■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    再生可能エネルギーに否定的な税制法案

    テキサス州は風力発電で全米一になったが、共和党の牙城で、石油の豊かなこの州の保守派は、再生可能エネルギーが他のどの部門よりも急成長しているにもかかわらず、依然として再生可能エネルギーに対して懐疑的だ。

     政治的駆け引きが信頼できるデータよりも重視されているようにみえることがよくある。これは、テキサス州風力連盟のトップ、ジェフ・クラーク氏にとっては信じられないことかもしれない。

    0
    続き

    慰安婦合意「問題点」指摘か 韓国政府作業部会

     日韓懸案のいわゆる従軍慰安婦問題をめぐり「最終的、不可逆的解決」を確認した2015年12月の両政府間合意について、合意に至る過程に問題がなかったか検証してきた韓国外交部直属の合意検討作業部会が今月末に予定している結果発表で、生存している元慰安婦たちの了承を経ずに合意したことなどいくつかの内容を「問題点」として指摘する可能性が高いことが分かった。日韓関係筋が15日、本紙に明らかにした。

    2
    続き

    米軍ヘリ窓落下、安保体制への信頼損なうな

     沖縄県宜野湾市で米軍ヘリコプターの窓が落下し、約50人の児童が体育の授業をしていた小学校の校庭を直撃した。

     幸い被害はなかったが、一歩間違えれば大変な事故になっていた。日米安保体制への信頼を大きく損なうものであり、言語道断だ。

    普天間隣接の小学校に

    4
    続き

    東京都千代田区の国立劇場小劇場で年4回…

     東京都千代田区の国立劇場小劇場で年4回行われる文楽公演の今年最後のプログラム「ひらかな盛衰記」を聞いてきた。「源平盛衰記」を分かりやすくしたものだが、「実はこうだった」ふうの大胆な解釈を行っている。

     主人公は、木曾義仲の四天王の一人、樋口次郎兼光。「源平盛衰記」では、義仲討ち死に後、投降し処刑されたと記されている。ところが「ひらかな」では、大津の船宿の船頭になり、敵討ちの機会を狙っているという設定である。

    2
    続き

    日比関係に水差す慰安婦像

     このほどマニラ市にフィリピン初の慰安婦像が設置された。事前に話題にもなっておらず、まさに青天霹靂(へきれき)といった感じだ。8日に行われた除幕式の様子を報じているのは、ほとんどが中国系メディアで地元メディアではほとんど話題になっていない。

    6
    続き

    見えずとも、また楽しからずや

    タキサワ・USA元副社長 長宗 繁氏に聞く

    1
    続き

    韓中首脳会談で誤ったメッセージ与えるな

     文在寅大統領の訪中で重要なのは、北朝鮮の核問題解決に対する共感形成だ。両政府はひとまず北核問題の平和的解決を最終目標にする点で一致している。これを目標に中国が積極的に行動し、北朝鮮を交渉テーブルに導く手段としての強力な制裁と圧迫を確実に実行しなければならないことを積極的に念押しすべきだろう。

    0
    続き

    米軍需企業の買収進める中国

     中国が密(ひそ)かに米国の軍事技術関連企業の買収を進めているとして、外国企業による米国への投資の監視を強化することが連邦議会で検討されている。

     共和党のピッテンジャー下院議員は先月、外国投資リスク評価近代化法案を提出した。同氏はワシントン・タイムズ紙に対し、「中国は、米国の重要な技術、情報の獲得を狙っている。これを止めなければならない」と述べ、中国企業による米国への侵入に警鐘を鳴らした。

    11
    続き

    富士山に降り注ぐ「ふたご座流星群」

     3大流星群の一つ「ふたご座流星群」が出現のピークを迎え、13日夜から14日未明にかけて富士山に降り注ぐかのような流星が観測された。

     静岡県富士宮市のキャンプ場には約20人の天文ファンらが訪れ、明るい流星が現れるたびに歓声が上がった。

    0
    続き

    金井宣茂さん「武道の精神を宇宙で生かす」

     宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が17日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から国際宇宙ステーション(ISS)に向け出発する。金井さんは高校時代から合気道や弓道など、さまざまな武道に親しみ、中でも海上自衛隊時代に始めた居合道は、宇宙飛行士になってからも稽古を継続。「武道にある日本人としての考え方や生き方が、ISSのようにさまざまな国の人たちが一緒に働く中で、ユニークな価値を与えるのではないか」と話す。

    1
    続き

    伏見城跡に秀吉の石垣に、家康の「埋め殺し」痕跡

     豊臣秀吉が16世紀に築いた伏見城の石垣が京都市伏見区で初めて見つかったと、発掘した民間の調査会社「四門」(東京)が14日、発表した。関ケ原の戦いの後、徳川家康が再建した石垣の下から発見され、家康が豊臣家の遺構を残すまいとした「埋め殺し」がうかがえるという。

    0
    続き

    公道で全国初、無人の全自動運転車の実証実験

     運転席にドライバーがいない乗用車が公道で走る「遠隔型自動運転システム」の実証実験が14日、東京都内と愛知県内でそれぞれ行われた。都などによると、自動運転技術では人が運転に関与しない「レベル4」に準ずる段階で、警察庁が6月に出した公道実験に関する新指針に基づく初めての取り組み。

    0
    続き

    60人が参加、お風呂で楽しくオリンピック?

