■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    「街全体が一旅館」、黒川温泉が全館再開

     熊本・大分県境の山々に囲まれ、ひなびた雰囲気で人気を集める熊本県南小国町の黒川温泉。熊本地震で多くの旅館が休業を余儀なくされたが、最後の1軒が4月、営業を再開した。地区全体を一つの宿と見立てる「黒川温泉一旅館」を合言葉に盛り上げを図ってきた温泉街。3年ぶりに全館が復活し、一丸となって再興に向け動きだした。

    0
    続き

    文化審、旧開智学校校舎を国宝に指定される

     文化審議会(佐藤信会長)は17日、旧開智学校校舎(長野県松本市)を国宝に、真宗本廟東本願寺(京都市)など6件を新たに重要文化財に指定するよう柴山昌彦文部科学相に答申した。近く答申通り告示され、重文の建造物は2503件(うち国宝227件)となる。近代における学校建築では初の国宝指定となる。

    0
    続き

    米建築家のイオ・ミン・ペイ氏が死去、102歳

     パリのルーブル美術館の中庭に建つガラスと金属で制作されたピラミッドを設計したことで知られる中国系の米建築家イオ・ミン・ペイ氏が16日、ニューヨークの自宅で死去した。102歳だった。米メディアが伝えた。

    0
    続き

    学生に健康な食生活を、昼食と朝食の無料提供

     大学生の健康な食生活をサポートするため、東洋学園大学(東京都文京区、旦祐介学長)は大型連休明けの2週間、学生に昼食と朝食の無料提供を実施している。

     3回目となる今回は、前半1週間が昼食、後半は初の取り組みとして朝食を提供。朝食の配布は午前8時半からだが、14日は30分前から待つ学生も。配り始めてから15分程度で準備した50食がなくなった。

    0
    続き

    地上14階地下1階、スポーツの新拠点オープン

     日本スポーツ協会、日本オリンピック委員会(JOC)と各中央競技団体の拠点となる新会館「ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア」(東京都新宿区)が16日にオープンし、竣工(しゅんこう)式が行われた。

    0
    続き

    伊副首相、支持率低下に注目

     イタリアで連立政権の一翼を担う右派政党「同盟」を率いるマッテオ・サルビーニ副首相兼内相の支持率が低下している。欧州議会選挙を目前に控える中、サルビーニ氏は各国で勢いを増す欧州連合(EU)懐疑派政党との共闘を呼び掛ける旗振り役であるだけに、その人気低迷は大きな注目を集めている。サルビーニ氏はEUの財政規律に従わない意向を示したり、移民・難民受入れ拒否を改めて表明するなど、メディアに登場しない日がない。しかし、連立を組むポピュリスト政党「五つ星運動」のディマイオ副首相との関係が悪化し、政権の不安定化が懸念されている。

    0
    続き

    徴用工対策「限界」、韓国政府は無責任過ぎないか

     日本の統治下で強制的に徴用されたとされる朝鮮半島出身者とその遺族らが日本企業を相手取って起こした賠償請求訴訟をめぐり日韓関係が悪化していることについて、韓国の李洛淵首相は「政府対応策で結論を出すには限界がある」と述べた。日本企業の資産差し押さえなど日本側に実害が出始める中、韓国政府として事態収拾を投げ出した格好だ。驚きを禁じ得ない。

    三権分立に逃げ込む

    15
    続き

    岩波文庫といえば、東西の古典や学術書…

     岩波文庫といえば、東西の古典や学術書などを中心に、日本の教養主義を牽引(けんいん)してきた。かつて旧制高校の学生は読了した岩波文庫を積み上げてその高さを競い合ったという。

     一方で『きけ わだつみのこえ』改変や清朝最後の皇帝・溥儀の家庭教師を務めた英国人レジナルド・ジョンストンの『紫禁城の黄昏』の翻訳問題など、戦後は左翼的な偏向を指摘する声もある。その岩波文庫に昨年9月、『三島由紀夫紀行文集』、11月に三島の戯曲集『若人よ蘇れ・黒蜥蜴他一篇』が収められ、今月には東京オリンピック観戦記などが収録された『三島由紀夫スポーツ論集』が加わった。

    4
    続き

    金属製ウサギ像「ラビット」が100億円で落札

     競売大手クリスティーズは15日、ニューヨークで行った競売で、米国の芸術家ジェフ・クーンズ氏(64)の金属製彫刻「ラビット」(ウサギ)が9107万5000ドル(約100億円)で落札されたと発表した。存命の芸術家の作品としては史上最高額となる。

    0
    続き

    初公開、373年前に描かれた観音堂の障壁画

     世界文化遺産の仁和寺にある観音堂が約6年にわたる修復工事を終え、特別拝観が始まった。

     373年前に描かれ、初公開となる障壁画には、人が輪廻(りんね)転生するとされる六道の世界や、三十三観音菩薩などが極彩色で描かれている。

    0
    続き

    はやぶさ2、「りゅうぐう」への降下を中止

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、探査機「はやぶさ2」が行っていた小惑星「りゅうぐう」への降下観測を中止したと発表した。高度約50メートルではやぶさ2自身が降下を取りやめ、上昇に転じた。はやぶさ2の状態は正常という。

