■連載一覧
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • 2017/8/06
  • 2017/7/26
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ギャラリー rss

    SLには旧型客車が似合う【動画あり】

    旧型客車の復活保存を

     車内放送で「この客車はレトロ客車と言われています」と説明があったが、レトロ客車なんて呼んで欲しくない。旧型客車―、略して「旧客」なのである。そう、かつて栄光の国鉄時代には全国至る所で使われていた。しかし今や絶滅寸前である。

    2
    続き

    マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

    【動画】マニラでASEAN設立50周年の記念パレード

     フィリピンのマニラ首都圏で8日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の設立50周年を祝うパレードが行われた。

     ASEAN加盟10各国の国旗を持った学生たちが、警察の白バイ隊に先導されながら、ロハス大通りをフィリピン文化センター(CCP)まで行進した。

    0
    続き

    ハンガリアン・ホリデー at ケレック・ダンブ

     ケレック・ダンブという小さな街に来ました。友人に案内されるまで名前も知らなかった所ですが、道中、周りは広大で鮮やかな黄色のひまわり畑が広がっていました。ひまわりをみると、心も体も元気になれますよね。ハンガリーではこの広大なひまわり畑は夏の風物詩の一つだそうです。ちなみに、旅行会社もツアーに入れているほど。夏の道中、風物詩とも知らず心を癒されながらひまわりを眺めていました。そういえば、ひまわりの蜂蜜も売っていたような。  ケレック・ダンブはハンガリーのローカルの方々がホリデーで来る場所で、海外の観光客には知られてない穴場スポットでもあります。

     ケチュケメートから車で約1時間してようやくホリデーハウスがある場所へとたどり着きました。  草原とネット環境のないホリデーハウス、そしてプールと温泉が併設された施設です。辺りは自然に囲まれており、さらに夏りんごの木やプルーン、ブドウの木まで様々なフルーツの木が生えており、しかも取りたい放題でした。

    0
    続き

    メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

    【動画】メキシコ海軍の帆船がマニラを親善訪問

     このほどメキシコ海軍の帆船「クワウテモック」が、フィリピンのマニラ港を親善訪問し一般公開された。16世紀ごろ、スペインの植民地だったフィリピンでは、メキシコに向かう航路が発見されたことで、マニラ・アカプルコ間で活発な貿易が行われるなど、両国は歴史的な結びつきがある。この貿易に使用されたのがクワウテモックのような大型のガレオン船で、その多くがマニラで建造された。

    0
    続き

    ハンガリー第8の都市ケチュケメート

     日本は夏真っ盛りでしょうか。  ここハンガリーも夏真っ盛りでサマータイムなので日中は午後10時ぐらいにならないと暗くならないほどで、夏の天候を楽しんでいます。テレビで見ていらっしゃる方もいると思いますが、ここハンガリーで世界水泳選手権も行っており、海外の旅行客で賑わっています。そんなハンガリーですが、今回はハンガリー第8位の都市ケチュケメートへいく機会がありました。ケチュケメート? この名前聞いたことがある方はいないと思います。私も、ハンガリー在住のお友達からお声がかからなかったら、一体この場所はどこにあるのだろうのかという感覚でした。

     さて、ケチュケメートですが、かの有名な音楽家の誕生地でもあります。そうです“コダーイ・ゾルタン”が誕生した地です。彼は、民族音楽学者・教育家・言語学者そして哲学者でもあり、様々な分野で活躍したハンガリー人の一人です。

    0
    続き

    烏山頭ダムに八田與一の偉業の跡を辿る

     台湾の南西部、嘉南平野はかつて灌漑設備が不十分で不毛の地だった。日本統治時代の1920年(大正9年)から10年をかけて、総督府の土木技師、八田與一が烏山頭ダムを建設し、さらに総延長1万6000キロに及ぶ用水路を張り巡らして作った嘉南大※によって、台湾を代表する穀倉地帯に生まれ変わった。

