«
»

Kamiyo Ogawa rss

ライター一覧
Kamiyo Ogawa

在ウィーンのフリー・ジャーナリスト。ウィーン大学比較文学部卒業 ウィーン工科大学の聴覚障害者支援プロジェクトに参加中

カズオ・イシグロを読む

 とても文学的な週だった。オーストリアで文学週間だったというだけでなく、今年のノーベル文学賞をとった Kazuo Ishiguro の作品を読み始めて、その素晴らしさに触れたからだ。

 私は18、19世紀、20世紀初期の本をよく読む。現代文学はあまり知らない。だが、「日本生まれのイギリス人作家」にとても興味を持った。今初めて知ったの?と、学生時代の友達は言うかもしれない。そう、先週、初めて読み始めたのだ。4日間で3作品を引き込まれるようにして読んだ。

8
続き

16歳は選挙もできる

 昔のCDをかけながら掃除をしていた時、ニールセダカの“Happy Birthday Sweet Sixteen”が流れてきた。一緒に“Tralala”を口ずさみながら、「そういえば(オーストリアで)16歳に選挙権が与えられて今年で10年目だ」と気がついた。16歳はSweetだけではない。選挙で投票もできる年なのだ。

 少しオーストリアの選挙に関する歴史を書いてみる。普通選挙権は男性には1907年、女性には1918年に導入された。2007年6月、選挙法改正によってヨーロッパで初めて16歳からの選挙権が導入され、18歳から16歳に、被選挙権は19歳から18歳にそれぞれ引き下げられた。ただし、大統領立候補は35歳から。この改正で政府は若い青年たちの政治的決定や判断への信頼を示したことになる。

5
続き

50杯のコーヒーと60粒の豆

 フランスの文豪バルザックはすごい人だ。作品が世界的文学なのは言うまでもないが、大学時代それ以上に興味を持ったことは……。  彼は1日に50杯もコーヒーを飲んだ。そして働きすぎとコーヒーの飲みすぎで死んでしまった。

 オーストリア人はこの作家には及ばないが かなりのコーヒー愛好家だ。飲み物で1番好きなのはコーヒーで、ビール、ミネラルウォーターがそれに続く。1日に平均3杯、1年に162リットルのコーヒーを飲む。

8
続き

ジェイク・バグ「芸術は前進だ」

UKロックの新星 シンガーソングライター ジェイク・バグと会見

 英国のシンガーソングライター、ジェイク・バグ(Jake Bugg、22)のコンサートが15日夜、ウィーン市内で開かれた。それに先立ち、サウンドチェック前のバグと会見した。バグは今年7月、新潟で開催された「フジロックフェスティバル16」に参加したばかりだ。 (ウィーン在住フリージャーナリスト オガワ・カミヨ〈Ogawa Kamiyo〉)

12
続き