■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  •   

    ライター一覧


    « »
    « »
    あおきせつこ
    青木 節子

    青木 節子(サイエンス 宇宙)
    昭和34年(1959年)生まれ。慶應義塾大学法学部、同修士課程を経てカナダ、マッギル大学法学部付属航空・宇宙法研究所博士課程修了。法学博士。

    あおやままさし
    青山 昌史

    青山 昌史(マスコミ)
    ジャーナリスト。元朝日新聞広報担当常務。故人

    あきやましょうはち
    秋山 昭八

    秋山 昭八(憲法 政治)
    日本弁護士連合会代議員、東京弁護士会常議員、同会外務委員会副委員長を歴任。

    あさおか

    朝岡 元一
    社会評論家

    あさのかずお
    浅野 和生

    浅野 和生(歴史 政治)
     平成国際大学法学部長。慶應義塾大学大学院法学研究科修了、博士(法学)。日本選挙学会理事、日本法政学会理事。著書に『親台論』(ごま書房新社)、『1895-1945 日本統治下の台湾』(展転社)など。

    あつみけんじ
    渥美 堅持

    渥美 堅持(国際)
    昭和13年(1938年)北海道生まれ。拓殖大学政経学部卒業。エジプトのアズハル大学留学。現在、東京国際大学名誉教授。共著書多数。

    あやしまうた
    彩島 うた

    彩島 うた(学生・青年ライター)
    横浜市在住の大学2年生。ノートの端に落書きすること、家でコーヒーを沸かすこと、夜に散歩することが好き。最近は西洋哲学とキリスト教に興味あり。

    あるぜんちんがすき
    アルゼンチンが好き

    アルゼンチンが好き
    只今アルゼンチン在住。ご縁があってアルゼンチンで生活しています。アルゼンチン文化の素晴らしさと日本とは違う新しさを日々探しています。

    あわかわひでき
    荒川 英紀

    荒川 英紀(社会貢献活動)
    昭和30年(1955年)広島県福山市生まれ。学習塾経営、NPO法人中東平和フォーラム理事

    あんどうかん
    安東 幹

    安東 幹(フリージャーナリスト 政治)
    著述家

    あんぼかつや
    安保 克也

    安保 克也(憲法)
    大阪国際大学准教授

    いけながたつお
    池永 達夫

    池永 達夫
    昭和28年(1953年)2月8日、広島県音戸町生まれ。1972年より7年間、広島大学物理学科に学ぶ。その後、ジャーナリストの道を志し、ユーラシア大陸ルポや専門家インタビューで活躍。編集局論説室長、解説室長、整理部長、バンコク支局長歴任。著書に「動き出した中国式資本主義」「病にも克った!もう一つの『偉人・英雄』列伝」は、平成国際大学の2013年の国語の入試に使用される。一つの『偉人・英雄』列伝」。「病にも克った!もう一つの『偉人・英雄』列伝」

    いしいかんたろう
    石井 貫太郎

    石井 貫太郎(国際)
    昭和36年(1961)東京都生まれ。 昭和61年(1986)、青山学院大学大学院 経済学研究科修士課程修了後、慶応義塾大学大学院 法学研究科政治学専攻後期博士課程修了(法学博士)。 東洋英和女学院大学助教授を経て現 ・ 目白大学社会学部地域社会学科教授。専門は政治学 ・ 国際関係論。日本国際政治学会会員。 日本国際法学会会員。 著書:『現代の政治理論』(ミネルヴァ書房 1998年)、『現代国際政治理論(増補改版)』(ミネルヴァ書房 2003年)、『リーダーシップの政治学』(東信堂 2004年)他、論文多数

    いしかわさちこ
    石川 佐智子

    石川 佐智子(教育)
    北海道旭川市出身。藤女子短大卒業後、15年間公立中学教諭として勤務。退職後、3人の子育てをしながら、家庭児童相談人、PTA役員を務める。教育評論家、著述業、講演と幅広く活動。「日本教育正常化促進連盟」代表。著書は『日教組が崩れる日』『世界に誇る日本の道徳力~心に響く二宮尊徳90の名言』など多数。教育評論家。

    いせまさおみ
    伊勢 雅臣

    伊勢 雅臣(フリージャーナリスト)
    受信者4万7000人、創刊19年のメールマガジン「Japan on the Globe 国際派日本人養成講座」編集長

    いぬいいちう
    乾 一宇

    乾 一宇(安全保障 元防衛省)
    昭和14年(1939年)生まれ。防衛大学校卒。ルーマニア初代防衛駐在官、陸幕調査部班長、防衛研究所研究室長、日本大学大学院教授、日本国際問題研究所客員研究員など歴任。現在、ロシア研究家。

    いのうえまさのり
    井上 政典

    井上 政典(フリージャーナリスト)
    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    いわきよしゆき
    岩城 喜之

    岩城 喜之(米国)
    昭和54年(1979年)、東京都生まれ。韓国に留学後、2004年入社。都政担当、道徳問題、外務省担当などを経て、現職。企画開発室長を兼任。2015年よりワシントン特派員。

    いわさきさとし
    岩崎 哲

    岩崎 哲(韓半島)
    昭和31年(1956年)、群馬県生まれ。日本大学法学部卒業。政治部、ソウル特派員、ニューヨーク特派員、外報部長などを経て、現在、電子メディア編集長、編集委員。

    ういーんざいじゅう
    ウィーン在住

    ウィーン在住(フリージャーナリスト)
    ウィーン在住ジャーナリスト。国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに。

    うえだいさみ
    上田 勇実

    上田 勇実(韓半島)
    昭和40年(1965年)静岡県生まれ。学習院大学法学部卒。統一日報社勤務などを経て入社。2005年1月から約10年間、ソウル特派員。

    えざきたかし
    江崎 孝

    江崎 孝(沖縄関係者)
    沖縄在住フリージャーナリスト・コラムニスト。人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰

    えるどりっじろばーと
    ロバート・D・エルドリッヂ

    ロバート・D・エルドリッヂ(海外ライター 沖縄関係者)
    1968年、米ニュージャージー州生まれ。90年、米バージニア州リンチバーグ大学国際関係学部卒後、来日。99年、神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。博士号取得。2001~09年、大阪大学大学院准教授。09年9月から2015年4月末まで在沖米海兵隊政務外交部次長を務めた。東日本大震災を支援した米軍によるトモダチ作戦の立役者の一人。著書に『奄美返還と日米関係』『沖縄問題の起源』『尖閣問題の起源』など多数。エルドリッヂ研究所代表・政治学博士。

    えんどうてつや
    遠藤 哲也

    遠藤 哲也(国際 韓半島)
    1935年生まれ。外務省入省後、在ウィーン国際機関政府代表部初代大使、国際原子力機関(IAEA)理事会議長、同省科学審議官、日朝国交正常化交渉日本政府代表、朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)担当大使、駐ニュージーランド大使など歴任。元原子力委員会委員長代理。2010年、瑞宝中綬章を受章。現在、日本国際問題研究所特別研究員。

    おおくらゆうのすけ
    大藏 雄之助

    大藏 雄之助(マスコミ)
    昭和6年(1931年)福岡県生まれ。一橋大学法学部卒業。昭和32年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。昭和62年-平成13年、東洋大学社会学部教授。異文化研究所代表。杉並区教育委員長。

    おおしまなおゆき
    大島 直行

    大島 直行(文化)
    昭和25年(1950年)、北海道釧路管内標茶町生まれ。東洋大学文学部史学科を卒業後、千歳市役所を経て札幌医科大学助手として人類学、解剖学を研究。1995年より伊達市にて史跡・北黄金貝塚の整備、遺跡調査に携わるほか、全国初の行政による研究所を立ち上げ、音楽や絵画などの芸術をも含む総合文化行政に積極的に関わってきた。伊達市噴火湾文化研究所長。

    おおたまさとし
    太田 正利

    太田 正利(国際 元外交官)
    昭和6年(1931年)東京生まれ。(旧制)一高を経て昭和28年東大教養学科卒、米ブラウン大学留学、31年東大大学院。同時に外務省入省。ロンドン大学院留学。平成5年、杏林大学・大学院教授、東海大学講師等。

    おがわかみよ
    Ogawa Kamiyo

    Ogawa Kamiyo(フリージャーナリスト)
    在ウィーンのフリー・ジャーナリスト。ウィーン大学比較文学部卒業 ウィーン工科大学の聴覚障害者支援プロジェクトに参加中

    おきれもん
    音喜 れもん

    音喜 れもん(学生・青年ライター)
    アート大好き、旅好き、アウトドアスポーツ好きな私が14カ国以上回ってたどり着いたのはヨーロッパの中央に位置する小国“ハンガリー”。この地での新たな発見を世界中に発信していきます。

    おぎのただのり
    荻野 忠則

    荻野 忠則(憲法)
    世界連邦運動協会副会長

    おぜきみちのぶ
    尾関 通允

    尾関 通允(フリージャーナリスト 経済)
    経済ジャーナリスト

    おなぎぜんこう
    小名木 善行

    小名木 善行(文化)
    昭和31年1月生まれ。東京目黒の生まれで、静岡県浜松市出身。現在千葉県在住。国史研究家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。平成12(2000)年まで上場会社管理職。バブル崩壊後独立。インターネットでブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。著書に『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻。『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がある。なお同書は、日本図書館協会選定図書に選ばれている。

    かしわぎしげお
    柏木 茂雄

    柏木 茂雄(経済 金融)
    昭和48年、慶應義塾大学経済学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。米国プリンストン大学修士。国際通貨基金(IMF)およびアジア開発銀行に合計12年間出向。財務省退官後、慶應義塾大学大学院商学研究科教授に就任。本年4月より現職。財務省財務総合政策研究所の特別研究官として途上国政府に対する知的支援に参画し、7年間、ウズベキスタン共和国金融財政アカデミー第1副院長(非常勤)を務めた。

    かせみき
    加瀬 みき

    加瀬 みき(シンクタンク)
    東京銀行勤務後、平成8年フレッチャー法律外交専門大学院修士。同8年までスタンフォード大学ワシントン分校客員研究員。同年9月よりアメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員。

    かたかみはるひこ
    片上 晴彦

    片上 晴彦(マスコミ)
    昭和27年(1952年)4月20日、愛媛県西条市生まれ。早稲田大学理工学部電気工学科卒。社会部、サンデー部記者、サンデー編集長。現在、編集委員。著書に「拡材―ある“新聞拡張団”体験記」(共著、泰流社)。

    かとうえいいち
    加藤 栄一

    加藤 栄一
    昭和9年(1934年)大阪市生まれ。東京大学法学部卒。自治大学校教授、総合研究開発機構主任研究員、東京大学講師、自治省参事官・筑波大学教授などを経て、現在、筑波大学名誉教授。著書多数。

    かとうたかし
    加藤 隆

    加藤 隆(教育)
    昭和31年(1956年)北海道生まれ。北海道教育大学大学院修了。北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。小学校教諭。光塩学園女子短期大学助教授、北翔大学教授を経て2013年より現職。著書に「美しい刻」(アートヴィレッジ)、共著「北海道教育関係質疑応答集」(ぎょうせい)など。

    かなはまさこ
    我那覇 真子

    我那覇 真子(沖縄関係者)
    平成元年(1989年)沖縄県名護市生まれ。2005年、高校交換留学で米国オハイオ州・カリフォルニア州へ。高円宮杯全日本中学校英語弁論大会を主催するJNSA(日本学生協会基金)の運営委員。12年、早稲田大卒。日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員。

