■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    世界から3000種10万株「世界らん展」始まる

     世界18カ国・地域から約3000種、10万株の蘭を集めて美の共演を繰り広げる「世界らん展2020-花と緑の祭典-」(主催=読売新聞社など)の開会式が14日、東京都文京区の東京ドームで開かれた。

     開会に伴い、天皇、皇后両陛下が会場を訪れ、高円宮妃久子殿下、久子殿下の次女で同実行委員会名誉顧問の千家典子さんとともに会場を見て回られた。

    1
    続き

    安倍首相「一日も早く拉致問題の解決を」

     安倍晋三首相は14日、北朝鮮による拉致被害者家族らと首相官邸で面会した。

     有本恵子さんの母、嘉代子さんが亡くなったことに触れ、「私が父・晋太郎の秘書を務めていた時からの付き合いで共に戦ってきた。既にご家族の多くが鬼籍に入られ、一日も早く問題を解決しなければならないとの思いを新たにした」と述べ、解決に全力を尽くす決意を強調した。恵子さんの父、明弘さんらが訪れた。

    1
    続き

    J1神戸のイニエスタと横浜Cのカズが共演

     Jリーグは14日、J1全18クラブがそろっての開幕前イベント「キックオフカンファレンス」を東京都内で開き、開幕カードごとにチームの代表選手が抱負を語った。

    2
    続き

    クルーズ船「ウエステルダム」号、下船が始まる

     新型コロナウイルスの感染者が乗船している疑いがあるとして、日本などに寄港を拒まれ、予定を変更してカンボジア南部シアヌークビルに13日に入港したクルーズ船「ウエステルダム」号の搭乗者が14日、下船を開始した。

    1
    続き

    豪の消防当局が森林火災「制圧」宣言を行う

     過去数カ月、大規模な森林火災に悩まされてきたオーストラリア東部ニューサウスウェールズ州で、消防当局は13日、「すべて封じ込めた」と事実上の火災制圧宣言を行った。同州は昨年11月、森林火災の拡大を受け「非常事態」を宣言。火災は州内のコアラ生息地などに甚大な被害を与えた。

    1
    続き

    北朝鮮が中露の反発恐れ挑発停止

     北朝鮮が昨年末、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射とみられている米国への「クリスマスプレゼント」を実施しなかったのは、関係が良好な中露の反発を恐れたからだと、韓国の専門家が指摘した。

    1
    続き

    80歳以上で持病がある人らクルーズ船から下船

     新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の一部乗客が14日、下船した。厚生労働省は、80歳以上で持病がある人らの下船を認める方針を示していた。

    1
    続き

    世田谷一家殺害の現場住宅で防護ネットを撤去

     東京都世田谷区で2000年12月、会社員宮沢みきおさん当時(44)一家4人が殺害された事件で、警視庁は14日、現場住宅の倒壊を防ぐために設置された防護ネットを撤去した。宮沢さん宅前で24時間体制で警戒している警察官も数時間おきの見回りに切り替える。

     警視庁が証拠収集の作業を終えたことによる措置という。都は防犯対策として、住宅を囲むように高さ1・8メートルほどのフェンスを設置する予定。

    1
    続き

    つかみ取りで特産の「深谷ねぎ」をPR

     埼玉県深谷市の道の駅で、特産の「深谷ねぎ」のつかみ取りイベントが開かれた。片手でわしづかみにしたネギを持ち帰ることができ、親子連れら約100人がチャレンジ。6本を獲得した小5の男子は「ネギが大好き。キムチと一緒に鍋に入れたりして味わいたい」と笑顔を見せた。

     冬に甘みが増す旬の特産ネギの魅力と食べ方をPRする「深谷ねぎグランプリ again」の一環。

    1
    続き

    米朝会談保留 非核化に向かわせる契機に

     トランプ米大統領が今年11月の大統領選挙が終わるまで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談は望まないと側近に伝えたという。いとも簡単に前言を覆すトランプ氏の真意は測りかねるが、完全な非核化に応じるとは思えない正恩氏との会談がひとまず保留にされるとすれば幸いだ。

    リスク避けたい米国

    1
    続き

    憲法の理想と自衛隊 国連に梯子を外された9条2項

    《 記 者 の 視 点 》

     衆参両院の予算委員会の審議が続いているが、盛り上がらない。国民の関心は新型コロナウイルス感染症に向かい、野党の質問が「桜を見る会」問題などの疑惑追及に集中し、外交、安保、少子高齢化・人口減少対策など骨太な政策論議はなし。憲法審査会も開かれず改憲議論も停滞している。

    1
    続き

    東京・国立劇場の文楽公演の第2部「新版…

     東京・国立劇場の文楽公演の第2部「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」と「傾城反魂香(けいせいはんごんこう)」を見た。「反魂香」の方は、竹本津駒太夫改め六代目竹本錣太夫(しころだゆう)襲名披露狂言として演じられた。錣太夫の名跡は80年ぶりの復活という。

