■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    ロシア潜水艦がNATOの脅威に

     ロシアが大西洋、北極海で潜水艦の活動を活発化させていることから、米軍の通信に欠くことのできない海底光ケーブル網が破壊される可能性が指摘され、トランプ政権は、対応を迫られている。

    1
    続き

    駐韓米大使から“落馬”した対話派

     駐韓米大使に内定していたビクター・チャ・ジョージタウン大教授が“落馬”した。北朝鮮への「鼻血戦略」(制限的先制打撃)に反対し落馬したというのが定説だ。

     しかし、韓米当局は彼の落馬が鼻血戦略に対する異見のためではないと言っている。ホワイトハウス報道官はこの見方を否認したし、韓国では外交消息筋がその主張を裏付けていた。

    0
    続き

    憲法改正、平和欲せば戦争に備えよ

    元駐チリ大使 色摩力夫氏(上)

     安倍晋三首相の強い意向を受けて、憲法改正の焦点は従来の一般論的な議論でなく、個別的、具体的な改正条文づくりに移ってきた。改憲論議の焦点である9条などの主要論点について、各界の有識者に意見を聞く。 (聞き手=政治部・武田滋樹、亀井玲那)

    自民党が憲法改正の具体的な条文づくりに着手した。

    7
    続き

    小平 銀、高木美 銅、渡部暁・平野2大会連続銀

     平昌五輪第6日は14日、各競技が行われ、日本勢が銀3、銅1のメダルを獲得した。今大会の合計では7(銀4、銅3)となった。

     スピードスケート女子1000メートルでは、世界記録保持者の小平奈緒(相沢病院)が2位、高木美帆(日体大助手)が3位に入り、日本勢2人が表彰台に上がった。高木美は1500メートルで銀を獲得しており、冬季五輪の一つの大会で日本女子がメダルを複数獲得したのは全競技を通じて初めて。

    1
    続き

    安倍首相「梅干しで予算委員会を乗り切る」

     安倍晋三首相は14日、梅の名所で知られる太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の西高辻信良宮司ら「梅の使節」の表敬を首相官邸で受けた。

     同使節の首相表敬は毎年恒例で、紅梅と白梅一鉢ずつが首相に贈られた。

     境内で取れた実で作ったという梅干しを受け取った首相は「(昨年も)元気をもらった。これで予算委員会を乗り切る」と顔をほころばせていた。

    0
    続き

    「脈動オーロラ」が発生する仕組みを解明

     高緯度地方で夜中にカーテン状の華やかなオーロラが出現した後、夜明け前に明滅を繰り返す「脈動オーロラ」が発生する仕組みを解明したと、東京大や名古屋大、宇宙航空研究開発機構(JAXA)などの研究チームが14日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

    1
    続き

    外国人交えた大規模救助訓練、震度6強の地震想定

     2020年東京五輪の期間に首都直下型の大地震が発生し、多数の重軽傷者が出たと想定した大規模救助訓練が14日、東京都江戸川区臨海町の葛西臨海水族園「空の広場」で行われた。主催の東京消防庁第七消防方面本部のほか地元消防団や東京DMAT(災害派遣医療チーム)など200人以上の隊員が、非常時における連携や指揮の動きを確認した。

    0
    続き

    ドッグショーでおめかしのヨークシャーテリア

     12日、米ニューヨークで行われたウェストミンスター・ケンネル・クラブ・ドッグショーでグルーミングを終え、出番を待つヨークシャーテリア。

     142回を数える伝統のイベントに参加できペットも得意げ。

    0
    続き

    緊急事態条項、権限集中がなければ無意味だ

     自民党の憲法改正推進本部では、執行部が緊急事態条項の創設について、政府への権限集中や私権制限の規定を盛り込むことを見送るべきだとしている。これでは創設する意味がないと言える。

     憲法は平和時前提に制定

     民主主義国家の憲法に緊急事態条項が不可欠なのは、憲法が平和時を大前提に制定されているからだ。そこでは権力集中を避け、国民に最大限の諸権利を容認している。

    2
    続き

    北杜夫の長編小説『楡家の人びと』は祖父…

     北杜夫の長編小説『楡家の人びと』は祖父斎藤紀一から父斎藤茂吉、さらに作者自身へと続く生家の変遷を綴(つづ)った傑作。これを読んだ三島由紀夫は「戦後書かれたもつとも重要な小説の一つ」と絶賛した。

     気流子も再読したいと思って古書店を調べ、見つけて入手したのが山形県上山市にある古書店から。送られてきた本には、同市にある斎藤茂吉記念館の冊子が同封されていた。記念館があるのは茂吉の生家の近くだ。

    0
    続き

    治安か普及か問われる民泊

     住宅の空き部屋を利用して旅行客らを有料で泊める「民泊サービス」の運営を合法化した住宅宿泊事業法(民泊新法)が6月から施行され、民泊のあり方が大きく変わる。国は民泊の「健全な普及」を目指すが、地域住民の安全を確保したい自治体が運営に制限を課す条例案を打ち出しており、民泊の拡大には逆風となりそうだ。(政治部・岸元玲七)

    3
    続き

    国民栄誉賞受賞、羽生2冠と井山7冠が会見

     国民栄誉賞を受けた将棋の羽生善治2冠(47)竜王、棋聖と囲碁の井山裕太7冠(28)棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段は13日午後、東京都内で記者会見した。