     ダムを見下ろす丘に八田與一の墓と銅像がある。作業着と作業靴姿で腰を下ろした珍しいスタイルだ。威圧的な姿勢を嫌った八田本人の意思によるものという。4月に半日民族主義者による破損事件があったが、きれいに修復されていた。

    1
    続き

    リーズナブルな欧州旅行、ボン・ケルンを訪ねて

     ヨーロッパは夏真っ盛り、ハンガリーは学校が夏休みに入り、街は学生やら観光客が多く、賑わいを見せ、活気があふれています。その反面、公共交通の規制が一段と厳しくなって、チケットを点検する役人がうろちょろしています。チケットなしで公共交通を利用(無賃乗車)したのがバレると罰金が科せられます。ローカルの人たちは、ほとんどチケットなしで乗っているため、バスの中や電車の中で役人に捕まっている人たちをよく見かけます。この時期は注意が必要ですね。

     私は、学校が終わったあと一息してドイツのケルンにいる友人を訪ねました。ケルンに行く前、ブダペストからブリュッセル行きの飛行機がとてもリーズナブルなプライスだったので、まずはブリュッセルに行くことにしました。

    0
    続き

    ドナウ川から見たブダペスト

     イングリッシュキャンプ(英語塾)の面々と一緒にドナウ川クルーズに参加する機会を得ました。これは、ドナウ川を約1時間航行し、船上から歴史的な街ブダペストを観光するものです。

     ブダペストに住んで約9カ月になりますが、まだまだ知らない場所が多くあり、ドナウ川から街を見るクルーズはブダペストを奥深く知るにはいい機会でした。街の景色はとても美しく、違った視点から見ることもできました。もちろん外観もそうですが、やはりここに住み、ハンガリー人と仲良くなり、土地のことを知った上で見る街はまるで第二の故郷を見ているような感覚になりました。

    0
    続き

    ドゥテルテ大統領欠席の中での比独立記念日式典

     フィリピンのマニラ市で6月12日、独立記念日を祝う政府の式典が行われた。ドゥテルテ大統領の出席が予定され多くの市民が詰めかけたが、体調不良を理由に急遽欠席。式典にはドゥテルテ大統領の代理としてカエタノ外相が出席し、会場を訪れた各国代表を歓迎した。

     独立記念日を前にイスラム過激派に占拠されているミンダナオ島マラウィ市では、国軍による制圧作戦で多くの兵士が死傷する結果となり、ドゥテルテ大統領は負傷兵を見舞うなど多忙を極め、疲労が蓄積したと伝えられている。ドゥテルテ大統領が、この日からしばらく公の場から姿を消したことで、健康問題を懸念する声も上がった。

    1
    続き

    4000丁の銃器をローラーでつぶす

    (クレジット:TVNBR[ブラジル国営放送])

     ブラジル、リオデジャネイロで今月2日、現地警察などが過去2年間に渡って押収、もしくは一般市民が放棄申請した銃器約4000丁を破壊するデモンストレーションが行われた。  廃棄作業には、ロードローラーが使用され、現地のマスコミや警察関係者が見守る中、敷き詰められた銃器をローラー車が次々と破壊していった。銃器の中には、年代物の銃や小銃だけなく、軍や特殊部隊が使用するような自動小銃など破壊力のある物を含まれており、現地社会を取り巻く状況の厳しさを物語っている。

    4
    続き

    「ハッピー・メイデー」セゲドにて

     5月1日はヨーロッパでは「メイデー」と呼ばれ学校も会社も休みになり、誰も働かなくていい日で、みんなでお祝いする日です。世界各地で毎年5月1日に行われる祭典であり、ヨーロッパでは夏の訪れを祝う日でもあります。

