■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    多彩な江戸文化を満喫「大江戸文化芸術祭」

     武道パフォーマンスや邦楽演奏など、多彩な日本文化を楽しめるイベント「浜離宮大江戸文化芸術祭2019」(同実行委員会主催)が23日から25日にかけて、東京都中央区の浜離宮恩賜庭園で開催された。

     23日のオープニングセレモニーには宮田亮平文化庁長官や小池百合子東京都知事が出席しあいさつした。

    1
    続き

    パラリンピアンと競技体験、家族連れでにぎわう

     東京パラリンピック開幕1年前に合わせた競技体験イベントが24日、東京都の墨田区総合体育館などで開かれ、国際パラリンピック委員会のケール副会長やパワーリフティングのパラリンピアンで地元墨田区出身の三浦浩選手らが、来場者と和気あいあいとしたひとときを過ごした。

    1
    続き

    組織委と東京都、大型バス75台をテスト走行

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は25日、大会の開会式を想定し、選手村(東京都中央区)から新国立競技場(同新宿区)まで選手を円滑に輸送するためのテストを実施した。大型バス計75台が選手村予定地から競技場までおおむね順調に走行した。

    1
    続き

    香港の九竜地区にあるブルース・リー旧居解体へ

     香港メディアは23日までに、伝説的アクションスター、ブルース・リーの旧居が、来週にも取り壊されると報じた。建物の老朽化が進んでおり、ファンは保存を訴えていたが、政府の支援を得られなかったという。

     旧居は香港の九竜地区にあり、ブルース・リーが1973年に32歳で急死する前、家族と住んでいた。死去後、実業家の故余彭年氏が買い取ったが、一時はラブホテルとして使われていた。

    1
    続き

    サーファーが「海洋汚染サミット」に集まる

     フランス南西部ゲタリーで22日、サーフボードを手に海岸に集まったサーファーたち。

     各国政府に海洋汚染の問題に真剣に取り組むよう求めるデモ活動を行った。

    1
    続き

    「民主的な家庭」が生み出す悲劇

    NPO法人修学院院長・アジア太平洋学会会長 久保田 信之

     男女は基本的に平等であり対等な独立した個人である、と高らかに謳(うた)った日本国憲法が施行されて70年以上が経過した。その間に、個人の自由を最大限尊重し、束縛せず依存せず、尊敬し合って共に成長するとした「民主的な家族」を是認する風潮は、特に、歴史的繋(つな)がりの希薄な若い世代には、広く深く浸透していったようだ。

    0
    続き

    羽田新ルート、住民の不安解消に努めよ

     羽田空港の発着枠増加に向け、東京都心上空を通過する新しい飛行ルートの運用が来年3月29日に始まる。

     ただ、地元住民は騒音や落下物などの発生を懸念している。国は住民の不安解消に努めるべきだ。

    国際便の受け入れ強化

     従来は東京湾上空を飛行していたが、新ルートでは新宿や品川など都心上空も通過する。現在、羽田の1時間当たりの発着回数は82回が限界だが、新ルートの運用で最大90回となる。

    0
    続き

    大手玩具メーカーのバンダイが今夏、小中学生…

     大手玩具メーカーのバンダイが今夏、小中学生の子供を持つ親900人に子供の防災対策に関して尋ねた結果を、来月1日の防災の日を前に発表した。その中で、災害が起きた時の集合場所や連絡手段について子供としっかり話し合えている家庭は、わずか5・9%しかなかった。

     約7割の家庭が何らかの対策をしていたが、その一方で災害時について子供と話し合っているかどうかについては「全く話し合ったことはない」が23・2%、「あまり話し合えていない」が57・9%と多数を占めた。

    1
    続き

    「飯舘村ににぎわいを」 原発事故避難指示が解除

     東京電力福島第1原発事故で一時全域避難となった福島県飯舘村。2017年3月に大部分の避難指示は解除されたが、戻る人は一部にとどまる。こうした中、村から避難し、現在福島市に住む佐々木千栄子さん(73)は、同村佐須地区で事故前に亡き夫と営んでいた飲食店を再開した。「にぎわいを取り戻したい」。店には村外からも客が訪れている。

    1
    続き

    義足女性が主役、パラ選手らファッションショー

     義手や義足をおしゃれに装飾するなど、障害者の義肢装具が身近な存在になりつつある。派手にペイントした競技用義足で観客を楽しませるパラリンピック選手も。関係者は「眼鏡を選ぶのと同じ感覚で、個性を楽しんでほしい」と話している。

    1
    続き

    東京パラ開幕まであと1年、56年ぶり祭典迫る

     東京パラリンピック開幕まで25日であと1年。大会組織委員会主催の祝賀式典が都内で開かれ、選手が胸にかけるメダルのデザインが発表される。世界最大の障害者スポーツの祭典に向けたムードが盛り上がりそうだ。

    1
    続き

    ディズニーランド&シーで「熱キャン」相次ぐ

     猛暑が続いた今夏、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー(いずれも千葉県浦安市)では高温を理由にショーやパレードをキャンセルする「熱キャン」が相次いだ。ダンサーら出演者の体調にも配慮し、23日までに昼のパレードや屋外のステージショーなど7公演が中止となった。

