■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ギャラリー rss

    マニラで訪日旅行促進イベント、日本の魅力をアピール

     このほどフィリピンのマニラ首都圏の商業施設で、日本政府観光局による訪日旅行促進イベントが開催された。会場では旅行会社がお得なツアーパッケージを提供したほか、九州や神戸、沖縄などの観光協会がブースを構え旅行先としての魅力をアピールした。

     特設ステージでは現地で活躍する日本人の芸能人たちが、コントやクイズ企画などで日本文化を分かりやすく紹介したほか、フィリピンのアイドルグループ「Kawai5」がパフォーマンスを行い歓声を集めた。

    0
    続き

    ピコ太郎さんがSDGs推進大使に-グローバルフェスタ2017

     日本最大級の国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2017」(主催・同実行委員会)が9月30日、10月1日の両日、東京都江東区のお台場センタープロムナードで行われた。

     「見つけよう、わたしたちにできること」をテーマに、国際協力に携わる266の団体がブースを出展。現地料理の屋台や伝統衣装、音楽を紹介するステージイベントのほか、各ブースで多様な国際協力の形が披露され、会場は多くの人でにぎわった。

    4
    続き

    「難民W杯」サッカーを通して地域との融和を目指す

     国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は28日、ブラジル・サンパウロのモルンビー競技場(サンパウロ市営競技場)において、9月24日、「難民サッカーワールドカップ(以下難民W杯)」の決勝戦が開催され、ナイジェリア代表がモロッコ代表に9-4で勝利し、2度目の優勝を飾ったと発表した。

     「難民W杯」は、ブラジルに住む82カ国9500人の難民の定住支援の為に2014年から毎年開催されており、今年が4度目。大会の主催はUNHCRが担当、他に難民支援のNGO団体が共催している。

    3
    続き

    東京ゲームショウ2017「eスポーツ元年」

    【 動画で見る 】

    電子的遊戯が時代を変える  「東京ゲームショウ2017」が9月21日から24日まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催され、4日間で国内外から25万4311人が来場した。昨年より約2万人少なかったが、「eスポーツ元年」を迎え、熱気に包まれたイベントとなった。  今回は日本国内のメーカー以上に海外メーカーの展示が目立ち、またスマートフォン向けのソーシャルゲーム、個人やサークルなど小さな単位で開発・プロデュースするインディーズゲームといった分野の展示も大々的に行われた。

    4
    続き

    ドゥテルテ政権の戒厳令と超法規的殺人にNO!

     戒厳令布告記念日の9月21日にマニラ市リーサル公園で、ドゥテルテ政権に対する抗議集会が行われた。集会には左派系団体を中心に1万3000人の市民が集結し、戒厳令の全国拡大や超法規的殺人の横行に反対の声を上げた。 (マニラ・福島純一)

    0
    続き

    メディア芸術祭で時代(いま)を映す芸術に触れる

     時代(いま)”を映す芸術作品を展示する「第20回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が、9月16日から28日にかけて、東京・東京オペラシティタワー内のNTTインターコミュニケーション・センター、東京オペラシティ アートギャラリーにて開催中。

     同展は、世界88の国と地域から寄せられた4034の応募作品の中から、第20回文化庁メディア芸術祭で受賞を果たした作品を紹介するもの。アート、エンタテインメント、アニメーション、マンガの4部門から、全受賞作品と功労賞受賞者の功績などを紹介する。

    2
    続き

    【スチューレオナード】2,000坪の新店オープン!JFKに到着後30分弱で行けるお店?

    スチュー・レオナードは8月23日、6店舗目をオープンした スチュー・レオナード・イーストメドウ店のディレクトリー 焼き立てのパンを提供するインストア・ベーカリー 「ハンクとボーのファーマーズ・マーケットバンド」 サーフィンをするバナナの「ボビー・バナナ」 「スリーグッドエッグ・コーラス隊」 「ファーム・フレッシュファイブ楽団」

     ■顧客志向の社訓「ルール1:お客様は常に正しい」「ルール2:もしお客様が正しくないと感じたらルール1に戻れ」で有名なスチュー・レオナードは8月23日、6店舗目をオープンした。

    0
    続き

    2017年陸自総合火力演習を公開

     国内最大規模となる陸上自衛隊の実弾射撃訓練「富士総合火力演習」が8月27日、東富士演習場(静岡県御殿場市など)で一般公開された。6年連続で離島防衛を想定し、ヘリでの部隊輸送や戦車による砲撃などの演習が行われ、小野寺五典防衛相が視察した。

     演習には自衛隊員ら約2400人が参加。戦車・装甲車約80両、火砲約60門、航空機約20機、弾薬約36トン(約2億9000万円分)を使用した。

    3
    続き

    マニラ首都圏で麻薬戦争反対集会

    【動画】マニラ首都圏で麻薬戦争反対集会

     マニラ首都圏で21日、ドゥテルテ大統領が主導する麻薬戦争に抗議する集会が開催された。ピープルズパワー記念碑前に集結した参加者たちは、最近行われた麻薬容疑者の摘発で、17歳の少年が警官に射殺されたことを批判し、麻薬戦争の即時停止とドゥテルテ大統領の退陣を求めた。マニラ首都圏とその近郊で実施された一斉摘発では、2日間で60人近くの容疑者が射殺された。

