■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    ゲーム障害予防は難しい

     「三つ子の魂 百まで」と言われるように、両親や生活環境、立ち居振る舞いなど、幼少期に培った性格・性分は100歳になっても変わらないということだ。時間に追われる昨今、子供の「なに?」「なぜ?」を聞き取り、分かるように説明する余裕が無いのが実情だ。

     ゲームのやり過ぎで日常生活に支障を来す「ゲーム障害」実態調査の結果、10代と20代の約12%が休日に6時間以上ゲームをしており、プレー時間が長い人ほど、学業・仕事への悪影響や心身の不調を感じ、ゲームをやめられない、など依存傾向にあることが分かった。世界保健機関(WHO)がゲーム障害を依存症と認定したことを受け、厚生労働省の補助事業として国立病院機構久里浜医療センターが実態調査、11月27日に結果を公表した。

    2
    続き

    東京の西方、武蔵野の木々から散った黄葉は…

     東京の西方、武蔵野の木々から散った黄葉は、時に柔らかな日差しに映えて大地を黄金色のじゅうたんを敷いたように一変させる。落ち葉掃除のボランティアの人たちも、しばらくはその手を控える。近くの保育園児や幼稚園児たちが、扇状葉を手ですくい、駆け回ったり寝転がったりしてはしゃぐ。

     今年は師走も下旬の風景だ。赤と緑のクリスマスカラーに染まる街に対し、彩りの乏しくなった雑木林では自然の赤と緑も存在を際立たせている。小さな白い花ととげのある艶やかな深緑の葉の柊(ヒイラギ)や赤い花の山茶花(サザンカ)、縁起がいいと赤い実が喜ばれるセンリョウ、マンリョウ、南天などの濃い常緑の葉とのコントラストが目を楽しませてくれる。

    1
    続き

    全国高校駅伝で仙台育英が男女優勝を果たす

     男子の仙台育英1年生アンカー、吉居駿はたすきを受けた時、笑顔を見せる余裕があった。前を行く首位倉敷との差はわずか5秒。「楽しみだった。この差なら逆転しないといけない」。2キロすぎから並走が続いたが、トラック勝負にそなえた余力は十分だった。

    1
    続き

    ウイグル人権法案と米国の現在

    東洋学園大学教授 櫻田 淳

     去る9月中旬、米国連邦議会上院は、マルコ・A・ルビオ(上院議員/共和党、フロリダ州選出)とロバート・メナンデス(上院議員/民主党、ニュージャージー州選出)が超党派で提出した「2019年ウイグル人権政策法案」を全会一致で可決した。

    1
    続き

    宇野昌磨が逆転4連覇、不振乗り越え羽生破る

     4連覇まで伸ばした全日本の王座も、今年は格別の味わいがある。宇野は二つの壁を破った。今季序盤にどん底へ落ちた不振を乗り越え、昨年までの3度とも負傷などで不在だった羽生を破った。「達成感はある」。勝ち取った栄冠だった。

     冒頭から4本のジャンプは、ことごとくこらえた。「全部がぎりぎり。でも崩れなかった」と誇った。失敗をいつものようには数えず、忘れた。

    1
    続き

    イチロー氏がメッセージ「自分自身を鍛えて」

     米大リーグのマリナーズなどで活躍し、今年3月に現役を引退したイチロー氏(46)が22日、愛知県豊山町で開かれた第24回イチロー杯争奪学童軟式野球大会閉会式に出席し、大会長として優勝、準優勝、3位チームの選手にメダルを授与した。

    1
    続き

    無病息災を願って、冬至のゆず湯のサービス

     一年のうちで昼が最も短くなる冬至の22日、大阪市城東区の銭湯「ユートピア白玉温泉」で、入浴客の無病息災を願ってゆず湯のサービスが行われた。

     近所に住む65歳の男性は、「さわやかな香りで心も体も癒やされた」と笑顔で話した。

    2
    続き

    キューバで43年ぶり首相復活

     共産党一党独裁が続くカリブ海諸国のキューバで21日、国会に相当する人民権力全国会議が首相にマヌエル・マレロ観光相(56)を任命した。同国のディアスカネル大統領がマレロ氏を推挙、国会が満場一致で認めた。AFP通信などが伝えた。

     キューバでは、故フィデル・カストロ氏が国家評議会議長に就いて全権を掌握した1976年から、首相が不在だった。今回の首相任命は43年ぶりとなる。

    0
    続き

    歴史的建造物を光で装飾

     大阪市中央公会堂(大阪市北区)で、壁面に映像を投影するアートフェスティバルが開催されている。中之島を会場とした「OSAKA光のルネサンス2019」の一環で、2部構成で行われている。

     第1部は次の世代へ届ける“つぐ”をテーマに、さまざまな魅力の交差・交流を表現した映像を上映。第2部では五つの光の絵画を約1分間ずつ照射する。

    1
    続き

    米大統領弾劾訴追、民主党左傾化で深まる分断

     トランプ米大統領がウクライナ疑惑をめぐり弾劾訴追された。浮き彫りになったのは、米国の党派対立がトランプ氏の下でかつてないほど熾烈(しれつ)になっている現状だ。対決的な政治姿勢を取るトランプ氏にその責任の一端があるのは間違いない。だが、それ以上に野党民主党が党内の急進左派勢力に引きずられる形で極端な方向に進んでいることが、分断の最大の要因と言っていいだろう。

