■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    「雪嶺の中まぼろしの雪嶺か」(岡田日郎)…

     「雪嶺の中まぼろしの雪嶺か」(岡田日郎)。俳人協会が発行している「俳句カレンダー」の12月に掲載された作品だ。色紙に4行に分けて書かれているが、グレーの帯が斜めに入っている。

     カレンダーを見るたびに句も目に入り、心に染みる。ガスのかかった山中で、嶺の中にもう一つ見える嶺は幻なのだろうかという意味だ。色紙の模様がその幻のように感じられてくる。

    2
    続き

    東京五輪、聖火リレーの第1走者はなでしこ

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は17日、来年3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)から出発する五輪聖火リレーの第1走者を、11年のサッカー女子ワールドカップ(W杯)を制した日本代表(なでしこジャパン)が務めると発表した。

    1
    続き

    終盤に執念のPK、なでしこが3度目の優勝

     閑古鳥が鳴いていたスタンドが、にわかに色めき立った。後半40分すぎ、籾木が放ったシュートが相手DFの手に当たり、ハンドでPKを獲得。ブーイングが響く中、自らキッカーを務める籾木は動じない。冷静にゴール右へ決め、土壇場で決勝点を奪った。

    1
    続き

    競泳女子の池江璃花子選手が今月上旬に退院

     2月に白血病を公表して治療に専念していた競泳女子の池江璃花子選手(19)=ルネサンス=が退院したと、マネジメント会社が17日に発表した。直筆のメッセージも公表し、今後については「2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたい」としている。当初出場を目指していた東京五輪は断念する。

    1
    続き

    自民党の有志議員が料亭「復活」へ議連発足

     自民党の有志議員は17日、日本料理や三味線などを楽しめる料亭の良さをアピールするため、「料亭文化振興議連」を発足させた。

     かつての「料亭政治」は廃れ気味だが、来日外国人の増加などをにらみ、料亭の魅力を広く観光客らに発信したい考えだ。発起人には二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長らが名前を連ねた。

    1
    続き

    伊達家ゆかりの「松川だるま」作りが最盛期

     群青色と最初から入れられた両目が特徴的な伊達家ゆかりの「松川だるま」の制作が仙台市青葉区の本郷だるま屋で最盛期を迎えている。年間を通し、大小合わせて約5000個作るが、師走の12月が一番忙しいという。

    1
    続き

    パートナー制度 「同性婚」に繋がり危険だ

     一夫一婦の婚姻制度を崩壊させかねない動きが広がっている。自治体が同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めて証明書を発行する「パートナーシップ制度」のことだ。

    横浜市でも今月スタート

     神奈川県横浜市が今月、この制度をスタートさせた。同様の制度は2015年、東京都渋谷区で導入したのが最初で、今では大都市を中心に全国28自治体に増えている。今年度中に導入を予定する自治体もあり、さらに拡大しそうだ。

    8
    続き

    南西諸島海域を守る哨戒機P-3C

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     記者向けの哨戒機P-3Cの体験飛行がこのほど、自衛隊那覇基地で行われた。海上自衛隊第5航空群(那覇)の広報担当によると、P-3C飛行訓練を記者に対してオープンにしたのは初めてだという。

    4
    続き

    ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領が来日…

     ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領が来日した。同国大統領としては故カリモフ前大統領以来8年ぶり。これに際し、アブドゥハキモフ副首相の特別寄稿が16日付小紙に掲載された。

     副首相は一橋大に留学した経験のある政権きっての親日家。気流子も2度ほどお会いしたことがあるが、流暢(りゅうちょう)な日本語に驚いたのを覚えている。

    0
    続き

    国内最大の水槽、茨城でジンベエザメ展示構想

     茨城県が、世界最大の魚類ジンベエザメを飼育展示する方針を固めたことが16日、分かった。飼育場所は「アクアワールド茨城県大洗水族館」(大洗町)で、「沖縄美ら海水族館」(沖縄県本部町)の巨大水槽「黒潮の海」を超える国内最大の室内水槽の整備が見込まれる。

     2020年度中に事業化に着手。展示されれば、東日本ではジンベエザメが見られる唯一の水族館となり、県の魅力度向上への貢献が期待される。

    0
    続き

    考古学者、故・加藤久祚氏の業績をしのぶ

     17日からのウズベキスタンのミルジヨーエフ大統領の来日に先立ち16日、同国での遺跡調査に尽力した考古学者、故・加藤久祚(きゅうぞう)氏の写真展が東京・日比谷の帝国ホテルで行われ、発掘調査中のパネル写真など約50点が展示された。

     オープニング式典では、同国国会議員で人権センター所長のアクマル・サイドフ氏が「加藤先生はウズベキスタンを第二の故郷と語っていた」という思い出を披露した。

    2
    続き

    小林陵侑が今季初勝利、「やっときた」好条件

     最後に出番を迎えた2回目の飛躍。小林陵は134メートルを飛んだ着地後も勝利を確信できず、「やっちゃったかな」と思いながらスクリーンを見上げた。「やっと勝てた」。優勝が決まるとスキーを持ったまま両手を突き上げ、雄たけびを上げて喜びを爆発させた。

