■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • Obama sending troops to help search for Nigerian schoolgirls 米、女生徒捜索でナイジェリアに派兵

    Obama sending troops to help search for Nigerian schoolgirls

    The Obama administration deepened the U.S. military’s involvement in the battle to contain the terrorist group Boko Haram Wednesday, announcing the deployment of 80 American troops to help in the search for more than 200 schoolgirls kidnapped by the shadowy Nigeria-based Islamist group last month.

    The White House offered few specifics of the deployment, saying in a letter to Congress only that the “U.S. Armed Forces personnel” are being deployed to neighboring Chad, where they will support American surveillance drone operations that began over nearby northern Nigeria last week as part of the effort to locate the missing girls.

    It was not immediately clear whether the announcement will satisfy Republican critics in Congress, who have called on the White House to ramp up U.S. military and intelligence assistance to Nigeria to help the central African nation find the missing girls - and contain the regional threat posed by Boko Haram.

    “We can’t sit on the sidelines,” House Foreign Affairs Committee Chairman Edward R. Royce, California Republican, told Obama administration officials who appeared before the committee on Wednesday morning, shortly before the new mission was announced.

    “I have been in Nigeria many times. It’s a struggle for the Nigerian military to cope with this threat,” Mr. Royce said. “U.S. involvement is critical.”

    Nigeria’s population is almost equally divided between Christians and Muslims, and violence between the two communities has a long history. While the past decade saw Christian extremists cause violence in southern Nigeria, Boko Haram, an anti-Western Islamist group based in the predominantly Muslim north, has killed thousands of Nigerians in recent years.

    While U.S. officials now link the group to al Qaeda in Africa, Boko Haram has long been a subject of heated debate among foreign policy and intelligence analysts in Washington. Initially, Obama administration officials argued that the group posed little threat to the United States and was focused primarily on local issues and targets in Nigeria.

    While some experts argue that may still be the case, the shadowy group garnered global attention in 2011 when it claimed responsibility for an al Qaeda-style suicide car bombing that killed 21 people at a U.N. building in Nigeria’s capital city of Abuja. The Guardian newspaper reported in 2012 that documents detailing contacts with Boko Haram were found in the files of Osama bin Laden’s home during the U.S. raid that killed the al Qaeda leader in Pakistan in May 2011.

    Many Republicans say the White House moved too slowly after the Abuja bombing to publicly characterize Boko Haram as a serious terrorist threat. The State Department officially designated the group as foreign terrorist organization in November 2013.

    While Boko Haram’s clashes with the Nigerian government have drawn little attention outside Nigeria, the group drew worldwide attention last month by kidnapping 276 girls from a school in the northern Nigerian village of Chibok.

    Recent weeks saw U.S., Israeli and British authorities respond by sending teams of counterterrorism and intelligence experts into Nigeria to assist the government of Nigerian President Goodluck Jonathan in attempting to locate the girls.

    Following their abduction, Boko Haram circulated videos threatening to sell the girls into slavery unless the Jonathan government agrees to release detained Boko Haram members. Media reports, meanwhile, suggest the group’s operatives may be hiding the girls in a vast and densely-forested area of northeastern Nigeria, near the border with Chad.

    May 21, 2014

    米、女生徒捜索でナイジェリアに派兵

     オバマ政権は、テロ組織、ボコ・ハラムを封じ込めるための戦いへの米軍の関与を深めた。80人の米兵を派遣し、ナイジェリアの謎の多いイスラム組織、ボコ・ハラムが先月誘拐した200人以上の女生徒の捜索を支援することを発表した。

     ホワイトハウスは、派兵についてわずかしか明らかにしておらず、議会への書簡で、「米軍人」が隣国チャドに派遣され、そこで無人偵察機の運用を支援するとだけ伝えた。チャドでは、行方不明の女生徒ら捜索のため先週から付近のナイジェリア北部上空で無人機の運用が始められている。

     この発表で、政権に批判的な議会の共和党員らが納得するかどうかは不明だ。共和党議員らは、ナイジェリアへの軍事、情報での支援を強化し、行方不明の女生徒らの発見を助け、ボコ・ハラムによるこの地域への脅威を封じ込めるべきだとホワイトハウスに要請していた。

     ロイス下院軍事委員長(共和、カリフォルニア州)は21日朝の委員会に参席した政府当局者に対し「傍観することはできない」と語った。その直後、派兵が発表された。

     ロイス氏は「ナイジェリアには何度も行った。この脅威に対処するのはナイジェリア軍にとって大変なことだ。米国の関与が不可欠だ」と語った。

     ナイジェリア国民はキリスト教徒とイスラム教徒にほぼ二分され、両者間の暴力は長く続いている。この10年間、キリスト教急進派が南部で暴力行為を行ってきた一方で、イスラム教徒が多数派の北部を拠点とする反欧米イスラム組織ボコ・ハラムは、この数年間で何千人ものナイジェリア人を殺害した。

     米当局者らは、ボコ・ハラムをアフリカのアルカイダと関連付け、ワシントンの外交、情報アナリストらの間でもボコ・ハラムをめぐって長い間、熱い議論が展開されてきた。オバマ政権当局者らは当初、この組織の米国への脅威は小さく、主にナイジェリア国内の問題、標的に焦点を絞っていると主張していた。

     専門家の中には、この主張を認める者もいるが、謎の多いこの組織が2011年に、ナイジェリアの首都アブジャの国連施設で21人が死亡したアルカイダ型の自動車自爆テロで犯行声明を出したときは世界の注目を浴びた。ガーディアン紙が2012年に報じたところによると、2011年5月にパキスタンでアルカイダの指導者ウサマ・ビンラディンが米国による急襲で死亡した際に、ボコ・ハラムとの連絡について詳述した文書を発見していた。

     共和党員らの多くは、アブジャでの爆弾テロはボコ・ハラムが深刻な脅威であることを示しており、ホワイトハウスの対応は遅すぎると主張している。国務省は2013年11月にボコ・ハラムを国外テロ組織に正式に指定した。

     ボコ・ハラムがナイジェリア政府と衝突しても、国外で注目されることはあまりなかったが、先月、同国北部チボクで学校から女生徒276人を拉致したことで、世界の注目を浴びた。

     米、イスラエル、英国の当局はこの数週間、テロ対策チーム、情報専門家をナイジェリアに送り、女生徒の発見に努めるジョナサン大統領の政府を支援してきた。

     ボコ・ハラムは拉致後、ナイジェリア政府が拘束されているボコ・ハラムのメンバーを釈放することで合意しなければ、女生徒らを奴隷として売ると脅迫する動画を公表した。その一方で、女生徒らはチャド国境に近いナイジェリア北東部の広大な森林地帯にいる可能性があるという報道がなされている。

    (5月21日付)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。