«
»
尾関 通允
尾関 通允
経済ジャーナリスト
中村 仁
中村 仁
元全国紙経済記者
床井 明男
床井 明男
経済紙ほか
鈴木 淑夫
鈴木 淑夫
経済学博士

後藤 文俊 rss (経済)

ライター一覧
後藤 文俊

アメリカ視察で積極的に学ぶ経営者・企業を支援する、新進気鋭!在米30年のアメリカン流通コンサルタント。米国流通視察セミナーやネットの情報発信を通してスピードある変化への挑戦と果敢なコミットメントを原則とし意欲ある経営者や学習者に大いなる気づきと感動を与える。
ブログ:激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ
URL:http://blog.livedoor.jp/usretail/

Amazon Fresh、オープンが止まった!人手不足でジャスト・ウォークアウトを導入中?

 最後にオープンしたのは、8月28日に開店したアマゾン・フレッシュ18店舗目となるメリーランド州チェビー・チェイス店だ。

 アマゾン・フレッシュはここ7週間、新規出店していないことになる。ほぼ全ての店舗が木曜日にオープンしていることから早くても来週の木曜日と見られ、2ヶ月間も出店が止まっていることになる。

 しかし外観やファサードが出来上がり、オープン間近のアマゾン・フレッシュは増え続けている。

0
続き

店アプリ、かっぱ寿司を救いたい!マクドナルドなどの外食チェーンならどうしたか?

 同社初となる「全皿半額」は事前に「大変混雑が予想され、お寿司の提供が遅れたり、入店制限させていただく場合がございます」などとしていたが、キャンペーン当日が日曜日ということで混雑は想定以上になってしまった。

 全国の店舗で長蛇の列ができ、入店するまでの待ち時間が10時間以上と表示されたり、駐車台数が不足し近隣に交通渋滞が発生する事態も招いたのだ。

1
続き

アマゾン、ついにレジなしホールフーズ・マーケット登場!現金払いにセルフレジも?

■ネット通販最大手のアマゾンの傘下で、自然食品スーパーのホールフーズ・マーケットに、レジなし店が登場する。

アマゾンが8日に同社のブログで明らかにしたところによると、「ジャスト・ウォークアウト(Just Walk Out)」と呼ばれるレジなし決済技術を導入したホールフーズが来年初めオープンする。

0
続き

【在庫管理ロボ】世界初となるスーパー全店導入!1店舗で月額2,000ドルのサブスク?

■ミズーリ州など中西部を中心に111店を展開する食品スーパーのシュナックス(Schnuks)は26日、ロボット開発のスタートアップのシンベ・ロボティクス(Simbe Robotics)の自律型棚スキャンロボット「タリー(Tally)」を全店に導入することを発表した。

スーパーマーケットチェーンがAIロボットを100店を超える全ての店に導入するのは世界初となる。

0
続き

【アマゾン】新業態はデパート?狙いはプライム会員に向け最適なエコシステムを構築!

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が19日、内部事情に詳しい複数の人の話からアマゾンがデパートに似た店舗の出店を計画していると報じたのだ。

オハイオ州とカリフォルニア州に出店する計画は、まだ最終段階に至っておらず変更もありえるという。広さは30,000平方フィート(840坪)とアマゾンの食品スーパー「アマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)」より若干小型となる。

0
続き

【音声ショッピング】2年で4倍規模へ!AIがアレ、コレ、ソレを理解すれば急拡大?

■調査会社ジュニパー・リサーチは3日、音声コマンドによるショッピング市場が2年で4倍にも達するとの見通しを発表した。

スクリーン付きのスマートスピーカーの普及に、AIによる洗練された音声コマンドの進化で、物理的な入力の手間のないシームレスな買い物が急拡大する。

ジュニパー・リサーチによると音声を使ったオンラインショッピング等は今年、46億ドル(約5,000億円)規模を見込んでいる。

0
続き

【コストコ】ウーバーイーツ・アプリを介して当日宅配を開始!会員証なくても注文可?

