■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    早川 俊行
    ワシントン支局
    岩城 喜之
    岩城 喜之
    ワシントン支局
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    ペマ・ギャルポ
    ペマ・ギャル...
    チベット・中国問題
    宋大晟
    宋大晟
    元世宗研究所所長
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    党の好機つぶしたトランプ氏

    Charles Krauthammer米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー

    レトリックで支持回復

    イスラム教徒入国禁止を提案

     【ワシントン】どのように実施しようというのだろうか。ドナルド・トランプ氏はテレビで8日、全イスラム教徒の入国を禁止し、イスラム・テロから米国を守るという自身の計画について説明した。入国管理官が外国人にイスラム教徒かどうかを質問するというのだ。

     「この質問に『はい』と答えると、入国は認められないということか」

     トランプ氏は「その通り」と答えた。

     素晴らしいアイデアだ。その上、非常に効率的だ。つまり、血に飢えたテロリスト、トランプ氏の言う「聖戦のみを信じ、理性や人命の尊重というものを見失った人々」は、自尊心が強く、不信心な入国管理官にうそをつくことはないということか。人は殺しても、ジョージ・ワシントンのようにうそはつかないということか。その通りになるかどうかは、米国を聖戦から守る強力なマジノ・ライン次第だ。

     私は、トランプ氏の提案は不愉快でアメリカらしくないという非難の大合唱にはあえて加わらない。当たり前のことだからだ。私たちが克服しなければならないのは、そこにある愚かしさだ。

     いかに愚かな計画かは次の提案からその一端を見ることができる。私の知人のFOXニュースのクリス・スタイヤーウォルト氏が言ったことだ。米国の全空港の入管で、移民、難民、学生、観光客らすべての入国希望者にベーコンサンドイッチを食べるよう要求し、拒否すれば、入国させないというのはどうだろうかというのだ。

     確かに、スタイヤーウォルト氏のやり方は、少し範囲が広過ぎる。悪意のないベジタリアン、正統派ユダヤ人まで拒否することになる。しかし、トランプ氏が8日の説明で「戦争状態にあり、分かってもらうしかない」と指摘したように、二次的被害など気にしてはいられない。

     トランプ氏の提案が長期的に見ていかに愚かかを指摘する声は数多くある。ハリウッドの衣装部屋から見事な外衣を持ち出してイスラム過激派への新たなキリスト教十字軍を組織するのは無理な話なのだから、テロとの戦いは穏健派イスラム教徒と手を組むしかない。イスラム教徒に敵意を示せば、協力体制を築くことなどできるはずがない。

     一番分かりやすい例を挙げるとするとクルド人だろうか。中東で米国に最も近く効果的な同盟相手だ。トランプ氏なら、オーランド空港でこのクルド人を追い返すことだろう。ディズニーワールドはクルド人のためのものではないと言うだろうか。クルド人がイスラム教徒であることを知らないかもしれない。

     このようなことが議論されること自体恥ずかしいことだ。トランプ氏はアイオワ州でのマンモス大学の調査でテッド・クルーズ氏が初めて支持率で上回ったのを見ると、5時間後には首位の座を取り戻そうとこの思い切った離れ業に出た。「イスラム教徒お断り」を真面目に捉えることは、このトランプ氏の巧妙なレトリックに陥れられることにもなる。

     この発言に識者らが再び反応した。ナショナル・レビューのアンドリュー・マッカーシー氏もその一人だ。私が深く尊敬していたマッカーシー氏が、1000ワードも使って、憲法や法律を持ち出してイスラム教徒入国禁止を擁護した。トランプ氏の提案を「最終的な形」として扱うことを強調したのだ。椅子から転げ落ちるほどの奇想天外な発言は、慎重に練り上げられたものであり、トランプ氏の発言ですべてが決まるとでも言っているようだ。

     トランプ氏のシリア政策を見てみたい。9月に、シリアから手を引いて、「イスラム国」はロシアに任せようと言った。ウラジーミル・プーチン氏の主要な関心、つまり標的が「イスラム国」ではなく、反アサド政権勢力であることが明らかになると、トランプ氏は、イスラム国を「爆撃し殲滅(せんめつ)」させると宣言した。

     最終的な結果がどうであれ、トランプ氏の戦略は功を奏し、今後もずっと選挙戦、共和党の動向に影響を及ぼす。国内経済は低迷し、国外では戦略的に失敗している中、トランプ氏はあれこれと工夫しながら、共和党の選挙戦全体を下らない論戦に貶(おとし)めた。1100万人の不法移民の送還やイスラム教徒を水際で阻止することなどだが、どれも実行は不可能だ。

     「イスラム教徒入国禁止」がその典型的な例だ。オバマ大統領は6日夜、執務室から演説したが、演説からは大統領としての勢いが失われていることが見て取れた。内容は陳腐で、気概も感じられず、政策に間違いはないと言い切ったことが、左派、右派、中道派を不安にさせた。ニューヨーク・タイムズ紙ですら「オバマ氏のISIS封じ込め計画は不十分だと多くの民主党員が感じている」と指摘した。「空虚な執務室を見て驚く民主党員」ということだ。共和党が、オバマ氏、ヒラリー・クリントン氏の外交政策の完全否定を開始するチャンスが訪れている。

     だが、1日もたたずそのチャンスが消え失せてしまった。今回もトランプ氏の一人芝居のせいだ。

    (12月11日)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。