     この日、ハンガリーの首都ブダペストから南東160kmにあるセゲドという町に行きました。車で20分もすればセルビア国境というハンガリー南部の町です。農業がとても盛んなこの町は、村と言っていいぐらい小さな町です。それでも人口は約17万人。ブダペストに流れるドナウ川とはまた異なったティサ川が流れています。ティサ川の付近には広いキャンプ場があり、そこに多くのヨーロッパ旅行者がキャンピングカーを停めて旅行を楽しんでいます。キャンピングカーで旅行する人にとっては一つの穴場だとか。

    0
    続き

    草原の国ハンガリーで登山体験

     ハンガリーは草原が広がる国として知られている国だが、実は山も存在する。ドイツ人の友人と今回はスロバキアに近いところにあるハンガリー北部の町ヴィシェグラードに行った。観光地としては有名ではないが、地元の人が好んで行く場所として知られている。

     ここにはブダペストから電車で40分ほど揺られれば着くことができる。毎週土曜の朝6時から午後1時までは市場もやっているので、それに合わせて行くことに。ちなみに電車賃は片道で1120Ft(約450円)、そして学生でブダペストの定期パスを持っている私はさらに割引されて日本円で約120円ほどで行ける。学生にとっては交通費はとても安い。

    0
    続き

    マニラ市のラン園、緑に囲まれた市民の憩いの場

     このほどマニラ市リサール公園内にあるラン園が無料公開された。公園のリニューアルと母の日を記念したもので、様々なラン科の植物が咲き誇る園内は、多くの家族連れやカップルで賑わった。

     また、園内ではリニューアルを記念して、ガーデニングコンテストが開催され、造園業者が緑を活かした庭造りのアイデアを競った。

    1
    続き

    メーデーの抗議集会、労働環境の改善を求め気勢

     マニラ市で5月1日、左派系団体が大規模なメーデーの抗議集会を開催し、約2万人が労働環境の改善を求め行進した。参会者たちは、マニラ首都圏の1日の最低賃金491ペソから750ペソへの引き上げのほか、正社員への登用を防止するために企業が行っている5カ月ごとに契約を打ち切る雇用形態など、労働者に不利な環境の改善を求めた。

     ドゥテルテ大統領は、このような契約労働を禁止する方針を打ち出しているが実現は難航しており、労働団体からは失望の声も上がり始めている。

    2
    続き

    芸術と文化が交わるシーボルトの出身地

     次に向かったのがヴュルツブルクという小さな町です。ハイデルベルグとは逆方向に位置し、観光客で賑わいを見せている町です。実はここは日本と深いつながりがあります。それは江戸時代に遡ります。日本が鎖国中、オランダ軍医のシーボルトという若い少佐が、長崎出島のオランダ商館の医師、そして自然調査という2つの使命を受けてやってきました。シーボルトは、天然痘のワクチンの接種、白内障手術を行い、日本の患者を助けました。

     彼の名はたちまち日本中に知れ渡りました。日本に医学を広めた人でもあります。彼はオランダへ帰国しましたが、元はドイツのヴュルツブルクの貴族の生まれだったのです。長崎にはシーボルト博物館がありますが、ここヴュルツブルクにもなんとシーボルト博物館があるのです。ここで日本とドイツのつながりを発見することができました。

    2
    続き

    西ドイツの春のうららかな情景

     ヨーロッパで春を迎えるのは初めて。日本はもう桜も散っている頃かもしれません。ハンガリーはようやく春らしくなってきました。4月に入ってから、気温も暖かくうららかな日々を過ごしていました。なんと4月中旬に吹雪が吹くという季節外れの天候も体験し、まぁなんといったらいいでしょう。そうですね、とても不思議な春を迎えています。ハンガリーは春から雨季の季節だそうで1週間に2、3日のペースで雨が降っている今日この頃です。