    0
    続き

    坂を下るための機関車「EF63」

    碓氷峠鉄道文化むら

     横川―軽井沢間。66.7パーミル(1000メール進んで66.7メートル登る)の急勾配。EF63電気機関車は、この坂を登るためというより、「安全に下る」ために製造された特殊な機関車だ。

     坂を下るとき、恐ろしいのは逸走である。均衡速度の時速48キロを超えると、摩擦係数が減少し、加速力がブレーキ力を上回り、それが起きる。EF63をもってしても、止まることができなくなるのだ。

    2
    続き

    SLには旧型客車が似合う【動画あり】

    旧型客車の復活保存を

     車内放送で「この客車はレトロ客車と言われています」と説明があったが、レトロ客車なんて呼んで欲しくない。旧型客車―、略して「旧客」なのである。そう、かつて栄光の国鉄時代には全国至る所で使われていた。しかし今や絶滅寸前である。

    3
    続き

    マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

    【動画】マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

     フィリピンのマニラ首都圏で8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の設立50周年を祝うパレードが行われた。

     ASEAN加盟10各国の国旗を持った学生たちが、警察の白バイ隊に先導されながら、ロハス大通りをフィリピン文化センター(CCP)まで行進した。

    0
    続き

    ハンガリアン・ホリデー at ケレック・ダンブ

     ケレック・ダンブという小さな街に来ました。友人に案内されるまで名前も知らなかった所ですが、道中、周りは広大で鮮やかな黄色のひまわり畑が広がっていました。ひまわりをみると、心も体も元気になれますよね。ハンガリーではこの広大なひまわり畑は夏の風物詩の一つだそうです。ちなみに、旅行会社もツアーに入れているほど。夏の道中、風物詩とも知らず心を癒されながらひまわりを眺めていました。そういえば、ひまわりの蜂蜜も売っていたような。  ケレック・ダンブはハンガリーのローカルの方々がホリデーで来る場所で、海外の観光客には知られてない穴場スポットでもあります。

     ケチュケメートから車で約1時間してようやくホリデーハウスがある場所へとたどり着きました。  草原とネット環境のないホリデーハウス、そしてプールと温泉が併設された施設です。辺りは自然に囲まれており、さらに夏りんごの木やプルーン、ブドウの木まで様々なフルーツの木が生えており、しかも取りたい放題でした。

    0
    続き

    メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

    【動画】メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

     このほどメキシコ海軍の帆船「クワウテモック」が、フィリピンのマニラ港を親善訪問し一般公開された。16世紀ごろ、スペインの植民地だったフィリピンでは、メキシコに向かう航路が発見されたことで、マニラ・アカプルコ間で活発な貿易が行われるなど、両国は歴史的な結びつきがある。この貿易に使用されたのがクワウテモックのような大型のガレオン船で、その多くがマニラで建造された。

    0
    続き

    ハンガリー第8の都市ケチュケメート

     日本は夏真っ盛りでしょうか。  ここハンガリーも夏真っ盛りでサマータイムなので日中は午後10時ぐらいにならないと暗くならないほどで、夏の天候を楽しんでいます。テレビで見ていらっしゃる方もいると思いますが、ここハンガリーで世界水泳選手権も行っており、海外の旅行客で賑わっています。そんなハンガリーですが、今回はハンガリー第8位の都市ケチュケメートへいく機会がありました。ケチュケメート? この名前聞いたことがある方はいないと思います。私も、ハンガリー在住のお友達からお声がかからなかったら、一体この場所はどこにあるのだろうのかという感覚でした。

     さて、ケチュケメートですが、かの有名な音楽家の誕生地でもあります。そうです“コダーイ・ゾルタン”が誕生した地です。彼は、民族音楽学者・教育家・言語学者そして哲学者でもあり、様々な分野で活躍したハンガリー人の一人です。

    0
    続き

    烏山頭ダムに八田與一の偉業の跡を辿る

     台湾の南西部、嘉南平野はかつて灌漑設備が不十分で不毛の地だった。日本統治時代の1920年(大正9年)から10年をかけて、総督府の土木技師、八田與一が烏山頭ダムを建設し、さらに総延長1万6000キロに及ぶ用水路を張り巡らして作った嘉南大※によって、台湾を代表する穀倉地帯に生まれ変わった。

     ダムを見下ろす丘に八田與一の墓と銅像がある。作業着と作業靴姿で腰を下ろした珍しいスタイルだ。威圧的な姿勢を嫌った八田本人の意思によるものという。4月に半日民族主義者による破損事件があったが、きれいに修復されていた。

