■連載一覧
  • 憲法改正 私はこう考える
  • どう見る北の脅威
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 2018/2/15
  • 2018/2/13
  • 2018/1/18
  • 2018/1/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    古川 光輝 rss (フリージャーナリスト)

    ライター一覧
    古川 光輝

    オトナの本格国際政治マガジン「Japan in The World」編集長。日本人として祖国と家族を愛しています。政治信条は保守・国際派。若い世代に日本の将来を真剣に考えてもらうために執筆を続けています。未来の子供達の為にできることをやっていきます。趣味は野球、音楽鑑賞、映画鑑賞。

    金正恩氏が韓国の対応に感謝

    金正恩氏、韓国の対応に感謝 高位級代表団の受け入れ(BBC)

    北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長は13日、平昌冬季五輪で訪韓した北朝鮮の高位級代表団を迎え入れた韓国側の対応に謝意を示した。

    北朝鮮の国営・朝鮮中央通信(KCNA)によると、韓国から帰国した高位級代表団と面会した金委員長は、「代表団の報告を受けた後、満足の意を示した」。

    18
    続き

    北朝鮮、オリンピック開幕前日に軍事パレード実施

    北朝鮮、軍事パレードを実施 平昌五輪の開幕式前日(CNN)

    北朝鮮は8日、北朝鮮人民軍の創建70周年を祝う軍事パレードを首都・平壌の金日成広場で実施した。外交筋がCNNに明らかにした。韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕式を翌日に控えた中での軍事力誇示となっている。

    18
    続き

    北朝鮮の核・ミサイル技術、在ベルリン大使館が調達

    在ベルリン大使館が調達=北朝鮮の核・ミサイル技術-独情報機関(時事)

     ドイツの情報機関、連邦憲法擁護庁(BfV)のマーセン長官は、北朝鮮が在ベルリン大使館を通じ、核兵器やミサイル開発に必要な機材や技術を調達していたと明らかにした。5日放映の独公共放送ARDとのインタビューの抜粋が3日、公開された。

    7
    続き

    オリンピックが韓国の私物化!南北融和?そんなことありえない。

     韓国と北朝鮮が断続的に南北対話を行なっているけど、本当に「勝手に何をやってんの?」という感じ。

     同じ民族である北朝鮮を放って置けない韓国左派やその代表である文大統領の気持ちもわからないわけではないが、あまりにも唐突すぎて、国際社会から顰蹙を買っていることに気付いていないことが不思議である。

    6
    続き

    日本も見習うべきオーストラリアのスパイ終身刑

    日本ではスパイを取り締まる法律が存在しないことで、諜報や工作が頻繁に行われている。それがスパイ天国と言われる所以である。外交でも力を発揮できない理由はそこにあるのだと思う。

    国際政治の舞台ではスパイの暗躍はもはや当たり前の話で、映画やドラマの世界だけの作り話だと思っていたら大間違い。どの国も外国のスパイを自由に行動させることのないように対策を練っているのだ。