    1
    続き

    日露友好の懸け橋に、陸自音楽隊が演奏を披露

     ロシアの首都モスクワの「赤の広場」で23日、国際的な軍楽祭「スパスカヤ・タワー」が開かれ、陸上自衛隊中央音楽隊が演奏を披露した。笛や和太鼓を交えた和の演出に加え、ロシアの民謡やクラシック曲を演奏し、観客からは大きな拍手が送られた。

     同軍楽祭への自衛隊音楽隊の参加は初めて。演奏後、樋口孝博隊長(1等陸佐)は「歓声と熱気にすごく感激した。日露友好の懸け橋になれたと感じている」と笑顔。

    1
    続き

    第5回全国ふるさと甲子園

     地方創生と地域活性化を図るため、ご当地グルメと自慢のロケ地の紹介を行う「第5回全国ふるさと甲子園」(主催=同実行委員会)が24日、東京・秋葉原で開催された。

    0
    続き

    米中摩擦、解消に向け中国は構造改革を

     トランプ米大統領は、中国からの輸入品2500億㌦(約26兆円)分に昨年発動した制裁関税を10月1日付で25%から30%へ引き上げると発表した。9月1日に導入する対中制裁「第4弾」の税率も当初予定の10%から15%に引き上げる。中国が米国製品への関税拡大を発表したことに対抗した動きだ。

     中国の報復に米国が対抗

    0
    続き

    「朝顔のしづかにひらく折目かな」(片岡…

     「朝顔のしづかにひらく折目かな」(片岡片々子)。蒸し暑い日々が続くが、早朝は少し涼を感じることができる。朝に花開くアサガオは、その青や赤の色彩で涼しさを感じさせてくれる。

     夏の風物詩といえばいろいろあるが、花ではアサガオを外すことはできない。家の庭にアサガオが植えられ、添え木をはい上るように巻き付いている光景がよく見られた。だが最近は、その姿を見る機会が少ない。

    0
    続き

    「ネッシー」の謎がついに解明されるのか?

     「ネッシー」の謎がついに解明されるのか。英北部「ネッシー」の謎がついに解明されるのか今なお目撃情報が後を絶たない「未確認生物(通称ネッシー)」をめぐり、国際的な科学者チームが大規模な調査を行い、ついに正体を特定したと主張した。その内容は明らかにしておらず、9月上旬に研究結果を発表する。ただし、調査チームはネッシーには遭遇しなかったという。

    5
    続き

    ゲームを交えて、子供たちの防災意識を高める

     「子供のうちから防災意識を高めることが大事」。広島土砂災害や、昨夏の西日本豪雨で甚大な被害を受けた広島市では、住民が主体となった小学生向け体験学習「防災キャンプ」が始まった。参画した地元の町会長倉岡弘至さん(63)らは「体も使い、興味を持って考える機会にしたい」と、ゲームを取り入れるなどの工夫を凝らしている。

    2
    続き

    履正社の野口主将「リベンジの気持ち出せた」

     第101回全国高校野球選手権で優勝した履正社の野口主将と岡田監督が23日午前、大阪市住之江区の宿舎で取材に応じた。今春の選抜大会で完封された星稜の奥川を決勝で打ち崩しての頂点に、野口は「甲子園でリベンジという気持ちが強かった。それが前面に出せた」と喜びを語った。

    2
    続き

    機内に持ち込まない荷物の預け入れはセルフで

     機内に持ち込まない荷物の預け入れはセルフで。成田空港の運営会社は20日、2020年開催の東京五輪・パラリンピックまでに国際線に導入する荷物の自動預け機を報道陣に公開した。訪日外国人のさらなる増加が見込まれる中、三つのターミナルに計72台設置する。これまで航空会社の社員が対応してきた手続きを自動化し、混雑を緩和するのが狙い。

    2
    続き

    武人画アーティスト、こうじょう雅之氏が個展

     水墨画で戦国時代や三国志の武人を描く「武人画」を製作するアーティスト、こうじょう雅之氏が初のギャラリーカフェでの個展「武人画茶屋2019」を8月17日から9月8日までDUB GALLERY AKIHABARA(東京都千代田区)で開催する。

     飲食とともに作品を観賞できるほか、バータイムでは、お酒を飲みながら武人画を楽しめる。

    2
    続き

    中国人留学生が技術窃取

     米国の学界、議会、政府機関などで、工学、航空、宇宙、量子力学など国家安全保障に関わる分野での中国人留学生への監視を強めるべきだという主張が強まっている。近年、中国人留学生が急増しており、極超音速技術など先端技術の開発で中国が優位に立つ直接の原因になっていると指摘されるものの、留学生がどの分野で技術を習得し、母国に持ち帰るかを個別に追跡することは困難との指摘もある。

    1
    続き

    GSOMIA破棄、北を利する安保毀損の禁じ手

     国益を重視した冷静な判断とは到底思えない。韓国が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新期限に合わせ、これを延長せず破棄する方針を明らかにし、日本政府に正式通知した。GSOMIAは特に北朝鮮の軍事的脅威が高まる中で、日韓が機密情報を共有する際の取り決めとして不可欠なものだった。破棄は安全保障をめぐる日韓ならびに両国と同盟関係にある米国の3カ国の連携に大きな支障をもたらす。北朝鮮を利するだけだ。

    「経済報復」への対抗措置

    2
    続き