    2
    続き

    リーズナブルな欧州旅行、ボン・ケルンを訪ねて

     ヨーロッパは夏真っ盛り、ハンガリーは学校が夏休みに入り、街は学生やら観光客が多く、賑わいを見せ、活気があふれています。その反面、公共交通の規制が一段と厳しくなって、チケットを点検する役人がうろちょろしています。チケットなしで公共交通を利用(無賃乗車)したのがバレると罰金が科せられます。ローカルの人たちは、ほとんどチケットなしで乗っているため、バスの中や電車の中で役人に捕まっている人たちをよく見かけます。この時期は注意が必要ですね。

     私は、学校が終わったあと一息してドイツのケルンにいる友人を訪ねました。ケルンに行く前、ブダペストからブリュッセル行きの飛行機がとてもリーズナブルなプライスだったので、まずはブリュッセルに行くことにしました。

    0
    続き

    ドナウ川から見たブダペスト

     イングリッシュキャンプ(英語塾)の面々と一緒にドナウ川クルーズに参加する機会を得ました。これは、ドナウ川を約1時間航行し、船上から歴史的な街ブダペストを観光するものです。

     ブダペストに住んで約9カ月になりますが、まだまだ知らない場所が多くあり、ドナウ川から街を見るクルーズはブダペストを奥深く知るにはいい機会でした。街の景色はとても美しく、違った視点から見ることもできました。もちろん外観もそうですが、やはりここに住み、ハンガリー人と仲良くなり、土地のことを知った上で見る街はまるで第二の故郷を見ているような感覚になりました。

    0
    続き

    ドゥテルテ大統領欠席の中での比独立記念日式典

     フィリピンのマニラ市で6月12日、独立記念日を祝う政府の式典が行われた。ドゥテルテ大統領の出席が予定され多くの市民が詰めかけたが、体調不良を理由に急遽欠席。式典にはドゥテルテ大統領の代理としてカエタノ外相が出席し、会場を訪れた各国代表を歓迎した。

     独立記念日を前にイスラム過激派に占拠されているミンダナオ島マラウィ市では、国軍による制圧作戦で多くの兵士が死傷する結果となり、ドゥテルテ大統領は負傷兵を見舞うなど多忙を極め、疲労が蓄積したと伝えられている。ドゥテルテ大統領が、この日からしばらく公の場から姿を消したことで、健康問題を懸念する声も上がった。

    1
    続き

    4000丁の銃器をローラーでつぶす

    (クレジット:TVNBR[ブラジル国営放送])

     ブラジル、リオデジャネイロで今月2日、現地警察などが過去2年間に渡って押収、もしくは一般市民が放棄申請した銃器約4000丁を破壊するデモンストレーションが行われた。  廃棄作業には、ロードローラーが使用され、現地のマスコミや警察関係者が見守る中、敷き詰められた銃器をローラー車が次々と破壊していった。銃器の中には、年代物の銃や小銃だけなく、軍や特殊部隊が使用するような自動小銃など破壊力のある物を含まれており、現地社会を取り巻く状況の厳しさを物語っている。

    4
    続き

    「ハッピー・メイデー」セゲドにて

     5月1日はヨーロッパでは「メイデー」と呼ばれ学校も会社も休みになり、誰も働かなくていい日で、みんなでお祝いする日です。世界各地で毎年5月1日に行われる祭典であり、ヨーロッパでは夏の訪れを祝う日でもあります。

     この日、ハンガリーの首都ブダペストから南東160kmにあるセゲドという町に行きました。車で20分もすればセルビア国境というハンガリー南部の町です。農業がとても盛んなこの町は、村と言っていいぐらい小さな町です。それでも人口は約17万人。ブダペストに流れるドナウ川とはまた異なったティサ川が流れています。ティサ川の付近には広いキャンプ場があり、そこに多くのヨーロッパ旅行者がキャンピングカーを停めて旅行を楽しんでいます。キャンピングカーで旅行する人にとっては一つの穴場だとか。

    0
    続き

    草原の国ハンガリーで登山体験

     ハンガリーは草原が広がる国として知られている国だが、実は山も存在する。ドイツ人の友人と今回はスロバキアに近いところにあるハンガリー北部の町ヴィシェグラードに行った。観光地としては有名ではないが、地元の人が好んで行く場所として知られている。

     ここにはブダペストから電車で40分ほど揺られれば着くことができる。毎週土曜の朝6時から午後1時までは市場もやっているので、それに合わせて行くことに。ちなみに電車賃は片道で1120Ft(約450円)、そして学生でブダペストの定期パスを持っている私はさらに割引されて日本円で約120円ほどで行ける。学生にとっては交通費はとても安い。

    0
    続き

    マニラ市のラン園、緑に囲まれた市民の憩いの場

     このほどマニラ市リサール公園内にあるラン園が無料公開された。公園のリニューアルと母の日を記念したもので、様々なラン科の植物が咲き誇る園内は、多くの家族連れやカップルで賑わった。

     また、園内ではリニューアルを記念して、ガーデニングコンテストが開催され、造園業者が緑を活かした庭造りのアイデアを競った。

    1
    続き