■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    小池東京都知事、緊急事態で外出自粛を要請

     東京都の小池百合子知事は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国から緊急事態宣言が発令された場合の対応として、都民の外出自粛や、イベント主催者による施設使用の制限・停止を要請する考えを示した。「国はもう乗り出す構えができているのではないか。経済対策とセットで(宣言を)出すと、都にとっても力になる」と述べた。

    1
    続き

    米ニューヨーク州、人工呼吸器「在庫は6日分」

     米国で最大の新型コロナウイルス感染者が出ているニューヨーク州のクオモ知事は2日の記者会見で、現状のペースで人工呼吸器が必要になれば、州の在庫は「6日分」しかないと明らかにした。州の感染者は9万2381人、死者は2000人を超えて2373人になった。

     州の入院者は前日から1157人増え、1万3383人。うち3396人が集中治療を受けている。州の感染拡大のピークは7日~30日後と推定されている。

    2
    続き

    大西一史熊本市長が自宅でテレワークを開始

     新型コロナウイルス感染予防のため、熊本市の大西一史市長は3日、自宅でテレワークを始めた。当面の間は原則在宅勤務とし、緊急の会議や記者会見など必要があれば登庁する。

     この日は危機管理部門の会議があり、市長はタブレット端末を使ってテレビ電話で参加。市役所側では大型モニターに市長の顔が映し出され、約10分間職員らとやりとりをした。

    1
    続き

    南風が吹き、東京都心を低空で初運用飛行

     羽田空港(東京都大田区)の国際線発着枠を増やすため、旅客機が東京都心を低空で飛行する新ルートの運用が3日、初めて行われた。

     国土交通省によると、都心などの低空飛行は午後3時15分ごろから約2時間40分行われた。羽田空港への着陸が68便、同空港の出発が36便あったという。

    1
    続き

    新型コロナのワクチン量産まで「最低1年」

     欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA、オランダ・アムステルダム)は31日、新型コロナウイルスのワクチンの開発状況について、すでに2種類が「第1段階の臨床試験を始めている」と公表した。数段階で承認申請に至るが、量産までには「少なくとも1年はかかる」と予想した。

     治療薬は、エボラ出血熱用の「レムデシビル」など数種類が臨床試験中。しかし「現時点ではまだ有効性が示された薬はない」状況だ。

    1
    続き

    京大数理解析研の望月教授「ABC予想」を証明

     未解決だった数学の超難問「ABC予想」を証明したとする京都大数理解析研究所の望月新一教授(51)の論文について、京大は3日、同研究所の学術誌「PRIMS」への掲載が決まったと発表した。ABC予想は解決に約350年かかった「フェルマーの最終定理」などに匹敵する難問とされる。論文は約8年前に投稿され、内容に間違いがないか専門家による審査が続けられていた。

    2
    続き

    増産されたマスク、なぜいまだに買えない?

     4月に入っても、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国的なマスク不足が解消されていない。国内メーカーがそろって増産し、大手家電メーカーまで生産に参入する中、どうしてマスクはいまだに「買えない」のか。

    1
    続き

    都教委、新型コロナ感染拡大で臨時休校を延長

     入学式や始業式の時期が近づく中、新型コロナウイルスの感染拡大で臨時休校の延長を余儀なくされるケースが出始めた。「学ぶ権利が奪われる」。学力の低下も懸念され、保護者や教育関係者らは頭を悩ませている。

     東京都教育委員会は1日、都立高校などを対象に臨時休校を5月6日まで延長すると決めた。市区町村の公立小中学校などは対象外だが、都教委は各地の教委にも協力を求める方針だという。

    1
    続き

    秋田市のアトリオンで「こどものアトリエ展」

     人物や海と魚、東日本大震災や映画など思い思いのテーマで、合板のパーツを組み合わせたり障子紙や画用紙に描いた作品25点を紹介する「第31回こどものアトリエ展」が秋田市のアトリオンで開かれている。

    1
    続き

    五輪日程決定、コロナ禍克服と復興の大会に

     新型コロナウイルスの世界的流行(パンデミック)で延期となった東京五輪の日程が来年の7月23日から8月8日、パラリンピックは8月24日から9月5日までと決まった。前例のない延期決定から、わずか6日で決まったことを良しとし、大会成功へ向け再スタートしたい。

    当初予定のほぼ1年後

    1
    続き

    「義」と「愛」を体現した巡査 森川 清治郎

    【連載】台湾で祀られる日本人先覚者(1)

     日本統治時代に台湾のために尽くした少なからぬ日本人がいた。彼らはゆかりの地で「神」として祀(まつ)られ敬愛されている。知られざる先人たちの足跡を拓殖大学海外事情研究所教授の丹羽文生氏が訪ねる。