    かねこたみお
    金子 民雄

    金子 民雄(歴史)
    昭和11年(1936年)、東京生まれ。日本大学卒業。中央アジア史について現地調査と研究を重ねる。歴史家、作家、哲学博士。著書多数。

    かやはらいくお
    茅原 郁生

    茅原 郁生(安全保障 元防衛省)
    防衛大学校(第6期)卒。陸上自衛隊戦略情報幕僚、連隊長、師団幕僚長、防衛研究所研究部長等を歴任。平成11年拓殖大学国際学部教授、同21年退職、現在同大学名誉教授。

    かわしまさぶろう

    川島 三郎(経済)
    元論説記者

    かわそえけいこ
    河添 恵子

    河添 恵子(フリージャーナリスト 国際)
    1986年より北京外国語学院、翌1987年から遼寧師範大学(大連)へ留学。1994年に作家活動をスタート。2010年に上梓した『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)は、ネット書店Amazon〈中国〉〈社会学概論〉の2部門で半年以上、1位を記録するベストセラー。その他、『だから中国は日本の農地を買いにやって来る TPPのためのレポート』『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(共に産経新聞出版)、『世界はこれほど日本が好き No.1親日国・ポーランドが教えてくれた「美しい日本人」』(祥伝社)などがある。産経新聞や『正論』『WiLL』『週刊文春』『新潮45』『テーミス』などで連載含め執筆。NHKと民放等でTVコメンテーターとしての出演も多数。ネットTVではレギュラー出演中。40ヵ国以上を取材。

    きくたひとし
    菊田 均

    菊田 均(文化)
    昭和23年(1948年)、千葉県生まれ。文芸評論家。法政大学大学院日本文学専攻修了。『江藤淳論』(冬樹社)『なぜ「戦争」だったのか」(小沢書店)など。

    きくちひでひろ
    菊池 英博

    菊池 英博(シンクタンク 経済 金融)
    昭和11年(1936年)生まれ。日本金融財政研究所所長。東京大学教養学部卒。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。ニューヨーク支店為替課、ミラノ支店長、豪州同銀取締役頭取など歴任。文京女子大学経営学部教授を経て現職。

    きしもとみはる
    岸元 実春

    岸元 実春(学生・青年ライター)
    鹿児島県出身。両親の知人が韓国に住んでいて幼少期からよく遊びに行っていたこともあり、中学と高校は韓国へ留学。高校卒業後、立教大学の文学部文学科に通い、大学生活を終えた後、出版社の編集部に勤めた。現在はフリーランスになり、フリーライターとして活動している。

    きむむ
    きむむ

    きむむ(学生・青年ライター)
    高校2年生の時にモンゴルでボランティア活動をし、そののち大学時代にカンボジア、パラグアイでボランティア活動を経験。また、大学時代はモンゴル語と韓国語を勉強し、青少年の教育活動にも従事した。現在は大学を卒業して韓国のソウルにある大学院で勉学に励む。趣味は写真撮影やアウトドア、そして読書。

    きよはらじゅんぺい
    清原 淳平

    清原 淳平(憲法)
    昭和7年(1932年)、東京生まれ。早稲田大学卒業、同大学院博士課程修了。西武創立者・堤康次郎会長の秘書室勤務。その後、岸信介会長(元首相)の下、(財)協和協会、自主憲法期成議員同盟、自主憲法制定国民会議、時代を刷新する会の事務局長、協和協会専務理事、新しい憲法をつくる国民会議(自主憲法制定国民会議)会長代行などを経て、現在は新しい憲法をつくる国民会議会長。著書は「憲法改正入門」「人づくり世直しを考える」「集団的自衛権・安全保障法制」など多数。

    ぎゃるぽぺま
    ペマ・ギャルポ

    ペマ・ギャルボ(海外ライター 国際)
    80年から90年までダライ・ラマ法王アジア・太平洋地区担当初代代表。桐蔭横浜大学法学部教授。

    くぼたのぶお
    窪田 伸雄

    窪田 伸雄
    昭和37年(1962年)生まれ。埼玉県出身。埼玉大学卒。社会部、政治部、モスクワ特派員(1996年~99年)、政治部次長、解説室長を経て、現在、外報部長。

    くぼたのぶゆき
    久保田 信之

    久保田 信之(教育)
    昭和11年(1936年)8月東京生まれ。学習院大学政経学部政治学科卒、学習院大学文学部哲学科卒。現在はNPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長。

    くらうとはまーちゃーるず
    チャールズ・クラウトハマー

    チャールズ・クラウトハマー(海外ライター 米国)
    1950年ニューヨーク生まれ。80年の大統領選ではモンデール副大統領のスピーチ・ライターを務めた。97年には「最も影響力のあるジャーナリスト50人」の一人に選ばれた。

    くわのたくろう

    桑野 拓郎
    コラムニスト

    こうよんちょる
    高永喆

    高永喆(海外ライター 安全保障 韓半島)
    1975年、韓国朝鮮大学(奨学生)卒。現在、拓殖大学客員研究員、JFSS(日本戦略研究フォーラム)研究員。著書に『国家情報戦略』(佐藤優共著、講談社)など多数

    ここあさい
    ココ浅井

    ココ浅井(学生・青年ライター)
    ココナッツ大好きのブラジル在住青年です。

    こばやしひさと
    小林 久人

    小林 久人
    編集委員

    こばやしひろあき
    小林 宏晨

    小林 宏晨(憲法)
    日本大学名誉教授。昭和12年(1937年)、秋田県生まれ。52年に上智大学教授、61年から日本大学法学部教授。平成19年4月、秋田県上小阿仁村村長選挙に出馬し当選。著書・論文多数。

    こばやしみちのり
    小林 道憲

    小林 道憲(歴史)
    昭和19年(1944年)福井県生まれ。昭和47年京都大学大学院文学研究科博士課程終了。哲学者。

    こまつまさゆき
    小松 正之

    小松 正之(シンクタンク)
    (昭和28年)1953年岩手県生まれ。米イェール大学経営学大学院修了。農学博士(東京大学)。77年水産庁に入庁し、国際捕鯨交渉などを担当、2005年米ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。政策研究大学院大学教授等を歴任し現職。著書に『国際マグロ裁判』、『国際裁判で敗訴!日本の捕鯨外交』、『日本人の弱点』など。

    こやまつねみ
    小山 常実

    小山 常実(憲法)
    昭和24年(1949年)、金沢市生まれ。同53年、京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得。専攻は日本教育史、日本憲法史。現在、大月短期大学教授。著書多数

    さきはま

    崎濱 秀治(沖縄関係)
    元公務員。沖縄県在住

    さくらだじゅん
    櫻田 淳

    櫻田 淳(政治)
    昭和40年(1965年)生まれ。宮城県栗原市出身。青森県立八戸高等学校・北海道大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。平成23年4月より東洋学園大学教授。

    さとうただゆき
    佐藤 唯行

    佐藤 唯行(国際)
    昭和30年(1955年)東京生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。専門は米国および英国の人種関係史、特にユダヤ人問題。著書多数。

    しまぶくろ
    島袋 悠飛

    島袋 悠飛(沖縄関係者 学生・青年ライター)
    平成5年(1993年)11月5日生まれ。沖縄県出身東京都在住。日本大学通信教育部法学部政治経済学科在学中。帝京大学で宇宙工学を学ぶも、鬱病悪化に伴い退学。竹田恒泰氏の紹介で、国際法学者の青木節子氏と出会い、宇宙法の研究者を志す。現在、学士論文で「日本の安全保障政策と宇宙開発」を研究中。

    すぎはらせいしろう
    杉原 誠四郎

    杉原 誠四郎(教育 宗教)
    昭和16年(1941年)、広島県生まれ。東京大学教育学部卒業、同大学教育学研究科修士課程修了。現在、教育研究者。主著は『日米開戦以降の日本外交の研究』『日本の宗教教育と宗教文化』など。

    すぎやましげる
    杉山 蕃

    杉山 蕃(安全保障 元防衛省)
    昭和13年(1938年)生まれ。35年防衛大学卒業(防大4期)後、北部航空方面隊司令官、航空総隊司令官を経て、平成6年7月航空幕僚長。8年3月統合幕僚会議議長となり、9年10月退官。

    すずきよしお
    鈴木 淑夫

    鈴木 淑夫(経済 金融)
    昭和6年(1931年)、東京生まれ。東京大学卒業後、日本銀行入行。同行理事。野村総研理事長を経て平成8年から15年まで衆議院議員。現在、鈴木政経フォーラム代表。経済学博士(東大)。

    そん
    宋大晟

    宋大晟(海外ライター 韓半島)
    1945年生まれ。73年、ソウル大学外交学科卒業、79年、高麗大学大学院 国際政治学修士、81年、米ミシガン大学政治学修士、84年、同政治学博士。建国大学招聘教授。韓国国際政治学会名誉理事、元世宗研究所所長、元韓国統一部政策諮問委員。近著に『韓半島平和確保』(2005)、『次期政府の国政懸案課題』(07)、『北朝鮮自由宣言』(同)、『韓米同盟の変換』(08)、など。

    たかはしただし
    髙橋 正

    髙橋 正
    昭和8年(1933年)4月7日生まれ。 昭和31年早稲田大学政治経済学部卒業。「あたらしい歴史教科書をつくる会」会員。

    たかはしとみよ
    高橋 富代

    高橋 富代(社会貢献活動)
    1963年11月13日生まれ。下田小・中学校、静岡県立下田南高等学校卒業の下田生まれ下田育ち。下田市議会議員を3期目務めた後、東京に移り住み、現在専業主婦のかたわら、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の運営委員をしております。時々、講師もしたりします。

    たかはしゆうこ
    高橋 裕子

    高橋 裕子(医療)
    昭和29年(1954年)奈良県生まれ。医学博士。天理よろづ相談所病院などを経て、1994年奈良県の大和高田市立病院で内科部長に就任後、禁煙外来を開設。『こちら禁煙外来』、『禁煙外来の子どもたち』など著書多数。

    たかはしよしあき
    高橋 克明

    高橋 克明(フリージャーナリスト)
    全米邦字新聞「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人。マンハッタン在住でニューヨークの最新事情を最前線で日々取材。 (http://www.nybiz.nyc/) 同時にインタビュアーとして、ハリウッドスター、政治家、アーティスト、アスリート、文化人、とあらゆる分野にわたる400人のインタビュー記事を世に出す。NYに挑戦する著名人インタビューサイト「ガチ!」は「ニューヨーク BIZ」のアンケート人気調査で4年連続1位を獲得。(http://www.gachi-usa.com) 近年では ニューヨーク大学、ボストン昭和女子大学、他、日本各地で世界に飛び出したい人材を対象に講演会、セミナーを行っている。極真空手USA エグゼクティヴ・プロデューサー、特定非営利活動法人ジェン JEN 理事。

    たけだごろう
    竹田 五郎

    竹田 五郎(安全保障 元防衛省)
    大正10年(1921年)福岡県生まれ。外交・防衛・軍事評論家。昭和17年陸軍航空士官学校卒業。昭和53年航空幕僚長。昭和54年統合幕僚会議議長。現在、評論家として評論・執筆活動

