■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    アゼルバイジャンのナゴルノカラバフ、大国の代理戦争の場にするな

     旧ソ連構成国の一つアゼルバイジャン西部のナゴルノカラバフ自治州で今月1日夜から2日にかけて、アゼルバイジャン軍とアルメニア系武装組織の間で軍事衝突が勃発した。

     ナゴルノカラバフ自治州は、アルメニア住民が約8割を占め、ソ連時代から領土、民族、宗教紛争の絶えない地域である。地政学上もロシアやトルコなど大国の思惑が絡み合う。同自治州を大国の代理戦争の場としてはならない。

     係争地めぐる軍事衝突

    0
    続き

    「文学全集」というものが1980年代ごろまでは…

     「文学全集」というものが1980年代ごろまではあった。『漱石全集』『●外全集』といった個人全集ではなく、漱石、●外から、太宰治、三島由紀夫、遠藤周作といった近代文学の作家100人ほどを網羅して、70~80巻の編成で刊行されるのが文学全集だ。

     編成については必ず揉める、と言われる。故人はともかく、現役作家としては、1人1巻の場合と2人で1巻の場合では、自分への評価が違ってくるので、簡単に後へは引けない。

    1
    続き

    3万年前の航海再現、募金2620万円が集まる

     国立科学博物館は13日、日本人の祖先の一部が3万年前に台湾から沖縄・先島諸島に渡った航海の再現を目指すプロジェクトで、一般の872人から計2620万円の募金が集まったと発表した。2月9日からインターネットによる「クラウドファンディング」を始め、今月4日に目標額2000万円を達成。同12日に締め切った。

    2
    続き

    17世紀カラバッジョ作品か? 屋根裏で偶然発見

     フランス南西部トゥールーズ近郊にある家の屋根裏から2014年に見つかった絵画について、鑑定を進めた専門家は12日、イタリアの天才画家カラバッジョ(1571~1610年)が描いた本物とみられ、最大1億2000万ユーロ(約148億2000万円)の価値があるとの見方を示した。

    0
    続き

    ハリルホジッチ監督「大会は全て勝つ」

     日本サッカー協会は13日、5年ぶりに開催される6月のキリンカップの組み合わせを発表し、日本は初戦の準決勝でブルガリアと対戦することになった。

     大会は4カ国によるトーナメント方式に刷新され、準決勝のもう一方はボスニア・ヘルツェゴビナ-デンマーク。準決勝は6月3日に愛知・豊田スタジアム、決勝と3位決定戦は同7日に大阪・市立吹田サッカースタジアムで行われる。

    0
    続き

    古川高晴「リオ五輪は団体でメダルを取る」

     6月にトルコで行われるリオデジャネイロ五輪予選に出場するアーチェリー男子の日本代表3選手が13日、東京都北区の国立スポーツ科学センターで行っている合宿を報道陣に公開した。

     五輪団体枠を争う予選に向け、ロンドン五輪個人で銀メダルを獲得した古川高晴(近大職)は「絶対に枠を取りたい。今回(のリオ五輪)は団体でメダルを取る」と意気込んだ。

    1
    続き

    野生のトラの保護活動が奏功、106年ぶり増加

     国際NGO世界自然保護基金(WWF)などは11日、保護活動が奏功し、世界に生息する野生のトラの数が106年ぶりに増加に転じたと発表した。ただ、アジアでは依然として森林伐採や密猟により減少している国がある。

    0
    続き

    JR九州、観光列車「かわせみ やませみ」運行

     JR九州は13日、2017年春から鹿児島・肥薩線の熊本-八代-人吉駅間で、観光列車「かわせみ やませみ」の運行を始めると発表した。同社で11番目の観光列車の導入で魅力を高め、訪日客を含め集客を強化する。

    0
    続き

    ソンクラーン、新年を祝う「水掛け祭り」

     11日、タイのアユタヤで、ゾウに水を掛けられて喜ぶ人たち。

     タイでは旧暦の元日に当たる4月13日前後には、ソンクラーンと呼ばれる「水掛け祭り」が行われ、全国で人々がお互いに水を掛け合って新年を祝う。(AFP=時事)

    0
    続き

    新名所の「トランプホテル」

    地球だより

     数々の暴言にかかわらず、米大統領選の共和党候補指名争いで不動産王ドナルド・トランプ氏がトップを走り続けている。

     7月の党大会までに代議員の過半数を獲得できるかは不透明な状況だが、相変わらずテレビのニュース番組では「今日のトランプ発言」が毎日のように報じられている状態だ。

    0
    続き

    親孝行条例

    韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

     ロシアの作家ツルゲーネフの逸話だ。ある日、狩りから戻って庭園をぶらついていた。猟犬が何かを見つけ、息を殺して密(ひそ)かに這(は)っていくので、猟犬の前の方をよく見ると、ふわふわした産毛の雀の雛(ひな)が1羽いる。巣から落ちた雛はできたばかりの羽根の付け根を不憫(ふびん)なほど動かしている。猟犬は雛の方に近寄った。その時だ。突然、木からさっと親雀が飛んできて雛の前に舞い降りた。親雀は毛を逆立ててジュクジュクジュクと鳴きながら猟犬の鼻先を目指して突進した。ぴょんぴょん跳びながら2回も犬の口先を攻撃するのだ。かわいそうに親雀は全身をぶるぶる振るわせたかと思うと芝生の上に頭を打ちつけて気絶した。

