■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • Negotiators skirt customs, make flights easier from UAE to U.S. UAEの通関センター交渉に国土安保省が関与

    Negotiators skirt customs, make flights easier from UAE to U.S.

    Top officials at the Homeland Security Department skirted customary channels in negotiating a special U.S. customs facility at an international airport in the United Arab Emirates, and then some advised on UAE security-related projects after leaving the government, according to congressional and business sources.

    Formal plans for a pre-clearance center in Abu Dhabi, one of the seven monarchies that make up the UAE, have sparked congressional concerns about U.S. border security and about the economic impact on the airline industry, where the plan faces opposition from some domestic carriers and airline unions.

    U.S. Customs and Border Protection is the Homeland Security Department agency usually responsible for negotiating pre-clearance centers at a handful of airports around the world. Pre-clearance lets federal customs officials search bags and cargo and clear travelers before they board flights destined for the U.S.

    Congressional sources said, however, that the plan was not forged by CBP but by top officials at Homeland Security. They said CBP became formally involved in negotiations as much as a year after the department and the UAE signed a letter of intent in December 2011.

    “Prior to formal discussions on Abu Dhabi,” one staffer said, “it is not clear that CBP was involved except to provide guidance to senior [Homeland Security] officials who were involved with the UAE from the beginning. It appears that CBP was used as a resource but not brought in until a formal stage at the end.”

    CBP officials did not respond to questions about the agreement with the UAE, which was signed in April.

    In congressional testimony, agency leaders have said the center will allow them to keep people and cargo that raise security concerns off U.S.-bound flights from Abu Dhabi.

    Lawmakers have questioned the genesis of the plan for other reasons.

    Noah Kroloff, who was chief of staff under Homeland Security Secretary Janet A. Napolitano, was engaged in the pre-clearance center negotiations, business and congressional sources said.

    Before a final agreement was reached, he left the department to form a consulting firm, Global Security & Intelligence Strategies. Other partners include David Aguilar, former deputy commissioner of CBP, and former senior Homeland Security adviser Dennis K. Burke ? all of whom, like Mr. Kroloff, have Arizona-based ties to Ms. Napolitano, who retired in September.

    GSIS has since acted on behalf of UAE interests seeking security expertise, said a source familiar with the firm.

    The precise nature of the services GSIS provided is unclear. A GSIS spokeswoman declined to discuss the firm’s portfolio and referred questions about Mr. Kroloff’s role in the pre-clearance center negotiations to Homeland Security.

    In a statement, the firm said, “GSIS does not represent a foreign government nor does it represent an entity engaged in preclearance discussions.”

    Homeland Security officials did not answer questions about pre-clearance center negotiations or Mr. Kroloff’s role.

    Homeland Security spokesman Peter Boogaard said a new pre-clearance center will allow CBP agents to screen more passengers before they board flights bound for the United States, “further underscoring our commitment to layered security while also streamlining legitimate travel and commerce.”

    December 11, 2013

    UAEの通関センター交渉に国土安保省が関与

     国土安全保障省の高官が、アラブ首長国連邦(UAE)の国際空港への米国の特別通関施設の設置をめぐる交渉で通常の経路を回避し、さらに退官後、UAEの安全保障関連のプロジェクトに関してアドバイスを行っていた。議会と企業筋が明らかにした。

     UAEを構成する7首長国の一つ、アブダビの事前通関センターの公式プランが、米国の国境警備と航空業界の業績に影響を及ぼすのではないかという懸念が議会で生じている。プランは、米国内の航空会社と労組の反対に遭っている。

     海外の一部の空港にある事前通関センターに関する交渉は通常、国土安保省の部局、米税関国境警備局(CBP)が担当する。事前通関手続きは連邦税関職員が行い、米国行きの便に搭乗する前に鞄(かばん)、貨物を調べ、旅行者をチェックする。

     しかし、議会筋によると、このプランは、CBPではなく、国土安保省の職員が作成した。同省職員らによると、CBPは国土安保省とUAEが2011年12月に基本合意書に署名後、1年間にわたり公式に交渉に参加した。

     職員によると、「アブダビでの公式な交渉前は、最初からUAEとの交渉にかかわってきた(国土安保省)職員にアドバイスをする以外の部分で、CBPが関与したかどうかは明らかではない。CBPは支援を行ってきたが、最終段階で公式協議に参加した」という。

     CBP当局者は、4月に署名されたUAEとの合意についての質問には答えなかった。

     同局幹部は議会証言で、通関センターによって、アブダビから米国行きのフライトから、安全保障上の懸念のある人やモノを取り除くことが可能になると語った。

     議員らはさらに、プランの発端について別の観点から質問をした。

     企業・議会筋によると、ナポリターノ国土安保長官の首席補佐官ノア・クロロフ氏が、事前通関センター交渉に携わってきた。

     クロロフ氏は最終合意に達する前、同省を退官しコンサルティング会社、グローバル・セキュリティー・アンド・インテリジェンス・ストラテジーズ(GSIS)を設立した。同社には、CBPの元副理事、デービッド・アギラー氏、国土安保省の元顧問、デニス・バーク氏がパートナーとして参加している。クロロフ氏と同様、2人とも、9月に退任したナポリターノ氏とアリゾナ州で接点がある。

     同社に近い筋によると、GSISは以後、安全保障の専門知識を必要とするUAEの代理として活動してきた。

     GSISがどのような業務を提供してきたか正確なところは不明だ。GSISの広報担当者は、同社の業務内容についての質問には答えず、事前通関センター交渉にクロロフ氏が関与したのは国土安保省のためだと指摘した。

     同社は声明を出し「GSISは、外国政府の代理でも、事前通関センター交渉の関係者の代理でもない」と主張した。

     国土安保省当局者は、事前通関センターの交渉へのクロロフ氏の関与についての質問には答えなかった。

     同省報道官のピーター・ブーガード氏は、新しい事前通関センターで、CBP職員が米国行きのフライトの乗客を搭乗前にチェックすることができるようになると指摘、「何重ものセキュリティーにCBPがさらに強く貢献できるようになり、正規の人の移動や通商をさらに容易にする」と説明した。

    (12月11日付)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。