■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 暴力否定し政治参加を 元駐米アラブ連盟大使 フセイン・ハッスーナ氏(上)

    2014世界はどう動く
    識者に聞く(8)

    ムスリム同胞団

    400

    フセイン・ハッスーナ 英国ケンブリッジ大学卒、国際法学博士。エジプトの外相特別顧問、ユーゴスラビア大使、モロッコ大使、副首相・外相付官房長などを経て国連のアラブ連盟大使、駐米アラブ連盟大使を歴任。米国やカナダ、英国、フランスの大学で講義。

     ――ムスリム同胞団をどう評価しているか。

     ムスリム同胞団はエジプトで1928年に設立された。これは宗教運動だが、政治的な側面も持っており、エジプトから多くの国にずっと拡大してきた。時の政権に反対し、逮捕され、牢獄に入れられ、暴力や政治的な争いにも巻き込まれた。しかし、年ごとに、彼らはアラブ世界内で力を持ってきた。彼らは、我々が「イスラム政治」と呼ぶところのものをつくってきた。彼らは多くのイスラム教徒、ことに貧しい人々の中に入って行った。貧しい人たちを助けるというアプローチは非常に有効だった。

     彼らは、「アラブの春」と呼ばれる機会を捉え、権力に到達した。

     ――アラブ各国でムスリム同胞団が政権奪取を試みている。

     チュニジアにおいては同胞団系政党のアンナハダが同様な影響力を獲得した。モロッコにおいても彼らは動いた。シリアは内戦になったが同胞団はかなりの力を持っている。リビアでは選挙は行われていないが、同胞団グループは重要な影響力を持っている。

     ――エジプトでは同胞団が権力奪取後、国民と軍によって追放された形だ。

     彼らは権力を得ることはできたが、運営することに失敗したのだ。反対意見を言う官僚や政治勢力を締め出す誤りを犯した。同胞団の人だけを登用したのだ。それが、6月30日の(第二)革命をもたらした。

     数百万の人々が街頭に出て、政権のチェンジを求めた。これは人民革命だった。もちろん、軍は、ムバラク(前大統領)を追放した時の国民を支持したように、同胞団政権を追放しようとした民衆を支持した。ムバラクを追放したのは軍ではなく国民だったし、今回も同胞団政権を追放したのは、軍ではなく、国民だ。軍はただ、国民と共にあることを決断したのだ。

     今、同胞団はアラブ全域で後退を余儀なくされている。エジプトだけではなくチュニジアもそうだ。チュニジア政府はもはやアンナハダによってリードされていない。新首相に官僚出身のジョマア産業相が選出された。

     ――同胞団は、民主的な組織に生まれ変わることができるか。

     私は同胞団が公式に暴力とデモを放棄することを希望している。今、エジプトの学校はダメージを受け、エジプト経済は治安不安から観光客が来ないので低迷している。私は、同胞団がいつか政治プロセスの一部を担うよう希望している。暴力を信じる政党ではなく、憲法の役割を担い、社会に資する政党になるべきだ。

     私は同胞団の新しい世代がよりオープンになることを願っている。若い世代は、政治プロセスの一部を担わなければならないと理解するようになるだろう。彼らは、平和を取り戻し、オープンになり、他の政党と協働することができると思う。

     エジプトは歴史的にオープンな国家だった。エジプトにはイスラム教徒もキリスト教徒も、ユダヤ教徒もいるし、アラブでありながらアフリカでもあり、地中海国家でもあるという地政学上の理由だ。同胞団はエジプトを厳格な宗教国家にしたいと思っているが、エジプト人全員をそのようにコントロールすることは困難だ。

     次の国民投票に、同胞団が参加し、次期議会選や大統領選に参加することを希望する。新憲法は、同胞団傘下で作られた憲法よりより良いものだ。(同胞団だけが拒絶したが)イスラム主義政党のヌール党を含む他のすべての政党が参加し、議論して作ったものだ。

    (聞き手=カイロ・鈴木眞吉)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。