■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ジカ熱の懸念の中、開催準備が進むリオ五輪

     五輪当局者らは、ジカ熱が発生し始めている国で行われる夏季大会に向かって精力的に準備を進めている。ブラジルの冬の数カ月間の対策で、虫によって感染する病気、五輪によってウイルスが世界中にばらまかれる可能性があるという批判に打ち勝つと確信している。

     米女子サッカーのゴールキーパー、ホープ・ソロは、当初はリオデジャネイロ五輪出場に慎重だったが、出場への準備を進めている。フィジーのゴルフ選手ビジェイ・シン、北アイルランドのゴルフ選手ローリー・マキロイらは出場を辞退した。蚊を介して伝染し、出産に悪影響を及ぼしたり、衰弱性の症状を引き起こしたりするこの病気に感染するリスクを回避するためだ。

     多くの人々が8月に開催される大会に集まるため、この南米の暑い地域でジカ熱に感染し、世界中に持って帰るのではないかという懸念が高まっている。

     150人以上の医療専門家らが先月、当局者らに対して、大会の延期または開催地の変更を求めた。ウイルスはまだブラジル内に広がっている。ブラジルの医師らは2015年に初めて、ジカウイルスと、小頭症の子供が生まれる事例の増加との間の関連を指摘した。

     国際オリンピック委員会(IOC)側は、世界保健機関(WHO)の助言を受けて、大会の計画通り実行することを求めている。

     WHOと米疾病対策センター(CDC)は、ジカ熱に感染する可能性はかなり低いが、妊婦は可能ならば行かないようにと助言している。

     CDCのトム・フリーデン所長は先週、議会で「五輪に行っても、ジカ熱が流行している地域すべての0.25%以下の地域に行ったことにしかならない。そのため、五輪が開催されなくても、99.75%の地域での拡大のリスクは変わらない」と語った。

     それを受けて専門家らは、待ち望まれてきた大会を中止するよりも、観戦対策を講じることの方が重要だと主張している。リオデジャネイロは2009年に大会開催を勝ち取った。

     チームUSAは、蚊に刺されないように、選手とスタッフに空調の効いた部屋を割り当て、殺虫剤を配布し、普段着として長袖、長ズボンの衣類を提供する。また、少なくとも6カ月間は性的に感染する可能性があるため、コンドームも配布する。

     米国の男子バレーボールのコーチ、ジョン・スペロー氏はニューヨーク・タイムズ紙に、大会前に精子を冷凍保存しておく予定であることを明らかにした。44歳のスペロー氏と夫人は、感染の可能性が消えるまでもう1人子供を持つのを待ちたくないからだ。

     リオ五輪に行かない選手もいる。今月初め、米国の自転車競技選手ティジェイ・バン・ガーデレンは、夫人が第2子を出産する予定のため、チームUSAへの参加を辞退した。

     オーストラリアのゴルフ選手マーク・レイッシュマンは5月に辞退し、夫人が命に関わる病気からの快復途上にあることを明らかにした。

     PGAオーストラリアの声明でレイッシュマンは、「私と子供たちは4月に妻のオードリーを毒素性ショック症候群で失いそうになった。それ以来、オードリーは感染しやすくなり、免疫系はまだ完全には回復していない」ことを明らかにした。

     選手以外でも、NBC「トゥデー」の司会者サバンナ・ガスリー氏が最近、妊娠しているためリオデジャネイロには行かないことを発表した。

    (6月22日付)

    ◆   ◇   ◆

    Olympic officials are forging ahead with the Summer Games in the country where the ominous Zika outbreak began, betting the Brazilian winter and months of prep work will triumph over disease-carrying insects and critics who say the event could scatter the virus across the globe.

    U.S. women’s soccer goalkeeper Hope Solo is on track to compete in Rio de Janeiro despite initial wariness. Golfers Vijay Singh of Fiji and Rory McIlroy of Northern Ireland and others are dropping out, saying they won’t take their chances with a mosquito-borne illness that causes birth defects and has been linked to debilitating syndromes.

    Thousands of people will flock to the games in August, sparking fears that visitors will become infected in the South American hot zone and carry Zika back to their corners of the globe.

    More than 150 health experts called on officials last month to postpone or move the games. They argue the virus is still rampant in Brazil, where doctors in 2015 spotted a first-of-its-kind link between the virus and an uptick in babies born with abnormally small heads.

    For its part, the International Olympic Committee is relying on guidance from the World Health Organization to defend the games.

    Both the WHO and the U.S. Centers for Disease Control and Prevention say the Olympics will amount to a tiny blip in potential transmission of Zika, though they advise pregnant women to stay away if they can.

    “Travel to the Olympics accounts for less than one-quarter of 1 percent of all travel to Zika-affected areas,” CDC Director Tom Frieden told Congress last week. “So even if the Olympics didn’t exist, 99.75 percent-plus of the risk of spread would continue.”

    As a result, experts say it makes more sense to defend against infection than scrap the highly anticipated event, which was awarded to Rio in 2009.

    Team USA will house athletes and staff in air-conditioned quarters and distribute OFF! bugspray and long sleeves and pants as part of the delegation’s casual wear so they can avoid mosquito bites. It also will hand out condoms since the disease can be sexually transmitted for at least six months.

    U.S. men’s indoor volleyball coach John Speraw told The New York Times that he plans to freeze his sperm ahead of the Games, because the 44-year-old coach and his wife don’t want to wait for any infection to dissipate before they try to have another kid.

    Others are not going to Rio at all. Earlier this month American cyclist Tejay van Garderen withdrew from consideration for Team USA because his wife is expecting their second child.

    Australian golfer Marc Leishman pulled out in May, citing his wife’s recovering health after a near-fatal illness.

    “Last April my children and I almost lost my wife Audrey to Toxic Shock Syndrome. Since then Audrey has been prone to infection and is far removed from 100 percent recovery of her immune system,” Mr. Leishman said in a statement released by PGA Australia.

    Among nonathletes, NBC “Today” show host Savannah Guthrie recently announced she is pregnant and will not travel to Rio.

    June 22, 2016

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。