     銭湯で風呂おけなどを使って順位を競うイベント「お風呂の祭典 オフロンピック」が10日、大阪市住之江区の「姫松温泉」で開催された。約60人が参加。

     車輪を付けたおけで床の的を狙う「桶カーリング」や、おけを積み上げる「桶タワー積み」など4種目の競技に挑戦した。初参加で小学5年生の倉本陽斗君(10)は「普段はお風呂で怒られるようなことができて楽しかった」と笑顔。

    0
    続き

    巡航ミサイル、国家の安全確保に不可欠だ

     防衛省が長射程の巡航ミサイル導入の意向を示しているが、一部で「憲法違反」「専守防衛に反する」などといった反対論が出ている。だが、攻撃力なき軍事力は侵略を抑止できないのみならず、同盟国である米国の支援がなければ侵略阻止もできない。このため、現状のように攻撃力が欠如している自衛隊では、混迷する冷戦後の国際社会で国家の安全は確保できない。

     攻撃力を欠く自衛隊

    7
    続き

    「山崎豊子は、戦後日本の文学の中にあって…

     「山崎豊子は、戦後日本の文学の中にあって、(略)『真に男らしい男』を描きえた唯一の作家」(大澤真幸(まさち)著『山崎豊子と〈男〉たち』新潮選書)とあるのを目にした時、「!?」と思った。

     山崎が批評や研究の対象になったことは、めったにない。何千もの批評が残っている三島由紀夫とは対照的だ。それでも「男らしい男」を描いたのは、三島でも松本清張でもなく、山崎だったというのが大澤説だ。

    0
    続き

    モスク襲撃に思う

     エジプトのテロは、そのほとんどが、同国東部シナイ半島北部で発生、大部分は、軍や警察などの治安要員が標的だった。その頻度は高く、政府は自分たちの被害を周知せしめるためにわざと放置しているのではないかとの疑念がささやかれるほどだった。

    1
    続き

    乾杯の掛け声

     西洋の晩餐(ばんさん)では酒の入った杯を合わせ乾杯を叫ぶのが儀礼だ。ホストが乾杯の辞を述べた後に杯を上げて客たちが「チアーズ」、「ボトムズアップ」などの掛け声を叫ぶ。首脳間の公式晩餐でも同じだ。文在寅大統領は今年11月、ウズベキスタンのシャヴカト・ミルズィヤエフ大統領主催の国賓晩餐会で「ドストリック・ウチュン」と叫んだ。「友情のために」というウズベキスタン語だ。

    1
    続き

    北核問題解決に向けた米の圧力

     北朝鮮の核・ミサイル問題の解決で、米国はなぜ中国にだけ圧力をかけるのか。北朝鮮を締めつける効果的で強力なカードが中国に最も多いからだ。国連の対北制裁も中国の強力な履行意思がなければ空念仏に終わる。

     北朝鮮の対外貿易の大部分を占める中国の経済的影響力が“中国の役割論”の背景にある。北核問題解決の失敗を中国のせいにしようとする意図もあるだろう。

    0
    続き

    中国の華僑逮捕を許すな 郭文貴後援会が会見

     中国共産党の要人らの汚職疑惑を告発し、米国に亡命を求めている中国の実業家・郭文貴氏を支援する「日本支持郭文貴爆料後援會」(郭文貴後援会)の世話人・相林氏が13日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見し、中国当局が国外の中国人、華僑らに対して大使館、領事館を通じた監視を強めていることを指摘した。

    5
    続き

    和平交渉への影響は不透明、トランプ大統領のエルサレム首都承認

     トランプ米大統領が6日、エルサレムをイスラエルの首都と認める宣言をした。イスラエル側は歓迎したが、パレスチナ側には怒りが広がっている。パレスチナの各地では、デモ隊とイスラエルの治安部隊が激しく衝突。和平交渉への影響をめぐっても、イスラエル、パレスチナ双方で賛否の声が上がっている。(エルサレム・森田貴裕)

    2
    続き

    羽生善治永世七冠、井山裕太7冠に国民栄誉賞を

     政府は、将棋で史上初の永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初めて2度の7冠独占を果たした井山裕太氏(28)に国民栄誉賞を授与する検討に入った。前人未到の快挙で、同賞にふさわしいと判断した。菅義偉官房長官が13日午前の記者会見で明らかにした。

    0
    続き

    東京五輪の大会経費、さらなる大幅削減へ意欲

     2020年東京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会の第5回会議が13日、東京都内で日程を終えた。ジョン・コーツ調整委員長は記者会見で、現在1兆3850億円(予備費除く)の大会経費に関し「あと2年半でかなり節約できると確信している」と述べ、さらなるコストの削減へ意欲を示した。

    0
    続き

    宇宙ベンチャー、日本勢初の月着陸を目指す

     宇宙開発のベンチャー企業、アイスペース(東京)は13日、101億円余りの官民資金を調達し、2020年までに日本勢初の月面着陸を目指すと発表した。技術開発段階における新興企業の資金調達額としては国内最大規模という。

    0
    続き