■連載一覧
  • 人口減少社会を超えて 第1部・先駆けの地方移住
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米朝“宴の後”で 非核化・拉致問題の行方
  • 2018/8/06
  • 2018/7/18
  • 2018/6/14
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 米朝首脳会談の焦点
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/6/07
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 秋山 昭八
    秋山 昭八
    弁護士
    平井 基之
    平井 基之
    東大に文理両方に合格した男
    石川 佐智子
    石川 佐智子
    元・公立中学教諭
    久保田 信之
    久保田 信之
    教育評論家
    太田 和宏
    太田 和宏
    地方・教育部長
    杉原 誠四郎
    杉原 誠四郎
    教育研究者
    棚橋 嘉勝
    棚橋 嘉勝
    元・文京区教育委員、教育評論家
    加藤 隆
    加藤 隆
    元・小学校教諭、名寄市立大学教授

    舟田 譲二 rss (教育)

    ライター一覧
    舟田 譲二

    カリフォルニア州立大学大学院(言語学)、カリフォルニア大学(UCLA)大学院(言語学)、バイオラ大学大学院(キリスト教教育学)卒。カリフォルニア大学助手、パサデナ大学講師、中央大学講師、通訳、翻訳、カウンセラー、キリスト教会牧師等を経て、現在は学習塾「アカデミー学院」学院長。

    論理思考と想像力

    “Logic will get you from A to Z. Imagination will get you everywhere.” —Albert Einstein, 1879-1955, Physicist 「論理思考は私たちをAからZまで導いてくれる。しかし、想像力はどこでもドアだ」 —アルベルト・アインシュタイン、物理学者 (訳 舟田譲二)

    私は論理思考が好きです。 いつも物事を考えるとき、世の中の出来事を見るとき、人のことを考えるとき、車を運転しているとき、本を読んでいるとき、テレビドラマやニュースを見ているとき、何をしているときでも無意識のうちに論理的に考えています。

    0
    続き

    あなたの夢は何ですか?

    “Success is walking from failure to failure with no loss of enthusiasm.” –Winston Churchill, 1874-1965, Former British Prime Minister 「成功とは熱意を失わないまま失敗から失敗へと歩むことだ」 –ウィンストン・チャーチル、元英国首相 (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    降ればどしゃ降り

    一昨日は塾のイベントで、中1・2生は5時間勉強する “5 Hours”、中3生は10時間の “10 Hours” が催されました。 中3生は朝9時から昼食と夕食をはさんで夜9時まで。中1・2生もよく頑張りました。 2教室の仕切りを取り払って広い空間で生徒たちは壁やホワイトボードなどに向かってひたすら5教科の問題に取り組み、解き終わると講師のところに答案用紙を持って行って、採点・間違ったところは解説を受け、合格するまで再テストという流れ。

    1
    続き

    大谷翔平はベーブ・ルースを超えられるか

    “Every strike brings me closer to the next home run.” –Babe Ruth, 1895-1948, Major League Baseball Player 「ストライクを取られるたびに次のホームランが近づいてくる」 –ベーブ・ルース、メジャーリーグ選手 (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    ユーレカ!

    「ユーレカ!」(ギリシャ語 εὕρηκα [ヘウレーカ] 英語表記 Eureka [ユーリーカ])とは、日本語で「わかった!」「そうだったんだ!」「これだ!」「やったー!」のような意味です。 何か新しいことを発見したり、今までわからなかったことが急に閃いて解決できた時などに使い、英語の “Aha!” (アッハー!)に当たります。(太字の部分を強く発音します)

    昨日の記事を書いた直後にふとこの言葉が頭に浮かんできました。 一昨夜教えていた高3生、そして夕方ちょっと教えた小学1年生と、夜にやはりちょこっと教えた中3生が「そうか!」と、見せてくれた笑顔を思い出したからです。

    0
    続き

    よそ見をしないで

    “You’ve got to walk right into what you want and not look at what you don’t want. Stay focused on the goal.” –Calvin LeHew, Author 「自分が望んでいることに向かってまっしぐらに進んでいきなさい。よそ見をしてはいけません。目標をつねに見つめているのです」 –キャルヴァン・ラヒュー、作家 (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    人は見違えるほど変わる

