■連載一覧
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • デービッド・イグナチウス
    デービッド・...
    米コラムニスト
    E・J・ディオンヌ
    E・J・ディ...
    米コラムニスト
    堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    ジョージ・ウィル
    ジョージ・ウ...
    米コラムニスト
    後藤 文俊
    後藤 文俊
    流通コンサルタント
    早川 俊行
    ワシントン支局
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    ロバート・サミュエルソン
    ロバート・サ...
    米コラムニスト
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    孫向文
    孫向文
    中国情勢
    マーク・ティーセン
    マーク・ティ...
    米コラムニスト
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人
    ファリード・ザカリア
    ファリード・...
    米コラムニスト

    チャールズ・クラウトハマー rss (海外ライター 米国)

    ライター一覧
    チャールズ・クラウトハマー

    1950年ニューヨーク生まれ。80年の大統領選ではモンデール副大統領のスピーチ・ライターを務めた。97年には「最も影響力のあるジャーナリスト50人」の一人に選ばれた。

    指導力発揮しないオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマ大統領の行動に懸念を抱いている人は多い。メキシコ国境の移民危機からメソポタミアの「イスラム国」まで、オバマ氏の態度はまるで他人(ひと)事のようだ。大統領は、ゴルフざんまい、資金集めや写真撮影の合間に、感情のこもらない、機械的な、言わされてでもいるかのような声明を発表するといった感じだ。

    0
    続き

    住民盾に攻撃続けるハマス

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】イスラエルはエジプトの停戦案を受け入れた。ハマスは砲撃を続けた。意図的に民間人を狙っている。イスラエルは民間人を回避するために苦心し、実際に攻撃地点の民間人に電話をかけたり、警告のための発砲「ルーフノッキング」を行ったりしている。

    0
    続き

    移民流入で無策のオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】いつものことだが、オバマ大統領は、国境の危機を広報の問題として扱っている。5万人以上の子供が単独で違法に国境を越えている。どう対応するのかはまだ明確にされていない。方針そのものがないのかもしれない。

    0
    続き

    一方的に法を修正する米政府

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】最高裁は今週、温室効果ガス規制での過剰反応をめぐって環境保護局(EPA)に警告した。クリーンエア法は、年間250㌧、場合によっては100㌧を排出する汚染源を対象としている。この基準は、温室効果ガスに適用されると意味がない。幼稚園から食料品店まで数多くの組織が対象となり、話にならないからだ。そこでEPAは恣意的に、二酸化炭素排出の基準を10万㌧にした。

    0
    続き

    過激派復活はオバマ氏のせい

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ジョージ・W・ブッシュ氏が大統領に就任した時、イラクにアルカイダはいなかった。これは事実だ。オバマ大統領が就任した時、イラクにはアルカイダはほとんど残っていなかった。これも事実だ。

    0
    続き

    世界で繰り返される報復劇

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

      【ワシントン】復讐(ふくしゅう)するは我にあり、と神は言われた。報復は時が来れば必ず行われるものだが、野球選手は気長に待てるようだ。

     ボストン・レッドソックスのスラッガー、デービッド・オルティーズは5月の終わりにタンパベイ・レイズのデービッド・プライスとの今季初めての対決で、背中に150㌔の速球を受けた。

    0
    続き

    バーグダル軍曹を軍事法廷に

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】またスーザン・ライス氏と日曜日朝のトークショーだ。今回、ライス氏は、ボウ・バーグダル軍曹は「栄誉と功績」をもってアフガニスタンでの軍務に就いたと言った。ベンガジ攻撃の原因は動画だったと言って以来、最大の大うそだ。

    0
    続き

    アジアにシフトしたロシア

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】21日、とうとう起きた。アジアへのピボット(基軸移動)だ。だが、米国のではない、ロシアが東に向いたということだ。

     上海でロシアのプーチン大統領と中国の習近平国家主席は、目を見張るような壮大なエネルギー合意に調印した。4000億㌦のシベリアの天然ガスを30年間にわたって中国に輸出するというものだ。

    0
    続き

    真実を隠蔽したオバマ政権

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】民主党は、ベンガジ米領事館襲撃事件に関する下院特別委員会が構成される前から、同委は党派主義の結実でしかないと主張してきた。公聴会をボイコットし、その正当性を失わせることも検討している。

    0
    続き

    失敗続きのオバマ氏の外交

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】オバマ大統領は4月28日、外交政策の弱さについて質問を受け、949語でこれに答え、最悪の大統領であることを露呈した。受け身で、短気で、一貫性がなく、現実から乖離(かいり)することもある。まず、FOXニュースの否定的な報道に不満をぶつけた。だが実際に、最初にオバマ氏の外交の失敗を報じたのはニューヨーク・タイムズだった。日本との貿易交渉をまとめることはできず、ケリー国務長官の中東和平交渉での仲介努力は失敗した。

