«
»

ビル・ガーツ rss

ライター一覧
ビル・ガーツ

米紙ワシントン・タイムズ(WT)の国防担当記者として、これまでにスクープ記事を多数執筆。現在は米保守系ニュースサイト、ワシントン・フリー・ビーコンの上級エディター。WT安保専門コラムニスト。著書に『iWar―情報化時代の戦争と平和』(iWar.com)、『誰がテポドン開発を許したか』(文藝春秋社刊)など。

USAGM新CEO 中国の情報戦に対抗

 「米グローバルメディア局(USAGM)」の最高経営責任者(CEO)に先月、トランプ氏が指名していたマイケル・パック氏が就任した。USAGMは近年、米国の実情を海外に伝えていないと非難されており、新CEOのもとで、中国、北朝鮮など閉鎖された国の国民に米国の情報が届くことが期待されている。

38
続き

中国 極超音速ミサイルに電磁パルス兵器搭載か

 中国は、広範囲のあらゆる電子機器を破壊可能な電磁パルス兵器(EMP)の開発を進めており、新型の極超音速ミサイルに搭載される可能性がある。米議会諮問機関「国家・国土安全保障に関するEMPタスクフォース」の報告で明らかになった。

34
続き

米歴代政権 中国共産党の本質見誤る

 米国務省政策企画局の一員としてポンペオ国務長官に中国政策をアドバイスしてきたマイルズ・ユ氏(中国名・余茂春)は本コラムとのインタビューで、米歴代政権は中国の顔色をうかがうばかりで、中国共産党の本質を見誤ってきたと指摘、マルクス・レーニン主義と自国中心のナショナリズムに支えられた中国の覇権拡大に警鐘を鳴らした。

25
続き

極左組織アンティファ 目標は「米国の破壊」

 警察に拘束された黒人男性ジョージ・フロイドさんの死亡を受けて全米に暴力や略奪が拡大したことで、捜査当局は極左組織アンティファの関与を疑っている。過激派組織に詳しい警察当局者によると、アンティファは米大統領選の選挙戦が本格化する昨年11月にはすでに、全米での反政府活動の計画を立て始めていた。  この警察当局者は、計画について詳細は話さなかったものの、長期的な分析からそのような行動は予測できると述べた。

16
続き

米軍、中露の極超音速兵器に対抗策

 米国防総省の宇宙開発局(SDA)は、中国とロシアが配備しているような極超音速ミサイルを追跡可能な人工衛星群を設置する計画を発表した。5月11日に提案書の草案が公表されたことで明らかになったもので、新世代の極超音速ミサイルを追跡、撃墜するための米軍による取り組みを知る最初の手掛かりになる。

2
続き

中国、特定の民族狙う生物兵器研究か

 中国政府による新型コロナウイルス隠蔽(いんぺい)疑惑を受け、中国の生物兵器開発に新たな疑念が生じている。複数の米当局者が、特定の民族、集団を攻撃できる生物兵器の研究を行っている可能性を指摘した。

7
続き

中国含む新たな枠組み必要、新START交渉で米特使

 米露間の新戦略兵器削減条約(新START)は2021年2月に有効期限を迎える。ロシア政府は現状のまま延長することを求めているが、米政府は中国が参加しなければ更新を受け入れない意向だ。4月にトランプ米大統領が武器管理問題大統領特使に任命したマーシャル・ビリングスリー氏は、ロシア政府は新STARTの延長を考える前に、「中国を交渉のテーブルに着かせなければならない」と主張、中国を含む3カ国での新たな枠組みの構築を求めていく構えだ。

1
続き

新型コロナウイルス、武漢研究所流出が最有力

 米政府が、新型コロナウイルスの発生源は中国・武漢の研究所の「可能性が最も高い」と分析していることが、ワシントン・タイムズが入手した報告書から明らかになった。

4
続き

中国 コロナサンプルの提供拒否

 ポンペオ米国務長官は22日、中国政府に新型コロナウイルスのサンプルの提供を要求するとともに、新型コロナの発生源ではないかとみられている国内の研究所の調査の受け入れを要求した。

7
続き

新型コロナ研究 中国が公開を制限

 中国政府は、新型コロナウイルスの発生源に関する研究の公開を制限する新たな規制を研究所、大学などに通告したことが明らかになった。隠蔽(いんぺい)の新たな兆候とみられ、中国当局が発表した感染・死者数も実際よりも大幅に少ないとの見方が専門家の間で出てきている。

7
続き

米、ロシア極右組織をテロ指定

 米国務省は、ロシアの白人至上主義極右組織「ロシア帝国運動(RIM)」をテロ組織に指定した。米国が白人至上主義グループをテロ組織に指定するのは初めて。欧州で民族主義活動家らに軍事訓練を施したり、米国人を組織に取り込もうとしていたことが指摘されている。