■メンバーシップ・ホールセール・クラブのコストコがウーバー・テクノロジーズと提携し、当日宅配のテストを始めた。

当日宅配についてコストコはすでにインスタカートと連携して行っており、ウーバーとのパートナーシップで新たな会員(顧客)を開拓する。

ウーバーが21日に発表したプレスリリースによると、21日から当日宅配サービスを開始したのはテキサス州にあるコトスコ25店舗。

0
続き

【ロボマート】数分で自販機が家の前にやってくる!寒い日はおでんに熱燗マートも?

■オンデマンド&セルフ・ドライビングカー開発のロボマート(Robomart)は28日、ロサンゼルス近郊ウエストハリウッド地区で自動運転の無人・移動コンビニカー「ロボマート」を使った営業を開始した。

移動型自販機とも呼べるロボマートは、急に必要となった菓子や市販薬を利用者の近くにまで移動して、買い物ができるようにする未来型ロボットだ。

0
続き

【スターバックス】現場が地獄!1分に7件超の注文ではコーヒーだけにブラック企業?

■コーヒーチェーン最大手のスターバックスは第2四半期(1月~3月期)の決算発表で「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」が注文全体の26%に達したことを明らかにした。

スターバックスでは4人に一人の割合でスマートフォン・アプリからコーヒー等を注文しているのだ。コンタクトレスのモバイル注文がコロナ禍でニューノーマルと定着している。

1
続き

【ウォルマート】ネットスーパーにAI!およそ10%だった代替品の返品が2%に向上?

例えば本を注文したことを考えてみよう。第164回芥川賞を受賞した宇佐見りん氏の「推し、燃ゆ」を注文した時、倉庫に在庫がないからといって代替品を送られてくることはあり得ない。

本に代替品があれば、宇佐見氏の他の著作や商品ページにある「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」から適当に選ぶことになる。

0
続き

【Amazon Fresh】ウェグマンズに近い東海岸1号店オープン!IT企業は見切りも速い?

■ネット通販最大手のアマゾンは27日、東海岸では初となる「アマゾン・フレッシュ(Amazon Fresh)」をオープンした。

アマゾン・フレッシュはアマゾン傘下のホールフーズ・マーケットとは別事業のコンベンショナル食品スーパー。

ホールフーズが扱わない一般的な食品を扱い、ハイテクショッピングカートで利便性を向上しながらボピスなどのオムニチャネルに対応する。

0
続き

【Amazon One】NY市のアマゾン・ゴーにも手のひら決済!レジなし技術とセット外販?

ネット通販最大手のアマゾンは10日、非接触の生体認証デバイス「アマゾン・ワン(Amazon One)」をニューヨーク・マンハッタンのレジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」でも利用可能となったことを発表した。

手のひら決済は本社のあるワシントン州内での展開から今後、他州の様々な傘下の店舗にも拡大することになる。

0
続き

【リドル】1年間で50店近くも新規オープン!人工肉を扱うディスカウント・スーパー?

■ドイツ資本のディスカウント・スーパーマーケット・チェーンのリドルはアメリカ国内で147店舗を展開している。南はジョージア州から北はニューヨーク州まで9州に店舗を拡大している。

リドルは昨年5月、ジョージア州スワニー地区に100店舗目をオープン。この1年で50店舗近くをオープンしたことになる。

0
続き

【大量閉店】史上最悪!今後5年で8万店が閉鎖し最悪シナリオでは15万店スクラップ?

■スイスの金融大手UBSは5日、新型コロナウイルスの流行が終息しても今後5年間でアメリカ国内にある約8万店の小売店が閉鎖されるとの試算を発表した。

パンデミック以降も消費のデジタルシフトが進むことで電子商取引が拡大し、その煽りを受けて毎年1.6万店が閉鎖される。

0
続き

【スターバックス】売上の25%がモバイルオーダー!限定高額商品がバカ売れする理由?

