■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • China trying to drive U.S. out of Asia 米国をアジアから追い出したい中国

    China trying to drive U.S. out of Asia

    Former State Department official Kurt Campbell recently explained why 20 years of Pentagon efforts to build trust with the Chinese military have been difficult: China wants to drive the U.S. military out of Asia, and operates under a different strategic culture from that of the United States.

    Mr. Campbell, a longtime Asia policymaker at both State and the Pentagon, said the danger of a U.S.-China military confrontation was highlighted by the Dec. 5 near-collision between the guided-missile destroyer USS Cowpens and a Chinese warship in the South China Sea.

    The former assistant secretary of state for East Asia said at a meeting at the Center for Strategic and International Studies that a local incident - not a planned military attack - is more likely to produce a future U.S.-China crisis.

    The U.S. government has sought for years to develop a “rules of the road” for military interaction with China in Asia - with limited success, Mr. Campbell said Jan. 15.

    “Our forces are out there, they’re going to be out there, we’re going to sail near one another. We need to know how we will operate in close proximity,” said Mr. Campbell, head of The Asia Group consulting firm.

    The Cowpens “almost collided, literally less than 100 yards, from a Chinese vessel that went across its bow,” he noted.

    For nearly two decades, the U.S. has tried to hold talks with China on maritime rules. “And frankly we have to ask ourselves why we’ve had such difficulty,” he said.

    Among the reasons behind China’s reluctance is that Beijing regards the U.S. military as “the gold standard” for armed forces, Mr. Campbell said, “and they don’t want to reveal certain limitations of capabilities, so they’re very careful how they expose us in those interactions.”

    Additionally, tensions between China’s military and the Communist Party have made it difficult for Chinese military officials to engage their U.S. counterparts “the way our four-stars do on a regular basis,” he said.

    Party officials restrict China’s military from holding sincere talks with U.S. officials because such exchanges are regarded as the exclusive domain of the party.

    “Third, what the Chinese want is for the United States not to operate so regularly and so close to their borders,” Mr. Campbell said, noting that the military views U.S.-China military agreements as tantamount to “giving seatbelts to speeders.”

    An agreement outlining military operating rules in Asia would give the U.S. greater confidence and undermine Chinese efforts to drive U.S. forces out of the region.

    “They don’t want us to have that confidence operating near them,” Mr. Campbell said, noting that Chinese opposition to military agreements is based on concerns that they will mirror Cold War pacts with the Soviet Union and thus reflect that China’s communist regime is today’s Soviet state.

    “And lastly, China has a very different concept of deterrence than the United States,” he said. “Our concept of deterrence is shock and awe. Let’s show you what we got and that will dissuade you.”

    For the Chinese, deterrence means “you’re going to have uncertainty” about what strategic military capabilities they will employ, he said.

    All these factors expose “very deep differences in strategic culture,” Mr. Campbell said.

    January 22, 2014

    米国をアジアから追い出したい中国

     元国務省高官のカート・キャンベル氏は最近、20年間にわたる中国軍との信頼醸成の取り組みが成功しない理由を説明した。中国は、米軍をアジアから追い出すことを望み、米国とは違う戦略的文化のもとで行動しているからだ。

     国務、国防両省で長い間、アジア政策の立案にかかわってきたキャンベル氏は、昨年12月5日に南シナ海で起きた米誘導ミサイル搭載巡洋艦カウペンスと中国艦艇が衝突寸前まで接近したことで、米中軍の衝突の危険性に注目が集まったと語った。

     東アジア担当国務次官補だった同氏は、「戦略国際問題研究所(CSIS)」の会合で、計画的でない現場での事故は、将来の米中間の危機を生み出す可能性が高いと主張した。

     キャンベル氏は15日、米政府は長年、アジアでの中国との軍事的接触に関する「交通ルール」を作ろうとしてきたが、あまり成功していないことを明らかにした。

     コンサルティング会社アジア・グループのトップを務めるキャンベル氏は、「わが軍がそこにいて、相手軍がそこに来ようとして、互いに接近している。接近したなかで行動する方法を互いに知るべきだ」と語った。

     同氏は、カウペンスは「衝突寸前だった。船首を横切る中国艦艇との距離は100メートルもなかった」と指摘した。

     米国はほぼ20年間にわたって、中国と海洋規則について協議しようとしてきた。「どうして協議が難しいのかを率直に自問すべきだ」と同氏は語った。

     中国が協議に積極的でない理由の一つは、中国政府が米軍を、軍事力の「金字塔」のような存在とみていることだとキャンベル氏は指摘、「さらに、能力が限定的であることを知られたくないため、交流を通じて自身を見せることに慎重なのだ」と語った。

     それ加えて中国の軍と共産党が緊張関係にあるため、中国軍高官が「米国の大将クラスで定期的に行われているような」交流を米軍高官と行うのを難しくしているという。

     党当局者らは、中国軍が米当局者らと率直な話し合いを行うことを抑制している。米国との交流は党の専権事項だと考えているからだ。

     「第三に、中国は、米国が定期的に国境近くで活動してほしくないと考えている」とキャンベル氏は説明、「スピード違反者にシートベルトを着けさせる」ことが米中軍事協定には必要だと考えていると指摘した。

     アジアでの軍事行動規則の概要を取り決める協定が交わされれば、米国は自信を深め、米軍をこの地域から追い出そうとする中国の活動を損ねることができる。

     キャンベル氏は「中国は、自国の近隣で米国がそのような自信を持つことを嫌っている」と指摘、軍事協定に中国が乗り気でないのは、冷戦時のソ連との条約のようになり、中国共産党政権が現代のソ連になることを恐れているからだと語った。

     「最後に、中国の抑止力の概念は米国とは大きく違っている。米国の抑止力の考え方は、衝撃と恐怖だ。こちらが持っているものを見せれば、相手は引き下がるということだ」

     キャンベル氏によると、中国にとって抑止力とは、どのような戦略的軍事力を展開させるかについて「相手国を不安にさせる」ことだ。

     これらを知れば「戦略的文化に大きな相違がある」ことが見えてくるとキャンベル氏は指摘した。

    (1月22日付)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。