■連載一覧
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 新閣僚に聞く
  • 2017/10/16
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/9/07
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 堂本かおる
    堂本かおる
    ニューヨーク在住フリーランスライター
    菊田 均
    菊田 均
    文芸評論家
    松本 健一
    松本 健一
    評論家
    中岡 弘
    中岡 弘
    著述家
    大島 直行
    大島 直行
    伊達市噴火湾文化研究所長
    時広 真吾
    時広 真吾
    舞台演出家
    渡辺 久義
    渡辺 久義
    京都大学名誉教授

    北朝鮮有事の可能性と背後にある米国の事情とは

    米国が戦争を始めるセオリー
     北朝鮮有事の可能性と背後にある米国の事情について書いてみたいと思います。
    有事は、現段階で起きることは、まずありません。
    理由は、戦争は「やるぞ、やるぞと言っている間は決して起きない」ものだからです。

     北朝鮮は、さかんに「やるぞ、やるぞ」と言っていますが、言っている間は戦争にならない。
    やられそうだから、「やるぞ、やるぞ」と言っているのであって、本気でやる意思があるのなら、もうとっくに戦争になっています。

    一方、米国は、

    1 核をもっている国とは絶対に戦争をしない国である
    2 米国が戦争をするときは、かならず「リメンバー・○○」という形をとる
    という2つの明確な傾向性があります。

     1は、すぐにわかると思います。
    とりわけ核は、いまどきは大掛かりな核弾頭ミサイルという形だけではなく、スーツケースに仕込む程度の小型核爆弾も現実化している時代です。
    いったん核爆発が起これば、その被害は甚大となります。
    そのような危険に、米国大統領や米議会が米国民を巻き込むという選択をとることは、まずないと言ってよいと思います。

     2は、南北戦争の際の「リメンバー・アラモ」、日米戦争の際の「リメンバー・パールハーバー」、イラク戦争の際の「リメンバー・911」のように、「やられたから、やりかえす」という、これは米国における戦争の方程式のようなものです。
     米国は、戦争の開始は大統領の独断でできますが、戦争の遂行には議会の承認が必要です。
    トランプ氏
     そのときに、誰もが納得できる明確な理由が必要です。

     従って、もし北朝鮮有事が起こるなら、米国内もしくは米国同盟国内に、なんらかの甚大な被害がもたらされたとき、ということになります。
    そしてその中には、たとえば日本や韓国内にある米軍基地にミサイルが撃ち込まれた、あるいはテロが行われたという具体的な被害が含まれます。
    これは自作自演を含みます。

     ですから、もし北朝鮮と有事になるとしたら、それは、具体的な攻撃が、世界を揺るがすような大きな問題として発生したときです。

     このときは、本気で核シェルターに隠れる準備をしなければならなくなるかもしれませんが、逆にいえば、そのような事態が起きるまでは、口喧嘩だけでそれ以上に話が大きくなることは、まず、ない、ということです。

    米国はなぜここまで北朝鮮に軍事的圧力をかけるのか?

     では、そうであるにも関わらず、なぜ米国は、北朝鮮に強行な軍事的圧力をかけ続けているのかというと、これは米国内の経済政策の成功が大きな目的となっているのではないかとみることができます。

     現状において、米国の景気は、史上最悪といってよいほど、悲惨なものになっています。
    行政は、ほぼ破産常態で、公的サービスにも支障が出るという状況です。
    行政サービスなど関係ない一部の大金持ちが、さかんにもちあげられることで、一見、好況を保っているかのように見せかけられてはいるものの、台所は苦しい。

     この原因となっているのが、米国の貿易収支の赤字です。

     この赤字額は、世界最大の大赤字で、世界の国々の貿易収支ランキングでは、米国は世界最下位となっています。

    中国の対米国工作
     では、貿易収支の黒字国はどこなのかというと、中共です。
    このことは、簡単にいえば、米国(これは日本も含みますが)の貿易収支の赤字分が、そのまま中共の黒字になっているということです。