    4
    続き

    新型コロナウイルスの国内での感染者が…

     新型コロナウイルスの国内での感染者がクルーズ船乗船者を除いて3000人を超えた。緊急事態宣言を出すのが時間の問題であれば、早いに越したことはないと思うのだが。

     安倍晋三首相は、現状を「ぎりぎり持ちこたえている」と語る一方、緊急事態宣言について「必要な状況になれば、躊躇(ちゅうちょ)なく行う」とも述べた。

    0
    続き

    ウィンブルドン選手権が中止、戦争以外で初

     テニスの四大大会で最古の歴史を誇るウィンブルドン選手権(ロンドン郊外)の主催者は1日、新型コロナウイルスの感染拡大により、6月29日~7月12日に開催予定だった大会を中止すると発表した。1877年に始まった大会が戦争以外の理由で中止になるのは初めてで、中止は1945年以来、75年ぶり。

    1
    続き

    ブラジル先住民のコカマ族、新型コロナに初感染

     ブラジル保健省は1日、同国の先住民に初の新型コロナウイルス感染者が出たと発表した。

    2
    続き

    ゴッホの「春のニューネンの牧師館の庭」盗まれる

     オランダ中部ラーレンにあるシンガー・ラーレン美術館は30日、ゴッホの絵画作品1点が盗まれたと明らかにした。美術館は新型コロナウイルスの感染拡大の封じ込め措置に伴い臨時休館中だった。

    1
    続き

    台湾がマスク外交、海外に1000万枚を寄贈

     台湾の蔡英文総統は1日、記者会見し、人道支援の一環として、新型コロナウイルスの感染が深刻な欧米など友好国の医療従事者向けにマスク計1000万枚を寄贈すると発表した。増産により台湾内で必要な量を確保しているほか、感染拡大も効果的に抑制しており、蔡氏は「今こそ国際社会に支援の手を差し伸べる時だ」と強調した。

    2
    続き

    「変人」の偏見消える? マスク着用めぐり議論

     新型コロナウイルスの感染拡大阻止で、一般市民が幅広くマスクを着用すべきかの議論が欧州で拡大している。

     欧州では有症者が着けるものとの認識が一般的だが、広く普及しているアジアで感染が比較的抑えられていることが着目され、「着用者は変人」といった偏見をなくすため、症状に関係なく使用を義務付ける例も出始めた。

    2
    続き

    「家にいて」、ギザのピラミッドも呼び掛け

     カイロ郊外ギザで30日、ライトアップされたピラミッドに「家にいて」とメッセージが映し出された。

     エジプト政府は先に、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため夜間の外出禁止を発表。観光名所として名高いピラミッドも、見に来るよりも身の安全を守るよう呼び掛けた。

    2
    続き

    世界に発信したい縄文文化

    北の縄文道民会議事務局次長 戎谷 侑男氏に聞く

    2
    続き

    割り切らない思いやり

     先日、ネパールで知人の娘さんの結婚披露宴に初めて招かれた。もちろん、日本とはいろいろな点で風習が違う。

    1
    続き

    生涯に一度だけ、世界保健機関(WHO)…

     生涯に一度だけ、世界保健機関(WHO)と接点を持ったことがある。「WHO事務局長夫人(夫妻とも日本人)が資金援助してくれる」という情報があって、仲間3人で面接に出向いた。

     場所は東京・高輪あたりの高級マンション。事務局長夫人は上品なお婆(ばあ)さんの印象だった。面接と言っても、20組くらいが集まってきたので、個別面談する余裕はなく、各グループの代表1人がプレゼンテーションすることとなった。

    1
    続き

    段ボールで感染を防げ、鳥取県庁舎内の予防対策

     新年度に合わせ、鳥取県は県庁各部署の執務スペースで新型コロナウイルス対策を始めた。県内で感染者は確認されていないが、意識向上も兼ねて実施。職員同士の間隔を離したり机の向きを変えたり、段ボールを机の間に立てて「間仕切り」を置いたりして工夫した。お金をかけずに密集、密閉、密接の「三つの密」を減らし、感染リスクを軽減する。

    1
    続き

    日本赤十字社「負のスパイラルを断ち切ろう」

     「負のスパイラルを断ち切ろう」。新型コロナウイルスの拡大で、過剰な不安や感染者らへの偏見、差別が広がっている。日本赤十字社(東京)はそれらも一種の感染症と位置付け、まん延を防ごうとリーフレットを作成してホームページで公表している。

    2
    続き