    たけだつねやす
    竹田 恒泰

    竹田 恒泰(文化)
    昭和50年生まれ。慶應大学卒。著書『語られなかった皇族たちの真実』で山本 七平賞を受賞。『怨霊になった天皇』(小学館)、『日本はなぜ世界でいちばん 人気があるのか』(PHP新書)、『現代語古事記 天皇の物語』(学研パブリッ シング)等、著書多数。

    たなはしよしかつ
    棚橋 嘉勝

    棚橋 嘉勝(教育)
    昭和8年(1933年)、神奈川県で教育者の家に生まれ。慶応大学文学部を卒業し、慶応義塾中等部、嘉悦学園に勤めた後、祖父が創設した郁文館学園中・高校で社会科を教え、同学園校長に就任、理事長、学園長を務めた。また、東京・文京区教育委員、慶応三田教育会会長、全国商業高等学校校長協会副理事長などを務め、退職後も文京区昭和小学校運営連絡協議会委員。教育評論家。

    たむらしげのぶ
    田村 重信

    田村 重信(安全保障)
    自民党政調会審議役

    つちや
    土屋 たかゆき

    土屋 たかゆき(政治)
    国会両院記者クラブ「やまと新聞」論説委員長、前東京都議会議員。

    ときひろしんご
    時広 真吾

    時広 真吾(文化)
    衣装デザイナー・演出家   山口県生まれ。日本大学文理学部国文科卒業。新聞記者を経て、フリーのジャーナリスト、スタイリストを経て、衣装デザイナーとなる。独創的なのスタイルは「文学的な叙情」と評され国内外の舞台で活躍する。近年は演出家・パフォーマー・詩人・写真家・プロデューサーとして活動し、海外においてオールラウンド・アーティストと称される。舞台衣装展とワークショップの依頼が続いている。現在、7都市で開催している「美の種プロジェクト」(2010年開始)は地域の市民芸術運動の振興や、芸術全般を巻き込む実験的な自己表現の場を提供し、市民に地元の才能を育てる歓びを知り、結果。その土地の人々が文化を核にしたオリジナルの魅力を内外に発信する。新しいカタチの地域振興のプロジェクトとして注目されている。 http://www.shingotokihiro.com

    とこいあきお

    床井 明男(経済)
    昭和31年(1956年)、栃木県生まれ。北海道大学大学院工学研究科修了。82年入社。社会部、経済部、整理部などを経て、現在、経済部長。

    とだてたかのり
    外舘 孝則

    外舘 孝則(社会貢献活動)
    昭和37年(1962年)、岩手県生まれ。日本大学卒業。現在、特定非営利活動法人エンチャイルド理事長。小中高でPTA会長、社会教育委員を務める。

    とよだつよし
    豊田 剛

    豊田 剛(沖縄関係者)
    昭和46年(1971年)静岡県生まれ。関西外国語大学英米語学部卒業。米国留学後、1999年入社。2000年から2007年までベルリン特派員。その後、那覇支局記者を経て現在、那覇支局長。

    ないとうしゅんすけ
    内藤 俊輔

    内藤 俊輔(社会貢献活動)
    中学生の時に父を病気で亡くし,母子家庭で育つ。高校はラグビー,大学時代はバンドに明け暮れる。社会人は法人個人営業を約5年間経験し、平成24年度4次隊として青年海外協力隊でアフリカのルワンダへ。現在は国際協力師になる為に奮闘中。2015年9月にNPO法人AYINAの副代表に就任。2015年10月から2016年7月までカナダのエドモントン&バンクーバーに滞在。2016年9月から西アフリカベナンにて活動予定!

    なかおかひろし
    中岡 弘

    中岡 弘(文化)
    1956年(昭和31年)島根県に生まれる。大阪大学文学部を卒業後、渡米し、神学大学院で宗教教育学を学ぶ。著述家。

    なかざとよしひこ
    仲里 嘉彦

    仲里 嘉彦(沖縄関係者)
    昭和13年(1938年)、沖縄県本部町生まれ。国士舘大学政治・経済学部中退。37年、産業新聞入社。同社那覇支局長。48年、沖縄産業新聞創刊社長。57年、株式会社春夏秋冬社創立社長に就任。58年、月刊「自治新報」創刊。平成23年、万国津梁機構・一般社団法人設立理事長に就任。著書に『仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン』ほか多数。

    なかざわたかゆき
    中澤 孝之

    中澤 孝之(国際)
    昭和10年(1935年)1月5日生まれ。旧満州・大連市出身。(学)東京外語大学ロシア語科(昭和36年)卒業 (団)ロシア東欧学会理事。日本国際政治学会などを経て現在、日本対外文化協会理事。

    なかじょうたかのり
    中條 高德

    中條 高德(経営)
    昭和2年(1927年)、長野県生まれ。陸軍士官学校六十期生。学習院大学卒業後、アサヒビール(株)入社。常務取締役営業本部長として「アサヒスーパードライ」作戦による会社再生計画で大成功を収める。

    なかむらさとる
    仲村 覚

    仲村 覚(沖縄関係者)
    昭和39年(1964年)、那覇市生まれ。埼玉県在住。昭和54年、陸上自衛隊少年工科学校(横須賀)入校、卒業後の航空部隊に配属。平成3年退官。複数の企業勤務を経て平成21年、日本は沖縄から中国の植民地になるという強い危機感から民間団体「沖縄対策本部」を設立し活動中。著書に『そうだったのか!沖縄』(示現社)。

    なかむらひとし
    中村 仁

    中村 仁(フリージャーナリスト 政治 経済)
    全国紙で長く経済記者として、財務省、経産省、日銀などを担当、ワシントン特派員も経験。2013年の退職を契機にブログ活動を開始、経済、政治、社会問題に対する考え方を、メディア論を交えて発言する。

    なかむらゆきつぐ
    中村 幸嗣

    中村 幸嗣(政治)
    昭和38年生まれ。鹿児島ラ・サール中・高卒業。平成元年防衛医科大学校卒業の元陸上自衛隊医官。血液内科専門。自衛隊と医師の2足のわらじをはきながら、イラクでの支援にも参加。現場で働いていく閉塞感を感じ、患者さんと仲間のために政治の世界に飛び込むため防衛省を退職。約2週間で選挙準備。残念ながら落選。現在充電中。 2012年4月から血液内科医としてまた診療中 2016年3月いっぱいで退職 全ての記事は私個人の意見で、獨協医大、防衛医大、自衛隊とは関係がないことを宣言しておきます。

    ながしまともじ

    長島 朋爾(憲法)
    評論家

    なすきよし
    那須 聖

    那須 聖(米国)
    大正5年(1916年)アメリカ合衆国生まれ。在米外交評論家。関西学院大学で心理学を専攻。昭和21年毎日新聞社に入社。41年退社後、引き続き二ューヨークに留まって外交評論活動を続ける。

    にしだけんじろう
    西田 健次郎

    西田 健次郎(沖縄関係者 政治)
    昭和18年(1943年)沖縄県国頭村(くにがみそん)生まれ。同42年琉球大学法政学科卒。沖縄市議3期、県議を5期。その間、自民党沖縄県連幹事長、会長など歴任し、現在OKINAWA政治大学校名誉教授。

    にったようこ
    新田 容子

    新田 容子(シンクタンク 安全保障)
    日本安全保障・危機管理学会主任研究員。インテリジェンス及び ロシア担当。防衛大学客員研究員として2016年2月までサイバー戦争概論の戦略の講義を担当。 専門は情報戦略とサイバーセキュリティ。 主に各国のサイバー安全保障政策に関する情報収集、調査、考察及び分析を行い、各国よ り招聘を受け、戦略にかかる分析及び考察を行う。サイバーエスピオナージ等についてプレゼンテーションを行い、海外のジャーナル誌に多数寄稿する等対外発信にも努める。 国際会議では各国の当イシューにかかる最新の動向や知見を得、ネットワークを構築、グローバルアウトリーチに務めている。 米、英、仏、独と連携するサイバーG5(知的所有権窃盗等)専門家会合の委員。

    ねもとかずお
    根本 和雄

    根本 和雄(医療)
    昭和12年(1937年)盛岡市生まれ。岩手大学学芸部(現教育学部)卒。平和台病院勤務後、アレン国際短期大学助教授。52年、光塩学園女子短期大学教授(臨床心理学)等。著書多数。

    はせやまたかひこ
    長谷山 崇彦

    長谷山 崇彦(シンクタンク)
    東京生まれ。慶応義塾大学大学院経済学研究科修士課程・デリー大学大学院博士課程修了。農学博士。アジア経済研究所経済成長調査部主任研究員、同部長、理事を歴任。その間、ニューデリー駐在員、国連食糧農業機関(ローマ・バンコク)、国際食糧政策研究所(ワシントンDC)等の海外勤務13年。世界平和教授アカデミー常任理事。

    はっとりのりお
    服部 則夫

    服部 則夫(国際 元外交官)
    昭和20年(1945年)福井市生まれ。元駐ベトナム特命全権大使。43年外務省入省。平成13年外務報道官、駐ベトナム大使、OECD日本政府代表部大使、22年退官。ベトナム国家最高位の友誼勲章受章。

    はまぐちかずひさ
    濱口 和久

    濱口 和久(安全保障 元防衛省)
    1968年、熊本県生まれ。防衛大学校材料物性工学科卒。陸上自衛隊、日本政策研究センター研究員、栃木市首席政策監などを経て、現在、拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長、一般財団法人防災教育推進協会常務理事・事務局長を務める。著書に『日本の命運 歴史に学ぶ40の危機管理』『だれが日本の領土を守るのか?』『探訪 日本の名城 戦国武将と出会う旅(上巻・下巻)』(青林堂)など。

    はやかわいちろう

    早川 一郎
    早稲田大卒。社会部、政治部、ワシントン特派員。帰国後、政治記者として国会取材を担当。政治部次長、政治部長、論説室長を経て、現在は編集局次長兼政治部長。編著書に「みんなが知りたい日本共産党50問50答」「『新日本共産党宣言』の正しい読み方」など。

    はやかわちゅうこう
    早川 忠孝

    早川 忠孝(政治)
    弁護士・前衆議院議員。国士舘大学大学院客員教授、一般財団法人救護救急財団理事・会長、救急救命士制度研究会会長、鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト代表、ビヨンドXフォーラム寺子屋ー挑戦者たちの集い-主宰、動態的憲法研究会主宰。著書に 「早川忠孝『先読み』ライブラリー」 『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡』 『選挙の神様』 『動態的憲法研究』 早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著) 他 多数

    はやかわとしゆき

    早川 俊行(米国)
    ワシントン支局長

    ひがしやまあきこ

    東山 明子(医療)
    畿央大学教授・スポーツメンタルトレーニング上級指導士

    ひの
    日野 智貴

    日野 智貴(学生・青年ライター)
    1997年、兵庫県生まれ。憲法問題や歴史問題、環境問題、生命倫理問題に強い関心を持つ。また、高校時代に子宮頸がんワクチン反対運動に参加。現在、大学1年。新政未来の党代表代行兼学生幹事長。

    ひらいもとゆき
    平井 基之

    平井 基之(教育)
    私は31歳になってから、たった1年の勉強で東大文三に合格しました。なぜそれが可能だったかと言うと、戦略を用いたからです。その戦略やニュース解説を通して日本の教育を考えていきます。 ブログ「東大に文理両方に合格した男が綴る、受験の戦略」主宰 http://ameblo.jp/pipinee/

