■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    吉野彰さんと久美子さん、ストックホルム入り

     今年のノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が5日夕(日本時間6日未明)、授賞式が開かれるスウェーデンの首都ストックホルムに到着した。

     吉野さんは妻久美子さん(71)と共に、ノーベル財団が用意した車で宿泊先のホテルに到着。出迎えた関係者と笑顔で握手した。報道陣に今の気分を問われると「最高です」とほほ笑み、帽子を取って会釈した。

    1
    続き

    中村哲医師は「人間性の象徴」、各地で追悼

     アフガニスタン各地で5日、東部ジャララバード近郊で襲撃され命を奪われたNGO「ペシャワール会」(福岡市)現地代表、中村哲医師を追悼する集まりが催された。ろうそくをともすカブールの集会を企画した一人、ヘクマト氏は「中村先生は人間性の象徴だった」とその死を惜しんだ。

     集会には100人以上が集まり、ろうそくの傍らには「真の英雄だった」と書かれていた。

    1
    続き

    レジ袋提供を廃止、小泉氏「身近なところから」

     環境省や厚生労働省が入る東京・霞が関の中央合同庁舎5号館で6日から、館内のコンビニや弁当店でのレジ袋提供を廃止した。プラスチックごみ問題が深刻化する中、足元からプラ削減を目指す。小泉進次郎環境相は「身近なところから意識を持ってもらいたい」と呼び掛けた。

    1
    続き

    女子ゴルフの渋野選手、地元の岡山で「笑顔」

     今年の女子プロゴルフで大活躍した渋野日向子選手(21)が6日、出身地岡山市で「岡山県スポーツ特別顕賞」の授与式に参加した。この日は岡山東署で一日警察署長を務めるなど計4カ所を訪問。各地でトレードマークの笑顔を振りまいた。

    1
    続き

    避難続く小学生が「バーチャルふるさと遠足」

     東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町の町立双葉南・北小学校で、ドローンや最先端の通信技術を活用し、町の様子を映像で観賞する「バーチャルふるさと遠足」が行われた。

     避難先の同県いわき市の仮設校舎で両校の児童らは、古里の景色を身を乗り出して見つめ、現地で働く人らとの会話を楽しんだ。

    1
    続き

    解雇された「27人」党職員の救済案

     当方はオーストリア社会民主党(SPO)の党員ではない。破産寸前の同党の現状を見て、何か救済案がないかを考えている、ちょっと変わった外国人ジャーナリストの一人に過ぎない。外国人だから変な繋がりや利害もないので、言いたいことを言える。その立場から以下、社民党連邦本部で働き、この度解雇通告を受けた党職員の救済案を紹介する。その案が実現性があるか否かは社民党自身が判断すべきことだ。

    0
    続き

    終盤の国会で改正鯨類科学調査実施法が成立…

     終盤の国会で改正鯨類科学調査実施法が成立した。商業捕鯨が31年ぶりに再開し、調査捕鯨が終了したことを受けての改正だ。国によるクジラの捕獲や解体技術の普及支援、反捕鯨団体の妨害対策も盛り込まれている。

     英国生まれの作家、C・W・ニコルさんは、日本の捕鯨文化の価値を知るナチュラリストだ。『海洋記』の中で、メルヴィルの小説『白鯨』に「反捕鯨運動の多くについて、そのルーツを見いだしえる」と述べている。『白鯨』には、モリを撃ち込まれたクジラの断末魔の様子などが描かれている。

    0
    続き

    習近平「総書記」、呼称変更の提言は理解できる

     ポンぺオ米国務長官は10月、保守系シンクタンク、ハドソン研究所での演説で、中国の習近平国家主席の呼称を共産党の役職である総書記とした。

    ポンペオ氏も演説で使用

    2
    続き

    停電で人生真っ暗?

     国力の落差が大きい東南アジアでは、インフラ事情一つ取っても千差万別だ。経済成長で先行したシンガポールやタイでは、雷が落ちるとか避けがたい自然災害にでも遭遇しないと、停電はまずない。しかし、ミャンマーなどでは停電がしばしば発生する。

    1
    続き

    こんまりさんの本を英訳して

    翻訳家 平野キャシーさんに聞く

     今、アメリカで最も有名な日本人の一人がこんまりこと片付けコンサルタントの近藤麻理恵さん。『人生がときめく片づけの魔法』の英訳本がミリオンセラーになり、テレビ出演で一躍人気者に。その英訳を担当し、キーワードの「ときめく」をspark joyと訳した翻訳家の平野キャシーさんに、同書がアメリカ人を引き付けた理由を伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

    0
    続き

    「アフガンの20年構想」を語り合ったばかり

     アフガニスタンで銃撃され死亡した医師中村哲さん(73)は、大干ばつが深刻化していた同国に画期的なかんがい用水路を建設したことで知られる。そのモデルとなったのが、福岡県朝倉市の「山田堰」。中村さんに技術の根幹を伝えるなど親交の深かった山田堰土地改良区元理事長の徳永哲也さん(72)は、「先月、アフガンの今後20年の構想を話し合った矢先だった。無念で悔しすぎて、言葉にならない」と同志の最期に声を振り絞った。

