■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    出生数90万人割れ、国を挙げて少子化食い止めよ

     2019年に国内で誕生した日本人の子供の数が86万4000人と、1899年の統計開始以来、初めて90万人を割り込む見通しとなった。

     一方、死亡数は137万6000人と戦後最多で、自然減は51万2000人と初めて50万人を超えた。人口減少が続けば国力が低下しかねない。国を挙げて少子化を食い止めるべきだ。

    「人口省」創設の意見も

    2
    続き

    「除夜の鐘吾身の奈落より聞ゆ」(山口誓子)…

     「除夜の鐘吾身の奈落より聞ゆ」(山口誓子)。もう年末である。仕事納めをして帰省の準備をしている人、のんびりと過ごしている人、大みそかまで仕事がある人などさまざまだろう。

     今年一年を振り返ると、まさに「光陰矢の如(ごと)し」で、時の速さを感じるばかり。皇太子殿下が新天皇に即位され、元号が平成から令和に改まるなどのニュースがあったが、よほどの事件や行事でない限り、すぐに思い出せる事柄はないのが普通ではないか。ただ、無事に過ごしてこられたことを感謝するばかりである。

    1
    続き

    師走の空に「ゴーン」、一足早い除夜の鐘

     京都市東山区の知恩院で27日、除夜の鐘の試し突きが行われた。

     多くの見物客が見守る中、高さ約3・3㍍、直径約2・8㍍、重さ約70㌧もある大鐘の前に、総勢17人の僧侶が集結。

     「えーいひとーつ」「そーれ」の掛け声に合わせ、親綱を持った僧侶があおむけにぶら下がるようにして鐘を打つと、師走の空に「ゴーン」と低い音が響き渡った。本番は大みそかの午後10時40分から。

    2
    続き

    宇宙滞在で飛行士に免疫機能低下の仕組み解明

     宇宙に長期滞在する飛行士に免疫機能低下が見られることが報告されているが、理化学研究所と宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」でのマウス飼育実験で、無重力環境下で免疫細胞のTリンパ球を作る胸腺が萎縮することを突き止めた。成果は、将来の月・火星探査や宇宙旅行での健康管理に役立つと期待される。論文は27日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。

    1
    続き

    安倍首相、故中村哲医師の妻尚子さんに感謝状

     安倍晋三首相は27日、アフガニスタンで復興支援に従事し、同国で殺害されたNGO「ペシャワール会」現地代表の中村哲医師の妻尚子さんらを首相官邸に招き、中村氏の功績をたたえ、感謝状と旭日小綬章を贈った。

    1
    続き

    北陸製菓から炎鵬に「ビーバー」の化粧まわし

     大相撲の人気力士、炎鵬が26日、出身地の金沢市に本社を置く北陸製菓から、揚げあられ「ビーバー」のキャラクターがあしらわれた化粧まわしを贈られた。

     「ビーバー」のシリーズ「白えびビーバー」は富山県出身で米プロバスケットボール協会(NBA)ウィザーズの八村塁がチームメートに紹介したことで、人気に火がついた。

    1
    続き

    「ヨーロッパとハンガリー美術400年」展

     日本・ハンガリー外交関係開設150周年を記念した「ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展」(2020年3月16日まで)が国立新美術館(東京都港区)で開催中。

     ハンガリー最大の美術館両館の所蔵品がまとまって来日するのは25年ぶり。ルネサンス期から20世紀初頭まで約400年にわたる西洋美術の名品130点を展示。

    1
    続き

    故中曽根元首相の警鐘 憲法の欠陥、早急に是正を

    《 記 者 の 視 点 》

     令和元年もあと残すところ4日となった。新しい年、2020年を新しい心で迎えるためには、旧年をうまく送らなければならない。政界では今年、多くの先達が亡くなったが、その中でも101歳の天寿を全うした中曽根康弘元首相は別格だ。そこで、重厚な「贈る言葉」でもあればいいのだが、残念ながら、記者の政治部経歴はちょうど中曽根政治に事実上、終わりを告げた1987年10月31日から始まった。

    3
    続き

    台湾の駐日大使館に当たる台北駐日経済文化…

     台湾の駐日大使館に当たる台北駐日経済文化代表処が、日本の調査機関、中央調査社に委託した台湾に対する意識調査では「アジアで最も親しみを感じる国・地域」の第1位が台湾の55%で、2位タイ15・9%、3位韓国14・2%を大きく引き離した。今年11月、20代から80代の男女1000人を対象にしたアンケートの結果である。

     台湾に親しみを感じる理由として「台湾人が親切、友好的」であるというのが77・6%。また、台湾を「非常に信頼できる」と答えた人は13・5%、「信頼できる」は49・6%で、合わせて約63%に上る。かなり高い割合と言っていいだろう。

