■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    貴族を熱狂させたグラスの数々、一抹の悲しさも

     神奈川県箱根町の仙石原にヴェネチアン・グラスを専門的に収蔵した箱根ガラスの森美術館がある。国道138号沿いの山中だが、一歩足を踏み入れるとヨーロッパ中世の城に迷い込んだようだ。

     中心になるのはヴェネチアン・グラス美術館。グラスを展示した部屋が素晴らしい。華麗な貴族の館そのもので、来館者を夢のような調度品が包む。

    1
    続き

    ローマ法王、機上で「サプライズ結婚式」

     南米のチリとペルーを歴訪中のフランシスコ・ローマ法王が18日、チリの首都サンチアゴから北部イキケに向かう移動中のチャーター機内において、客室乗務員カップルの結婚式を執り行った。

    0
    続き

    横7ミリで縦3ミリ、「ぺったんこ」カニの新種

     お茶の水女子大などの研究チームは18日、東京・小笠原諸島の聟島(むこじま)列島沖で、共生するゴカイの巣穴に合わせ甲羅が押しつぶされたような新種のカニを発見し、「ペタンココユビピンノ」と命名したと発表した。

    0
    続き

    チョコの祭典、“インスタ映え”を意識

     バレンタインデーを2月に控え、百貨店各社が続々とチョコレートフェアを開始する。有名ショコラティエの手による本格派チョコに加え、今年は投稿写真の共有サービス「インスタグラム」など、インターネット交流サイト(SNS)での見た目の良さを意識した商品が充実。財布のひもが緩むチョコの祭典で乙女心をつかもうと、各社はPRに躍起だ。

    0
    続き

    夜の川に浮かぶこいのぼりをライトアップ

     岐阜県郡上市で19日、「寒ざらし」のために川に浸された郡上本染のこいのぼりがライトアップされた。寒ざらしは、色が付いていない白い部分に残ったのりをブラシなどを使って洗い流す作業。準備のため、前日から一晩川に浸しておく。

     多くの観光客が集まるので、2014年からライトアップするようになった。夜になり、照明に照らされた色鮮やかなこいのぼりが浮かび上ると、集まった人たちは熱心にカメラで撮影していた。

    0
    続き

    抗議デモに厳しい弾圧命じる-イラン

     イランの支配者らは、昨年12月28日の抗議デモ開始後、デモに参加していた市民を拷問し、銃撃して殺害した。イラン反政府組織が16日、明らかにした。

     欧州を拠点とする反政府組織、イラン抵抗評議会(NCRI)は、治安部隊がイランの至る所で市民を逮捕し、その数は8000人を超え、少なくとも50人を殺害したが、その間、欧米諸国はほぼ何の対応もしなかったと指摘した。NCRIによると少なくとも5人は拷問が原因で死亡したという。

    2
    続き

    急速に改革進むウズベキスタン

    中央アジア・コーカサス研究所所長、中国研究所会長 田中 哲二

     中央アジア最大の人口(約3000万人)を擁するウズベキスタンのミルジヨエフ大統領が2016年12月に就任して1年余が経過した。同大統領が進める急速な改革について、昨年11月、同国を訪ねた中央アジア・コーカサス研究所所長の田中哲二氏がレポートする。

    2
    続き

    ローマ法王、機上で「サプライズ結婚式」

     南米のチリとペルーを歴訪中のフランシスコ・ローマ法王が18日、チリの首都サンチアゴから北部イキケに向かう移動中のチャーター機内において、客室乗務員カップルの結婚式を執り行った。

    2
    続き

    トランプ政権1年、「力による平和」を推進せよ

     トランプ米大統領が就任1年を迎えた。トランプ氏は「米国第一」を掲げ、米国の利益を最優先する姿勢を示してきた。外交・安全保障分野では「力による平和」を推進し、軍事力や同盟国との連携を強化する方針を打ち出した。

    北朝鮮への圧力を強化

     内政では雇用拡大につながる政策を重視し、約30年ぶりとなる大型減税を実現。株式市場は最高値を更新した。

    3
    続き

    もう20年ほど前のことになるが、英国滞在中に…

     もう20年ほど前のことになるが、英国滞在中に雑誌か何かで見た広告で忘れられないものがある。それは、家の中の床に苦しそうに倒れた老女が、パワーポイント用のレーザーポインターのような機械を手に持ってスイッチを入れている写真である。1人暮らしの老人が心臓発作などを起こした時、駆けつけてもらう救急医療サービスの広告だった。

     今では日本でも珍しくなくなったが、英国では老人だけの世帯や1人暮らしの老人が多いのに驚いた。英国人というのは孤独に強い人々だ、個人主義文化の中で鍛えられているのだろうと勝手に想像していた。

    1
    続き

    食の欧米化とがん “ABCD包囲網”で健康長寿

    美浜ホームクリニック院長 小林常雄氏に聞く

     わが国は世界に冠たる長寿国となった。だが一方で寿命は長いが、多くが要介護だったり寝たきりで「健康寿命」が短いという問題も抱えている。健康長寿を全うするためには何が必要なのか、美浜ホームクリニック院長の小林常雄氏に聞いた。 (聞き手=池永達夫)

    がん発生と食生活は大きな関わりがあるのか?

