■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    移住覚悟で沖縄へ? 舟作りや操船は高い技術か

     アフリカで20万年前までに出現した現生人類(ホモ・サピエンス)は、旧人や原人をしのいで世界に進出。3万年以上前にユーラシア大陸から日本列島に渡った。航海再現プロジェクト代表の海部陽介・国立科学博物館人類史研究グループ長は、初期の集団は「漂流や飢饉(ききん)などでやむを得ず渡ったのではなく、移住を決意して準備した」とみている。

    0
    続き

    TOKYO急ピッチ1年前、咲くか震災復興の花

     東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の風評被害が続く福島県。その中でも花類は比較的風評を受けにくいとして、地元は2020年東京五輪・パラリンピックで使ってもらおうと力を入れている。会場の装飾やメダリストに贈る「ビクトリーブーケ」などで、世界に復興を印象づけられるか。

    0
    続き

    玉木雄一郎代表、アムロのコスプレ姿で登場

     参院選の公示後最初の日曜日となった7日、国民民主党の玉木雄一郎代表が東京・秋葉原で開いた党の集会にアニメ「機動戦士ガンダム」の主人公アムロに扮(ふん)したコスプレ姿で登場、足を止めた若者と握手したり記念撮影に応じたりした。

    0
    続き

    ジョアン・ジルベルト氏死去

     「イパネマの娘」などボサノバ音楽の歌手・ギタリストとして有名なジョアン・ジルベルト氏が6日、リオデジャネイロの自宅で死去した。88歳。死因は不明。家族によると、数年前から体調を崩していたという。

     ジルベルト氏は1950年代後半、作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビン氏らと共に、ブラジル生まれの音楽ジャンルとして知られるボサノバ音楽を生み出した1人。

    0
    続き

    台湾の小学生、海洋ゴミ問題を人形劇で訴える

     昨年3月、海岸清掃で防水ケースに入ったカメラを拾い、SNSを通じて落とし主の日本人女子大生へ返した台湾北東部・宜蘭県の岳明小学校6年生の児童たちが7日、東京・虎ノ門の台湾文化センターで伝統的人形劇の布袋戯(ポテヒ)を披露した。劇は漂着したカメラの実話を基にしており、ごみによる海洋汚染問題を啓発している。

    2
    続き

    対韓輸出厳格化、文氏はこれ以上信頼損なうな

     政府が韓国を対象に半導体材料の輸出管理を強化した。日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐって解決策を示さない韓国政府への事実上の対抗措置だ。

     韓国の文在寅政権の反日的な姿勢で、日韓関係は悪化の一途をたどっている。これ以上、日本との信頼関係を損なうべきではない。

    フッ化水素などが対象

    17
    続き

    知的財産の帰属をめぐって、大国間で熾烈な…

     知的財産の帰属をめぐって、大国間で熾烈(しれつ)な争いが続いている。日本にとっても対岸の火事ではない。政府は今秋から知財の活用に詳しい専門家を大学に派遣し、バイオや人工知能(AI)など先端分野の特許取得を支援する方針を固めた。

     米中に比べ科学技術の研究力に陰りが見える時だけに、大学の知財の特許取得強化は望ましい。知財は、企業の実用化研究を経て、産業化され、実となる。知財の保護についてわが国の大学は取り組み不足だ。

    3
    続き

    支援会社を設立、ミカン産地復興へ若手の力

     西日本豪雨で被害の大きかった愛媛県南部の南予地域はミカンなどかんきつ類の一大生産地だ。農家の被害は大きく、宇和島市吉田町の玉津地区では全農地約400ヘクタールのうち、約4分の1が被害を受けたとされ、出荷額は1億5000万円ほど落ちたという。一時は農業を辞める人が続出すると危惧されたが、1年がたち、若手を中心に支援会社を設立するなど、復興へと歩みを進めている。

    0
    続き

    「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に決定

     全国に約20万基あるとされる古墳の中で、「百舌鳥・古市古墳群」は4世紀後半から5世紀後半の古墳時代の最盛期に築造された。前方後円墳の巨大化が図られた時期に当たり、国内最大の仁徳天皇陵古墳(大山古墳)など大規模古墳が威容を誇っている。

    0
    続き

    直径28mm以上、ハート形サクランボがデビュー

     青森県などが開発したサクランボの新品種「ジュノハート」の販売が6月29日、県内で始まった。直径28ミリ以上のハート形の大玉で、甘みが強いのが特長。ローマ神話の女神「Juno」と果実の形から命名された。

    0
    続き

    遠ざかった五輪、伊調馨が世界選手権を逃す

     伊調の目は潤んでいた。「悔しい。でも、誇りを持って挑戦できたことに悔いはない」。昨年12月の全日本選手権から、川井梨と繰り広げてきた死闘。存分に力を出した末の決着で、若い相手にあと一歩及ばなかった。女王の胸中に、充実感と悔しさが入り交じる。東京五輪は遠ざかった。