    3
    続き

    今週の重要日程 国会では北朝鮮非難決議、10日にはノーベル平和賞発表

     4日

    ・参議院で2016年度決算報告、対北朝鮮非難決議採択 ・11月の消費動向調査

     5日

    ・国会議員らで作る靖国参拝の会が靖国参拝 ・衆議院で国家公務員給与法改正案緊急上程・採決、対北朝鮮非難決議採択 ・10月の米貿易収支

     6日

    ・参院憲法審査会 ・サッカークラブW杯開幕

     7日

    ・10月の景気動向指数速報 ・自民党未来戦略研究会が初会合

     8日

    28
    続き

    ロシアが千島列島にミサイル配備計画 疑心暗鬼が募る日露関係

    安倍首相とプーチン大統領。両者の関係は蜜月と思われたが、最近はそうでもないらしい。

    千島列島に対艦ミサイルを配備すると報じたのはロシア紙のイズベスチア。

    ・最新鋭の地対艦ミサイル「バル」「バスチオン」を千島列島の中部と北部に配備予定 ・すでに北方領土には配備している

    ロシアとは北朝鮮への対応、北方領土交渉、平和条約交渉、シリア問題など、日本にとっての重要課題が盛りだくさん。

    28
    続き

    日露外相会談 一定の成果があると見て良し

     先日行われた河野外相の訪露の成果を確認したい。大手メディアがロシアとの外交成果を報じないからだ。両国の一致点と、主張、両外相のコメントを記載する。

    28
    続き

    北兵士の亡命の裏にあるものとは?韓国側の協力者なら北朝鮮攻撃は間近か

    13日に韓国と北朝鮮の軍事境界線・パンムンジョム(板門店)で、北朝鮮の兵士1人が韓国側に亡命したニュースはセンセーショナルだった。北朝鮮側から銃撃を受けて負傷して韓国側の病院に搬送され、保護されたとか。

    中国がトランプ政権の対北政策を支持し、そしてこの亡命。この動きはまさに北朝鮮への攻撃が間近ということか。

    28
    続き

    政権与党はどっしり構えて野党の質問を論破すればいい

     国会での質問時間を巡って、与野党の攻防が展開されている。野党は質問時間の確保を求めて厳しい交渉をしているが、与党はあまり良い気がしないらしい。

     与党は総選挙で圧勝した。多くの議席を確保し、有権者の付託を受けた。それは議席数を見れば一目瞭然だ。自民党は「謙虚な姿勢」というキーワードを多用し、やや消極的な感じがする。

    23
    続き

    2兆円規模の経済対策 出産・子育て対策を怠るべきではない

     安倍首相が、特別国会の衆参両院本会議で第98代首相に選出された後、組閣を行い、全ての閣僚を再任した。

     引き続き首相は経済最優先で政権運営を行う考えを示した上で、「生産性革命と人づくり革命を車の両輪として、少子高齢化という最大の壁に立ち向かう」と強調し、12月上旬に教育無償化などを柱とした2兆円規模の政策を取りまとめる考えを示した。

    20
    続き

    中国に操られる韓国の裏切り 危険な合意に日本は関わるな

    中韓の間で驚きの合意が交わされたことをご存知だろうか。

    中韓両首脳の初会談後、政府間で協議が続けられ、その合意文書の中に、

    (1)米国のミサイル防衛システムに加入しない

    (2)日米韓の安全保障の協力は3カ国軍事同盟に発展しない

    (3)高高度防衛ミサイル(THAAD)の追加配備はしない

    21
    続き

    「帝国の慰安婦」著者 逆転有罪

    著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして在宅起訴された韓国の朴裕河(パクユハ)・世宗大教授に対する控訴審で、ソウル高裁は27日、無罪を言い渡した一審判決を破棄し、罰金1千万ウォン(約100万円)の有罪判決を言い渡した。

    9
    続き

    朝鮮有事に備えて自衛隊を中心とした有志連合で在韓邦人退避検討

     政府が、米国の軍事行動などに伴う朝鮮半島有事にあたり在韓邦人を避難させる非戦闘員退避活動(NEO)について、米国やオーストラリア、カナダを中心とした有志連合による枠組みでの対処を検討していることが24日、分かった。

     邦人退避に自衛隊機を活用するには韓国政府の同意が必要で、韓国で抵抗感の強い自衛隊を有志連合の一角と位置づける方が同意を得やすいと判断している。(産経)

    7
    続き

    トランプ大統領の訪日は11月5日に決定

     トランプ大統領の訪日は11月5日に決定

     米ホワイトハウスは16日、トランプ大統領のアジア歴訪日程を発表した。

     最初の訪問国となる日本には、11月5日から7日まで滞在。首脳会談を行うほか、北朝鮮による拉致被害者の家族と面会する。

     トランプ氏は訪日後の7日に韓国入りし、文在寅大統領との首脳会談に臨む。国会で演説し、北朝鮮の核・ミサイル問題解決に向け、国際社会が最大限の圧力をかける必要性を訴える。

    3
    続き

    安倍首相に忍び寄る数々の試練

     人気、実力ともに政治家として頂点を上り詰めた安倍晋三。長期政権の真っ只中で順調に見えた政権運営も、今となっては厳しい局面を迎えつつある。今後安倍首相を苦しめるものは何なのか。その正体は意外なものであると考える。

    6
    続き

    北朝鮮が核開発を止めれば日本は核武装すべきか?