    “The simple act of paying positive attention to people has a great deal to do with productivity.” –Thomas J. Peters, Writer 「ただ好意的な接し方をするだけで、人は見違えるほど変わる」 –トマス・J・ピーターズ、作家 (訳 舟田譲二)

    2
    続き

    手遅れにならないうちに

    “Inaction breeds doubt and fear. Action breeds confidence and courage. If you want to conquer fear, do not sit home and think about it. Go out and get busy.” –Dale Carnegie -1888-1955, Author and Speaker 「何もしないでいると疑念と恐怖が生じる。行動を起こすと自信と勇気が生まれる。恐怖に打ち勝ちたければただ座って考えていてはいけない。外に出て仕事に取りかかることだ」 –デール・カーネギー、著作家・モチベーショナルスピーカー (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    西日本豪雨の被災者の生きる力

    “Life can be pulled by goals just as surely as it can be pushed by drives.” –Viktor Frankl, Austrian Neurologist, Psychiatrist, Holocaust Survivor 「人生はちょうど動機によって押し出されるように、目標によって引き寄せられる」」 –ヴィクトール・フランクル、オーストラリアの神経科医・精神科医・ユダヤ人大量虐殺の生存者 (訳 舟田譲二)

    3
    続き

    人生を’素’通りしてはいけない

    “Don’t go through life, grow through life.” –Eric Butterworth -1916-2003, Minister, Author, Radio Personality 「人生を’素’通りしてはいけない。人生を’吸う’通りするのです」 –エリック・バタワース、牧師・作家・ラジオパーソナリティ (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    絶対主義と相対主義

    1週間前の6日、オウム真理教の麻原彰晃こと、松本智津夫を含む教団幹部7名の死刑が執行されました。 今、麻原教祖の遺骨の取り扱いが大きな問題になっています。 詳しい経緯はここでは省きますが、なぜこの遺灰の引き取りのことが問題になるかというと、釈迦の遺骨の仏舎利のように、遺灰を崇拝の対象ににし麻原を神格化する可能性があるからです。

    このような問題を見て、だから宗教は恐ろしいと、この問題を「宗教」という一括りで捉える人がいますが、これもまた問題です。 ここでは麻原彰晃という一人物を絶対視し神格化することが問題であって、決してそのことイコール「宗教」ではないからです。

    1
    続き

    名前が与えるイメージの差

    昨日、夕方のウォーキングから戻ってシャワーを浴び、夕食前に台所に立って昼の食器洗いをしながら7時からやっていたTBS系番組『この差って何ですか?』を途中から見ていました。 かしまし娘の庄司照枝・花江姉妹の日常生活の中の健康法も面白かったですが、最後にやっていた「名前」が与える「イメージ」の差をとても興味深く観ました。 言語学(音声学)を専門とする立場からも、「名前につく音が与えるイメージ」は私自身普段から考えていたことなので納得のいく内容でした。心理カウンセラー、五百田達成さんが例を挙げて明快に解説していらっしゃいました。 以下、番組ホームページからコピーしてご紹介します。きっと何かと役立つことかと思います。

    0
    続き

    後悔かレッスンか

    “There are no regrets in life, just lessons.” –Jennifer Aniston, Actress, Film Producer 「人生に後悔などというものはない。あるのはただレッスンだけ」 –ジェニファー・アニストン、女優・映画製作者 (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    時間を管理するか時間に管理されるか

    “Either you run the day, or the day runs you.” –Jim Rohn – 1930-2009, American Entrepreneur, Author, Motivational Speaker 「あなたが一日を自分の思うように管理するか、そうでなければ一日があなたを管理するかのどちらかだ」 –ジム・ローン、起業家・作家・モチベーショナルスピーカー (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    度胸とは筋肉のようなもの

