■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    イチローの父宣之さん「これ以上ない親孝行」

     現役を引退したイチロー元選手の父、鈴木宣之さん(76)が23日、愛知県豊山町のイチロー記念館「アイ・ファイン」で取材に応じ、「これ以上のことはない親孝行だ」と息子への思いを語った。イチロー元選手の今後については「今まで培ってきた技術や考え方を伝え、全世界の子供たちのために尽力してほしい」との願いを話した。

    0
    続き

    地域振興を、古民家が「アートホテル」に

     IT企業のサテライトオフィス誘致で知られる徳島県神山町で、古民家を活用した民泊施設を会場に「アートホテル」と題する9日間限定の催しがあった。

     東京芸術大の学生ら8人が地域に滞在して制作した作品を公開。宿泊客や住民が、アート作品に囲まれて過ごす体験を楽しんだ。

    0
    続き

    米の対北制裁措置、制裁厳格化でさらなる協調を

     米財務省は北朝鮮の制裁逃れを支援したとして中国の海運会社2社を新たに制裁対象に指定した。先月、ベトナム・ハノイで行われた2回目の米朝首脳会談が決裂して以降、北朝鮮関連の制裁措置はこれが初めてだ。北朝鮮が完全非核化に向け具体的な行動に踏み出さなければ制裁緩和には応じないとする米国の断固たる意志を示すもので、日本をはじめ国際社会は改めてこれに呼応し、制裁網構築へ協調体制を強化しなければならない。

    中国2社が瀬取り関与

    2
    続き

    「初花の東京と聞く陽気かな」(稲畑汀子)…

     「初花の東京と聞く陽気かな」(稲畑汀子)。東京地方では、千代田区の靖国神社にある桜の標本木が開花した。桜はあっという間に咲き、あっという間に散る印象がある。開花時期が短いため、花見には「一期一会」の感がある。

     このあたりの機微は、平安時代の歌人で六歌仙の一人として有名な在原業平(ありわらのなりひら)の和歌「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」がよく表現している。最初、学校の教科書で読んだ時は、理屈っぽく感じられ、名歌とは思えなかった。

    0
    続き

    ノーベル平和賞受賞者マララさんが初来日

     安倍晋三首相は22日、初来日したノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイさんと首相官邸で会談した。首相は「圧力や暴力に屈せず、女子教育の重要性を世界に訴えたマララさんに敬意を表したい」とたたえた。会談後、マララさんと共同記者発表に臨み、6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議で「女性が輝く社会の実現」を重要議題の一つに位置付ける考えを示した。

    0
    続き

    政府、イチロー選手に国民栄誉賞を授与へ

     政府は22日、現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手本名鈴木一朗(45)に国民栄誉賞を授与する調整に入った。日米通算4367安打、10年連続200本安打を記録するなど、野球界で築いた実績が授与にふさわしいと判断した。本人の了承を得られれば正式決定する。政府関係者が明らかにした。

    0
    続き

    山木屋小の児童、8年ぶり地元で卒業式に臨む

     東京電力福島第1原発事故による避難指示が解除され、昨年4月から地元で再開した福島県川俣町立山木屋小学校で22日、8年ぶりに卒業式が行われた。6年生5人の卒業により児童数はゼロとなり、4月から休校する予定。

     斎藤仁道校長は児童に卒業証書を手渡し、「皆さんには、ちょっとしたことではくじけない粘り強さがある。山木屋を思う心を持ち続けてほしい」とエールを送った。

    0
    続き

    「東京モーターサイクルショー」が開幕

     国内最大級のバイクイベントとして知られる東京モーターサイクルショーが22日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開幕した。国内外の企業・団体150以上が出展。環境にやさしい最新の電動バイクなど、自慢の製品をPRする。24日までの期間中に、14万人の来場が見込まれる。

    0
    続き

    「六義園」の大きなしだれ桜、ライトアップ

     東京・駒込の国指定特別名勝「六義園」のしだれ桜が22日、ソメイヨシノより一足早く見頃を迎えた。同園によると、見頃は3月末いっぱい続く。

     日没を過ぎるとライトアップが行われている。高さ15㍍、幅20㍍ある大きなしだれ桜の薄紅色が光に照らされ、日中とは違った魅力を醸し出している。

     写真を撮ろうと、家族連れや外国人観光客など多くの人でにぎわっている。ライトアップは4月3日まで。

    0
    続き

    天皇陛下は来月17日から三重県を訪問され…

     天皇陛下は来月17日から三重県を訪問され、18日に伊勢神宮を参拝される。30日に退位されることを皇祖神に報告されるためであるが、これが天皇として最後の地方御訪問となる。

     陛下の伊勢神宮御参拝は、式年遷宮が行われた翌平成26年の3月以来だが、今回も三種の神器の「剣璽」の動座がある。八咫鏡、草薙の剣、八尺瓊勾玉からなる三種の神器のうち、八咫鏡は伊勢神宮、草薙の剣は熱田神宮(名古屋市)にあり、宮中の賢所に奉安されているのは、その形代(複製)である。

