■連載一覧
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    宇佐美 典也
    宇佐美 典也
    エネルギーコンサルタント
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    どこまで続く北朝鮮の挑発行為

     今朝、何か胸騒ぎがしてテレビをつけると北朝鮮のミサイル発射の報道が各局でなされていました。
     朝のワイドショーの時間をほとんど使ってミサイルの解説をしていました。これを見て普通の主婦やネットをしない老人はどう考えたのでしょうか。

     今までの日教組の刷り込み教育では、先の大戦は日本の軍部が暴発して侵略戦争を起こったと説いています。そして日本が憲法9条を変えると戦争できる国になり、また戦前と同じ動きになってきてきな臭くなって来ている。それを指導する安倍総理を早くやめさせなければならない。

     日本が悪い国だから、軍事力を使わせないように縛っておかねばならない。こういうような論調でしゃべっています。でも、今朝の大騒動で日本がおとなしくしていても、勝手に外国からミサイルを撃ち込まれることがあるということが明白になりました。

     あれ?いつ憲法9条はなくなったのでしょうか? 憲法9条があれば外国からの日本への脅威はないのではないですか?世界に誇る日本国憲法を持っていれば、戦争に巻き込まれないのではないですか?

     やはり憲法9条はそのままですし、世界に冠たるヘイワ憲法は一言一句たりとも変更されていませんが、日本国民への脅威がありました。ミサイルが発射されようが私の住む福岡では何の心配もしていません。なぜなら北朝鮮からミサイルを発射して福岡へ飛ばそうとすると韓国上空を通過することになり、その結果戦争になるかもしれないから、飛ばさないのです。

     今回の飛行ルートではアメリカ本土にはいかないとわかっているので、アメリカは追跡だけで終わりました。 でも、日本本土上空は通過しているのです。みなさんこれが何を意味するか分かりますか?

     日本は北朝鮮から舐められているのです。人工衛星の発射実験だったら、いつどこからどの角度でどれだけの距離を飛ばし、落下地点はここら付近だから船舶はこの海域に入らないようにというお知らせをするべきなのです。
     でも、今回飛ばしたのは大気圏を突き破った弾道ミサイルであり、その発射は軍規密なので何も公表しません。

     そしてそれは堂々と日本上空をまたいだのです。これは自宅で寝転んでいたら、他人が急に入ってきて股越していったのと同じです。我が家の敷地内に無断で入ってきたのです。打ち上げ花火を不良が我が家の方向へ撃ってきて敷地外に落としたのと一緒です。こんなこと常識で考えられますか?

     韓国上空を飛ばすといろいろ面倒だから、日本の上空ならいいやという考えです。皆さん、これに腹が立ちませんか?私はもう怒髪天を衝くごとしですが、髪の毛が薄いために対した迫力がありません(笑)。

     戦後の教育で日本人の大半は「国家」という概念が薄いと思います。でも、それを自分の家に置き換えてみたら、これがどんなに失礼で危ない行為なのかがわかると思います。もし打ち上げ花火が風で向きを変え、庭に落ち、その庭にあった枯草に燃え移ったらどうなるでしょう。こう具体的に考えるとこの重大さがわかると思います。

     もし、憲法9条などなく、日本が普通の国だったらどうでしょう。北朝鮮は報復が怖くてこのような行動はとりません。日本が報復しないとわかっているのでするのです。これを理解しましょう。

     いつでも仕返しができるぞという状態ならば、北朝鮮はこのような挑発行為で日本上空を通過させてまでしません。これが憲法9条の欠点なのです。

     いい機会です。北朝鮮のミサイルが間違って日本国民の頭上に落ちてくる前に、きちんとした対処ができる国家になっておかねばなりません。日本お得意の北朝鮮のミサイルに対する特例法を制定してその対処を早急にする必要性がありますが、やはりここはきちんと憲法9条を改正して、降りかかる火の粉ははらえる状態にすべきだと思います。

     覚醒した日本国民よ、まだ平和ボケの寝床についている人たちにこのことを伝え、一刻も早く対処しなければ、あなたの愛する人が犠牲になる可能性があるのです。


    『井上政典のブログ』より転載
    http://ameblo.jp/rekishinavi/

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。