■連載一覧
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 迷走する北非核化
  • 人口減少社会を超えて 第3部・識者インタビュー
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/12/26
  • 2018/12/20
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    米のアフリカ戦略、関係強化で存在感高めよ

     ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が、トランプ政権のアフリカ新戦略を発表した。透明性が高く、包括的かつ持続可能な投資・貿易を推進すると強調する一方、影響力を拡大している中国とロシアの経済支援は「略奪的」と痛烈に批判した。

    中露が影響力を拡大

    2
    続き

    デジタルが変える学校教育の未来

    国際大学GLOCOM 豊福晋平准教授

     教員を目指す学生・大学院生をはじめ、教育問題に関心のある人のための人材育成講座「こんぺいとうゼミ」(主催=NPO法人BOON・内山葉月理事長)がこのほど、都内で行われ、「デジタルが変える学校教育の未来」と題して講演会が開かれた。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)の豊福晋平准教授は「教育のデジタル化」に関して国内・海外の現状と課題を報告。参加した大学生ら30人余は講師の話に熱心に耳を傾けた。

    0
    続き

    平成の子育てママたち

     師走を迎え、忘年会では平成30年の思い出話に花が咲く。昭和最後の年に結婚した筆者にとって、平成は家族の始まりである。

     出産・育児の真っ只中(ただなか)、1991年にバブル崩壊。ママさんの再就職は容易ではなく、保育所入所基準も今より厳しいものだった。よほどの事情がない限り、保育所に預けて働くという人は筆者の周りにはいなかった。

    5
    続き

    「大丈夫ですか? 救急車を呼びましょうか?」…

     「大丈夫ですか? 救急車を呼びましょうか?」。通り掛かった人から声を掛けられた。冷え込みが少し厳しく感じられた深夜の私鉄駅のエスカレーターで改札階まで上がったところで突然、一歩も動けなくなった。激痛が腰部を襲ったためで、壁に手を突いて我慢し、嵐が過ぎ去るのを待っていた時である。

     一瞬、呼んでもらった方がいいかと思ったが、口を突いて出たのは「大丈夫です。少しすれば収まりますから」だった。駅員も駆け付けてきたが「少し休めば大丈夫ですから」で押し通した。

    3
    続き

    20人以上の候補者に公平な討論会を模索する米民主党

     民主党は2020年大統領選でトランプ大統領と戦う対抗馬を選ぼうとしているが、討論会の枠を求めて競い合っている20人以上の民主党候補者たちを囲い入れる仕事に比べれば、猫の群れをまとめる方がたやすいかもしれない。

     民主党全国委員会(DNC)のトム・ペレス委員長は、DNCが何回の討論会を認可し、出演枠をどのように決めるかについて、クリスマス前までにプランを明らかにするとみられている。

    0
    続き

    「女性たちの行進」リーダーら反論

     「女性たちの行進」のリーダーらは12日、反ユダヤ主義者だと強い非難にさらされていることについて、その一部は人種差別と性差別のせいだと反撃するとともに、白人男女よりも高い基準を要求されてきたと訴えた。

     4人の全米共同議長、ボブ・ブランド、タミカ・マロリー、カーマン・ペレズ、リンダ・サーソア氏らは、フェイスブックのライブストリームで批判に反論した。その2日前には、「タブレット」誌が、マロリー、ペレズ両氏が2017年の会合で反ユダヤの作り話を使ってユダヤ人オーガナイザーを非難していたことを暴露していた。

    0
    続き

    女子ダブルスのタカマツペア、全勝での頂点喜ぶ

     女子ダブルスの高橋、松友組にとっては、4年前とは異なる頂点の景色になった。高橋は「前回は(1次リーグで)1回負けていたけど今回は全勝。意味が違う」と言葉に実感を込める。