    ひろいたかひろ
    廣井 孝弘

    廣井 孝弘(サイエンス 宇宙)
    昭和35年(1960年)生まれ、岐阜県出身。東京大学大学院理学系研究科鉱物学専攻博士課程修了(理学博士取得)。現在米ブラウン大学惑星地質・上級研究員。隕石と小惑星の鉱物分光学の研究の第一人者。2000年、隕石学への貢献によって小惑星(4887)タキヒロイが命名される。日本の惑星探査ミッション「はやぶさ」「かぐや」「はやぶさ2」に共同研究者として参加している。

    ふかがわこうじ
    深川 耕治

    深川 耕治
    福岡県生まれ。福岡県立小倉高校、筑波大学第一学群人文学類卒。編集局整理部、文化部、政治部を経て香港が中国に返還された1997年から香港支局長。中国各地、香港、マカオ、台湾での現地取材多数。

    ふくしまじゅんいち

    福島 純一
    フィリピン在住。アジアのラテン国家フィリピンで起きる様々な出来事をお届けします。

    ふでさかひでよ
    筆坂 秀世

    筆坂 秀世(政治)
    1948年生まれ。兵庫県出身。高卒後、三和銀行に入行。18歳で日本共産党に入党、国会議員秘書を経て参議院議員2期。書記局長代行、常任幹部会委員、政策委員長などを歴任。2003年に議員辞職。05年、離党。

    ふるかわみつてる
    古川 光輝

    古川 光輝(フリージャーナリスト)
    言論サイト「NOW! TIMES」編集長。日本人として祖国と家族を愛しています。政治信条は保守・国際派。若い世代に日本の将来を真剣に考えてもらうために執筆を続けています。未来の子供達の為にできることをやっていきます。趣味は野球、音楽鑑賞、映画鑑賞。

    へなん
    ベナン在住

    ベナン在住
    西アフリカ大陸のべナン共和国在住の青年。熱いハートと冷静な頭脳で活動中。

    ほしまさひこ
    星 雅彦

    星 雅彦(沖縄関係者)
    昭和7年(1932年)、那覇市生まれ。詩人、美術評論家、国立劇場おきなわ財団法人理事、沖縄県文化協会会長、文芸誌「うらそえ文芸」編集長などを務めるかたわら、日本現代詩人会、美術評論家連盟、日本ペンクラブの会員。「砂漠の水」(オリジナル企画)、「星雅彦詩集」(土曜美術社出版販売)など詩集の他、「沖縄戦後美術の流れ」などの美術書や「沖縄県史第9巻・戦争記録」「沖縄の証言」など歴史書を執筆している。

    ほそかわたまお
    細川 珠生

    細川 珠生(フリージャーナリスト 政治)
    若手政治ジャーナリストとして、ラジオ、新聞、雑誌などで活躍中。政治評論家・細川隆一郎氏の長女。

    ほりもとかずひろ
    堀本 和博

    堀本 和博(マスコミ)
    昭和23年(1948年)岐阜県生まれ。大阪市立大中退。文化部長、社会部長、マドリード特派員、編集局次長、編集委員などを歴任。著書に「朝日新聞に内部崩壊が始まった」(第一企画出版)、「拡材―ある“新聞拡張団”体験記」(泰流社)など。

    ほんだたかふみ

    本田 隆文
    愛媛県生まれ。名古屋大学卒業。編集局校閲部、社会部を経て外報部へ。1997年から2001年、エルサレム特派員。執筆とともに翻訳も担当。主に中東をカバー。

    まざきなお
    馬崎 奈央

    馬崎 奈央(医療)
    千葉県出身。東京藝術大学音楽学部卒業後、海外留学で若者の薬物乱用の深刻さを目の当たりにした。現在、日本薬物対策協会を運営しながら乱用防止活動に取り組む。日本薬物対策協会世話役。

    ますきよし

    増 記代司(マスコミ)
    昭和25年(1950年)大阪府生まれ。東京福祉大学(付設社会福祉士養成課程)修了。「都議会新聞」編集長などを経て、1994年から本紙「メディアウォッチ」や論説を執筆。論評が大学入試に出題されるなど高い評価を得ている。社会福祉士としてはホームレス支援や原発避難者を支援。毎週火曜日掲載「メディアウォッチ」欄に携わっている。

    またよしやすたか
    又吉 康隆

    又吉 康隆(沖縄関係者)
    昭和23年(1948年)生 沖縄県読谷村在住 琉球大学卒 ヒジャイ出版代表・作家。著作は評論として「沖縄に内なる民主主義はあるか」「翁長知事・県議会は撤回せよ謝罪せよ」「捻じ曲げられた辺野古の真実」、小説は「一九七一Mの死」「ジュゴンを食べた話」「バーデスの五日間」、ヒジャイ出版より「かみつく(1,2,3)」「沖縄内なる民主主義(4,5,6,7)」を出版。

    まつばらひろゆき
    松原 広幸

    松原 広幸(社会貢献活動)
    昭和37年(1962年)静岡県静岡市清水区生まれ 茨城大学、静岡大学大学院修了後、ソフトウェア開発関連企業に勤務。禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ、コンテンツアナリスト。IT、コンテンツビジネス、文化芸能、科学、宗教と多方面に関心を持って市民活動支援などにも関わっている。情報処理学会、人工知能学会、日本物理学会、日本ベジタリアン学会 会員。

    まつもとけんいち
    松本 健一

    松本 健一(文化)
    昭和21年(1946年)群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。京都精華大学教授を経て、現在、麗澤大学教授。評論家、作家としても活躍。

    まつやひでお
    松谷 秀夫

    松谷 秀夫(沖縄関係者)
    昭和19年(1944年)群馬県生まれ。日本テレビ技術専門学校(現・東京工科大学)卒。平成5年から24年6月まで宜野湾市観光振興協会会長。現在は同会顧問、学校法人SOLA沖縄学園監事、普天間日米友好協会会長など。

    みついしえりこ
    三石 江里子

    三石 江里子(社会貢献活動)
    宮崎県出身。大学卒業後、米国、南米、ロシア、南太平洋などで過ごし、現在は米国フロリダ州マイアミに在住する主婦。日本文化の普及に努め奮闘中。

    みついしゅんすけ
    三井 俊介

    三井 俊介(社会貢献活動 学生・青年ライター)
    1988年12月23日、茨城県つくば市生まれ。法政大学法学部国際政治学科卒業。2011年の震災を機に、岩手県陸前高田市広田町への支援を開始する。大学卒業後に同地に移住、結婚、一児の父となる。2013年6月にNPO法人SET代表理事に就任。2015年9月より陸前高田市議会議員に就任。NPOと議員の両輪で陸前高田市の町づくりに尽力中。

    みなみできくじ
    南出 喜久治

    南出 喜久治(憲法)
    弁護士、憲法学会会員

    みやぎじろう

    宮城 二郎
    ジャーナリスト

    みやぎよしひこ
    宮城 能彦

    宮城 能彦(沖縄関係者)
    昭和35年(1960年)沖縄県那覇市生まれ。琉球大学、兵庫教育大学大学院卒業。現在沖縄大学教授。専攻は村落社会学、地域社会学、共同体論。著作多数。

    みやざき
    宮崎 林司

    宮崎 林司(社会貢献活動)
    昭和21年(1946年)三重県生まれ。1966年三重大学農学部入学、1971年卒業。 大学在学中に1年間カナダBC州の林業にふれ、住友林業に入社、海外の林業習熟。1989年地球環境問題にめざめ「人の健康と地球の健康」をテーマにした会社を設立。1996年よりオランウータンの支援、1999年よりインドネシアの熱帯雨林の再生のための植林活動中。団体NPOアジア植林友好協会代表理事

    みやつかとしお
    宮塚 利雄

    宮塚 利雄(韓半島 国際)
    昭和22年(1947年)秋田県生まれ。高崎経済大学卒後、韓国・檀国大学校大学院経済学科博士課程修了。元山梨学院大学教授。毎年数回の中朝国境フィールドワークで生の北朝鮮情報やアイテム収拾を続ける。現在、宮塚コリア研究所代表。

    みやもとあつお
    宮本 惇夫

    宮本 惇夫(フリージャーナリスト)
    昭和18年(1943年)茨城県高萩市に生まれる。1967年 早稲田大学第二政経学部を卒業。 1977年 経済誌や総合誌の経てフリージャーナリストとして独立。安岡正篤門下の越川春樹先生(懐徳塾)や向後正美先生(向風塾)の門下に連なり、東洋思想を学ぶ。

    もりぐち
    森口 朗

    森口 朗(政治)
    中央教育文化研究所代表、教育評論家 中央大学法学部卒業。佛教大学大学院通信教育部教育学研究科修士課程修了。1984年から2016年まで東京都庁に勤務。その間、教育評論を開始し著書に『いじめの構造』『戦後教育で失われたもの』『日教組』などがある。近年の学校問題やいじめ問題を論じる際のキーワードである「スクールカースト」は、ネットスラングを森口が『いじめの構造』で紹介し一般化したものである。

    もりたせいさく

    森田 清策
    昭和31年(1956年)宮城県生まれ。成蹊大学法学部卒業後、1982年入社。1991年から97年まで、ワシントン特派員。その後、政治部次長、社会部長を経て現在、編集委員。

    やまざきようすけ

    山崎洋介
    社会部

    やまざきよしひろ

    山崎 喜博
    元特派員(バーレーン、トルコ)。UPI通信社・元東京支局長。現在、一般社団法人「平和政策研究所」主任研究員。

    やまだひろし
    山田 寛

    山田 寛(国際 マスコミ)
    読売新聞でサイゴン、バンコク、パリ特派員、アメリカ総局長、調査研究本部主任研究員などをつとめた後、嘉悦大学教授(国際交流センター長)を経て、現在非常勤講師。

    ゆるぎひろふみ

    柚留木 廣文
    フリージャーナリスト

    ようけんこう

    葉 建興
    外交問題研究家

    よしかわ

    吉川 圭一
    グローバル・イッシューズ総合研究所代表取締役

    よしもとしゅういち
    吉本 秀一

    吉本 秀一(社会貢献活動 医療)
    昭和40年(1965年)北海道士別市生まれ。1987年北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科卒業。1994年社会医学技術学院理学療法学科卒業。1997年から日心会医療法人社団総合病院一心病院メディカル部長・リハビリ科長。作業療法士&理学療法士。けん玉道五段。2015年から公益社団法人日本けん玉協会理事。関東副ブロック長、東京都支部長。NHK「きょうの健康」など、けん玉でメディア出演多数。

    ろよんむ
    呂 永茂

    呂 永茂(海外ライター シンクタンク)
    高麗大学法学部卒、同大法学博士。東亜日報論説委員、統一研究所長、統一院政策評価委員、米ジョージワシントン大客員教授、大韓国際法学会理事兼副会長、KBS時事解説者など歴任。現南北戦略研究所所長、ニュース&ピープル・コム代表兼主筆。南北戦略研究所所長。

    わたなべひさよし
    渡辺 久義

    渡辺 久義(文化)
    昭和9年(1934年)2月岐阜県生まれ。日本の英文学者。昭和34年京都大学文学部英文科卒。昭和36年同大学院文学研究科修士課程修了。現在、京都大学名誉教授。

    あおきせつこ
    青木 節子

    青木 節子(サイエンス 宇宙)
    昭和34年(1959年)生まれ。慶應義塾大学法学部、同修士課程を経てカナダ、マッギル大学法学部付属航空・宇宙法研究所博士課程修了。法学博士。

