■連載一覧
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 平壌共同宣言の波紋
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 2018/10/15
  • 2018/10/04
  • 2018/9/26
  • 2018/9/25
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 編集局 rss

    ライター一覧
    編集局

    ビューポイント・サイト編集局

    観光馬車フィアカーの廃止論

     ウィーン観光の目玉の一つ、観光馬車のフィアカーを廃止すべきとの声が出てきた。フィアカーが路面を痛め、その修理代も馬鹿にならないからだという。これに対し、ルドヴィク・ウィーン市長は「フィアカーは市の文化財だ」と、廃止には消極的だ。

    0
    続き

    宮原知子が連覇、改良ジャンプに手応え

     宮原は滑り終えてかすかに笑みを浮かべ、自信に満ちた表情。改良に取り組んできたジャンプに大きな手応えを得た。

     直前の6分間練習で自らの動きが硬いと感じた。終盤に難度の高い3回転フリップからの3連続ジャンプを組み込み、「終わるまで緊張しっぱなしだった」。しかし、ミスはしなかった。タンゴの曲に乗った力強い演技で観衆を魅了した。

    0
    続き

    蓮池薫さん、「米朝改善に大きなチャンス」

     北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(61)が22日、新潟県立大(新潟市)で講演し、米朝関係が拉致問題に影響するとした上で、「今までにない大きなチャンス」が来ているなどと訴えた。

     講演は県が主催し、学生や教員ら約100人が参加。「北朝鮮情勢と拉致問題」と題し、蓮池さんは約1時間半にわたり、北朝鮮の動向や自身の経験を語った。

    0
    続き

    卓球の福原愛選手に中国でエールが相次ぐ

     現役引退を21日発表した卓球の福原愛選手に対し、かつてプロリーグに参戦してプレーした中国でエールが相次いだ。中国版ツイッター「微博」で行った中国語の引退報告には、22日昼までに約6万件のコメントが寄せられ、関心の高さを示した。

    0
    続き

    未完成の「サグラダ・ファミリア」に建築許可

     スペイン・バルセロナで1882年に着工し、現在も建設が続く未完成の教会「サグラダ・ファミリア」が、市政府から正式な建築許可を得ることがこのほど決まった。130年余りも許可がなく、違法建築状態が続いていたが、ようやく解消されることになった。

    1
    続き

    石川県、知事と職人が誘客で「スクラム」

     2019年に日本で開かれるラグビーのワールドカップ(W杯)に合わせ訪日客を誘致しようと、石川県は22日、オーストラリア最大都市シドニーのホテルで現地の旅行業界関係者らを対象に、県の魅力を紹介する観光セミナーを開いた。

    0
    続き

    憲法審査会、野党は改憲論議の席に着け

     あす開幕する臨時国会の焦点の一つが、安倍晋三首相が意欲を示す憲法改正の論議だ。自民党は衆参両院の憲法審査会に9条への自衛隊明記や緊急事態条項創設など「改憲4項目」を提示し、論議を進めたい考えだ。

    自民は4項目説明の考え

    1
    続き

    パリ爆弾テロ計画、イラン政府の関与判明

     フランス内務省は今月初め、パリ近郊で今年6月に開催されたイラン反体制派組織の集会を標的にした爆弾テロ未遂事件について、計画にイラン情報省の関与を示す証拠を突き止めたことを明らかにした。イラン政府は否定しているが、フランス国内でのテロ計画にイラン政府が関与していたことは重く受け止められている。 (パリ・安倍雅信)

    0
    続き

    睡眠負債~その正しい理解~

    明治薬科大学リベラルアーツ准教授 駒田陽子氏

     「すいみんの日」市民公開講座「睡眠負債~その正しい理解~」(江戸川大学睡眠研究所・柏市共同主催)がこのほど千葉県柏市のアミュゼ柏で行われた。明治薬科大学リベラルアーツ准教授の駒田陽子氏は「子どもにも睡眠負債ってあるの?」をテーマに子供の睡眠事情、成長に必要な睡眠時間をどう確保するかなどについて来場者と共に考えた。

    0
    続き

    オーダーメードの教育

     先日、近所のコンビニがいつの間にか個別学習塾に変わっていた。不登校や発達障害、心身の疾患を抱える子供や日本語が不十分な外国人児童など、個別対応を必要とする子供が増える中、一人ひとりにきめ細やかな対応ができる個別指導の塾へのニーズが年々高まっている。

     先週、某テレビ番組を見ていたら、イノベーティブな教育ベンチャーとして、人工知能(AI)を活用した究極の個別指導の学習システムを紹介していた。生徒の理解度や進度、ミスの傾向、学習履歴など、あらゆる情報をAIがリアルタイムで診断し、一人ひとりに最適の学習プログラムを提供する、言わばAIによる“オーダーメードの教育”である。

    0
    続き

    “風の又三郎”が暴れ回っているように、…

     “風の又三郎”が暴れ回っているように、トランプ大統領の米国は次から次へと難題が襲来している。その一つが、治安悪化と貧困が深刻な中米ホンジュラスなどから2000人以上の集団が米国移住を目指して北上している問題である。

     メキシコからの不法移民対策では、国境への壁建設を主張してきた。今回の事態を前にトランプ氏はツイッター投稿で、メキシコに不法移民の襲来阻止を求め「もしできなければ、米軍を動員して南部国境を閉鎖する」と迫っている。