    0
    続き

    悪用される政治献金者名簿

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】企業献金をめぐる議論は決して終わらない。理由は簡単だ。議論を行う両者が恩恵を受けているからだ。

    0
    続き

    米国で拡大する新全体主義

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】2カ月前、11万人以上が署名した嘆願書がワシントン・ポスト紙に届けられた。地球温暖化に疑義を呈する記事を報じないよう求めるものだ。嘆願書が届いたのは、温暖化は定説ではないとした私のコラムが掲載される前の日だった。

    0
    続き

    失敗を繰り返すケリー長官

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】これほどまでに多くの交渉を自ら呼び掛け、失敗させた国務長官がかつていただろうか。ケリー長官は、あらゆる助言を無視し、方策もないまま、ジュネーブ会議を開催し、シリア内戦を終結させようとした。アサド大統領を権力から追いやることも考えていただろう。だが、会議は、中傷と混乱を招いただけで失敗した。

    0
    続き

    冷戦の脱却を解くオバマ氏

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     「米国は欧州を東西間の戦場とは思っていない。ウクライナの問題はゼロサムゲームとも思っていない。このような思考は、冷戦の終結とともになくなるはずだった」-オバマ大統領、3月24日

     【ワシントン】なるほど、素晴らしい意見だ。オバマ氏は5年前にも国連で同じような素晴らしい発言をしている。「いかなる国も、他国の支配を試みることはできないし、すべきでない」

    0
    続き

    ロシアの撤退を夢見る米国

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    【ワシントン】ウクライナ危機が始まったころ欧州各国は、ウクライナを欧州連合(EU)体制に取り込もうとし、ロシアのプーチン大統領は威嚇と賄賂でこれに対抗していた。英国のあるアナリストは、「バゲットでナイフに立ち向かった」と嘆いた。

    0
    続き

    対露制裁で欧州と協力を

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ロサンゼルス国際問題評議会の会長は、オバマ大統領のウクライナ政策への批判に反論し、「どうしようというのか。101空挺師団をクリミアに送れというのか」と語った。あまり賢明な言い方とは思えない。誰もそんなことは考えていない。

    0
    続き

    クリミア侵攻招いた弱い米

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ロシアのプーチン大統領は幸運な男だ。この幸運はさらに3年間続く。

     プーチン氏がクリミアを奪取すると、オバマ大統領は、ロシアの利益にならないだけでなく、戦略的にも懸命ではないと主張した。だがこれは弱さの証しでしかない。

    0
    続き

    露の攻勢になす術ない米

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ヘンリー・キッシンジャー元国務長官はかつて、ピョートル大帝以来、ロシアは1年にベルギー一つ分の割合で拡大したと指摘した。だがそれも、振り出しに戻った。ソ連が崩壊したからだ。ロシアのプーチン大統領はソ連崩壊を、「20世紀最大の地政学的悲劇」と呼んだ。

    0
    続き

    気候変動は既定事実ではない

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】何度も言うが、私は地球温暖化を支持していない。地球温暖化を否定している。ずっと前から、大量の二酸化炭素を大気中に放出するのは人類にとっていいことではないと思っていた。だが、20年、30年、50年後に何が起きるかを正確に知っているかのように見せ掛ける科学者らは、白衣を着た伝道者だと思っている。

    0
    続き

    オバマケアが雇用に悪影響

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】医療保険改革法(オバマケア)をめぐってごたごたが続いている。民主党は、大統領の恣意的な判断で修正される同法を「国法」と呼ぶがおかしな話だ。そんな中、同法が雇用にどのような影響を及ぼしているかが分かってきた。

    0
    続き

    女性政策で失敗続く共和党

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】愚かとまでは言わないが、共和党が女性の問題に関して、これほどまで不器用になったのはどうしてだろう。抜け目なく、雄弁で、人を引き付ける力があり、大衆受けのするマイク・ハッカビー氏ですら失敗しているのだから、どこかに問題があることは明らかだ。共和党は、勝てるはずだったミズーリ、インディアナ両州で上院の議席を失った。そこから学ぶべきだ。

    0
    続き

    カナダの期待裏切る米政府

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    【ワシントン】カナダの外相は最近、米商業会議所に対して、落ち着いた調子で、ストレートに不満をぶつけた。米国は、キーストーンXLパイプラインに関してカナダに対してすべきことがあるというのだ。「このような中途半端なままではいられない」。煮えたぎるような怒りを抑えるように、カナダ人特有の落ち着いた様子で苦言を呈した。

    0
    続き

    戦争を政治利用するオバマ大統領

    米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

     【ワシントン】ゲーツ元国防長官は著書の中で、2011年初めまでに、オバマ大統領は「自分の(アフガニスタン)戦略に自信がなく、この戦争を自身の戦争とは考えていない」と断言していた。

    0
    続き