    0
    続き

    「ナントへの旅」、大量の男女の像が現る

     5日、フランス西部ナントの屋外に大量に展示された男女の像。

     6日から9月1日まで開かれる「ナントへの旅」と題した芸術祭のための作品で、記念撮影を楽しむ人の姿が見られた。

    0
    続き

    南シナ海、日米は共同訓練で関与強めよ

     中国軍が南シナ海で対艦弾道ミサイルの発射実験を実施したことが確認された。

     米政府は「南シナ海を軍事化しないという中国の約束に反する」として警戒を強めている。地域の安定に向け、日米が積極的に役割を果たすことが求められる。

    中国がミサイル発射実験

     米NBCニュースなどの報道によると、複数の対艦弾道ミサイルが南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島近くの「人工構造物」から発射された。

    1
    続き

    じっとしていても、汗ばむ季節。特に梅雨の…

     じっとしていても、汗ばむ季節。特に梅雨の時は湿度が高いので、汗がべたべたとして衣服が肌に張り付く印象がするほど。不快指数が上がり、何をするのも億劫(おっくう)に感じてしまう。

     この時期、手放せないのが傘。雨が降るかどうか判断に迷った時は傘を持参する。降らない場合は傘を少しうっとうしく思うことも。結構、置き場所に迷うからだ。雨が降っている時も、特に電車の中では、傘が濡れているせいもあって、どう置くかいろいろ試したりする。

    0
    続き

    10分間で31個、米国在住の須藤美貴さん6連覇

     米独立記念日の4日、ニューヨークのコニーアイランドで開かれた恒例のホットドッグ早食い大会で、米国在住の須藤美貴さん(33)が女性部門で6連覇を果たした。10分間で31個を平らげた。

    0
    続き

    安倍首相、サクランボと桃を「日本一」と絶賛

     首相官邸で大雨に関する閣僚会議をこなした後、新幹線に飛び乗った。キックオフの場所は、ほぼ恒例となった東日本大震災の被災地、福島。第一声は当初の予定から約45分遅れたが、小雨にぬれながら「災害対策で遅れた」と釈明する横顔には、現職首相の自負ものぞく。

    0
    続き

    金でも満足せず、世界選手権を見据える3人

     体操の男子団体総合で、10月の世界選手権代表の3人が総合力の高さを見せつけて金メダル。演技の構成などを試行錯誤しながらも、個人総合の予選でも合計得点の3位までを独占。それでも世界選手権を見据える3人は満足していなかった。

    0
    続き

    ユニクロなど、プラスチック製買い物袋を廃止

     ファーストリテイリングは3日、「ユニクロ」「ジーユー」などで使用しているプラスチック製買い物袋を廃止すると発表した。

     9月以降、22カ国・地域にある全約3500店で順次、再生紙などを使用した紙袋に切り替える。また、紙袋の利用率低減を目指し、2020年1月からユニクロ、ジーユーの国内全店で有料化(1枚10円税抜き)を実施する。

    0
    続き

    「縁むすびの神様」、思いを届ける夏の風鈴

     「縁むすびの神様」として知られる川越氷川神社(埼玉県川越市)で6日、約2000個の江戸風鈴が飾られる祭事「縁むすび風鈴」が始まる。それに先立ち5日、色とりどりの風鈴が並ぶ「風鈴回廊」など目玉となるエリアが報道陣に公開された。

    0
    続き

    お守りに吹く新風

     タイを旅行したことがある人なら、必ず目にするのがプラクルアン(お守り)だ。

     このプラは、幸運を呼ぶお守りとされ、バスやタクシーなど運転席の前や飲食店など、至る所で目にする。

     タイ国民のプラ所持率は約7割とされ、お守りは生活と密着した文化となっている。

    0
    続き

    左傾化を推進した韓国映画 偽情報で国民感情をあおる

    《 記 者 の 視 点 》

     映画の試写会によく足を運ぶ。映画で扱われる題材は多種多様だが、世界で何が起きているのかを知る窓口でもある。今回取り上げるのは韓国映画だ。韓国社会で何が起きているのか、ヒントにはなる。

    2
    続き

    北方領土、成果焦って足元を見られるな

     20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせ、日露首脳会談が行われた。

     会談では、北方領土問題を含む平和条約締結交渉を引き続き進めることで一致したが、具体的な進展はなかった。

    進展しない対露交渉

    0
    続き

    最近は温暖化の影響で毎年のように深刻な…

     最近は温暖化の影響で毎年のように深刻な大雨被害に見舞われるようになったが、水は本来命の源であり、清流、豊かな水資源がもたらす恩恵は多岐にわたる。長良川の鵜(う)飼いで知られる岐阜県関市が名刀の産地でもあるのは、豊かな水のおかげである。

     独特のそりを持つ日本刀は、平安時代の後期に完成された。産地としては、山城、大和、備前、相州、美濃(関)が有名で「五か伝」と総称される。

    0
    続き