     六代目錣太夫さんは入門して昨年で50年の70歳。公演プログラム掲載のインタビューによると、先輩の豊竹咲太夫さんから「文楽には大きな名前がたくさん眠っているんだから、それを掘り起こして世の中に出すことも、文楽の世界にいる者の務めでは」と襲名を勧められたという。

    2
    続き

    都市で増殖するウサギ

     ここ数年、暖冬で雪が少ないため、ヘルシンキ周辺の首都圏ではウサギのベビーブームが起こっている。特に夜、車で走ると至る所でかわいい子ウサギと出会う。

     このウサギたちは、1980年代、90年代にペットとして住宅で飼われていたウサギたちで、オーナーが放した、あるいは逃げ出したウサギたちの子孫だ。

    0
    続き

    米独情報機関、暗号機企業クリプト社を秘密運営

     第2次大戦中から暗号機を製造し、2018年まで操業していたスイス企業が、長年にわたり米国とドイツの情報機関によって秘密裏に運営されていたと、米独のメディアが報じた。敵対国だけでなく日本を含む同盟国や友好国も顧客で、販売された機器を通じ米独両国が機密情報を大量に解読していたという。

    1
    続き

    渋沢栄一の理念を今に、ゆかりの82社「宣言」

     「日本資本主義の父」とされる実業家、渋沢栄一の生誕180年に当たる13日、東京都内でゆかりのある82の企業・団体が集い、その理念を現代に引き継ぐと宣言した。会を主催した東京商工会議所の三村明夫会頭は、道徳と企業利益の両立を説いた渋沢について「資本主義の危機が叫ばれる今こそ価値がある」とたたえた。

    2
    続き

    ウィザーズの八村塁がけがを乗り越えて奮闘

     鼠径(そけい)部の負傷により、約1カ月半の離脱もあった中、1年目はここまで30試合出場で1試合平均13・9得点、6リバウンドを記録。「どれだけアグレッシブになれるかというのが、伸びにつながると思っていた」との言葉通り、攻守に体を張ったプレーで存在感を示した。

    1
    続き

    氷上の戦いを再び、2年ぶりに横浜で開催

     アイスホッケー、ダウンヒルスキー、スノーボードクロスの要素を取り入れた競技「アイスクロス・ダウンヒル」の世界選手権が2月15日(土)、2018年以来2年ぶりに横浜で開催される。会場は臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市)。

     スピードと激しい接触を伴う競技で、そのスリリングな展開が人気の一つとなっている。

    1
    続き

    氷の「スーパーヒーロー」に腕相撲で挑戦

     ラトビア中部エルガワで開かれた国際的な氷の彫刻展で、屈強な人物を模した氷像を相手に腕相撲のポーズを取る男性。

     今年の彫刻展のテーマである「スーパーヒーロー」に合わせ、世界各地から集まった芸術家たちが多彩なヒーロー像を制作した。

    1
    続き

    プーチン露大統領の改憲案、一部権限委譲も進む中央集権化

     ロシアのプーチン大統領が提出した憲法改正案を、下院が基本採択した。改正により大統領権限の一部を下院に委譲し、首相候補や一般閣僚らの人事権を下院が持つことになる。「武力省」と呼ばれる国防省や内務省など武力を有し権力と結び付きの強い省の閣僚や最高裁裁判官、検察官の人事権を首相から離し、大統領が任命するなど、大統領への集権化がさらに進む形だ。(モスクワ支局)

    1
    続き

    政府が用意したバスなどで全員が帰宅の途に

     政府チャーター機の第1便で中国・武漢市から帰国し、千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」に滞在していた邦人は13日、政府が用意したバスなどで全員が帰宅の途に就いた。

     1月29日に帰国し、同ホテルに約2週間滞在していた176人は、今月11日から行われた再検査で全員が新型コロナウイルス陰性となった。このため12日に36人が帰宅し、その他の人も13日にホテルを出た。

    1
    続き

    警視庁、歌手の槇原敬之容疑者を自宅で逮捕

     覚せい剤や危険ドラッグを所持していたとして、警視庁は13日、覚せい剤取締法違反容疑などで歌手の槇原敬之容疑者(50)=東京都渋谷区神宮前=を逮捕した。認否は明らかにされていない。

    1
    続き

    赤と白の格子模様の旗で津波警報を伝達

     海水浴場にいる聴覚障害者らに迅速に津波警報を伝達するため、気象庁の検討会は13日、赤と白の格子模様の旗を使うことが望ましいとする提言をまとめた。同庁は6月ごろをめどに法令を改正。旗で避難を呼び掛ける場合、このデザインの使用を求める。

    2
    続き

    6層構造の「制止菌マスク」の製造が急ピッチ

     新型コロナウイルスの感染拡大の影響でマスクが不足する中、衣料品メーカー互福衣料の鹿島台工場(宮城県大崎市)では、6層構造の「制止菌マスク」の製造が急ピッチで進められている。

     通常の3~4倍の注文が殺到し、従業員が休み返上で対応。国内のみならず、中国など海外にも出荷した。同社の青木恒雄専務は「早く終息してほしいが、困っている人がいるかぎり製造を続けたい」と話した。

    1
    続き