    1
    続き

    「記念講演が楽しみ、環境問題でメッセージを」

     リチウムイオン電池の開発でノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が5日午前、授賞式が行われるスウェーデンの首都ストックホルムへの出発に先立ち、成田空港で記者会見した。

    2
    続き

    両陛下やリーチ選手、「変わり羽子板」披露

     今年1年間に明るい話題を提供した人物を題材にした、年末恒例の「変わり羽子板」が5日、東京都台東区の老舗人形店「久月」本社で披露された。皇位継承に伴い即位された天皇、皇后両陛下や史上最年少で国内メジャー初優勝を果たした女子ゴルフの渋野日向子選手など13人が令和元年の顔に選ばれた。6日まで本社で展示した後、全国の百貨店などで公開される。

    0
    続き

    次世代型の電動車いす、空港で実験走行を行う

     チェックイン後の搭乗口への移動など、長距離の歩行を強いられることが多い空港。長い距離を歩くことに不安を感じる高齢者らの負担軽減に向け、空港に自動運転・停止機能を搭載した次世代型の電動車いすを導入する実験が始まっている。日本航空は早ければ2020年度のサービス開始を目指す。

    2
    続き

    「お好みは?」 ロボット接客サービスを実験

     大阪大と三井不動産は29日、大阪府吹田市の大型商業施設「エキスポシティ」でロボットを使った接客サービスの実証実験を行うと発表した。ロボットが客と対話して好みなどを把握し、店を案内したり直接商品を売ったりする。実用化に向け、早ければ12月から始める。

    2
    続き

    メラニア夫人、子供たちとXマスの飾り付け

     北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に参加するため訪英したトランプ大統領に同行しているメラニア米大統領夫人(写真右)は4日、ロンドンの慈善団体「救世軍クラプトン・センター」を訪問、ネットいじめに取り組むための自らのスローガン「ビー・ベスト(最善を目指そう)」のスタンプを押したおもちゃ、クリスマス飾り、リースを寄付した。

    3
    続き

    「赤旗」庁舎内購読自粛を通達 東京都町田市、議会で追及へ

     東京都町田市は日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」など政党機関紙の庁舎内での販売・購読自粛を求める通達文(11月5日付)を出したが、本紙はこのほど、髙橋豊副市長名の通達文と庁舎内での「赤旗」読者名簿(共産党内部資料)のコピーを入手した。

    12
    続き

    読解力低下、本や新聞熟読して能力向上を

     「日本『読解力』急落15位」(読売)、「『読解力』続落、日本15位」(朝日)など教育関係者にはショッキングな見出しが躍った。経済協力開発機構(OECD)が79カ国・地域で15歳計60万人を対象に2018年に実施した「国際学習到達度調査(PISA)」の結果を公表したという新聞記事の見出しだ。

    国際調査で15位に急落

    0
    続き

    「自分の個性と違う役を演じる場合、困る…

     「自分の個性と違う役を演じる場合、困ることはないか?」という質問に対し、女優の奈良岡朋子さんが「違う自分は実は自分の中にあったことに気づく」と答えていた。民放テレビで放送された番組だが、興味深かった。もともと自分の中にあったのだから、多少時間はかかるとしても探せば見つかる。だから困ることはない。

     山崎努著『俳優のノート』(文春文庫)には「役を生きることで、自分という化けものの正体を発見する」という記述がある。奈良岡さんの演技論と流れは同じだ。

    1
    続き

    G2のセール競争

     世界的な景気の鈍化にもかかわらず、G2(米国と中国)の年末セールが熱気を帯びてきている。先月29日、米国の“ブラックフライデー”1日のオンラインの売上高が74億㌦となり歴代最高値を更新した。前日の感謝祭(サンクスギビングデー)の売上高42億㌦と合わせると、2日間でなんと116億㌦(約1兆2600億円)もの商品が売れたわけだ。“サイバーマンデー”の今日(12月2日)は売上高が100億㌦に迫るだろうと言われている。

    0
    続き

    牛肉の価格高騰に怒り心頭

     ブラジル人が怒っている。理由はサッカーワールドカップ(W杯)でブラジル代表が優勝を逃し続けていることではない。ブラジル人が愛してやまない「牛肉」のことだ。

     先月末、妻が近所にある精肉店の買い物から怒り心頭で帰ってきた。なんでも、牛肉が信じられないほど値上がりしていて、予算オーバーしてしまったというのだ。どれだけ値上がりしたのかと聞くと、なんと3~4割もの上昇だという。

    0
    続き

    なぜ“GSOMIA外交”は失敗したか

     最近3カ月の間、終了宣言から始まって条件付き延期で幕を下ろした韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)事態は韓国外交史の汚点として記録されることは間違いない。

     大統領府は米国の世界戦略においてGSOMIAが占める意味と比重を読み間違えて、災いを膨らませたという批判を免れるのは難しい。

    0
    続き

    中村哲医師が銃撃され死亡、悲しみが広がる

     「武器ではなく用水路で信頼されてきた人。あと20年やると言っていたのに」。中村哲医師(73)死亡の対応に追われた福岡市のペシャワール会。記者会見した福元満治理事(71)は目を潤ませ、無念な胸の内を語った。

    1
    続き