■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    サウジ攻撃、イランが実行

     イラン反体制派組織「国民抵抗評議会(NCRI)」は米ワシントンで30日、サウジアラビアの石油施設への攻撃は、イラン政府指導者らの指示で、精鋭部隊「革命防衛隊」が同国内の基地から行ったとする報告書を公表した。

    2
    続き

    「少子化」一層強力な施策を 衛藤晟一 沖縄・北方、少子化担当相

     衛藤晟一沖縄・北方、少子化担当相はこのほど、世界日報社を含む報道各社のインタビューに応じ、将来の沖縄のあるべき姿についてこれまで以上に地元に寄り添って考える姿勢を示した。1日から始まった幼児教育・保育の無償化を少子化問題克服に向けた「大きな一歩だ」と述べる一方で、さらなる強力な施策の必要性を強調した。

    沖縄振興について、玉城デニー知事とどのように向き合うのか。

    1
    続き

    主体的学び、子供の資質・能力の見取りを

     2012年8月の中央教育審議会答申では、児童・生徒が能動的に学ぶことによって「認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る」として「アクティブ・ラーニング(AL)」という言葉が登場した。  カタカナ言葉が独り歩きし、教育の現場で「分かりにくい」「具体的にどうすれば良いのか」という声が挙がった。現在では「主体的・対話的で深い学び」と言われている。

    問われる先生の力量

    2
    続き

    「日本の国民はその文化・礼儀・作法・風俗…

     「日本の国民はその文化・礼儀・作法・風俗・習慣において、いうも恥ずかしいほど多くの点で我々スペイン人より遥(はる)かに優秀である」。1549年8月に来日したイエズス会宣教師フランシスコ・ザビエルが書簡で本国に伝えた言葉だ。

     ザビエルは日本人の怜悧(れいり)な頭脳と善良な特質に感心し、「日本のミヤコに大学を建てたい」と高等教育機関の開設を構想。だが禁教令でかなわず、その遺志が実現したのは1913年のことだ。

    0
    続き

    来春入社の大学生を対象に、企業が就職内定式

     NTTドコモなど一部の大手企業は1日、2020年春に入社する大学生らを対象にした内定式を開いた。就職情報大手マイナビによると、8月末時点で第三希望までの企業から内定を得た割合は、内定者全体の72・7%を占め、前年同期比で4・5ポイント上昇した。

    2
    続き

    増税初日、「分からない」「複雑で混乱する」

     消費税10%への増税初日となった1日、軽減税率やポイント還元について「分からない」「複雑で混乱する」との声が各地で相次いだ。

    2
    続き

    両国国技館でも東京五輪のカウントダウン

     来夏の東京五輪のボクシング会場、両国国技館(墨田区)に開幕までの日数を示すカウントダウンボードが設置され、1日にお披露目された。

     式典には、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)と山本亨区長が出席。現在の墨田区に生まれたという江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎の代表作「神奈川沖浪裏」と「開催まであと297日」と記されたボードがお目見えした。

    2
    続き

    展示内容一新、「ガスの科学館」リニューアル

     エネルギーや環境について多くの人に知ってもらおうと、東京ガス株式会社は1日、「がすてなーに ガスの科学館」(東京・豊洲)をリニューアルオープンした。

    2
    続き

    タイ国王の戴冠式で行う水上行列へ準備着々

     タイのワチラロンコン国王の戴冠式の一環として、バンコクのチャオプラヤ川で24日に行う水上パレードの準備が着々と進んでいる。1日には参加する御座船の訓練の模様が報道陣に公開された。

     水上パレードは主要行事が5月に行われた戴冠式の締めくくりとして実施される。全長45メートルの国王御座船「スパンナホン」を中心とした52隻を約2200人がこぐ。

    2
    続き

    日・EUパートナーシップ署名に尽力 来月退任するユンケル欧州委員長

     11月に退任する欧州委員会のユンケル委員長は9月27日、ベルギー・ブリュッセルで開催された「欧州連結性フォーラム」に参加した安倍晋三首相とともに持続可能な途上国支援などに関する協定「日・EU間の持続可能な連結性と質の高いインフラストラクチャーに関するパートナーシップ」に署名した。

    0
    続き

    沖縄で盛り上がらないラグビーW杯

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     初めての日本開催となるラグビー・ワールドカップ(W杯)のリーグ戦の最中だが、どうも沖縄県内では盛り上がりに欠ける。

     日本が逆転して快勝した開幕戦。そして、9月28日の優勝候補の一角、アイルランド戦では前回大会に続くジャイアントキリングだった。日本が2連勝で決勝トーナメント進出に向けて大きく前進した。

    6
    続き

    日本を代表する建築家の安藤忠雄さん(78)…

     日本を代表する建築家の安藤忠雄さん(78)は建築について独学だった。その代わり「たくさんの本を読み、読書から多くのことを学んだ」という。一昨年、都内で「安藤忠雄展」が開かれ、初日に足を運んだ本人から聞いた。

     また「若い時、東大寺、法隆寺、唐招提寺、桂離宮、竜安寺など奈良、京都の数々の寺院を巡り、京都の町家もたくさん見た。建築というのはまず見て学ぶものだと思った」とも。「学びて時に之を習ふ」という論語の一節が思い出される。

    0
    続き

    離島防衛、中国の脅威に対し態勢強化を

     中国初の強襲揚陸艦が上海で進水式を行った。船体の大きさや性能は不明だが、米軍のワスプ級に匹敵する満載排水量約4万㌧で30機のヘリコプターを搭載可能な「075型」とみられる。来年にも就役するという。