     世界選手権優勝の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)を準決勝で破った李紹希、申昇●(王に贊)組との決勝。第1ゲームは難なく先取したが、第2ゲームは20-16と勝利を目前にしてから相手の強打などで追い付かれた。

    1
    続き

    衰えぬ意欲、85歳シェンゲラヤ監督の新作公開

     ソ連時代から活躍するジョージア(グルジア)映画の重鎮、エルダル・シェンゲラヤ監督(85)の新作「葡萄(ぶどう)畑に帰ろう」(2017年)が15日から東京都内の岩波ホールを皮切りに全国で公開されている。1996年以来の撮影だったが「撮れる限り撮っていきたい」と既に次回作へ意欲を示している。

    0
    続き

    22年W杯サッカー決勝会場のデザインを公表

     サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会組織委員会は15日、決勝と開幕戦が行われるルサイル競技場のデザインを公表した(写真、大会組織提供)。古代から伝わる中東の伝統的技巧がモチーフ。ランタンをイメージした形状で、黄金色の編み目模様で側面が覆われている。収容人員8万人で、20年完成予定。

    0
    続き

    埼玉県警、女子大学生限定でインターンシップ

     女性警察官が必要とされる現状について理解を高めてもらい、多様な人材を確保する狙いで、埼玉県警は女子大学生に限定したインターンシップを開催した。女性警察官中心に企画した「女性による女性のためのインターンシップ」。警察による女子限定の就業体験は、全国でも珍しいという。

     性犯罪の被害相談や虐待対応などニーズが高まる中、県警の女性警察官は約1割にとどまっている。

    1
    続き

    ナシのスパークリングワイン「乙女の香り」

     埼玉県伊奈町で、特産のナシが原料のスパークリングワイン「乙女の香り」が発売された。

     8月下旬に収穫した「豊水」の果汁を100%使った。町は「しっかりとした泡のシュワシュワ感とナシ本来の豊かな風味を生かして辛口に仕上がった」とPRしている。

    0
    続き

    12月日銀短観、景気の先行きに懸念強まる

     12月の日銀短観(全国企業短期経済観測調査)は、深刻化する米中貿易摩擦への懸念を背景に、企業経営者が景気の先行きに慎重な見方を強めていることを示した。

     英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる混乱など、日本経済を取り巻く懸念要因は山積する。景気拡大は戦後2番目の長さに達したが、来年には後退局面に入る恐れが強くなってきた。

    米中対立の長期化必至

    1
    続き

    新大綱 島嶼防衛は長射程重視

     18日にも閣議決定される「防衛計画の大綱」。急激に増す中国の軍事力を念頭に、優先事項の一つに島しょ防衛用の長距離ミサイル保有が盛り込まれる見通しだ。導入するミサイルは射程500~900㌔あり、米軍の戦略爆撃機向けのものも含まれる。長距離ミサイル保有は、米国の軍事力の相対的低下により、日米安全保障条約上の日本が「盾」、米国が「矛」という役割分担の見直し圧力が背景にあるものと思われる。

    2
    続き

    異常気象についてのあるシンポジウムで、…

     異常気象についてのあるシンポジウムで、気象庁の気象研究所海洋・地球化学研究部の石井雅男氏が、海洋の観測に関しても50年の歴史があり、海洋酸性化について広い海域をカバーし研究活動していることなどを話していた。

     気象庁は、毎日の天気予報だけでなく、地球環境の長期的な観測も行っており、職員の熱心な仕事ぶりを聞いて感心させられた。その上で、石井氏は「気象庁ホームページ(HP)がずいぶん読みやすくなりました。大いに活用してください」とPRしていた。

    1
    続き

    女性自衛官の一般採用から半世紀を迎える

     1968年に始まった女性自衛官の一般採用から、今月で50年。陸上自衛隊朝霞駐屯地(埼玉県)の女性自衛官教育隊はこの半世紀に、1万4809人の隊員を輩出してきた。モットーは「強く、明るく、麗しく」。新隊員らは3カ月間の厳しい訓練を経て、全国の駐屯地に散っていく。