    しっかり歩きビーフ敬遠/理想的食習慣は日本食冷蔵庫も成人病増加の一因

    4
    続き

    噴火の恐れにも賑わい

     その非常に整った円錐(えんすい)形の容姿から、かつて「ルソン富士」と呼ばれたアルバイ州のマヨン山の火山活動が活発化し、これまでに3万人以上の住人が避難を強いられる事態となっている。火口から溶岩が流出し始め、火砕流も確認されており、地元当局は避難範囲を拡大した。避難所として使用される学校はすでに授業停止となっている。

    3
    続き

    半島情勢は花咲く春3月以降が問題だ

     多少の迂余曲折があるだろうが、3月中旬のパラリンピックまで韓半島情勢はスポーツで管理されるだろう。問題は花咲く春3月以降だ。核とミサイルの冷厳な現実に戻る。

     北側代表は「すべての最先端戦略兵器は米国を狙ったもので、同族を狙ったのではない」という。ワシントンは内心衝撃を受けた。ニューヨークタイムズは相当な紙面を割いて、北の核とミサイル技術開発の速度が米国の予想をはるかに上回っていると診断した。

    0
    続き

    ミサイル防衛、ラブロフ氏の批判は的外れだ

     ロシアのラブロフ外相は、日本が米国製の陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の導入を決めたことに関して、日本が運用するとの日本側の説明に「深刻な疑念を抱いている」と表明した。実際に運用するのは米国であるとし、巡航ミサイルのトマホークを念頭に置いて攻撃的兵器も発射できるとの見方を示した。

     陸上イージス導入に反発

    0
    続き

    国産ワインのラベルに変化、「地名」厳格化控え

     国産ワインの評価が高まる中、地名を冠したワインの一部がラベルの表示を変更している。消費者の誤解を防ぐため、国が今秋から表示基準を厳格化する影響で、長く親しまれた商品名を変えるワイナリー(醸造所)も出てきた。

    0
    続き

    JAXA、「イプシロン」3号機の打ち上げ成功

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前6時6分、小型固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。約52分後に小型観測衛星「ASNARO(アスナロ)2」を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。

    0
    続き

    イルミネーションで府内城の天守閣が「復活」

     大分城址公園(大分市)で、江戸時代に火事で焼失した府内城の天守閣が、イルミネーションの点灯により約300年ぶりに「復活」した。

     「豊後府内城之絵図」などを参考に、天守の骨組みを金属製パイプで再現。パイプには発光ダイオード(LED)電球約7万個が巻き付けられている。

    0
    続き

    「やばい」を連呼、清宮が木馬にてこずる

     プロ野球日本ハムに入団した清宮幸太郎内野手(東京・早稲田実高)ら高卒新人4選手と、日本中央競馬会(JRA)競馬学校騎手課程の生徒3人が18日、千葉県鎌ケ谷市の日本ハム球団施設で交流会を行った。

     騎乗訓練用の木馬にまたがった清宮は「やばい」を連呼。「体勢がきつく、リズムを取るのも難しかった」と苦笑いを浮かべた。

    0
    続き

    カンヒザクラが暖かさに誘われてもう3分咲き

     東京都品川区の荏原神社では、カンヒザクラが3分咲きになり、参拝者の目を楽しませている。下向きに花が開き、ヒカンザクラとも。

     18日の最高気温は東京都内で13度を超え、3月中旬並みの陽気となった。

    0
    続き

    「酒を飲みながら演技論なんかやってる俳優に…

     「酒を飲みながら演技論なんかやってる俳優にロクなのはいない」と、芸能界の大御所が言う。「演技は理屈ではない」というのは分かるが、地位安泰の大御所だから言える話と受け止めることもできる。

     彼は演技論なしでやってきた結果、大御所になったのだろう。「何万人に1人」の才能に恵まれたが故の成功体験だ。

    2
    続き

    なるか?メトロの改善

     ワシントンDCと郊外を結ぶ地下鉄(メトロ)は遅延が頻発するなど、利用者の評判はあまり良くない。乗客数は年々減少しており、メトロは客離れをいかに止めるか頭を悩ませている。

      現在、平日の利用者数の平均は約61万5000人で、10年前の約75万人から約20%も減ったという。原因として、慢性的な遅延のほか、過去に列車の衝突や発煙事故によって死傷者が出たことによる「信頼性」の欠如といった問題がある。

    0
    続き

    政界の渡り鳥

     国民の党と正しい政党の統合問題で険悪な雰囲気が漂う中、久々に品格の高い風刺のやりとりが繰り広げられた。(先に正しい政党を離党した)南景弼・京畿道知事が自由韓国党への復党を控え、フェイスブックに「世を乱す董卓を討伐することができるなら、快く曹操になる道を選びたい」と書くと、(京畿道)城南市の李在明市長は「曹操は時流に乗って陣営を渡り歩いたりはしなかった。有利・不利を判断して何度も陣営を変え、(養子となって)身を寄せていた董卓を除去したのは呂布だったので、南知事は曹操より呂布に近い」と皮肉った。「それじゃあ、私たちは(曹操の手で)無念の死を遂げた呂伯奢」だという反応もあった。自身の心境を中国の歴史上の英雄豪傑に比喩してやりとりした話術はやはり“国民代表”レベルだ。

    1
    続き

    皇后陛下の歌集「その一粒に重みのありて」

     皇后陛下の和歌50首をドイツ語に訳した歌集「その一粒に重みのありて」がドイツで昨年11月に出版され、記念式典が16日、ベルリンの日本大使館で開かれた。

     翻訳したボン大学名誉教授の日本学者ペーター・パンツァー氏は講演で、和歌の意味やニュアンスを保つために努力を重ねたことを説明。記者団には「完成した訳にはとても満足している」と語った。

    2
    続き