■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    津波想定、高台へ駆け上がる「韋駄天競走」

     東日本大震災で被災した岩手県釜石市で3日、津波からの避難を想定し、高台へ駆け上がる「韋駄天(いだてん)競走」が行われた。「津波が来たら速やかに高台へ」の教訓を胸に、参加者はゴールの寺院に続く坂道を疾走した。

    0
    続き

    4月中旬並みのぽかぽか陽気に誘われて

     立春の4日、東京都内の最高気温は19度を超え、4月中旬並みのぽかぽか陽気となった。

     穏やかな日差しに包まれて、東京都品川区の荏原神社ではカンヒザクラが9分咲きになり、訪れた人の目を楽しませていた。

    3
    続き

    日本古武道演武大会、全国の古武道35流派出場

     全国各地に伝わる古武道35流派が出場する日本古武道演武大会(主催・日本武道館、日本古武道協会)が3日、東京・北の丸公園の同館で開かれた。長い歴史を持つ古武道の「技と心」を広く一般に紹介するのを目的に、今回で42回目となる。

    0
    続き

    ローマ法王がUAE入り

     フランシスコ・ローマ法王は3日、アラブ首長国連邦(UAE)を訪問した。ローマ法王が、イスラム教発祥の地であるアラビア半島を訪問するのは史上初めて。同国英字紙、ハリージ・タイムズなどが4日、報じた。

    0
    続き

    「北核開発継続」、米朝会談前に深刻な事態

     北朝鮮に対する制裁履行状況を点検する国連安全保障理事会の専門家パネルが、来月公表予定の最終報告書案の中で「北朝鮮は核・ミサイル開発を継続中」と指摘していることが明らかになった。今月末にも開催が見込まれる2回目の米朝首脳会談を目前にし、北朝鮮が米国や韓国に約束した非核化とは逆行する動きをしていた実態が改めて浮き彫りになった形だ。深刻な事態である。

    寧辺施設稼働を確認

    6
    続き

    肉親頼れぬ高齢者

     単身赴任を続ける東京から、地方にある自宅に帰った。久しぶりに会う妻とゆっくり自宅で過ごしていると、妻の携帯が鳴った。短い通話の後、妻が「Aさんを、病院から彼女の家に車で送ってくるわ」と言った。

     Aさんとは、筆者も1度会ったことがある妻の知り合いだ。高齢の彼女は、脳梗塞で倒れ入院している夫を見舞い、家に帰るのだという。「息子さんが一緒に住んでいるのに、どうして、あなたが送らないといけないのか」と尋ねる筆者に「なんか事情があるみたいよ」と妻。日頃から、車の運転ができないAさんを助けてあげているという。「じゃあ、きょうは、私が運転するよ」と、妻と2人でAさんを送り届けた。

    2
    続き

    フレイルを予防するために

    東京都健康長寿医療センター神経画像研究チーム 石橋賢士研究員

     『「フレイル」ってなに?~自立した老後を過ごすための予防、診断、対策~』をテーマに東京都健康長寿医療センター研究所主催の老年学・老年医学公開講座が東京都北区の「北とぴあ」でこのほど開かれた。同センター神経画像研究チーム研究員の石橋賢士氏(写真)は「脳のフレイル:加齢によるもの忘れと認知症の違い」について研究成果を踏まえて語った。

    0
    続き

    やや暖冬と言われる今年でも、冬は冬である…

     やや暖冬と言われる今年でも、冬は冬である。老身にはこたえる寒の間、外の風の冷たさに身を縮ませて過ごすうちに、はや2月も昨日は立春。「一月往(い)ぬる、二月逃げる、三月去る」と韻を踏んで言い表す、時の流れの速さに改めて驚く。

     東京は昨日、暦通りに一気に春らんまんの陽気となったが、しばらくは冴(さ)え返(かえ)りの日も。きょうは旧暦の1月1日で、中国などでは年の始まりである春節(旧正月)を祝うが、やらねばならぬことに追われる人には“往ぬ”の実感だけが重くのしかかってこよう。

    0
    続き

    節分、成田山新勝寺で豆をまく市川海老蔵さんら

     節分の日の3日、千葉県成田市の成田山新勝寺で恒例の「節分会」が行われ、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが長女の堀越麗禾さん、長男の勸玄くんと一緒に威勢よく豆をまいた。

     新勝寺の豆まきは、本尊の不動明王の慈悲が鬼をも改心させるとして、「鬼は外」とは言わずに「福は内」と繰り返す。

    0
    続き

    細田守監督の「未来のミライ」に米アニー賞

     優れたアニメ作品を表彰する第46回米アニー賞(国際アニメ映画協会主催)が2日(日本時間3日)発表され、細田守監督の「未来のミライ」が長編インディペンデント作品賞に輝いた。

     同作は、4歳の男の子が、未来からやって来た妹と共に家族のルーツをめぐる不思議な旅に出る物語。自身の幼い子をモデルにしたという細田監督は、授賞式で「小さい子と過ごすって何て素晴らしいんだと思って映画にした」と喜びを語った。

