■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    東京五輪のチケット申し込み、初日から集中

     2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが9日、チケット公式販売サイト(https://ticket.tokyo2020.org)で始まった。初日は開始直後からサイトへのアクセスが集中し、つながりにくい状況が続いた。

    0
    続き

    3年ぶり、「ロンドン漱石記念館」がオープン

     文豪夏目漱石(1867~1916年)の英国滞在時に関する資料を集めた「ロンドン漱石記念館」が8日、ロンドン南郊サリー州に開館した。2016年に閉館した前身の記念館館長を務めた恒松郁生さん(67)が、再開を求めるファンらの声に応え、自宅の一部を改装し再オープンした。

    0
    続き

    地表の放射性物質の分布状況を上空から測定

     日本原子力研究開発機構と千代田テクノルは9日、地表の放射性物質の分布状況を、特殊なカメラを搭載したドローンを使って上空から測定するシステムを開発したと発表した。地上を歩いて測定する従来の方法より短時間で調査が可能で、福島県の帰還困難区域の除染作業などへの活用が期待できる。今年度中に千代田テクノルが製品化する予定だ。

    0
    続き

    かわいい魔女たちの訪問

     キリスト教のイースター(復活祭)が4月21日にあった。お祝い行事も国や地域によってさまざまだが、フィンランドでは毎年、イースターの1週間前の日曜日、魔女に仮装した女の子たちが、リボンなどの飾り物を付けたネコヤナギの枝を持って各家庭を回る。

    0
    続き

    ベネズエラ当局が国会副議長を拘束

     反米左派マドゥロ大統領と、暫定大統領を名乗る野党指導者グアイド国会議長の「2人の大統領」による正統性をめぐる対立が続いている南米ベネズエラで8日、グアイド氏の側近として知られるエドガル・サンブラノ国会副議長が、「クーデター未遂」に関与した疑いで情報機関に身柄を拘束された。マドゥロ派が大半を占める制憲議会は7日、サンブラノ氏を含む野党議員7人の不逮捕特権を剥奪していた。

    0
    続き

    ウクライナ揺さぶるロシア

     ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州で親露派が実効支配し独立を主張している「ドネツク人民共和国」「ルガンスク人民共和国」の住民に対し、ロシア国籍取得手続きを簡素化する大統領令に署名した。政治手腕が未知数のゼレンスキー次期大統領にロシアの存在感を見せつけ、その出方を見極める狙いがある。(モスクワ支局)

    0
    続き

    WTO改革案、日本が議論をリードせよ

     韓国による福島など8県産水産物の禁輸に関して、世界貿易機関(WTO)上級委員会が日本逆転敗訴の判断を出したことを受け、日本政府が先月中旬、WTO側に紛争処理システムの改革案を提出していたことが明らかになった。

     機能不全に近い上級委

    1
    続き

    「阿部昭は忘れられていなかった!?」と思った…

     「阿部昭は忘れられていなかった!?」と思ったのは、30年前に亡くなったこの短編小説の名手を思い出すことが時々あったからだ。

     先月末、平成時代の最末期に阿部著『天使が見たもの』(中公文庫)が刊行された。幾つかの短編が収録されたこの文庫の表題作「天使が見たもの」(1976年)は、当時文芸時評で高い評価を得た。

    0
    続き

    ブラジルのボルソナロ大統領の支持率低下

     ブラジルの民政化後、初の本格的な保守派大統領として就任したジャイル・ボルソナロ氏の支持率が低下している。財政再建に向けた政策は進んでいるが、現政権に早急な景気改善を求めてきた世論の期待も大きかったのが原因だ。 (サンパウロ・綾村悟)

    0
    続き

    日米友好の象徴に危機

     米首都ワシントンの春の風物詩である桜で有名なポトマック河畔は、今年も4月上旬ごろ、その花を愛(め)でる地元の人たちや観光客で賑(にぎ)わった。しかし、1912年に当時の東京市から桜が寄贈されてから100年以上が経(た)ち、日米友好の証でもあるこの桜の名所は危機に瀕(ひん)している。

    1
    続き

    池江璃花子選手「治療は順調に進んでいます」

     白血病で闘病している競泳女子の池江璃花子選手(18)が8日、公式ホームページ(HP)を開設した。「治療は順調に進んでいます」などと記した手書きの文章を掲載し、近況をつづっている。

    0
    続き

    エンゼルスの大谷、復帰戦は遊ゴロで1打点

     安打こそ出なかったものの、エンゼルスの大谷は自身の打撃に手応えを感じていた。試合出場は約7カ月ぶりと長いブランクがあったが、随所で内容のある実戦的な打撃を見せた。

