■連載一覧
  • どうなる米朝首脳会談
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 検証 南北首脳会談
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 2018/5/23
  • 2018/5/08
  • 2018/5/01
  • 2018/4/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    「明治150年」記念の銀貨、初期の鉄道駅描く

     財務省は25日、今年が「明治150年」に当たるのを記念する銀貨を発行すると発表した。明治初期の鉄道駅の様子を描いた錦絵などを題材に5万枚を発行し、造幣局が通信販売する。価格は1枚9000円。

    0
    続き

    「永遠のヤングマン」西城秀樹さんをしのぶ

     16日に63歳で死去した歌手の西城秀樹さんの通夜が25日、東京・青山葬儀所で営まれ、共に「新御三家」と呼ばれた郷ひろみさん(62)、野口五郎さん(62)ら多くの友人・関係者が参列し、「永遠のヤングマン」をしのんだ。

    0
    続き

    国内最古、奈良時代前半の獣脚鋳型を発見

     滋賀県草津市教育委員会は23日、同市野路町の榊差遺跡で、国内最古となる奈良時代前半の獣脚の鋳型が発見されたと発表した。獣脚は獣を模した釜や鍋を支える部分で、市教委によると、祭祀(さいし)での使用が考えられるという。

    0
    続き

    遺族が資料の保存を依頼、「水原秋櫻子展」

     高浜虚子の「客観写生」の理念に飽き足らず、叙情詩としての俳句を追求して『馬酔木(あしび)』を主宰し、現代俳句の世界を大きく切り開いていった水原秋櫻子(しゅうおうし)。その足跡をたどる企画展「水原秋櫻子展―現代俳句の出発」が、岩手県北上市の日本現代詩歌文学館で開催中(同館主催)だ。

    0
    続き

    錦旗や軍旗の模写図展示、企画展「戊辰戦争」

     鳥羽・伏見の戦いから始まった新政府軍と旧幕府軍との戦闘の記録などの資料を展示する企画展「戊辰戦争―菊と葵の500日―」が26日、東京・北の丸公園の国立公文書館で始まる。25日には報道向けの内覧会が行われた。

    0
    続き

    罪をかぶった赤松隊長、援護法適用に「軍命」不可欠

     筆者は、グレン・シアレスさんの手記を1996年6月1日から13回シリーズ「沖縄戦ショウダウン」として沖縄の新聞で発表した。ショウダウンとはポーカーで賭博師が有り金を全て賭けて、最後の大勝負に出て、その手札をさらけ出す様をいう。ここから、ショウダウン、すなわち、決戦という用語が生まれた。

     その中で、長いコラム「渡嘉敷で何が起きたのか」を追加した。その最後で筆者はこう書いた。

    0
    続き

    米朝会談中止、北ペースに待った掛けた

     来月12日にシンガポールで開催される予定だった史上初の米朝首脳会談が米国側の決断で急遽(きゅうきょ)中止になった。

     トランプ米大統領が北朝鮮側の姿勢に反発したことによるもので、会談を強く望んでいたとみられる北朝鮮は当惑を隠せない様子だ。何よりも米国との会談を通じ、国際社会の制裁や体制不安から脱したかったはずの北朝鮮としては痛手であろう。

     完全非核化避けたい北

    2
    続き

    激しい爆発で吹き飛ぶ建物や土砂、舞い上がる…

     激しい爆発で吹き飛ぶ建物や土砂、舞い上がる土煙。北朝鮮北東部・豊渓里の核実験場の爆破が海外のメディアを前に行われた。同じ日にトランプ米大統領は、来月予定されていた米朝首脳会談の中止を北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に書簡で通告した。

     ただ、条件が満たされれば将来的に首脳会談を開く可能性を否定していないところをみると、トランプ氏一流の駆け引きなのか。

    1
    続き

    税関職員が密輸幇助

     何かと悪評が尽きないマニラのニノイ・アキノ国際空港で、今度は密輸未遂があり関与していた税関職員が逮捕された。

    0
    続き

    「黒曜石」「桃太郎伝説」などを「日本遺産」に

     文化庁は24日、各地の文化財に物語性を持たせて地域振興につなげる「日本遺産」に、国内最古の黒曜石鉱山を取り上げた「星降る中部高地の縄文世界」(長野、山梨両県)など13道県の13件を新たに認定した。山梨、静岡、宮崎の3県からは初の認定で、累計は43道府県の67件となった。

    0
    続き

    リムパックから中国を排除 米、南シナ海軍事化で牽制

     米国防総省は23日、中国が南シナ海の軍事拠点化を進めているとして、今年の多国間海上訓練「環太平洋合同演習(リムパック)」に招待しないことを明らかにした。貿易、北朝鮮の問題をめぐり両国間の緊張は高まっており、今後、いっそう険悪化する可能性がある。

