■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    水の都「ベネチア」は大小のボートで大渋滞

     イタリアの観光地ベネチアで、大勢の人々が大小さまざまなボートに乗って水面に繰り出した。

     ベネチアでは9日、毎年恒例の手こぎボートレース、「レガッタ」が行われ、世界中から参加者が集結。

     主催者側によるとレガッタは「水の都」として知られるベネチアに対する「愛情を示す活動」なのだそう。

    0
    続き

    米中の覇権争いに霞む「5G強国」

     米中貿易戦争が燎原の火のように広がりファーウェイに燃え移った。昨年、4192億㌦に達した米国の対中貿易赤字はもはや周辺話題だ。

    0
    続き

    祭り祝うも火事が心配

     イスラエルでは5月22日の夜、ユダヤ教の祭り「ラグ・バオメル」を祝った。過ぎ越しの祭りから数えて33日目に当たるこの日、学校は休みになるが、店や官庁などは平日通りだ。ラグとはヘブライ文字数秘術のゲマトリア数式で33を表し、オメルは麦の束という意味。

    0
    続き

    「沖縄県民は先住民」撤回を

    沖縄フォーラムの仲村理事長

     国連の自由権規約委員会が2008年、日本政府に「琉球・沖縄の人々を先住民族と認めて、その権利を保護すべき」とした勧告が沖縄県民の人権を侵害するとして、日本沖縄政策研究フォーラム(仲村覚理事長)は12日、シンポジウム「絶対にヤバい!国連先住民族勧告」を都内で開いた。昨年8月までに国連から、これと同様の勧告が5回出ている。

    4
    続き

    高試合格者の転落

     高試(かつて高級公務員、法曹、外交官などの資格付与のため行われた国家試験=高等考試の略語)合格は出世の保証手形だ。行政高試(現、国家公務員5級公開採用試験)に合格すれば、5級事務官の席が保証される。2017年に廃止されたが、司法高試に合格すれば3級判事・検事になれる。高試合格は家門の栄光であり、出身学校・地域の慶事だ。“鳶(とび)が生んだ鷹(たか)”となることを願う貧困層出身者にとって希望の光だった。

    0
    続き

    昨年は音楽家ロッシーニの没後150年で、日本…

     昨年は音楽家ロッシーニの没後150年で、日本でもこれを記念してオペラ公演など40件以上の演奏会が行われた。11月には、東京文化会館小ホールで記念展示も開催。

     それらの記録が、先月末刊行された日本ロッシーニ協会紀要『ロッシニアーナ』(第39号)に掲載されている。これにはロッシーニ研究の最新成果が盛られていて、興味を引いたのは同協会運営委員の井内美香さんの「ゼッダ先生の語るロッシーニとその作品」。

    0
    続き

    開城工業団地の再開働き掛け、韓国企業家らが訪米

     韓国・北朝鮮共同事業の開城工業団地に工場を持つ韓国の企業家グループが、経済制裁で操業が停止されている団地の再開へ米国への働き掛けを強めている。代表団は今週、ワシントンを訪問、連邦議会議員らと面会し、朝鮮半島の緊張緩和と北朝鮮との非核化の促進につながるとして再開を求めた。

     団長のキム・キムン韓国中小企業連合会長はワシントン・タイムズとのインタビューで「南北間の平和努力と経済協力は、国連制裁の対象にはならないはずだ」と制裁免除を訴えた。

    1
    続き

    米との戦争回避へ仲介期待、安倍首相がイラン訪問

     2015年7月締結の「イラン核合意」から、トランプ米大統領は18年5月、離脱した。同大統領はさらに、規制を免れていたイランの弾道ミサイル開発や、テロ支援活動を封殺すべく、経済制裁を18年11月再発動、その時点で8カ国を対象に6カ月の適用除外期間を設定したが今年5月、全ての適用除外措置を打ち切り、イラン産原油の全面禁輸を開始した。安倍晋三首相は、6月12日にイランを訪問、13日、最高指導者ハメネイ師と会談する。(カイロ・鈴木眞吉)

    0
    続き

    骨太方針原案、氷河期世代正社員化に全力を

     政府が経済財政諮問会議で示した経済財政運営の指針(骨太の方針)原案は、いわゆる「就職氷河期世代」の正規雇用化を柱に据えている。

     高齢化と人口減少の時代に入ったわが国の社会保障制度を支える労働者を増やすとともに未婚率の低下をもたらし得る。遅きに失したとはいえ、明るい日本経済につなげたい。

    3年間で30万人増やす

    0
    続き

    失われたモネの「睡蓮」、修復作業終え初公開

     大正から昭和初期にかけて、事業家・松方幸次郎がヨーロッパで収集した美術品約160点を紹介する「松方コレクション展」(主催・国立西洋美術館など)が11日から東京・上野公園の同館で開かれる。同館の開館60周年を記念した展覧会で、10日には報道向けの内覧会が行われた。

    0
    続き

    「はやぶさ2」、目印投下は「ストライク」

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に作成した人工クレーター付近への着陸に向け、5月30日に投下した目印(ターゲットマーカー)について、落下地点の誤差はわずか約3メートルだったと発表した。担当者は「ストライクだった」と喜んだ。