     まずは三回1死二、三塁から二塁方向への遊ゴロで打点を挙げた。「いい当たりではないが、進塁もしているし、打点も取れている。アウトの内容としては悪くはない」。相手の好守に阻まれたが、七回には三塁へライナー性の打球も放った。

    0
    続き

    宮内庁、カメの甲羅や道具の写真を公開

     宮内庁は8日、皇居で13日に行われる「斎田点定(てんてい)の儀」で使うカメの甲羅や道具の写真を公開した。この儀式で、11月の大嘗祭で使う新穀を作る都道府県を決める。

    0
    続き

    4年連続、「純野生」のトキにひなが誕生

     環境省は8日、新潟県・佐渡島の自然界で生まれ育った国の特別天然記念物トキのペアから、ひな1羽が誕生したと発表した。「純野生」のトキ同士からひなが生まれるのは4年連続で、今年は初めて。

     ひなが生まれたのは、年齢不明の雄と3歳の雌のペア。同日午前9時半ごろ、ペアの巣で雄のトキがひな1羽にエサを与える様子を確認した。

    0
    続き

    亡き仲間の思い胸に、被災の消防団屯所を再建

     東日本大震災で被災した岩手県大槌町消防団第2分団の屯所が、同町安渡地区で8年ぶりに再建された。第2分団では、住民の救助や避難誘導に当たっていた団員11人が殉職。多くの仲間を失いながらも地域防災に関わり続けた分団長の小国峰男さん(69)は、「安渡の住民も安心したと思う。亡くなった仲間にもうれしい報告ができた」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    騒音トラブル

     今年2月初め、忠清北道清州市清原区のあるアパート(マンション)に住むA氏は午前6時頃、下の階の部屋から赤ちゃんが泣く声が絶えないと、112番(警察申告センター)に電話した。出動した警察が部屋に入ると、天井に上の部屋の騒音に対する“報復用スピーカー”がぶら下がっていた。平素、上の部屋の騒音に苦しめられてきた住民が「赤ちゃんの泣き声」「金槌で叩(たた)く音」「洗濯機を回す音」を自動再生するよう設置して出掛けていたのだ。先月、慶尚南道晋州のあるアパートで統合失調症患者が火を付けて住民に凶器で襲い掛かり20人の死傷者を出した事件も、上下階の騒音トラブルが触発したものだった。

    0
    続き

    米国務長官がイラクを電撃訪問

     ポンペオ米国務長官は7日、イラクの首都バグダッドを予告なしに電撃訪問した。仏・米メディアが9日、イラク政府筋の情報として報じた。同長官は、突然の訪問の目的を、イランが「活動をエスカレートさせているためだ」と指摘、脅威の増大についてイラク側に伝え、米関係者の保護に必要な措置を取れるようにする意図があった、と説明した。

    0
    続き

    23~26日の欧州議会選挙

     欧州連合(EU)加盟各国では、今月23~26日にかけ、欧州議会議員(現定数751)選挙が実施される。フランスをはじめ、加盟国内にはEU懐疑派やポピュリズム(大衆迎合主義)政党が勢いづいており、欧州議会の過半数を占めていた中道右派、左派の2大会派に対して、EU懐疑派が3分の1以上の議席を占めるとの予想も出ている。

    0
    続き

    令和時代到来と安倍首相の思惑

     徳仁新日王(天皇)即位とともに日本で令和時代が始まった。年号は東アジアの君主制において臣民の空間だけでなく時間まで支配しようとする制度的装置で、現代の民主共和国の国民としてはぎこちないことこの上ない。

    1
    続き

    原発対テロ施設、安全対策強化が急がれる

     原子力規制委員会は原子力発電所のテロ対策施設について、期限までに完成しなければ運転中の原発の停止を命じる方針を決めた。

     完成の期限延長認めず

    0
    続き

    生物学者の今西錦司(1902~92)はスポーツ…

     生物学者の今西錦司(1902~92)はスポーツ登山のパイオニアで、国内だけでも登った山は1552山に上る。1500山を達成した85年には、メディアにも登場し、人気者となった。

     生物学者としてカバーした範囲は極めて広く、カゲロウの研究から始まり、ヤマメやイワナ、チョウ、日本の森林、内蒙古の草原など、論文や名随筆をたくさん残した。晩年には全体を包括した自然学を提唱。

    1
    続き

    トランプ米大統領、ウッズ選手に文民最高勲章

     トランプ米大統領は6日、男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手に文民最高位の「大統領自由勲章」を授与した。ウッズ選手は4月14日までのマスターズ・トーナメントで11年ぶりのメジャー制覇を達成。その翌日、トランプ氏が大統領自由勲章授与を発表した。

    0
    続き