■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    団体追い抜きで驚異の加速、日本女子が金

     準決勝ではエースの高木美帆が、先頭で滑る周回数をいつもの3・5周から3周に減らした。約1時間50分後の決勝へ、できる手は打った。後はこれまでの積み重ねを信じるだけだった。

    0
    続き

    あす準決勝韓国戦、カーリング日本女子初の4強

     日本女子が五輪の4強へ歩を進めた。過去5大会連続ではね返されてきた高い壁を越え、日本勢で初めて表彰台を懸けたステージに挑む。

     スイス戦は1-2の第4エンドで一挙4失点。第9エンドを終えて4-8となりギブアップ。勝利で4強入りを決められなかった。「悔しい」。吉田知は目を真っ赤に腫らしたが、その雪辱も果たす舞台が待っている。

    0
    続き

    冬の祭典「平昌五輪」折り返し、快進撃続ける

     競技日程も折り返し地点を過ぎた平昌五輪。快進撃を続ける日本代表メダリストたちの表情を追った。

     競技日程も折り返し地点を過ぎた平昌五輪。快進撃を続ける日本代表メダリストたち。

    0
    続き

    忍びの里、伊賀で「国際忍者学会」を設立

     忍者の国際的な学術研究を推進する「国際忍者学会」がこのほど設立され、「忍びの里」として知られる三重県伊賀市で総会と設立記念大会が開かれた。大会には韓国や中国、イギリスを含め国内外の研究者ら約200人が出席した。

    0
    続き

    米製兵器の売却促進へ新指針

     米政府による国外への米国製兵器売却を大幅に増加させる計画の立案が最終段階に差し掛かっている。米政府当局者らが明らかにした。これによって、米軍需企業からの兵器購入を制限されてきた東欧、東南アジアの国々でも、大規模な兵器購入への道が開かれる。

    0
    続き

    650年の歴史初、英議会「黒杖官」に女性就任

     英議会で20日、議会運営に関わる儀式で重要な役割を果たす役職「黒杖官」に、初の女性が就任した。黒杖官は約650年の歴史を持つが、これまでは男性だけがこの職を務めていた。

     新たに黒杖官となったのはテニスのウィンブルドン選手権の運営組織の責任者を務めていたサラ・クラークさん。引退したデービッド・リーキー氏の後任として、20日、英上院に黒杖官として登場した。

    0
    続き

    福島県猪苗代町のスキー場で、下から上に…

     福島県猪苗代町のスキー場で、下から上に駆け上がるという前代未聞の逆走マラソンが行われたのは2011年6月。「馬鹿らしいけど面白い」という感想がランナーから寄せられた。

     県内各地のスキー場はこの年、東京電力福島第1原発事故による風評被害で、来場者の激減が予想された。野口英世記念館(猪苗代町)など観光地への観光客は8割も減少。逆走マラソンはゲレンデの安全性を訴えるために生み出されたアイデアだ。

    0
    続き

    南アフリカの追放劇

     今週、ネルソン・マンデラの釈放28周年記念日を祝った。水曜日(14日)、ロベン島の刑務所でのマンデラ氏の隣人の一人、ジェイコブ・ズマは任期を1年以上残して、国家の大統領を辞任した。

     「辞任」とは、彼に起こったことに対しては実際、あまりにも甘い言葉である。ズマ氏は数週間にわたる(大統領に対する)抵抗運動の後に、しかも、彼のかつての仲間によって、放り出されたのである。南アのメディアはそれを、彼の頭文字Zを取って「Zexit(Z離脱)」と呼んでいる。

    5
    続き

    ロシア寄り姿勢強めるトルコ

     米政府は、ティラーソン国務長官をトルコに送り、シリア情勢などをめぐるトルコとの緊張の緩和に乗り出している。しかし、大統領選を来年に控えるトルコのエルドアン大統領は、国民に強い指導者であることを示そうと、米国との対決姿勢を強め、ロシア寄りの姿勢を強めている。

     トルコの元議会議員で、現在、米シンクタンク民主主義防衛財団の上級研究員のアイカン・エルデミール氏はワシントン・タイムズとのインタビューで、「米国は、エルドアン大統領が反米姿勢を強く打ち出していることに気付いていない。来年11月に実施されるトルコ大統領選を控え、特にその傾向は強まっている」と警鐘を鳴らした。

    1
    続き

    小平奈緒、メダル授与式で金メダルに笑顔

     18日のスピードスケート女子500メートルで優勝した小平奈緒(相沢病院)は20日、平昌のメダルプラザで行われた授与式で金メダルを贈られ、「重いなって感じた。金メダルってこんな色だったんだな」と喜びを語った。

    2
    続き

    葛西紀明選手、8度目の五輪を終える

     最愛の家族の思いを乗せ、葛西が平昌の夜空を飛んだ。五輪最終種目の団体ラージヒル。「家族の前でメダルを取れたら、とずっと思っていた」。表彰台の願いこそかなわなかったが、8度目の五輪で初めて会場を訪れた妻怜奈さん(33)や姉紀子さん(48)らに、懸命に表彰台へ挑む姿を見せることができた。

    0
    続き

    文化庁、高松塚古墳の壁画修理を2年延長

     文化庁は20日、奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末~8世紀初め)のカビなどで劣化した国宝壁画の修理を2年延長し、2020年3月までとする方針を有識者検討会に示し、了承を得た。