     計画では、はやぶさ2は人工クレーター付近への着陸に向け、高度約10メートルまで降下した後、着陸の目印となるターゲットマーカーを投下する予定だったが、投下はされなかった。

    0
    続き

    踊ることに生きた伝説のダンサー、ヌレエフ

     20世紀のバレエ界を語る上で欠かせないダンサーがいる。

     旧ソ連出身のルドルフ・ヌレエフ(1938~93年)というダンサーだ。ヴァーツラフ・ニジンスキーに次ぐ伝説的なダンサーと言われ、ソ連初のアーティストの亡命者として世界を驚かせた。

     そのヌレエフの誕生から、亡命までの前半生を描いたのが映画「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」だ。

    0
    続き

    花に群がる蜂? カメラを持つ男性が列をなす

     ピンクの衣装に身を包んだ女性が桜の木の前でたたずみ、その前にカメラを持つ男性が列をなしている。

     モスクワ市内の公園での一幕で、桜の花を背景に、何百人もの女性がインターネット交流サイト(SNS)に映える写真を撮ろうと着飾って訪れるという。

    0
    続き

    「象徴」としての天皇と日本人

    秩父神社宮司 薗田 稔氏に聞く

     平成から令和への御代代わりと、それに際しての上皇陛下、天皇陛下のお言葉は多くの日本人に好感をもって受け止められ、日本人としてのアイデンティティーを高めた。民俗学にも詳しい薗田稔秩父神社宮司に、歴史的かつグローバルな視点から令和の時代と天皇について伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    元号「令和」の感想は。

    3
    続き

    人気が集まる縁起数

     タイでは車のナンバーのオークションがある。これまでの最高落札額は5年前、日本円にして7500万円だった。番号は11KK1111だった。

     基本的に人気なのは9だ。タイ語で9はカーウと発音するが、「発展する」との意味でもあり、縁起がいいのが人気の理由だ。

     9の連番の9999だったりすると、オークションの値段も急カーブで「発展」したりする。

    0
    続き

    ブラジルで大規模デモ

     ブラジルで15日、元軍人の保守派ボルソナロ大統領が進める公立大学の予算削減に反対する大規模デモやストライキが各地で行われた。サンパウロや首都ブラジリアなどの大都市では、大学生を中心に数万人が目抜き通りでデモを行い、同政権が1月に発足した後で、最大規模の反政府デモとなった。

    0
    続き

    テロでのSNS悪用防止 フランス国際対策会議で宣言を採択

     インターネット交流サイト(SNS)の悪用に対する対策会議がパリで15日に開催され、各国政府が法整備を進めるとともに、IT企業の対応策強化など官民協力を確認する「クライストチャーチ宣言」が採択された。ただ、米国と中国の政府関係者は不在で法的拘束力もなく、技術面で困難もあり、実効性に疑問の声も挙がっている。

    0
    続き

    強制不妊手術、「命の尊厳」に向き合え

     旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制された問題で、被害者に一時金を支給する救済法が成立し、請求の受け付けが始まった。被害者への償いは一歩前進したと言えるが、一時金の支給で済む問題ではない。

     責任重い学会や医療界

    4
    続き

    「女性の話はとかく回りくどい」との印象は…

     「女性の話はとかく回りくどい」との印象は、男性にとって大方共通する。「だから何なんだ?」と聞き返したくなるケースも多い。何かの問題があるらしいということは分かっても、問題をどう解決すればいいのかが分かりにくい。

     が、これは女性の脳の働きとして自然なことらしい。黒川伊保子著『共感障害』(新潮社)によれば、話が回りくどいのは、女性の脳の「認識フレーム」の結果だ。

    1
    続き

    日立、英国に新型鉄道車両「AZUMA」

     日立製作所が英国の高速鉄道向けに製造した新型鉄道車両「AZUMA(あずま)」が14日、報道公開された。最高速度は時速約200キロで、30年以上前に製造された従来の車両から置き換えられる。15日にロンドンと中部リーズの間で営業運転を開始し、順次北部スコットランドの都市まで運行する予定。

    0
    続き

    宇宙からガンダムが応援、東京五輪中衛星に搭載

     2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、大会組織委員会と宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東京大は15日、アニメ「機動戦士ガンダム」の模型を載せた人工衛星を宇宙に放出すると発表した。世界的にも知名度の高いガンダムを起用し、宇宙から応援メッセージを発するなどして大会を盛り上げたい考えだ。

    0
    続き

    観光名所「自由の女神像」の博物館が開館へ

     米ニューヨークの世界的な観光名所「自由の女神像」の博物館が16日、像が設置されているリバティー島で開館する。

     博物館は2016年10月に建設が開始された。1986年に交換のため取り外された女神像のトーチが設置されたほか、実物大の顔のレプリカなどがある。米国独立から100年を記念し、フランスから像が贈呈された歴史などを知ることのできる映像も公開される。

    0
    続き

    開放感がある2階席の屋根がないバスを運行

     横浜市のみなとみらい21地区に、2階席の屋根がない「オープントップバス」がお目見えした。

     雨天・荒天を除く土日祝日に限り、京浜急行が1日4便を運行。ガイドによる街の歴史の解説を聞きながら、地上約3・5メートルの高さから開放的な気分で風景を満喫できる。

    0
    続き