■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    笑顔写真で安平町を元気に、復興へ確かな歩み

     最大震度7を観測し、42人が犠牲となった北海道地震から6日で半年。先月21日には厚真町で最大震度6弱の揺れを観測する余震とみられる地震が発生し、昨年9月の生々しい記憶が呼び起こされた。それでも雪解けが進む中、被災者らは仮設住宅などで生活再建を進め、復興へ確かな歩みを刻んでいる。

    0
    続き

    はやぶさ2、来月初めに「クレーター作成」

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に金属板を撃ち込み、人工クレーターを作る世界初の実験を4月第1週に行うと発表した。5月以降にクレーター内への着陸と地下物質の採取を試みる。

    0
    続き

    還暦でも元気、「チキンラーメン」売り上げ最高

     日清食品は、世界初の即席麺「チキンラーメン」の2018年度の売上高が過去最高になったと発表した。同社創業者、故安藤百福氏によるチキンラーメン開発の苦労話を紹介するNHK連続テレビ小説「まんぷく」が放送されており、改めて商品が注目された。

    0
    続き

    台湾フーズのおいしさ、素晴らしさを日本へ

     台湾の食材や料理の魅力をPRするため、台湾貿易センターなどは5日、千葉市の幕張メッセで始まったアジア最大級の国際食品・飲料展示会「FOODEX JAPAN2019」(主催・日本能率協会など)に「台湾パビリオン」を出展した。

    1
    続き

    NBAが日本で試合、日本バスケの質の向上へ

     インターネット通販大手の楽天は5日、米プロバスケットボール協会(NBA)のラプターズとロケッツのプレシーズン試合を10月8、10日にさいたまスーパーアリーナで開催すると発表した。日本でNBAの試合が行われるのは、2003年にスーパーソニックス―クリッパーズの公式戦開幕カードを開催して以来で16年ぶり。

    0
    続き

    グアイド氏が帰国 ベネズエラ

     反米左派マドゥロ大統領による強権政治が続くベネズエラで4日、野党指導者のグアイド国会議長が空路で南米諸国訪問から帰国した。グアイド氏は、1月23日に暫定大統領への就任を宣言した後、政権寄りの最高裁から出国禁止令が出されており、当局による拘束の危険がある中での帰国だった。

    1
    続き

    日米で核・拉致包括解決推進

     安堵(あんど)と戸惑い。2回目の米朝首脳会談が事実上の決裂で終わったことに対し、日本政府が最初に示した反応だ。

     トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長の中途半端な非核化案で妥協しなかったことへの安堵と、核・ミサイル問題解決を前提として、練り上げられた拉致問題解決への道筋が不透明になったことへの戸惑いだ。

    1
    続き

    中国「国防費」増大、背景に「海洋支配」の時代認識

     中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)で、2019年の公称「国防費」が前年比7・5%増の1兆1900億元弱(約19兆8000億円)に決まった。伸び率は前年の8・1%増に比べると若干低下しているものの、経済成長が鈍化している状況下で、前年に続き経済成長目標を上回っている。その結果、中国の「国防費」は00年と比べると10倍近くに膨れ上がっている。

    兵器は輸入依存度が低下

    10
    続き

    わが国近年の歴代ノーベル賞受賞者が、口を…

     わが国近年の歴代ノーベル賞受賞者が、口を揃(そろ)えて「基礎研究」充実の必要性を訴えている。来年度政府予算で科学技術予算の増額をぜひ実現させたい。

     政府の支援の方向は二つあって、一つは日本の大学全体の研究力アップに資する運営費交付金の付与。もう一つは有望な研究対象を決め、重点的に投資するもので、iPS細胞を使った再生医療や素粒子解明のための次世代大型加速器「ILC(国際リニアコライダー)計画」などがある。

    7
    続き

    保守派会議で社会主義の台頭に懸念

     保守派の活動家らは、2020年大統領選で民主党を過激な社会主義者と印象付けるトランプ大統領の計画を全面的に支持し、サンダース上院議員とオカシオコルテス下院議員の政策を阻止することを最優先課題に掲げている。

     メリーランド州オクソンヒルで開催された保守政治行動会議(CPAC)のステージ上から、共和党の議員、トランプ政権当局者、右派指導者らが、共和党有権者らは懸念を抱くべきだと訴えた。

    1
    続き

    司令官、南部国境の緊急事態に反論

     米本土防衛に責任を持つ空軍大将が26日、議会議員を前に、南部国境での不法移民と違法薬物の流入は、国家緊急事態には当たらないと述べた。これは、ホワイトハウスの主張とは全く逆だ。

     オショーネシー北方軍司令官は上院軍事委員会に提出した書面で、米メキシコ国境の現状は軍事的脅威の水準には達していないと指摘した。

    0
    続き

    北朝鮮、海外でも「ウリ式心得」

     先の米朝首脳会談の開催地となったベトナムでは麺類が食卓によく並ぶ。首都ハノイを歩けば道端の簡易テーブルを囲んで腰を下ろし麺をすする住民の姿を至る所で見掛ける。記者も会談取材の合間に当地ご自慢の米粉麺「フォー」を堪能したが、最終日はさすがに飽きがきて市内の北朝鮮レストラン「平壌館」まで足を運んだ。「オボクチェンバン(牛肉寄せ鍋)」はじめ朝鮮料理を楽しめるが、本国派遣の綺麗(きれい)どころによるショーも好評だ。

