■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    専門家らが米の北外交に懸念

     再選を狙うトランプ米大統領の陣営は最近、トランプ氏の1期目の「大勝利」の一つとして、「北朝鮮の非核化を開始した」ことを挙げた。しかし、北朝鮮は依然、核兵器を保有、開発しており、トランプ氏と金正恩朝鮮労働党委員長が6月に板門店で会談して以降も交渉に進展の兆候は見られない。

    1
    続き

    参列者から歓声、日の丸やちょうちんを振る

     東京・皇居前広場などで9日午後、民間の奉祝委員会など3団体の主催で、天皇陛下の即位を祝う「国民祭典」が開かれた。人気アイドルグループの「嵐」らが出演した後半の祝賀式典には3万人(主催者発表)が集まり、天皇、皇后両陛下も皇居・正門の石橋に立って祝意に応えられた。

    2
    続き

    東京グランプリは「わたしの叔父さん」

     東京・六本木を中心に開催されていたアジア最大級の映画祭、第32回東京国際映画祭は、5日最終日を迎え、コンペティション部門(以下コンペ部門)を含む各部門、受賞作と受賞者が発表された。

    2
    続き

    卓球W杯団体戦で、日本女子は韓国下し決勝へ

     伊藤がシングルスで2勝を挙げ日本の窮地を救った。今大会で初めて第1試合のダブルスを落として迎えた第2試合。伊藤はフルゲームの試合で競り勝つと、第4試合では韓国期待の若手、申裕斌を緩い球もうまく使いながら3-1で破った。「接戦で勝つことができたのは自信にもなったし、あしたにもつながる」と振り返った。

    2
    続き

    ウィザーズの八村塁、敗戦の中でも存在感

     米プロバスケットボール協会(NBA)、ウィザーズの八村塁は8日、本拠地ワシントンで行われたキャバリアーズ戦で21得点を挙げる活躍を見せた。8試合目の出場で2度目の20得点以上を記録。チームが100-113で敗れた中でも、しっかりと存在感を示した。

    2
    続き

    浴衣の着心地は? ケニアの気候にもぴったり?

     ナイロビで開かれた日本文化を紹介するイベント「ジャパンデー」で浴衣を着るケニアの女性たち。

     日本の食べ物や文化に親しんでもらおうと、現地の日本大使館とケニア国立博物館が主催した。

     夏に着る日本の浴衣は、温暖なケニアの気候にもぴったり?

    3
    続き

    皇居前広場で神輿や祭囃子、即位祝うパレードが開催

     雲一つない秋空の下、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が9日、東京都千代田区の皇居前広場で盛大に行われた。約3万人(主催者発表)が見守る中、全国の神輿(みこし)や郷土芸能など40団体以上が祝賀パレードに出演し、祭り囃子(ばやし)に合わせて威勢のよい掛け声を響かせていた。

    4
    続き

    まだ秋と言っていい時期だが、俳句の歳時記…

     まだ秋と言っていい時期だが、俳句の歳時記で11月は「冬」になる。初雪や初霜の便りも届き始めている。

     水の冷たさを実感するこの頃、今年を振り返るのはまだ早いかもしれないが、記憶に残るのは台風による風水害が多かったことだ。気流子の故郷、福島を流れている阿武隈川(あぶくまがわ)の流域も氾濫によって被害が出た。

    0
    続き

    香港デモ、強硬一辺倒では解決できぬ

     中国の習近平国家主席は、反政府抗議活動が続く香港の林鄭月娥行政長官との会談で「暴力活動を法律に基づいて制止し処罰する」ことを徹底するよう求めた。

     しかし香港で反政府デモが続いている背景には、習氏が香港に適用すべき「一国二制度」を形骸化させていることがある。習氏や香港政府はデモを力づくで抑え込もうとするのではなく、民主化を求める香港市民の声に耳を傾けるべきだ。

    警察の手法に市民が反発

    5
    続き

    唯一の島原太夫結髪師、京都の山中惠美子さん

     現代の名工に選ばれた京都市東山区の結髪(けっぱつ)師、山中惠美子さん(90)は、古墳時代から現代の舞妓(まいこ)まで変化してきた日本髪や日本の装束に詳しい。今でも祇園などの舞妓を専門にする美容室に立つ山中さんは、京都・島原の芸妓(げいこ)の最高位、太夫(たゆう)の髪を結える唯一の技能者だ。

    2
    続き

    五輪マラソン札幌開催めぐり、経費問題で合意

     2020年東京五輪のマラソン・競歩の札幌開催をめぐり、大会組織委員会、北海道、札幌市による初の実務者会議が8日、市内で開かれた。3者は開催地移転に伴う大会運営費について、原則として地元は負担せず、組織委と国際オリンピック委員会(IOC)が持つことで合意。道と市の負担は道路補修など「行政経費」にとどまるとの方針を確認した。

    2
    続き

    参院、国会見学をする参観者が撮影しやすく

     参院は8日、国会見学する参観者が写真や動画を撮影する際の基準を大幅に緩和した。参観順路上であれば基本的に認め、これまで禁止されていた伊藤博文や大隈重信の銅像、天皇陛下の御休所などの撮影が可能となる。国会改革の一環で、参観者の利便性向上を図る。