    0
    続き

    羽生結弦、公式練習で2種類の4回転5本着氷

     フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇が懸かる羽生結弦(ANA)が13日、右足首負傷からの復帰戦となる3日後の本番へ向け、公式練習で2種類の4回転を計5本着氷した。負傷していた右足首の状態も含めて「もう何も不安要素はない」と自信をにじませた。

    0
    続き

    明治HD、「幻のカカオ」で地域おこし

     明治ホールディングス(HD)は、高級チョコレートの原料となる希少種のホワイトカカオを栽培しているメキシコ南部で、現地の農家に苗木を提供する支援事業を始める。一般のカカオより高値で取引されるホワイトカカオの特産化を進め、地域振興に役立てるとともに、新たなビジネス展開を狙う。

    0
    続き

    東京都や警視庁など、古典落語で特殊詐欺予防を

     オレオレ詐欺や還付金詐欺などの被害防止を目的とした「特殊詐欺根絶イベント」が13日、調布市内で行われた。東京都と警視庁、調布・狛江両市の共催。落語家の三遊亭小遊三さんの演じる古典落語や詐欺の最新手口を説明する寸劇などが行われ、約500人が参加した。

    0
    続き

    犬型ランタンのぬくもり、もうすぐ春節

     16日に春節(旧正月)を迎える上海の繁華街で、今年の干支(えと)にちなんだ犬型のランタンが飾り付けられた。

     中国の春節休暇は1週間。ランタンのぬくもりのある明かりが、新年の準備で忙しく行き交う人々を照らしている。

    0
    続き

    正男氏暗殺1年、北朝鮮の残忍さを直視せよ

     北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が2017年2月にマレーシアで殺害されてから1年が経過した。

     マレーシアでは、実行犯として殺人罪で起訴された女2人の公判が続いている。だが犯行を指示したとされる北朝鮮人容疑者らは既に帰国し、真相解明の見通しは立っていない。

    真相解明の見通し立たず

    1
    続き

    翁長知事は反基地活動家の味方?

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     1月29日、沖縄県東村高江の米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)工事に関連する二つの裁判で注目される動きがあった。

     一つは、2016年9月に高江で反基地活動家が暴力行為を受けたとされる傷害事件。この初公判が那覇地裁で開かれ、傷害罪に問われている同村カナンファームの依田啓示代表(44)は「正当防衛の範囲内だ」と否認した。

    4
    続き

    平昌冬季五輪では、モーグル男子の原大智…

     平昌冬季五輪では、モーグル男子の原大智、ジャンプ女子の高梨沙羅両選手が銅メダル、スケート女子1500㍍の高木美帆選手が銀メダルを獲得した。目標にした色とは違ったかもしれないが、いずれも感慨深く、また将来へつながるメダルだ。

     日本人としては、このメダルラッシュでようやく五輪らしくなってきたというのが実感ではないか。何しろ開会式以降、五輪が北朝鮮の微(ほほ)笑み外交に乗っ取られたような状況だったから。とりわけ、金正恩朝鮮労働党委員長の妹の金与正党中央委員会第1副部長は、正恩氏の親書を携え、文在寅大統領に訪朝を招請。水際立った外交デビューを果たした。

    0
    続き

    香港の一国二制度、中国による骨抜きは許せない

     中国共産党政権を批判する「禁書」を扱っていた香港の書店親会社株主で、スウェーデン国籍の桂民海氏が中国で再び拘束された。

     桂氏はスウェーデン大使館で検診を受けるため、北京行きの列車に乗っていたところ、約10人の私服警官に連行された。香港の高度な自治を保障した「一国二制度」の有名無実化が進むことは許されない。

    「禁書」書店関係者を拘束

    0
    続き

    北制裁船入港の波紋

     平昌冬季五輪の氷上競技が行われている江陵市から車で40分ほどの場所に墨湖(ムッコ)港というイカ釣り漁で有名な港がある。ここから少し離れたフェリーターミナルの埠頭に横付けされたのが先日、北朝鮮芸術団を乗せて来た貨客船「万景峰(マンギョンボン)92号」だ。かつて在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)がこの船を使ってせっせと現金やぜいたく品を運んでいたが、今では日韓両国がそれぞれ独自の制裁対象に指定しているいわばご法度船である。

    1
    続き

    高木美帆「銀」、高梨沙羅「銅」、原大智「銅」

     平昌五輪第4日は12日、ジャンプ女子ノーマルヒルが行われ、高梨沙羅(クラレ)が銅メダルを獲得し、前回ソチ五輪4位の雪辱を果たした。ジャンプ女子のメダルは日本初。伊藤有希(土屋ホーム)は9位だった。

     スピードスケート女子1500メートルでは高木美帆(日体大助手)が銀メダルに輝いた。小平奈緒(相沢病院)は6位。

    1
    続き

    八王子の市民有志、晴れ着姿の成人式プレゼント

     振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市、破産手続き中)が突然営業を取りやめた問題で、東京都八王子市の市民有志が12日、1月の成人式で晴れ着を着られない被害に遭った新成人を応援しようと、「八王子プレゼント成人式」を開いた。

     「新成人に笑顔を届けたい」と、市内の呉服店の西室真希さんが企画し、市が後援した。

    0
    続き