■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    米台定期対話、地域の安定へ連携強化を期待

     台湾外交部(外務省)は、インド太平洋地域で自由・民主や人権といった価値観を広めるため、米国と定期対話を始めると発表した。

     米国としては覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、日本やインド、オーストラリアなどと進める「自由で開かれたインド太平洋」戦略に台湾も組み込む狙いがあろう。地域の安定と繁栄に向け、米国と台湾の連携が強まることを期待したい。

    台湾との統一目指す中国

    1
    続き

    全学徒隊追悼碑に説明板が追加

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     沖縄戦で犠牲になった沖縄県内旧制師範学校・中等学校21校の学徒の人数を記した説明板が糸満市摩文仁の平和祈念公園内に完成し、14日に除幕式が行われた。

     2年前、「全学徒隊の碑」が建立された。そこには各学徒隊の戦死者数が明記されておらず、21校の元生徒らでつくる「元全学徒の会」のメンバーが何度も県議会に陳情を行い、説明板の追加にこぎつけた。

    1
    続き

    教育正常化運動を進める全国教育問題協議会の…

     教育正常化運動を進める全国教育問題協議会の「全教協ニュース」第276号に「左翼人権派の子供観」と題して、教師OBの(山)氏(イニシャル)が執筆している。

     日本の人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」が、小学校などで行われている組み体操について「極めて危険で重大な事故も起きているのに、日本政府は子どもを守る方策を十分に講じてこなかった」とする報告書をこの1月、国連の「子どもの権利条約委員会」へ提出したことを受けたものだ。

    2
    続き

    文化審、「キトラ古墳壁画」など3件を国宝に

     文化審議会(佐藤信会長)は18日、奈良県明日香村にある「キトラ古墳壁画」や、奈良市の唐招提寺が所有する「木造薬師如来立像」など6体を統合した木彫群など3件を国宝に、戦国武将の豊臣秀吉らに関する豊臣家文書(六十七通)など41件を重要文化財に、それぞれ指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。

    0
    続き

    小泉進次郎氏がメタボ健診の重要性をPR

     自民党の小泉進次郎厚生労働部会長は18日、東京都中央区の花王を訪れ、メタボリックシンドロームの予防、改善のための特定健診(メタボ健診)を体験、受診率アップをPRした。

     企業の健康保険組合などによるメタボ健診の結果、リスクが高かった加入者には生活習慣の改善を促す特定保健指導が行われる。

    0
    続き

    国立科学博物館で深海の臨場感を楽しもう

     国立科学博物館(東京・上野公園)は19日、全球型映像施設「シアター36〇(サンロクマル)」をリニューアルオープンさせる。それに先立ち18日、プレス内覧会が行われた。

    1
    続き

    外交官杉原千畝の「命のビザ」などを公開

     第2次大戦中にユダヤ人のビザを大量発給し、ナチスドイツの迫害から救った外交官、杉原千畝(1900~86年)の資料館「杉原千畝センポミュージアム」が、東京・八重洲にオープンする。19日に開館式が開かれ、一般公開は23日から。発給した「命のビザ」や、杉原が発給時の決断について書いた手記の原稿などが展示される。

    1
    続き

    元大関把瑠都、母国エストニアで議員に

     エストニア出身の元大関把瑠都、カイド・ホーベルソン氏(34)が、母国の議会選(一院制)で繰り上げ当選したことが分かった。ホーベルソン氏が17日、ツイッターで明らかにした。

    0
    続き

    癖になる辛口ラーメン

     現在、放映しているNHKの朝の連続テレビ小説はインスタントラーメンを生み出した実在の人物をモデルにしたもので、こちらの在韓日本人たちも海外向け衛星放送で見ている。ところで、韓国定番の家庭用ラーメンと言えば何といっても「辛ラーメン」だろう。赤い包装袋に「辛」の字が大きく印字され、いかにも辛そうなイメージだ。日本にもかなり流通していて、ある米国系倉庫型量販店ではいつも1箱20袋入りが山積みにされ販売されている。

    2
    続き

    気付いて! 子供のSOS

     ここ数年、教育現場で、いじめが原因と思われる自殺に対する取り組みが急務になっている。自殺そのものは減少傾向にあるものの、19歳以下の若者の自殺は一向に減る気配がない。政府は平成29年7月に新しい自殺総合対策大綱を閣議決定したが、果たして、学校現場ではどう対応しているのか。北海道教育大学では平成28年度から「命の教育プロジェクト」を展開、自殺防止のための研究開発を進め、このほど、シンポジウムを行った。(札幌支局・湯朝 肇)

    2
    続き

    “子育て無免許運転”をなくせ

     近年、脳科学研究が進み、しつけと称する体罰が子供に想像以上に悪影響を与えることが分かってきた。

     福井大学の友田明美教授の子供の脳画像分析では、ひどい体罰を受けた児童の脳は、感情や理性に関わる右前頭前野の容積が約2割、認知に関わる左前頭前野の容積が10%強も萎縮することが明らかになった。まさに「体罰は百害あって一利なし」というわけだ。

    3
    続き

    背番号51の45歳。米大リーグ・マリナーズの…

     背番号51の45歳。米大リーグ・マリナーズのイチロー選手の7年ぶりの日本でのプレーは、快音は聞かれなかったが右翼の守備では見せ場を作った。東京ドームでアスレチックスと対戦する開幕戦(20、21日)を前に行われた巨人とのプレシーズンゲーム(17日)。

