■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    最近の台風は毎年のように豪雨による甚大な…

     最近の台風は毎年のように豪雨による甚大な被害をもたらしてきた。ただ千葉県に上陸した台風15号の場合、雨の被害はそれほどでもなかったが、暴風による被害で現在も県内で約18万戸が停電している。

     東京電力によると、全域での復旧には最長2週間かかる。こんなことは日本の台風災害史上あまり例がないだろう。復旧の遅れの原因は、大規模な倒木や設備の損壊によるという。

    0
    続き

    次世代通信「5G」を使って対戦、仮想現実も

     世界有数のゲーム見本市「東京ゲームショウ2019」が12日、千葉県千葉市の幕張メッセで開幕した。最新技術の仮想現実(VR)や次世代通信規格「5G」を使ったゲームなどが注目を集めている。また、コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」のイベントや約700のゲーム会社・団体による新作紹介などが行われた。

    4
    続き

    世界最高の図書館、オーディ

     国際図書館連盟(IFLA)によって昨年12月に新たに建てられたヘルシンキ中央図書館(オーディ)が、このほど世界の図書館の中でベストの図書館として「公共図書館オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

     確かに中央図書館はユニークな建物で、いわゆる図書館らしくない図書館といえる。建物自体は木、ガラスそしてスチールを用いて造られており、波を打つような北欧様式の伝統的技術と現代建築を併せ持った建物だ。

    1
    続き

    モスクワ市議会選、広がるロシア政権への不満

     ロシアで9月8日に行われた統一地方選は、極東など一部の議会を除いて与党「統一ロシア」の勝利に終わった。民主派が反政権デモを繰り広げたモスクワ市議会選では、政権側はデモ参加者を拘束し中心メンバーに実刑判決を下すなど、徹底した封じ込めを図った。これに対し民主派はツイッターを使った与党候補の落選運動を行い、一定の成果を収めた。 (モスクワ支局)

    0
    続き

    港町にジャズ、喫茶「ヴァンガード」が交流の場

     東日本大震災で甚大な被害を受けた港町、宮城県気仙沼市にある喫茶店「ヴァンガード」。半世紀以上にわたり、住民にジャズとコーヒーを届けてきた老舗だ。11日で震災から8年半たった。店はレトロな雰囲気を守りながら、ジャズを通して誰もが交流できる場へと進化している。

    2
    続き

    平安京の「九条大路」発見、最南端と四辺が確定

     京都市埋蔵文化財研究所は12日、同市南区にある市立洛陽工業高校跡地の発掘調査で、794年に遷都された平安京最南端の「九条大路」を初めて見つけたと発表した。最北端の一条大路と東西両端の東京極大路、西京極大路は既に発見されており、これで平安京の四辺が確定した。

    2
    続き

    ふるさと納税返礼にプロジェクションマッピング

     岐阜県笠松町は10月から、ふるさと納税の新たな返礼品として、壁などに映像を投影するプロジェクションマッピングを導入する。地元の岐阜工業高校の生徒が制作し、納税者の元に出向いて投影する。

     同校から「高校生が作るオリジナルのプロジェクションマッピングを返礼品にしてはどうか」との提案があり実現することにした。

    2
    続き

    サッカースタジアムのピッチに森が出現

     オーストリア南部クラーゲンフルトのサッカースタジアムに、森が出現した。

     「森のために」と題されたアート作品で、ピッチに約300本の木が植えられている。10月27日まで一般公開される。

    2
    続き

    ボルトン氏解任、米国は堅実な外交安保陣容を

     米政権で国家安全保障担当大統領補佐官からボルトン氏が解任された。近く後任指名するトランプ大統領は1期目に3回も同補佐官を代えることになる。国務長官、国防長官も解任した経緯があり、外交・安保の政権陣容を整えて国際問題に対処することが緊要だ。

      タリバンとの協議に反対

    5
    続き

    先月末に亡くなった大村彦次郎氏は、文芸雑誌…

     先月末に亡くなった大村彦次郎氏は、文芸雑誌の名編集者として知られた。名前が幕末維新時の長州の軍略家大村益次郎と1字違いだ。文壇3部作と言われる『文壇うたかた物語』『文壇栄華物語』『文壇挽歌物語』を残した。戦後文壇史に関心を持つ人間にとっては必須の著作だ。

     3部作中の「吉村昭芥川賞誤報事件」は、受賞の報を聞いた吉村が会場に着くと「実は誤報だった」と伝えられたというひどい話だ。通信手段が貧弱だった昔は、誤報と分かってもそれを当人に伝えることができなかった。

    0
    続き

    「四流」ですらない今の韓国の政治

     「四流政治」。24年前の言葉だ。李健煕(イゴニ)サムスン会長が「企業は二流、官僚組織は三流、政治は四流」といった。金泳三「文民政府」の時だった。あれこれ機嫌をうかがうことも多い起業家が、どうしてこんなことを言ったのか。世の中の状況があまりにも寒心に堪えなかっただめだ。

    5
    続き

    物材機構がハリセンボンまね超撥水新材料を開発

     ハリセンボンのとげに似た酸化亜鉛の微小な結晶を柔軟な樹脂に無数に交ぜ、ハスの葉のように水をはじく超撥水(はっすい)材料を開発したと、物質・材料研究機構(茨城県つくば市)の内藤昌信グループリーダーらが10日発表した。