     そしてその中共のGDPは、いまや日本を抜いて世界第二位となり、このままいくと米国をも抜く勢いとなっています。

     そしてその勢いに乗じて、米国内に工作員をたくさん送り込み、金の力とシモネタをもとにして中共のいいなりになる財界人やメディア、政治家は大金持ちに、言うことをきかない財界人やメディア、政治家は、徹底した中傷や障害を与えるという、まるで○○団のようなやり口で、米国市場に工作を行っています。
    このままいくと、世界の貿易通貨は、ドルではなく、元になりかねないという状況になりつつあるわけです。

     米国景気が底となり、貿易赤字が拡大し、米ドルが中共元に抜かれて世界の基軸通貨の地位を失えば、米国はその瞬間に世界最大の借金国となり、まさに国家デフォルトの危機に至ることになります。

     これを避けるために、いま米国に必要なことは、米国資金の中共への流出をいかに防いで、貿易収支の赤字にストップをかけるかということです。
    トランプ大統領は、まさにこのことを主張して大統領になったわけです。

    トランプ叩きをする輩の正体とは?
     一方、トランプ叩きをやっている側は、既存の中共利権の既得権益者たちです。
     わかりやすくいえば、中共マネーに侵された人たちということになります。
    簡単にいえば、腐りきった人たちということになるのですが、困ったことに、そういう人たちは経済力を持った人たちでもあるわけです。

     このような状況を抱えながら、中共を追い込んで米国の言うことをきかせるためには、北朝鮮に圧力を加えることに、中共に協力をさせること。
    いくら協力させたところで、北朝鮮は中共の言うことを聞かないし、中共国内は、激しい派閥抗争があり、親北朝鮮派の派閥と、そうでない派閥との関係は、米国の北朝鮮への圧力が増せば増すほど、中共内部で激しい衝突となります。

     だから米国は、ありとあらゆる方法を使って、これから北朝鮮に圧力をかけるのです。
     このことは、同時に米国政府内部や産業界にいる親中共派の人物も割り出さるという効果もあります。

     目的としていることは、貿易収支の改善です。
    米国の貿易収支が劇的な黒字転換をし、中共の貿易収支が大赤字になることがゴールです。

     そしてこれが実現すると、経済成長だけが国内向けの中共政府の正統性の根拠であった中共政府は崩壊に向かいます。
    こうなると支那は軍閥毎に、いくつかに分裂に向かうことでしょう。
    分裂すれば、支那の脅威は大きく減少します。

     ちなみに、現時点での中共経済(韓国経済も含みますが)の脆弱性を主張する人たちもいます。
    たしかにもっともな議論です。
    ただしこの論には、「両国経済は日本と比べれば圧倒的に良い」という認識が抜けています。

    北朝鮮制裁の先にある米国の目指すゴールとは?

     支那も韓国もひどい国であると、私も思います。
    政治も人も経済も、ろくなものではないと思います。
    しかし政治経済についていうなら、この両国は日本よりも、はるかに良い状態にあります。

     政治経済に人柄は関係ないのです。
    いまのままでは、あと10年もすれば、かつてあった「ジャパゆきさん」が、今度は日本人や米国人女性による「支那ゆきさん」、「韓ゆきさん」に変わる可能性さえあるのが現実です。

     米国による北朝鮮制裁は、実はその背後には米国貿易収支の赤字と断固として必要な経済活性化策、そのための中共への押さえ込みという目的のもとにあります。

     目的がそこにある以上、米国は、「やるぞやるぞ」を形だけではなく、今後はもっと本気で一触即発の状況を演出することになるでしょう。
    それは、むしろ逆に戦争しないほうがおかしいと思えるほど、今後、もっとエスカレートしていくものと思います。

     誰も戦争を望むものではありません。
    しかし武力と経済は、常に密接な関係を持ちます。
    決して楽観はできませんが、日本もこのチャンスを逃さずに、大きく日本を取り戻す機会にしていくべきであろうと思います。

    お読みいただき、ありがとうございました。


    「ねずさんのひとりごと」
    http://nezu621.blog7.fc2.com/

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。