    あおやままさし
    青山 昌史

    青山 昌史(マスコミ)
    ジャーナリスト。元朝日新聞広報担当常務。故人

    あきやましょうはち
    秋山 昭八

    秋山 昭八(憲法 政治)
    日本弁護士連合会代議員、東京弁護士会常議員、同会外務委員会副委員長を歴任。

    あさおか

    朝岡 元一
    社会評論家

    あさのかずお
    浅野 和生

    浅野 和生(歴史 政治)
     平成国際大学法学部長。慶應義塾大学大学院法学研究科修了、博士(法学)。日本選挙学会理事、日本法政学会理事。著書に『親台論』(ごま書房新社)、『1895-1945 日本統治下の台湾』(展転社)など。

    あつみけんじ
    渥美 堅持

    渥美 堅持(国際)
    昭和13年(1938年)北海道生まれ。拓殖大学政経学部卒業。エジプトのアズハル大学留学。現在、東京国際大学名誉教授。共著書多数。

    あやしまうた
    彩島 うた

    彩島 うた(学生・青年ライター)
    横浜市在住の大学2年生。ノートの端に落書きすること、家でコーヒーを沸かすこと、夜に散歩することが好き。最近は西洋哲学とキリスト教に興味あり。

    あるぜんちんがすき
    アルゼンチンが好き

    アルゼンチンが好き
    只今アルゼンチン在住。ご縁があってアルゼンチンで生活しています。アルゼンチン文化の素晴らしさと日本とは違う新しさを日々探しています。

    あわかわひでき
    荒川 英紀

    荒川 英紀(社会貢献活動)
    昭和30年(1955年)広島県福山市生まれ。学習塾経営、NPO法人中東平和フォーラム理事

    あんどうかん
    安東 幹

    安東 幹(フリージャーナリスト 政治)
    著述家

    あんぼかつや
    安保 克也

    安保 克也(憲法)
    大阪国際大学准教授

    いけながたつお
    池永 達夫

    池永 達夫
    昭和28年(1953年)2月8日、広島県音戸町生まれ。1972年より7年間、広島大学物理学科に学ぶ。その後、ジャーナリストの道を志し、ユーラシア大陸ルポや専門家インタビューで活躍。編集局論説室長、解説室長、整理部長、バンコク支局長歴任。著書に「動き出した中国式資本主義」「病にも克った!もう一つの『偉人・英雄』列伝」は、平成国際大学の2013年の国語の入試に使用される。一つの『偉人・英雄』列伝」。「病にも克った!もう一つの『偉人・英雄』列伝」

    いしいかんたろう
    石井 貫太郎

    石井 貫太郎(国際)
    昭和36年(1961)東京都生まれ。 昭和61年(1986)、青山学院大学大学院 経済学研究科修士課程修了後、慶応義塾大学大学院 法学研究科政治学専攻後期博士課程修了(法学博士)。 東洋英和女学院大学助教授を経て現 ・ 目白大学社会学部地域社会学科教授。専門は政治学 ・ 国際関係論。日本国際政治学会会員。 日本国際法学会会員。 著書:『現代の政治理論』(ミネルヴァ書房 1998年)、『現代国際政治理論(増補改版)』(ミネルヴァ書房 2003年)、『リーダーシップの政治学』(東信堂 2004年)他、論文多数

    いしかわさちこ
    石川 佐智子

    石川 佐智子(教育)
    北海道旭川市出身。藤女子短大卒業後、15年間公立中学教諭として勤務。退職後、3人の子育てをしながら、家庭児童相談人、PTA役員を務める。教育評論家、著述業、講演と幅広く活動。「日本教育正常化促進連盟」代表。著書は『日教組が崩れる日』『世界に誇る日本の道徳力~心に響く二宮尊徳90の名言』など多数。教育評論家。

    いせまさおみ
    伊勢 雅臣

    伊勢 雅臣(フリージャーナリスト)
    受信者4万7000人、創刊19年のメールマガジン「Japan on the Globe 国際派日本人養成講座」編集長

    いぬいいちう
    乾 一宇

    乾 一宇(安全保障 元防衛省)
    昭和14年(1939年)生まれ。防衛大学校卒。ルーマニア初代防衛駐在官、陸幕調査部班長、防衛研究所研究室長、日本大学大学院教授、日本国際問題研究所客員研究員など歴任。現在、ロシア研究家。

    いのうえまさのり
    井上 政典

    井上 政典(フリージャーナリスト)
    九州歴史観光戦略研究所 代表 歴史ナビゲーター。 正しい日本の歴史と歴史観をお届けするブログです。九州の歴史や観光のこ とはおまかせください。

    いわきよしゆき
    岩城 喜之

    岩城 喜之(米国)
    昭和54年(1979年)、東京都生まれ。韓国に留学後、2004年入社。都政担当、道徳問題、外務省担当などを経て、現職。企画開発室長を兼任。2015年よりワシントン特派員。

    いわさきさとし
    岩崎 哲

    岩崎 哲(韓半島)
    昭和31年(1956年)、群馬県生まれ。日本大学法学部卒業。政治部、ソウル特派員、ニューヨーク特派員、外報部長などを経て、現在、電子メディア編集長、編集委員。

    ういーんざいじゅう
    ウィーン在住

    ウィーン在住(フリージャーナリスト)
    ウィーン在住ジャーナリスト。国連記者室から、ウィーンの街角から、国際政治にはじまって宗教、民族、日常の出来事までを思いつくままに。

    うえだいさみ
    上田 勇実

    上田 勇実(韓半島)
    昭和40年(1965年)静岡県生まれ。学習院大学法学部卒。統一日報社勤務などを経て入社。2005年1月から約10年間、ソウル特派員。

    えざきたかし
    江崎 孝

    江崎 孝(沖縄関係者)
    沖縄在住フリージャーナリスト・コラムニスト。人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰

    えるどりっじろばーと
    ロバート・D・エルドリッヂ

    ロバート・D・エルドリッヂ(海外ライター 沖縄関係者)
    1968年、米ニュージャージー州生まれ。90年、米バージニア州リンチバーグ大学国際関係学部卒後、来日。99年、神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。博士号取得。2001~09年、大阪大学大学院准教授。09年9月から2015年4月末まで在沖米海兵隊政務外交部次長を務めた。東日本大震災を支援した米軍によるトモダチ作戦の立役者の一人。著書に『奄美返還と日米関係』『沖縄問題の起源』『尖閣問題の起源』など多数。エルドリッヂ研究所代表・政治学博士。

    えんどうてつや
    遠藤 哲也

    遠藤 哲也(国際 韓半島)
    1935年生まれ。外務省入省後、在ウィーン国際機関政府代表部初代大使、国際原子力機関(IAEA)理事会議長、同省科学審議官、日朝国交正常化交渉日本政府代表、朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)担当大使、駐ニュージーランド大使など歴任。元原子力委員会委員長代理。2010年、瑞宝中綬章を受章。現在、日本国際問題研究所特別研究員。

    おおくらゆうのすけ
    大藏 雄之助

    大藏 雄之助(マスコミ)
    昭和6年(1931年)福岡県生まれ。一橋大学法学部卒業。昭和32年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。昭和62年-平成13年、東洋大学社会学部教授。異文化研究所代表。杉並区教育委員長。

    おおしまなおゆき
    大島 直行

    大島 直行(文化)
    昭和25年(1950年)、北海道釧路管内標茶町生まれ。東洋大学文学部史学科を卒業後、千歳市役所を経て札幌医科大学助手として人類学、解剖学を研究。1995年より伊達市にて史跡・北黄金貝塚の整備、遺跡調査に携わるほか、全国初の行政による研究所を立ち上げ、音楽や絵画などの芸術をも含む総合文化行政に積極的に関わってきた。伊達市噴火湾文化研究所長。

    おおたまさとし
    太田 正利

    太田 正利(国際 元外交官)
    昭和6年(1931年)東京生まれ。(旧制)一高を経て昭和28年東大教養学科卒、米ブラウン大学留学、31年東大大学院。同時に外務省入省。ロンドン大学院留学。平成5年、杏林大学・大学院教授、東海大学講師等。

    おがわかみよ
    Ogawa Kamiyo

    Ogawa Kamiyo(フリージャーナリスト)
    在ウィーンのフリー・ジャーナリスト。ウィーン大学比較文学部卒業 ウィーン工科大学の聴覚障害者支援プロジェクトに参加中

    おきれもん
    音喜 れもん

    音喜 れもん(学生・青年ライター)
    アート大好き、旅好き、アウトドアスポーツ好きな私が14カ国以上回ってたどり着いたのはヨーロッパの中央に位置する小国“ハンガリー”。この地での新たな発見を世界中に発信していきます。

    おぎのただのり
    荻野 忠則

    荻野 忠則(憲法)
    世界連邦運動協会副会長

    おぜきみちのぶ
    尾関 通允

    尾関 通允(フリージャーナリスト 経済)
    経済ジャーナリスト

    おなぎぜんこう
    小名木 善行

    小名木 善行(文化)
    昭和31年1月生まれ。東京目黒の生まれで、静岡県浜松市出身。現在千葉県在住。国史研究家。倭塾塾長。日本の心をつたえる会代表。日本史検定講座講師&教務。平成12(2000)年まで上場会社管理職。バブル崩壊後独立。インターネットでブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。著書に『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第1巻〜第3巻。『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がある。なお同書は、日本図書館協会選定図書に選ばれている。

    かしわぎしげお
    柏木 茂雄

    柏木 茂雄(経済 金融)
    昭和48年、慶應義塾大学経済学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。米国プリンストン大学修士。国際通貨基金(IMF)およびアジア開発銀行に合計12年間出向。財務省退官後、慶應義塾大学大学院商学研究科教授に就任。本年4月より現職。財務省財務総合政策研究所の特別研究官として途上国政府に対する知的支援に参画し、7年間、ウズベキスタン共和国金融財政アカデミー第1副院長(非常勤)を務めた。

    かせみき
    加瀬 みき

    加瀬 みき(シンクタンク)
    東京銀行勤務後、平成8年フレッチャー法律外交専門大学院修士。同8年までスタンフォード大学ワシントン分校客員研究員。同年9月よりアメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員。

    かたかみはるひこ
    片上 晴彦

    片上 晴彦(マスコミ)
    昭和27年(1952年)4月20日、愛媛県西条市生まれ。早稲田大学理工学部電気工学科卒。社会部、サンデー部記者、サンデー編集長。現在、編集委員。著書に「拡材―ある“新聞拡張団”体験記」(共著、泰流社)。

    かとうえいいち
    加藤 栄一

    加藤 栄一
    昭和9年(1934年)大阪市生まれ。東京大学法学部卒。自治大学校教授、総合研究開発機構主任研究員、東京大学講師、自治省参事官・筑波大学教授などを経て、現在、筑波大学名誉教授。著書多数。

    かとうたかし
    加藤 隆

    加藤 隆(教育)
    昭和31年(1956年)北海道生まれ。北海道教育大学大学院修了。北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。小学校教諭。光塩学園女子短期大学助教授、北翔大学教授を経て2013年より現職。著書に「美しい刻」(アートヴィレッジ)、共著「北海道教育関係質疑応答集」(ぎょうせい)など。