     JAXAは、さらに安全性評価を進めた上で、2回目の着陸・試料採取(タッチダウン)を行うかどうかを決める。

    0
    続き

    「あじさい寺」でアジサイが見頃を迎える

     「あじさい寺」として知られる神奈川・鎌倉の明月院では、アジサイが見頃を迎えている。

     11日は梅雨の合間の好天に恵まれ、人気スポットのアジサイのトンネルでは、和服姿の女性たちが熱心にカメラに収めていた。

    0
    続き

    熊本市動植物園、三つ子のライオンの赤ちゃん

     熊本市動植物園で10日、5月9日に生まれたライオンの赤ちゃんが報道陣に公開された。

     雌が2頭、雄が1頭で、不思議そうに外の景色を見ながらよちよちと歩いていた。園は2016年4月の熊本地震で被災した。

     大分県の動物園に避難した父親のサンが母親のクリアとつがいとなって戻り、三つ子を授かった。名前は来園者の投票で7月中旬に決まる予定。

    0
    続き

    伝統のボートレース、著名な詩人の屈原をしのぶ

     中国・広東省仏山市で7日行われたドラゴンボートレースで、力強くボートをこぐ男性たち。レースは、中国の伝統行事である端午節(旧暦5月5日)に著名な詩人の屈原をしのんで開催されている。

     中国大陸や香港、マカオ、台湾に加え、マレーシアやシンガポールの華人社会ではドラゴンボートレースをしたり、ちまきを食べたりして端午節を祝う。

    0
    続き

    首都圏に近く、豊かな自然/長野市

    長野市長 加藤久雄氏

     善光寺などの観光地として知られる町、長野県長野市。日本アルプスの見える自然豊かな地域でもあるが、全国の地方自治体と同じく人口減少・高齢社会の悩みを抱えている。ここで観光振興や少子高齢化対策に取り組む加藤久雄市長(76)に話を聞いた。(社会部・石井孝秀)

    中部地方では昇龍道プロジェクト(中部・北陸地方を通る観光ルート)が海外から注目を集めています。

    1
    続き

    かりゆしウェアの苦い経験

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     6月1日は「かりゆしウェアの日」。この日を境に、沖縄県内では多くのビジネスマンがかりゆしウェアを着用する。

    2
    続き

    米航空宇宙局(NASA)は、早ければ2020年から国際宇宙ステーション…

     米航空宇宙局(NASA)は、早ければ2020年から国際宇宙ステーション(ISS)への「商業宇宙旅行」を認める方針だ。ISS往復にかかる費用は約5800万㌦(約62億円)という。

     桁外れの費用に“金満ジャーニー!”と嫌みの一つも投げ掛けたいところ。その一方で、米国のたゆみない伝統的なフロンティア精神の力強さを思う。宇宙空間のマネジメントを世界に先駆けようと、いよいよ一般国民の宇宙旅行実現に向かう。

    1
    続き

    米朝会談1年、北非核化への方策見直せ

     シンガポールで行われた初の米朝首脳会談からきょうで1年になる。しかし当初、期待された北朝鮮の完全非核化は一向に進まず、今年2月のベトナム・ハノイでの2回目会談は決裂した。根本原因は非核化の意志を示さない北朝鮮側にあるが、北朝鮮が非核化に踏み出すよう導けなかった米国や国際社会にも責任の一端はある。北に非核化を本気で迫るのであれば方策を根本的に見直すしかない。

    対話維持のトランプ氏

    2
    続き

    米本土初の「若松コロニー」跡地で記念式典

     米国本土に渡った最初の本格的な日本人移民団がカリフォルニア州ゴールドヒルの入植地に到着してから150年となる8日、移民が築いた「若松コロニー」の跡地で記念式典が開かれた。移民の子孫らが参加し移民団の出身地会津藩に連なる福島県会津若松市の関係者が建立した記念碑の除幕が行われた。

    0
    続き

    ヒラメの稚魚100万匹、放流が始まる

     福島県いわき市の久之浜漁港で10日、地元漁業者らによるヒラメの稚魚の放流が始まった。東日本大震災で稚魚の生産施設が全壊し、規模を縮小していたが、施設の再整備が完了。6月末までに県内各地で計約100万匹を放流し、9年ぶりに震災前の水準に回復する。

    0
    続き

    作家で文化勲章受章者、田辺聖子さんが死去

     人間関係の機微を描いた小説やエッセーを発表してきた作家で文化勲章受章者の田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが6日午後1時28分、胆管炎のため神戸市内の病院で死去した。91歳だった。大阪市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は弟聰(あきら)氏。後日、東京と大阪でお別れの会を開く予定。

    0
    続き

    栗原恵さん、「やり切り晴れやかな気持ち」

     バレーボール女子で2004年アテネ、08年北京両五輪に出場し、日本のエースアタッカーとして活躍した栗原恵さん(34)が10日、東京都内で現役引退の記者会見に臨み「本当にやり切ったという晴れやかな気持ち。幸せな選手生活だった」と笑顔で語った。4日に自身のブログを通じて引退を発表していた。

    0
    続き

    上野動物園の「シャンシャン」、もうすぐ2歳

     上野動物園(東京都台東区)は10日、まもなく2歳の誕生日を迎える雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」の様子を報道陣に公開した。シャンシャンは中国への返還が2020年末まで1年半延期されることが決まっており、同園は「非常にありがたい。元気な姿を見てもらえれば」と話している。

    0
    続き