     サマータイムも始まり、夜の6時、7時なのにお外は真昼間の明るさ。時折時間を忘れ、まだお昼時なんだろうなと思ってしまったりするほど。今月は春の一大イベントであるイースターを初体験。いたるところに色とりどりの卵が飾ってあります。さすが、クリスチャンが多い国ですね。ハンガリーでは、イースターの日に若い男性が若い女性の家に来て自分の香水を女性にふりかけるとか。そして女性が色とりどりの卵やチョコレートをお礼にあげるそうです。なんとも魔訶不思議な伝統文化でしょうか。お国柄が色濃く出ているイベントです。

    4
    続き

    フィリピン夏の祭典「アリワン・フィエスタ」

     このほどマニラ首都圏で毎年恒例となっている夏の祭典、「アリワン・フィエスタ」が開催された。これは各地で観光名物となっているお祭りが一堂に会するというもので、フィリピンの多様な文化を感じることができる催しだ。

     7000以上の島々で構成されているフィリピンには、スペインを起源とするキリスト教文化に加え、南部ミンダナオ島を中心にイスラム教文化が根付く。さらに山岳地の先住民族なども加わって、各地にバラエティーに富んだお祭りがあり、フィリピンの大きな観光資源となっている。

    2
    続き

    青きナイル、古代エジプト遺跡を巡る

     エジプトの南部、ヌビア人の村を含むアスワンや古都ルクソールなどの上エジプト地方をエジプトの友人と旅行した。

     アスワンを流れるナイル川は澄み切っていて、カイロと大違い。フルーカ(帆掛け舟)がゆったりと帆を張り、真っ青な空と川に映えている。

     ボートで川を渡り、プトレマイオス朝時代のイシス神殿(フィラエ神殿)を訪れた。2000年以上の時を超えてなお鮮明なレリーフは見応えがある。

    1
    続き

    サンパウロにジャパン・ハウスがオープン

    日本の魅力を世界へ

     ブラジル・サンパウロで30日、伝統芸能やポップカルチャーを含む日本文化や最先端技術など日本の魅力を総合的に対外発信する拠点となる「ジャパン・ハウス」が開館した。完成記念式典には、麻生副総理兼財務大臣とテメル大統領、アルキミン・サンパウロ州知事や日系人を含む約200人が出席した。

    0
    続き

    ニコニコ超会議2017 レポート 3幕目

    伝統とヴァーチャルの「あいまいな」境界線

     「ニコニコ超会議2017」で目玉として注目を集めたのは「大相撲 超会議場所」と「超歌舞伎」だ。

    1
    続き

    ニコニコ超会議2017 レポート 2幕目

    架空の世界は現実に羽ばたけるか

     「ニコニコ超会議2017」は、コスプレイヤーにとっても注目の場である。会場内を見渡すと、多くのコスプレイヤーがそこここで所狭しと闊歩する姿が見られた。もちろん撮影用に解放されたスペースは存在するのだが、会場内のどこでもコスプレイヤーの姿を見ることが出来るイベントはなかなか存在しない。

    1
    続き

    ニコニコ超会議2017 レポート 1幕目

    子供が手にするおもちゃ箱の様な煌めき

     2017年4月29日(土)、30日(日)の両日、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で「ニコニコ超会議2017」が開催された。これは動画配信サービス「ニコニコ動画」を元にした数々のコンテンツを、サービス利用者にお祭り感覚で体験してもらうイベントとして「ニコニコ超会議 実行委員会」主導で行われた。協賛企業にはNTTやスズキ、任天堂など多くの有名企業が名前を連ね、製品や技術のPRも行った。

    1
    続き

    映画、お笑い、音楽が一堂に、第9回沖縄国際映画祭

     「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」が20日か23日までの4日間、沖縄県全域で開かれた。今年は本島のほか、石垣島、宮古島、伊平屋島も会場となり、約33万人の観客を集めた。

     同映画祭は、映画だけでなく、お笑い、音楽、ファッションなど各種エンターテインメントを盛り込み、笑いと平和「Laugh&Peace(ラフ&ピース)」をコンセプトに2009年から開催されている。

    3
    続き