4
続き

新型コロナ ずさん防護で流出か

 中国国営メディアは昨年末まで、これらのウイルス研究を取り上げ、武漢CDCの除染・病原媒介生物予防管理局で研究を主導してきた田俊華氏を英雄として伝えてきた。「武漢晩報」は2017年5月、田氏が2012年以降、研究のために数千匹のコウモリを捕獲したと報じていた。

14
続き

中国がサンプル共有を拒否、専門家は以前から出現予測

 新型コロナウイルスは、17年前に中国で重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行を引き起こしたウイルスによく似ているが、これは驚くようなことではない。米テキサス大学医学部ガルベストン校「新興ウイルス・アルボウイルス世界レファレンスセンター」のケネス・プランテ副所長が指摘した。

5
続き

中国軍事専門家が南シナ海の米艦へ電磁攻撃を

 中国の軍事専門家が、中国軍は殺傷力のない電磁パルス兵器、レーザー兵器を使用して、南シナ海から米艦艇を排除すべきだと訴えていることが明らかになった。中国共産党系の環球時報が17日、報じた。

4
続き

中国が新型コロナウイルス発生源の事実揉み消しに躍起

 米政権でペンス副大統領と並ぶ対中強硬派のポンペオ米国務長官は最近、複数のインタビューで、世界で拡大を続ける新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」と呼び、中国の反感を買った。中国国内でも「武漢肺炎」という呼称が広く使用されているが、中国政府は、外国政府やマスコミに、世界保健機関(WHO)が命名した「COVID-19」の呼称を使用し、中国と関連付けないよう要求するキャンペーンを開始している。

28
続き

中国が「米CIA陰謀説」拡散、ウイルス発生源で偽情報

 中国国営メディアは、新型コロナウイルスの発生源は米国だとする偽情報の拡散を強化しており、米中央情報局(CIA)が関わっているとする情報が中国国内ばかりかアジアに拡散している。

 新型コロナウイルスの発生源はいまだ特定されておらず、自然発生したウイルスが動物から人に感染したとする説や、生物兵器説などさまざまな説が流れている。

4
続き

中国軍が米機にレーザー照射、米海軍は非難避ける

 グアム近海を飛行中だった米海軍対潜哨戒機P8が、中国軍の駆逐艦から「兵器級」レーザー光の照射を受けていたことを複数の米当局者が明らかにした。国務省は中国に抗議したものの、米海軍は中国への非難を避けており、中国軍との関係に悪影響を及ぼさないよう配慮したものとみられている。

4
続き

新型肺炎 中国軍の生物兵器専門家が移動実験室設置し対策主導

 中国軍の生物化学兵器専門家の女性少将、陳薇氏が1月末、生物兵器の研究に関与していた可能性が指摘される湖北省武漢の「武漢ウイルス研究所」に送り込まれたことから、新型コロナウイルスと同研究所との関連をめぐる疑念が強まっている。

3
続き

中国が米州・地方に浸透工作

 ポンペオ米国務長官は、ワシントンで開催された全米知事協会の会合で演説し、中国が、西側の技術を入手し、政策に影響を及ぼすための計画の一環として、米国内の州や地方レベルで影響工作、資金工作を積極的に進めていると警戒を呼び掛けた。

 ポンペオ氏は8日に行われた会合で、中国の外交官らが水面下で、台湾への支援を控えるよう州や地方の政府に圧力をかけていると強調した。

2
続き

新型肺炎のコロナウイルス 武漢の研究所から流出か

 中国・武漢から世界に拡大し、多数の死者を出している新型コロナウイルスの発生源は、武漢の「中国科学院・武漢病毒研究所」ではないかとの見方が出ている。この研究所は、中国の極秘生物兵器研究にも参加しているとみられ、米当局者からはウイルス流出隠蔽(いんぺい)工作が行われていた可能性も指摘されている。

13
続き

中国の空母戦力は未完成

 中国は初の国産空母「山東」を昨年12月に就航させた。しかし、専門家らは、試験航海を繰り返しているものの、完全に運用可能な状態ではないとみている。

 中国は南シナ海の大部分の領有を主張、米艦艇とのにらみ合いが続いているが、中国国営メディアは、山東が南シナ海を拠点とすることを発表している。

1
続き

中国が新型SLBM試射

 中国軍は22日、開発中の新型潜水艦発射ミサイル(SLBM)「巨浪3」の発射実験を行った。複数の米当局者が明らかにした。中国はアジア、西太平洋での覇権拡大の意思を明確にしており、日本、米国など、アジア太平洋地域各国に戦略兵器開発の進展を誇示する狙いがあるものとみられている。

1
続き

中国の国民監視さらに、新ハイテクシステム稼働へ

 中国は、国民や海外企業を監視・抑圧するための新ハイテクシステムの開発を進めている。国民の反体制的な行動を監視するとともに、国内で活動する欧米などの外国企業を、中国共産党の方針に従わせるためのシステムだ。

 このシステムは、「社会信用システム(SCS)」と名付けられ、来年スタートする予定だったが、中国からの最近の報道によると、21年に延期される可能性がある。

2
続き