     共和党を誰も説得できず

    3
    続き

    人工知能(AI)による囲碁ソフト「アルファ…

     人工知能(AI)による囲碁ソフト「アルファ碁」と2016年に対局し、敗れた韓国の李(イ)世●(セドル)九段(36)が先月引退した。聯合ニュースのインタビューに「AIの登場で、死に物狂いで第一人者になっても最高ではないことが分かった。どのみち勝てない存在がある」と語ったという。

     李氏は、当時の対局に1勝4敗で負け越したが、プロの打ち手同士でもあり得る勝敗であって、必ずしも実力差が表れているとは言えない。しかし、その後アルファ碁の進化のスピードが上がっており、李氏は決断した。

    1
    続き

    カズ「また聖地に」、国立競技場でイベント

     新しい国立競技場の誕生を、国内外の華やかなスター選手が彩った。

     52歳の現役選手、サッカーの三浦は、自身が日本代表として旧国立競技場で活躍した頃のデザインがミックスされた青いユニホーム姿で真新しい芝生に足を踏み入れた。

    1
    続き

    共存の歴史、熊本・天草の潜伏キリシタン集落

     2018年に世界遺産登録された潜伏キリシタン関連遺産である熊本県天草市の崎津集落では、神社と寺にキリスト教会も加えた3宗教施設の御朱印集めができ、観光客の話題になっている。

    2
    続き

    安倍首相が「報道写真展」鑑賞、直筆でサイン

     安倍晋三首相は21日、東京都内で開催中の「2019年報道写真展」を訪れた。首相は記者団に、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」やラグビーワールドカップなどを挙げ「日本が世界の真ん中で輝いた年になったのでは」と振り返った。

    1
    続き

    海が荒れる冬でもマサバとマイワシが豊漁

     海が荒れて漁獲が落ちる冬場には珍しく、マサバとマイワシが豊漁となっている。三陸各地や千葉県で好調な水揚げが続き、東京・豊洲市場(江東区)のほか全国の魚市場にも大量に入荷。品質が良く価格も安いことから、スーパーなどで人気を集めている。

    1
    続き

    イチョウ並木を31人のちびっこレーサーが激走

     無動力の車両に乗ってタイムを競うレース「ソープボックスダービー」が横浜市で開催された。来夏に米国で開かれる国際大会の出場切符を目指し、男女31人の子供レーサーがイチョウ並木の中を激走した。

     ソープボックスダービーは、1930年代の米国で子供たちがせっけんを出荷する時に使う箱に車輪を付けて遊んだのが起源。高さ150センチほどのスタート台から重力のみで約140メートル先のゴールを目指す。

    2
    続き

    20年度予算案 成長持続と強靭化で大型に

     2020年度の政府予算案が閣議決定された。一般会計総額は102兆6580億円と過去最大である。厳しい安全保障環境、少子高齢化の進行、想定を超えた自然災害の多発など諸々の危機への対処を施した予算と言える。

     最大の支出項目である社会保障費の拡大をいかに抑制するか課題は残るが、増税後の成長持続へ苦心の跡も窺(うかが)える。経済社会の活力維持へ、成長重視の視点は引き続き重要である。

    1
    続き

    「深夜ミサより戻り来て聖菓切る」(山内…

     「深夜ミサより戻り来て聖菓切る」(山内しげ子)。クリスマスが近づき、ケーキの注文の広告を見掛けるようになった。それにちなむ店の飾り付けや音楽も増えている。クリスマスというと、プレゼントや家族と一緒に食べたケーキが思い出される。

     かつては、本当にサンタクロースがいると信じていたが、成長するに従い、それを疑うようになった。いつからそうなったかという記憶はないが、自然に分かってしまったということだろう。

    0
    続き

    三浦正充警視総監が新宿区の歌舞伎町を巡視

     人出が多くなる年末年始の犯罪を防止するため、警視庁は20日、東京都内の繁華街を中心に約2万人の警察官を動員して一斉警戒を行った。三浦正充警視総監も同日夜、忘年会シーズンでにぎわう新宿区の歌舞伎町地区を巡視した。

    2
    続き

    マカオの主要産業「カジノ」と共産党が共存

     ポルトガルに統治されていたマカオが中国に返還されて20年を迎えた20日、中国の習近平国家主席は記念式典で「『一国二制度』の成功という輝かしい一章を創り出した」と称賛した。

    1
    続き

    東京写真記者協会の「報道写真展」が開幕

     天皇陛下の即位やラグビーW杯、各地で猛威を振るった台風、大雨の被害など、2019年の出来事を約300点のニュース写真で紹介する東京写真記者協会の報道写真展が18日、日本橋三越本店(東京都中央区)で始まった。

     開会式にはラグビー日本代表の田中史朗選手が登場。初の8強入りを果たしたチームの激闘を振り返った。

    1
    続き

    冬の風物詩、たき火を囲んでサルもポカポカ

     日本モンキーセンター(愛知県犬山市)で18日、ニホンザルがたき火を囲む様子を見ることができるイベント「たき火にあたるサル」のリハーサルが行われた。

     1959年の伊勢湾台風で流れた倒木の処分を兼ねて職員がたき火をしたところ、子ザルが寄って来たのが始まりという。

     同園の冬の風物詩として人気を呼び、今回で60周年を迎えた。冬至の22日から2020年2月29日までの土日祝日と正月三が日に開催する。

    1
    続き

    怖がらずにどうぞ、ゴリラ型ケーキがお目見え

     12日、インド南部ベンガルールにゴリラをかたどったケーキがお目見えした。怖そうな外見とは裏腹に、砂糖とクリームで作られ甘い味わい。

     今年で45回目を迎える恒例のクリスマスケーキ展示会は、13日から1月1日まで開催される。

    1
    続き