■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    IUGSが「チバニアン(千葉時代)」正式決定

     国際地質科学連合(IUGS)は17日、韓国・釜山で理事会を開き、千葉県市原市の養老川沿いにある地層「千葉セクション」を、約77万年前の地質時代の境界を研究する上で最も優れた地点「国際標準模式地」に認定した。

    1
    続き

    トップにノーベル化学賞受賞の吉野彰氏が就任

     経済産業省は17日、温室効果ガス排出量の抜本的な削減に向け、国際研究を進める「ゼロエミッション国際共同研究センター」を設立すると発表した。トップに昨年ノーベル化学賞を受賞した吉野彰・旭化成名誉フェローを起用。地球温暖化の抑制につながる次世代技術の創出を目指す。

    1
    続き

    毎日光る五輪の巨大シンボル、お台場に設置

     東京五輪の開幕(7月24日)まで半年となるのを前に、東京都は17日、五輪のシンボルとなる巨大な五つの輪を港区のお台場海浜公園近くの海に設置した。内部に白の発光ダイオード(LED)が埋め込まれており、日中は五色に見えるが、夜間は白く光り輝く。24日の記念セレモニーで初点灯され、毎日光る。期間は東京五輪終了まで。

    1
    続き

    ブルーインパルスが五輪マークの練習を開始

     東京五輪の開幕(7月24日)まで半年となるのを前に、東京都は17日、五輪のシンボルとなる巨大な五つの輪を港区のお台場海浜公園近くの海に設置した。内部に白の発光ダイオード(LED)が埋め込まれており、日中は五色に見えるが、夜間は白く光り輝く。24日の記念セレモニーで初点灯され、毎日光る。期間は東京五輪終了まで。

    1
    続き

    現在18店舗、新施設「沖縄国際のれん街」誕生

     那覇市の国際通りの三越デパート跡地に昨年末、飲食店を中心とした新施設「沖縄国際のれん街」が誕生した。

     飲食店経営の「南の島スパイス」が経営するもので、昨年末現在18店が営業し、2月末までには合計36店舗になる見通し。

     観光客だけでなく、地元住民を集めることができるかが成功のカギとなりそうだ。

    1
    続き

    フランス大統領選で右派ルペン氏が立候補表明

     フランスの右派政党・国民連合(RN)のマリーヌ・ルペン党首が16日、2022年に予定される次期大統領選に出馬する意向を表明した。ルペン党首は報道関係者との新年互礼会で、21年の党大会で承認されることが前提としながら「熟慮した上で決意した」と述べた。

    0
    続き

    米中貿易協議 米国は構造改革を促し続けよ

     トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相は米ホワイトハウスで貿易協議での「第1段階」の合意文書に正式署名した。

     世界1位と2位の経済大国間の貿易戦争は制裁と報復のエスカレーションの状態からしばしの小休止に転じた。だが、中国の構造問題は未解決のままだ。

    追加関税の一部引き下げ

    0
    続き

    「押し付けられた」憲法 通常国会を改正への転機に

    《 記 者 の 視 点 》

     令和2年を迎え、来週から通常国会が開幕する。予算案や法案の審議、野党による汚職事件の追及などと共に注目されるのが、安倍晋三首相の解散戦略と、衆参両院憲法審査会での論議の進み具合だ。来年9月に党総裁任期、同10月に衆院議員任期の満了を控え、首相が意欲を燃やす「自身の手で」の改憲に向け今年が正念場となるためだ。

    1
    続き

    通勤に使っている小田急線のターミナル駅の…

     通勤に使っている小田急線のターミナル駅のトイレに入ろうとしたところ、入り口に紅い寒椿の花が活(い)けてあった。もうそんな季節かと、一瞬こころが和んだ。なかなか心憎いセンスだ。

     このトイレ、2年ほど前に美しく改装され、入り口に花が飾られるようになった。季節を感じさせる花を大きく活けているところが特徴だ。ほかにも、入り口付近にスーツケースなど大型手荷物を一時的に置いておく場所も作られた。ロック付きの紐(ひも)が付いていて、利用者は安心して用が足せるようになった。

    1
    続き

    「日本書紀」編纂1300年の宮崎

    青島神社宮司 長友 安隆氏に聞く

     晴天に恵まれた宮崎市の正月、「鬼の洗濯板」で知られる青島神社は大勢の初詣客でにぎわった。天孫降臨から神武東征の神話がある宮崎県には、各地に古い伝承が息づいている。山幸彦と海幸彦の神話にちなむ青島神社の長友安隆(やすたか)宮司に、「令和」の御代への思いを伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    1
    続き

    歌会始の入選者「歌を続けてきて良かった」

    「入選は一生の宝物」「歌を続けてきて良かった」。令和初となった今年の「歌会始の儀」に招かれた入選者10人が16日午後、宮内庁で記者会見し、約1万5000首に上る一般応募の中から自分の歌が選ばれた喜びを語った。  今回最年少だった新潟市の東京学館新潟高校3年篠田朱里さん(17)は、母親に大学受験の希望を伝えた時の情景を歌にした。儀式後に面会した天皇、皇后両陛下からは受験への励ましの言葉を掛けられたといい、「頑張ろうという気持ちになりました。めったに経験できない日本の文化に触れられてとても良かった」と笑顔を見せた。