    かなはまさこ
    我那覇 真子

    我那覇 真子(沖縄関係者)
    平成元年(1989年)沖縄県名護市生まれ。2005年、高校交換留学で米国オハイオ州・カリフォルニア州へ。高円宮杯全日本中学校英語弁論大会を主催するJNSA(日本学生協会基金)の運営委員。12年、早稲田大卒。日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員。

    かねこたみお
    金子 民雄

    金子 民雄(歴史)
    昭和11年(1936年)、東京生まれ。日本大学卒業。中央アジア史について現地調査と研究を重ねる。歴史家、作家、哲学博士。著書多数。

    かやはらいくお
    茅原 郁生

    茅原 郁生(安全保障 元防衛省)
    防衛大学校(第6期)卒。陸上自衛隊戦略情報幕僚、連隊長、師団幕僚長、防衛研究所研究部長等を歴任。平成11年拓殖大学国際学部教授、同21年退職、現在同大学名誉教授。

    かわしまさぶろう

    川島 三郎(経済)
    元論説記者

    かわそえけいこ
    河添 恵子

    河添 恵子(フリージャーナリスト 国際)
    1986年より北京外国語学院、翌1987年から遼寧師範大学(大連)へ留学。1994年に作家活動をスタート。2010年に上梓した『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)は、ネット書店Amazon〈中国〉〈社会学概論〉の2部門で半年以上、1位を記録するベストセラー。その他、『だから中国は日本の農地を買いにやって来る TPPのためのレポート』『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(共に産経新聞出版)、『世界はこれほど日本が好き No.1親日国・ポーランドが教えてくれた「美しい日本人」』(祥伝社)などがある。産経新聞や『正論』『WiLL』『週刊文春』『新潮45』『テーミス』などで連載含め執筆。NHKと民放等でTVコメンテーターとしての出演も多数。ネットTVではレギュラー出演中。40ヵ国以上を取材。

    きくたひとし
    菊田 均

    菊田 均(文化)
    昭和23年(1948年)、千葉県生まれ。文芸評論家。法政大学大学院日本文学専攻修了。『江藤淳論』(冬樹社)『なぜ「戦争」だったのか」(小沢書店)など。

    きくちひでひろ
    菊池 英博

    菊池 英博(シンクタンク 経済 金融)
    昭和11年(1936年)生まれ。日本金融財政研究所所長。東京大学教養学部卒。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。ニューヨーク支店為替課、ミラノ支店長、豪州同銀取締役頭取など歴任。文京女子大学経営学部教授を経て現職。

    きしもとみはる
    岸元 実春

    岸元 実春(学生・青年ライター)
    鹿児島県出身。両親の知人が韓国に住んでいて幼少期からよく遊びに行っていたこともあり、中学と高校は韓国へ留学。高校卒業後、立教大学の文学部文学科に通い、大学生活を終えた後、出版社の編集部に勤めた。現在はフリーランスになり、フリーライターとして活動している。

    きむむ
    きむむ

    きむむ(学生・青年ライター)
    高校2年生の時にモンゴルでボランティア活動をし、そののち大学時代にカンボジア、パラグアイでボランティア活動を経験。また、大学時代はモンゴル語と韓国語を勉強し、青少年の教育活動にも従事した。現在は大学を卒業して韓国のソウルにある大学院で勉学に励む。趣味は写真撮影やアウトドア、そして読書。

    きよはらじゅんぺい
    清原 淳平

    清原 淳平(憲法)
    昭和7年(1932年)、東京生まれ。早稲田大学卒業、同大学院博士課程修了。西武創立者・堤康次郎会長の秘書室勤務。その後、岸信介会長(元首相)の下、(財)協和協会、自主憲法期成議員同盟、自主憲法制定国民会議、時代を刷新する会の事務局長、協和協会専務理事、新しい憲法をつくる国民会議(自主憲法制定国民会議)会長代行などを経て、現在は新しい憲法をつくる国民会議会長。著書は「憲法改正入門」「人づくり世直しを考える」「集団的自衛権・安全保障法制」など多数。

    くぼたのぶお
    窪田 伸雄

    窪田 伸雄
    昭和37年(1962年)生まれ。埼玉県出身。埼玉大学卒。社会部、政治部、モスクワ特派員(1996年~99年)、政治部次長、解説室長を経て、現在、外報部長。

    くぼたのぶゆき
    久保田 信之

    久保田 信之(教育)
    昭和11年(1936年)8月東京生まれ。学習院大学政経学部政治学科卒、学習院大学文学部哲学科卒。現在はNPO法人修学院院長・アジア太平洋交流学会会長。

    くらうとはまーちゃーるず
    チャールズ・クラウトハマー

    チャールズ・クラウトハマー(海外ライター 米国)
    1950年ニューヨーク生まれ。80年の大統領選ではモンデール副大統領のスピーチ・ライターを務めた。97年には「最も影響力のあるジャーナリスト50人」の一人に選ばれた。

    くわのたくろう

    桑野 拓郎
    コラムニスト

    こうよんちょる
    高永喆

    高永喆(海外ライター 安全保障 韓半島)
    1975年、韓国朝鮮大学(奨学生)卒。現在、拓殖大学客員研究員、JFSS(日本戦略研究フォーラム)研究員。著書に『国家情報戦略』(佐藤優共著、講談社)など多数

    ここあさい
    ココ浅井

    ココ浅井(学生・青年ライター)
    ココナッツ大好きのブラジル在住青年です。

    こばやしひさと
    小林 久人

    小林 久人
    編集委員

    こばやしひろあき
    小林 宏晨

    小林 宏晨(憲法)
    日本大学名誉教授。昭和12年(1937年)、秋田県生まれ。52年に上智大学教授、61年から日本大学法学部教授。平成19年4月、秋田県上小阿仁村村長選挙に出馬し当選。著書・論文多数。

    こばやしみちのり
    小林 道憲

    小林 道憲(歴史)
    昭和19年(1944年)福井県生まれ。昭和47年京都大学大学院文学研究科博士課程終了。哲学者。

    こまつまさゆき
    小松 正之

    小松 正之(シンクタンク)
    (昭和28年)1953年岩手県生まれ。米イェール大学経営学大学院修了。農学博士(東京大学)。77年水産庁に入庁し、国際捕鯨交渉などを担当、2005年米ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。政策研究大学院大学教授等を歴任し現職。著書に『国際マグロ裁判』、『国際裁判で敗訴!日本の捕鯨外交』、『日本人の弱点』など。

    こやまつねみ
    小山 常実

    小山 常実(憲法)
    昭和24年(1949年)、金沢市生まれ。同53年、京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得。専攻は日本教育史、日本憲法史。現在、大月短期大学教授。著書多数

    さきはま

    崎濱 秀治(沖縄関係)
    元公務員。沖縄県在住

    さくらだじゅん
    櫻田 淳

    櫻田 淳(政治)
    昭和40年(1965年)生まれ。宮城県栗原市出身。青森県立八戸高等学校・北海道大学法学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。平成23年4月より東洋学園大学教授。

    さとうただゆき
    佐藤 唯行

    佐藤 唯行(国際)
    昭和30年(1955年)東京生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得。専門は米国および英国の人種関係史、特にユダヤ人問題。著書多数。

    しまぶくろ
    島袋 悠飛

    島袋 悠飛(沖縄関係者 学生・青年ライター)
    平成5年(1993年)11月5日生まれ。沖縄県出身東京都在住。日本大学通信教育部法学部政治経済学科在学中。帝京大学で宇宙工学を学ぶも、鬱病悪化に伴い退学。竹田恒泰氏の紹介で、国際法学者の青木節子氏と出会い、宇宙法の研究者を志す。現在、学士論文で「日本の安全保障政策と宇宙開発」を研究中。

    すぎはらせいしろう
    杉原 誠四郎

    杉原 誠四郎(教育 宗教)
    昭和16年(1941年)、広島県生まれ。東京大学教育学部卒業、同大学教育学研究科修士課程修了。現在、教育研究者。主著は『日米開戦以降の日本外交の研究』『日本の宗教教育と宗教文化』など。

    すぎやましげる
    杉山 蕃

    杉山 蕃(安全保障 元防衛省)
    昭和13年(1938年)生まれ。35年防衛大学卒業(防大4期)後、北部航空方面隊司令官、航空総隊司令官を経て、平成6年7月航空幕僚長。8年3月統合幕僚会議議長となり、9年10月退官。

    すずきよしお
    鈴木 淑夫

    鈴木 淑夫(経済 金融)
    昭和6年(1931年)、東京生まれ。東京大学卒業後、日本銀行入行。同行理事。野村総研理事長を経て平成8年から15年まで衆議院議員。現在、鈴木政経フォーラム代表。経済学博士(東大)。

    そん
    宋大晟

    宋大晟(海外ライター 韓半島)
    1945年生まれ。73年、ソウル大学外交学科卒業、79年、高麗大学大学院 国際政治学修士、81年、米ミシガン大学政治学修士、84年、同政治学博士。建国大学招聘教授。韓国国際政治学会名誉理事、元世宗研究所所長、元韓国統一部政策諮問委員。近著に『韓半島平和確保』(2005)、『次期政府の国政懸案課題』(07)、『北朝鮮自由宣言』(同)、『韓米同盟の変換』(08)、など。

    たかはしただし
    髙橋 正

    髙橋 正
    昭和8年(1933年)4月7日生まれ。 昭和31年早稲田大学政治経済学部卒業。「あたらしい歴史教科書をつくる会」会員。

    たかはしとみよ
    高橋 富代

    高橋 富代(社会貢献活動)
    1963年11月13日生まれ。下田小・中学校、静岡県立下田南高等学校卒業の下田生まれ下田育ち。下田市議会議員を3期目務めた後、東京に移り住み、現在専業主婦のかたわら、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の運営委員をしております。時々、講師もしたりします。

    たかはしゆうこ
    高橋 裕子

    高橋 裕子(医療)
    昭和29年(1954年)奈良県生まれ。医学博士。天理よろづ相談所病院などを経て、1994年奈良県の大和高田市立病院で内科部長に就任後、禁煙外来を開設。『こちら禁煙外来』、『禁煙外来の子どもたち』など著書多数。

    たかはしよしあき
    高橋 克明

    高橋 克明(フリージャーナリスト)
    全米邦字新聞「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人。マンハッタン在住でニューヨークの最新事情を最前線で日々取材。 (http://www.nybiz.nyc/) 同時にインタビュアーとして、ハリウッドスター、政治家、アーティスト、アスリート、文化人、とあらゆる分野にわたる400人のインタビュー記事を世に出す。NYに挑戦する著名人インタビューサイト「ガチ!」は「ニューヨーク BIZ」のアンケート人気調査で4年連続1位を獲得。(http://www.gachi-usa.com) 近年では ニューヨーク大学、ボストン昭和女子大学、他、日本各地で世界に飛び出したい人材を対象に講演会、セミナーを行っている。極真空手USA エグゼクティヴ・プロデューサー、特定非営利活動法人ジェン JEN 理事。

    たけだごろう
    竹田 五郎

    竹田 五郎(安全保障 元防衛省)
    大正10年(1921年)福岡県生まれ。外交・防衛・軍事評論家。昭和17年陸軍航空士官学校卒業。昭和53年航空幕僚長。昭和54年統合幕僚会議議長。現在、評論家として評論・執筆活動

