■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    拉致被害 首相、金氏と「無条件で」

     安倍晋三首相は16日、東京都内で開かれた、北朝鮮による日本人拉致被害者全員の即時帰国を求める「国民大集会」(主催=拉致被害者家族会など)であいさつし、「拉致問題を解決するには、日本が主体的に取り組んでいく必要がある」とした上で「私自身、条件を付けずに金氏と向き合う」と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との無条件での会談に改めて意欲を示した。

    2
    続き

    高齢者の生き方

     数日前、実家の母親に電話すると、普段とは違う嬉(うれ)しそうな声で話し始めた。県外に住んでいる次男(筆者の弟)夫婦と孫が家族で「おばあちゃん孝行」に来てくれたという。夏のお盆は孫のアルバイトの都合で会うことができなかった。多くの祖父母と同様、高齢で独り暮らしの母親にとっては孫のために世話を焼くことが格別の喜びのようだ。

     敬老の日に合わせて発表された総務省の人口推計では、65歳以上の高齢者は3588万人。全人口の28・4%になった。その中で仕事に就いている人は過去最多の862万人。従業者全体でも13%を占めている。65~69歳の年代では半数近く、70~74歳では30%の人が就業しているという。時代の要請もあって、「65歳以上の高齢者」というイメージが変わりつつある。

    1
    続き

    まさに激走に次ぐ激走であった。来年の東京…

     まさに激走に次ぐ激走であった。来年の東京五輪男子マラソン代表を決める一発勝負レースをテレビ桟敷で見た。一発勝負といっても、選手はすでに高いレベルの基準をクリアしての出場。

     安定し拮抗した実力の選手が同じ条件の舞台に立ち、極度の緊張を強いられる中で長丁場の競り合い。厳しい残暑の中、本番と同じコースでのスピードとスタミナ、駆け引き、勝負強さを懸けての代表争いは見応え十分だった。

    1
    続き

    東京五輪代表決定、MGCを五輪コースで行う

     東京五輪代表選考会のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は15日、明治神宮外苑を発着とした42・195キロの五輪とほぼ同じコースで行われ、男子は1位の中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)、女子は1位の前田穂南(天満屋)と2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が代表に決まった。

    2
    続き

    羽生結弦が今季初戦を制す、4回転に課題実感

     ショートプログラム(SP)に続き、フリーでも冒頭のジャンプでミスが出た。羽生は1本目の4回転ループ、続く4回転サルコーの着氷で体勢を崩した。今季初戦を手堅く制したが、悔しさが口を突いた。

    2
    続き

    「赤の他人でいられない」、ボランティア本格化

     台風15号の被害を受けた千葉県では15日、夜からの激しい雨が予想される中、ボランティアによる支援活動が本格化した。県社会福祉協議会によると、鴨川市や鋸南町など14自治体で受け入れを行い、学生など多くの人が集まった。30度近い暑さが続く中、参加者らは「赤の他人ではいられない」「少しでも楽になって」と汗を流した。

    2
    続き

    未来の輸送機関、宇宙エレベーター本格実験

     地上と宇宙ステーションをケーブルでつなぎ、エレベーターで行き来する-。夢物語のような構想の実現に向けた実証実験が15日、福島県南相馬市で行われた。実験は宇宙エレベーター協会(東京都港区)が主催。試験的だった昨年に続いての開催で、今年は14、15両日に、国内外から大学や企業など計12チームが参加した大規模なものとなった。

    2
    続き

    気仙沼から5000尾、秋のサンマを召し上がれ

     古典落語「目黒のさんま」をもとに始まった「目黒のさんま祭」(第43回目黒区民まつり実行委員会主催)が15日、東京・目黒の田道広場公園で行われた。炭火で焼いた新鮮な秋のサンマを味わおうと、イベント開始の1時間前には会場近くに500㍍以上の行列ができた。

    4
    続き

    敬老の日 高齢者の能力生かす社会に

     きょうは敬老の日。総務省によると、65歳以上の推計人口は3588万人と過去最多となり、総人口に占める割合も28・4%と過去最高を更新した。前年比では32万人増で、国立社会保障・人口問題研究所によると、2025年には総人口に占める割合が3割になる。

     100歳以上が7万人超

    1
    続き

    千葉県内で1週間以上続く停電は、送電設備…

     千葉県内で1週間以上続く停電は、送電設備の故障、主に電柱の倒壊が原因だが、同僚の話では、富津市の一部で14日に停電は解消されたものの、携帯電話は依然つながりにくいそうだ。

     普段から電気を使えるのは当たり前と無意識的に思っている分、なくなると不安感やいらいらだけが募ってきて、生活面の自衛力もだんだんと萎えてくる。電気のありがたさをしみじみと感じる。

    1
    続き

    不安をはねのけ、紀平梨花が今季初戦で優勝

     SP首位で迎えたフリー。紀平は不安を抱えながら演技に臨んだ。この日練習が行われたサブリンクは氷が硬く、試合のリンクとは感触が違っていた。ジャンプを失敗して心が揺れた。

     SPでは安定してトリプルアクセル(3回転半)を決めていたが、フリー直前の6分間練習でもミスが出る。感覚が狂っていた。「アクセルで思ったジャンプが跳べていなかった。すごく焦っていた」