    1
    続き

    米上院、トランプ氏指名の連邦高裁判事を記録的ペースで承認

     トランプ米大統領は、大きな影響力を持つ連邦高裁判事の人事で29人の指名が承認され、記録を更新している。高裁判事人事は、司法を改めようとするトランプ氏にとって最高裁以上に有益なものだ。

     地裁判事の人事では、過去数十年の大統領の中では中位くらいにランクし、インパクトは小さい。また、最高裁判事では2人の指名を承認にこぎつけた。

    0
    続き

    トランプ政権1年目の温室ガス排出が減少

     トランプ大統領は、気候変動政策をめぐって激しい非難を受けてきたが、政策は間違っていないようだ。

     トランプ政権が環境規制を廃止し、世界的な排出量が依然として上昇している中、環境保護局(EPA)が17日に発表したところによると、米国の温室効果ガス排出量は、トランプ政権1年目の昨年、2・7%減少した。

    0
    続き

    ソフトバンク総力集め雪辱、短期決戦に一日の長

     レギュラーシーズンで一度も首位を奪えなかった王者に挑み、2位のソフトバンクが短期決戦で見事に雪辱を果たした。工藤監督は「選手が頼もしく見えた」と期待通りに動いたナインをたたえた。

     チーム力を結集した戦いだった。第2戦で中継ぎ登板した新人高橋礼を中2日で先発させた。先発は今季3度しかなかったが、22歳は「緊張することなく試合に入れた」と言う通りの好投を見せた。

    1
    続き

    国立科学博物館、「3万年前の航海」を再現

     3万年前の航海再現を目指す国立科学博物館などのプロジェクトで、来年夏に台湾から沖縄・与那国島への航海に使う丸木舟がほぼ完成し、千葉県館山市沖でこのほど、報道陣に公開された。これまで航海実験を行った丈夫な草を束ねた舟や竹のいかだと比べ、かいでこぐ場合に1・5倍から2倍のスピードが出るという。

    0
    続き

    今年で11回目、日本最大級の「東京大茶会」

     東京の秋の風物詩として親しまれている日本最大級のお茶会「東京大茶会」が20、21の両日、東京都中央区の浜離宮恩賜庭園で開かれた。日頃、茶道になじみのない人や、外国人などに日本の伝統文化に触れる機会を提供しようと、毎年行われているもので、今年で11回目。

    0
    続き

    移動浄水装置でインドネシア地震の支援を

     インドネシアの料理や民族舞踊が楽しめる「日本インドネシア市民友好フェスティバル」が20日、東京都渋谷区の代々木公園イベント広場で始まった。主催事務局のNPO法人C.P.I.教育文化交流推進委員会(東京都三鷹市、小西菊文代表)によると、翌21日までの開催で来場者10万人を見込んでいる。

    0
    続き

    182メートル、世界一高い像は一体誰?

     18日、インド西部グジャラート州バドダラ近郊にそびえ立つインド独立の立役者パテールの像。

     高さ182㍍のパテール像は10月末に落成予定。高さ128㍍の中国の魯山大仏を抜いて世界一高い像となる。

    1
    続き

    サウジ記者殺害、事件の真相究明を止めるな

     サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の殺害をサウジ政府が認めた。国際社会からの信頼を失墜させたサウジとしては、早期の幕引きを図りたいところだろうが、真相の究明によって信頼回復に努め、人権や言論の自由を尊重する姿勢を示すべきだ。

    皇太子の政治手法を批判

    0
    続き

    黒部峡谷鉄道の終点、欅平駅(富山県黒部市)…

     黒部峡谷鉄道の終点、欅平駅(富山県黒部市)と黒部ダム(立山町)を結ぶ関西電力の工事用資材の輸送路「黒部ルート」(約18㌔)が、2024年度をめどに一般開放されることになった。

     発電設備の保守や工事に使われるルートで、普段は作業員しか通行できない。かつては完全非公開だったが、1996年から「黒部ルート見学会」という形で公募による限定公開をしていた。

    0
    続き

    日欧共同計画、水星探査機「みお」打ち上げ

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した「みお」など2機の水星探査機が20日午前10時45分(日本時間)、南米・フランス領ギアナのクールー宇宙基地からアリアン5ロケットで打ち上げられた。探査機は正常に飛行している。欧州の探査機(MPO)とともに2025年末に水星周回軌道に到着し、水星の構造や成り立ちなどを探る。

    0
    続き

    皇后陛下講演録「橋をかける」、ベトナムで出版

     皇后陛下が子供時代の読書体験を語られた講演録「橋をかける」のベトナム語版が完成し、ハノイのホテルで20日、出版記念会が開かれた。

     昨年3月、訪越された皇后陛下と会った広告・編集会社のレ・ティ・トゥ・ヒエン社長(40)たちが、日本政府や関係者と調整して準備を進め、皇后陛下の御誕生日であるこの日、発表した。

    0
    続き

    森田登代子さん、江戸期は庶民が即位式を見物

     皇太子殿下が新天皇となられた後、来年秋に行われる「即位礼正殿の儀」まで1年。「遊楽としての近世天皇即位式」の著者森田登代子さん(69)=大阪市天王寺区=はこの中で、江戸時代は庶民が即位式を見物できたことを紹介している。

    0
    続き