■コーヒーチェーン最大手のスターバックスは第1四半期(10月~12月期)の決算発表で「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」が注文全体の25%に達したことを明らかにした。

4人に一人の割合でスマートフォン・アプリからコーヒー等を注文するだけでなく客単価も上昇している。コンタクトレスのモバイル注文がコロナ禍でニューノーマルと定着している。

0
続き

【ターゲット】年末商戦の既存店が17%増!300万人以上が完璧と評価したアプリとは?

■ターゲットは13日、昨年の年末商戦期の既存店・売上高前年同期比が17.2%の増加だったことを発表した。

前期と同様にネット注文した商品を当日、店内や駐車場で受け取る即日サービスの利用が好調で売上を大きく押し上げた。

11月~12月期の既存店ベースの内訳は客数が4.3%の増加となり、客単価は12.3%増となった。既存店ベースのうちリアル店舗によるものは4.2%の増加。

0
続き

【2020年総括】未曾有のイベントで前代未聞の大変化!鎖国状態で情報にタイムラグも?

■アメリカ流通業界は今年、100年に1度となる新型コロナウイルス感染拡大で勝者と敗者を大きく分けてしまう1年となった。

アメリカは3月、感染拡大していることを受けて国家非常事態を宣言、多くの地域で市民の外出を原則禁止する命令が出された。

これを受け食品スーパーでは買いだめをする客が殺到し、トイレットペーパーなどさまざまな日用品が品薄になった。

1
続き

【コンビニ】ドライブスルーを導入したチェーン!スーパーはグローサラントに設置?

■ペンシルベニアなどを中心に約900店舗を展開するコンビニエンスストアチェーンのワワは先週、同社としては初となるドライブスルー付き店舗をオープンした。

新型コロナウイルスの感染拡大により、レストランなどでドライブスルーの利用が急増していることに対応した。

ガソリンスタンドも併設した新店は、通常のコンビニエンスストアにドライブスルーをつけたもの。

1
続き

【イケア】IKEAカタログを終了!変化の難しさは「巨人・阪神ファン」から学べる?

■世界最大手の家具チェーンのイケアは7日、70年近く発行してきた冊子「イケア・カタログ(IKEA catalog)」の制作を終了することを発表した。

消費者の多くがネットを使って買い物するようになり、家具販売でもカタログなどの印刷物の必要性が薄れつつある時代の流れに合わせる。

また無料となる200ページのフルカラー・カタログを終了することでコスト分をオムニチャネル等のIT投資に充てるのだ。

0
続き

【ブラックフライデー】5日間で約1.9億人!もコロナ後も実店舗の客数は減少のまま?

■全米小売業協会(NRF)は3日、感謝祭日からサイバーマンデーまでの11月26日~30日の5日間で1億8,640万人が買い物したことを発表した。

0
続き

【ホームデポ&ロウズ】絶好調!巣ごもりで高さ4メートルの巨大ガイコツが売り切れ?

■オリジナル:http://blog.livedoor.jp/usretail/archives/52103523.html

■ホームセンター最大手チェーンのホームデポが17日に発表した第3四半期(8月~10月期)では前期(5月~7月期)に続いて既存店ベースが20%以上の伸びを記録した。巣ごもり需要が続いており自宅の改装やメンテに努めたことで売上を伸ばした。

0
続き

【Amazon Fresh】パワーセンターに2号店がオープン!1号店よりスタッフが多いワケ?

アマゾン・フレッシュはアマゾン傘下のホールフーズ・マーケットとは別事業のコンベンショナル食品スーパー。

ホールフーズが扱わない一般的な食品を扱い、ハイテクショッピングカートで利便性を向上しながらボピスなどのオムニチャネルにも対応する。

0
続き

【ウォルマート】宅配品をパラシュート投下!街では絶対不可な破壊的イノベーション?

従来型の回転翼のドローンより悪天候に強く宅配時間も短くなる飛行機を用いることで、新たなフライト宅配モデルを模索する。

スタートアップのジップライン(Zipline)と提携したテストは、健康・ウェルネス製品のオンデマンド宅配を目的としたもの。

実験はアーカンソー州北西部にあるウォルマートの本社近くで来年初めに行われる。

1
続き


1 / 141210 »|