■連載一覧
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • 2016/12/05
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • Iraqi diplomat wants Obama engagement in al Qaeda crisis イラク大使、アルカイダ勢力拡大で米国の関与求める

    Iraqi diplomat wants Obama engagement in al Qaeda crisis

    Iraq’s ambassador to Washington says the Obama administration doesn’t fully grasp the consequences of failing to more aggressively combat a surging al Qaeda threat inside his country, pointedly suggesting that President Obama has been less engaged with Baghdad than his predecessor.

    “The administration has to have a better understanding of any adverse impact of any delay in provision of support to Iraq,” Ambassador Lukman Faily told The Washington Times in an interview Wednesday. “It cannot afford a whole town or province of Iraq falling to al Qaeda and becoming a safe haven. It’s against the U.S. strategic interest. It’s against the U.S. national security to do that.”

    Asked whether the White House could do more to facilitate a tighter relationship with Iraq, Mr. Faily said, “to a certain extent they can. But we are no longer in a period in which we had President Bush, who took ownership of that relationship.”

    With al Qaeda-linked violence surging in Iraq, Mr. Faily urged U.S. leaders in both parties to stop allowing military and nation-building resources for his country to become embroiled in domestic U.S. politics even as he dismissed suggestions that Iraq is in danger of falling into a full-fledged civil war between its Shiite and Sunni populations.

    “I personally think that it’s tragic that the issue of the whole American project in Iraq is now becoming a ball in relations to the party politics within D.C.,” the ambassador said. “I don’t think it’s beneficial for the United States. It’s definitely not beneficial for Iraq to become a tool in Republican versus Democrat or whomever.

    “This is not helpful for U.S. security, it is not helpful for us, it is not helpful for the region.”

    Given word of The Times’ interview with Mr. Faily, the White House responded Wednesday evening that there is a high level of engagement between U.S. and Iraqi officials and that the U.S. is providing extensive military support to Iraq through Washington’s Foreign Military Sales program, but that the Iraqi government needed to take the lead on countering terrorists in the nation.

    National Security Council spokeswoman Bernadette Meehan told The Times in an email, “We are committed to partnering with the government of Iraq to build their capacity to fight terrorism, but the solution to this issue must be an Iraqi-led solution.”

    Still, Mr. Faily made the remarks as violence appeared to be spreading Wednesday beyond Iraq’s western Anbar province, where al Qaeda-linked militants have claimed control of the city of Fallujah and parts of the city of Ramadi for more than a week.

    Authorities said militants killed 12 government soldiers during an attack on Iraqi army barracks north of Baghdad Wednesday, according to a report by The Associated Press.

    Al Qaeda’s gains in Anbar have added fuel to a political fight in Washington over whether the U.S. military should return to Iraq. Some Republicans argue that the Obama administration moved too hastily in pulling U.S. forces out of Iraq two years ago and has not done enough since to help the U.S.-trained Iraqi military maintain security.

    January 8, 2014

    イラク大使、アルカイダ勢力拡大で米国の関与求める

     駐米イラク大使は、オバマ政権が、イラクで拡大するアルカイダとの戦闘に積極的に対応してこなかったことによる現状をあまり把握していないと指摘、オバマ大統領が、前任者ほどイラクに関与していないという考えを明確にした。

     ルクマン・フェイリー大使は8日、ワシントン・タイムズ紙とのインタビューで「米政府は、イラクへの支援が遅れれば、どのような悪影響が及ぶかをもっとよく理解すべきだ。イラクで、町全体、州全体がアルカイダの手に落ち、安全な避難所となるのを受け入れることはできない。米国の戦略的利益にも反する。米国の国家安全保障にも反する」と語った。

     フェイリー氏は、イラクとの緊密な関係を築くためにいっそう努力すべきかとの問いに、「できる範囲ですべきだ。しかし今は、イラクとの関係に責任を持っていたブッシュ氏がいた時代ではない」と答えた。

     アルカイダが関与したテロがイラクで増加していることを受けてフェイリー氏は米国の民主、共和両党の指導者らに、イラクの軍や建国のための資源を米国内の政治的駆け引きに使わないよう求める一方で、イラクがシーア派とスンニ派の間の全面的な内戦に突入する危険があるとの見方を否定した。

     「個人的な考えだが、イラクでの米国の活動全体が、ワシントンの政党政治との関連で動いているのは悲しいことだ。これは米国にとっていいことではないと思う。共和党対民主党の対立などの駆け引きの道具にされるのは、イラクにとってまったく利益にならない」

     「米国の安全保障のためにならない。イラクのためにも、この地域のためにもならない」

     フェイリー氏とのインタビューの内容を見てホワイトハウスは8日夜、米当局とイラク当局の関係は緊密であり、米国は、米政府の対外有償軍事援助(FMS)プログラムを通じてイラクへの大規模な支援を行っているとしたうえで、イラク国内のテロ対策の主導権はイラク政府にあると主張した。

     国家安全保障会議(NSC)のベルナデット・ミーハン報道官は電子メールでワシントン・タイムズ紙に対し、「米国は、イラクがテロと戦うことができるようにするために、政府と協力している。しかし、この問題の解決はイラク主導で行われなければならない」と述べた。

     だがフェイリー氏は、テロは8日、イラク西部のアンバル州の外にまで拡大しているようだと指摘した。アンバル州では、アルカイダ系の民兵らの主張によると、アルカイダが1週間以上にわたってファルージャを支配し、ラマディの一部を支配している。

     当局によると、民兵は8日、バグダッドの北にあるイラク軍兵舎を襲撃し、兵士12人を殺害した。AP通信が報じた。

     アルカイダがアンバル州を支配したことで米国では、米軍をイラクに再度派遣すべきかどうかをめぐる政治的対立が強まっている。共和党員の中には、オバマ政権による2年前の米軍のイラク撤退は早すぎ、米国が訓練したイラク軍が治安の維持に参加するようになってからも十分な対応がとられなかったと主張する者もいる。

    (1月8日付)

    0

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。