    3
    続き

    自衛隊中東派遣 情報収集限定は解せない

     海上自衛隊の中東への派遣がようやく決まった。この海域の安全が日本経済にとって死活的重要性を有している点を念頭に置けば、遅きに失したと言えるものの評価できる。

     ただ、海自の活動を防衛省設置法の「調査・研究」に基づく情報収集に限定しているのは解せないし、国際社会でも理解が得られないであろう。

    原油輸入量の約9割依存

    1
    続き

    ローマ教皇と英女王がクリスマスメッセージ

     フランシスコ・ローマ教皇は25日、バチカンのサンピエトロ広場でクリスマス恒例のメッセージを読み上げ、内戦が続くシリア情勢に関して「地域の人々の安全と平和な共存を保証する解決策が見いだされるように」と語り、和平実現を呼び掛けた。

    1
    続き

    被災直後誕生、希望の子「ツナミさん」15歳に

     スマトラ沖地震・インド洋大津波の発生から26日で15年がたった。被災地では22万人以上が死亡・行方不明となり、都市機能がまひする中、新たな命も誕生した。「ツナミ」と名付けられ、希望を託された子はそれぞれの困難とともに成長し、15歳になった。

    2
    続き

    「見えた!」「月みたい」、部分日食の観測会

     太陽の一部が月に隠れる部分日食の観測会が26日午後、沖縄県西原町の琉球大学で開かれた。会場には小中学生ら約50人が集まり、「欠けてるのが見えた!」「月みたい」と驚きながら、「日食ショー」を楽しんだ。

     会場では、肉眼で観察するための遮光グラスや投影板を用意。雲の切れ間から、下の部分が欠けた太陽が顔を出すと、「すごいすごい」「赤いの見えた」と声が上がった。

    1
    続き

    ファンとお別れ、森昌子さんが引退コンサート

     年内での引退を表明していた歌手の森昌子さん(61)が25日、出身地、栃木県の宇都宮市文化会館でラストコンサートを開いた。

     所属レコード会社によると、森さんは最後の「せんせい」まで全25曲を歌い、「森昌子は永遠に皆さんの心の中で一緒です」とあいさつし、ファンに別れを告げた。

    1
    続き

    買い物客もびっくり、「頭のない男」が登場

     タイの首都バンコクのショッピングモールに19日、頭のないスーツ姿の男性が登場し、周りの買い物客を驚かせた。

     クリスマス前のイベントの出し物で、チリとドイツのアーティストが発案し、実演したという。

    1
    続き

    ホリデーシーズンに集団食中毒

     クリスマスのホリデーシーズン真っただ中のフィリピンで、大規模な集団食中毒が相次いだ。

     マニラ首都圏近郊のラグナ州では、パーティーで振る舞われた「ランバノグ」と呼ばれるココナッツ蒸留酒を飲んだ人々が次々と体調不良を訴え、少なくとも12人が死亡し489人以上が入院する騒ぎとなった。

    1
    続き

    秋元議員逮捕 カジノの健全性に向け猛省を

     統合型リゾート(IR)事業の開業を前に、中国のカジノ関連会社から賄賂を受領した疑いで、IR担当の内閣府副大臣を務めるなどIR事業を推進してきた衆院議員の秋元司容疑者が東京地検特捜部に逮捕された。射幸性の高いカジノを健全な娯楽として運営するため「世界最高基準の規制」を政府・与党は唱えており、猛省して襟を正さなければ開業は危ぶまれると言わざるを得ない。

     出鼻くじかれたIR事業

    3
    続き

    東京・青梅市で今月起きた殺人事件。大金が…

     東京・青梅市で今月起きた殺人事件。大金が奪われたもようだが、被害者は億単位の現金を近所の住民に見せびらかしていたという。「盗んでくれ」と言っているようなもので、常識では考えにくいのだが、見せびらかしは世間に普通に存在する。

     有名芸能人や成功した実業家らが自宅を見せびらかす光景はテレビでよく見掛ける。家具や美術品も含めて、得意げな表情で公開する。そこからは、防犯上の懸念はうかがえない。

    1
    続き

    ICCが「戦争犯罪」正式捜査へ

     国際刑事裁判所(ICC、本部オランダ・ハーグ)のベンスダ主任検察官は20日、イスラエルの占領下にあるパレスチナ自治区で、戦争犯罪が行われている可能性があるとして、正式に捜査を開始する方針を示した。ICCの決定を受けパレスチナ側は「歴史的な日だ」として歓迎している。一方、イスラエルのネタニヤフ首相は「不条理な」決定と非難し、猛反発している。(エルサレム・森田貴裕)

    0
    続き

    キリスト生誕の地で恒例のクリスマスのミサ

     イエス・キリストの生誕地とされるヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムで24、25の両日、恒例のミサなどクリスマスのイベントが行われた。パレスチナが目指す「国家としての独立」のめどが全く立たない中、今年もイスラエルの占領下でのクリスマスとなった。

    1
    続き

    内閣府が就職氷河期支援の「推進室」を設置

     内閣府は25日、「就職氷河期世代」を支援する新組織「地域就職氷河期世代支援加速化事業推進室」を設置した。2019年度補正予算案に30億円が計上された新型交付金の活用に関する業務を行う。

    1
    続き

    リーチマイケル日本代表主将「感動伝えられた」

     ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを果たした日本代表のFWリーチマイケル主将(東芝)が24日、東京都府中市で記者会見し、「ラグビーを通じて感動やメッセージを伝えられた」と今年を総括した。

    1
    続き