«
»

冥王星に「はやぶさ大陸」、吉川氏「非常に光栄」

国際天文学連合が冥王星の14地形の命名を発表

冥王星に「はやぶさ大陸」、吉川氏「非常に光栄」

米探査機が撮影した冥王星(NASA提供)

冥王星に「はやぶさ大陸」、吉川氏「非常に光栄」

国際天文学連合(IAU)が承認した冥王星の地名。特徴的なハート形地形(トンボー領域)の右上に「はやぶさ大陸」がある(IAU提供)

 国際天文学連合(IAU)は8日までに、2015年7月に米探査機ニューホライズンズが最接近した冥王星の地形14カ所の名前を承認した。うち1カ所は日本の小惑星探査機「はやぶさ」にちなみ、「はやぶさ大陸」と命名された。

 IAUによると、命名されたのは特徴的な地形やクレーターなど14カ所で、米航空宇宙局(NASA)のニューホライズンズチームの提案や、一般公募などから選ばれた。

 「ハート形」「クジラの尾」と呼ばれていた領域は、1930年に冥王星を発見した米天文学者クライド・トンボーにちなんで「トンボー領域」と命名され、同領域の北側に広がる台地が、はやぶさ大陸と名付けられた。

 このほか、世界初の人工衛星スプートニク、世界最高峰のエベレストに初登頂したエドモント・ヒラリー氏とテンジン・ノルゲイ氏(いずれも故人)など、探検家や宇宙探査機、神話などにちなんだ地名が付けられた。

 後継機「はやぶさ2」でミッションマネジャーを務める吉川真・宇宙航空研究開発機構(JAXA)准教授は「非常に光栄。関係した皆さんに、はやぶさを選んでくれたお礼をしたい」とコメントした。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。