    たけだつねやす
    竹田 恒泰

    竹田 恒泰(文化)
    昭和50年生まれ。慶應大学卒。著書『語られなかった皇族たちの真実』で山本 七平賞を受賞。『怨霊になった天皇』(小学館)、『日本はなぜ世界でいちばん 人気があるのか』(PHP新書)、『現代語古事記 天皇の物語』(学研パブリッ シング)等、著書多数。

    たなはしよしかつ
    棚橋 嘉勝

    棚橋 嘉勝(教育)
    昭和8年(1933年)、神奈川県で教育者の家に生まれ。慶応大学文学部を卒業し、慶応義塾中等部、嘉悦学園に勤めた後、祖父が創設した郁文館学園中・高校で社会科を教え、同学園校長に就任、理事長、学園長を務めた。また、東京・文京区教育委員、慶応三田教育会会長、全国商業高等学校校長協会副理事長などを務め、退職後も文京区昭和小学校運営連絡協議会委員。教育評論家。

    たむらしげのぶ
    田村 重信

    田村 重信(安全保障)
    自民党政調会審議役

    つちや
    土屋 たかゆき

    土屋 たかゆき(政治)
    国会両院記者クラブ「やまと新聞」論説委員長、前東京都議会議員。

    ときひろしんご
    時広 真吾

    時広 真吾(文化)
    衣装デザイナー・演出家   山口県生まれ。日本大学文理学部国文科卒業。新聞記者を経て、フリーのジャーナリスト、スタイリストを経て、衣装デザイナーとなる。独創的なのスタイルは「文学的な叙情」と評され国内外の舞台で活躍する。近年は演出家・パフォーマー・詩人・写真家・プロデューサーとして活動し、海外においてオールラウンド・アーティストと称される。舞台衣装展とワークショップの依頼が続いている。現在、7都市で開催している「美の種プロジェクト」(2010年開始)は地域の市民芸術運動の振興や、芸術全般を巻き込む実験的な自己表現の場を提供し、市民に地元の才能を育てる歓びを知り、結果。その土地の人々が文化を核にしたオリジナルの魅力を内外に発信する。新しいカタチの地域振興のプロジェクトとして注目されている。 http://www.shingotokihiro.com

    とこいあきお

    床井 明男(経済)
    昭和31年(1956年)、栃木県生まれ。北海道大学大学院工学研究科修了。82年入社。社会部、経済部、整理部などを経て、現在、経済部長。

    とだてたかのり
    外舘 孝則

    外舘 孝則(社会貢献活動)
    昭和37年(1962年)、岩手県生まれ。日本大学卒業。現在、特定非営利活動法人エンチャイルド理事長。小中高でPTA会長、社会教育委員を務める。

    とよだつよし
    豊田 剛

    豊田 剛(沖縄関係者)
    昭和46年(1971年)静岡県生まれ。関西外国語大学英米語学部卒業。米国留学後、1999年入社。2000年から2007年までベルリン特派員。その後、那覇支局記者を経て現在、那覇支局長。

    ないとうしゅんすけ
    内藤 俊輔

    内藤 俊輔(社会貢献活動)
    中学生の時に父を病気で亡くし,母子家庭で育つ。高校はラグビー,大学時代はバンドに明け暮れる。社会人は法人個人営業を約5年間経験し、平成24年度4次隊として青年海外協力隊でアフリカのルワンダへ。現在は国際協力師になる為に奮闘中。2015年9月にNPO法人AYINAの副代表に就任。2015年10月から2016年7月までカナダのエドモントン&バンクーバーに滞在。2016年9月から西アフリカベナンにて活動予定!

    なかおかひろし
    中岡 弘

    中岡 弘(文化)
    1956年(昭和31年)島根県に生まれる。大阪大学文学部を卒業後、渡米し、神学大学院で宗教教育学を学ぶ。著述家。

    なかざとよしひこ
    仲里 嘉彦

    仲里 嘉彦(沖縄関係者)
    昭和13年(1938年)、沖縄県本部町生まれ。国士舘大学政治・経済学部中退。37年、産業新聞入社。同社那覇支局長。48年、沖縄産業新聞創刊社長。57年、株式会社春夏秋冬社創立社長に就任。58年、月刊「自治新報」創刊。平成23年、万国津梁機構・一般社団法人設立理事長に就任。著書に『仲里嘉彦が描く沖縄のグランドデザイン』ほか多数。

    なかざわたかゆき
    中澤 孝之

    中澤 孝之(国際)
    昭和10年(1935年)1月5日生まれ。旧満州・大連市出身。(学)東京外語大学ロシア語科(昭和36年)卒業 (団)ロシア東欧学会理事。日本国際政治学会などを経て現在、日本対外文化協会理事。

    なかじょうたかのり
    中條 高德

    中條 高德(経営)
    昭和2年(1927年)、長野県生まれ。陸軍士官学校六十期生。学習院大学卒業後、アサヒビール(株)入社。常務取締役営業本部長として「アサヒスーパードライ」作戦による会社再生計画で大成功を収める。

    なかむらさとる
    仲村 覚

    仲村 覚(沖縄関係者)
    昭和39年(1964年)、那覇市生まれ。埼玉県在住。昭和54年、陸上自衛隊少年工科学校(横須賀)入校、卒業後の航空部隊に配属。平成3年退官。複数の企業勤務を経て平成21年、日本は沖縄から中国の植民地になるという強い危機感から民間団体「沖縄対策本部」を設立し活動中。著書に『そうだったのか!沖縄』(示現社)。

    なかむらひとし
    中村 仁

    中村 仁(フリージャーナリスト 政治 経済)
    全国紙で長く経済記者として、財務省、経産省、日銀などを担当、ワシントン特派員も経験。2013年の退職を契機にブログ活動を開始、経済、政治、社会問題に対する考え方を、メディア論を交えて発言する。

    なかむらゆきつぐ
    中村 幸嗣

    中村 幸嗣(政治)
    昭和38年生まれ。鹿児島ラ・サール中・高卒業。平成元年防衛医科大学校卒業の元陸上自衛隊医官。血液内科専門。自衛隊と医師の2足のわらじをはきながら、イラクでの支援にも参加。現場で働いていく閉塞感を感じ、患者さんと仲間のために政治の世界に飛び込むため防衛省を退職。約2週間で選挙準備。残念ながら落選。現在充電中。 2012年4月から血液内科医としてまた診療中 2016年3月いっぱいで退職 全ての記事は私個人の意見で、獨協医大、防衛医大、自衛隊とは関係がないことを宣言しておきます。

    ながしまともじ

    長島 朋爾(憲法)
    評論家

    なすきよし
    那須 聖

    那須 聖(米国)
    大正5年(1916年)アメリカ合衆国生まれ。在米外交評論家。関西学院大学で心理学を専攻。昭和21年毎日新聞社に入社。41年退社後、引き続き二ューヨークに留まって外交評論活動を続ける。

    にしだけんじろう
    西田 健次郎

    西田 健次郎(沖縄関係者 政治)
    昭和18年(1943年)沖縄県国頭村(くにがみそん)生まれ。同42年琉球大学法政学科卒。沖縄市議3期、県議を5期。その間、自民党沖縄県連幹事長、会長など歴任し、現在OKINAWA政治大学校名誉教授。

    にったようこ
    新田 容子

    新田 容子(シンクタンク 安全保障)
    日本安全保障・危機管理学会主任研究員。インテリジェンス及び ロシア担当。防衛大学客員研究員として2016年2月までサイバー戦争概論の戦略の講義を担当。 専門は情報戦略とサイバーセキュリティ。 主に各国のサイバー安全保障政策に関する情報収集、調査、考察及び分析を行い、各国よ り招聘を受け、戦略にかかる分析及び考察を行う。サイバーエスピオナージ等についてプレゼンテーションを行い、海外のジャーナル誌に多数寄稿する等対外発信にも努める。 国際会議では各国の当イシューにかかる最新の動向や知見を得、ネットワークを構築、グローバルアウトリーチに務めている。 米、英、仏、独と連携するサイバーG5(知的所有権窃盗等)専門家会合の委員。

    ねもとかずお
    根本 和雄

    根本 和雄(医療)
    昭和12年(1937年)盛岡市生まれ。岩手大学学芸部(現教育学部)卒。平和台病院勤務後、アレン国際短期大学助教授。52年、光塩学園女子短期大学教授(臨床心理学)等。著書多数。

    はせやまたかひこ
    長谷山 崇彦

    長谷山 崇彦(シンクタンク)
    東京生まれ。慶応義塾大学大学院経済学研究科修士課程・デリー大学大学院博士課程修了。農学博士。アジア経済研究所経済成長調査部主任研究員、同部長、理事を歴任。その間、ニューデリー駐在員、国連食糧農業機関(ローマ・バンコク)、国際食糧政策研究所(ワシントンDC)等の海外勤務13年。世界平和教授アカデミー常任理事。

    はっとりのりお
    服部 則夫

    服部 則夫(国際 元外交官)
    昭和20年(1945年)福井市生まれ。元駐ベトナム特命全権大使。43年外務省入省。平成13年外務報道官、駐ベトナム大使、OECD日本政府代表部大使、22年退官。ベトナム国家最高位の友誼勲章受章。

    はまぐちかずひさ
    濱口 和久

    濱口 和久(安全保障 元防衛省)
    1968年、熊本県生まれ。防衛大学校材料物性工学科卒。陸上自衛隊、日本政策研究センター研究員、栃木市首席政策監などを経て、現在、拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長、一般財団法人防災教育推進協会常務理事・事務局長を務める。著書に『日本の命運 歴史に学ぶ40の危機管理』『だれが日本の領土を守るのか?』『探訪 日本の名城 戦国武将と出会う旅(上巻・下巻)』(青林堂)など。

    はやかわいちろう

    早川 一郎
    早稲田大卒。社会部、政治部、ワシントン特派員。帰国後、政治記者として国会取材を担当。政治部次長、政治部長、論説室長を経て、現在は編集局次長兼政治部長。編著書に「みんなが知りたい日本共産党50問50答」「『新日本共産党宣言』の正しい読み方」など。

    はやかわちゅうこう
    早川 忠孝

    早川 忠孝(政治)
    弁護士・前衆議院議員。国士舘大学大学院客員教授、一般財団法人救護救急財団理事・会長、救急救命士制度研究会会長、鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト代表、ビヨンドXフォーラム寺子屋ー挑戦者たちの集い-主宰、動態的憲法研究会主宰。著書に 「早川忠孝『先読み』ライブラリー」 『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡』 『選挙の神様』 『動態的憲法研究』 早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著) 他 多数

    はやかわとしゆき

    早川 俊行(米国)
    ワシントン支局長

    ひがしやまあきこ

    東山 明子(医療)
    畿央大学教授・スポーツメンタルトレーニング上級指導士

    ひの
    日野 智貴

    日野 智貴(学生・青年ライター)
    1997年、兵庫県生まれ。憲法問題や歴史問題、環境問題、生命倫理問題に強い関心を持つ。また、高校時代に子宮頸がんワクチン反対運動に参加。現在、大学1年。新政未来の党代表代行兼学生幹事長。

    ひらいもとゆき
    平井 基之

    平井 基之(教育)
    私は31歳になってから、たった1年の勉強で東大文三に合格しました。なぜそれが可能だったかと言うと、戦略を用いたからです。その戦略やニュース解説を通して日本の教育を考えていきます。 ブログ「東大に文理両方に合格した男が綴る、受験の戦略」主宰 http://ameblo.jp/pipinee/