     07年の石室解体の翌年に本格化した壁画修理は今年3月までに終了する予定だったが、今後の展示を見据え、壁画の描かれた石材を安全に移動できるレベルまで強化するため延長を決めた。

    0
    続き

    鴻巣小谷の田んぼにオオハクチョウが飛来

     埼玉県鴻巣市小谷の荒川堤防付近の田んぼにハクチョウが飛来している。住宅地と入り組む田畑で、もともとハクチョウと無縁の場所。ところが、NPO法人鴻巣こうのとりを育む会が、同市名に因むコウノトリを呼び戻すために冬でも水を抜かない「ふゆみずたんぼ」を設置したところ、ハクチョウが昨冬から来るようになった。

    0
    続き

    沖縄の春を告げる! 寒緋桜が満開を迎える

     沖縄の春を告げる寒緋(かんひ)桜が沖縄本島で満開を迎えている。緋寒(ひかん)桜とも呼ばれる。

     宜野湾市の嘉数高台公園の寒緋桜は濃いピンク色の花びらが一斉に開き、春の到来を感じさせた。2月下旬から3月上旬になると小ぶりのサクランボが実る。

    0
    続き

    英研究所報告、懸念される中国の兵器近代化

     英国際戦略研究所(IISS)は、世界各国の軍事力に関する恒例の報告書「ミリタリー・バランス2018」を発表した。報告書は、欧米に肩を並べうる中国とロシアの軍事力に焦点が当てられ、もはや米国とその同盟国はこれまでの優位性を維持することができないと警告を発した。

     米の優位性維持が困難に

    0
    続き

    新鮮味ない翁長知事の所信表明

    沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)

     翁長雄志知事が就任してから4年目の県政運営方針が発表された。しかし、従来と変わらず米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設反対が県政の最重要課題という認識だ。

    1
    続き

    人工知能(AI)と言えば、以前は数理解析の…

     人工知能(AI)と言えば、以前は数理解析のコンピューターが頭に浮かんだが、今は画像処理・解析技術が主役の座に。中でも「深層学習」(ディープラーニング)がその中心的な技術だ。

     すでに医療分野でも利用され、がんの早期発見に力を発揮し、従来、医師の目視による画像診断では見つけ出せなかったがんの微細な兆候を検出できるようになった。こうした治療の普及が期待される。

    0
    続き

    リオのカーニバル―暴力、汚職!ブラジルの負を風刺したチームが優勝

    優 勝 ベイジャ・フロール(BEIJA-FLOR)

    準優勝 パライゾ・ド・トゥイウチ(PARAISO DOTUIUTI)

    3 位 サウゲイロ(SALGUEIRO)

     南米ブラジルのリオデジャネイロで17、18日の2日間、スペシャルパレード(11、12日開催)の上位入賞チームによる「チャンピオンパレード」が行われた。

    2
    続き

    徴兵制復活で移民教育?

     フランスのマクロン大統領が新たな兵役制度導入の検討に入ることを政権関係者に指示したこともあり、兵役復活の議論が高まっている。

     マクロン大統領の公約は、度重なるテロの脅威に備えるため、18歳から21歳の男女(約60万人)を対象に最低1カ月の兵役を義務化するというものだ。今年1月に軍幹部や兵士を前に語った時には、同大統領は3カ月から6カ月とも言っていた。

    0
    続き

    ポーランドで「ホロコースト法案」施行へ

     ポーランド上院は1月31日、「ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)に関する法案」(以下「ホロコースト法案」)を賛成57、反対23、棄権2の賛成多数で可決した。同法案では、ポーランドがナチ・ドイツに占領されていた時代のユダヤ人強制収容所を“ポーランド収容所”と呼んだり、同収容所が(ナチ政権と連携した)ポーランド国家に帰属していた、といった間違った主張や表現をした場合、ポーランド国民だけではなく、外国人も罰金刑、最高禁固3年の刑罰を受けるという内容だ。 (ウィーン・小川敏)

    0
    続き

    9条自民両案は折衷可能 篠田英朗氏

    東京外国語大学大学院教授 篠田英朗氏(下)

    安倍晋三首相が表明した自衛隊を憲法9条に明記する改憲の方針をどう評価するか。

    2
    続き

    核削減目標達成、米は軍縮よりも抑止力向上を

     米国とロシアの戦略核弾頭の配 備上限を1550発と定めた新戦略兵器削減条約(新START)について、達成期限を迎えた米露両政府は、それぞれ削減目標を達成したと発表した。

     しかしロシアや中国は核兵器の近代化と増強を加速し、北朝鮮も核・ミサイル開発を進めている。米国は日本など同盟国の安全保障のためにも、核軍縮よりも核抑止力向上に重きを置くべきだ。

    ロシアとの条約を履行

    0
    続き

    小平奈緒「夢成し遂げられた」、次は世界記録を

     スピードスケートの女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)が一夜明けた19日、韓国・平昌で記者会見した。この競技で日本女子初の栄冠に輝き、昨季から目標に掲げていた低地リンクでの36秒台のタイムで五輪新記録。「夢に描いていたものを成し遂げられてうれしい気持ち。スケートの楽しさをまた思い出すことができた」と喜びに浸った。メダル授与式は20日夜に行われる。

    0
    続き