■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    大間マグロが豊洲市場でまさかの販売不振に陥る

     青森・大間ブランドなどが知られる津軽海峡産のクロマグロが思わぬ販売不振に陥っている。東京・豊洲市場(江東区)には例年を上回る数の同産マグロが入荷しているが、ほとんどがトロの部分が少ない小型魚。米国などから大きくて脂の乗った強力なライバルが順調に入荷していることから競りで買い手が付かないケースも多く、市場関係者は頭を抱えている。

    2
    続き

    楽しいお祭り「イードアルアドハー(犠牲祭)」

     13日、地中海に臨むパレスチナ自治区ガザの難民キャンプで、カラフルなおもちゃの列車に乗る子供たち。

     イスラム教の「イードアルアドハー(犠牲祭)」が3日目を迎え、お祭り気分に浸った。

    2
    続き

    北ミサイル、抑制的対応で増長させるな

     北朝鮮が東部の江原道通川付近から日本海に向けて2発の飛翔体を相次いで発射した。米韓合同軍事演習を実施中の韓国に不満を示す狙いとみられる。

     北朝鮮は7月末から6回にわたって新型短距離弾道ミサイルなどの飛翔体の発射を強行している。危険な挑発行為は決して許されない。

    韓国との対話を拒否

    2
    続き

    犯罪容疑者の中国本土引き渡しを可能にする…

     犯罪容疑者の中国本土引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案をめぐり始まった香港の民主化を求める抗議デモ。10週間以上にわたるが、鎮静化の兆しは見えていない。

     複数の地域のデモ参加者には若者の多さが目立つ。インターネットを介して拡大しているデモのあり方は、2014年に起こった雨傘運動の時の経験を生かしているようだ。当局は抗議行動の先行きを見通せず、押さえ込むのは容易でない。

    1
    続き

    農水省、「ジビエハンター」の認定制度を創設

     農林水産省などは、シカやイノシシなどの野生鳥獣の肉「ジビエ」の利用拡大に向け、捕獲してから処理加工施設に搬入するまでの間、血抜きなどの衛生処理を適切に行える「ジビエハンター」の認定制度を2020年度にも創設する。肉を安全かつ良質な状態でさばいて運べるハンターを増やし、流通量拡大と有害鳥獣の有効活用につなげたい考えだ。

    2
    続き

    国内唯一の現存車両「蒸気動車」が重文に指定

     100年以上前に製造され、国内に唯一現存する「蒸気動車」が今年度、国の重要文化財に指定された。文化庁が「鉄道史に大きな足跡を残した」と評価する車両は、JR東海のリニア・鉄道館(名古屋市)に展示され、訪れる鉄道ファンらを楽しませている。

    3
    続き

    失踪20年、父親が真相求め「娘を捜し続ける」

     1999年8月、東京都町田市の美大生井出真代さん=失踪当時(18)=が行方不明になってから、20年が経過した。警視庁は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査しているが、目立った進展はない。「事件か事故か、家出なのか…。理由が分からないのがつらいけれど、捜し続けるしかない」。家族は諦めていない。

    2
    続き

    米俳優のピーター・フォンダ氏が死去、79歳

     米国のカウンターカルチャーを象徴する映画「イージー・ライダー」(1969年)に出演した米俳優ピーター・フォンダ氏が16日、肺がんによる呼吸不全のため、ロサンゼルスの自宅で死去した。79歳だった。米メディアが家族の声明を一斉に伝えた。

    2
    続き

    小中学生がトライアスロンの公開練習を取材

     2020年東京五輪・パラリンピックでスイスのホストタウンに登録されている茨城県つくば市で、同国のトライアスロンチームが事前合宿を行った。公開練習では市内在住の小中学生が「子ども記者クラブ」として選手らに取材し、交流を深めた。

     小中学生は、目標や好きな日本の文化などを聞いたほか、競技場での練習風景を撮影。記事にして市のホームページやインターネット交流サイト(SNS)などに掲載する。

    2
    続き

    豚コレラ、ワクチン使用もやむを得ない

     岐阜、愛知両県に発生が集中していた豚コレラが、7月に入り三重、福井両県に広がった。

     ウイルスの媒介役とされる野生イノシシの感染事例はさらに広域に及び、新たな発生県がいつ出てもおかしくない状況だ。

    三重、福井両県にも拡大

     豚コレラは豚やイノシシがかかる家畜伝染病で、感染すると高熱や食欲低下などの症状を引き起こす。感染力が強く、致死率が高い。

    3
    続き

    毎日、暑い日が続き、まさに真夏という感じ…

     毎日、暑い日が続き、まさに真夏という感じだが、少し物足らない感じがしていた。セミの鳴き声がしなかったからだ。最近になって、ようやく耳にするようになった。

     昨年の夏は、もう少し早い時期に鳴いていた気がするのだが、猛暑続きでセミも出番を遅らせたのかも。そんな思いになるほど、今年はセミの声がおとなしい。

    0
    続き

    「踏み間違えないアクセル」に注文が殺到

     ペダルの踏み間違いが原因とみられる自動車事故が多発する中、熊本県の町工場が開発した「踏み間違えないアクセル」に注文が殺到している。取り付けまで10カ月待ちの状況だが、悲しむ人がいなくなることを願い、開発者は「事故を減らすため生産力を高めたい」と話す。

