■連載一覧
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2017/12/21
  • 2017/10/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    第2回冬季ユース五輪、リレハンメルで開幕

     14~18歳の選手を対象にした第2回冬季ユース五輪が12日(日本時間13日未明)、ノルウェーのリレハンメルで開幕し、開会式などが行われた。

     大会には71カ国・地域から約1100人が参加し、21日まで7競技70種目が行われる。開会式では、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が「スポーツがもたらす楽しさに浸る10日間になるだろう」などとあいさつした。

    0
    続き

    高校選手権覇の榊原一輝、成長感じた銀メダル

     スピードスケート男子500メートルで2位となった榊原。日本勢で今大会最初のメダルを首に掛け、「重みがある」とにっこりと笑った。

     1本目でトップと0秒86差の2位につけたことが表彰台につながった。ただ、国際大会は3度目で「緊張して力んでしまった」。自己ベストの36秒77を更新できなかったのが心残りだという。

    0
    続き

    新東名高速、西側主要の55キロ区間が開通

     新東名高速道路の浜松いなさジャンクション(JCT、浜松市)-豊田東JCT(愛知県豊田市)の55キロ区間が13日、開通した。これにより新東名は御殿場JCT(静岡県御殿場市)から西側の主要区間約200キロが完成し、首都圏と中京圏を結ぶ新たな高速道路が誕生した。並行する東名高速の渋滞緩和のほか、物流の活性化や観光客の増加が期待されている。

    0
    続き

    葛西紀明がまた最年長で表彰台、通算60度目

     1回目5位からの逆転勝利を狙い、粉雪が舞う夜空に葛西が飛び出した。不利な追い風に当たり、浮力が十分に得られない。それでも、スキーと両手を大きく広げた独特のフォームで風をとらえ、低い軌道ながらも225メートルのヒルサイズを越えてみせた。「あの追い風の中、ギューンと伸びた。葛西選手、すごいですよ」と自賛した。

    0
    続き

    長嶋茂雄元監督、今年もキャンプ地を訪問

     長嶋茂雄元監督がキャンプ地を訪問。雨で室内での練習となったが、生き生きとした表情で選手たちに視線を注ぎ、声を掛けた。

     トス打撃をする阿部には、松井秀喜臨時コーチらとともにアドバイス。フリー打撃では2年目の成長株、岡本に「外角はいい感じで(バットが)出ていたが、内角がね」と指摘した。自身と同じ千葉県佐倉市出身の新人、重信(早大)には肩の力を抜いて振ることを説くなど変わらず精力的だった。

    0
    続き

    北海道新幹線、開業前に一般向け試乗会を実施

     北海道新幹線の3月26日の開業を前に、JR北海道は13日、新函館北斗-木古内間で一般向けの試乗会を実施した。午前発の最初の試乗車では抽選で選ばれた600人が、開業より一足早い乗車体験を楽しんだ。

     試乗会は13、14両日に5回開催し、計3000人が参加。応募総数は約2万8000人で、倍率は約9・4倍だった。

    0
    続き

    「はゞからずバレンタインの贈りもの」(中村…

     「はゞからずバレンタインの贈りもの」(中村芳子)。きょうはバレンタインデー。もっとも、この日にチョコレートを贈るのは日本だけの風習らしい。

     ヨーロッパなどでは「愛の日」として花などをプレゼントするようだ。とはいえ、海外から渡来した風習が土着化して別のイベントになることはそれほど珍しいことではない。キリスト教の行事であるクリスマスが、日本では宗教色のない祭りとなっていることはその代表的な例。

    0
    続き

    拉致調査中止、北朝鮮への妥協は禁物だ

     北朝鮮が日本と約束した日本人拉致被害者の再調査などを全面的に中止し、そのために立ち上げた「特別調査委員会」を解体すると発表した。日本政府による独自の対北制裁決定に対する報復で、日本政府は「織り込み済み」としているが、これで拉致問題をめぐる日朝交渉は振り出しに戻った。

    日本の制裁決定に報復

    0
    続き

    Webライター募集中!

    意見発表の場を提供いたします!

    掲 載: 当Viewpointサイト http://vpoint.jp/ テーマ: なんでも。社会貢献、地域振興、教育、経営、政治、文化等 頻 度: 1カ月に1~2回程度 字 数: 1000~3000字程度(多い場合は①②と分ける) 写 真: 掲載可(3枚まで) JPEGデータで。 校 正: 簡単に原稿チェックしますが、基本的にご自身でお願いします。 ご注意:  ・原稿は編集する場合があります。  ・内容によっては不掲載の場合があります。  ・掲載された内容は、自身のブログ等に転載して頂いても構いません。  ・他サイトへ掲載済みのものは、先方の許諾を得てください。  ・著作権は執筆者に帰属します(執筆者は投稿記事の利用を許諾)。  ・掲載によって生じた問題は自己責任で解決をお願いします。

    0
    続き

    ノーベル物理学賞の梶田さん「すごくうれしい」

     米国などの研究チームが重力波を観測したと発表したことを受け、岐阜県・神岡鉱山地下の観測装置「KAGRA(かぐら)」で観測を目指してきた日本のチームが12日、千葉県柏市の東京大宇宙線研究所で記者会見した。素粒子ニュートリノの研究でノーベル物理学賞を受賞し、チームの責任者を務める梶田隆章所長(56)は「われわれにとってもエキサイティングだ」と語り、興奮を隠さなかった。

    0
    続き

    和太鼓の響き、マンハッタンで魅了

     大分県を拠点に世界で活動している和太鼓グループ「DRUM TAO(ドラム・タオ)」が11日夜、米ニューヨーク・マンハッタンで初公演した。伝統楽器の演奏に物語と躍動感のあるパフォーマンスを融合させたショーに、会場は熱気に包まれた。公演は14日まで。