     就役すれば、沖縄県・尖閣諸島や台湾に対する脅威がさらに増大しよう。日本は離島防衛態勢を強化すべきだ。

     奪還訓練場の建設を検討

    2
    続き

    ホロコースト生き残り最年長者 ファインゴールド氏106歳で死去

     マルコ・ファインゴールド氏が先月19日、肺炎で亡くなった。106歳だった。オーストリアでホロコースト(ユダヤ人大虐殺)生存者の中で最年長者だった。同氏は4カ所の強制収容所を生き延びたユダヤ人だ。彼は戦後、学校を訪問し、講演会に参加し、反ユダヤ主義、全体主義の恐ろしさを強く警告し続けてきた。ファインゴールド氏の歩みを紹介する。(ウィーン・小川敏)

    0
    続き

    古民家を再生、各地で広がる「分散型ホテル」

     町全体をホテルに見立て、古民家などを再利用した宿泊・飲食施設を徒歩圏内に点在させる「分散型ホテル」が各地で広がっている。宿泊客がホテル内を移動するように町中を歩き回り、地元の文化や食を体験できるのが特徴。新しい観光の形として地域活性化にも貢献しそうだ。

     分散型ホテルは欧州が起源と言われる。国内では2009年に開業した兵庫県丹波篠山市の「古民家の宿 集落丸山」が先駆けとされる。

    3
    続き

    世界最大級の一枚岩、豪のウルルに駆け込み客

     オーストラリア中央部にある世界最大級の一枚岩ウルル(英語名・エアーズロック)で10月26日から登山が禁止される。禁止まで1カ月を切る中、見納めとなる頂上からの「眺望」を目に焼き付けておこうと日本を含め国内外から駆け込みで登山客が押し寄せている。

    2
    続き

    近藤裕吾さん「もっと山を知り地域への愛着を」

     死者58人、行方不明者5人を出した2014年の御嶽山噴火から5年。長野県は17年度から、火山防災の普及啓発や地域の魅力発信を担う「御嶽山火山マイスター」制度を開始し、これまでに11人を認定した。御嶽山の麓にある同県木曽町立三岳小学校で教諭を務める近藤裕吾さん(32)は「もっと山のことを知り、地元への愛着を深めてもらいたい」という教え子らへの思いから、マイスターの認定を受け活動を続けている。

    3
    続き

    フィギュアの高橋大輔がアイスダンスに転向

     フィギュアスケートの2010年バンクーバー五輪男子銅メダリストで、来年1月にアイスダンスに転向する高橋大輔(関大ク)が30日、コンビを組む村元哉中と横浜市内で記者会見し、22年北京五輪を目指すことを明らかにした。「簡単なことではないが、現役の競技者として22年(五輪)を目標に掲げることは大事」と語った。

    2
    続き

    長さは約1キロ、楽しい? 世界最長の滑り台

     マレーシア北西部ペナン島にあるテーマパークで、世界最長の一つとされるウオータースライドが25日に公開された。長さは約1キロ。

     丘の上からスタートし、ジャングルを通過しながらさまざまなカーブを繰り返してプールに着水するコース。好きな人にはたまらない遊びの場になりそうだ。

    3
    続き

    物件不足で不動産価格上昇

     パリの不動産価格は、世界の大都市のロンドンやニューヨークに比べれば安い方だと言われてきた。ブレグジットでロンドンの不動産価格が多少下降している今、パリに目を付ける不動産投資家もいると言われるが、悩みは新築の余地が少ないことだ。

    0
    続き

    「史上最大級の番狂わせ」(英BBC放送)…

     「史上最大級の番狂わせ」(英BBC放送)、「南アを破った『ブライトンの奇跡』に『静岡の衝撃』が加わった」(AFP通信)――。ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、日本が優勝候補の強豪アイルランドを撃破した快挙は世界中を駆け巡った。

     一昨日はスポーツ紙は言うに及ばす、小紙など一般紙の1面トップも「アイルランドに大金星」(読売)などの大活字が躍った。まだ初のベスト8進出を決めたわけではないが、しばらく快挙の余韻にひたりたい。

    3
    続き

    多様性織り成す「和」

     小学生の時からのラグビーファンだ。と言っても、もっぱら観戦するだけだが、それでもラグビーW杯で、優勝候補アイルランドを倒した日本代表の強さはすぐ理解できる。それを一言で表すなら、日本人選手と外国人選手が織り成す「和」である。

     試合前は正直、屈強な選手がそろったアイルランドとのボール争奪戦で劣勢に立ち、試合を支配される時間が長く続くだろうと思ったが、そこで一歩も引けを取らなかったのには驚いた。日本人のスピードや敏捷(びんしょう)性を生かしたパス回しで活路を見いだすにしても、ブレークダウンの攻防で負けては試合にならないが、そこで五分で渡り合うことができたのは、屈強な外国人選手の活躍が大きい。

    2
    続き

    消費税増税、景気変調には機動的対応を

     消費税の税率がきょうから10%に引き上げられた。前回の増税後、消費が予想以上に低迷したことを教訓に、今回はポイント還元制度など2兆円強の景気対策を準備し、税率を一部据え置く軽減税率を導入した。

     ただ、ポイント還元制度などで準備が十分に整っておらず、軽減税率では消費の現場で混乱も予想される。何より世界経済の下振れリスクの中という実施時期の悪さも懸念される。景気の変調に、政府には機動的かつ万全の対応を求めたい。

    1
    続き