    3
    続き

    黒潮越えた丸木舟「スギメ」など、公開始まる

     3万年前の航海を再現する国立科学博物館などのプロジェクトで、今年7月に台湾東部から沖縄・与那国島までの実験航海に成功した丸木舟「スギメ」などを公開する同プロジェクトの速報展示が16日、東京・上野公園の同館で始まった。

    2
    続き

    えっ? 旧政府専用機が30億円で中古市場に

     今年3月に退役した旧政府専用機2機のうち1機が、販売価格2800万ドル(約29億6000万円)で中古市場にお目見えした。インターネットの航空機売買サイト「コントローラー」に掲載された。売り主は「最高水準のメンテナンスが施されており、新品同然」とアピールしている。

    1
    続き

    NBAウィザーズの八村塁、「神様」に緊張

     米プロバスケットボール協会(NBA)、ウィザーズの八村塁が16日、東京都内でのトークショーで、「バスケの神様」とたたえられたマイケル・ジョーダン氏と電話で会話したエピソードを披露した。

    2
    続き

    大学構内で牛肉を使った食べ物の提供を禁止

     英国の大学が構内で牛肉を使った食べ物の提供を禁止すると発表し、波紋を呼んでいる。牛肉は生産過程で温室効果ガスを多く排出するというのがその理由。学生は今後カフェテリアでハンバーガーなどを食べられなくなるが、英畜産業界はこれに猛反発している。

    2
    続き

    作家の沢木耕太郎氏が、JR東日本の車内誌…

     作家の沢木耕太郎氏が、JR東日本の車内誌「トランヴェール」8月号の巻頭エッセー「旅のつばくろ」で「書物の行方」と題する一文を寄せている。軽井沢の堀辰雄文学記念館を訪ね、堀が亡くなるまで完成を心待ちにしていたという書庫を見ての感慨が語られる。

     記念館を出た後、近くの古書店にふらりと入って店の人と話をする。店の番頭さんは、今古書業界は供給過剰で仕入れに困ることはないという。

    1
    続き

    韓国大統領演説、対日関係改善は行動で示せ

     韓国の文在寅大統領は光復節(日本統治からの解放日)の記念行事で演説し、これまでの反日一辺倒の主張を抑制して日本に対話と協力を呼び掛けた。強硬路線をひとまず緩めたことは評価できるが、関係悪化の発端となった旧朝鮮半島出身労働者の徴用問題をめぐる大法院(最高裁)判決への言及は一切なかった。関係改善に向かうきっかけとなるかは不透明だ。

    トーンダウンした非難

    5
    続き

    警官の給与倍増で思わぬ苦情

     フィリピンではドゥテルテ大統領の強い意向で、警察組織の腐敗対策のために警官の給与が一気に倍増された。大統領の鶴の一声で、約1万5000ペソ(約3万円)だった一般的な警官の月給は、約3万ペソ(6万円)へと跳ね上がり、国内で破格の高給取りとなった。

    1
    続き

    「暑さ尋常じゃない」、山形・新潟で40度超え

     「今年の暑さは尋常じゃない。ずっと続いている気がする」。鶴岡市で最高気温40・4度を記録するなど酷暑となった山形県内では15日、噴水で水遊びする子供の傍らで、父親(40)が流れ落ちる汗を拭った。

     午前中は家で涼んでいたが、4歳の息子が外で遊びたがったため、山形市内にある噴水広場に連れて来たという。6歳の息子と来た女性(39)も「家にいても暑いし」とため息をついた。

    2
    続き

    広がる「快眠経営」、睡眠習慣改善や昼寝推奨

     社員の健康を保つため、「睡眠」に着目する企業が増えている。社員の睡眠習慣改善や休憩中の昼寝の推奨に取り組む例が相次ぐほか、ITを活用して快適な眠りに導く「スリープテック」市場に商機を見いだそうとする企業も多い。寝苦しい夜が続く中、快眠への関心は熱を帯びている。

    3
    続き

    トゥーンベリさん、ヨットで英プリマスを出航

     環境活動家として地球温暖化阻止を訴えるスウェーデンの16歳の少女グレタ・トゥーンベリさんは14日、ニューヨークで9月に開催される国連の気候サミットに出席するため、温室効果ガスをほとんど排出しないヨットで英南西部のプリマスを出航した。

     太陽光パネルや水流発電機を積んだ全長約18メートルのレース艇「マリツィア2号」に、父親や艇長らと共に乗り込んだ。約2週間かけて大西洋を横断する。

    2
    続き

    オリジナル応援歌「みんなアミーゴ」CD完成

     2020年東京五輪・パラリンピックでメキシコのホストタウンに登録されている広島県福山市は、選手団を応援するオリジナルソング「みんなアミーゴ」のCDを作製した。

     この曲を使った動画も制作し、五輪事前合宿のPRに活用していく。市民と選手団が一緒に踊れるようにと市内在住の作曲家が作詞と作曲を担当した。

    2
    続き