■連載一覧
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • 2016/11/11
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • トルコ最大紙「ザマン」が政府管理下に

    強権政治進めるエルドアン大統領

     エルドアン・トルコ大統領の強権体質がまたも露(あら)わになった。同国最大手の日刊紙ザマンを、裁判所の決定を通じ5日、政府の管理下に置いたのだ。イスタンブール裁判所は7日、ザマン系大手通信社「ジハン通信」を管財人に任命する決定を下した。「トルコの言論の自由は風前のともしび」と懸念する声が国内外にあふれている。エルドアン氏は、イスラム過激派組織「ムスリム同胞団」の流れを汲む諸政党を率いて、最終的には「オスマントルコの再興」を画策しているとみられている。
    (カイロ・鈴木眞吉)

    ギュレン師台頭に危機感か

    欧米は「言論の自由抑圧」と非難

    800

    4日、トルコ西部イスタンブールのザマン紙社屋で衝突する同紙支持者と警官隊=ザマン提供(EPA=時事)

     政府の管理下に置かれたザマンは、エルドアン政権に批判的なイスラム教指導者フェトフッラー・ギュレン師を支持する穏健派組織「ギュレン運動」と関係が深いとされ、同大統領は、同組織には政府打倒の意図があると主張、同組織を「テロ組織」と見なして関係者を相次いで拘束するなどしてきた。

     ザマンの発行部数は約60万部。ザマン・メディアグループは、系列の英字紙などを含めれば約65万部とされる国内最大の新聞社。

     同紙の編集長はロイター通信に対し、「トルコにおける報道の自由は事実上終わった」と慨嘆、政府管理下に置かれる前の最後の新聞となった5日付朝刊の1面で、「憲法は無視された。トルコメディア史上、最も暗黒の日々になった」と警告した。英字紙トゥデイズ・ザマンも1面で、「トルコの報道の自由にとって恥ずべき日。ザマン・メディアグループ、占拠される」と報じた。

     裁判所は4日、ザマンを運営する管理責任者を任命したが、政府の接収に抗議する同紙支持者約500人が、4日夕から5日夜にかけて、イスタンブールの本社前に集まった。それに対し同国治安部隊は4日、催涙ガスやゴム弾、高圧放水銃を使用して支持者を追い払った。当局者らは同社の正門をこじ開けて、執行人ら数十人が社内に入り、同紙を正式に政府の管理下に置いた。同紙の新運営陣は5日、編集長を解任した。

     この動きに対し、米政府は、「政府批判を行うメディアを、法的手段で弾圧した嘆かわしい事例」と指摘、トルコ政府に言論の自由を尊重するよう求めた。

     欧州連合(EU)も「基本的人権を保障すべきだ」と非難した。

     ロシア外務省も声明を発表、「言論の自由に関する国際的な基準をトルコ政府が満たしているかどうか、欧州議会は調査すべきだ」と主張した。米ニューヨークに本部を置く国際NGO「ジャーナリスト保護委員会」は、「トルコに残る批判的なジャーナリズムを事実上窒息させるものだ」として批判した。

     政府の管理下に置いた法的根拠について、ダウトオール・トルコ首相は7日、「テロ組織への不正な資金援助の疑いで捜査中だ」と述べ、報道への「政治的関与ではない」と強調した。検察官の1人が、「このテロ組織が、クルド系反政府武装組織『クルド労働者党(PKK)』と協力関係にあり、政権転覆をもくろんでいる」と語ったとの報道もある。

     トルコ治安当局は2014年12月に、ギュレン師が行った演説内容を掲載したことは「テロ容疑に当たる」と断定、ザマンの編集長ら約30人を逮捕。15年10月にも、トゥデイズ・ザマンの編集長を、エルドアン大統領攻撃の罪で逮捕した。同師系の企業や銀行への介入も強めているとみられている。

     ギュレン運動はもともと、エルドアン氏が創設したイスラム系政党「公正発展党(AKP)」と協力関係にあったが、13年に対立が表面化した。警察や教育機関、メディア等に広く影響力を持つギュレン師の台頭に危機感を抱いたエルドアン氏が「政敵」とみなしたことが対立の発端とみられている。世俗主義とイスラム教は矛盾しないとの比較的穏健な立場を取るギュレン師側も、AKPの長期政権化に伴うイスラム色や独善色の強化や、国是である世俗主義や民主主義が損なわれることへの危機感を強め、離反し始めたともみられている。

     13年暮れに発覚した、エルドアン氏の親族が関与したとされる大型汚職事件も、ギュレン運動による告発が発端とされる。政府は15年秋、ギュレン師率いる団体を「テロ組織」に指定した。同師は現在米国に亡命中で、エルドアン大統領の政治手法を強権的だと厳しく批判し続けている。

     接収後、同紙には、エルドアン大統領の女性集会への参加や、政府による30億ドル規模の橋の建設など政府の宣伝的内容が掲載されるようになった。

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。