    1
    続き

    阪神大震災から25年、6434本の明かりで追悼

     6434人が犠牲となった阪神大震災の発生から25年となるのを前に、兵庫県伊丹市にある昆陽池公園では16日夕、6434本のろうそくに火をともして犠牲者をしのぶ追悼の集いが開かれ、参加者約450人が黙とうした。地震発生時刻の17日午前5時46分まで12時間にわたり、明かりをともし続ける。

    1
    続き

    発売50周年、1000種の歴代「トミカ」がずらり

     玩具大手のタカラトミーは15日、ミニカーの「トミカ」発売50周年を記念して、これまでに販売された1000種類以上の商品を特別展示し、報道陣に公開した。トミカは1970年の発売以降、累計6億7000万台以上を売り上げた同社の主力商品。富山幹太郎会長は「今後も時代の変化に柔軟に対応し、進化していきたい」と話した。

    1
    続き

    東京商工会議所、東京五輪向け交通マップ作成

     東京商工会議所は16日、2020年東京五輪・パラリンピック大会期間中の混雑緩和を狙った「2020交通対策ハンドマップ」を作成した。A5判に折り畳める地図には、大会関係者の移動ルートや高速道路料金の上乗せが実施される範囲を記載。会場周辺の交通規制などの詳細情報にアクセスできるQRコードや、各企業が取り組める交通対策のチェックリストも載せた。

    2
    続き

    米軍のアジアシフト困難に、中東・アフリカ情勢が緊迫

     中東での緊張の高まりを受けて、中国との「大国間競争」に集中するという米国の国防戦略が見直しを迫られている。専門家らは、米軍は間もなく、中東とアジアのどちらかの選択を求められることになると指摘する。

     テロとの戦いから、台頭する新興国への対応へとシフトすることは、2018年に当時のマティス国防長官がまとめさせた「国家防衛戦略」の根幹をなしている。

    1
    続き

    阪神大震災25年 自然災害多発の時代に備えよ

     犠牲者6434人を出した阪神大震災から25年がたった。この巨大地震でわが国は大きな教訓を得、防災対策の策定とその推進に向けて努力してきた。来るべき災害にも備えを怠ってはならない。

    多数の高齢者受け入れ

    0
    続き

    歴史ドラマの中で戦国時代の人物を「平和を…

     歴史ドラマの中で戦国時代の人物を「平和を追求した人物」として描くのは疑問と歴史学者の山本博文氏が指摘している(『歴史をつかむ技法』新潮新書)。

     戦国時代に「平和主義者」はいなかった。戦争のなかった平安時代にも江戸時代にも存在しない。平和主義は1945年以降の戦後に生まれたものだ。

    1
    続き

    イスラエルで今年、大規模戦争の可能性

     イスラエルの主要シンクタンクの一つであるテルアビブ大学の国家安全保障研究所(INSS)が、イランの大胆かつ攻撃的な行動の増加に伴い、2020年にイスラエルの北部国境沿いで大規模な戦争の可能性が高まっていると警告した。ガザ地区でも戦争が勃発する可能性は大きいという。(エルサレム・森田貴裕)

    1
    続き

    汝矣島に高まる怨聲

     「暗行御史の出頭(お出まし)だ!」

     『春香伝』(朝鮮時代の説話で、全羅北道南原府使の息子・李夢龍と妓生の娘・春香の恋物語)で暗行御史(朝鮮時代に民情を探るため地方に派遣された王の密使)となった李夢龍の出頭場面は壮快だ。卞(学道)府使は肝をつぶし、貪官汚吏は逃げ出そうと無我夢中になる。

    1
    続き

    芥川賞に古川真人さん、直木賞は川越宗一さん

     第162回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が15日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞に古川真人さん(31)の「背高泡立草」(すばる10月号)、直木賞に川越宗一さん(41)の「熱源」(文芸春秋)がそれぞれ選ばれた。

    1
    続き

    「神戸医療産業都市」が一大研究拠点に成長

     阪神大震災では、インフラや企業の設備が甚大な被害を受けた。神戸から撤退する企業も相次ぐ中、新たな産業の誘致で復興を図ろうと、神戸港の人工島ポートアイランドに生まれた「神戸医療産業都市」は今年で22年目を迎え、革新的な技術開発や創薬などの一大研究拠点に成長した。

    1
    続き

    期待彩る4色、観戦チケットのデザイン発表

     2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、観戦チケットのデザインを発表した。「紅(くれない)」「藍」「藤」「松葉」の4色で色分けし、それぞれの競技が行われる会場の装飾カラーと合わせた。競技のピクトグラム(絵文字)と会場のイラストも配置した。開閉会式のチケットデザインは後日発表する。

    1
    続き