    1
    続き

    全戦没者20万人の起源、誤謬を重ね死者増やす

     1946年1月15日、アメリカ海軍軍政府は沖縄本島の人口調査結果を発表した。32万6625人であった。沖縄諮詢(しじゅん)会は44年2月の沖縄本島の人口49万2128人から46年1月の本島人口を差し引いた16万5503人を全住民戦没者数と推定した。

    1
    続き

    野党指導者側近を拘束 ベネズエラ

     反米左派マドゥロ大統領による強権政治が続く南米ベネズエラで21日、野党指導者グアイド国会議長の首席補佐官を務めるロベルト・マレロ氏が情報機関に拘束されたことが分かった。グアイド氏が同日、明らかにした。

    0
    続き

    イチロー選手引退、記録に挑み続けた安打製造機

     平成という一時代に日本のプロ野球から雄飛した米大リーグで縦横無尽に活躍し、メジャー屈指のスーパースターとなった天才打者が、現役生活に終止符を打つ。

    米野球殿堂入りは確実

    8
    続き

    今上陛下と光格天皇

    生田神社名誉宮司 加藤隆久氏に聞く

    0
    続き

    猟奇犯罪に死刑復活の声

     フィリピンで16歳の少女が犠牲となった極めて残虐な殺人事件があり、死刑が廃止され極刑は終身刑となっていることから、死刑復活を求める声も上がっている。

    1
    続き

    球史に偉大な功績、イチローが引退を表明

     2月16日。2年ぶりにメジャーキャンプの初日を迎えたイチローは言った。「イチロー選手と呼ばれるのは気持ちいいわね」。年齢による衰えを指摘する声にあらがう挑戦を再スタートさせたが、「最低50歳まで」と望んでいた現役生活は春先に幕引きを迎えた。

    0
    続き

    各地で気温上昇、東京・横浜・福岡で桜開花

     東京管区気象台は21日、東京都千代田区の靖国神社にある桜(ソメイヨシノ)の標本木が開花したと発表した。横浜地方気象台と福岡管区気象台も同日、標本木の開花を発表した。

     靖国神社では気象台職員が午前10時すぎ、「5輪以上の開花を観測しました。平年より5日早く、昨年より4日遅い開花になりました」と報道陣に話した。大勢の参拝者がスマートフォンで撮影するなどしていた。

    0
    続き

    渋谷の稲荷橋広場でファッションショー

     渋谷のファッション文化を世界に発信しようと、今月14日から開かれている「第11回 渋谷ファッションウィーク」(主催=同実行委員会)の中心行事となるファッションショー「SIBUYA RUNWAY」が21日、同区の渋谷ストリーム前・稲荷橋広場で行われた。

    0
    続き

    さらば生きた遺産「石炭列車」、3月で運行終了

     国内に唯一残る石炭輸送専用鉄道で、北海道釧路市を走る「太平洋石炭販売輸送臨港線」(4キロ)が3月末に運行を終え、94年にわたる現役生活に別れを告げる。

     「石炭列車」「臨鉄」の愛称で親しまれ、生きた遺産として炭鉱の往時の活気を伝えてきた。運行終了後は廃線になる見通しだ。

    0
    続き

    国連、マドゥロ政権の人権侵害批判

     政情不安が続いている南米ベネズエラ情勢に関して、国連人権高等弁務官事務所は20日、反米左派マドゥロ政権が秘密警察や民兵などを用いて反体制派の市民に対する殺害や拷問、拉致などの弾圧を行っていると指摘する報告書を発表した。

     一方、バチャレ弁務官は、米国による制裁が、経済危機をさらに悪化させているだけでなく、食料不足や医療崩壊など基本的権利を損なう原因になり得ると牽制(けんせい)した。

    0
    続き

    プロジェクションマッピングでスポーツ体験

     2020年東京五輪の開催500日前の節目を盛り上げようとパナソニックは21日、プロジェクションマッピングイベントを東京・有明のパナソニックセンター東京で開催した。

     このイベントでは、同社の独自技術である「高速追従プロジェクションマッピング」技術を使用した卓球やサッカー、野球などの体験イベントができる。この技術によって映像が人やボールの動きに合わせて遅延せず高速追従し、壁面や床面に映し出される。

    0
    続き

    北京の北朝鮮レストラン制裁受け閉鎖命令も営業

     北朝鮮に対する経済制裁の一環として中国政府が閉鎖を命じていた北朝鮮運営レストランが北京で営業を続けている。

     中国政府は2017年9月、国内に約100店あるとされる北朝鮮運営レストランを4カ月以内にすべて閉鎖すると発表した。

     レストランは、韓国からのツアー客や毛沢東時代を懐かしむ地元の中国人らに特に人気が高いとされ、経済制裁下にある北朝鮮にとって貴重な資金源となっている。

    1
    続き

    EU大統領、離脱延期が短期間なら可能

     英国のメイ首相が欧州連合(EU)離脱期限の29日が迫る中、EUに対して6月末までの延期を求めたのを受け、ブリュッセルからの報道によると、トゥスクEU大統領は20日、「短期間の延期は可能」としながらも、英下院が離脱協定案を承認することが条件だと厳しい条件をつけた。

    0
    続き