■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    「国家能力が先か、民主化が先か」

     最近、世界的に権威ある学術誌『ガバナンス』に載った「まず国家、それから民主主義」という論文は民主主義と国家能力に対する長い間の論争をいま一度喚起させてくれる。

    2
    続き

    “読書人事”の功罪

     盧武鉉元大統領は2004年5月、弾劾棄却が決定された直後、青瓦台(大統領府)の組織改編を断行した。この人事で、演説チームの傘下に「リーダーシップ秘書官」という聞きなれない役職が新設された。読書狂だった盧元大統領が(憲法裁判所による)弾劾(審査の)期間中に読んで感銘を受けた『ドゴールのリーダーシップと指導者論』の著者である李柱欽・外交部アジア太平洋局審議官を大統領府の秘書室に抜擢(ばってき)するためにつくった官職だ。

    1
    続き

    大阪ダブル選、「都構想」よりも市廃止を問え

     「大阪都構想」を争点に、地域政党「大阪維新の会」代表の松井一郎大阪府知事と同政調会長の吉村洋文大阪市長がともに辞任して、知事と市長の入れ替えダブル選挙に挑む。

     自民党は元府副知事の小西禎一氏を府知事候補に擁立し、維新と他の主要政党との政治対決となりつつあるが、真剣な行政改革論議を望みたい。

    本質逸れる構想名

    8
    続き

    米国映画界最大の祭典、第91回アカデミー賞…

     米国映画界最大の祭典、第91回アカデミー賞の作品賞は「グリーンブック」(ピーター・ファレリー監督)が受賞し、脚本賞と助演男優賞も受賞した。3月1日から日本でも公開が始まっている。

     小紙2月22日付で映画の紹介記事が掲載されたが、「トロント国際映画祭観客賞受賞など10受賞59ノミネート」という一節があった。これを読んだ映画宣伝会社の担当者から「数の出典は?」と不思議な問い合わせ。

    0
    続き

    東京五輪の開幕まで500日!

     2020年東京五輪の開会式まで500日となった12日、大会組織委員会が五輪で実施される33競技を表す50種類のピクトグラム(絵文字)を発表した。会場装飾やチケット、競技紹介ガイドブックなどに使用され、世界中から訪れる観客に言語を問わず情報を伝える役割も果たす。

    0
    続き

    「金正恩打倒」、北朝鮮大使館の塀にハングルで落書き

     在マレーシア北朝鮮大使館の塀の外側に、何者かが金正恩朝鮮労働党委員長の体制を批判する落書きをしていたことが12日、分かった。落書きには、金正恩政権打倒を目指し、「臨時政府」の樹立を宣言した団体「自由朝鮮」の関与をうかがわせる内容が含まれていた。

    0
    続き

    安倍首相、拉致被害者の地村保志さんと面会

     安倍晋三首相は12日、北朝鮮による拉致被害者、地村保志さんらと首相官邸で面会した。首相は、先の米朝首脳再会談でトランプ大統領が拉致問題を提起したことを説明。「この後は、あらゆるチャンスを逃さないとの決意で最終的には私自身が金正恩朝鮮労働党委員長と向き合わなければならない」と述べた。

    0
    続き

    大垣東高校の生徒ら、自作絵本を読み聞かせ

     東日本大震災から8年。津波で甚大な被害を受けた福島県相馬市内の保育園を岐阜県立大垣東高校の生徒らが訪れ、自作した絵本を園児に読み聞かせた。生徒や卒業生による「岐阜ボランティアサークル」が2013年以降、毎年行っている取り組みだ。同校で美術講師を務める金田典子代表は「震災の風化が進む中で、生徒が現場に足を運ぶことに意味がある」と話す。

    0
    続き

    岡山県真庭市、「ごみ警察」動画で啓発

     岡山県真庭市は、ごみ問題の啓発動画「真庭市ごみ取締警察24時!」を制作した。

     ごみが増え続けた近未来の市を舞台に、架空の秘密警察がごみ出し違反を取り締まる内容。動画投稿サイト「ユーチューブ」の市公式チャンネルで公開し、持続可能なまちづくりを訴えている。

    0
    続き

    アルジェリア大統領、5選出馬を撤回

     アルジェリアのアブデルアジズ・ブーテフリカ大統領は11日、4月18日に予定されていた大統領選挙への出馬を撤回するとともに、同選挙の実施を延期することを表明した。

     大統領選の時期について国営アルジェリア通信(APS)は、来年中に行われる予定の政治改革・憲法改正に関する国内会議の終了後になるとブーテフリカ氏が説明したと報じた。

    0
    続き

    卒業式のプレゼントの是非

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     3月は卒業式シーズン。沖縄の卒業式の風物詩の一つに、キャンディ・レイがある。菓子の首飾りのことだ。このシーズンになると、コンビニ、スーパー、雑貨屋などあらゆる場所で菓子のレイが売られる。

    2
    続き

    英国の欧州連合(EU)からの離脱が今月…

     英国の欧州連合(EU)からの離脱が今月29日に迫る中、メイ首相とユンケル欧州委員長が離脱協定案をめぐり新たな合意に達した。EUが譲歩した形だが、野党・労働党党首などは反対の姿勢を示しており、議会で承認されるかは予断を許さない。

