     この間、マンション団地に強風が吹いて花梨の木になった黄色い実が一気にぽろぽろと落ちた。妻が管理室から花梨の実(モガ)を1かごもらってきた。食卓の片隅に置いていたのに、リビングルームまでほのかな香りを届けている。見た目のよくない果物が魅力的な香りを出すのは不思議なくらいだ。

    1
    続き

    深刻な女性への暴力を告発、 ミス・ペルーのファイナリストたち

     ラテンアメリカは、世界でも女性に対する暴力が最も頻繁に行われている地域の一つとなっている。そうした中、ペルーでミスコンテストの出場者たちが「女性への暴力に反対する」との声を上げ、国内で大きな反響を呼んでいる。(サンパウロ・綾村悟)

    1
    続き

    アマゾン誘致への期待

     米インターネット通販最大手アマゾン・ドット・コムが「第2本社」をつくる計画に注目が集まっている。先月19日まで募集した候補地にはカナダやメキシコを含む238地域が名乗りを上げるなど誘致合戦は過熱。中には市の名前を「アマゾン」に変えようとする動きもあるというから驚きだ。

     筆者が住むワシントン郊外のバージニア州北部も幾つかの郡が名乗りを上げており、IT企業で働く人を中心に関心が高まっている。

    0
    続き

    旧政権の積弊追及するときなのか

     過去の人物と対話できる機械ができたら誰と対話するだろうか。文在寅(ムンジェイン)大統領が壬辰倭乱(文禄の役)の時の宰相で『懲毖録』を残した柳成龍(ユソンリョン)を相手に話し合えば、どんな内容になるだろうか。

    0
    続き

    早実の清宮幸太郎内野手「早く1軍で活躍したい」

     日本ハムに1位指名された清宮幸太郎内野手(東京・早稲田実高)らドラフト指名3選手が8日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設を見学した。グラウンドや室内練習場を案内された清宮は「きれいで充実している。この環境に甘えず、早く1軍に上がって活躍できるようにやっていきたい」。まだ入団前だが、早くプロ入り後の青写真を描いた。

    0
    続き

    トランプ氏の孫アラベラちゃんに「Aプラス」

     8日に中国を訪問したトランプ米大統領は北京の故宮で習近平国家主席に、孫娘のアラベラちゃん(6)が中国語の曲を歌うなどした動画をタブレット端末で披露した。習氏はアラベラちゃんの中国語レベルに「Aプラスだ」と太鼓判を押した。新華社電が伝えた。

    0
    続き

    ユーモラスな「『ざんねん』な生き物たち」

     のどに肛門のあるデンキウナギや幼魚でも「オジサン」という名前の魚など、ユーモラスなマイナス面を持つ生き物たちの特別展「ざんねんないきもの展」が、10日から東京・東池袋のサンシャイン水族館で開かれる。それを控えて8日、報道陣向けの先行公開が行われた。

    0
    続き

    アマゾンのAIスピーカー「エコー」を発売

     アマゾンジャパンは8日、人工知能(AI)を搭載したスピーカー型端末「エコー」の日本語対応の3モデルを発売すると発表した。来週から出荷を始める。購入はアマゾンのサイトから申し込む。

    0
    続き

    食べ物をくれないと… 集めた食料は?

     メキシコ市で4日、ゾンビ姿に仮装した人々が勢ぞろいする「ゾンビ・ウオーク」が行われた。

     何百人もの恐ろしいゾンビが食料をもらうために行進。集めた食料は、9月に起きたメキコ地震の被災者支援に充てられる。(AFP=時事)

    0
    続き

    米韓首脳会談、対北結束が融和より重要だ

     アジア歴訪中のトランプ米大統領は日本に次いで2番目の訪問国となった韓国で文在寅大統領と首脳会談を行った。両首脳は最大の議題と位置付けられた北朝鮮問題について制裁と圧力を強めていくことを確認したが、一方で文大統領は韓半島の平和体制構築や非核化に向けた対話に言及するなど、強硬路線のトランプ大統領とは温度差も見せた。

    自制気味の米大統領

    2
    続き

    「企業の社会的責任(CSR)」という考え方…

     「企業の社会的責任(CSR)」という考え方がある。短期的な利益追求だけを目的とするのではなく、社会の一員として責任を果たし、企業と社会双方の発展を目指して事業を継続していくべきだとするものだ。

     今、社会は高齢化が進み、CSR事業の一つとして福祉や医療・介護の分野に進出する企業も少なくない。それぞれの得意分野で、この問題にさらにアプローチし、社会貢献してほしい。

    0
    続き

    「ファースト・ドッグ」の不始末

     欧米の大統領はその王宮や執務室で愛犬を飼うケースが多い。オバマ前米大統領はホワイトハウスで犬(ボーとサニー)を飼っていたが、モスクワのクレムリンの主人プーチン大統領も負けていない。最近も外国首脳から犬のプレゼントをもらっている。5年前には、佐竹敬久秋田県知事がプーチン氏に秋田犬ゆめを贈っている。

    0
    続き

    女性と徴兵制

     女性は、国家のすべての戦争で、男性と共に、そして、大変優秀な成績で、志願して米軍の兵士や下士官として服務してきている。今、国防政策作成者の前に置かれている問いは、女性が徴兵名簿に署名して、彼女らが望むと望まざるとにかかわらず、戦場の厳しい状態に伴う危険を冒すことを求められるべきかということである。

     男女平等はオバマ時代に連邦政府が派手に振った旗印である。そして、将官や将軍らも律儀にそれに敬意を表していた。「選抜徴兵制」の未来に関する新しい国防総省の研究は、若い男性を登録し続けることを勧め、そして、初めて、若い女性を徴兵登録するよう求めている。

    1
    続き

    皇居・宮殿「松の間」で大綬章親授式

     秋の叙勲の大綬章親授式が7日午前、皇居・宮殿「松の間」で行われ、天皇陛下が外国人3人を含む受章者9人に勲章を手渡された。

     出席したのは、瑞宝大綬章の柳井俊二・元駐米大使(80)、旭日大綬章の麻生渡・元福岡県知事(78)、坂本剛二・元経済産業副大臣(73)ら。

    1
    続き

    いぬ年の福袋は「ワンダフル」体験を競って提案

     2018年の正月に向け、大手百貨店が早くも福袋のお披露目を行った。ここ数年の流行である体験型の企画商品に加え、インターネット交流サイト(SNS)向けに写真映えする商品が充実。各社は「いぬ年ならではの、ワンダフルな内容」(西武池袋本店)を競って提案している。

    0
    続き