    1
    続き

    130億年前、宇宙初期の巨大炭素ガス雲を発見

     国立天文台と東大、大阪大などの研究チームは、南米チリにあるアルマ望遠鏡などの観測で、約130億年前の宇宙初期に、銀河を取り巻く巨大な炭素ガスの雲が存在しているのを見つけた。論文は16日、米天文学誌アストロフィジカル・ジャーナルに掲載された。

    2
    続き

    二条城で庭園を眺めながらランチを楽しむ

     京都市は、来年1月11日から2月20日までの期間限定で、世界遺産の二条城の庭園・清流園内にある香雲亭で特別昼食「早春の二の丸御膳」を提供する。香雲亭は普段非公開。美しい庭園を眺めながら旬の京野菜や湯葉などを使った京料理が楽しめる。

    2
    続き

    あと1週間でクリスマス

     ウィーン市庁舎前広場には毎年、欧州最大規模のクリスマス市場が開かれる。今年も11月15日、高さ32メートル、樹齢130年の松の木のクリスマスツリーに付けられた2000個を超えるLEDランプにスイッチが入った。

    0
    続き

    EU牽引役のフランス、正念場に

     フランスは、かつてない失業率の低下で経済は好調に見える。一方、歴代政権の鬼門である年金制度改革で労組の強い抵抗に遭い、昨年の「黄色いベスト」運動の時同様、抗議行動とクリスマスが重なり暗い年末を迎えた。英欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が現実味を増す中、EUの牽引(けんいん)役でもあるフランスは政治的に正念場を迎えている。 (パリ・安倍雅信)

    0
    続き

    トランプ氏支持者はメディアを信用せず 米シンクタンク調査

     米シンクタンクのピュー研究所が、50以上の調査から集めたデータを分析、民主党員のメディアへの信頼が依然高い一方で、トランプ大統領支持者のほとんどは、信頼していないことが明らかになった。

     分析によると、トランプ氏への支持が強いほど、メディアに対する不信感が強まる傾向にある。

    8
    続き

    COP25閉幕 正念場迎えた日本の環境政策

     スペインで開かれた国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)は、各国に温室効果ガス削減目標の引き上げを促し、地球温暖化克服の足取りをさらに強めることを求めて閉幕した。

     日本はさらなる脱化石燃料を要請されるとともに、優れた水の浄化技術などで、アフリカなど途上国の二酸化炭素(CO2)排出抑制や水質浄化への貢献を大いに期待されている。

     原子力利用の道筋を

    1
    続き

    足りぬ子育てのための人材

     筆者の妻は、高齢者のデイケア施設で働いている。年明けに介護福祉士の試験を受けるため、現在は勉強真っ最中である。

     介護の現場はとにかく人材不足だ。妻が繰り返しこぼしているのは、「今月も1人辞めた」というような話である。どうしたらいいのか。給与の引き上げなど待遇改善は必要だろうが、「それだけでは人は来ない気がする」というのが妻の意見だった。

    2
    続き

    「ながら運転」を厳罰化した改正道路交通法…

     「ながら運転」を厳罰化した改正道路交通法が今月施行された。スマートフォンなどを操作して車を運転すると「携帯電話使用(保持)」に問われ、罰則が「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に。

     事故につながりかねない「交通の危険」となった場合は「3月以下の懲役など」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げられるなどした。違反点数では「交通の危険」が2点から即免許停止となる6点に。

    2
    続き

    「本当に重い」、吉野彰さんがメダルを披露

     ノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が15日、妻久美子さん(71)らと共に、授賞式が行われたスウェーデン・ストックホルムから成田空港に帰国した。

     吉野さんは民間機から降り立つと、報道陣に大きく手を振って「帰って来ました」と第一声。到着ロビーで祝福の声とともに花束を手渡された。

    2
    続き

    難敵倒し充実の締め、桃田賢斗が4年ぶりV

     難敵に粘り勝ち、ワールドツアー新記録となる年間11度目の優勝で2019年の国際大会を締めくくった。桃田の「一球一球、取り組んだ結果。よくやったと自分をほめたい」との口調に達成感がにじむ。トップ選手が集う大会で栄冠を勝ち取り、五輪が控える来年へ、ますます弾みがついた。

    1
    続き

    国立競技場、「スポーツの聖地」として再始動

     1964年東京五輪の舞台となった旧国立競技場が半世紀にわたる歴史を閉じてからおよそ5年。「スポーツの聖地」として再始動する新たな競技場が15日、報道陣などに公開された。

     真新しいスタジアムは、木をふんだんに使い、自然との調和を意識したデザインが目立つ。約6万ある観客席は、茶、緑、薄緑、灰色、白の「自然界の5色」でモザイク状に彩られている。下の方に大地の茶色、上部には空気感のある薄い色を配した。

    1
    続き