     EU離脱問題は英国に刺さった棘(とげ)どころか、国を分断する楔(くさび)となっている。最悪の場合は「合意なき離脱」に突入し、大きな混乱を招く恐れがある。

    2
    続き

    チベット動乱60年、宗教や文化の抹殺は許されぬ

     チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世ら多数のチベット人が、インドなどに亡命するきっかけとなった1959年のチベット動乱から60年が過ぎた。

     この間、中国政府は一貫してチベットの言語や宗教を抑圧してきた。チベット人の人権を侵害し、独自の宗教や文化を抹殺する政策は決して許されない。

    「中国化」を急ぐ当局

    3
    続き

    世界最高額紙幣1000フラン

     スイス国立銀行(中央銀行)は5日、1000フランの新デザインの紙幣を発表した。スイスのニュースサイト「スイス・インフォ」によれば、新紙幣は光沢インク・繊維や切り抜き、紫外線や超極小文字など15の偽造防止加工が施されている。

     さらに外側にコットン紙、内側にポリマーを使った3層構造で強度を高め、これまでの紙幣より長持ちするようになっている。

    1
    続き

    イギリスの「合意なき離脱」交渉

     英国で3月29日(現地時間)の欧州連合(EU)離脱期限が迫り、合意なき離脱が現実味を帯びる中、EU側の懸念が強まっている。貿易依存の高いEU・英国双方は、離脱後の想定外の混乱を警戒、さまざまな準備を進めている。一方で離脱期限の延期を許容する発言もEU首脳から出ている。 (パリ・安倍雅信)

    1
    続き

    日本勢初の快挙、小林陵侑が総合優勝を決める

     10日に行われたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子で、小林陵侑(土屋ホーム)が欧州勢以外で初の総合優勝を成し遂げた。岩手県八幡平市出身の22歳は、W杯を一緒に転戦する兄の潤志郎とともに成長し、世界一へと上り詰めた。「まだあまり実感が湧かない」と言いながらも、うれしそうに笑った。

    1
    続き

    陶芸家の志賀喜宏さん「新たな特産をつくる」

     東京電力福島第1原発事故により避難指示区域に指定された福島県浪江町出身で、江戸時代から続く伝統工芸「大堀相馬焼」の陶芸家、志賀喜宏さん(58)が避難先の郡山市で新たな窯元を営んでいる。「郡山で新たな特産品をつくりたい」。作品作りの原動力は、8年前の原発事故で避難を強いられた悔しさだ。

    0
    続き

    乳児用液体ミルクの店頭販売、8年越し実現

     乳児用液体ミルクの店頭販売が国内で始まった。東日本大震災発生直後、セブン&アイ・ホールディングス傘下の食品スーパー、ヨークベニマル(福島県郡山市)は、当時未認可だった液体ミルクの緊急輸入を目指したが断念した経緯がある。大高善興会長は8年越しで国内販売が解禁されたことに「やっと実現した」と語った。販売店は今後、段階的に広がっていく見通しだ。

    0
    続き

    日露戦争当時のロシア人将校と日本女性の恋

     日露戦争当時、戦線で捕らえられ、捕虜となったロシア兵らが日本に連れてこられた。その数は7万人に上ったといわれ、最初の捕虜収容所となったのが四国の松山。

     この映画は、負傷して連れてこられたロシア将校ソローキンと、看護に当たった日本女性武田ゆいとの恋の物語だ。

    1
    続き

    「eスポーツ部」の正式部活採用に割れる意見

     コンピューターゲームで勝敗を競い合う「eスポーツ」を学校の正式な部活として採用しようと検討を進めている公立高校がある。校長は「生徒がやりたいなら拾い上げたい」と前向きだが、教員の間には根強い反対も。「部活でゲーム」は受け入れられるか-。

     業界団体の日本eスポーツ連合によると、eスポーツの競技人口は世界で1億人に上るとされる。国内でも人気は高く、新たな成長産業としての期待も高まっている。

    0
    続き

    米朝会談再開へ自信、米TVとのインタビューでボルトン氏

     北朝鮮の核・ミサイルをめぐる活動が活発化している可能性が報じられる中、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は10日、報道に否定的な見方を示す一方で、米朝首脳会談再開へ自信を示した。

     ボルトン氏はABCテレビとのインタビューで、「北朝鮮では常に、さまざまな活動がある。特定の衛星写真について検討するつもりはない」と主張。米情報機関は、北朝鮮の活動を「一瞬も逃さず」監視しており、「北朝鮮の能力がどのようなものなのか見誤ってはいない」と情勢把握に自信を示した。

    1
    続き

    震災後の幽霊談

     5年前に白血病で亡くなった同級生の墓が埼玉県内にある。彼の墓参りを終え、同級生4人で食事会会場に向かうタクシー車中での会話。

     「アイツ、あの世で何やってんのかな?」

     「あの世と言えば、石巻では、まだ幽霊が出るらしいぞ」

    0
    続き

    スポーツ競技の栄冠をめぐっては、よく勝者…

     スポーツ競技の栄冠をめぐっては、よく勝者を称(たた)えて<運も実力のうち>ということが言われる。僅差の勝ち負けだったり、天候が運不運を分けたりする場合などがあるが、この場合は掛け値なしの実力で頂点を極めたと言っていい。

     スキージャンプの本場ノルウェーで、ジャンプ男子の個人総合優勝の偉業を達成した小林陵侑(りょうゆう)選手(22、土屋ホーム)である。ワールドカップ始まって以来、これまで39シーズン連続で総合王者を占めた欧州勢以外では史上初となる快挙。

    0
    続き