    2
    続き

    ラグビーW杯出場国国歌で海外の選手を歓迎

     ラグビーワールドカップ(W杯)開幕を前に、出場国の国歌を歌うことで訪れる選手らを歓迎するプロジェクト「スクラムユニゾン」の活動が広がっている。発起人で元日本代表主将の広瀬俊朗さん(37)は「国歌はその国について学ぶいいきっかけになる」と話す。

    2
    続き

    大阪府警、「アオリ運転、絶対イカん」

     あおり運転、絶対いかん―。

     大阪府警はこのほど、「アオリイカ」があおり運転の撲滅を訴えるアニメ動画を作り、動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した。

     府警交通総務課の担当者は「あおり運転は人命に関わる重大な犯罪。運転する際は、この動画を思い出して絶対にやめてほしい」と呼び掛けている。

     動画は職員6人による手作り。

    2
    続き

    外食よりお得、令和初のおせち商戦スタート

     百貨店各社は今月下旬から新年用「おせち」購入予約の受け付けを始める。消費税率が10%に引き上げられる来月1日以降も、大半は飲食料品への軽減税率8%の適用対象。家計の厳しさが増す中、各社は「(税率10%の)外食よりお得」と売り込み、年末年始を自宅で過ごす家庭などに向けて「和洋」おせちや、おつまみ感覚の多品目商品など趣向を凝らして注文獲得を競い合う。

    1
    続き

    「くまモン」型ロボット、大型商業施設に登場

     熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」型のロボットが14日、熊本市中央区に開業する大型商業施設に登場する。日中はタッチパネルを介して観光情報などを多言語で案内。夜間はフロアを巡回警備する。県がロボットとしてのキャラクター使用を許諾するのは初めてで、世界に1台しかない。

    1
    続き

    埼玉で豚コレラ、これ以上の感染拡大を許すな

     埼玉県秩父市の養豚場で家畜伝染病「豚コレラ」が発生した。昨年9月、岐阜市で26年ぶりに発生が確認されて以来、41例目で、関東地方で確認されたのは今回が初めてとなる。

    関東地方で初めて確認

     農林水産省などによると、この養豚場から山梨県内の食肉処理施設に出荷された豚が死ぬなど異常な症状を示したため、山梨県と国が検査したところ、陽性反応が出て感染が確定。埼玉県は養豚場が飼育する678頭を殺処分した。

    1
    続き

    先日かかってきた知人からの電話の第一声…

     先日かかってきた知人からの電話の第一声が「あまりの寒さに目が覚めた」。知人はカゼを引くところだったという。熱帯夜のような暑い夜が続いたことと、クーラーが壊れていたせいもあって、いつものように窓を開けていたそうだ。

     確かに、このところの天候は先が読めない。台風一過で東京では9月としては6年ぶりの猛暑日になったと思ったら、ここ数日は急に気温が下がり、朝は肌寒いほどになった。

    0
    続き

    5歳児の唾液量る、日本人にイグ・ノーベル賞

     人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州のハーバード大学で12日行われ、自らの子供3人も含む5歳児の1日当たりの総唾液分泌量を数年がかりの研究で突き止めた明海大学保健医療学部(千葉県浦安市)の渡部茂教授(68)らの研究グループが化学賞を受賞した。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は13年連続。

    2
    続き

    ラグビーW杯アルゼンチン代表歓迎セレモニー

     東京電力福島第1原発事故で臨時の対応拠点となり、今年4月に営業を全面再開した「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)で13日、ラグビーワールドカップに出場するアルゼンチン代表を歓迎するセレモニーが開かれた。選手らは練習後に出席し、大会での健闘を誓った。

    2
    続き

    フランシスコ・ローマ法王が11月23日に訪日

     フランシスコ・ローマ法王は11月23~26日、日本を訪問する。バチカン(ローマ法王庁)が13日、明らかにした。東京のほか、被爆地の広島市と長崎市を訪れ、原爆犠牲者を追悼する。

     ローマ法王の訪日は、1981年2月の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりで2回目。

    2
    続き

    EU離脱を風刺したバンクシー作品、白塗りに

     正体不明の路上芸術家バンクシーが英国の欧州連合(EU)離脱を風刺した作品の一つが、白く塗りつぶされた。バンクシーは12日、自らのインスタグラムで「気にしないで」とこれを容認する考えを示した。

    2
    続き

    手のひら冷やして体温上昇を抑えるサポーター

     シャープとスポーツ用品大手デサントの子会社は13日、手のひらを冷やして体温上昇を抑えるサポーターを共同開発したと発表した。マラソン選手に使ってもらう実験を進め、来春の発売を目指す。東京五輪・パラリンピックの暑さ対策や、ジョギングを楽しむランナーらの熱中症対策などに役立ててもらいたい考えだ。

    2
    続き

    停電の長期化、一刻も早い復旧に全力挙げよ

     台風15号の被害に伴う千葉県での停電は、13日深夜の時点で約16万5500戸で続いている。停電でエアコンが使えず、熱中症による死者も出ている。一刻も早い全面復旧に全力を挙げなければならない。

    最長2週間の見通し

     東京電力パワーグリッドの金子禎則社長は、ほぼ全域での復旧に最長2週間かかるとの見通しを示した。

    1
    続き