    3
    続き

    サッカー殿堂入りした岡田武史、佐々木則夫氏

     日本サッカー協会は創立記念日の10日、東京都内で日本サッカー殿堂掲額式典を行い、日本代表監督としてワールドカップ(W杯)で16強に導いた岡田武史氏(63)と西野朗氏(64)、2011年女子W杯で優勝した日本女子代表(なでしこジャパン)前監督の佐々木則夫氏(61)を表彰した。

    2
    続き

    NTCイーストで開所記念式典が行われる

     五輪とパラリンピックのトップ選手強化拠点の拡充棟として東京都北区に新設されたナショナルトレーニングセンター(NTC)イーストの開所記念式典が10日、同所で行われた。

     「五輪、パラ一体」を前提としてユニバーサルデザインが採用され、日本障がい者スポーツ協会の鳥原光憲会長は「パラ選手の利便性が最大限に配慮された。東京大会で高い成果を挙げられるようにしたい」と話した。

    2
    続き

    サモア柔道チームが「ファアタウパティ」披露

     2020年東京五輪・パラリンピックで南太平洋の島しょ国であるサモアのホストタウンに登録されている山形市は、同国の柔道チームと市民らが交流する「サモアカフェ」を開催した。

     今回のテーマはダンス。サモア柔道チームの4人が、手で蚊をたたく様子を表現した「ファアタウパティ」と呼ばれる伝統舞踊などを披露した。山形市からは舞踊団が登場し、「花笠音頭」を踊った。

    2
    続き

    沖縄の街路樹の代表、ホウオウボクが満開

     沖縄の街路樹の代表とも言えるホウオウボクが満開を迎えている。一万円札のデザインにも用いられている伝説の鳥「鳳凰」を彷彿(ほうふつ)させる樹木で、開花時期は初夏から秋。

     那覇市役所前にあるホウオウボクは、鮮やかで濃いオレンジ色の花を咲かせ、道行く人の目を楽しませている。

    2
    続き

    「植物肉」の効用

     中国の梁(南朝)の初代皇帝、武帝(464~549年)は仏教に対する信心が最も篤実な皇帝だった。「肉食をすると慈悲心の種が途絶えるようになる」という涅槃経の一節を聞いて、4回も仏教界に対し酒と肉食を禁止するとの詔勅を下した。中国の仏教界に肉食禁止の戒律が生まれた背景にはこのような事実がある。

    0
    続き

    障害越えて奏でる名曲

     聴覚障害や発達障害など、さまざまな障害を抱えたピアニストが世界中から集まり、ピアノ演奏を発表する「ニューヨーク国際障がい者ピアノコンペティション」(主催・NPOアンハードノートピアノパラ委員会)。その受賞者らによるピアノコンサートが10日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた。

    2
    続き

    第4次安倍再改造内閣発足 不退転の決意で政策実現を

    政治部長 武田滋樹

     第4次安倍再改造内閣が発足した。安倍晋三首相は「新しい時代の国づくりを力強く進めていく布陣を整えた」と述べ、「安定と挑戦の内閣」と命名。2012年12月の再登板以来、在任7年目を迎える中での緩みや驕(おご)りを戒めつつ、「常にチャレンジャーの気持ちで、大胆な改革に挑戦していく」と決意を表明した。

    5
    続き

    安倍内閣改造、令和の国づくりへ果敢に挑め

     第4次安倍再改造内閣が発足した。麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官を留任させて「骨格」を維持しつつ、自らに近い議員を多数起用し、初入閣組は13人となった。

     首相は「安定と挑戦の内閣」と銘打ったが、内政・外交共に重要課題は山積しており、令和の新しい国づくりに向けて果敢に挑んでもらいたい。

     政権の安定基盤を維持

    2
    続き

    一年中、世界中の果物が食べられる現代の…

     一年中、世界中の果物が食べられる現代の日本だが、秋ならではの日本の果物がある。モモ、ナシ、ブドウ、クリなどだ。9月に入っても暑い日が続くが、みずみずしくて甘く、しゃりしゃりした歯触りのナシはたまらなくうまい。

     日本のナシは野生のヤマナシから改良された文化財的存在。万葉集には植物の実を詠んだ戯(ざ)れ歌がある。「梨(なし)棗(なつめ)黍(きみ)に粟つぎはふ田葛(くず)の後も逢はむと葵(あふひ)花咲く」。物数詠みの歌で大した意味はない。

    1
    続き

    敵地ヤンゴンで抜かりなく、森保J白星スタート

     昼すぎから降り続く激しい雨の中で、敵地の試合は始まった。「内容どうこうよりもまずは結果」と言ったのは主将の吉田。独特の雰囲気と難しさがある初戦でミャンマーを攻守で寄せ付けず、日本が力の差を示した。

    3
    続き

    宝山晶子さんがマプトの日本大使公邸で表彰

     モザンビークの首都マプトの日本大使公邸で6日、「令和元年度外務大臣表彰」の表彰式が行われ、現地で教育支援活動に25年間携わり、中高一貫のソウ・デ・モサンビーク(モザンビークの太陽)校の運営を通して延べ1万人以上の生徒を育てた宝山晶子さん(66)が表彰された。

     池田敏雄駐モザンビーク大使から表彰状が宝山さんに授与された後、同校出身の内科医や、徳島大学大学院修士課程で学んだ留学生がスピーチした。

    4
    続き