■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    日立英原発凍結、技術開発と人材確保に努めよ

     日立製作所が英原発建設計画の凍結を決めた。日立が事業継続の条件とする出資集めのめどが立たず、損失拡大を防ぐためにいったん計画を止める。

     存在感を高める中露

    1
    続き

    「大寒の火の気を断ちし写経かな」(藤岡あき)…

     「大寒の火の気を断ちし写経かな」(藤岡あき)。「大寒」は俳句の季語でもある。稲畑汀子編『ホトトギス新歳時記』には「二十四節気の一つ。小寒から数えて十五日目、たいてい一月二十日ごろにあたる。一年中で最も寒さが厳しいころである」とある。

     俳句の歳時記と実際の季節感との違いはよくあることだが、この時期に寒さが厳しくなるという点は共通している。閉めた窓の隙間から冷気が部屋に入り込み、なかなか暖かくならない。床も冷たいので、靴下が手放せない状態だ。

    1
    続き

    沖縄2紙「軍命関与」報道、 曽野綾子氏の予言が現実に

     2007年3月30日、文科省は教科書から「沖縄の集団自決の軍命の記述を削除すべし」との検定意見を出したところ、翌日から琉球新報と沖縄タイムスは激しく反発し、その後、連日猛烈なキャンペーンが張られ、全市町村議会が両紙の抗し難きキャンペーンを受け「集団自決に軍命あり」の決議を出すことになった。

    0
    続き

    ベンチャー社長の岡島さん「これから本番」

     イプシロン4号機で打ち上げられた人工的に流れ星を作る世界初の衛星「ALE(エール)-1」。開発したベンチャー企業「ALE」の岡島礼奈社長(39)は18日、発射場近くで打ち上げを見届け、「言葉にできない感動がこみ上げてきた。これから本番だという気持ちになった」と話した。

    1
    続き

    テロ防止啓発ポスターに「鬼平犯科帳」を

     警視庁はさいとう・たかをさん作の劇画「鬼平犯科帳」(池波正太郎原作)を使い、2019年のテロ防止啓発ポスターを作製した。17日に同庁で感謝状贈呈式が行われ、さいとうさんは「ありがたく思っている」と笑顔を見せた。

    0
    続き

    英国ファッション界女王ヴィヴィアンの実録

     英国は相反するものが調和して存在するという不思議な文化を持つ国。古いものを尊ぶが、新しいものが大好きという自由精神の国だ。

    0
    続き

    夜でも35・9度、豪州で最低気温の記録を更新

     オーストラリア気象局は18日、同国東部ニューサウスウェールズ州ヌーナで前夜に気温が35・9度までしか下がらず、国内で最も高い最低気温の記録を更新したと発表した。豪メディアによると、従来の記録は1982年と2003年に記録した35・5度だった。

    0
    続き

    香りで迎える旧正月、線香の生産が最盛期

     ベトナムの首都ハノイ近郊の村で、2月の旧正月で使用する線香の生産が最盛期を迎えている。線香になる細い竹の皮が赤く染まり、地面に並べられている様子は圧巻だ。

     「線香の村」と呼ばれるこの村では現在、数百人の作業員が竹を細断し、染めて乾かす作業を続けている。

    0
    続き

    稀勢の里引退、ファンを魅了した真っ向勝負

     大相撲の横綱稀勢の里が引退した。横綱在位が12場所の短命で終わったことは残念だ。活躍する姿をもっと見たかった。

    19年ぶりの日本出身横綱

     昨年九州場所後に横綱審議委員会から「激励」の決議を受け、初場所で進退を懸けたが初日から3連敗。昨年秋場所千秋楽からは8連敗(不戦敗を除く)となっていた。引退はやむを得ない決断だと言えよう。

    0
    続き

    ごく私的な話で始めることをお許し願いたい…

     ごく私的な話で始めることをお許し願いたい。寒の入りとなったところで、愛用していた電気あんかが壊れてしまった。早速家人を一駅隣の電気量販店に買いにやらせたところ、以前は置いていたが今はないという。

     ホームセンターにあるかもしれないと、家人が向かっている途中に小さな電気屋があった。入って聞いてみると、あるという。「このあたりはお年寄りが多いから、置いているんです」とは店の人の話。

    2
    続き

    西田天香の教育思想 枝葉の学問に惑わされず

    燈影学園学園長 相 大二郎氏に聞く

     “争いのない生活”を目指して一燈園を開いた思想家・西田天香によって昭和5年(1930)に創設された燈影学園。当初、生徒は共同生活を営む同人たちの子弟だけだったが、昭和64年(1989)に一般開放され、今では小学校から中学校、高校までの全校生徒約110人が一貫教育を受けている。教育に一燈園の未来を託した西田の教育思想を相大二郎学園長に伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    0
    続き

    冒険家の阿部雅龍さん、南極点に到達

     冒険家の阿部雅龍さん(36)が17日、単独・徒歩による日本人未踏ルートでの南極点到達に成し遂げた。昨年11月23日にルートを出発し、当初は40日~50日の行程を予定していたが、例年以上に天候が過酷な状況となったため55日間を要した。

    0
    続き

    日の出駅近くの防潮扉に「バンクシー」の作品?