     国防総省のローガン報道官は声明で、中国の演習不参加を発表、南シナ海の軍事拠点化は「緊張を高め、地域を不安定化させるだけだ」と中国を強く非難した。

    1
    続き

    小笠原返還50周年シンポ、さかなクンPR大使に

     小笠原諸島が日本に返還されて50年目となることを記念し、東京都は24日、西新宿の都議会議事堂で同諸島返還50周年記念シンポジウムを開いた。

     小池百合子都知事は「小笠原諸島の美しい自然だけでなく、歴史や文化、地理的な重要性について理解を深めてほしい」とあいさつ。

    0
    続き

    真面目な銀行員、罪状が不明のまま犯罪者に

     フランツ・カフカ原作の「審判」を、2015年に舞台で演出したイギリス出身のジョン・ウィリアム監督が、実験的な手法をちりばめながら、さまざまなアーティストたちとコラボレーションし映画化した本作。

    1
    続き

    宮城県の新観光キャンペーン動画を都内で発表

     宮城県の新観光キャンペーン動画が23日、東京都内で発表された。発表会には村井嘉浩知事の他、来年3月まで約1年間キャンペーンキャラクターを務める人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」も参加。メンバー9人は、東日本大震災で観光客数が落ち込む沿岸被災地などを訪ねてほしいと早速PRした。

    0
    続き

    興味津々、「ドリアンビール」のお味は?

     独特な臭いを発することで有名なフルーツ、ドリアン。そのドリアンを使って造ったビールが18日、オーストラリア・メルボルンで始まった「地ビール・フェスティバル」でお披露目された。

     グラスを手に取る男性も興味津々な様子。フェスティバルは20日まで開かれる。

    0
    続き

    構造的問題が育む暴力による潜在力抑圧

     中・高校生の頃、先生たちに本当にたくさん殴られた。自分自身が暴力に対して鈍感で、「なぜムチで打たれなければならないのか」と考えることができなかった。時々先生の誤解で殴られる時も「何発か殴られてしまおう」と諦めることが多かった。“力の不均衡”の中で発生する構造的な暴力に飼い慣らされた結果だ。

    0
    続き

    日大反則問題、ルール至上の大学スポーツを

     日本大-関西学院大のアメリカンフットボール定期戦で日大選手が関学大選手を悪質なタックルで負傷させ、被害届を受けた警視庁が捜査に入った。

     日大選手は謝罪の記者会見を開き、監督やコーチからの「潰(つぶ)せ」という指示でけがを負わせるため反則をしたと明らかにした。これに対し、試合当時監督の内田正人氏らは反則の指示ではないと釈明した。一連の事態はスポーツマン精神から程遠い。ルール尊重の指導を徹底すべきである。

    9
    続き

    団地の管理組合から人事に関する文書が回って…

     団地の管理組合から人事に関する文書が回ってきた。新役員の名前は「ワタナベ」という。「渡」はともかく「ナベ」の字が恐ろしく難解だ。文書はパソコンで書かれていたが、パソコンでは表記できなかったらしく、「ナベ」は手書きの丁寧な文字で書かれていた。

     難解な「ナベ」が何通りも存在するのは、役所の担当者が書き間違えたためと言われる。手書き時代の話だ。

    0
    続き

    文豪夏目漱石、英国留学中「独リボツチデ淋イヨ」

     福井県は23日、文豪夏目漱石が英国留学中、ドイツに留学している友人2人に送った自筆のはがき3通を発見したと発表した。いずれも内容は1917年刊行の「漱石全集」で紹介されているが、現物の確認は約100年ぶりという。

    1
    続き

    筑波大、バイオ実験ロボット「まほろ」を公開

     スポーツ選手のドーピング検査を自動化する研究に取り組んでいる筑波大は23日、ヒト型バイオ実験ロボットを報道陣に公開した。酸素を運ぶ赤血球を増やしたり、筋肉を増強したりするドーピングは、従来の薬物から遺伝子操作に移行すると予想され、検査が難しくなる。ロボットの活用で検査の信頼性と効率の向上を目指す。

    1
    続き

    「ツール・ド・東北」、初心者も完走できる

     9月15、16両日に宮城県で開催されるサイクリングイベント「ツール・ド・東北 2018」(河北新報社、ヤフー主催)の記者発表会が22日に東京都内で開かれ、お笑いトリオ「ロバート」のメンバーらが魅力をアピールした。

    0
    続き

    プリンスさんが使用したギター、2500万円で落札

     米国の伝説的な歌手として知られ、2016年4月に死去したプリンスさんがヒット曲の演奏で使用した貴重なギターがこのほどオークションに掛けられ、22万5000ドル(約2500万円)で落札された。競売商ジュリアンズ・オークションズが明らかにした。

    0
    続き

    流木の芸術・馬の彫像の前で「はい、ポーズ!」

     ロンドンで21日、流木でつくられた馬の彫像の前でポーズを取る男性。

     22日から一般公開される花の祭典「チェルシー・フラワーショー」の会場での一こまで、この祭典は、ロンドンのチェルシー王立病院で毎年開催されている。

    0
    続き