■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    新駅の名称に「てだこ」

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     JR山手線(東京都)の新駅の名前がこのほど、「高輪ゲートウェイ」に決まった。これには全国的な注目を浴び、鉄軌道がない沖縄県民の間でも、かなり話題になっている。

    1
    続き

    《亡くなった哲学者、梅原猛さんの『隠された…

     《亡くなった哲学者、梅原猛さんの『隠された十字架』は、法隆寺を聖徳太子の怨霊を鎮めるための寺と説いて衝撃的だった。文章も熱を帯び、読みながらぐいぐいと引き込まれたのを覚えている。

     その中で梅原さんは、法隆寺の中門の柱が正面から見ると5本並んでいるのは、真ん中の柱が閂(かんぬき)の役割を果たしており、聖徳太子の怨霊を封じ込める意味があると書いた。後に美術史家の町田甲一氏が『大和古寺巡歴』の中で反論していたのを読んだが、説得力があった。

    0
    続き

    カトリック教国でなくなる時

     アルプスの小国オーストリアはフランス、スペイン、ポルトガル、イタリアなどと共に欧州の代表的カトリック教国だ。そのオーストリアのカトリック教会の信者総数は昨年12月31日現在、約505万人で前年の511万人より約1・1%減少した。教会脱会者数は昨年5万8378人で前年比で8・7%増加した。オーストリア教会司教会議が9日、公表した教会統計だ。

    1
    続き

    市川海老蔵さん、来年5月に団十郎を襲名へ

     歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(41)が来年5月に十三代目市川団十郎白猿を襲名し、歌舞伎界の大名跡が7年ぶりに復活する。松竹が14日、発表した。東京・歌舞伎座(5~7月)を皮切りに各地で襲名披露興行を行う。長男の堀越勸玄君(5)も八代目市川新之助を名乗り、初舞台を踏む。

     東京・歌舞伎座で勸玄君と共に記者会見した海老蔵さんは「己の命の限り、懸命に歌舞伎に生きてまいりたい」と抱負を語った。

    0
    続き

    青森山田が高校サッカーで2年ぶり2度目の優勝

     準々決勝から3試合連続で先制を許した。だが、青森山田には想定内の展開だった。直後の円陣では「セットプレーだから仕方ない」「準々決勝も準決勝も追い付いて逆転できたから絶対に大丈夫」と声を掛け合った。

     経験から生まれた自信があった。クラブチームとも争うプレミアリーグでいろいろなタイプと手合わせし、パスサッカー、速攻、セットプレーと多彩な武器を備えていた。

    0
    続き

    アプリで「避難!」、AI活用し被害情報収集

     阪神大震災から17日で24年。当時、被災状況の把握や救助が遅れ、被害は拡大した。「初動がもっと早ければ助けられた命もあったはずだ」。反省を生かし、災害時の被害軽減に情報通信技術(ICT)の活用を模索する動きがある。兵庫県は住民に避難すべきタイミングを通知する防災アプリの開発を進め、神戸市は人工知能(AI)を利用して市民から被害情報を集める全国初の実証実験を行った。

    0
    続き

    激しい炎、一年の健康を祈る「どんど焼き」

     正月飾りや書き初めなどを焚き上げて、一年の健康を祈念する「どんど焼き」が14日、東京都町田市の小山内裏公園で行われた。今年で17回目を迎える地域行事。朝早くから地元のボランティアが集まり、正月飾りを納めるやぐらの組み立てや焚き上げの後に食べるまゆ玉団子作りに取り組んだ。

    0
    続き

    平成最後の新成人、シンデレラ城と記念撮影

     千葉県浦安市の「東京ディズニーランド(TDL)」で14日、平成最後となる同市の成人式が行われた。

     TDLでの開催は今年で18回目で、会場は振り袖やスーツ姿の新成人であふれた。

     2118人のうち1631人の新成人が式に出席し、開会と同時にミッキーたちが登場すると、会場からは歓声が上がった。

    0
    続き

    フランスの黄色いベスト抗議運動、国民の55%が運動継続望む

     フランス・マクロン政権への黄色いベスト抗議運動は、クリスマス休暇に一旦参加人数が減ったものの今月5日には盛り返し、2カ月を超えた。政府は抗議運動の鎮静化のために、今年の増税策を取り下げ、最低賃金引き上げなど妥協の姿勢を見せる一方、エスカレートする暴力への厳罰化を打ち出し、世論も大きく揺れている。 (パリ・安倍雅信)

    0
    続き

    米のアジア関与、政府と議会一体で対中圧力を

     米国でこのほど、アジア諸国との安全保障や経済面の包括的な協力強化を盛り込んだ「アジア再保証推進法」が成立した。

     人権や国際法の尊重重視

     同法には、中国や北朝鮮の脅威への対処や、東南アジア諸国の海洋警備や軍事訓練などへの支援のため、2019年~23年度に各年度15億㌦(約1650億円)の予算を投入することが盛り込まれた。