    1
    続き

    制裁1ヵ月 北朝鮮は変わったのか

    韓国紙セゲイルボ

     北朝鮮の第4回核実験以後、国際社会が類例のない強硬な制裁を施行して1カ月が過ぎた。それ以後、北朝鮮は変わったのか。まだ制裁の効果を云々(うんぬん)するのは早いが、過去とは違った幾つかの差異点が見える。中国の反応だ。

    3
    続き

    核抑止力の維持は必要だ

     広島で先進7カ国(G7)による外相会合が開催され、核軍縮と核不拡散を訴える「広島宣言」を採択して閉幕した。

     注目されたのは、ケリー米国務長官が第2次世界大戦で原爆を投下した米国の閣僚として初めて広島市の平和記念公園を訪れ、オバマ米大統領にも広島を訪問するよう促す考えを明言したことだ。実現すれば日米和解の象徴的イベントとなろう。

     削減訴えた「広島宣言」

    1
    続き

    オバマ氏、リビアの「失敗」から教訓

     ホワイトハウスは11日、オバマ大統領が、リビア指導者、ムアマー・カダフィ氏追放後への備えができなかったことから起きた「最大の失敗」から教訓を学び、シリア内戦と「イスラム国」との戦いで賢明な軍事的判断ができるようになったと指摘した。

     アーネスト大統領報道官は、オバマ氏が2013年に、化学兵器の使用を受けたシリア軍への空爆を実行しない判断を下したのは、「空爆した場合に、シリアで起こること」への懸念が一因だったと語った。

    0
    続き

    今年は日本とベルギーが国交を結んで150周年。…

     今年は日本とベルギーが国交を結んで150周年。両国のさまざまな記念事業に関して、日本側名誉総裁には天皇陛下、ベルギー側名誉総裁にはフィリップ国王が就任されている。1月にはベルギーの迎賓館エグモン宮で、オープニング記念式典の雅楽演奏が行われた。

     公式ロゴは黒黄赤の楕円をデザインしたもの。公募を行って、187点の作品の中から大阪に住む21歳の学生、野志亜弥香さんの作品が選ばれた。

    1
    続き

    ブラックホール、銀河の小集団でも超巨大に

     超巨大なブラックホールは銀河が多数集まった銀河団にあると考えられてきたが、少数の銀河の集団にも存在することが分かったと、米カリフォルニア大などの国際研究チームが12日までに英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

     小集団の中でも、中心にブラックホールを持つ銀河同士が合体すれば、超巨大なブラックホールが誕生するという。

    2
    続き

    低炭素住宅街「未来区ボン・ジョーノ」まち開き

     北九州市が主導して小倉北区城野地区で整備を進めてきた大規模低炭素住宅街「みんなの未来区ボン・ジョーノ」の基盤整備が終了し、まち開きの式典が行われた。住宅街は国の「環境未来都市」に選定された市の進める環境施策の柱の一つ。

     市中心部に近接する約19ヘクタールに、省エネ、ITを駆使したスマートハウスなど計850戸の住宅や、総合病院、住民の活動を支える集会施設などのまちづくりが本格化。

    0
    続き

    平野早矢香が引退会見「幸せな競技人生だった」

     卓球女子の2012年ロンドン五輪団体銀メダリストで、先に現役引退を表明した平野早矢香(31)ミキハウスが12日、大阪府八尾市内で記者会見し、「子供の頃には想像できなかった結果を残せて、幸せな競技人生だった」と満足そうに語った。今後は所属先でコーチを務め、卓球の講習会などにも参加する。

    1
    続き

    藤沢五月「さらに強くなるよう頑張っていく」

     3月に行われたカーリングの女子世界選手権で銀メダルを獲得した日本代表のLS北見のメンバーが12日、北海道庁を訪れて高橋はるみ知事と面会した。スキップの藤沢五月は北海道の競技への支援に謝意を示し「銀メダルをお見せできて本当にうれしい。さらに強くなって、またいい報告ができるように頑張っていく」と語った。

    1
    続き

    2020年までにドバイに新たな超高層タワー

     アラブ首長国連邦(UAE)のドバイにある世界一の超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」(828メートル)よりも高いタワーが、当地で建設される。不動産開発会社エマール・プロパティーズが10日発表した。

    0
    続き

    北の核は2020年までに倍加

    米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院・米韓研究所副所長ジェニー・タウン氏

     北朝鮮の国営メディアは3月9日、小型化された核兵器と再突入体を視察する金正恩第1書記の写真を公表した。専門家らは、北朝鮮は小型化技術を保有していると考えてきたが、この写真が公表されたことで、それに対する否定的な見方は静まり、北朝鮮が大量破壊兵器(WMD)への野望を持っていることが事実かつ深刻であり、脅威が高まっていることを改めて世界に示した。

    8
    続き

    衆院2補選、真正面から政策論争をせよ

     町村信孝前衆院議長の死去に伴う北海道5区と宮崎謙介前衆院議員の辞任を受けて行われる京都3区の衆院補欠選挙が告示された。国政選挙としては第3次安倍政権発足後初となる。

    同日選への判断も左右

     特に北海道5区の補選は与党候補と野党統一候補の一騎打ちとなる。参院選の前哨戦との位置付けにとどまらず、衆参同日選を行うかどうかの判断も左右するだけに真正面から政策論争をし勝敗を決してほしい。

    3
    続き

    キンザー利用で大胆提案

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     浦添市の西海岸に位置する米軍キャンプ・キンザー(牧港補給庫)が早くて9年後の2025年に返還される。これは在日米軍再編の一環で、それに伴い、那覇軍港が浦添埠頭(ふとう)沖に移設されることが決まっている。

     このほど、キャンプ・キンザーの望ましい未来を考えるシンポジウムが浦添市で開催され、各界の有識者が提言した。

    3
    続き