     英国の正体不明の芸術家「バンクシー」の作風によく似た絵が東京都内で発見されていたことが17日、都への取材で分かった。絵は東京臨海部の新交通システム「ゆりかもめ」日の出駅(港区)近くの防潮扉に描かれており、都はすでに絵を撤去。別の場所に保管した。

    0
    続き

    「地盤沈下」に危機感、北米自動車ショー開幕

     東京やドイツのフランクフルトなどと並ぶ5大モーターショーの一角を占める北米国際自動車ショーが米デトロイトで開幕した。

     だが近年は同じ1月に米ラスベガスで開かれる家電・IT見本市「CES」が自動車関連技術にも対象を広げており、自動運転など旬の話題をさらわれがちだ。

    0
    続き

    キティちゃん、東京都の福祉アンバサダーに

     東京都は、福祉分野の人材確保へ向けた取り組みの一環として、人気キャラクターのハローキティを「TOKYO福祉のお仕事アンバサダー」に任命し、17日、西新宿の東京都庁で任命式を行った。

     小池百合子都知事が「福祉の仕事の仲間を増やしていただきたい。期待していますので、よろしくね」と声を掛け、任命状を手渡した。任命状を受け取ったキティちゃんはガッツポーズで意気込みを示した。

    0
    続き

    奇跡のキリスト像に100万以上の信者が殺到

     フィリピンのマニラ市で9日、毎年恒例となっているカトリック教会の宗教行事「ブラックナザレ」が行われ多くの信者が殺到した。

     ブラックナザレは約400年前にメキシコからフィリピンに運ばれたと言い伝えられる黒いキリスト像で、毎年この日にキアポ教会を出てマニラ市内を巡回する。

     このキリスト像に触れることができれば、病気が治るなど一年を幸せに過ごせると信じられており、今年も100万以上の信者が集結した。

    0
    続き

    ゲームチェンジャーこそ韓国企業の宿命

     11日まで米ラスベガスで開かれた「CES2019」(情報技術・家電世界見本市)は第4次産業革命の新技術をひと目で見られる生々しい現場だった。

    0
    続き

    EU離脱案否決、合意なき離脱はイギリスの凋落招く

     英議会下院は欧州連合(EU)離脱合意案を、賛成202、反対432の大差で否決した。

     最大野党・労働党提出のメイ内閣への不信任決議案は否決されたが、離脱期限が3月末に迫る中、「合意なき離脱」に突入する恐れが増してきた。

    GDP8%減との予測も

    3
    続き

    永井荷風(1959年没)の日記「断腸亭日乗」…

     永井荷風(1959年没)の日記「断腸亭日乗」の昭和19(1944)年3月24日の部分にこんな記述があった。「開戦以来現代民衆の心情ほど解しがたきものはなし」というのがそれだ。太平洋戦争後期の記事で、日本の旗色がよくなかったころの話だ。

     それまでの職業を奪われ、職工として徴集されたり、空襲が近いと言われたりしても、特に騒ぐこともなく、何が起ころうともただ成り行きに任せるだけ。こうした民衆の在り方は理解不能ということのようだ。

    0
    続き

    減少する欧州の先住民

     ヨーロッパの先住民の人口が減少するにつれて、彼ら先住民は、さまざまな国、時には、敵対する国々からの移民によって、ますます多く取って代わられている。多くの欧州人を悩ませている長年の疑問は、大事に培われ、世界に大いに貢献してきた欧州の混合文化が、この移民の大量流入に耐えて生き延びることができるかということである。

     人口統計学の予想は、主観的で、曲解や誤った解釈を招きやすいとして評判が悪い。短期的動きが、長期的展望と間違われる可能性があるからだ。ドイツは、もろに、この現象の典型である。

    1
    続き

    ブラジル新政権、期待が反発上回る現状

     南米の大国ブラジルで今月1日、民主化後初の本格的な保守政権が誕生した。過激な発言や政策から「極右」と呼ばれるジャイル・ボルソナロ大統領(63)だが、ブラジル国内での期待度は決して低くない。(サンパウロ・綾村悟)

    1
    続き

    首都で急増するネズミ

     米国の首都ワシントンでは、公園など街の至る所に野生のリスがいるのを見掛ける。しかし、近ごろ急速に増えているのは、同じ齧歯(げっし)類でも害獣とされるネズミだ。

     こうしたネズミうちの1匹は先月、ホワイトハウスにも現れた。FOXニュース記者の足元で何かが動き、一瞬リスだと思ったが、大きな茶色のネズミだったという。

    2
    続き

    4者会談攻勢に出た金正恩委員長

     金正恩朝鮮労働党委員長は新年の辞で、20年前の「1997年4者会談」カードをこっそりと持ち出した。「休戦協定の当事者との緊密な連携の下に、朝鮮半島の現休戦体制を平和体制に転換するための多者交渉も積極的に推進し、恒久的な平和保障の土台を実質的に整えなければならない」と主張した。

    2
    続き