    0
    続き

    三浦雄一郎さんの挑戦

     正月の2日、プロスキーヤーの三浦雄一郎(86歳)さんが、南北米大陸最高峰アコンカグア(標高6961㍍)に挑戦するために日本を出発した。

     三浦さんは70歳、75歳、80歳と、エベレスト登頂のたびに名語録を残している。

    3
    続き

    初詣などの正月行事や昨日の成人式をはじめ…

     初詣などの正月行事や昨日の成人式をはじめ、1月は祭りや行事が多くある。永い歴史を持つ日本は気候や風土に合わせ、独特の信仰や習慣から祭りや風習、文化を育んできた。

     年の初めに豊穣をもたらす年神が訪れるという信仰も古くからある一つ。年神を祖霊の神とする地方では、玄関や神棚を飾った門松や注連縄(しめなわ)、古いお札など正月飾りを小正月の14日の夜か15日の朝、神社などで焚(た)き上げる。どんど焼きや左義長(さぎちょう)の行事である。

    0
    続き

    新成人ら決意を胸に、新たな門出を祝う成人式

     昨年、豪雨や地震で大きな被害を受けた被災地で13日、新たな門出を祝う成人式が開かれた。「恩返ししたい」「立派な酪農家に」。災害の傷痕が今も残る中、集まった新成人らは大人への入り口を前に思いや決意を口にした。

     昨年7月の西日本豪雨で大規模な土砂災害が発生した広島県坂町。式開会前には、実行委員長の西谷直哉さん(20)の呼び掛けで、犠牲者を悼む1分間の黙とうがささげられた。

    0
    続き

    アンカーの鈴木亜由子が逆転、愛知が優勝

     最終9区。トップとわずか2秒差の2位でたすきを引き継いだ愛知の鈴木(日本郵政グループ)は、「この位置で受けたら負けられない」。腹をくくってスタートした。

    0
    続き

    1400年の歴史を誇る善光寺を彩る「光の祭典」

     約1400年の歴史を誇る長野市の善光寺を光と音で演出するイベントが先月開催された。

     大きなハスの花を淡い紫の彩りで浮かび上がらせるなど、趣向を凝らしたイルミネーションは日本人だけでなく外国人観光客にも好評で、写真や動画を撮ろうと多くの人が訪れた。

    0
    続き

    ふんどしや白装束姿で無病息災を願う寒中水浴

     東京都中央区の鉄砲洲稲荷神社で13日、一年の無病息災を願って行われた寒中水浴大会。ふんどしや白装束姿の参加者98人が氷の入った水槽に漬かり、心身を清めた。

     さいたま市から父親と参加した富里健人くん(9)は「厄年のお父さんが無事に一年を過ごせるように願って入りました」と話した。

    0
    続き

    ファンが「巡礼」、俺たち「プレスリー」

     10日、オーストラリア・シドニーのセントラル駅で、特別列車に乗り込む前に、エルビス・プレスリーに成り切ってポーズを取る人たち。

     シドニー西方のパークスでは毎年1月「エルビス・フェスティバル」が開かれ、エルビスファンの「巡礼」のため特別列車が運行される。

    0
    続き

    広がるムスリム観光客への対応

     訪日外国人数が昨年、初めて3000万人を突破した。インバウンドのさらなる拡大を目指す日本にとって、訪日ムスリム(イスラム教徒)への対応は重要な課題の一つだ。ハラル(コーランで食べることを許された食材)以外にも礼拝用スペースの確保など、ムスリム観光客を意識した対応が全国に広がっている。 (社会部・石井孝秀、写真も)

    1
    続き

    新成人に望む、新時代を切り開く気概を

     きょうは成人の日。新成人の数は125万人で前年より2万人増加した。5月には新天皇が即位され元号も変わる。新しい御代の担い手となる新成人たちの門出を祝したい。

    大きく変わった世界

    0
    続き

    新たな防衛大綱では、宇宙やサイバー空間…

     新たな防衛大綱では、宇宙やサイバー空間、電磁波などの領域で領域横断的に作戦を展開できるようにするとしている。統合幕僚監部と内部部局に専門部署を設け、陸上自衛隊にも電磁波作戦部隊を置くという。

     電子戦では、相手のレーダーや通信を電磁波で使えなくする技術やその運用がポイントだ。電子戦の能力を向上させている中国やロシアに対抗するため、電子攻撃機の開発も目指す。

    0
    続き

    ひまわりのように、フラガールは「全力で生きる」

     映画の舞台にもなった福島県いわき市のフラガール養成学校「常磐音楽舞踊学院」が4月、創立55周年を迎える。15日に始まる記念公演のタイトルは「全力で、生きる」。苦境を乗り越え、踊り続けたフラガールたちの決意が込められている。

    0
    続き

    狩猟の安全を祈る「鉄砲まつり」を開催

     埼玉県小鹿野町の飯田八幡神社で、狩猟の安全を祈る「鉄砲まつり」が開かれた。

     メインイベントの「お立ち神事」では、参道両側に並んだ約40人の火縄銃と猟銃から一斉に空砲が放たれると、2頭の神馬が参道から本殿に向かって急な石段を一気に駆け抜けた。

    0
    続き

    竜神大吊橋から新成人がバンジージャンプ

     茨城県常陸太田市の新成人バンジージャンプが12日行われ、同市出身の10人が抱負を叫びながら約100㍍の竜神大吊橋からジャンプした。

     茨城県立医療大学2年の野田達也さん(20)は「自分を育ててくれた方々に感謝して、立派な大人になります」と叫んでジャンプ。もともと絶叫系が苦手だったが、苦手なことに挑戦したいと参加。飛んだ後は「達成感がすごい」と笑顔で話した。

    0
    続き