«
»
ロバート・D・エルドリッヂ
ロバート・D...
エルドリッヂ研究所
江崎 孝
江崎 孝
人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰
我那覇 真子
我那覇 真子
フリーライター
星 雅彦
星 雅彦
沖縄県文化協会顧問
松谷 秀夫
松谷 秀夫
普天間日米友好協会会長
仲村 覚
仲村 覚
沖縄対策本部代表
仲里 嘉彦
仲里 嘉彦
万国津梁機構理事長
西田 健次郎
西田 健次郎
OKINAWA政治大学校
豊田 剛
豊田 剛
那覇支局長
宮城 能彦
宮城 能彦
沖縄大学教授

知念 章 rss (沖縄関係者)

ライター一覧
知念 章

 昭和39年(1964年)沖縄県那覇市生まれ、関西大学大学院総合情報学研究科修了、元防衛省技官。ネット起業家、著述家。著書に「基地反対運動は嫌いでも沖縄のことは嫌いにならないでください」(ワニブックス)など。

琉球王国という幻想 中朝が反日反米に利用

《 沖 縄 時 評 》

 「沖縄はかつて琉球王国という独立国だった」

 多くの日本国民がうっすらと思い込んでいることだろう。沖縄県民はさらに踏み込んで、きらびやかな琉球王国時代をノスタルジックに追憶している。実際には近代国家でいうところの琉球王国という独立国家は存在しなかったにもかかわらずだ。そもそも「琉球王国」という名称自体が幻想である。

6
続き

本土と沖縄の分断につながる沖縄県民批判はやめよ

平成31年(2019)年2月に行われた辺野古埋立ての賛否を問う県民投票では「投票した7割が反対票」を投じた。県内メディアはこの数字を大々的に報道し、大勝利の印象操作を行った。国際関係ジャーナリストの北野幸伯氏は自身のメルマガで県民投票のこの数字を根拠に沖縄県民を批判した。

◎沖縄県民が知らない米軍の撤退後に待ち受ける恐ろしい現実 ◎沖縄県民に読んでほしい。中国に支配された地域の信じがたい現実

6
続き

沖縄県知事選挙2018―中国の工作に完敗?!

 沖縄県知事選挙2018は、9月30日投開票が行われた。結果は革新候補の玉城デニー氏が圧勝。保守候補の佐喜真淳氏に約8万票の差をつけた。保守の立場で県知事選を少し分析してみたいと思う。

固め切れなかった組織票

19
続き

自民沖縄県連の県知事選考委の選考過程は不透明だったのか?

 最初に断っておくが、僕は自民党員でもなければ固定的な自民党支持者でもない。大阪に住んでいた頃はおおさか維新を支持していた。大阪都構想は大阪自民党が共産党と手を組むことでつぶされた。そのため、自民党には大きな不信感も抱いている。しかし、すべての政策を支持しているわけではないが、安倍政権を支持しており、政権の継続を望んでいる。そのため沖縄では自民党を消極的支持している。沖縄の維新はオレンジマンという摩訶不思議な候補者しかいないことも自民支持の理由である(笑)

 この11月に行われる沖縄県知事選においては自民推薦候補の当選を心から望んでいる。2014年に誕生した翁長知事のあまりにイデオロギー優先の県政を県民の手に取り戻したいと思っている。

4
続き

オール沖縄がその看板をおろす時、ルーピーの呪縛から解放される

 「オール沖縄」の瓦解が止まらない。翁長雄志知事を支えて来た建設流通大手金秀グループ、ホテル大手かりゆしグループの2大企業グループがオール沖縄会議から脱退した。脱退理由がいろいろ取りざたされているが、そもそも「オール沖縄」は、そのスタートから実体を伴わない単なる掛け声に過ぎなかったことは周知の事実である。

10
続き

沖縄戦の歴史認識を取り戻す

沖縄県民の思い込みからの解放が沖縄問題解決の糸口

 沖縄を取り巻く問題が山積みである。沖縄は基地問題をはじめ貧困、高離婚率、高失業率、最低賃金、低学力について、いずれも長年全国ワーストワンを記録している。筆者はこれら沖縄の諸問題は、沖縄県民の思い込みが本質的な原因であると考える。教育やメディアによって沖縄県民は繰り返しステレオタイプの刷り込みを受け続けている。特に小学校から始まる平和教育での「沖縄戦の歴史認識」が刷り込みのスタートラインである。  沖縄県では毎年6月23日前後になると平和教育という名の偏向教育が県内小中高校でおこなわれる。この日は沖縄戦の組織的戦闘が終了した日。県内は「慰霊の日」として小中高校や役所は休みになる。沖縄メディアもこの日を前後に「沖縄戦での住民の被害や悲劇」という情緒的な情報を繰り返し流し続ける。加害者はなぜか日本兵である。沖縄県民は平和教育により、例えば以下の内容を繰り返し教えられ思い込まされている。

18
続き

あなたはそれでも沖縄2紙を読み続けますか?

 沖縄タイムス、琉球新報の編集局長が平成29年8月20日の日本共産党の機関紙である「しんぶん赤旗」日曜版に揃って登場した。そして、普天間基地の辺野古移設反対で共産党と「不屈の結束」の共闘を宣言。社会の公器であり、本来は不偏不党であるべきメディアのしかるべき地位にいる人が、特定政党の機関紙に登場することは異例中の異例である。  かつて作家の百田尚樹氏に「沖縄の新聞はつぶさなあかん」と言及され、その偏向ぶりは「どこかの党の機関紙」と揶揄されて来た沖縄2紙が、いよいよその偏向ぶりを自ら暴露したのだ。むしろ、不偏不党で公正中立を装って偏向報道をされるより、彼らの立場が明確になり、分かりやすくていいのかもしれない。  ただ、もし、あなたが共産党支持者でないならば、沖縄2紙の購読はやめた方がいいだろう。人は一方的な情報のみを受け取っていると、その情報を正しいと思うようになり、その情報に基づいた発想しか受け付けなくなったりする。

■あなたは共産主義者なのか?

12
続き

沖縄独立運動の影に琉球王国復活をもくろむ?!あの勢力

 沖縄県には大陸からの帰化人の末裔がたくさん住んでいる。一説には約2万人いるとされている。「久米三十六姓」である。

 久米三十六姓のことを知らない人のために説明をすると、明の時代、支那大陸南部の福州(現在の中国福建省)から琉球王国へ洪武帝の命により下賜されたとされる閔人の末裔のことである。彼らは那覇市の久米村周辺に居住地を構えたので久米三十六姓とか久米村人(クニンダチュ)と呼ばれている。

18
続き