    “Fearlessness is like a muscle. I know from my own life that the more I exercise it, the more natural it becomes to not let my fears run me.” –Arianna Huffington, Author, Columnist, and Entrepreneur 「度胸とは筋肉のようなものです。自分の人生経験から言えることですが、度胸は使えば使うほど恐れに打ち勝てるようになるものです」 –アリアナ・ファフィントン、作家・コラムニスト・起業家 (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    やっても無駄だ、あきらめろ、うまくいくわけない

    “There are two types of people who will tell you that you cannot make a difference in this world: those who are afraid to try and those who are afraid you will succeed.” –Ray Goforth, Digital Strategy Expert 「世界を変えるなんてできるわけないと言う2種類の人がこの世にいる。試すのを恐れている人と、あなたが成功するのを恐れている人だ」 –レイ・ゴーフォース、デジタル戦略家 (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    目の不自由な人、耳の不自由な人にも通じる万国共通語

    “Kindness is a language which the deaf can hear, and the blind can read.” —Mark Twain 「親切というのは、耳の不自由な人が聞くことができ、目の不自由な人が見ることのできる言葉だ」 —マーク・トウェイン (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    後悔しないための航海

    “Twenty years from now you will be more disappointed by the things that you didn’t do than by the ones you did do, so throw off the bowlines, sail away from safe harbor, catch the trade winds in your sails. Explore, Dream, Discover.” –Mark Twain – 1835-1910, Writer/Publisher/Lecturer 「今から20年後、自分がしたことよりもしなかったことでがっかりするものだ。だから、ボウラインを切り離して安全な港を出、帆に貿易風を受けよ。探検し、夢を見、新しいことを発見せよ」 –マーク・トウェイン、作家 (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    何度もの失敗のお陰で成功できた

    “I’ve missed more than 9000 shots in my career. I’ve lost almost 300 games. 26 times, I’ve been trusted to take the game winning shot and missed. I’ve failed over and over and over again in my life. And that is why I succeed.” –Michael Jordan – Former Professional Basketball Player 「私は選手人生で9000以上のシュートをミスし、約300試合で負けて、絶対にウィニングショットを決めると思われていた26試合を落とした。これまでの人生で何度も何度も繰り返し失敗してきた。しかし、そのお陰で成功できた」 –マイケル・ジョーダン、元プロバスケット選手 (訳 舟田譲二)

    0
    続き

    教育は人生の成功の鍵

    “Education is the key to success in life, and teachers make a lasting impact in the lives of their students.” —Solomon Ortiz, U.S. Representative 「教育こそが人生における成功の鍵だ。教師は生徒の人生に後々まで影響を与える」 —ソロモン・オーティーズ、 アメリカ合衆国下院議員

    1
    続き

    否定的か、肯定的か、どちらを選択しますか?

    “Being positive does not mean ignoring the negative. Being positive means overcoming the negative.” –Ralph S. Marston, Jr. – Daily Motivator 「肯定的であるというのは否定的な面を無視することではない。肯定的というのは、否定的な面に打ち勝つということだ」 –ラルフ・マーストン・Jr、モチベーター (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    勉強してなんの役に立つの?

    “The roots of education are bitter, but the fruit is sweet.” —Aristotle BC384 – BC322, Philosopher 「教育の根は苦いが、その実は甘い」 ーーアリストテレス、哲学者 (訳 舟田譲二)

    1
    続き

    親は子どもにとって最高のお手本

    “Parents are the ultimate role models for children. Every word, movement and action has an effect. No other person or outside force has a greater influence on a child than the parent.” –Bob Keegan 「親というものは子どもにとって最高のお手本だ。話す言葉、身体の動き、行動、一つひとつが子どもに影響を与える。子どもに対して親よりも大きな影響を与える人やものはほかにない」 –ボブ・キーガン (訳 舟田譲二)

    昨日、昔のカセットテープの探し物をしていたら、偶然に父の手記を見つけました。 20代から40代まで勤めていた日産自動車の本社社内報のようなものです。 生まれて初めて見るもので、読み終わってからカセットテープ探しそっちのけで、しばし昔の父の思い出に浸っていました。

    1
    続き