    2
    続き

    「和解の礼拝堂」で祈り、ベルリン壁崩壊30年

     ベルリンの壁が崩壊してから、9日で30年が経過する。同日にベルリンで行われる式典では、ドイツのメルケル首相らが東西ベルリンのはざまの「和解の礼拝堂」で市民とともに平和の祈りをささげるほか、夜にはブランデンブルク門前でショーやコンサートが行われる。

    2
    続き

    被害から復旧、例年通りライトアップ始まる

     福島県いわき市の願成寺にある国宝「白水阿弥陀堂」で7日までに、紅葉シーズンに合わせたライトアップが始まった。10月の台風21号などによる大雨で境内が浸水したが、関係者らの復旧作業により例年通り実施され、訪れた人を魅了した。

     白水阿弥陀堂は平安時代末期の1160年に建立。東日本大震災で被災した後、地域を盛り上げようとライトアップが始まり、今年で8年目。

    2
    続き

    オリヴィエ・アサイヤス監督のフランス映画…

     オリヴィエ・アサイヤス監督のフランス映画『冬時間のパリ』を観た。タイトルからマロニエの枯れ葉散る晩秋から初冬のパリが浮かび、これを観(み)ればパリに行った気分になれるのではないかと試写会場に足を運んだ。

     編集者アランと作家レオナールの家族同士の不倫などでやや込み入った人間関係をコメディータッチで描いている。最後はレオナールが妻から妊娠を知らされ大団円となる。

    1
    続き

    冷戦終結30年 心の「壁」なくし真の自由を

     東西冷戦の象徴だったベルリンの壁の崩壊からきょうで30年となる。壁の崩壊は共産主義体制に対する自由主義体制の勝利を意味するものだった。

    東西間の格差縮まらず

     第2次世界大戦で敗北したドイツは、1949年に西側陣営の西独と東側陣営の東独に分かれた。ベルリンは東独にあったが、西ベルリンは西側に属していた。

    2
    続き

    エリザベス英女王、毛皮は今後着ないと決める

     エリザベス英女王が動物の毛皮(ファー)を使った衣類を今後は着ないと決めたことが明らかになった。英各メディアが6日までに相次ぎ報じた。ファッション業界では「脱毛皮」の動きが進んでいるが、女王もこれに従うことになりそうだ。

     毛皮製品をめぐっては、動物の毛皮をはがす生産方法を含め「残酷」などと批判が高まっている。高級ブランドのグッチやプラダ、バーバリーなどが使用中止を表明している。

    3
    続き

    井上尚弥、苦戦を乗り越えバンタム級を制覇

     井上尚は「憧れの存在」だった5階級制覇のドネアに苦戦はしたが、バンタム級の頂点に立った。KO勝利を重ねてきた井上尚にとって、9試合ぶりに判定までもつれた一戦。勝利を告げるアナウンスを聞いた瞬間、疲れ切った表情に、笑みが浮かんだ。

    3
    続き

    情報機構などが太陽放射線の被曝線量を推定

     太陽からの放射線が突然増えた場合、航空機の乗務員らの被ばく線量を減らすため、高度100キロまでの被ばく線量を直ちに推定して警告するシステムを開発したと、情報通信研究機構や日本原子力研究開発機構、国立極地研究所、広島大などが7日発表した。

    3
    続き

    最高値にどよめき、松葉ガニが1杯500万円で

     鳥取港(鳥取市)で7日午前、冬の味覚ズワイガニの初競りが行われた。大きさや身の入りなど、最高品質のブランド「五輝星(いつきぼし)」の認定を受けた松葉ガニ(山陰地方で水揚げされたズワイガニの雄)が5杯水揚げされ、このうち1杯は500万円の最高値で落札された。

    2
    続き

    ミッキーたちとXマス、8日から雪のパレード

     東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)で8日、毎年恒例のクリスマスイベントが始まる。

     ミッキーマウスら人気キャラクターが次々と登場するパレードが見どころで、雪を降らせる演出などでクリスマスの雰囲気を盛り上げる。パレードは午前、午後それぞれ1回ずつ行われる。

    2
    続き

    美味しい料理は家で

     先日、日本から来た客人から「フィンランド料理を食べたいので、どのレストランがいいか」と尋ねられたところ、即答できなかった。

     「フィンランド料理とは何だろう」と考えると、北のラップランドのトナカイの肉料理、あるいはポテトもたっぷり入ったクリーム風味のサーモンスープか、あるいは森で採れたキノコを使った料理か? それとも、湖に生息する淡水魚の素揚げ料理か?

    0
    続き

    世界の宗教迫害に関心を、米国が「良心の囚人」リスト公開

     米政府機関「国際宗教の自由委員会」は、人権擁護団体からの情報を基に作成した「宗教的良心の囚人」のリストを公開、世界中で拘束され、迫害を受けている「囚人」に目を向けるよう呼び掛けた。

     委員会は10月、データベース「宗教的良心の囚人プロジェクト」を作成、信仰を理由に拘束されている囚人のリストの公開を開始した。エリトリアの地下教会の指導者や、ロシアのサイエントロジー信徒、イランの人権派ブロガーらの名も記載されている。

    3
    続き