     北朝鮮は今年に入り核実験、弾道ミサイル発射実験を繰り返し、核ミサイルの実戦配備に向けて国際社会の警告を無視し、着実に核兵器を保有しようとしている。北朝鮮が核開発を止め、東アジアが安定するためには何が必要なのか。また、日本の今後の国防体制はどう展開すべきなのか考えていきたい。

    3
    続き

    北朝鮮が6回目の核実験 批判の先に何をすべきかが問題

     北朝鮮が6回目の核実験を実施した。地下での実験で放射能などの拡散は心配なさそうであるが、度を超えた挑発は収まりそうにない。核弾頭の小型化にまた一歩実現したと北朝鮮は主張しており、仮にこれが事実なら脅威である。

     先日の北海道沖へのミサイル発射に続けて、核実験を許してしまった東アジアならびに国際社会はこのまま北朝鮮を放置していくのだろうか。

    3
    続き

    民進党新代表、前原氏に試される試練

     民進党の新代表に前原氏が選出された。蓮舫、野田体制が党の立て直しに失敗したこの状況をどう立て直すのか。新代表には数多くの試練が待ち受ける。

     今回の代表選の最大の争点は共産党との関係だった。一言で言えば「国民不在の代表選」である。党の指導者を決める選挙の争点が、共産党との関係などというふざけたことをやっているから、今の民進党には支持が集まらないのだろう。

    4
    続き

    マスコミに改造を迫られた安倍新内閣の不安点

     安倍首相が実行した改造内閣の評価はあらゆるメディアが「慎重な布陣」と評しています。それは間違いなさそうですが、今回の改造には色んな意味で私自身も不満な点が存在します。

     まず改造に至る経緯。森友・加計問題。まずこれら2つの問題は疑惑を作り上げてしまった首相自身も反省すべきではあるが、何が何でも安倍首相を退陣させようとする勢力の手法もえげつないものだった。

    6
    続き

    繰り返される中国公船の尖閣侵略 このままでは取り返しのつかないことに

    日本の領土であることを忘れていないか?

     このところによる尖閣諸島への挑発行為が繰り返されている。普通であればこの出来事を連日トップニュースで取り扱い、日本国内で激しい論争を繰り広げるべき問題なのだが、残念ながら日本メディアにその意思はない。

    4
    続き

    対案なき共謀罪反対は無責任な主張

    極左勢力の反発は何を恐れているのか?

     現在の国際社会の代表的な懸念事項はテロ攻撃をいかにして防ぐか、である。各国の治安当局と情報機関はテロを防ぐことに多くの時間を割いている。

     実際に英国やドイツではその成果が上がっており、テロ攻撃の計画段階で容疑者を逮捕することに成功しており、自国でのテロを防いできた実績がある。

    3
    続き

    危機の深刻さが全く理解できていない日本の極左メディア

    ・緊迫する北朝鮮情勢について極左メディアの論調があまりにもひどい ・日本は国防の概念を捨てたのか、といわざる得ない論評 ・本当に日本のマスコミなのか?という疑問が生じる

     いいかげんで他人事のマスコミ報道を鵜呑みにするべきではない  北朝鮮の暴走によって東アジア情勢は緊迫しているが、米軍基地を抱える日本にとっては北朝鮮からの核ミサイル、化学兵器攻撃をいかに防ぐかが、安全保障面での最大の課題である。

    8
    続き