    0
    続き

    日本大賞は高橋靖昌さん、個別部門855作品から

     世界19カ国・地域から約3000種、10万株の蘭(らん)を集めて美の競演を繰り広げる「世界らん展日本大賞2016」(主催・同実行委員会)の開会式が12日、東京都文京区の東京ドームで高円宮妃久子殿下、承子女王殿下、絢子女王殿下をお迎えして行われた。13日から一般公開される(19日まで)。

    1
    続き

    手倉森誠監督、奥山恵美子仙台市長を表敬訪問

     サッカーのU23(23歳以下)アジア選手権で優勝し、6大会連続となるリオデジャネイロ五輪出場を決めたU23日本代表の手倉森誠監督が12日、仙台市役所に奥山恵美子市長を表敬訪問した。

    0
    続き

    東京都大田区が「民泊」物件を初認定

     マンションの空き部屋などに旅行者らを有料で泊める「民泊」をめぐり、東京都大田区は12日、対象物件を初めて認定した。これにより、旅館業法に基づく規制の適用を受けない全国初の取り組みがスタートする。

    0
    続き

    中国、旧式ミサイルDF5を多弾頭化 China adds warheads to older DF-5s

     米国防当局者によると、中国軍は単弾頭の大陸間弾道弾(ICBM)DF5を、個別に目標を設定可能な複数の弾頭を持つミサイルに改良する作業に着手していた。MIRVと呼ばれる複数弾頭化へのDF5への改良の情報は、米情報機関が過去数カ月内に入手した。

     長距離ミサイルDF5に3弾頭を追加することで、中国が保有する核兵器は大きく変わることになる。1度の大規模増強で核弾頭は増加し、ミサイルシステムも増強される。

    0
    続き

    大阪府警で捜査資料放置、被害者の立場で管理徹底を

     大阪府警で、既に公訴時効が成立した計約4300事件の捜査書類や証拠品などが、本来の保管場所ではない所に放置されていたことが明らかになった。

     中には、30年以上前の資料もあったという。ずさんな管理が常態化していたことに唖然とさせられる。

    大阪府警で調書や遺留品

    0
    続き

    物理学者のアインシュタインはノーベル物理学…

     物理学者のアインシュタインはノーベル物理学賞を受賞しているが、それは今でいう「光子の発見」によってであって、「相対性理論」が対象ではない。意外の感もするが、100年前の発表当時、この理論の真価を見極めるのがいかに難しかったかを物語っている。

     このうち一般相対性理論は「質量が時空間をゆがめている」というもの。ニュートンが唱えた絶対空間の存在が真っ向から否定され、当時の科学者たちはさぞ驚いたことだろう。

    0
    続き

    韓国軍が規定、「北のロケットはICBM」

    韓国紙セゲイルボ

     韓国軍当局は7日、北朝鮮が発射した長距離ロケット(ミサイル)を事実上の大陸間弾道ミサイル(ICBM)だと規定した。

     国防部関係者は9日、1次分析結果を説明し、「北朝鮮の『光明星4号』衛星発射は人工衛星に偽装した長距離弾道ミサイル試験だ」と明らかにした。

    0
    続き

    映画「クーパー家の晩餐会」

     クーパー家は4世代にわたる11人の大家族で、犬が一匹。家族全員が一堂に集まる日がクリスマスイブで、ご馳走が用意され、幸せなひと時を過ごそうとしている。

     だが、それぞれが秘密を持っていた。その隠し事が晩餐会(ばんさんかい)で次々ハプニングを引き起こす。

    0
    続き

    江戸時代からの伝統の舞「太太神楽」

     栃木県宇都宮市今泉の八坂神社で2月28日(日)、江戸時代から受け継がれてきた太太神楽(だいだいかぐら)が行われる。10時から神事が始まり、演舞は10時30分から15時まで。

     太太神楽は出雲の古社佐太神社に起こった出雲流神楽の流れをくみ、京都の家元から全国へ広がっていった。八坂神社の神楽は、江戸時代の寛政年間(1789~1801)に、神官の葭田氏が神田明神に出向いて技能を伝承してきたものという。

    0
    続き

    畠山健介「日本ラグビーのために窓口広げたい」

     ラグビーのイングランド最高峰リーグ、プレミアシップのニューカッスルに期限付きで移籍した日本代表プロップの畠山健介(30)が10日、英国のニューカッスルで記者会見し、「興奮している。チームに貢献したい。すごいいいチャレンジになる」と抱負を語った。

    0
    続き

    ピラミッドを食い物に

    地球だより

     つい最近、憂慮すべき情報が入ってきた。ピラミッド周辺に転がる石が、国内外の悪徳業者によって、国外に持ち出され、高額で売られているというのだ。カヘラ・ワル・ナス(カイロと人々)というテレビ局の番組で紹介されたもので、石の採取状況や値段交渉の現場をテレビカメラで隠し撮りした。

    0
    続き

    「国のために戦った人の遺骨を迎え供養しよう」

     建国記念の日の11日、「第8回國護り演説大会」(主催・(株)キャリアコンサルティング)が東京都中央区の銀座ブロッサムで行われた。

     今回で8回目の大会は「日本が世界の手本となるように、良い文化は伝え悪くなった所は直す。若者が要職で誠実に働けば国はすぐに良くなる」という趣旨で毎年開催。応募668人の予選を勝ち抜いた若者8人が、教育・国防・憲法改正など日本のあるべき姿について雄弁を競った。

    1
    続き