     一回、巨人の坂本勇人選手の大飛球を斜め後方に追い、フェンス際で走りながら体をひねって好捕。直後に両手でフェンスとの激突をカバーする技術の高さを見せ、4万6000人超の観客を沸かせた。

    1
    続き

    「勧誘時に心理的圧力」79%、該当紙は「しんぶん赤旗」と「社会新報」

     金沢市は2月19日から28日まで、課長補佐級以上の一般職667人に対して、市議から庁舎内で政党機関紙の購読勧誘を受けたことがあるか、などを尋ねる無記名調査を行い、このほど結果を公表した。山野之義市長が調査に踏み切ったのは、平成28年3月以降、全市議に「政党機関紙の購読勧誘に当たって公務の中立性・公平性を保つための配慮を求める文書」(以下、文書)を通達したものの、一向に改善の兆しが見られなかったため。金沢市の場合、該当する機関紙は共産党「しんぶん赤旗」と社民党の「社会新報」である。(「赤旗問題」取材班)

    4
    続き

    教育現場を生き抜くためのコミュニケーションスキル

    臨床心理士の島崎美咲氏が講演

     2017年、うつ病などの精神疾患で休職した公立小中高校の教員は全国で5000人を超えた。「特別な教科 道徳」の導入、小学校での「英語」授業の拡充、指導要領に「主体的・対話的で深い学び」が示され、働き方改革が求められるなど、教員のストレスは増すばかり。

    0
    続き

    「アポ電」強盗、一人ひとりが自衛策講じたい

     東京都江東区のマンションで住人の80歳女性が手足などを縛られ殺害された事件で、警視庁は強盗殺人などの容疑で男3人を逮捕した。

     事件前には、特殊詐欺の手口の一つで、資産状況などを確認する「アポ電」(アポイントメント電話)とみられる不審電話が被害者宅にかかっていた。

     凶悪な事件が相次ぐ

    1
    続き

    笑う顔には当選来たる? 選挙写真6000枚分析

     統一地方選は21日、大阪府など11知事選が告示され幕を開ける。今年は夏の参院選が重なる12年に1度の「選挙イヤー」。そんな中、拓殖大(東京都文京区)の浅野正彦教授(政治学)は、選挙ポスターの笑顔と得票の関係を調べている。専用の機器で6000人分を分析した結果、一定の条件下では、笑顔が得票に貢献することが分かったという。

    1
    続き

    カードゲームで、子供たちに防災への関心を

     災害派遣をテーマにしたカードゲームを自衛隊岡山地方協力本部(岡山市)などが作り、子供たちを中心に無料配布している。昨年7月の西日本豪雨を受け、楽しみながら防災への関心を高めてもらおうと企画。教育現場で活用したいとの声も聞かれる。同本部によると、自衛隊がこうしたカードを作るのは初めてという。

    0
    続き

    日本天文学会が「日本天文遺産」に初認定

     日本天文学会はこのほど、「日本天文遺産」の第1回認定対象として、鎌倉時代の歌人藤原定家の日記「明月記」(京都市の冷泉家時雨亭文庫所蔵)と江戸時代の会津藩校日新館の天文台跡(福島県会津若松市所有)を選んだと発表した。推薦は25件あった。

    0
    続き

    トレーラーハウスを災害時に仮設住宅に活用

     災害時に仮設住宅としてトレーラーハウスを活用しようと、製造・販売を手掛けるカンバーランド・ジャパン(長野市)はこのほど、新型モデル「グランデ」を発表した。年内に100台を生産し、災害時に貸し出す。

    0
    続き

    MLB日本開幕戦、イチローが守備で魅了

     六回2死一塁の第3打席。マリナーズのイチローの打球が遊撃手の正面を突くと、歓声がため息に変わった。その裏の守備でベンチに下がり、母国初戦は快音なし。「きょうしか来られない人がたくさんいたと思うし、結果を出したかったね」と悔しさをのぞかせた。

    0
    続き

    防大卒業式で首相が訓示、9条改正へ決意

     安倍晋三首相は17日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示した。首相は「今や自衛隊は、国民の9割から信頼を勝ち得ている」とし「政治もその責任をしっかりと果たさなければならない。次は私たちが自衛官の諸君が強い誇りを持って職務を全うできる環境を整えるため、全力を尽くす決意だ」と述べた。憲法9条への自衛隊明記を目指す決意を示した発言とみられる。

    0
    続き

    クリミア併合5年、「力による現状変更」を許すな

     ロシアのプーチン政権がウクライナ南部クリミア半島を武力で併合してからきょうで5年となる。

     併合は国際法に違反するものであり、「力による現状変更」を許すことはできない。

    実効支配強めるロシア

    5
    続き

    「うちでも猫を飼ってみるかな」「でも手が…

     「うちでも猫を飼ってみるかな」「でも手がかかりますよ」「だから娘に面倒みさせるのさ。最近の人間の欠陥は自然をないがしろにしたところから来ているんだそうだ。たしかに文明がつくりだした害毒に蝕まれてるのは事実だよ」。

     日影丈吉の小説『咬まれた手』の中で、不良高校生の娘の更生を願って、父親が友人に相談する場面。「娘に動物でも与えたら、また考え方も違って来そうな気がするんだが、どうかね」と続く。

    2
    続き