    0
    続き

    アリーナ・ザギトワ選手が愛犬マサルと登場

     2018年平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手が3日、モスクワで開かれた日露交流イベントに出席し、昨年に秋田犬保存会から贈られた秋田犬のマサルも登場した。

    0
    続き

    日亜化学が東京大大学院に寄付講座を開設

     青色発光ダイオード(LED)の商品化で知られる日亜化学工業(徳島県阿南市)は東京大大学院工学系研究科に来年度から5年間、寄付講座を開設する。古澤明東大教授らによる光量子コンピューターの研究開発を支援するのが主な目的で、寄付総額は2億5000万円。同社と同研究科が4日発表した。

    0
    続き

    「大戸屋」が12日に国内全店舗を休業

     和食レストラン「大戸屋ごはん処」を展開する外食大手の大戸屋ホールディングスは4日、アルバイトによる不適切動画問題に関連して、12日に国内全店舗を休業すると発表した。従業員の再教育などを行うためで、業績予想の下方修正や役員の処分も公表した。

     大手チェーンがこうした問題で平日に一斉休業に踏み切るのは極めて珍しく、外食業界で相次ぐ従業員の悪ふざけが異例の事態に発展した。

    0
    続き

    ラグビーW杯ボランティアのユニホームを発表

     9月に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は4日、東京都内で大会ボランティアらが着用するユニホームを発表した。

     ポロシャツなどのユニホームは一体感、笑顔、思い出をコンセプトに作られ、青色が基調のデザイン。大会期間中にボランティア約1万3000人、組織委員会職員ら約1000人が着用する。

    0
    続き

    LEDで楽しむリオの路上パーティー

     ブラジル・リオデジャネイロで1日、毎年恒例のリオのカーニバルを前に、発光ダイオード(LED)照明付きの服を着用して路上パーティーを楽しむ人々の姿が見られた。

     このパーティーは「私のライトはLED」という名が付けられ、数千人がさまざまなLEDを付けたコスチュームを披露した。

    0
    続き

    スマホの学内持ち込み

     今月、子供が中学校を卒業するが、新しい学校に入学する4月にはスマートフォンを持たせることにしている。卒業祝いや入学祝いというわけではない。親の事情で必要に迫られての決断である。新しい学校にも確認して了解をもらった。

     ところで先月、文部科学省が学校へのスマホの持ち込み禁止を緩和する方針だと発表した。もともと文科省は2009年1月、「学校の教育活動に直接必要ない」という理由で携帯電話の小中学校への持ち込みを原則禁止、高校では授業中や校内での使用を禁止にするよう求める通知を各教育委員会に出している。

    1
    続き

    昨日、一昨日とあいにくの雨続きの上に、風も…

     昨日、一昨日とあいにくの雨続きの上に、風もまだ冷たい。明日は「冬ごもりの虫が這(は)い出る」という二十四節気の啓蟄(けいちつ)で春も仲春を迎えるが、虫たちも地上に首を出すのは躊躇(ためら)うかもしれない。

     啓蟄の語は、江戸時代の歳時記には全期を通して登録されている。ところが、啓蟄を詠んだ句の方が見当たらないという。どうも難しい漢字が嫌われたのか使われなかった。

    0
    続き

    米宇宙安保報告、中露の脅威に対処する体制を

     米国防総省傘下の情報機関、国防情報局は「宇宙での安全保障に対する課題」と題された報告書で、宇宙空間における中国とロシアの脅威について警鐘を鳴らした。

    衛星攻撃兵器に言及

    1
    続き

    危険! ひな人形飾りの幼児ら誤飲に注意

     3日の「ひな祭り」を控え、消費者庁は、子供がひな人形のきらびやかな髪飾りや部品を口や耳に入れる危険があるとして、保護者らに注意を呼び掛けている。

    0
    続き

    かまどのルーツは伽耶国、クイズにチャレンジ!

     福島県郡山市に大安場史跡公園がある。JR郡山駅から南東5キロの田村町にあり、阿武隈川の東側にある田園地帯。1600年前から1500年前に造られた5基の古墳が発掘され、史跡公園として開園したのは平成21年。古墳群のほかにガイダンス施設や体験広場があり、子供たちの教育の場ともなっている。

    0
    続き

    行方不明のエミリーを探す女友達のステファニー

     ダーシー・ベルの小説『ささやかな頼み』(ハヤカワミステリ文庫)が原作で、出版前にすでに映画化権が販売されたという話題の作品。

     ニューヨーク郊外に住むシングルマザーのステファニーと、野心的なキャリア女性エミリーはタイプが異なり、交際などありえないのだが、同じ小学校で学ぶ息子がいることで関係が始まる。

    0
    続き