    0
    続き

    宙に浮く移転先、政府の「領土・主権展示館」

     沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島などの資料を展示する政府の「領土・主権展示館」の移転先選びが難航している。財務省の管理する国有物件への入居について同省から難色を示され、ほかに適当な代替施設が見当たらないためだ。今の入居先は2020年3月末が退去期限だが、めどは立っていない。

    0
    続き

    主要百貨店、イートインで多彩なスイーツを満喫

     バレンタイン商戦が本格化する中、主要百貨店ではチョコレートをはじめ多彩なスイーツを店内で味わうイートインコーナーがにぎわっている。男性に贈る「本命・義理チョコ」の購入目的は影を潜め、女性が自分へのご褒美として、スイーツを楽しみながら来店を満喫する傾向が一段と強まっている。

    0
    続き

    春節を前に「火鍋」風呂で健康増進を!

     中国浙江省杭州市のホテルで1月27日、唐辛子や果物などが入れられた温泉に漬かる人たち。

     湯船は四角に仕切られ、まるで「火鍋」のよう。今月上旬から始まる春節(旧正月)を前に、健康増進のために設けられた。

    0
    続き

    いずも「空母化」どう進める

     昨年の12月に「防衛計画の大綱(防衛大綱)」と「中期防衛力整備計画(中期防)」が閣議決定された。中でも注目を集めているのは、海上自衛隊の「いずも型」護衛艦の改修だ。事実上の「空母」としての運用が可能になることが専守防衛に反するのではないか、との意見がある一方で、具体的な改修内容についての議論が不十分との声も上がっている。いずも改修をどう進めていくのか、専門家たちはどう見ているのか。(社会部・川瀬裕也)

    1
    続き

    海・空自衛隊に多くの宿題

     香田洋二・元自衛艦隊司令官の話 現代の軍事作戦において航空戦力は必須。その選択肢の一つとしての、STOVL機の艦上運用という意味では評価できる。

     ただ現段階では、現場の海・空自衛官の声が十分に反映されていないように思う。

     例えば、空自のF35Aのパイロットがいずもでの任務にあたるというが、STOVL機(F35B)は艦上での運用が原則。パイロットの資格や養成形態も空と海では全く違う。

    1
    続き

    千葉小4死亡、最悪の事態は防げたはずだ

     千葉県野田市の小学4年、栗原心愛さんが自宅で死亡し、父親が傷害容疑で逮捕された。

     心愛さんは父親から日常的に暴力を振るわれていたとみられている。

    父にアンケート回答渡す

    4
    続き

    通常国会の施政方針演説で、安倍晋三首相は…

     通常国会の施政方針演説で、安倍晋三首相は少子化対策の一つとして、3歳から5歳までの全ての子供たちの幼児教育を無償化することを掲げた。「子供たちを産み、育てやすい日本へと大きく転換していく」という。

     演説の中で、直接出産を促す文言はないが、親の経済負担を軽減し、余裕を持った生活、また子育てを実現し、その上で次子、三子を……ということだろう。

    0
    続き

    安倍首相が「キャッシュレス決済」を体験

     安倍晋三首相は2日午後、東京都品川区の戸越銀座商店街を訪れ、現金を使わずに買い物する「キャッシュレス決済」を体験した。政府は10月からの消費税増税に伴う景気下支え策としてキャッシュレス決済時のポイント還元を実施する予定。普及状況や利便性を自ら確認した。

    4
    続き

    ユニークなアイデアが続々、最優秀賞は高校生

     使い捨てプラスチックの削減を狙い、東京都は2日、プラスチックを使用しない新しいストローのアイデア発表会を都内で行った。昨年9月3日から10月31日にかけて都がアイデアを募集し、応募件数は921件に上った。

    0
    続き

    「チョコで難民支援を」、NGOが呼び掛け

     14日のバレンタインデーを前に、国際NGOが売り上げの一部を難民支援に充てる「チャリティーチョコレート」を販売している。老舗の菓子メーカーの協力も得て、「チョコを買うことで助かる人たちがいる」と支援を呼び掛けている。

    1
    続き

    たくさんのおひなさまで彩られる温泉街

     栃木県那須塩原市の塩原もの語り館と塩原温泉の参加施設で、「塩原のんびり湯っくり雛めぐり」が2月4日(月)から3月31日(日)までの約2カ月間行われ、塩原温泉がたくさんのお雛(ひな)さまで彩られる。塩原温泉観光協会主催、塩原温泉旅館協同組合女将の会の共催によるもの。

    0
    続き

    ブタもいろいろ、ずらり並んだマスコット人形

     1月30日、ドイツ南部ニュルンベルクの玩具見本市で、ずらり並んだブタのマスコット人形。

     デザインは「自由の女神」や「スパイダーマン」など色とりどりだ。

    0
    続き

    東京一極集中、国力損なう極端な人口格差

     東京の過密、地方の過疎化が一層顕著になってきた。総務省が発表した2018年の人口移動状況によると、東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)は転入者が転出者を上回る「転入超過」が前年より1万4338人多い13万9868人。東京一極集中に歯止めがかからない現状が浮き彫りになった。

    リスク対応の脆弱性

    4
    続き