■連載一覧
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • ’17首都決戦
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 2017/7/01
  • 2017/6/27
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    尾関 通允
    尾関 通允
    経済ジャーナリスト
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    高橋 克明
    高橋 克明
    「ニューヨーク BIZ」CEO 兼 発行人

    金正恩氏は最高人民会議に出席!

     北朝鮮最高人民会議(国会に相当)の第13期第5回会議が11日平壌で開催され、金正恩朝鮮労働党委員長が出席した。同委員長が今回の最高人民会議に参加するかどうか注目されていたが、前回と同様、参加したことが明らかになった。

     最高指導者の金正恩委員長の出欠が注目されたのには様々な理由があったからだ。本来、党と政府の最高責任者が重要な議題について議論する会議に出席して当然だが、北の場合はやはり異なるのだ。

     最高人民会議は憲法上は国の最高機関で、憲法問題から指導部人事、国家の予算問題など広範囲の議題を審議するが、実質的な権限は朝鮮労働党にある。毎年、1、2回開催される。

     今回は金正恩氏が最高責任者に就任して5年目を迎えた節目の年だ。最高人民会議開催は同氏にとって今回で8回目だが、過去7回のうち2回、欠席している。2014年9月の時は足のケガ、15年4月の欠席の理由は不明だ。

     当方は今回、金正恩氏は欠席すると予想していた。だから、朝鮮中央テレビが同日夜、最高人民会議の開催と金正恩委員長の出席を報じたニュースを聞いて、「へェー」という声を発したほどだ。

     ブックメーカーの金正恩氏の最高人民会議の出欠のオッズ(倍率)はどうだったろうか。欠席を予想した人も少なくなかったはずだ。理由があるからだ。

     まず、金正恩氏を取り巻く安全問題だ。米国の原子力空母「カール・ビンソン」が朝鮮半島周辺の海上に接近中というニュースが報じられている。トランプ米大統領は中国の習近平国家主席との首脳会談でも「武力行使の可能性」を示唆したばかりだ。それに先立ち、トランプ氏は7日、地中海の米海軍駆逐艦からシリア中部のアサド軍のシャイラト空軍基地へ巡航ミサイル、トマホークを撃ち込む指令を出したばかりだ。これらの情報を金正恩氏は当然知っていたはずだ。

     だから、党、政府の首脳陣が結集する最高人民会議を開催することは危機管理上、非常に危険だ。トマホークが数発、平壌で開催中の最高人民会議の会場に打ち込まれたら、その瞬間、北の首脳陣の多くは犠牲となる。ひょっとしたら、金正恩氏もその中に入るかもしれない。米軍としてはターゲットがはっきりとしているから攻撃しやすい。

     米軍の武力行使だけではない。中国人民軍の特殊部隊の奇襲だって十分に考えられるのだ。北京の意向を無視して核実験、弾道ミサイル発射を繰り返す金正恩氏に対し、習近平国家主席の怒りは高まっている。トランプ大統領から「北京が北を抑制できないのならば米国がする」と脅迫されたばかりだ。米軍の奇襲が現実味を帯びてきた今日、中国側も静観しているわけにはいかなくなった。朝鮮半島を米韓主導に委ねる結果となるからだ。中国側は決断を強いられることになる。最終的には金正恩政権打倒に乗り出す可能性があるわけだ。

     トランプ氏にとって幸いなことは、国連決議を無視する北側に武力行使を履行したとしてもロシアや中国以外は強い反対が出てこないことだ。実行力を誇示することでトランプ氏の国際社会での評価が一新するかもしれないのだ。

     最後に、異母兄の金正男氏の暗殺(今年2月13日)は北国内では報じられていないが、党・政府幹部たちは知っている。その意味で国内の正男派を敵に回したことになる。いつ謀反が起きるか分からなくなってきた。特に、軍部内には不満をもつ将校たちが少なくない。軍クーデターの可能性はもはや完全には排除できなくなってきた。中国人民軍の支援を受けた北軍指導者が飛び出すかもしれない。

     以上、金正恩氏を取り巻く状況は安泰どころではないのだ。にもかかわらず、金正恩氏は米軍の標的となる危険性がある最高人民会議に出席したというのだ。

     考えられるシナリオは、①出席報道はフェイクで実は欠席していた。報道写真は合成か、昨年の労働党大会と同様、撮影会場は全く別だった。②政権5年目の自信を内外に誇示したい、といった独裁者特有の野望が安全問題を退けて、出席を決意させた。

     いずれにしても、金正恩氏の最高人民会議への出欠問題は、学校児童の出欠取りとは違い、生命の危険性すら孕んだ最高度の政治問題なのだ。

    (ウィーン在住)

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。