    0
    続き

    ノーベル平和賞の賞金で故郷に病院の建設へ

     今年のノーベル平和賞を受賞したイラク少数派ヤジド教徒の女性人権活動家ナディア・ムラドさんが14日、受賞後初めて故郷のイラク北部を訪れた。ロイター通信によると、ムラドさんは賞金を使って、過激派組織「イスラム国」(IS)の性暴力を受けた女性らを治療するための病院をイラク北部シンジャルに建設する意向を示した。

    0
    続き

    J1の清水がバンコクでサッカー教室を開く

     サッカーのJ1清水は15日、バンコクで地元の児童養護施設の子供を招き、サッカー教室を開いた。参加した5~13歳の少年少女31人は1時間半にわたり、ミニゲームなどでボールを追い掛けた。

     指導したMF滝裕太選手は「将来、皆さんと試合するのを楽しみにしている」とあいさつ。FW高橋大悟選手は「言葉が通じなくてもボール一つで友達になれる」と訴えた。

    0
    続き

    清宮幸太郎内野手、後輩吉田輝星投手にエール

     プロ野球日本ハムの清宮幸太郎内野手が15日、野球殿堂博物館で始まった「野球報道写真展」(来年3月3日まで)を見学し、2年目に向けて英気を養った。

     報道各社カメラマンが撮影した今季の写真展には、清宮のプロ初本塁打の写真もあり、「今年あった数多くの名場面の中に入れていただいて光栄」と喜んだ。

    0
    続き

    いよいよスキーシーズン、ゲレンデの一般開放

     ドイツ南部ネーベルホルンの雪山で12日、粉雪を舞い上げながらはしゃぐ犬。

     ネーベルホルンは標高2224㍍で、高地にあるスキー場で知られ、15日にゲレンデの一般開放が始まる。

    0
    続き

    正男氏暗殺謝罪、北は全てのテロ行為を償え

     昨年2月、マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、正男氏が暗殺された事件で、ベトナム人女性が実行犯の一人として関わったことについて北朝鮮がベトナムに非公式に謝罪したと報じられた。事件をめぐり北朝鮮が謝罪するのは初めてで、事実上、北朝鮮が直接関係のない他国の国民を巻き添えにして犯行に及んだことを認める形になった。

    ベトナムが圧力

    11
    続き

    「おでん屋のうすぎたなさが性に合ひ」(石田…

     「おでん屋のうすぎたなさが性に合ひ」(石田壮雪)。めっきり寒くなり、風の当たりも強く感じるようになった。北国では大雪の便りも聞く。

     こうした時には、熱い飲み物や鍋物が欲しくなる。特に、よく煮えたおでんが食べたくなる。冒頭の句のように、どこか田舎くさい店でおでんを食べた記憶がある。匂いをかぐと、母の手作りの味を思い出す。少し味が濃くしょっぱかったことも。

    1
    続き

    辺野古埋め立て着手に「勝つことは難しい」と玉城知事が弱音

     沖縄県の玉城デニー知事は15日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で反基地集会に参加した。反基地活動家を激励するのが目的。

     玉城氏は、政府が14日に埋め立て土砂を投入したことを「暴挙」と批判し「対話は大切だ。しかし対抗すべき時は対抗する」と訴えた。ただ「勝つことは難しい」と弱音を吐露する場面もあった。

    3
    続き

    長野産黒曜石で作られた矢尻、北海道で出土

     北海道埋蔵文化財センターは14日、木古内町の幸連5遺跡で、約4500年前(縄文時代中期)の竪穴式住居跡から出土した矢尻が、長野県和田峠周辺の「和田エリア」の黒曜石から作られたものだと発表した。直線距離で約650キロ離れており、縄文人が津軽海峡を越えて交流していたことを裏付けるという。

    1
    続き