    ひろいたかひろ
    廣井 孝弘

    廣井 孝弘(サイエンス 宇宙)
    昭和35年(1960年)生まれ、岐阜県出身。東京大学大学院理学系研究科鉱物学専攻博士課程修了(理学博士取得)。現在米ブラウン大学惑星地質・上級研究員。隕石と小惑星の鉱物分光学の研究の第一人者。2000年、隕石学への貢献によって小惑星(4887)タキヒロイが命名される。日本の惑星探査ミッション「はやぶさ」「かぐや」「はやぶさ2」に共同研究者として参加している。

    ふかがわこうじ
    深川 耕治

    深川 耕治
    福岡県生まれ。福岡県立小倉高校、筑波大学第一学群人文学類卒。編集局整理部、文化部、政治部を経て香港が中国に返還された1997年から香港支局長。中国各地、香港、マカオ、台湾での現地取材多数。

    ふくしまじゅんいち

    福島 純一
    フィリピン在住。アジアのラテン国家フィリピンで起きる様々な出来事をお届けします。

    ふでさかひでよ
    筆坂 秀世

    筆坂 秀世(政治)
    1948年生まれ。兵庫県出身。高卒後、三和銀行に入行。18歳で日本共産党に入党、国会議員秘書を経て参議院議員2期。書記局長代行、常任幹部会委員、政策委員長などを歴任。2003年に議員辞職。05年、離党。

    ふるかわみつてる
    古川 光輝

    古川 光輝(フリージャーナリスト)
    言論サイト「NOW! TIMES」編集長。日本人として祖国と家族を愛しています。政治信条は保守・国際派。若い世代に日本の将来を真剣に考えてもらうために執筆を続けています。未来の子供達の為にできることをやっていきます。趣味は野球、音楽鑑賞、映画鑑賞。

    へなん
    ベナン在住

    ベナン在住
    西アフリカ大陸のべナン共和国在住の青年。熱いハートと冷静な頭脳で活動中。

    ほしまさひこ
    星 雅彦

    星 雅彦(沖縄関係者)
    昭和7年(1932年)、那覇市生まれ。詩人、美術評論家、国立劇場おきなわ財団法人理事、沖縄県文化協会会長、文芸誌「うらそえ文芸」編集長などを務めるかたわら、日本現代詩人会、美術評論家連盟、日本ペンクラブの会員。「砂漠の水」(オリジナル企画)、「星雅彦詩集」(土曜美術社出版販売)など詩集の他、「沖縄戦後美術の流れ」などの美術書や「沖縄県史第9巻・戦争記録」「沖縄の証言」など歴史書を執筆している。

    ほそかわたまお
    細川 珠生

    細川 珠生(フリージャーナリスト 政治)
    若手政治ジャーナリストとして、ラジオ、新聞、雑誌などで活躍中。政治評論家・細川隆一郎氏の長女。

    ほりもとかずひろ
    堀本 和博

    堀本 和博(マスコミ)
    昭和23年(1948年)岐阜県生まれ。大阪市立大中退。文化部長、社会部長、マドリード特派員、編集局次長、編集委員などを歴任。著書に「朝日新聞に内部崩壊が始まった」(第一企画出版)、「拡材―ある“新聞拡張団”体験記」(泰流社)など。

    ほんだたかふみ

    本田 隆文
    愛媛県生まれ。名古屋大学卒業。編集局校閲部、社会部を経て外報部へ。1997年から2001年、エルサレム特派員。執筆とともに翻訳も担当。主に中東をカバー。

    まざきなお
    馬崎 奈央

    馬崎 奈央(医療)
    千葉県出身。東京藝術大学音楽学部卒業後、海外留学で若者の薬物乱用の深刻さを目の当たりにした。現在、日本薬物対策協会を運営しながら乱用防止活動に取り組む。日本薬物対策協会世話役。

    ますきよし

    増 記代司(マスコミ)
    昭和25年(1950年)大阪府生まれ。東京福祉大学(付設社会福祉士養成課程)修了。「都議会新聞」編集長などを経て、1994年から本紙「メディアウォッチ」や論説を執筆。論評が大学入試に出題されるなど高い評価を得ている。社会福祉士としてはホームレス支援や原発避難者を支援。毎週火曜日掲載「メディアウォッチ」欄に携わっている。

    またよしやすたか
    又吉 康隆

    又吉 康隆(沖縄関係者)
    昭和23年(1948年)生 沖縄県読谷村在住 琉球大学卒 ヒジャイ出版代表・作家。著作は評論として「沖縄に内なる民主主義はあるか」「翁長知事・県議会は撤回せよ謝罪せよ」「捻じ曲げられた辺野古の真実」、小説は「一九七一Mの死」「ジュゴンを食べた話」「バーデスの五日間」、ヒジャイ出版より「かみつく(1,2,3)」「沖縄内なる民主主義(4,5,6,7)」を出版。

    まつばらひろゆき
    松原 広幸

    松原 広幸(社会貢献活動)
    昭和37年(1962年)静岡県静岡市清水区生まれ 茨城大学、静岡大学大学院修了後、ソフトウェア開発関連企業に勤務。禁酒・禁煙・ベジタリアンのITコーディネータ、コンテンツアナリスト。IT、コンテンツビジネス、文化芸能、科学、宗教と多方面に関心を持って市民活動支援などにも関わっている。情報処理学会、人工知能学会、日本物理学会、日本ベジタリアン学会 会員。

    まつもとけんいち
    松本 健一

    松本 健一(文化)
    昭和21年(1946年)群馬県生まれ。東京大学経済学部卒業。京都精華大学教授を経て、現在、麗澤大学教授。評論家、作家としても活躍。

    まつやひでお
    松谷 秀夫

    松谷 秀夫(沖縄関係者)
    昭和19年(1944年)群馬県生まれ。日本テレビ技術専門学校(現・東京工科大学)卒。平成5年から24年6月まで宜野湾市観光振興協会会長。現在は同会顧問、学校法人SOLA沖縄学園監事、普天間日米友好協会会長など。

    みついしえりこ
    三石 江里子

    三石 江里子(社会貢献活動)
    宮崎県出身。大学卒業後、米国、南米、ロシア、南太平洋などで過ごし、現在は米国フロリダ州マイアミに在住する主婦。日本文化の普及に努め奮闘中。

    みついしゅんすけ
    三井 俊介

    三井 俊介(社会貢献活動 学生・青年ライター)
    1988年12月23日、茨城県つくば市生まれ。法政大学法学部国際政治学科卒業。2011年の震災を機に、岩手県陸前高田市広田町への支援を開始する。大学卒業後に同地に移住、結婚、一児の父となる。2013年6月にNPO法人SET代表理事に就任。2015年9月より陸前高田市議会議員に就任。NPOと議員の両輪で陸前高田市の町づくりに尽力中。

    みなみできくじ
    南出 喜久治

    南出 喜久治(憲法)
    弁護士、憲法学会会員

    みやぎじろう

    宮城 二郎
    ジャーナリスト

    みやぎよしひこ
    宮城 能彦

    宮城 能彦(沖縄関係者)
    昭和35年(1960年)沖縄県那覇市生まれ。琉球大学、兵庫教育大学大学院卒業。現在沖縄大学教授。専攻は村落社会学、地域社会学、共同体論。著作多数。

    みやざき
    宮崎 林司

    宮崎 林司(社会貢献活動)
    昭和21年(1946年)三重県生まれ。1966年三重大学農学部入学、1971年卒業。 大学在学中に1年間カナダBC州の林業にふれ、住友林業に入社、海外の林業習熟。1989年地球環境問題にめざめ「人の健康と地球の健康」をテーマにした会社を設立。1996年よりオランウータンの支援、1999年よりインドネシアの熱帯雨林の再生のための植林活動中。団体NPOアジア植林友好協会代表理事

    みやつかとしお
    宮塚 利雄

    宮塚 利雄(韓半島 国際)
    昭和22年(1947年)秋田県生まれ。高崎経済大学卒後、韓国・檀国大学校大学院経済学科博士課程修了。元山梨学院大学教授。毎年数回の中朝国境フィールドワークで生の北朝鮮情報やアイテム収拾を続ける。現在、宮塚コリア研究所代表。

    みやもとあつお
    宮本 惇夫

    宮本 惇夫(フリージャーナリスト)
    昭和18年(1943年)茨城県高萩市に生まれる。1967年 早稲田大学第二政経学部を卒業。 1977年 経済誌や総合誌の経てフリージャーナリストとして独立。安岡正篤門下の越川春樹先生(懐徳塾)や向後正美先生(向風塾)の門下に連なり、東洋思想を学ぶ。

    もりぐち
    森口 朗

    森口 朗(政治)
    中央教育文化研究所代表、教育評論家 中央大学法学部卒業。佛教大学大学院通信教育部教育学研究科修士課程修了。1984年から2016年まで東京都庁に勤務。その間、教育評論を開始し著書に『いじめの構造』『戦後教育で失われたもの』『日教組』などがある。近年の学校問題やいじめ問題を論じる際のキーワードである「スクールカースト」は、ネットスラングを森口が『いじめの構造』で紹介し一般化したものである。

    もりたせいさく

    森田 清策
    昭和31年(1956年)宮城県生まれ。成蹊大学法学部卒業後、1982年入社。1991年から97年まで、ワシントン特派員。その後、政治部次長、社会部長を経て現在、編集委員。

    やまざきようすけ

    山崎洋介
    社会部

    やまざきよしひろ

    山崎 喜博
    元特派員(バーレーン、トルコ)。UPI通信社・元東京支局長。現在、一般社団法人「平和政策研究所」主任研究員。

    やまだひろし
    山田 寛

    山田 寛(国際 マスコミ)
    読売新聞でサイゴン、バンコク、パリ特派員、アメリカ総局長、調査研究本部主任研究員などをつとめた後、嘉悦大学教授(国際交流センター長)を経て、現在非常勤講師。

    ゆるぎひろふみ

    柚留木 廣文
    フリージャーナリスト

    ようけんこう

    葉 建興
    外交問題研究家

    よしかわ

    吉川 圭一
    グローバル・イッシューズ総合研究所代表取締役

    よしもとしゅういち
    吉本 秀一

    吉本 秀一(社会貢献活動 医療)
    昭和40年(1965年)北海道士別市生まれ。1987年北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科卒業。1994年社会医学技術学院理学療法学科卒業。1997年から日心会医療法人社団総合病院一心病院メディカル部長・リハビリ科長。作業療法士&理学療法士。けん玉道五段。2015年から公益社団法人日本けん玉協会理事。関東副ブロック長、東京都支部長。NHK「きょうの健康」など、けん玉でメディア出演多数。

    ろよんむ
    呂 永茂

    呂 永茂(海外ライター シンクタンク)
    高麗大学法学部卒、同大法学博士。東亜日報論説委員、統一研究所長、統一院政策評価委員、米ジョージワシントン大客員教授、大韓国際法学会理事兼副会長、KBS時事解説者など歴任。現南北戦略研究所所長、ニュース&ピープル・コム代表兼主筆。南北戦略研究所所長。

    わたなべひさよし
    渡辺 久義

    渡辺 久義(文化)
    昭和9年(1934年)2月岐阜県生まれ。日本の英文学者。昭和34年京都大学文学部英文科卒。昭和36年同大学院文学研究科修士課程修了。現在、京都大学名誉教授。